UQモバイルからソフトバンクに乗り換える手順とタイミング!デメリットや違約金も解説

UQモバイルからソフトバンク

※本ページに記載の金額は特に断りがない限り税込です。

誰もが知る大手キャリアの「ソフトバンク」。

UQモバイルユーザーのなかには「速度低下に悩んでいる」「無制限プランを使いたい」といった理由で、ソフトバンクへの乗り換えを検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、auのお得なサブブランドとして人気を集めている「UQモバイル」からソフトバンクに乗り換えについて、メリットとデメリットを整理しました。

あわせて、乗り換えにあたっておさえておきたい手順やタイミング、お得なキャンペーンの情報も解説しています。

結論からお伝えすると「通信速度の低下に日々ストレスを感じている」というUQモバイルユーザーにとって、ソフトバンクへの乗り換えは妥当な選択と言えるでしょう。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

目次

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えるデメリット

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えるデメリットは次の6つです。

  • 25GBまでの利用は割高になる
  • 節約モードが使えなくなる
  • 通話オプションが割高になる
  • データ容量超過時の通信速度が遅くなる
  • UQ mobileメールが使えなくなる
  • au PAYのポイント還元率が下がる

とはいえ、個々のデメリットから影響を受ける度合いは人それぞれ。

詳しく確認していきましょう。

25GBまでの利用は割高になる

UQモバイル ソフトバンク
1GB 1,628円 3,278円
2GB 4,378円
3GB 5,478円
15GB 2,728円 7,238円
25GB 3,828円
無制限

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、25GBまでの利用が割高になります。上表は、UQモバイルとソフトバンクのデータ容量と月額料金をまとめたものです。

同じデータ通信量を使用したときの月額料金の差額は下表のようになります。UQモバイルとソフトバンク、どちらのコスパが高いかは一目瞭然です。

1GB 1,650円
2GB 2,750円
3GB 3,850円
15GB 4,510円
25GB 3,410円

ただし、UQモバイルには無制限のプランがありません。月間25GBを超えるデータ通信をする場合、速度制限に耐えるかデータ容量を追加購入する必要があります。

UQモバイルからソフトバンクへの乗り換えは、25GBもあれば十分という人にはおすすめできませんが、無制限プランを利用したい人にはおすすめです。

節約モードが使えなくなる

出典:UQ Communications Inc.

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると「節約モード」が使えなくなります。

最大1Mbpsの低速通信をデータ消費ゼロで使える節約モード。うまく活用して、限られた基本データ容量をやりくりしているUQモバイルユーザーも多いのではないでしょうか。

ソフトバンクにもデータ容量に上限のあるプラン「ミニフィットプラン+」がありますが、UQモバイルの節約モードに相当する機能はありません。

ただし、ソフトバンクにはギガ無制限のプラン「メリハリ無制限」があります。データ容量に上限がなければ、節約モードのような機能は不要です。

UQモバイルからソフトバンクの「ミニフィットプラン+」への乗り換えには“うまみ”がありませんが「メリハリ無制限」への乗り換えは検討する価値があります。

通話オプションが割高になる

出典:uqmobile-store.jp

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、通話オプションが割高になります。下表は、UQモバイルとソフトバンクの通話オプションを比較したものです。

いずれのプランも、UQモバイルよりソフトバンクのほうが100円ほど高くなっています。

UQモバイル ソフトバンク
通話パック

(定額制)

550円

(60分/月)

かけ放題

(短時間)

770円

(10分/回)

880円

(5分/回)

かけ放題

(無制限)

1,870円 1,980円

また、UQモバイルには月に最大60分までの通話が定額になる「通話パック」がありますが、ソフトバンクには定額制の通話オプションはありません。

月に数回だけ長電話をする機会があるなら、UQモバイルのほうがお得です。

さらに、1回あたりの通話時間に上限がある“短時間のかけ放題”では、UQモバイルが1回あたり10分までのところ、ソフトバンクは半分の5分まで。

月額料金は僅差ですが、使い勝手を加味するとUQモバイルのほうが圧倒的にお得です。

ちなみに、UQモバイルとソフトバンクの基本通話量は、どちらも30秒あたり22円。通話オプションに加入した場合、どれだけの通話で元が取れるのか計算しました。

UQモバイル ソフトバンク
通話パック

(定額制)

合計12.5分
かけ放題

(短時間)

1.75回

(10分/回)

4回

(5分/回)

かけ放題

(無制限)

合計43分 合計45分

上表を見て「通話オプションは必要ない」という人であれば、UQモバイルの通話オプションがお得だからといって、ソフトバンクへの乗り換えを思いとどまる必要はありません。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

データ容量超過時の通信速度が遅くなる

出典:UQ Communications Inc.

