iPhoneSE3(第3世代)価格やスペック最新情報!iPhone12/13/SE2と比較

iphonese3

コンパクトでスマートな本体にiPhone13シリーズに使用されているプロセッサを搭載していて廉価版ながらも強い人気を誇るiPhoneSE3。

この記事ではiPhoneSE3(第3世代)のスペックを徹底紹介。第2世代や12、13との比較を行って今が買いなのか?それとも待つべきなのか?ということについてもご紹介していきます。

購入する前に知っておくべきバッテリーの持ちやカメラ性能についてもご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

\iPhoneSE3(第3世代)が最大22,000円(税込)割引! /

目次

iPhoneSE3(第3世代)のスペック情報【最新版】

iPhoneSE3(第3世代)のスペックについてまずは表で確認してみましょう。

iPhoneSE3(第3世代)のスペック情報【最新版】
発売日 2022年3月18日(金曜日)
価格 64GBモデル:57,800円(税込)

128GBモデル:63,800円(税込)

256GBモデル:76,800円(税込)

サイズ 138.4×67.3×7.3mm
重量 144g
ディスプレイ 4.7インチ/Retina HD
カラーバリエーション ミッドナイト/スターライト/PRODUCT(RED)
認証機能 Touch ID
インカメラ 700万画素
アウトカメラ 1200万画素(広角)
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB/128GB/256GB
プロセッサ A15 Bionic
バッテリー容量 2,007mAh
5G サブ6

iPhoneSE3(第3世代)の発売日と価格

発売日 2022年3月18日(金曜日)
価格 64GBモデル:57,800円(税込)

128GBモデル:63,800円(税込)

256GBモデル:76,800円(税込)

iPhoneSE3(第3世代)は2022年3月11日(金曜日)のpm10:00から予約が開始、それから1週間後の3月18日(金曜日)に発売が開始されました。

それぞれのモデル価格は64GBが57,800円(税込)、128GBが63,800円(税込)、256GBが76,800円(税込)と比較的リーズナブルな価格設定になっています。

iPhoneSE3(第3世代)のサイズと重量

サイズ 138.4×67.3×7.3mm
重量 144g

iPhoneSE3(第3世代)のサイズは138.4×67.3×7.3mmです。

近年の最新スマホは大型化が進んでいる中、iPhoneSE3(第3世代)はコンパクトな設計で重量も144gと軽量なので女性でも扱いやすいサイズ感と重量感となっています。

幅に関しては67.3mmと狭いためフィット感があり、落としてしまうリスクが少なくなっています。

iPhoneSE3(第3世代)はコンパクトなiPhoneを選びたいという方にオススメです。

iPhoneSE3(第3世代)のディスプレイサイズ

ディスプレイ 4.7インチ/Retina HD

iPhoneSE3(第3世代)のディスプレイサイズは4.7インチでサイズとしては小さく感じるという方もいるはずです。

ただ、どうしても本体のサイズが138.4×67.3×7.3mmとコンパクトサイズなので、VODをよく利用するという方や、操作性の高いゲームをするという方にはあまり向いているとは言えません。

ディスプレイサイズが小さいのは、第2世代でも人気だったホームボタンを採用していることも原因しています。

サイズに関しては第2世代のiPhoneSE2とまったく同じです。重量は4g軽くなっており、サイズ感はそのままにスペックが上がっているという特徴があります。

iPhoneSE3(第3世代)のカラーデザインのバリエーション

カラーバリエーション ミッドナイト/スターライト/PRODUCT(RED)

iPhoneSE3(第3世代)は全3色のカラーラインナップで展開されており、iPhoneSE2(第2世代)と比べると、若干シックな雰囲気に変更されているため、落ち着いた印象になります。

より高級感を感じるデザインなので、第2世代から乗り換える方でも飽きることなく新鮮味を感じることができるはずです。

\ dポイントがお得に使える! /

ドコモオンラインショップ|公式サイト

iPhoneSE3(第3世代)はホームボタン付き(認証機能Touch ID)

認証機能 Touch ID

ディスプレイ上部のベゼルにはインカメラやスピーカーとマイクがあり、下側のベゼルにはホームボタンがあるデザインはiPhoneSEの特徴でもある使い勝手の良さが人気。

