LINEモバイルの機種変更は持ち込みスマホで!注意点も解説

LINEモバイルは乗り換えがお得なイメージが強いかもしれませんが、機種変更ができるのはご存知ですか?

今回はLINEモバイルで機種変更する方法と、機種変更におすすめの端末3種類をご紹介します。

後半では、機種変更する際の注意点もまとめているので最後まで読むことで、後悔なく機種変更できるでしょう。

この記事を参考にすれば、LINEモバイルで機種変更するときの不安が減りますよ。

現在の受付状況

2022年6月現在LINEモバイルの新規申し込みは終了しており、新しいLINEMOにて受付中です。

LINEMOの情報は下記にて、情報をチェックしてみてください。

LINEMOの評判→こちら

\ LINEMOなら3Gと20Gの2プランから選べる /

目次

5ステップ!自分でLINEモバイルの機種変更をする方法

画像出典:LINEモバイル公式HP

以前は「LINEモバイル公式スマホ」を使用する場合と、自分で用意した「持ち込みスマホ」を使用する場合の2通りで機種変更ができました。

しかし、現在LINEモバイル動作確認済みの公式スマホは2021年9月30日で販売終了になりました。

なので「持ち込みスマホ」での機種変更のやり方を解説します。

大きく5つのステップに分けたので順番に見ていきましょう。

LINEモバイルで機種変更するための5ステップ
  1. 欲しいスマホを探す
  2. LINEモバイル対応端末か確認する
  3. 端末を購入する
  4. スマホが届いたらSIMカードを新しい端末に入れる
  5. 新しいスマホのAPN設定をする

1:欲しいスマホを探す

LINEモバイル公式HPの端末ページから各メーカーサイトに飛べるので、欲しいスマホが全く決まっていないならまずはiPhoneかAndroidかを決めてサイトをチェックしましょう。

ネットショップで探せば自宅で24時間スマホを検索や購入ができますよ。

iPhoneなら家電量販店よりも、Apple Storeで探すのが便利で安心なので公式HPにてSIMフリーのスマホを探します。

Androidを探す場合、OPPO公式HPやシャープ公式HP、XIAOMI公式HPに飛んでSIMフリーのスマホを探しましょう。

\ LINEMOなら3Gと20Gの2プランから選べる /

2:LINEモバイル対応端末か確認する

画像出典:LINEモバイル公式HP

LINEモバイル公式HPから各メーカーサイトに飛んでも、全ての商品がLINEモバイルで使用できるとは限りません。

必ずこのステップで、LINEモバイル対応端末かを確認してくださいね。

LINEモバイル公式HPから、iPhoneは一覧表で、Androidは端末検索でチェックできます。

確認せずに購入してしまうと、いざ端末が届いても音声通話やテザリングなどの機能が使えない場合があります。

あなたのライフスタイルに必要な機能が使えない端末を買ってしまうと、お金も時間ももったいないですよね。

事前に確認することでストレスなくスマホを新しくできますよ。

3:端末を購入する

LINEモバイルに対応しているか確認できたら、新しいスマホを購入しましょう。

このときスマホ端末のみを購入します。

SIMカード付きのスマホだと、LINEモバイルのサービスを利用できなくなるので注意しましょう。

参考までに、LINEモバイル公式HPから飛べる各メーカーの送料と配送にかかる日数をまとめました。

それぞれメーカーごとに違うので、確認してください。

メーカー名 送料 配送にかかる日数
Apple Store 無料 最短翌日お届け
OPPO 無料 最短2~3日中にお届け
シャープ 基本無料 7~10日程度でお届け
XIAOMI 無料 最短2~3日中にお届け

