<PR>

AQUOS sense7の評価・評判を実機レビュー!口コミやスペックから比較も徹底検証!

アクオスセンス7アイキャッチ

今回は話題のミドルスペックスマートフォンである「AQUOS sense7」の実機レビューを紹介します。

「ちょうどいいスペックで使いやすいスマーフォンを探している」

「綺麗に写真が撮れる価格が高すぎないスマートフォンが欲しい」

という方にはとてもおすすめのスマートフォンです。

その理由を、使ってみた感想や口コミなどを紹介しつつ解説します。

この記事を読むことにより、AQUOS sense7を購入すべきかの判断や購入方法を知ることができます。

現在実施中のAQUOS sense7専用のキャンペーン情報も紹介しているので、最後まで是非ご覧ください。

動画で見たい方はこちらが参考になります。

公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

\ 限定カラーはドコモのみ! /

月額0円のpovo!!7日間データ使い放題プレゼント
  • povo
povo

povoでは新規ご加入者限定で7日間データ使い放題キャンペーンを実施中。

povoはアプリを入れても使わなければ0円!

  • アプリインストール無料
  • 基本料金0円の使いたい分だけトッピング
  • データも7日間無料

「自分の地域は通信速度はどうかな?」「本当に0円?」「どのくらいデータを使うかな?」という不安のある方は試してみるチャンスです。

条件は本キャンペーン期間中に「povo2.0」を新規契約し、SIMの有効化を行うこと。
SIMの有効化後1週間以内に「povo2.0」に登録されているメールアドレス宛にお送りします。


期間は2023年1月20日(金)~ 2023年2月20日(月)までなのでお急ぎください!

\ ご好評につき復活!今だけ /

(...さらにここだけの話、お友達紹介プログラムの紹介コード【LDV7HXII】を入れると「データボーナス3GB」ももらえちゃいます。
有効期限は30日間なので7日間使い放題が終了したら使うと良いですね♪
紹介できるのは10人までなのでこちらの紹介コードが使えなくなる恐れがあります。ご了承ください。)

povoの最新キャンペーン情報はこちら
povoの評判・口コミはこちら
目次

AQUOS sense7のスペック

アクオスセンス7梱包内容写真

同封されているものは、最近のスマートフォンではよくあるシンプルな内容となっています。

AQUOS sense7のスペックは以下のとおりです。

AQUOS sense7
価格 ドコモ:54,230円

au:59,500円

楽天モバイル:49,980円

UQ mobile:59,500円

カラーバリエーション ラベンダー、ライトカッパー、ブルー、ブラック
サイズ(幅×高さ×厚さ) / 重さ 70×152×8.0mm / 158g
ディスプレイ 6.1インチ(有機EL)
CPU  Snapdragon 695 5G Mobile
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
カメラ機能 アウトカメラ:5,030万画素

インカメラ:800万画素

スピーカー性能 ハイレゾ対応
バッテリー性能 4570mAh
Bluetooth ver.5.1
外部接続 USB-TypeC

3.5mmオーディオジャック

SDカード microSD(1TBまで対応)
その他の機能 おサイフケータイ

指紋認証/顔認証(マスク着用可)

防水防塵

Payトリガー

スクロールオート

ClipNow

など

(引用:SHARP公式サイト)