認証機能も前世代のTouch IDなのも人気の理由で、物理ホームボタンは使用しているときの安心感を感じるはずです。

iPhoneSE3(第3世代)のカメラ画質性能

インカメラ 700万画素
アウトカメラ 1200万画素(広角)

iPhoneSE3(第3世代)のカメラ画素数はインカメラで700万画素、アウトカメラで1,200万画素です。

前世代のiPhoneSE2(第2世代)と比較すると同じ仕様となっています。

近年のスマホはカメラ性能が高い特徴がありますが、iPhoneSE3(第3世代)は控え目な仕様となっています。

しかし、実際には第2世代と比較して写真撮影技術に関しては大きくスペックアップしています。

それは演算性能が、A15 Bionicを搭載したことによって飛躍的に向上しているためです。

光学的な特性ではそこまで差がなくとも、写真撮影技術の向上によって仕上がりが良くなりiPhone13と同等の性能になっています。

ただiPhone13のカメラと比較すると光学ズームがなく、ナイトモードも搭載されていないという欠点があることも理解しておく必要があります。

iPhoneSE3(第3世代)メモリ/ストレージ性能

メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB/128GB/256GB

前世代のiPhoneSE2(第2世代)のメモリは3GBだったのに対して第3世代は4GBになりました。iPhone13やiPhone13miniに関しても同じ容量です。

ストレージに関しては64GB/128GB/256GBの3種類ですが、SDカードでストレージに追加することができないという点を考えると、64GBでは少々心もとないという印象を受けます。

iPhoneSE3(第3世代)のプロセッサ

プロセッサ A15 Bionic

iPhoneSE3(第3世代)のプロセッサは、ios端末向けのプロセッサとしてはもっとも最新性能であるA15 Bionicチップが採用されています。

iPhoneSE3(第3世代)はiPhone13、iPhone13miniと同等のスペックがあるため、演算処理能力は高く、リーズナブルな価格と言えどスペックダウンしているわけではありません。

iPhoneSE3(第3世代)のCPUギークベンチスコア

CPUやGPUコンピューティングのスコアを測定することができるCPUギークベンチスコアに関して、iPhoneSE3(第3世代)は第2世代と比較しても大きく向上しています。

第3世代はA15 Bionicに対して第2世代はA13 Bionicチップを使用しているということが原因かと言われていました。

しかし、Jon Prosser氏は動作速度や処理速度に直接関わってくる大きなファクターとなるRAMが1GB少ないことが原因だと述べています。

iPhoneSE3(第3世代)のバッテリー持ち

バッテリー容量 2,007mAh

iPhoneSE2(第2世代)のバッテリー容量は1,821mAhであるのに対して、iPhoneSE3(第3世代)のバッテリー容量は2,007mAhと若干容量が大きくなっています。

ただ、内部構造がほぼ同じであるため大幅な改善はされていないという印象を受けてしまいます。

バッテリー容量(mAh) 最大ビデオ再生時間
iPhone12 2,815mAh 17時間
iPhone13 3,227mAh 19時間
iPhoneSE2 1,821mAh 13時間
iPhoneSE3 2,007mAh 15時間

公式では、ビデオ再生時が最大15時間(第2世代は13時間)となっています。バッテリー容量に関しては、iPhone12miniと同等なので大きな期待はできません。

さらにiPhoneSE3(第3世代)は転送速度が早く、大容量のデータ通信が可能な5Gに対応している点と、A13 Bionicを採用していることからよりバッテリー消費が大きい可能性もあります。

\ 乗り換えでau PAY還元! /

UQモバイル|公式サイト

iPhoneSE3(第3世代)とiPhoneSE2(第2世代)の比較どっちがオススメ?

iPhoneSE3(第3世代) iPhoneSE2(第2世代)
価格 64GB:57,800円(税込)

128GB:63,800円(税込)

256GB:76,800円(税込)

64GB:44,800円(税込)

128GB:49,800円(税込)

256GB:60,800円(税込)