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、データ容量超過時の通信速度が遅くなります。下表は、基本データ容量の超過による速度制限時の通信速度を比較したものです。

1Mbps=1,000kbpsなので、ソフトバンクの通信速度はUQモバイルの8分の1程度。

UQモバイル ソフトバンク
最大1Mbps 最大128kbps

下表に、快適な通信速度の目安を用途別にまとめました。UQモバイルはそれなりに使い道がありますが、ソフトバンクはほとんど使いものになりません。

メールやLINE 128Kbps~1Mbps
Webサイトの閲覧 1Mbps~10Mbps
動画の視聴 0.7Mbps~20Mbps
オンライン会議 10Mbps~15Mbps
オンラインゲーム 30Mbps~100Mbps

ただし、速度制限がかかっていないときの実効速度は下表のとおり。UQモバイルよりソフトバンクのほうが下りで約3倍、上りで約2倍も速くなっています。

UQモバイル ソフトバンク
実効速度(下り) 54.78Mbps 150.86Mbps
実効速度(上り) 10.61Mbps 24.49Mbps

出典:みんなのネット回線速度(みんそく)

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えるなら、基本データ容量を超えない範囲でやりくりするか、ギガ無制限のプラン「メリハリ無制限」を選択するのがよいでしょう。

UQ mobileメールが使えなくなる

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、UQ mobileメールが使えなくなります。

大手キャリアには、解約後もメールアドレスを継続して利用できる「メールの持ち運び」サービスがありますが、UQモバイルでは現在のところ提供されていません。

親ブランドのauは「auメール持ち運び」を提供しているものの「UQ mobileメール(@uqmobile.jp)は、ご利用いただけません」と明記されています。

とはいえ、UQ mobileメールは月額220円の有料オプションなので「フリーメールを使っている」「連絡手段はLINEで十分」など利用していない人も多いはず。

事情があって「UQモバイルのメールアドレスを手放せない」という人でなければ、UQモバイルからソフトバンクに乗り換えても、メール環境に不便を感じることはないでしょう。

 au PAYのポイント還元率が下がる

出典:KDDI CORPORATION,

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、 au PAYのポイント還元率が下がります。UQモバイルとau PAYは、ともにKDDIが提供するサービスです。

そのためUQモバイルユーザーには、毎月5のつく日(5日、15日、25日)と「Pontaの日」(8日)に、au PAYのポイント還元率が+2.5%になる特典が用意されています。

対象者 UQモバイルユーザー
条件 5のつく日とPontaの日に対象加盟店でショッピング
還元率 3.0%還元

※ベース0.5%+2.5%還元

上限額 300ポイント/月

(3,600ポイント/年)

ソフトバンクへの乗り換えによって、UQモバイルならではの恩恵を受けられなくなることは、au PAYユーザーにとってデメリット以外の何ものでもありません。

ただし、ソフトバンクではau PAYに代わってPayPayのポイントの還元率が上がります。

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えるなら、au PAYからPayPayへ、QRコード決済サービスの乗り換えもあわせて検討するとよいでしょう。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えるメリット

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えるメリットは次の6つです。

  • 通信速度が速くなる
  • 無制限プランを選べるようになる
  • 家族間の通話が無料になる
  • キャリアメールが無料になる
  • 5Gの人口カバー率が上がる
  • PayPayポイントが貯まりやすくなる

とはいえ、個々のメリットがどれほど魅力的に映るかは人それぞれ。

詳しく確認していきましょう。

通信速度が速くなる

UQモバイル ソフトバンク
実効速度(下り) 54.78Mbps 150.86Mbps
実効速度(上り) 10.61Mbps 24.49Mbps

出典:みんなのネット回線速度(みんそく)

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、通信速度が速くなります。上表のとおり、ソフトバンクの実効速度はUQモバイルと比べて下りで約3倍、上りで約2倍です。

auのサブブランドであるUQモバイルでは、auと同じ回線を利用できますが、利用できる回線の量や幅は限られます。そのため、回線の混雑による速度の低下は免れません。

回線が混雑しやすい主なシチュエーションは次のとおりです。

  • 通勤・通学ラッシュの時間帯(平日7時~9時)
  • 昼休みの時間帯(平日12時~14時)
  • 帰宅ラッシュの時間帯(平日17時~19時)
  • 夕食後・就寝前の時間帯(平日21時~23時)
  • 都市部や駅構内など人が集まる場所
  • UQモバイルの契約者数が増加したとき

「通信速度の低下がストレスになっている」「時間帯に影響されず高速で通信したい」という人なら、UQモバイルからソフトバンクへの乗り換えは賢い選択と言えるでしょう。

無制限プランを選べるようになる

出典:SoftBank Corp.

