ドコモからOCNモバイルONEに乗り換える手順とタイミング!デメリットや違約金も解説

ドコモからOCNモバイルONE

ドコモの利用料金を安くしたいと思った場合、格安SIMへの乗り換えを検討するでしょう。格安SIMの中でも速度が速いと評判の「OCNモバイルONE」は、新コースができ、さらに利用料金がお得になっています。

ここでは、ドコモからOCNモバイルONEに乗り換える手順とベストな乗り換えタイミングを詳しく説明します。また、デメリットと違約金についても解説します。

2022年8月現在OCNモバイルONEが行っているキャンペーンは以下の通りです。

  • 人気のスマホ割引セール
  • OCNで「ABEMAプレミアム」を申し込めば実質5か月無料
  • 訪問ポイント獲得で最大10GBプレゼント
  • スマホを下取りに出すと15,000円クーポンプレゼント

\ 3GBなど低容量プランが人気 /

OCNモバイルONE|公式サイト

目次

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えるデメリット

乗換にはデメリットも発生します。先ずはどのようなデメリットがあるのかを確認しておきましょう。

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えるデメリットは5つです。

  • ドコモの割引が使えなくなる
  • 家族間の無料通話がない
  • キャリアメールが有料になる
  • 事務手数料が必要になる
  • キャリア決済が使えない

ドコモの割引が使えなくなる

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、ドコモの割引が使えなくなります。

ドコモ OCNモバイルONE
はじめてスマホ割(最大12ヵ月月額550円割引)

U15はじめてスマホ割(最大12ヵ月月額550円割引)

dカードお支払割(毎月187円の割引)

