楽天マジ得フェスティバルで最大30,000P >>

<PR>

【本音】iPhoneでおすすめしない機種3選!今買うならコスパ最強なのはどれ?

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

iPhoneでおすすめできない機種ってどれ?

後悔しないiPhoneの選び方を知りたい

iPhoneの購入を検討していると、どの機種にするか迷ってしまいますよね。

結論からお伝えすると、Appleのサポート対応が終了済みの機種はおすすめできません。

そこで今回はiPhoneでおすすめしない機種3選後悔しない選び方などを解説します。

\ 新型iPhone 15が予約できる公式サイト /
楽天モバイル
auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルがお得!

楽天モバイルでお得なキャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら最大20,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000〜14,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

楽天モバイルが初めての方は、7月1日までなら楽天マジ得フェスティバルが最大20,000ポイントとお得!

過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目は、三木谷キャンペーンが見逃せません。

これらは別のキャンペーンと併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできるので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ 初めての方はこちら! /

\ 再契約・2回線目はこちら! /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

目次

【結論】iPhoneのサポート終了済み機種はおすすめしない

結論から言うと、サポートが終了したiPhoneは、最新OSへのアップデートができないため、おすすめできません。

サポートが終了したiPhoneは、具体的に以下のようなiPhoneです。

  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5
  • iPhone 4s
  • iPhone 4
  • iPhone 3GS
  • iPhone 3G

サポート終了済み機種は、新しいアプリやサービスに対応していない可能性もあり、快適に利用できなくなる可能性があります。

また、セキュリティリスクが高くなるので、デメリットが多いのも理由です。

一方で、2024年5月現在おすすめできるiPhoneはiPhone 15シリーズです。

iPhone 15シリーズは、最新モデルで高性能かつiPhone 15キャンペーンを活用すると安く購入できます。

なお、ロケホンではiPhoneの本体だけ購入する方法iPhoneを安く買う方法も解説しているので、併せてチェックしましょう。

\ 新型iPhone 15が予約できる公式サイト /
楽天モバイル
auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
iPhoneの関連記事をチェック

iPhoneでおすすめしない機種

まずは、iPhoneでおすすめしない機種を紹介します。

  • iPhone Xシリーズ以前
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 11

今後、iPhoneの購入を検討している方は参考にしてみてください。

iPhone Xシリーズ以前

iPhone Xのスペックは以下の通りです。

モデルiPhone X
容量64GB

256GB
サイズ143.6 mm×70.9 mm×7.7 mm
重量174 g
カメラ12MP広角カメラ

12MP望遠カメラ
バッテリー2,716 mAh

iPhone Xシリーズ以前の機種は、6年以上前のモデルかつ最新のiOSに対応していないため、おすすめできません。

iPhone Xシリーズ以前がおすすめできない理由は、以下の通りです。

処理速度が遅い

iPhone Xシリーズ以前は、最新のiPhoneと比べて、処理性能が大きく劣るのも特徴です。

アプリの起動や切り替えが遅く、動作が重たくなることもあります。

セキュリティリスクが高い

古い機種ほど、セキュリティ対策が徹底されておらず、危険です。

この脆弱性を悪用されると、攻撃者にデバイスを乗っ取られ、個人情報や機密情報が漏洩する可能性があります。

既にサポート対応終了済み

iPhone Xシリーズ以前は、既にAppleのサポート対応が終了しています。

そのため、機種の故障等でAppleからサポートを受けられません。

iPhone Xシリーズ以前全てのモデルは、Appleの保証期限が過ぎた「ビンテージ製品」に該当するため、故障等は修理業者に依頼するしかないのでおすすめできません。

最新OSに対応していない

iPhone 15のような最新のiOSには、セキュリティ対策の強化や、便利な新機能が多数搭載されています。

一方で最新iOSに対応していない古い機種を使い続けると、情報漏洩などのリスクが高まるので、購入を検討する方には要注意です。

結論として、最新の機能や性能を快適に利用したい場合は、サポート対応機種を選ぶことをおすすめします。

iPhone SE(第1世代)

iPhone SE(第1世代)のスペックは以下の通りです。

モデルiPhone SE(第1世代)
容量16GB

32GB

64GB

128GB
サイズ123.8 mm×58.6 mm×7.6 mm
重量113 g
カメラ12MPカメラ
バッテリー1,624 mAh

2016年発売のiPhone SE(第1世代)は、2024年6月現在では主要な機能が古くなり、最新機種と比べると使い勝手や性能面で劣る部分が目立つため、おすすめできません。