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、無制限プランを選べるようになります。

現在UQモバイルで新規受付中のプランは「くりこしプラン +5G」のみ。次のとおりデータ無制限ではなく、3GB・15GB・25GBとデータ容量に上限のあるプランです。

データ容量 月額料金
くりこしプランS

+5G

3GB 1,628円
くりこしプランM

+5G

15GB 2,728円
くりこしプランL

+5G

25GB 3,828円

対するソフトバンクには次の3つのプランが用意されています。

「メリハリ無制限」がデータ無制限のプラン、「ミニフィットプラン+」が従量制のプラン、「スマホデビュープラン」が毎月3GBのデータ容量が利用できるプランです。

データ容量 月額料金
メリハリ無制限 無制限 7,238円
ミニフィットプラン+ 1GB 3,278円
2GB 4,378円
3GB 5,478円
スマホデビュープラン 3GB 2,178円

UQモバイルのデータ容量のチャージは500MBあたり550円。

UQモバイルの月額料金がソフトバンクの「メリハリ無制限」を超えるのは「くりこしプランL+5G」に7回チャージして28.5GBに達した時点です。

UQモバイルで毎月28.5GB以上のデータ通信量を使用しているなら、ソフトバンクの「メリハリ無制限」に乗り換えたほうが毎月のスマホ代が安くつきます。

家族間の通話が無料になる

出典:SoftBank Corp.

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、家族間の通話が無料になります。ソフトバンクには家族への通話が24時間無料になる「家族割引」があるためです。

UQモバイルには、ソフトバンクの「家族割引」に相当するサービスはありません。ソフトバンクの「家族割引」のサービス内容は次のとおりです。

  • 家族への通話が24時間無料になる
  • 家族へのメールが24時間無料になる
  • 最大10回線まで適用できる
  • ひとりずつに請求を分けられる

次のとおり、“家族”の定義が広めに設定されているのも嬉しいところ。

  • 同住所の家族・親戚
  • 別住所の家族・親戚
  • 同住所の友人・友人

例えば、次のような関係性はすべて“家族”として扱われます。

  • 一緒に暮らす家族
  • 遠くの親戚
  • 同居中の恋人
  • シェアハウスの仲間

「通話相手は家族や同居人がメイン」というUQモバイルユーザーなら、家族全員でソフトバンクに乗り換えることで通話料を大幅に節約できます。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

キャリアメールが無料になる

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、キャリアメールが無料になります。

UQモバイルは、キャリアメールを利用できる希少な格安スマホです。オプションメールサービスに申し込めば、月額220円で「@uqmobile.jp」のメールアドレスが手に入ります。

とはいえ「キャリアメールは無料で付いてくるもの」というイメージが強いのもまた事実。

キャリアメールについて「必要だから仕方なく有料で使っている」「欲しいけど有料だから使っていない」と感じているUQモバイルユーザーもいるかもしれません。

その点、ソフトバンクなら「@softbank.ne.jp」のメールアドレスを無料で利用可能です。

フリーメールやメッセージアプリの普及で「キャリアメール不要論」がささやかれる昨今ですが、キャリアメールには次のメリットがあります。

  • セキュリティ強度が高く不正アクセスに遭いにくい
  • 信頼性が高く迷惑メールとして認識されにくい

会員登録にフリーメールのアドレスを使用できないWebサービスがある理由は、セキュリティ強度がキャリアメールのアドレスに劣るためです。

キャリアメールが無料になることは「キャリアメールに魅力を感じる」「フリーメールに不便を感じている」という人にとって1つのメリットと言えるでしょう。

5Gの人口カバー率が上がる

出典:SoftBank Corp.