利用開始月の月額基本料無料

※ここでは、月額料金に関する割引を紹介します。

ドコモの場合、はじめてスマホ割を利用すると、最大12ヵ月月額550円割引になります。12ヵ月×550円で6600円なので、年間6,600円の割引です。

さらに、利用料金の支払い方法をdカードにしていると、毎月187円の割引が受けられます。

OCNモバイルONEにも割引があり、契約月は無料で利用できますが、ドコモの方が割引が大きいです。

家族間の無料通話がない

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、家族間の無料通話がなくなります。

ドコモ OCNモバイルONE
家族間の無料通話「ファミリー割引」あり 家族間の無料通話なし

ドコモでは、家族間の通話が無料になる「ファミリー割引」があります。

ファミリー割引は2~20回線まで申し込めます。同居・別居問わず割引の対象なので、離れて暮らす家族も申し込み可能です。

しかも、ファミリー割引が適用されると、月額料金を回線ごとに最大1,100円(税込)割引があります。

10人家族であれば、10人×1,100円の割引が可能。月額料金の節約にもつながります。

OCNモバイルONEには家族間の無料通話のプランはありませんが、新コース500MB/月は最大10分相当の無料通話つきです。

10分では通話時間が足りないという場合には、かけ放題オプションの利用をおすすめします。

OCNモバイルONEのかけ放題オプションは3つあります。

  • 10分まで:月額935円
  • トップ3:月額935円
  • 無制限:月額1,430円

キャリアメールが有料になる

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、キャリアメールが有料になります。

ドコモ OCNモバイルONE
@docomo.ne.jpが無料で使える @docomo.ne.jpの使用が有料

ドコモを利用している間は「@docomo.ne.jp」のドコモメールが無料で使えます。

ドコモを解約してOCNモバイルONEに乗り換えると、同じドコモ回線であってもドコモのキャリアメールが無料で使えなくなります

キャリアのメールアドレス持ち運びサービスを利用すれば、有料ですが引き続きキャリアメールが利用可能です。

キャリアのメールアドレス持ち運びサービスの概要

利用料金 1メールアドレスあたり月額330円
利用条件 dアカウントを持っていること

解約から31日以内に申し込む

1年間ドコモのキャリアメールを使う場合、12か月×330円で年間3,960円かかります。

ただし、初回申込み日から31日間は月額使用料が無料です。

事務手数料が必要になる

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、事務手数料が必要になります。

初期手数料 3,300円

事務手数料の3,300円は、OCNモバイルONEに限ったことではありません。携帯電話の契約では発生するのが一般的です。

携帯電話会社によっては、キャンペーンなどで手数料が無料になる場合もあります。

 キャリア決済が使えない

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、キャリア決済が使えません。

ドコモ OCNモバイルONE
キャリア決済が使える キャリア決済が使えない

キャリア決済とは、インターネット上で購入した商品の代金を、月々の携帯料金・通信料金と一緒にまとめて支払いをするサービス。

基本、格安SIMではキャリア決済が利用できないため、OCNモバイルONEでも利用不可です。

普段から利用している人にとってキャリア決済が利用できないと不便さを感じるでしょう。

\ 3GBなど低容量プランが人気 /

OCNモバイルONE|公式サイト

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えるメリット

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えるメリットは6つあります。

  • 料金が安くなる
  • かけ放題オプションが安くなる
  • ドコモショップでの店舗で契約できる
  • 違約金が無料
  • 「MUSICカウントフリー」サービスが使えるようになる
  • 通話料が半額になる

料金が安くなる

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、料金が安くなります。

ドコモ OCNモバイルONE
利用料金は月3,465円~6,765円

(割引適用後は1GB以下:月2,178円~)

利用料金は月550円~1,760円

※ドコモには様々な利用料金プランがありますが、ここでは5Gギガライトのプランで見ていきます。

5Gギガライトの利用料金を見てみましょう。

~1GB 3,465円→割引適用後2,178円
~3GB 4,565円→割引適用後2,728円
~5GB 5,665円→割引適用後3,278円
~7GB 6,765円→割引適用後4,378円

OCNモバイルONEの料金は以下の通りです。

~500MB 550円
~1GB 770円
~3GB 990円
~6GB 1,320円
~10GB 1,760円

上記を見ても分かるように、OCNモバイルONEの方がかなり料金が安く、ドコモの1GBの料金でOCNモバイルONEでは10GB利用できます。

かけ放題オプションが安くなる

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、かけ放題オプションが安くなります。

ドコモ OCNモバイルONE
完全かけ放題:1,870円 完全かけ放題:1,430円

ドコモとOCNモバイルONEの、通話完全かけ放題オプションの料金を比較すると、OCNモバイルONEのほうが安いです。

ドコモでかけ放題を利用していた人は、OCNモバイルONEに乗り換えたことによってオプション料金を安くできます。

さらに、OCNモバイルONEには「トップ3かけ放題」もあります。

トップ3かけ放題を利用すると、よく電話する3つの電話番号への通話料金が無料になるため、特定の人と長い時間電話をする人におすすめです。

ドコモショップの店舗で契約できる

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えても、ドコモショップの店舗で契約できます。

全国のドコモショップ検索はこちらから

OCNモバイルONEはWEBからの手続きも可能ですが、「対面で契約がしたい」「相談しながら契約がしたい」という人はショップを利用すると良いでしょう。

 

\ 3GBなど低容量プランが人気 /

OCNモバイルONE|公式サイト

違約金が無料

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、違約金が必要ありません。

2019年9月末以前の料金プランは10,450円の解約金がかかっていました。

総務省により2019年10月からは解約金が1,100円以下と定められたことによって、解約金が1,100円に変更。

その後、2021年10月1日から、ドコモのケータイ回線を解約する場合に必要になっていた解約金を廃止しています。

「MUSICカウントフリー」サービスが使えるようになる

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、「MUSICカウントフリー」サービスを使えるようになります。