また、申し込みをしてから新しい端末にSIMカードを入れるまでの間、電話番号を利用できなくなることがあります。

端末は、早めに手元に届くと安心でしょう。

4:スマホが届いたらSIMカードを新しい端末に入れデータ移行をする

画像出典:LINEモバイル公式HP

スマホが届いたら現在使用しているSIMカードを、新しいスマホに移します。

このときICチップの部分にはできるだけ触れないようにしましょう。

また、SIMカードが折れ曲がらないように優しく扱うように気をつけてください。

5:新しいスマホのAPN設定をする

新しい端末にSIMを入れただけでは、ネットを利用できません。

APN設定(端末の初期設定)を行います。

iPhoneとAndroidでは設定方法が異なるので、スマホによって設定方法を確認してくださいね。

こちらでは画像を参考にAndroidの設定方法を解説します。

スマホの設定画面から「無線とネットワーク」を開き「モバイルネットワーク設定」を選択しましょう。

画像出典:LINEモバイル公式HP

モバイルネットワーク設定を開くと「アクセスポイント名」の項目があるので、開いてアクセスポイント名一覧を確認します。

一覧から「LINEモバイル」を選択したら完了です。

画像出典:LINEモバイル公式HP

メーカーや機種により画面が異なるので、上記の流れを参考にアクセスポイント名をLINEモバイルに設定してみてください。

このとき、一覧にLINEモバイルが未登録の場合は、画面上部の「+」マークから「アクセスポイントの編集」画面に進み編集を行って登録してください。

画像出典:LINEモバイル公式HP

「アクセスポイントの編集」画面では、以下の項目を順番に入力して、必ず保存しましょう。

名前 LINEモバイル
APN line.me
ユーザー名 line@line
パスワード line
認証タイプ PAPまたは、CHAP
APNタイプ default,supl,dun

表内最後の項目「APNタイプ」はau回線でテザリングが使用できないときに入力しますが、基本的には認証タイプまでの入力で十分です。

iPhoneの場合、APN設定方法が異なるのでこちらからご覧ください。

▽ 格安SIMに迷ったらコレ! ▽

おすすめスマホ3選|LINEモバイルに機種変更するならこれ!

LINEモバイルに対応している端末を確認するのが面倒な方向けに、対応端末からおすすめのスマホを3種類を選びました。

それぞれのスペックをまとめたので、スマホ選びでお困りの方はぜひご覧ください。

LINEモバイル対応おすすめスマホ3選
  • iPhone 13 Pro|Apple Store
  • AQUOS sense5G SH-53A|シャープ
  • Xperia 10 Ⅲシリーズ SOG04(au)/SO-52B(ドコモ)|SONY

iPhone 13 Pro|Apple Store

画像出典:Apple公式HP

iPhone 13 Proは、望遠・広角・超広角の3種類のカメラが搭載されたことで有名になったiPhone最新シリーズです。

暗い場所でもきれいな写真や動画を撮影できるプロ仕様カメラが特徴でしょう。

マイクロビデオ撮影やスローモーション撮影にも対応しているので、映像を撮り慣れていなくてもプロのカメラマンのような撮影が体験できます。

また防沫・防塵・防水性能に特化しており、ディスプレイには他のガラスよりも頑丈なCeramic Shieldを使用しているので、従来のiPhoneより割れにくい仕様になりました。

iPhoneの画面を割った経験のある方には特におすすめです。

データ通信や音声通話、テザリングが各回線で可能なので、au・ソフトバンク・ドコモから回線を選べます。

本体価格(税込) 122,800円
カラー シエラブルー/シルバー/ゴールド/グラファイトの4色
本体サイズ 高さ146.7✖幅71.5✖厚さ7.65mm
重量 203g
ディスプレイサイズ 6.1インチ
解像度 2,532✖1,170ピクセル
容量 128GB/256GB/512GB/1TB
詳細 公式HP

AQUOS sense5G SH-53A|シャープ

画像出典:シャープ公式HP

日本生まれのメーカーでハイスペックなスマホを持ちたいならAQUOS sense5Gがおすすめです。

広角・標準・望遠の3つのカメラを搭載したスマホはiPhoneだけでなく、AQUOSでも使用できます。

手ブレ補正やAIによるオート補正が進化したので、自動的に明るくきれいな写真や動画を撮影できます。

AQUOS独自開発の省エネディスプレイ搭載なのでバッテリー使用量を節約してくれる優れものです。

動画再生は約13時間、ビデオ通話は約6時間連続でできるため長持ちですね。

また振動や水滴、低温による環境下での操作を確認する19項目のMIL規格をクリアしています。

これは米国国防総省の定める端末の耐衝撃テストなので、いかなる環境下でも快適に操作できることがわかりますね。

スペックはもちろん、カラーバリエーションが豊富なので、あなたらしい色を選べるでしょう。

本体価格(税込) 39,600円
カラー ライトカッパー/ニュアンスブラック/オリーブシルバー/ライラック/スカイブルー/イエローゴールド/コーラルレッドの7色
本体サイズ 高さ147✖幅71✖厚さ8.9mm
重量 約178g
ディスプレイサイズ 5.8インチ
解像度 1,080✖2,280ピクセル
容量 64GB
詳細 公式HP