サイズ 138.4×67.3×7.3mm 138.4×67.3×7.3mm
重量 144g 148g
ディスプレイ 4.7インチ/Retina HD 4.7インチ/Retina HD
カラーバリエーション ミッドナイト/スターライト/PRODUCT(RED) ホワイト/ブラック/PRODUCT(RED)
認証機能 Touch ID 指紋認証 Touch ID 指紋認証
インカメラ 700万画素 700万画素
アウトカメラ 1200万画素(広角) 1200万画素
メモリ(RAM) 4GB 3GB
ストレージ(ROM) 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB
プロセッサ A15 Bionic A13 Bionic
バッテリー容量 2,007mAh 1,821mAh
5G サブ6

iPhoneSE3(第3世代)と前世代のiPhoneSE2(第2世代)を比較した場合、スペック的にはそこまで大きな差を感じないという方も多いのではないでしょうか?

実際にサイズやディスプレイサイズはまったく同じ、カメラの性能も光学的には同じ、ホームボタンが搭載されており、顔認証ではなく指紋認証だという点もすべて同じですね。

ただ、このiPhoneSE3(第3世代)と前世代のiPhoneSE2(第2世代)の大きな違いは以下の4点です。

iPhoneSE3(第3世代)と前世代のiPhoneSE2(第2世代)の大きな違い
メモリ(RAM) 4GB 3GB
プロセッサ A15 Bionic A13 Bionic
バッテリー容量 2,007mAh 1,821mAh
5G サブ6

まずは、メモリ(RAM)が3GBから4GBに増量されているという点です。

インターネットの接続に関してはそこまで差がでませんが、3GBだと複数のアプリを同時に起動している場合には、処理能力が足らずにカクカクした反応になってしまう場合があります。

それに比べ4GBはRAM容量が30%向上しているため、処理能力もこれに比例して高くなりサクサクと動作するようになります。

最新のアプリゲームなどは高解像度であるため、3GBと4GBの差は大きく感じられるはずです。

次に、搭載プロセッサがA13 BionicからA15 Bionicに変更されているという点です。

CPU性能におけるベンチマークスコアではiPhoneSE2(第2世代)に搭載されているA13 BionicとiPhoneSE3(第3世代)のA15 Bionicを比較した場合、シングルスコア性能で1.3倍、マルチコア性能で2.1倍高いという結果が出ています。

このプロセッサに大きな差があると、演算処理能力が高くなるためアプリの起動性がよくなります。

そしてカメラ性能の向上、また省電力に優れるためバッテリーの持ちが良くなるという結果にも繋がります。

これからiPhoneSE2(第2世代)とiPhoneSE3(第3世代)の購入に迷われている方であれば間違いなくiPhoneSE3(第3世代)を購入するのがオススメです。

iPhoneSE2(第2世代)であれば、中古で比較的安く購入することができます。

しかし、実際の処理能力などのスペックをRAM容量4GBとチップのA15 Bionicで比較した場合、間違いなく第3世代よりも劣ってしまうので注意するようにしましょう。

またiPhoneSE3(第3世代)は大容量のデータ通信と高速ダウンロードが可能な5Gに対応しており、iPhoneSE2(第2世代)は対応していないという点でもiPhoneSE2(第2世代)を買うメリットはありません。

iPhoneSE3(第3世代)とiPhone12の比較どっちがオススメ?

iPhoneSE3(第3世代) iPhone12
価格 64GB:57,800円(税込)

128GB:63,800円(税込)

256GB:76,800円(税込)

64GB:85,800円(税込)

128GB:90,800円(税込)

256GB:101,800円(税込)

サイズ 138.4×67.3×7.3mm 146.7×71.5×7.4mm
重量 144g 162g
ディスプレイ 4.7インチ/Retina HD 6.1インチ/有機EL
カラーバリエーション ミッドナイト/スターライト/PRODUCT(RED) ブルー/グリーン/ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED
認証機能 Touch ID 指紋認証 Face ID 顔認証
インカメラ 700万画素 1200万画素
アウトカメラ 1200万画素(広角) 1200万画素(超広角)
メモリ(RAM) 4GB 4GB
ストレージ(ROM) 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB
プロセッサ A15 Bionic A14 Bionic
バッテリー容量 2,007mAh 2,815mAh
5G サブ6 サブ6