MUSICカウントフリーとは、対象サービスで音楽ストリーミングを利用する際のデータ消費がないサービスです。

長時間利用しても、月間データ容量を消費しないので、思う存分楽しめます。

OCNモバイルONEのMUSICカウントフリーの対象サービスは、次のとおりです。

MUSICカウントフリーの対象サービス
Amazon Music

ANiUTa

dヒッツ

LINEミュージック

OWER RECORDS MUSIC

Spotify

ひかりTVミュージック

ABEMA(2023年3月30日(木)までの期間限定)

通話料が半額になる

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、通話料が半額になります。

ドコモ OCNモバイルONE
国内通話料:22円/30秒 国内通話料:11円/30秒

OCNモバイルONEは、「OCNでんわ」という制度があります。

OCNモバイルONEの携帯電話から電話をかけると国内電話はすべて11円/30秒になるという制度です。

一般的な携帯電話の通話料は22円/30秒。もちろんドコモを利用している時も22円/30秒でした。

OCNモバイルONE経由で電話をすると通話料が半額の11円/30秒になり、かなりお得です。

\ 3GBなど低容量プランが人気 /

OCNモバイルONE|公式サイト

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換える手順と準備するもの

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えるメリットとデメリットを理解したうえで、乗換を行いたいという人向けに、手順と準備が必要なものを解説していきます。

乗り換えの手順は以下の通りです。

  1. 【手順1】事前準備
  2. 【手順2】申し込み
  3. 【手順3】回線切り替え
  4. 【手順4】APN設定

【手順1】事前準備

事前準備では以下の3つを準備します。

  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号

クレジットカード

契約者本人名義のクレジットカードを準備します。

  • 利用できるクレジットカード:VISA、マスターカード、JCB

デビットカードは使用できません。

本人確認書類

本人確認書類は運転免許証など、契約者本人が確認できるものを準備します。

MNP予約番号

ドコモでMNP予約番号を取得します。

MNP予約番号取得の方法は3つです。

  • 電話
  • WEB
  • ドコモショップ
取得方法 連絡先 取得の流れ
電話

(9時~20時)

ドコモ回線は「151」

一般電話は0120-800-000

電話をかけて取得
WEB

(24時間)

「My docomo」はこちらから 「My docomo」にログイン

「契約内容・手続き」を選択

「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」を選択

「お手続きする」を押す

「解約お手続き」を押す

注意事項の同意にチェックを入れて「次へ」を押す

「手続きを完了する」を押す

ドコモショップ

(各店舗の営業時間内)

ドコモショップ検索はこちらから ショップに出向き番号を取得する

MNP予約番号には有効期限があり、取得した日を含めて15日以内です。ただし、OCNモバイルONEへの乗り換えには、MNP予約番号の有効期間が12日以上残っている必要があります

手持ちの端末を使う場合

手持ちの端末を使う際は「動作確認済端末一覧」で、対応しているかを確認します。

「動作確認済端末一覧」はこちらから

【手順2】申し込み

OCNモバイルONEに申し込みはオンラインとドコモショップからできます。オンラインであれば画面の指示に従って手続きをすれば、10~15分ほどで申し込みが完了します。