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、5Gの人口カバー率が上がります。下表は、UQモバイルとソフトバンクの人口カバー率を比較したものです。

UQモバイル ソフトバンク
人口カバー率(5G) 22年度中に90% 90%
人口カバー率(4G) 99% 99%

UQモバイルが通信回線を借りているauは「2022年度の早い段階で人口カバー率90%」を5Gエリアの整備目標として公表しています。

一方のソフトバンクは、2022年4月7日に「5Gの人口カバー率が90%を突破」と宣言。

5Gには「高速・大容量」「超高信頼・低遅延」「多数同時接続」という特長があり、次のような新しいスマホ体験を実現できるとされています。

4Kや8Kの映像配信 より高画質な映像をスマホでも視聴できます。タイムラグもなく、遠隔地からのライブ鑑賞やスポーツ観戦も快適です。
VRやARコンテンツ VR(仮想現実)やAR(拡張現実)の技術と5Gの高速通信を活用した新たなエンターテインメントコンテンツが登場します。
ゲーム体験の向上 リアルタイムでの操作が求められる格闘・シューティング・リズムアクションジャンルのゲーム体験が劇的に向上します。

au 5Gのサービスエリア外で生活しているUQモバイルユーザーは、ソフトバンクに乗り換えることで周囲より一足先に5Gを体験できるかもしれません。

PayPayポイントが貯まりやすくなる

出典:SoftBank Corp.

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えると、PayPayポイントが貯まりやすくなります。

国内トップシェアを誇るQRコード決済サービス「PayPay」ですが、提供しているPayPay株式会社はソフトバンクのグループ会社です。

そのため、ソフトバンクユーザーにはPayPayポイントがたくさんもらえる優待特典「ソフトバンクプレミアム」が用意されています。

PayPayポイントの還元を受けられるサービス・対象日・還元率は次のとおりです。

対象日 還元率
スーパーPayPayクーポン 毎月 購入金額の最大半額相当
LINE MUSIC 毎月 月額料金の20%
Hulu 毎月 月額料金の10%
Netflix 毎月 月額料金の10%
ABEMA 毎月 月額料金の20%
DAZN 毎月 月額料金の10%
SPOTV NOW 毎月 月額料金の20%
GeForce NOW 毎月 月額料金の20%
PayPayモール 日曜日 購入金額の最大10%
ヤフーショッピング 日曜日 購入金額の最大10%
ebookjapan 金曜日 購入金額の10%
長期継続特典 誕生月 1,000円相当
子育て応援クラブ 誕生月 1,000円相当

加えて、毎月のスマホ代1,000円(税抜)につき5ポイントが貯まるソフトバンクポイントは、1ポイント=1円相当としてPayPayポイントに交換できます。

ソフトバンクに乗り換えることで“ならでは”の恩恵を享受できるのは、PayPayユーザーにとってメリット以外の何ものでもありません。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

UQモバイルからソフトバンクに乗り換える手順と準備するもの

UQモバイルからソフトバンクへの乗り換えはWebで完結できます。

大まかな手順は次の3つです。

  1. 乗り換えの準備をする
  2. 乗り換えを申し込む
  3. MNP開通手続き・初期設定をする

詳しく確認していきましょう。

乗り換えの準備をする

UQモバイルからソフトバンクへの乗り換えに必要な書類や情報を準備しましょう。

次の3点を揃えておくことで、乗り換えをスムーズに進められます。

  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • UQモバイルのMNP予約番号

ソフトバンクの支払いに利用できるクレジットカードブランドは次の5つです。

契約者本人の名義である必要があります。

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

ソフトバンクで本人確認書類として利用できる書類は次の8つです。

住所・氏名・生年月日が、申し込みの際に入力する情報と一致している必要があります。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 健康保険証

住所・氏名の記載がない場合や、申し込みの際に入力する情報と一致しない場合は、発効日から3ヵ月以内の補助書類の提出が必要です。

補助書類としては次の3つが利用できます。

  • 住民票記載事項証明書
  • 公共料金領収書
  • 官公庁発行の印刷物

UQモバイルのMNP予約番号は、電話で発行するのがおすすめです。

Webでの手続きもできますが、オプションの加入状況によっては受付を拒否されます。

  • 電話番号:0120-001-659
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

ただし、MNP予約番号の発行は自動音声ガイダンスでは完結しません。

オペレーターとの通話が必要なので「乗り換えを伝えるのは気まずい」「引き止められたらどうしよう」という人は、Webでの手続きから試してみるのもよいでしょう。

Webでの手続きは「my UQmobile」の「契約 確認・変更」から次の手順で行います。

  1. 「詳細を確認・変更する」をタップ
  2. 「MNP予約」をタップ
  3. 「次へ」を2回タップ
  4. 「MNP予約番号の発行」にチェック
  5. 「次へ」をタップして暗証番号を入力
  6. 「次へ」を3回タップして回線の利用方法にチェック
  7. 「次へ」をタップ
  8. 「予約番号を発行する」をタップ