次世代高速通信の5Gに対応し、ワイヤレス充電を促進した新型モデルとして2020年10月13日に発表されたiPhone12。

iPhone12はiPhone6から変更されたフルラウンドボディーから従来のフラットボディーになり、割れやすいガラスディスプレイではなく、セラミックディスプレイになりました。

このiPhone12とiPhoneSE3(第3世代)のスペックの大きな違いは画面のサイズやFace ID、プロセッサの種類などもありますが、廉価機種であるiPhoneSE3(第3世代)はハイエンド機種のiPhone12にも負けていません。

価格 64GB:57,800円(税込)

128GB:63,800円(税込)

256GB:76,800円(税込)

64GB:85,800円(税込)

128GB:90,800円(税込)

256GB:101,800円(税込)

サイズ 138.4×67.3×7.3mm 146.7×71.5×7.4mm
重量 144g 162g
ディスプレイ 4.7インチ/Retina HD 6.1インチ/有機EL

サイズ感はiPhone12が6.1インチに対してiPhoneSE3(第3世代)は4.7インチとコンパクト。ゲームやVODなどのサービスをiPhoneで楽しみたい方はiPhone12がオススメです。

ディスプレイも有機ELなので高解像度のゲームも満足のクオリティでプレイすることができます。

ただ、画面のサイズ感はiPhone12には負けてしまいますがスペックに関して、廉価機種のiPhoneSE3はA15 Bionicチップが使用されているため、A14 Bionicと比較してもサクサクとした動作を実感できるはずです。

プロセッサ A15 Bionic A14 Bionic
バッテリー容量 2,007mAh 2,815mAh

処理能力はiPhoneSE3の方が高いですが、バッテリー容量に関してはiPhone12は2,815mAhですが、どうしても本体のサイズが小さいiPhoneSE3の方が少なく2,007mAh。

A15 Bionicの方が省電力ですが、バッテリーの持ちはiPhone12に分があります。

次はカメラ性能について紹介します。

iPhoneSE3(第3世代)とiPhone12の比較
インカメラ 700万画素 1200万画素
アウトカメラ 1200万画素(広角) 1200万画素(超広角)
レンズ 単眼レンズ 2眼レンズ
カメラの性能 広角:ƒ/1.8絞り値 広角:ƒ/1.6 絞り値

超広角:ƒ/2.4 絞り値

光学ズーム ×
ナイトモード ×

iPhoneSE3(第3世代)とiPhone12を比較した場合、カメラの性能の差が大きいことが分かります。

結論から言えば、カメラ性能を重視してiPhoneSE3(第3世代)とiPhone12で迷っているのであれば間違いなくiPhone12の方がオススメです。

iPhoneSE3(第3世代)が広角:ƒ/1.8絞り値の単眼レンズ、iPhone12が広角:ƒ/1.6 絞り値

超広角:ƒ/2.4 絞り値で2眼レンズなので、iPhone12は奥行きのある繊細な写真を撮影することができます。

iPhoneSE3(第3世代)は光学ズームやナイトズームも搭載されていないので、カメラ性能を重要視している方はiPhone12を選ぶようにしましょう。

カラーバリエーション ミッドナイト/スターライト/PRODUCT(RED) ブルー/グリーン/ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED
認証機能 Touch ID 指紋認証 Face ID 顔認証

カラーバリエーションはiPhone12の方が豊富なラインナップなので好みの色が見つかるはずです。

認証機能については、iPhoneSE3(第3世代)は物理ボタンによる指紋認証となっており、iPhone12は顔認証です。マスクを付けていても顔認証はパスできるのでわずらわしさはそこまで感じないはずです。

ただ、どうしてもSEシリーズ第2世代同様のホームボタンの安心感と使い勝手の良さは根強い人気となっています。

iPhoneSE3(第3世代)とiPhone13の比較どっちがオススメ?

iPhoneSE3(第3世代) iPhoneSE2(第2世代)
価格 64GB:57,800円(税込)

128GB:63,800円(税込)

256GB:76,800円(税込)

128GB:89,808円(税込)

256GB:100,727円(税込)

512GB:122,545円(税込)