それぞれの項目について使用した感想とともに解説します。

AQUOS sense7の発売日・価格|ドコモ・au・楽天・UQmobileで販売

AQUOS sense7は2022年11月11日(金)にドコモ、au、楽天、UQ mobileのキャリア4社で発売されました。

それぞれのキャリアで価格が若干異なるため確認します。

キャリア 一括購入価格
ドコモ 54,230円
au 59,500円
楽天モバイル 49,980円
UQ mobile 59,500円

一括購入価格のみで判断すると、楽天モバイルが一番安いですが、ドコモ、auは23ヶ月目返却プログラムを利用すると、実質負担額が安くなります

キャリア 実質負担額(23ヶ月で機種返却の場合)
ドコモ(いつでもカエドキプログラム適用) 43,670円
au(スマホトクするプログラム適用) 33,580円

機種の価格だけでなく、キャリアの通信状況や安定性も加味するとおすすめはドコモです。

AQUOS sense7の外観

AQUOS sense7の外観を確認します。

AQUOS sense7正面

【正面】

AQUOS sense7背面

【背面】

重さやサイズ感はちょうど良く、持ちやすいサイズ感です。

デザインについては、最近のAQUOSのスマートフォンとして王道のデザインであり、背面カメラはユーザーの目線と一致する位置に配置されています。

AQUOS sense7左側面

【左側面】

AQUOS sense7右側面

【右側面】

左側面にはキーなどは配置されておらず、右側面は音量キーや電源、指紋認証エリア(Payトリガー)が配置されております。

指紋認証エリアの位置は、使う人によって良し悪しが分かれると思いますが、多くの方にとってちょうどいい場所に配置されていると感じます。

AQUOS sense7上部

【上部】

AQUOS sense7下部

【下部】

上部にはSIMカードスロットとマイクが配置されています。

下部は左から、マイク、イヤホンジャック、Type-Cコネクタ、スピーカーが配置されています。

外観については、他のAQUOSスマートフォンと大きな違いがありません。

AQUOS sense7限定カラー含めて4色

sense7 カラーバリエーション

この記事ではAQUOS sense7のブルーを使用していますが、そのほかに3つのカラーがあり、計4つのカラーがあります。

キャリアによって取り扱っているカラーが異なります。

キャリア カラーバリエーション
ドコモ ラベンダー、ライトカッパー、ブルー、ブラック
au ライトカッパー、ブルー、ブラック
楽天モバイル
UQ mobile

ラベンダーカラーはドコモの限定カラーであるため、他の3社の取り扱いはありません。

AQUOS sense7 カメラ部分

AQUOS sense7背面

ブルーはとても落ち着いた色合いで、とても高級感のある雰囲気があります。

そのほかのカラーも落ち着いた色合いをしています。

公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

\ 限定カラーはドコモのみ! /

AQUOS sense7のCPU・RAM(メモリ)・ROM(データ容量)の性能

sense7のCPU、RAMのスペック

AQUOS sense7のCPUは Snapdragon 695 5G Mobile、RAM(メモリ)は6GB、ROM(データ容量)は128GBです。

前身のAQUOS sense6よりも高スペックなCPUであり、RAMとROMの容量が大きくなっています。

CPUについては、sense6のCPUよりもグラフィック処理能力が少し上昇したCPUが搭載されているため、ゲームや動画視聴などがより快適に楽しめるようになっています。

RAMの容量が大きくなることにより、複数のデータ処理をおこなう容量が大きくなり、さまざまな動作がスムーズになっていると感じました。

AQUOS sense7のサイズ

AQUOS sense7はミドルスペックスマートフォンとして、とても持ちやすく軽い特徴があります。

AQUOS sense7正面

AQUOS sense7背面

AQUOS sense6よりもスペックは向上していますが、サイズや重さについては大きな変化がありません。

手が小さい方でも比較的持ちやすいモデルだと感じます。

AQUOS sense7のディスプレイ

アクオス センス7ディスプレイ機能

AQUOS sense7はIGZO OLEDフルHD(1,080×2432)の6.1インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

ハイスペックスマートフォンでも多く採用している、6.1インチの大画面では、動画視聴やゲームなどを大迫力で楽しむことも可能です。

バッテリー消費が大きくなりがちなディスプレイですが、sense7はIGZO OLEDであるため、電池持ちのいいディスプレイと言えます。

また、アウトドアビュー機能を搭載しているため、照度センサーに強い太陽光が当たると、ディスプレイのコントラストや輝度を自動調整します。

そのため、屋外でも快適に操作可能です。

AQUOS sense7のカメラ

AQUOS sense7のカメラは静止画をとても綺麗に撮影することが可能です。

アウトカメラ
  • 有効画素数 約5,030万画素(標準) / F値 1.9
  • 有効画素数 約800万画素(広角) / F値 2.4
インカメラ サブカメラ有効画素数約800万画素(標準) / F値 2.0
その他カメラ機能
  • ProPix4
  • ナイトモード
  • AIオート
  • AIライブ
  • シャッターフォーカス再生