OCNモバイルONEのサイトから申し込みをする流れを見ていきましょう。

  1. 「お申し込み」ボタンを押す
  2. 契約手続き
  3. スマホとSIMカードを受け取る
  4. MNP開通の申し込みをする

\ 3GBなど低容量プランが人気 /

OCNモバイルONE|公式サイト

「お申し込み」ボタンを押す

OCNモバイルONEのサイトの右上に「お申し込み」ボタンがあるので、押して進んでいきます。

契約手続き

必要があればオプションを選択。

対象オプション同時加入を選択すると、端末価格からさらに5,000円の割引が適用されます。

申し込み情報入力と本人確認書類アップロード

契約情報やクレジットカード情報など、申込みに必要な情報を入力します。

次に、画面の案内に従って本人確認書類をアップロード

スマホとSIMカードを受け取る

スマホとSIMカードが送られてくるので受け取ります。

MNP開通の申し込みをする

現在使っている電話番号をそのまま利用する場合、MNP開通の申し込みが必要です。

「MNP転入 開通手続受付」専用ページより、MNP開通の申し込みを行いましょう。

【手順3】回線切り替え

申し込み手続きが終われば、自宅にSIMカードや必要書類が届きます。

SIMカードの入れ替えは以下の手順で行います。

  1. スマートフォン本体の電源を切る
  2. 現在のSIMカードを取り出す
  3. 新しいSIMカードに差し替える
  4. SIMスロットを戻して電源を入れる

SIMカードを取り出す際、iPhoneの場合はピンが必要です。SIMカードの向きが逆になると使用できないので、注意しましょう。

【手順4】APN設定

APN設定を行います。

APN設定方法は端末の種類によって異なります。

端末の種類 APN設定方法
iPhone APN設定用構成プロファイルをダウンロード
Android
  1. [OCN アプリ]をインストール→起動
  2. [アプリの利用を開始する]画面→[アクセス ポイント名]を押す
  3. Wi-Fi接続をオフにしてブラウザーを起動
  4. インターネットに接続できることを確認して完了

iPhoneの構成プロファイルはWi-Fi接続でしかダウンロードできません。Wi-Fi接続をしてから設定を行いましょう。

\ 3GBなど低容量プランが人気 /

OCNモバイルONE|公式サイト

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えるベストなタイミング

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えるベストなタイミングは2つあります。

  • 月末
  • MNP予約番号を取得後13日以内

月末

ドコモの月額料金は日割りされません。1日に解約しても、31日に解約しても1ヶ月分の料金が請求されます。1か月分の料金を満額支払うのであれば、解約は月末にしたほうがお得です。

OCNモバイルONEに申し込んでも、SIMカードが自宅に届いていなければ手続きは進められません。

SIMカードが届くのは2日~3日必要。配送の遅れも考えられるので、20日~25日の間に申し込みをして月末に乗り換えをするのがベストです。

MNP予約番号を取得後13日以内

MNP予約番号には取得した日を含め15日間の有効期限があります。OCNモバイルONEにMNP転入する場合、MNP予約番号の有効期限が12日以上残っていなければ、有効期限切れとなり、切り替えはできません。

MNP予約番号を取得したタイミングでの乗り換えがおすすめです。

万が一有効期限が切れてしまった場合、再度ドコモで取得することになります。

\ 3GBなど低容量プランが人気 /

OCNモバイルONE|公式サイト

ドコモからOCNモバイルONEの乗り換えに使えるキャンペーン

ドコモからOCNモバイルONEの乗り換えに使えるキャンペーンは3つあります。

  • 期間限定!人気のスマホがセール価格で手に入る
  • 「ABEMAプレミアム」が実質5カ月無料になる
  • 古いスマホを下取りに出すと対象スマホの15,000円クーポンプレゼント

スマホがセール価格で手に入る

期間限定で、人気のスマホが割引価格で購入できます。

割引になるスマホを一部紹介します。

スマホ 通常価格 一括 分割
OPPO Reno7 A 41,500円 33,800円 1,408円×24回
Xperia 10 IV 55,869円 44,900円 1,870円×24回
AQUOS R6 120,010円 101,310円 4,221円×24回
iPhone 12 64GB 94,160円 75,500円 3,145円×24回
iPhone 12 mini 64GB 72,710円 54,100円 2,254円×24回
iPhone SE (第2世代) 128GB 58,520円 39,900円 1,662円×24回