iPhone SE(第1世代)がおすすめできない理由は、他にもあります。

処理速度の遅さ

A9チップ搭載のiPhone SE(第1世代)は、2024年6月現在の最新機種と比べると処理速度が遅く、動作がもたつくことがあります。

特に、アプリの起動や切り替え、ゲームプレイなどで、ストレスを感じやすいです。

カメラ性能の低さ

iPhone SE(第1世代)は、最新のiPhone搭載のデュアルカメラやトリプルカメラと比べると、画質や機能面で大きく劣ります。

特に、暗い場所での撮影や、広角撮影、望遠撮影などでは、綺麗に写らない場合が多いです。

バッテリー持ちの悪さ

1,624mAhバッテリー搭載のiPhone SE(第1世代)は、最新のiPhoneと比べるとバッテリー持ちが悪く、頻繁に充電が必要になります。特に、外出先で長時間使用する場合には、モバイルバッテリーを持ち歩く必要が生じます。

最新iOSへのアップデート不可

iPhone SE(第1世代)は、iOS 15.3までしかアップデートできず、最新のiOS 17には対応していません。

最新iOSには、セキュリティ対策の強化や、新しい機能の追加などが行われているため、iPhone SE(第1世代)はセキュリティリスクや機能面で注意しなければなりません。

上記のような理由から、iPhone SE(第1世代)は、2024年6月現在、メインスマホとして利用するにはおすすめできません。

iPhoneの購入を検討している場合は、最新iOSへのアップデートが可能で最新機能を搭載した機種を選びましょう。

iPhone 11

iPhone 11のスペックは以下の通りです。

モデルiPhone 11
容量64GB

128GB
256GB
サイズ150.9 mm×75.7 mm×8.3 mm
重量194 g
カメラデュアル12MPカメラ(超広角と広角)
バッテリー3,110 mAh

2019年に発売したiPhone 11は、2024年6月現在サポート対応機種ですが、おすすめできません。

iPhone 11がおすすめできない理由を見ていきましょう。

処理速度が遅い

iPhone 11は、A13 Bionicチップを搭載していますが、2023年9月に発売されたiPhone 15シリーズに搭載されているA17 Bionicチップと比べると、処理速度が大きく劣ります。

特に、高負荷なゲームやアプリを使用する場合、動作がカクカクしたり、アプリが落ちやすくなったりする可能性があります。

バッテリー持ちが悪い

最新機種と比べてバッテリー持ちが悪く、頻繁に充電が必要になる可能性があります。

そのため、1日中使用するのも難しいかもしれません。

特に、動画視聴やゲームプレイなど、バッテリーを多く消費する操作を頻繁に行う場合は、充電切れに注意が必要です。

今後サポート終了する可能性がある

2024年6月現在はiPhone X以前のモデルがAppleのサポート対応が終了していますが、今後iPhone 11もサポート終了する可能性が高いです。

iPhone 11の場合、2027年9月頃にサポートが終了する可能性があります。

サポート終了後は、OSアップデートやセキュリティアップデートが受けられなくなり、脆弱性に対する対策が施されないため、情報漏洩などのリスクが高まります。

上記の理由から、iPhone 11もおすすめできない機種として挙げられます。

iPhoneのどの機種を購入するか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめしないiPhoneの基準・特徴