以上で乗り換えの準備は完了です。

乗り換えを申し込む

ソフトバンクのオンラインショップで乗り換えを申し込みましょう。

ソフトバンクショップでも申し込めますが、通常3,300円の事務手数料が0円になる分、オンラインショップのほうがお得に乗り換えられます。

商品ページで「購入する」をタップしたら、あとは画面の案内に沿って進むのみ。

おおまかな流れは次のとおりです。

  1. 手続き内容の選択
  2. 機種の選択
  3. 料金プランの選択
  4. 購入の手続き

手続き内容の選択画面では、次のように選択するのがよいでしょう。

なお、受け取り方法で「店舗で受け取る」を選択すると、3,300円の事務手数料が発生します。ただし、契約者の年齢が「17歳以下」の場合、自宅での受け取りはできません。

  • 予定している手続き:今の電話番号をそのまま利用する
  • 現在利用中の携帯電話会社:ドコモ、au、楽天モバイル、その他
  • 契約者の年齢:18歳以上
  • 受け取り方法:自宅等で受け取る

機種の選択画面では、次のような項目を選択することになります。

「自分に合う容量がわからない」「USIMとeSIMって一体なんのこと?」など選択に迷ったときは「チャットサポート」でオペレーターに相談することも可能です。

  • カラー
  • 容量
  • 利用する割引
  • 支払い回数
  • 機種のオプション
  • SIMの種類

料金プランの選択画面では、次の項目を選択します。

「自分に合うプランがわからない」「オプションについて詳しく知りたい」というときも、チャットサポートでオペレーターに相談してみましょう。

  • プラン
  • 通話オプション
  • オプション
  • 割引・キャンペーン
  • 機種の回収・下取り

購入の手続きは次の流れで進みます。

なお、オンラインショップで乗り換える場合、支払い方法は「クレジットカード」、本人確認書類の送付方法は「画像アップロード」以外に選択できません。

  1. 事前注意事項の確認/MNP予約番号の入力
  2. お客さま情報の入力
  3. 支払い情報の入力
  4. 規約同意
  5. 申し込み内容の確認
  6. 必要書類の送付

以上で乗り換えの申し込みは完了です。

MNP開通手続き・初期設定をする

商品が到着したら、MNP開通手続きと初期設定を行いましょう。

MNP開通手続きと初期設定のおおまかな流れは次のとおりです。

  1. SIMカードの取り付け
  2. MNP開通手続き
  3. 初期設定(アクティベーション)

MNP開通手続きや初期設定を始める前に、SIMカードの装着が必要です。機種ごとの取り付け方法は、同梱の取扱説明書や製品サポートページで確認できます。

ほとんどの機種に共通する注意点は次のとおりです。

  • スマホの電源を切った状態で取り付ける
  • 平らな場所にスマホを置いて取り付ける
  • 向き(切り欠きの位置)に注意する
  • トレイから浮かないように確実にはめ込む
  • 本体と挿入口のカバーに隙間ができないようにする

MNP開通手続きは、Webまたは電話のどちらかで行います。

受付時間は午前9時から午後8時30分まで。受付終了時間間際の手続きは翌日扱いになる場合があるため、時間に余裕を持って手続きを行うようにしましょう。

Webでの手続き手順は次のとおりです。

申し込み受付番号は「出荷完了のご連絡メール」に記載されています。

  1. MNPオンライン切替」にアクセス
  2. 申し込み受付番号を入力
  3. 生年月日を入力
  4. Eメールアドレスを入力
  5. 「MNPオンライン切替を行う」をタップ

電話での手続き手順は次のとおりです。

自動音声ガイダンスのみで完結するので、通話が苦手な人でも心配いりません。

  1. 切り替え専用ダイヤル(0800-100-2555)に発信
  2. 電話番号をプッシュ
  3. 暗証番号をプッシュ

初期設定(アクティベーション)の手順は機種によって異なります。同梱の取扱説明書やオンラインマニュアルを確認しながら進めましょう。

おおまかな手順は次のとおりです。

  1. スマホの電源をON
  2. 言語や地域の設定
  3. 利用規約に同意
  4. Wi-Fiに接続
  5. GoogleアカウントやApple IDの設定
  6. 画面ロックの設定
  7. アップデート方法の設定

以上でMNPの開通手続きと初期設定は完了です。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えるベストタイミング

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えるベストタイミングは次の5つです。

  • データチャージの頻度が高くなったとき
  • 回線の混雑にウンザリしたとき
  • 新しいスマホが欲しくなったとき
  • UQモバイルの請求締め日が迫ってきたとき
  • UQモバイルに契約更新月は存在しない