分割払いの支払い額は目安です。クレジットカード会社によって分割手数料が異なってくるので、上記に記載している金額よりも高くなる場合もあります。

割引価格で購入できるのは、7/22〜8/19の11時までです。期間を過ぎると割引価格で購入できなくなるので、購入を希望するのであれば早めに手続きをしましょう。

「ABEMAプレミアム」が実質5カ月無料

乗り換えをする際に「カウントフリー」の申し込みをすると、「ABEMAプレミアム」が実質5か月無料になります。

キャンペーンの期間は8/1~8/31まで。

5か月間月額料金を一切支払わず利用できるわけではありません。

  • 契約した月~2か月(2か月間):無料で利用できる
  • ~3か月目まで(3カ月間):月額500円
  • 6カ月目以降:月額960円

※すべて税込み価格です。

2023年1月中に現金1,500円がキャッシュバックされます。キャッシュバックの分も加算すればトータルで実質5か月分が無料になります。

ABEMA(アベマ)は基本的に無料ですが、ABEMAプレミアム会員は月額960円です。6か月目以降は通常の月額料金を支払うことになります。

古いスマホを下取りに出すと15,000円クーポンプレゼント

「みんなのすまほ」で古いスマホの買取を申し込めば、スマホが15,000円引きになるクーポンが入手できます。

キャンペーンは、2021年9月7日から始まっていますが、キャンペーン終了は未定です。クーポンが利用できる対象商品はこちらから確認できます。

クーポンには有効期限があり、クーポンのお知らせメールの送信日から1ヵ月以内です。有効期限が切れたクーポンは利用不可となるので注意しましょう。

\ 3GBなど低容量プランが人気 /

OCNモバイルONE|公式サイト

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えに関するよくある質問

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えに関するよくある質問を3つ紹介します。

  • ドコモで貯めたdポイントはOCNにも引き継げる?
  • OCNモバイルONEに乗り換えると機種代の残債はどうなる?
  • キャリアメールは、OCN モバイル ONEでも利用できる?

ドコモで貯めたdポイントはOCNにも引き継げる?

OCNモバイルONEはドコモの時と同じように、月々の料金の支払いで100円に付き1ポイントのdポイントを貯めることができます。

ただし、専用アプリから、OCNのサービスとdアカウントを連携させる手続きが必要です。

dアカウントの発行手順の流れは以下の通りです。

  1. OCNアプリ画面の「dアカウントと連携する」を選択
  2. dアカウントにログイン
  3. 必要事項を入力
  4. OCNメールアドレスを登録
  5. 完了

dアカウントにログインするには、IDとパスワードが必要です。

ドコモを解約する前に、dアカウントのID・パスワードを確認して控えておきましょう。

OCNモバイルONEに乗り換えると機種代の残債はどうなる?

OCNモバイルONEに乗り換えても、そのまま分割払いを続けられます。機種代金を一括請求されることはないです。

キャリアメールは、OCN モバイル ONEでも利用できる?

メールアドレス持ち運びサービスを利用すれば、月額使用料330円で、引き続き利用可能です。

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールであれば、無料で利用できます。

\ 3GBなど低容量プランが人気 /

OCNモバイルONE|公式サイト

まとめ

mineoからOCNモバイルONEへ乗り換える場合の手順やタイミング、そのほかにメリットやデメリット、利用することができるキャンペーンなどを紹介してきました。

以下に、mineoからOCNモバイルONEへ乗り換える場合のメリットとデメリットをまとめましたので、参考にしてください。

ドコモからOCNモバイルONEへ乗り換えるメリット
料金が安くなる

かけ放題オプションが安くなる

ドコモショップでの店舗で契約できる

違約金が無料

「MUSICカウントフリー」サービスが使えるようになる

通話料が半額になる

ドコモからOCNモバイルONEへ乗り換えるデメリット
ドコモの割引が使えなくなる

家族間の無料通話がない

キャリアメールが有料になる

事務手数料が必要になる

キャリア決済が使えない

乗り換え後に後悔しないように、乗り換え前にはメリットだけでなくデメリットも把握しておきましょう。

\ 3GBなど低容量プランが人気 /

OCNモバイルONE|公式サイト

  • URLをコピーしました!
目次