アウトカメラ標準モードで撮影した写真がとても綺麗で、実際に見た風景と同じような写真が撮影可能です。

AQUOS sense7で撮影した写真が以下のとおりです。

輪郭がはっきりした、写真が撮影できます。

また、ナイトモードでの写真もとても綺麗に撮影できるため、薄暗い場所でもはっきりとした写真が撮影可能です。

ハイスペックスマートフォンであり、高額なiPhone14と比較しても、写真のクオリティは劣らないと感じました。

アクオスセンス7ナイトモード撮影

【AQUOS sense7(ナイトモード撮影)】

アイフォーン14撮影

【iPhone14】

AQUOS sense7のバッテリー性能

AQUOS sense7はバッテリー容量4570mAhで、ハイスペックスマートフォンほどの容量はありませんが、ディスプレイやCPUの消費電力を抑えられているため、バッテリー持ちがとてもいいです。

アクオスセンス7長持ちバッテリー

アクオスセンス7バッテリー劣化防ぐ

また、バッテリーの劣化を防ぐために、充電のしすぎなどを防止するための自動制御をおこなうシステムが搭載されています。

多くのスマートフォンは使えば使うほど、バッテリ持ちが悪くなりますが、sense7は公式サイトによると、3年利用したとしても、バッテリー劣化を10%以下に抑えることが可能とのことです。

バッテリー性能が高いため、長時間の動画撮影やゲームプレイも快適です。

公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

\ 限定カラーはドコモのみ! /

AQUOS sense7plusとの違いはサイズとバッテリー容量

AQUOS sense7と同時期に、サイズとバッテリー容量が大きいAQUOS sense7 plusがソフトバンクのみで販売されています。

スペックの違いについては、ディスプレイサイズとバッテリー容量です。。

AQUOS sense7 AQUOS sense7 plus
サイズ 70×152×8.0mm / 158g 76×160×8.2mm / 172g
ディスプレイ 6.1インチ(有機EL) 6.4インチ(有機EL)
バッテリー容量 4570mAh 5,050mAh
一括購入価格 ドコモ:54,230円
au:59,500円
楽天モバイル:49,980円
UQ mobile:59,500円
ソフトバンク:69,840円

一括購入価格が69,840円であるため、sense7よりも約20,000円高いモデルです。

AQUOS sense7よりも大きい画面のものが使いたい方におすすめです。

AQUOS sense7・sense6・Xperia10 Ⅳ・GALAXY A23 比較

AQUOS sense7と同等スペックのスマートフォンである、「AQUOS sense6」「Xperia10 Ⅳ」「GALAXY A23」と比較します。

この3機種とsense7で悩まれることが多いので参考にしてください。

AQUOS sense7 AQUOS sense6 Xperia10 Ⅳ GALAXY A23
価格 41,900円〜59,500円 30,980円〜31,724円 54,780円〜74,880円 31,680円〜36,960円
カラー ラベンダー、ライトカッパー、ブルー、ブラック ライトカッパー、ブルー、シルバー、ブラック ミント、ラベンダー、ブラック、ホワイト レッド、ブラック、ホワイト
サイズ 70×152×8.0mm

158g

70×152×7.9mm

156g

 67×153×8.3mm

156g

71×150×9.0mm
168g
ディスプレイ 6.1インチ(有機EL)

フルHD(1,080 × 2,432)

6.1インチ(有機EL)

フルHD(1,080 × 2,432)

6.0インチ(有機EL)

フルHD(1,080 × 2,432)

5.8インチ

HD+(1,560×720)