サイズ 138.4×67.3×7.3mm 146.7×71.5×7.7mm
重量 144g 173g
ディスプレイ 4.7インチ/Retina HD 6.1インチ/Super Retina XDR
カラーバリエーション ミッドナイト/スターライト/PRODUCT(RED) ピンク/ブルー/ミッドナイト/スターライト/レッド
認証機能 Touch ID 指紋認証 Face ID 顔認証
インカメラ 700万画素 1200万画素
アウトカメラ 1200万画素(広角) 1200万画素(超広角)
メモリ(RAM) 4GB 6GB
ストレージ(ROM) 64GB/128GB/256GB 128GB/256GB/512GB
プロセッサ A15 Bionic A15 Bionic
バッテリー容量 2,007mAh 3,095mAh
5G サブ6 サブ6

iPhone13は2021年9月24日に発売され、iPhoneの中でもハイスペック機種として大きな人気があります。

最新のA15 Bionicチップを搭載している点はiPhoneSE3(第3世代)と同じですが、本体の138.4×67.3×7.3mmという大きいサイズを利用して大容量のバッテリーを搭載。

高性能のCPUの省電力との相乗効果によって最大限のバッテリーの持ちを実現しています。

メモリ(RAM) 4GB 6GB
ストレージ(ROM) 64GB/128GB/256GB 128GB/256GB/512GB

RAMに関しては6GBと増量しているため、高いスペックに対応しているスマホゲームのすべてを快適にプレイすることが可能となっています。

価格 64GB:57,800円(税込)

128GB:63,800円(税込)

256GB:76,800円(税込)

128GB:89,808円(税込)

256GB:100,727円(税込)

512GB:122,545円(税込)

ストレージ容量もiPhoneSE3(第3世代)と比較すると2倍となっているため、ストレージ不足に悩まされることはありません。

快適にゲームをしたい、高いスペックを誇るiPhoneが欲しい、ストレージ不足に悩まされたくないという方はiPhoneSE3(第3世代)ではなく、iPhone13がオススメです。

インカメラ 700万画素 1200万画素
アウトカメラ 1200万画素(広角) 1200万画素(超広角)

カメラは45度の角度調整で2眼カメラを搭載、デュアルカメラシステムと広角カメラセンサー、さらにセンサーシフト光学式手振れ補正機能も搭載しています。

iPhoneSE3(第3世代)とは比較にならないカメラ性能となっています。

\ 割引サービスでさらにお得! /

ワイモバイル|公式本店

iPhoneSE3(第3世代)の良い口コミと悪い口コミ

iPhoneSE3(第3世代)のスペックを実際に確認してみるとコンパクトで丁度いい使い心地というだけでなく、スペック的にも優秀なiPhoneSE3(第3世代)。

実際に使用した方のiPhoneSE3(第3世代)の良い口コミと悪い口コミをご紹介します。

iPhoneSE3(第3世代)の良い口コミ

30代女性

iPhoneSE2から機種変更して思ったのはほとんど見た目も同じだけど、ゲームをした時のサクサク具合が全然違ってびっくりした

20代女性

iPhone8をずっと使っていたけどカメラが思ったよりも綺麗に撮れるので満足しています。値段も安いしホームボタンもちゃんとあるから安心感がある。

20代男性

仕事で使うのがメインなのでストレージが少なくても特に問題なく満足です。最近のスマホは大きいやつばかりだけどこれぐらいが丁度いいです。

iPhoneSE3(第3世代)を実際に使ってみて良いという口コミをする方は、小さいサイズでサクサク動くスペックを気に入っている方が多いですね。

iPhone12、13などのハイエンド機と同じ最新のCPUプロセッサのA15 Bionicが搭載されているため、処理能力の高さを実感できている方が多くいらっしゃるようです。

このCPUによってメインカメラの画素数が第2世代と同じでも綺麗に撮影できます。

iPhoneSE3(第3世代)の悪い口コミ

20代男性

iPhoneSE3を購入して3ヵ月、使って一番最初に思ったのがバッテリーの持ちが悪すぎる。ゲームをしていたらすぐにバッテリーがなくなる。あと分かってはいたけどゲームするには画面が小さすぎる。後悔した。