とはいえ、タイミングを逃したからといって大きく損をするわけではありません。

参考までに確認しておきましょう。

データチャージの頻度が高くなったとき

UQモバイルでデータチャージ(データ容量の追加購入)の頻度が高くなったら、ソフトバンクへの乗り換えを本格的に考えてみましょう。

UQモバイルで新規受付中の「くりこしプラン +5G」は、3GB・15GB・25GBの3つからデータ容量を選ぶプランで、データ無制限ではありません。

基本データ容量を使い切ると、通信速度が最大1Mbpsの低速に制限されます。

500MBあたり550円でデータチャージを行えば速度制限は解除できますが「データ容量の追加購入はコスパが低い」というのは誰もが知るところ。

毎月データチャージを繰り返してしまうUQモバイルユーザーは、ソフトバンクのデータ無制限プランに乗り換えることで、スマホ代を節約できる可能性があります。

回線の混雑にウンザリしたとき

UQモバイルはauのサブブランドです。

サブブランドはメインブランドに比べて利用できる回線の量や幅が限定的なので、次のような混雑時間帯には通信速度の低下を免れません。

  • 通勤・通学ラッシュの時間帯(平日7時~9時)
  • 昼休みの時間帯(平日12時~14時)
  • 帰宅ラッシュの時間帯(平日17時~19時)
  • 夕食後・就寝前の時間帯(平日21時~23時)

UQモバイルを契約したあとで「auと全く同じ回線を利用できると思ってたのに……」とガッカリした人も少なくないのではないでしょうか。

「UQモバイルの回線混雑にはもウンザリ!」と感じたときは、ソフトバンクのような大手のメインブランドに乗り換える良いきっかけと捉えてみましょう。

新しいスマホが欲しくなったとき

「スマホの経年劣化が気になる」「最新の機種に買い替えたい」などの理由で新しいスマホが欲しくなったら、買い替えと同時に乗り換えも行うとお得です。

ソフトバンクでは、最新機種を安く手に入れられるキャンペーンを頻繁に開催しています。

  • web割:オンライン限定で端末代金が最大21,600円割引
  • U30 web割:オンライン限定で端末代金が最大21,600円割引
  • 3G買い替えキャンペーン:端末代金が0円~に割引
  • 新トクするサポート:端末代金が最大半額
  • 下取りプログラム:最大58,800円相当のPayPayポイント付与

キャンペーンの名前や対象機種はタイミングによって変わるものの、“ソフトバンクへの乗り換えで機種代金が割引になるキャンペーン”自体がなくなることはまずありません。

UQモバイルの請求締め日が迫ってきたとき

ソフトバンクへの乗り換えは、UQモバイルの請求締め日間近に行うと損がありません。

なぜなら、UQモバイルの「くりこしプラン +5G」は月の途中で解約した場合でも、日割りではなく満額の月額料金が請求されるためです。

UQモバイルでは、毎月1日から月末までの利用料金が翌月に請求されます。

つまり、請求締め日は月末です。

ただし、次の旧プランを月の途中で解約する場合、月額料金は日割り計算となります。

  • くりこしプラン
  • スマホプラン
  • おしゃべりプラン
  • ぴったりプラン
  • その他「くりこしプラン +5G」以外のプラン

なお、ソフトバンクの初月の料金は日割り計算されるので、1か月のうちどのタイミングで契約しても損をすることはありません。

UQモバイルに契約更新月は存在しない

UQモバイルのプランに更新月の設定はないため、解約に伴う契約解除料もありません

ただし、UQモバイルとあわせてUQ WiMAXも解約する場合は注意が必要です。

UQ WiMAXには契約期間が次の3種類あります。

  • 期間条件なし
  • 2年自動更新あり
  • 2年自動更新なし

「期間条件なし」に契約解除料は発生しませんが「2年自動更新あり」「2年自動更新なし」は解約のタイミングによって1,100円の契約解除料が発生します。

2年自動更新ありで契約解除料が発生するのは、契約期間満了月の当月・翌月・翌々月の「更新期間」以外のタイミングで解約した場合です。

2年自動更新なしでは、契約期間満了月より前に解約した場合に契約解除料が発生します。

なお、新規の受付を終了したプランを含め、UQ WiMAXで提供中のプランは次の4つです。

  • ギガ放題プラス ホームルータープラン
  • ギガ放題プラス モバイルルータープラン
  • ギガ放題プラス
  • ギガ放題

UQモバイルとあわせて上記プランを契約中の人は「my UQ WiMAX」の「契約内容の変更・確認>契約一覧照会/変更」からUQ WiMAXの契約内容を確認してみましょう。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

UQモバイルからソフトバンクの乗り換えに使えるキャンペーン

UQモバイルからソフトバンクへの乗り換えに使えるキャンペーンは次の3つです。

  • 【オンライン限定】web割
  • 【オンライン限定】U30 web割
  • 下取りプログラム

ソフトバンクのキャンペーンの特典は、機種代金の割引がメイン。

条件に合うキャンペーンがないか確認しておきましょう。

【オンライン限定】web割

出典:SoftBank Corp.