CPU  Snapdragon 695 5G Mobile  Snapdragon 690 5GMobile  Snapdragon 695 5G Mobile MediaTek Dimensity 700
メモリ 6GB 4GB〜6GB 6GB 4GB
ストレージ 128GB 64GB〜128GB 128GB 64GB
カメラ機能
  • アウトカメラ:5,030万画素
  • インカメラ:800万画素
  • アウトカメラ:4,800万画素
  • インカメラ:800万画素
  • アウトカメラ:1,200万画素
  • インカメラ:800万画素
  • アウトカメラ:5,000万画素
  • インカメラ:500万画素
スピーカー性能 ハイレゾ対応 ハイレゾ対応 ハイレゾ対応
バッテリー性能 4570mAh 4570mAh 5000mAh 4,000mAh
Bluetooth ver.5.1 ver.5.1 ver.5.1 ver.5.2
外部接続
  • USB-TypeC
  • 3.5mmオーディオジャック
  • USB-TypeC
  • 3.5mmオーディオジャック
  • USB-TypeC
  • 3.5mmオーディオジャック
  • USB-TypeC
SDカード microSD(1TBまで対応) microSD(1TBまで対応) microSD(1TBまで対応) microSD(1TBまで対応)
その他の機能
  • おサイフケータイ
  • 指紋認証/顔認証(マスク着用可)
  • 防水防塵

など

  • おサイフケータイ
  • 画面内指紋認証
  • 防水防塵

など

  • おサイフケータイ
  • 指紋認証
  • 防水防塵

など

  • おサイフケータイ
  • 指紋認証
  • 防水防塵

など

(引用:SHARP、SONY、Galaxy公式サイト)

同等機種を比較した場合もAQUOS sense7のスペックはバランスが良く、高機能であることがわかります。

Xperia10 Ⅳと比較することが多いですが、カメラ性能はAQUOS sensse7、スピーカー性能はXperia10 Ⅳが優れています。

個人のスマートフォンの用途に応じて、選んでください。

公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

\ 限定カラーはドコモのみ! /

AQUOS sense7実機レビュー・口コミ・評判|メリット

実際に使用した感想と他の方がAQUOS sense7を使用した感想の、メリットとなる内容を紹介します。

AQUOS sense7のメリット
  • ミドルスペックとして最強のバッテリー持ち
  • メモリ性能向上で操作感アップ
  • マスクをしたままでも顔認証
  • 静止画に特化したカメラ性能
  • ちょうどいいサイズ感
  • AQUOSならではの便利機能を多く搭載

ミドルスペックとして最強のバッテリー持ち

AQUOS sense7はスペックをそこそこ高くし、バッテリー持ちをよくしているモデルであると感じました。

CPUやディスプレイ、バッテリーのスペックがバッテリーを長持ちさせるものであるため、動画視聴やゲームプレイなどのバッテリーを多く消費する使い方でも長時間楽しめます。

Twitterでも同じように感じている方はいます。

AQUOS sense7のバッテリー持ちが良よすぎてバッテリー持ち検証が全然終わらん!
sense7 、流石にバッテリーでかいこともあって昨日から外出時カメラやら位置ゲーやら相当な時間動かしたのに帰宅したとき電池まだ33%残ってた(満充電ではなく90%いたわり充電モード開始で)。

ミドルスペックスマートフォンならではの長所であり、AQUOS sense7はさらにバッテリー消費を抑えるシステムを搭載しいるため、バッテリー持ちがとてもいいです。

スマートフォンの使用頻度が高い方でも、1日以上はバッテリーが持つのではないでしょうか。

メモリ性能向上で操作感アップ

RAMの容量を大きくいることにより、CPUのスペック以上に処理速度が速いと感じました。

前身であるsense6のCPUよりも、映像処理能力が向上しているものの、全体的なパフォーマンスは大きく変わっていません。

しかし、メモリの容量を大きくすることにより、スムーズに動作しているように感じます。

アクオスセンス7ゲーム画面

アクオスセンス7カメラUI

複数のアプリを起動した状態やゲームプレイ時もとても快適に操作できました。

TwitterでもRAMの容量増加やCPUの映像処理性能が向上していることを実感している方がいました。

AQUOS sense4からsense7に機種変して正解 メモリが4GBから6GBに増えたからメモリ食いアプリのリラックマ農園がアプリ切り替えるたびに強制終了されなくなった CPU性能も高くなったからカクつきもなくなったし

AQUOS sense6もSIMフリー以外はメモリ4GBであるため、sense7に変更した場合、スムーズに動作することに驚くのではないでようか。

マスクをしたままでも顔認証

アクオスセンス7マスクつけたまま顔認証

(引用:SHARP公式サイト)