ここからは、おすすめしないiPhoneの基準・特徴について紹介します。

  • サポート終了している
  • 販売から4年経過している

現在使用中のiPhoneが下記に該当しないかチェックしてみましょう。

サポート終了している

2024年6月現在Appleのサポート対応が終了しているiPhoneはおすすめできません。

iPhone全ての機種が永遠に使えるわけではありません。

Appleは、古い機種に対してOSアップデートやセキュリティ更新の提供を終了する時期を設けています。

サポート終了のタイミングを迎えたiPhoneは、以下のようなリスクを抱えるため、新規購入や継続使用はおすすめできません。

セキュリティリスクの増加

サポート終了後は、OSアップデートやセキュリティ更新が提供されなくなるため、最新のバグや脆弱性に対する対策が施されません。

そのため、情報漏洩や個人情報の窃取、さらには乗っ取りなどの被害を受ける可能性が高くなります。

新機能やアプリの利用不可

新しいOSバージョンで提供される新機能やアプリは、サポート終了対象機種では利用できなくなります。

例えば、便利な機能の追加や、最新のセキュリティ技術の導入などが対応しなくなります。

動作の遅延や不具合

古くなったハードウェアは、最新のOSやアプリを十分に処理しきれない可能性があります。

動作が遅くなったり、アプリが頻繁に落ちたり、不具合が多くなりやすいです。

修理サポートの縮小

サポート終了後は、Apple正規店の修理サポートも縮小されます。

故障した場合、修理費用が高額になったり、部品の調達が困難になったりする可能性があります。

安全に使用するために、サポート終了前に機種変更を検討することをおすすめします。

iPhoneのサポート対応については、Apple公式サイトで確認しましょう。

販売から4年経過している

4年経過したiPhoneは、最新モデルと比べて性能や機能が大きく劣る場合があります。

処理速度の低下

4年経過したiPhoneは、最新モデルと比べて処理速度が大幅に低下しやすいです。

アプリの起動や切り替え、インターネット閲覧などが遅くなったり、動作がカクカクしたりするなど、ストレスを感じやすいです。

バッテリーの劣化

4年経過したiPhoneは、バッテリーが劣化している可能性があります。

充電頻度が増えたり、充電してもすぐにバッテリーがなくなることが多いため、1日中使用するのも難しいかもしれません。

また、バッテリーの劣化は、本体の動作にも影響を与えます。

バッテリーが弱ると、処理速度が低下したり、突然シャットダウンしたりする可能性があります。

快適にiPhoneを使用するためには、4年経過したiPhoneの使用はおすすめできません。

できるだけ新しいモデルへを検討することをおすすめします。

\ 新型iPhone 15が予約できる公式サイト /
楽天モバイル
auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ

後悔しないおすすめのiPhoneの選び方

ここからは、後悔しないおすすめのiPhoneの選び方について紹介します。

  • 最新のiPhoneを買う
  • 直近2年以内の型落ちモデルを買う
  • キャンペーンでお得になる機種を買う

ぜひ、iPhoneを購入する際の参考にしてみてください。

最新のiPhoneを買う

iPhoneを買う際に後悔しない選び方で最もおすすめなのは「最新のiPhoneを買う」ことです。

2024年6月現在iPhone 15シリーズが最新機種です。

最新のiPhoneほど、高性能カメラ、長持ちバッテリー、そして美しいディスプレイなど、魅力的な機能があります。

最新モデルは人気が集中するため、品薄状態になることがあるので、購入を検討している場合は、早めに予約しておくことをおすすめします。

直近2年以内の型落ちモデルを買う

後悔しないおすすめのiPhoneの選び方は、直近2年以内の型落ちモデルを買うことです。

型落ちモデルといっても、最新モデルと遜色ない性能を持つものが多く、比較的安く購入できます。

そんな型落ちモデルには、大きく3つのメリットがあります。

価格が圧倒的に安い

最新モデルと比べて、型落ちモデルは数万円も安く購入可能です。

予算を抑えたい方や、初めてiPhoneを購入する方にとって、おすすめできます。

最新モデルに劣らない高性能

型落ちモデルといっても、最新モデルと比べても性能差はごくわずかです。

日常使いはもちろん、写真撮影や動画編集など、ハイパフォーマンスが求められる作業も快適にこなせます。

iPhoneを購入する際は、後悔しないように型落ちモデルを選んでみましょう。

キャンペーンでお得になる機種を買う

各キャリアや家電量販店では、様々なキャンペーンを実施しているため、お得にiPhoneを購入できます。

例えば、以下のキャンペーンでお得に購入できます。

  • 楽天モバイル:iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大32,000円相当おトク!
  • ahamo:5G WELCOME割
  • ソフトバンク:新トクするサポート

新規契約・他社からの乗り換え・機種変更など対象のiPhoneがお得になるキャンペーンを実施しているので、購入前にキャンペーンの活用を忘れないようにしましょう。

\ 新型iPhone 15が予約できる公式サイト /
楽天モバイル
auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ

今買うなら!コスパ最強のiPhoneおすすめ機種

今買うなら!コスパ最強のiPhoneおすすめ機種について紹介します。

  • iPhone 15
  • iPhone 14
  • iPhone SE(第3世代)

現在使用中のiPhoneが下記に該当しないかチェックしてみましょう。

iPhone 15

iPhone 15は、2023年9月22日に発売されました。

iPhone 15の値段は、販売している各キャリアやアップルストアにより異なります。

キャリアGB数・金額返却プログラムを利用した場合
楽天モバイル128GB:140,800円
256GB:161,800円
512GB:199,800円
128GB:58,392円※1
256GB:68,880円※1
512GB:87,888円※1
au128GB:145,640円
256GB:166,780円
512GB:206,930円
128GB:32,840円
256GB:65,630円
512GB:85,985円
ドコモ128GB:149,490円
256GB:172,040円
512GB:212,300円
128GB:75,570円
256GB:86,240円
512GB:106,700円
ソフトバンク128GB:142,920円
256GB:166,320円
512GB:206,640円
128GB:21,996円
256GB:44,820円
512GB:55,620円
アップルストア128GB:124,800円
256GB:139,800円
512GB:169,800円
※税込表記です。
※2024年6月現在の金額です。
※1.下取りなし、キャンペーン適用時から24回分を差し引いた金額です。
5月10日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

iPhone 15の特徴は以下の通りです。

鮮明で高画質撮影可能

iPhone 15は、48MPのデュアルカメラで4,800万画素(インカメラは1,200万画素)と超高画質を搭載、3段階の光学ズームで完璧なショットの撮影が可能です。