UQモバイルからソフトバンクへの乗り換えに利用できる1つ目のキャンペーンは「web割」です。

「web割」では、乗り換えの際に「メリハリ無制限」プランを選択すると、対象機種の代金が最大21,600円割引になります。

「web割」を適用するには、公式オンラインショップの利用が必須です。

機種の購入と乗り換えを申し込む際に、次の内容を指定します。

  1. 手続内容:のりかえ(MNP/番号以降)・機種変更
  2. 受取方法:自宅などで受け取る
  3. 機種選択:web割の対象機種
  4. 対象の料金サービス:メリハリ無制限

「web割」の対象機種は40種類以上と豊富です。

まずは、目当ての機種がキャンペーン対象になっているか公式ページで確認してみましょう。

なお「web割」と「新トクするサポート」を併用すると、機種代金がさらにお得になります。

「新トクするサポート」は端末を48回払いで購入し、25ヶ月目以降に返却することで、最大24回分の支払いが不要になるプログラムです。

支払額/月 総支払額
通常価格 3,540円/月 169,920円/48ヶ月
Web割適用時 3,090円/月 148,320/48ヶ月
新トクするサポート利用時 3,090円/月 74,160/24ヶ月

例えば「web割」と「新トクするサポート」を併用して「iPhone 13 Pro(128GB)」を購入した場合、上表のとおり95,760円もお得になります。

【オンライン限定】U30 web割

出典:SoftBank Corp.

UQモバイルからソフトバンクへの乗り換えに利用できる2つ目のキャンペーンは「U30 web割」です。

「U30 web割」では、乗り換えの際に5歳~30歳のユーザー限定で、対象機種の代金が最大21,600円割引になります。

「U30 web割」を適用するには、オンラインショップの利用が必須です。

機種の購入と乗り換えを申し込む際に、次の内容を指定します。

  1. 手続方法:新規契約
  2. 受取方法:自宅などで受け取る
  3. 機種選択:U30 web割の対象機種

「U30 web割」の対象機種は40種類以上と豊富です。

ちなみに、公式ページでは高コスパモデルの「Redmi Note 10T」と、コンパクトで子どもでも持ちやすい「iPhone SE(第3世代)」がおすすめとして紹介されていました。

「Redmi Note 10T」に「U30 web割」を適用した場合の支払額は次のとおりです。

通常価格 支払額/月 総支払額
27,360円 120円 5,760円

「iPhone SE(第3世代)」に「U30 web割」を適用した場合の支払額は次のとおりです。

通常価格 支払額/月 総支払額
73,440円 1,080円 51,840円

「ぜひU30 web割を利用したい!」という人は、ほかにどんな機種がキャンペーン対象になっているか公式ページで確認してみてはいかがでしょうか。

下取りプログラム

出典:SoftBank Corp.

UQモバイルからソフトバンクへの乗り換えに利用できる3つ目のキャンペーンは「下取りプログラム」です。

「下取りプログラム」では、乗り換えの際に手持ちの端末を下取りに出すことで、最大58,800円相当のPayPayポイントが付与されます。

下取りの方法は「郵送」か「店舗」の2択です。

郵送での下取りは次の流れで行います。

  1. 申し込み:店頭またはオンラインショップで下取りを申し込み
  2. 送付キットの受け取り:店頭または郵送で送付キットを受け取り
  3. 発送準備:データのバックアップと添え状の記入
  4. 発送:端末と添え状を入れた送付キットをポストに投函
  5. 特典の付与:査定完了後、PayPayアカウントにポイント付与

店舗で下取りする場合の流れは次のとおりです。

  1. 事前準備:データのバックアップ
  2. 下取りの申し込み:端末と本人確認書類を持って訪店
  3. 査定:下取り可能な場合のみ、本人確認と申込書兼同意書への署名
  4. 特典の付与:約2週間後、PayPayアカウントにポイント付与

なお、オンラインショップを利用する場合、店舗での下取りはできません。

何はともあれ、まずは手持ちの端末が「下取りプログラム」の対象になっているか公式ページで確認してみましょう。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

UQモバイルからソフトバンクの乗り換えに関するよくある質問

UQモバイルからソフトバンクの乗り換えに関するよくある質問は次の4つです。

  • UQモバイルのMNP予約番号はどこから発行できますか?
  • UQモバイルの解約は電話でもできますか?
  • UQモバイルの解約は店舗でもできますか?
  • UQモバイルを解約したらSIMカードはどうすればよいですか?