AQUOS sense7は他のAQUOSモデルにはないシステムとして、マスクしたままの顔認証に対応しています。

また、指紋認証にも対応し、使い分けることができるためユーザービリティが向上しています。

使った感覚としては、認証速度が速くとても便利だと感じました。

マスクしたままの顔認証はTwitterでも、メリットとして感じている意見が複数ありました。

AQUOS sense7に乗り換えたけどマスク顔認証精度良すぎて快適すぎる 社給のiphoneだと精度悪くて使えなかったけど、こういうのでいいんだよダヨ@損切り連合さん(@mejironiyouji)
AQUOSのハイスペックスマートフォンであるAQUOS R7にはない機能であるため、とても注目されています。

静止画に特化したカメラ性能

AQUOS sense7はとにかく写真が綺麗に撮れるところが魅力だと感じます。

撮れる写真に満足している声が多く、特にナイトモードの評判がいいです。

新しいスマホで「夜景モード」が有ったので、名古屋の隠れた夜景スポット中川運河に架かる長良橋で名古屋駅の高層ビル群を撮影。 前のスマホに比べると段違い! #AQUOS #sense7

後述しますが、動画撮影よりも静止画に特化したカメラであると感じました。

ちょうどいいサイズ感

ミドルスペックスマートフォンであるため、とても持ちやすく操作しやすいです。

また、重さについても比較的軽いスマートフォンであるため、長時間の操作も疲労感が少ないように感じました。

サイズ感については使う方によって異なりますが、スペックと重量を考えると満足している方は多いです。

AQUOS sense7の重さ好き。 軽い

AQUOSならではの便利機能を多く搭載

AQUOS sense7は他のモデルと同じように、AQUOSならではの便利機能を多く搭載しています。

「Payトリガー」「スクロールオート」「ClipNow」などがあり、そのなかでもPayトリガーはとても評判のいい機能です。

Payトリガーとは、ディスプレイ消灯時でも指紋センサーを長押しすることにより、瞬時にアプリを起動する機能です。

例えば、d払いアプリやPayPayなどのQR決済のアプリ、使用頻度の高いアプリをPayトリガーに設定したりすることにより、アプリ起動までの操作が短縮できます。

他の機種でPayトリガーを使っている評価ですが、便利だと感じている方は多いです。

このスマホで一番使ってる機能 間違いなく payトリガー これ無い機種もう選べないな

公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

\ 限定カラーはドコモのみ! /

AQUOS sense7実機レビュー・口コミ・評価|デメリット

AQUOS sense7はとてもおすすめなスマートフォンですが、ミドルスペックスマートフォンであるが故に、デメリットとなる部分も存在します。

動画撮影時の画質があまり期待できない

静止画の写真はとても写りがいいと感じましたが、動画については目立っていいとは感じませんでした。

簡単な動画撮影では問題ないですが、スピード感のある動画撮影や手ぶれの多い動画撮影ではあまり良い動画が撮れませんでした。

#ガチで最高だったスマホ2022 やっぱりsense7っしょ、ミドルとは思えない静止画性能、IP68防水防塵、耐衝撃、イヤホンジャックもあっておサイフもある。 ただ、695のせいで動画性能がいまひとつなのがマジで惜しい。次はこのいい所を踏襲しつつ動画性能も上げてほしいかな

一定以上のレベルの動画は撮影できるため、簡易的な動画撮影では問題ないのではないでしょうか。

スピーカーの音質は少し微妙

比較することが多いソニーのXperia10 Ⅳなどはスピーカー性能が高いため、AQUOS sense7のスピーカー性能が見劣りしますが、一般的なスピーカー性能です。

スマホをXPERIA XZ1からAQUOS sense7に乗り換えたが、イヤホンなしのスピーカー音質が悪い… やはり値段相応と言うか、さすがSONYと言うか前調べが悪かったか…

sense7のスピーカー性能が気になる方で、音楽や動画などを楽しみたい場合は、Bluetoothやイヤホンで外部出力させて音を出力するといいです。

AQUOS sense7はオンラインで購入がおすすめ?