Xperia 10 Ⅲシリーズ SOG04(au)/SO-52B(ドコモ)|SONY

画像出典:Xperia公式HP

音楽も写真も毎日楽しみたい方には、Xperia10 Ⅲがおすすめです。

音楽機器に強いSONYの特徴を活かし、CDでは聞き逃してしまうような小さな音やアーティストの息遣いまで聞こえる「ハイレゾ」音源を採用しています。

3.5mmのイヤホンジャックがあるので、イヤホンで音楽を楽しめます。

もちろんワイヤレスイヤホンにも対応しているので、シーンに応じて使い分けが可能です。

さらに、大容量バッテリーなので1日充電の心配をしなくて済みますよ。

3年間使用しても消耗しづらいバッテリーで毎日快適に使用できるでしょう。

また、超広角・広角・望遠の3レンズを使用した高機能カメラを搭載しているので、音楽だけでなく写真や動画撮影を楽しめます。

ただし、ソフトバンク回線には対応していないので、現在ソフトバンク回線の方は回線変更が必要です。

ソフトバンク回線に変更予定の方は、丁度良い機会でしょう。

本体価格(税込) 53,985円
カラー ブラック/ホワイト/ブルー/ピンクの4色
本体サイズ 高さ154✖幅68✖厚さ8.3mm
重量 169g
ディスプレイサイズ 6インチ
解像度 2,520✖1,080ピクセル
容量 128GB
詳細 公式HP