同じ疑問があれば解消しておきましょう。

UQモバイルのMNP予約番号はどこから発行できますか?

UQモバイルのMNP予約番号は「UQ mobileお客さまセンター」または「my UQ mobile」から発行できます。

電話での発行を希望する場合は「UQ mobileお客さまセンター」、Webでの発行を希望する場合は「my UQ mobile」から手続きを行うとよいでしょう。

UQ mobileお客さまセンターの電話番号と受付時間は次のとおりです。

  • 電話番号:0120-001-659
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

架電の際は、次の3つの条件を満たす必要があります。

  • 契約者本人が架電する
  • MNPの予約をするスマホ/携帯電話で架電する
  • 電話番号を相手に通知して架電する

my UQ mobileから発行する手順は次のとおりです。

  1. my UQmobile>詳細を確認・変更する>MNP予約
  2. 画面の案内に沿ってMNP予約番号を発行

なお、オプションの契約状況によってWebでの手続きができない場合があります。

UQモバイルの解約は電話でもできますか?

UQモバイルの解約は電話でもできます

解約のみの場合、窓口は「UQ mobileお客さまセンター」の解約専用ダイヤルです。

  • 電話番号:0120-001-659
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

解約とあわせて他社またはpovoにMNP転出する場合も、窓口は「UQ mobileお客さまセンター」の解約専用ダイヤルになります。

MNP転出の希望を伝え、MNP予約番号を発行してもらいましょう。

解約とあわせてauに番号移行する場合はMNP予約番号が不要なので、窓口はauオンラインショップの「お電話申し込み窓口」になります。

  • 電話番号:0800-0800-007
  • 受付時間:10:00~20:00(年中無休)

UQモバイルの解約は店舗でもできますか?

UQモバイルの解約は店舗ではできません。解約を受け付けている窓口は「UQ mobileお客さまセンター」または「my UQ mobile」の2つです。

  • UQ mobileお客さまセンター(0120-001-659)
  • my UQmobile

UQモバイルの店舗には次の4種類がありますが、いずれも取り扱っているサービスは「新規(MNP)申し込み」「契約情報変更」「機種変更」の3つのみ。

  • UQスポット
  • au Style
  • auショップ
  • UQ mobile取扱店

ただし、UQモバイルからメインブランドである「au」に番号移行する場合に限り「au Style」「auショップ」の店頭でも手続きが可能です。

来店予約はau公式サイト内の「ショップ検索・来店予約」から行えます。

UQモバイルを解約したらSIMカードはどうすればよいですか?

UQモバイルを解約したら、SIMカードは自分で破棄します。

解約時にSIMカードの返却を求めている事業者もありますが、UQモバイルでは不要です。

公式サイトのFAQにも「SIMカードのご返却は不要です」「解約後はお客さまご自身で破棄してください」と明記されています。

悪意ある第三者にデータを復元されないよう、シュレッダーやハサミで細かく裁断してから、自治体の分別・収集ルールに従って処分しましょう。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

まとめ

UQモバイルからソフトバンクに乗り換えるメリット
  • 通信速度が速くなる
  • 無制限プランを選べるようになる
  • 家族間の通話が無料になる
  • キャリアメールが無料になる
  • 5Gの人口カバー率が上がる
  • PayPayポイントが貯まりやすくなる
UQモバイルからソフトバンクに乗り換えるデメリット
  • 25GBまでの利用は割高になる
  • 節約モードが使えなくなる
  • 通話オプションが割高になる
  • データ容量超過時の通信速度が遅くなる
  • UQ mobileメールが使えなくなる
  • au PAYのポイント還元率が下がる

UQモバイルからソフトバンクに乗り換える手順はシンプルです。

上表のメリットとデメリットを比較して、UQモバイルからソフトバンクへの乗り換えが自分にとって「損になるのか得になるのか」をシミュレーションしてみましょう。

メリットがデメリットを上回るなら、早めに乗り換えてしまうのがおすすめです。

事務手数料がタダ!24時間申込が可能

ソフトバンク|公式サイト

  • URLをコピーしました!
目次