大画面で拡大しても、画像が粗くなることなく、細部まで鮮明に確認できます。

また、iPhone 15は、すべてのカメラに光学式手ぶれ補正を搭載しています。

暗い場所や手ブレしやすい状況でも、鮮明でノイズのない写真と動画を撮影できる上、夜景や室内での撮影など、光量が少ない環境でも、これまで以上に美しい写真が撮れるようになりました。

その他にもシネマティックモードやマクロモードなど多彩な機能が備わっています。

Dynamic Islandを採用

iPhone 15は、Dynamic Islandを採用し、使いやすさが向上

Dynamic Islandは、フロントカメラとFace IDセンサーを収めた楕円形のエリアを、有機ELディスプレイにシームレスに統合したものです。

従来のノッチとは異なり、画面上部に自然に溶け込むデザインは、一体感を生み出し、より没入感のある視覚体験を提供します。

充電がタイプCに変更

iPhone 15では、長年Lightningケーブルを採用してきましたが、ついにUSBタイプCケーブルに変更されました。

タイプCケーブルは、Lightningケーブルよりも高速なデータ転送と充電に対応しています。

つまり、iPhone 15をタイプCケーブルで充電すれば、従来よりも短時間で充電完了できます。

最新機種を購入したい方は、iPhone 15がおすすめです。

上位モデルのiPhone 15 Proもあり、iPhone 15とiPhone 15 Proの違いを比較した記事もあります。

\ 新型iPhone 15が予約できる公式サイト /
楽天モバイル
auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ

iPhone 14

iPhone 14は、2022年9月16日に発売されました。

iPhone 14の値段は、販売している各キャリアやアップルストアにより異なります。

キャリア・格安SIM割引前の価格割引後の価格
楽天モバイル128GB:120,800円
256GB:135,900円
512GB:165,900円
128GB:60,384円
256GB:67,944円
512GB:82,944円
au128GB:127,900円
256GB:販売終了
512GB:販売終了
128GB:47円〜
256GB:販売終了
512GB:販売終了
ドコモ128GB:124,465円
256GB:161,480円
512GB:201,740円
128GB:22,033円
256GB:81,680円
512GB:102,140円
ソフトバンク128GB:127,440円
256GB:販売終了
512GB:販売終了
128GB:44,016円
256GB:販売終了
512GB:販売終了
mineo128GB:122,760円
256GB:138,720円
512GB:168,696円
QTモバイル128GB:134,640円
256GB:-
512GB:-
128GB:121,176円
※BBIQキャッシュバック適用時
アップルストア128GB:112,800円
256GB:127,800円
512GB:157,800円
※税込表記です。
※5月10日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください。
※割引後の価格は返却プログラム適用後・auはキャンペーン適用後の価格です。

iPhone 14の特徴は以下の通りです。

高いカメラ性能

iPhone 14シリーズは、高いカメラ性能を搭載しています。

特に、Proモデルはメインカメラが48MPとなり、圧倒的な解像度と表現力を実現。

暗い場所でも鮮明な写真撮影が可能になり、プロレベルの撮影も楽しめます。

さらに、動画撮影時の手ぶれ補正機能も強化され、まるで映画のような滑らかな映像を撮影できます。

A16 Bionicチップと衝突事故検出

iPhone 14シリーズには、A16 Bionicチップが搭載されています。

A16 Bionicチップは、前モデルよりもさらに高速で高性能なチップであり、あらゆるアプリやゲームを快適に動作可能です。

また、iPhone 14シリーズには、衝突事故検出機能が搭載されており、衝突事故を検知すると自動的に緊急通報を行う機能であり、安全性を高められます。

iPhone 14もiPhone 14 Proがありどっちがいいか迷いますが、上記の特徴が参考になるでしょう。

iPhone 14とiPhone 15の違いを比較した記事でも、それぞれの特徴を紹介しています。

型落ちモデルをお探しの方は、iPhone 14がおすすめです。

\ 新型iPhone 15が予約できる公式サイト /
楽天モバイル
auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ

iPhone SE(第3世代)

iPhone SE(第3世代)は、2022年3月18日に発売されました。

iPhone SE(第3世代)の値段は、販売している各キャリアやアップルストアにより異なります。

キャリア・格安SIM割引前の価格割引後の価格
楽天モバイル64GB:64,000円
128GB:70,900円
256GB:85,900円
64GB:52,000円
128GB:58,900円
256GB:73,900円
au64GB:70,935円
128GB:82,190円
256GB:103,415円
64GB:47円
128GB:4,600円
256GB:33,775円
ドコモ64GB:73,370円
128GB:82,280円
256GB:104,500円
64GB:22,154円
128GB:42,680円
256GB:53,020円
ソフトバンク64GB:73,440円
128GB:81,360円
256GB:99,360円
64GB:22,008円
128GB:26,784円
256GB:52,560円
mineo64GB:70,224円
128GB:77,880円
QTモバイル64GB:72,072円
128GB:79,992円
64GB:64,865円
128GB:71,993円
アップルストア64GB:62,800円
128GB:69,800円
256GB:84,800円
※税込表記です。
※5月10日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください。
※割引後の価格は返却プログラム適用後・auはキャンペーン適用後の価格です。

iPhone SE(第3世代)の特徴は以下の通りです。

コンパクトで持ちやすいボディ

iPhone SE(第3世代)は、4.7インチのRetina HDディスプレイを搭載したコンパクトなボディです。

片手で操作しやすく、持ち運びにも便利です。

また、IP67等級の防水・防塵性能にも対応しているので、安心して使えます。

使い慣れたホームボタン

iPhone SE(第3世代)には、指紋認証センサー付きのホームボタンが搭載されています。

また、Apple Payなどの決済にもスムーズに利用できます。

5G通信にも対応

iPhone SE(3世代)は、5G通信にも対応しています。

5G通信は、従来の4G通信よりも高速で安定した通信が可能なので、大容量のデータダウンロードや、高画質な動画視聴などを快適に楽しめます。

型落ちモデルかつお得にiPhoneを購入したい方は、iPhone SE(第3世代)をおすすめします。

\ 新型iPhone 15が予約できる公式サイト /
楽天モバイル
auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneでおすすめしない機種に関するQ&A

ここからは、iPhoneでおすすめしない機種に関するQ&Aについて回答します。

  • iPhoneを買う前に注意すべき点は?
  • 今はどのiPhoneまでサポート対応している?
  • iPhoneシリーズの寿命は何年?

それでは、1つずつ見ていきましょう。

iPhoneを買う前に注意すべき点は?

iPhoneを買う前に注意すべき点は「サポート対応しているか」です。

Appleは、古い機種に対してOSアップデートやセキュリティ更新の提供を終了する時期を設けています。

サポート終了のタイミングを迎えたiPhoneは、動作の遅延やバッテリー消耗、セキュリティの漏洩性を抱えるため、新規購入や継続使用はおすすめできません。

今はどのiPhoneまでサポート対応している?

2024年6月現在、Appleは最新OSであるiOS 17に対応しています。

ただし、サポート期間は機種によって異なり、修理受付や部品供給についても状況が変化する可能性があります。

詳細は、Apple公式サイトで確認してみてください。

iPhoneシリーズの寿命は何年?

Apple公式サイトでは、iPhoneの使用年数は「3年」とされています。

しかし、これはあくまでも目安であり、実際には5年以上問題なく使用できるケースも珍しくありません。

普段の使い方によって異なりますが、バッテリーが劣化すると、充電頻度が増えたり、動作が遅くなったりします。

また、iOSのアップデートが終了すると、最新のセキュリティ機能が使えなくなり、情報漏洩などのリスクが高まります。

あくまでも寿命は目安として参考にしてみてください。

iPhoneでおすすめしない機種まとめ

今回は、iPhoneでおすすめしない機種についてご紹介しました。

まとめ
  • サポート対応が終了済みのiPhoneはおすすめできない
  • おすすめ機種は、iPhone 15・iPhone 14・iPhone SE(第3世代)
  • iPhoneを買う際はキャンペーンでお得に

iPhoneを買う際は必ずサポート対応機種であることを確認しましょう。

また、キャリアや格安SIMなどでiPhoneがお得に購入できるキャンペーンの活用も忘れないようにしましょう。

iPhoneを購入する際は、今回の記事を参考にしてお買い求めください。

\ 新型iPhone 15が予約できる公式サイト /
楽天モバイル
auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次