AQUOS sense7は各キャリアの店舗や家電量販店、オンラインショップで購入できますが、オンラインショップが一番お得に購入できます。

オンラインショップは店舗や家電量販店では実施していないお得なキャンペーンを多く実施しています。

例えば、オンラインショップでAQUOS sense7を購入する場合、各キャリアで実施されているキャンペーン「 AQUOS sense7歳末感謝」を利用してお得に購入可能です。

詳しい内容や申し込み方法は後述しますが、汎用性の高いポイントが3,000ポイントもらえる期間限定のキャンペーンです。

家電量販店でもキャンペーンをおこなっていることがありますが、汎用性の低いポイント還元や有料オプションへの加入が条件であることが多く、あまりお得でないことは少なくありません。

また、オンラインショップでは24時間いつでも予約・購入ができますが、店舗や家電量販店の場合、営業時間や混雑状況によって自分のタイミングで予約・購入できないことが多いです。

基本的にスマートフォンの購入や契約は、オンラインショップでの申し込みがおすすめです。

公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

\ 限定カラーはドコモのみ! /

 【終了】AQUOS sense7 歳末キャンペーンについて|申し込み手順

前述しましたが、各キャリアで「AQUOS sense7 歳末感謝祭」という共通のキャンペーンを実施しています。

AQUOS sense7を購入し、応募フォームで申し込みをすることにより、購入したキャリアに関係するポイントが3,000ポイントもらえるキャンペーンです。

キャンペーン名 概要 条件 期間
AQUOS sense7 歳末感謝祭 対象期間中にAQUOS sense7のご購入+応募フォーム入力でもれなく契約キャリアに応じたポイントを3,000ポイントプレゼント

【進呈ポイント】

ドコモ:dポイント

au:pontaポイント

楽天:楽天ポイント

UQ mobile:Pontaポイント

  •  AQUOS sense7の購入
  • 特設ページより
    応募フォーム入力
【購入期間】

12月9日(金)〜1月9日(月)

【応募期間】

12月9日(金)〜1月22日(日)

申し込み手順は以下の通りです。

  1. 各キャリアで AQUOS sense7を購入
  2.  購入したキャリアのオンラインストアにアクセスし、「AQUOS sense7歳末感謝」特設ページへ移行
  3. ページ中間部にある「キャンペーンに応募する」を選択
  4. 「My  AQUOS」アプリをインストール、「COCORO IDへログイン」もしくは「COCORO MEMBERSの会員登録」
  5. アプリ内の応募フォームへ移行し、購入した AQUOS sense7のIMEI(端末識別番号)入力
  6. 「購⼊⽇・機種名・購入店舗」が判別できる契約書の画像データをアップロード
  7. 簡単なアンケートに回答して申し込み完了

AQUOS sense7を購入後におこなうため、期間を過ぎることがないように応してください。

各キャリアでのAQUOS sense7の購入方法を次に紹介します。

公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

\ 限定カラーはドコモのみ! /

AQUOS sense7を各キャリアのオンラインショップで購入する手順

各キャリアの申し込み方法についてわからない方は、ここの解説を参考にしてください。

AQUOS sense7を販売している各キャリアでの申し込み方法を紹介します。

また、申し込みには以下のものを準備する必要があります。

事前に用意するもの
  • 支払いをするクレジットカードまたは特定の金融機関口座
  • 新規契約:本人確認書類、他社からの乗り換え:MNP予約番号、機種変更:契約中の端末やアカウントID

ドコモオンラインショップで購入する手順

  1. ドコモオンラインショップへアクセスし画面中央部の「スマートフォン」を選択
  2.  AQUOS sense7を選択
  3. 希望のカラーや購入方法などを選択、「機種変更」を選択した場合はdアカウントにログイン
  4. 「カートに入れる」を選択
  5. 「購入手続きに進む」を選択、画面に沿って料金プランや支払い方法などを入力
  6. 入力事項の確認をして注文完了

希望のカラーを選択する段階で申し込み段階で23ヶ月目返却プログラム「カエドキプログラム」の選択ができます。

公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

\ 限定カラーはドコモのみ! /

auオンラインショップで購入する手順

  1. auオンラインショップへアクセスし画面中央部の「製品」を選択し、「Androidスマートフォン一覧」を選択
  2.  AQUOS sense7の希望カラーを選択し「カートに入れる」を選択し、「au Online Shopで契約・購入」を選択
  3. 契約方法を選択
  4. auIDカウントにログイン
  5. 購入手続きに進むを選択し、画面に沿って支払い方法や料金プランなどの必要事項を入力
  6. 入力事項の確認をして注文完了