\ LINEMOなら3Gと20Gの2プランから選べる /

嬉しい特徴2つ|LINEモバイルで機種変更したくなるポイント

LINEモバイルで機種変更する方法や、おすすめのスマホがわかりましたね。

それでもまだ機種変更するには「決め手に欠ける!」という方のために、LINEモバイルで機種変更したくなる2つの特徴をまとめました。

LINEモバイルで機種変更したくなる2つのポイント
  • ネット上で申し込みが完結する
  • 対応機種をHPから確認できる

ネット上で申し込みが完結する

公式HPから手続きできて、申し込みから審査まで全てネット上で完結するので、24時間いつでも申し込みできますよ。

わざわざ店舗に出向くことや電話する必要がないので、忙しい方や開店時間に店舗に行けない方に最適ですね。

対応機種をHPから確認できる

HPでは対応端末の一覧表を見たり、端末名から検索したりできるので、購入予定の端末で機種変更できるか一目で確認できますよ。

自分で端末を購入する場合よく確認しないと、LINEモバイルに対応していないことがあるので、購入前に必ずLINEモバイル公式HPにて対応端末の確認をしましょう。

▽ 格安SIMに迷ったらコレ! ▽

機種変更前にしておきたい準備2つ

端末の種類に関わらず事前に確認すべきことをまとめました。

事前に確認しておかないと、いざ機種変更するタイミングで余計な時間やお金がかかることもあるので、しっかり確認しておきましょう。

事前に準備すべき2つのこと
  • 分割払いの残額を確認する
  • データの引継ぎをする

分割払いの残額を確認する

現在使用している端末の代金を契約時に分割払いにした場合、契約から2年以内だと全額支払っていない可能性があります。

分割払いを一括払いに変更して残額を一括清算するか、新端末と並行して分割払いを継続するのか判断しましょう。

データの引継ぎをする

アプリのデータやポイント情報など端末に保存されている場合は、SIMカードを変更するとデータが失われる可能性があります。

データをSDカードやパソコンに移行しておきましょう。

また、iPhoneならiCloudを利用し、androidならGoogleアカウントを利用するとデータ移行がスムーズにできますよ。

iCloudはAppleがiPhone利用者用に用意したクラウド上のデータ保管スペースです。

写真はもちろん、音楽やゲームのデータを引き継ぐために利用できます。

無料で使える容量は5GBまでなので写真約1,000枚は引き継げますが、動画やアプリも引き継ぐにはパソコンにデータ保存する方が良いでしょう。

パソコンへのデータ保存は、iTunesを利用すると便利ですよ。

またAndroidも同様ですがGoogleと同期していれば、画像データやカレンダーは何もしなくても新しいスマホに移ります。

しかし、高画質の写真や動画など重いファイル全ては移らないので、パソコンへのバックアップをおすすめします。

参考:Y!mobile『ゲームのデータ引継ぎはできるの?バックアップ方法は?|Y!mobile乗り換えガイド』

\ 同じソフトバンク回線のLINEMOならLINE通信料がタダ /

注意!LINEモバイルで機種変更するなら【受付終了】

現在はLINEモバイルの受付は終了しているので、下記は2021年までの情報となっております。

LINEモバイルを検討されている方は同じソフトバンク回線を使っている人気キャリアのLINEMOがおすすめです。

LINEMOが気になる方は「LINEMOのデメリットとメリットからわかる!LINEMOがおすすめな人とそうでない人」をチェックして見てください。

LINEモバイルで機種変更するなら覚えておきたい注意点が2つあるので、確認しましょう。

またこちらは2021年11月の情報なので、機種変更をする際には公式HPを確認してくださいね。

機種変更時の注意点2つ
  • スマホ端末の購入について
  • 回線の変更について

スマホ端末の購入について

冒頭でも解説しましたが、現在LINEモバイルではスマホ端末の販売はしていません。

新規契約や乗り換えの場合も含め、端末の購入はできないので家電量販店やネットショップでの購入をおすすめします。

回線の変更について

現在、機種変更と回線の変更は同時に受付できません。

例えば、スマホを変更するタイミングで、au回線からドコモ回線にしたいときは同時に申し込むことはできません。

しかし、機種変更完了後に申し込みすることで対応してもらえます。

同時に申し込みはできませんが、早ければ2~3日で機種変更が完了するので、その後回線変更を申し込んでもそれほど時間はかからないでしょう。

LINEモバイルで機種変更するときのよくある質問4つ

LINEモバイルで機種変更するとき、初めて行うなら不安はつきものですよね。

よくある質問を4つまとめましたのでご紹介します。

よくある質問4つ
  • 機種変更する場合、複数台まとめてできる?
  • 機種変更時、端末保証はできる?
  • SIMカードのサイズが合わない場合は?
  • 機種変更はどのタイミングで行うべき?

機種変更する場合、複数台まとめてできる?

まとめて複数台の端末を機種変更する手続きはできません。

1度に1台までしか申し込みできないので、複数台所有している方は順番に手続きしましょう。

機種変更時、端末保証はできる?

持ち込みスマホでも端末保証オプションを付けられます。

端末保証オプションを付けると、月額利用料税込550円で、上限50,000円までの故障やトラブルに備えられます。

ただし、このオプションは機種変更時にしか付けられないので、購入後には付けられません。

また、申し込み後は端末情報を「IMEI登録ウェブサイト」に登録しなければ保証されないので、忘れずに行いましょう。

SIMカードのサイズが合わない場合は?

現在使用しているSIMカードのサイズが、購入した端末に合わないことがわかった場合、SIMカードのサイズ変更手続きを行ってください。

ただし、変更手数料としてLINEモバイルでは税込3,300円かかります。

サイズ変更中はプランやSIMの種類により現在使用しているSIMカードが、使用できなくなります。

特に使用できなくなるプランを回線ごとにまとめたので、あなたが利用中のプランがわかれば確認しておきましょう。

au 全てのプラン
ドコモ ベーシックプラン
ソフトバンク 音声通話SIM・データSIM(SMSつき)

いずれにしても、あらかじめSIMカードのサイズはしっかりと確認してから購入するのが得策でしょう。

機種変更はどのタイミングで行うべき?

タイミングは決まっていませんが、2~3年に1度行うと良いでしょう。

なぜなら一般的な端末の契約期間は2~3年で契約が終了するタイミングで機種変更する方が多いからです。

同タイミングでスマホの新機種が発売になったり、容量がいっぱいになったりするため機種を変更するには絶好のタイミングと言えるでしょう。

もちろん、端末代を分割払いにしているなら支払いが終わったタイミングでも良いですね。

現在使用している端末の分割払いが終了していなくても機種変更は可能です。

ただし、毎月新しいスマホの利用料金に加えて、前に使用していたスマホの分割払いの残りも支払うことになるので毎月の請求額が高くなりますよ。

機種変更に使えるキャンペーンはありますか?

現在LINEモバイルの新規受付は終了しているため、使用可能なキャンペーンはありません。

▽ 格安SIMに迷ったらコレ! ▽

まとめ:LINEモバイルで機種変更してみよう

今回は、LINEモバイルでの機種変更方法とおすすめスマホ3選をご紹介しました。

先程ご紹介したLINEモバイル対応のおすすめスマホの特徴を簡単にまとめたので、スマホの種類で迷っている方は再度確認してみましょう。

機種名 税込価格 特徴
iPhone 13 Pro 122,800円
  • 望遠・広角・超広角の3種類のカメラを搭載
  • 防沫・防塵・防水性能に特化
  • ディスプレイにはCeramic Shieldを使用して割れにくい仕様
AQUOS sense5G 39,600円
  • 広角・標準・望遠の3つのカメラを搭載
  • 動画再生は約13時間、ビデオ通話は約6時間できるタフなバッテリーを搭載
  • カラーバリエーションが豊富
Xperia10 Ⅲ 53,985円
  • SONYの特色を活かした「ハイレゾ」音源を使用
  • 超広角・広角・望遠の3レンズを使用した高機能カメラ
  • 大容量で3年間使用しても消耗しづらいバッテリーを搭載

機種変更なら今利用しているプランを引き継いで、ハイスペックなスマホが使えるLINEモバイルですが、既に新規申し込みが終了しております。

LINEモバイルは新しくLINEMOに変更となっているので、LINEMO評判は【LINEMO(ラインモ)の評判は?デメリット・メリットからおすすめな人まで徹底解説】にてチェックしてみてください!

\ LINEMOなら3Gと20Gの2プランから選べる /

  • URLをコピーしました!
目次