30代女性

新しく出たやつだからカメラは綺麗に撮れると思っていたけど、前使っていたスマホの方が綺麗に撮れていたからがっかり。

30代男性

ストレージが少なすぎる。SDカードも使えないから不便。押しボタンが付いているのは良いけど、期待して損した。電池持ちも悪い。

iPhoneSE3(第3世代)を使ってみた方の悪い口コミで多いのはバッテリーの減りが早いという点。これはサイズが小さいためその分バッテリーサイズが小さくなってしまうことが原因です。

またストレージは一番小さいものを選んでしまうとゲームを何個もインストールする方にとってはあまり向いていません。

カメラに関しても、第2世代と比較すると同じ画素数でもプロセッサの処理能力のおおかげで綺麗に撮ることはできますが、他のハイエンド機と比較すると見劣りしてしまう点もあるのは確かです。

カメラをよく撮るという方や、ゲームなどを中心に楽しむ予定だという方はiPhone13を選ぶのが得策かもしれませんね。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

 

iPhoneSE3(第3世代)を格安SIMやキャリアで安く買うならどこがオススメ?

iPhoneSE3(第3世代)をキャリアや格安SIMなどのサブブランドで購入するならどこが一番安く購入することができるのか気になりますよね。

iPhoneSE3(第3世代)は7月から価格が改定されて値上がりしました。値上がり後の価格を比較した上で安く購入できるところはどこなのか?ということを紹介したいと思います。

64GB 128GB 256GB
ヨドバシカメラ 62,800円(税込) 69,800円(税込) 84,800円(税込)
ビックカメラ 62,800円(税込) 69,800円(税込) 84,800円(税込)
アップルストア 62,800円(税込) 69,800円(税込) 84,800円(税込)
ソフトバンク 62,800円(税込) 69,800円(税込) 84,800円(税込)
ドコモ

(キャンペーン適用)

65,230円(税込)

12,615円(税込)

75,097円(税込)

17,790円(税込)

94,248円(税込)

27,680円(税込)

au

(キャンペーン適用)

70,935円(税込)

38,295円(税込)

82,190円(税込)

44,390円(税込)

103,415円(税込)

55,775円(税込)

ahamo
LINEMO
povo
UQモバイル

(キャンペーン適用)

70,935円(税込)

48,935円(税込)

82,190円(税込)

60,190円(税込)

103,415円(税込)

81,415(税込)

ワイモバイル

(キャンペーン適用)

73,440円(税込)

51,840円(税込)

81,360円(税込)

59,760(税込)

99,360円(税込)

77,760円(税込)

楽天モバイル

(キャンペーン適用)

62,800円(税込)

9,348円(税込)

69,800円(税込)

12,888円(税込)

84,800円(税込)

20,880円(税込)

各店舗、キャリア、格安SIM、サブブランドで購入する場合の価格は上記でまとめてあります。

もっとも安く購入することができるのはキャンペーンを利用しない場合はアップルストアは最安値で購入することができます。

キャンペーンを利用すると楽天モバイルで9,348円で購入することが可能です。

楽天モバイルのキャンペーンはポイント還元を含めたものなので端末本体が値引きされるわけではなく実質的な価格なのでご注意ください。

楽天モバイルのキャンペーンを用いた場合
アップグレードプログラム -33,416円
最大24,000P還元 -24000円(ポイント還元)

楽天モバイルのアップグレードプログラムと最大24,000ポイント還元を適用させた場合に64GBのiPhoneSE3が実質9,348円で購入することができるのはかなりお買い得ですよね。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

まとめ

この記事ではiPhoneSE3のスペックや特徴、安く購入する方法についてご紹介しました。

メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB/128GB/256GB

メモリも第2世代の3GBから4GBになりよりサクサクと動くようになっただけでなく、CPUが大幅に性能アップしたことが大きな特徴です。

搭載プロセッサ性能
iPhoneSE2 iPhoneSE3
A13 Bionic A15 Bionic

iPhone13にも使用されている最先端のCPUにより、サイズは同じながらもバッテリー性能が大きくアップし、カメラ性能もさらに高くなったiPhoneSE3は廉価版ながらも満足いく性能を発揮してくれます。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

  • URLをコピーしました!
目次