希望のカラーを選択する段階で申し込み段階で23ヶ月目返却プログラム「スマホとくするプログラム」の選択ができます。

公式サイト:https://www.au.com/mobile/

\ オンラインで機種変更が完結! /

楽天モバイルのオンラインショップで購入する手順

  1. 楽天モバイルオンラインショップへアクセスし上部のメニュータブを開き「製品」から「Android」を選択
  2. 「AQUOS sense7」を選択し「購入する」を選択
  3. 希望のカラーや支払い方法選択し、「カートに入れる」を選択
  4. 「続けてプラン選択へ進む」を選択し、各種オプションやサービスを選択
  5. 「この内容で申し込む」を選択
  6. 楽天アカウントのIDを持っている方はログイン、持っていない方は新規登録
  7. 画面に沿って必要事項を入力し、申し込み完了

楽天では、ドコモやauのような規定の分割払いによる割引プログラムはありませんが、有料オプション加入による割引はあります。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

UQ mobileのオンラインショップで購入する手順

  1. UQ mobileオンラインショップへアクセスしメニューから「端末一覧」を選択
  2. 全端末ラインナップ内の「AQUOS sense7」を選択
  3. 希望のカラーを選択し、「この端末を申し込む」を選択
  4. 契約方法やプラン、オプションなどを選択
  5. 表示内容に沿って個人情報や支払い方法を選択
  6. 提出書類の画像をアップデート
  7. 申し込み内容を確認し、申し込み完了

UQ mobileも楽天モバイルと同様に、分割による割引プログラムはありませんが、有料オプション加入による割引はあります。

公式サイト:https://shop.uqmobile.jp/shop/

UQモバイル評判・口コミはこちら

\ 繰り越しでギガがお得! /

UQモバイルキャンペーンはこちら

UQモバイルキャッシュバックはこちら

AQUOS sense7についてよくある質問

ここまでAQUOS sense7の魅力や購入すべきかの判断材料を紹介してきましたが、さらに気になる内容として、よくある質問について解説します。

AQUOS sense7のよくある質問
  • アクオスセンス7のリフレッシュレートとは?
  • アクオスセンス7の型番は?
  • AQUOS sense7Plusの取り扱いキャリアは?

アクオスセンス7のリフレッシュレートとは?

リフレッシュレートとは、1秒間に何回画像を更新したかということをヘルツで測定し、この値が大きいほどよりスムーズな描写として捉えられるというものになります。

AQUOS sense7のリフレッシュレートは60Hzであり、一般的な用途では問題ないスペックです。

また、IGZOは表示する内容によってリフレッシュレートの数値をコントロールしているため、値は上下しています。

例えば、インターネットで検索をしているシーンでは、リフレッシュレートの数値を下げてバッテリー消費を抑え、ゲームなどの速い動きに対応させるシーンでは数値を上げて対応します。

AQUOS sense7 Plusの取り扱いキャリアは?

AQUOS sense7 Plusは、ソフトバンクのみ取り扱いがあります。

他のモデル同様に、他のキャリアで販売する可能性はありますが、決まっている情報はありません。

まとめ

今回はAQUOS sense7の使ってみた感想を紹介しました。

AQUOS sense7はミドルスペックスマートフォンとしては十分にハイスペックで、AQUOS特有の便利機能を多く搭載しており、使い勝手のいいスマートフォンであると感じました。

特に綺麗な風景写真を撮りたいときや持ちやすいスマートフォンを使いたいときに最適なスマートフォンです。

また、高級感のある見た目であるため、多くのユーザーに対応するスマートフォンだと思います。

現在は「AQUOS sense7歳末感謝祭」という各キャリア共通のキャンペーンをおこなっており、ミドルスペックのスマートフォンの購入を考えている方は、今がチャンスです。

公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

\ 限定カラーはドコモのみ! /

  • URLをコピーしました!
目次