<PR>

povoとLINEMOの違いを徹底比較!繋がりやすさ・速度はどっちが良い?

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
povoとLINEMOの比較

povoとLINEMO利用を検討している方のために、それぞれの気になる点を徹底比較しました。

データ通信速度や電話の繋がりやすさ、基本料金や対応エリア、契約者数まで詳しくご紹介します。

なお、結論からお伝えすると、povoとLINEMOがおすすめな人は下記の通りです。

  • povoはau回線で安定した通信でスマホを楽しみたい人
  • LINMOはSoftBank回線で安くスマホを利用したい人

povoはau回線を利用しており、全国どこでも安定した通信速度でスマホを楽しめるのが特徴です。

対して、LINEMOはSoftBank回線を利用しており、2つのプランから選択できるので、安くスマホを利用できます。

より詳しい内容は下記で解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

スマホプランをもっと知りたい方は、格安SIM比較の記事もおすすめです。

\ 月額基本料0円! /

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

\ LINEと連携したキャンペーンが豊富! /

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルで三木谷キャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら14,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

  • 楽天公式サイト:6,000ポイント
  • 三木谷キャンペーン:14,000ポイント

三木谷キャンペーンは、過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目も対象です。

さらに一部キャンペーンとの併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできますので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ 三木谷キャンペーンで14,000ポイント /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

キャンペーン期間は5月31日までと限りあり。

目次

povoとLINEMOの違いを比較まとめ

内容 povo LINEMO
料金プラン
  • 基本料金:無料
  • ミニプラン:990円(税込)
  • スマホプラン:2,728円(税込)
GB数
  • データ使い放題(24時間):330円(税込)
  • データ追加1GB(7日):390円(税込)
  • データ追加3GB(30日間):990円(税込)
  • データ追加20GB(30日間):2,700円(税込)
  • データ追加60GB(90日間):6,490円(税込)
  • データ追加150GB(180日間):12,980円(税込)
  • ミニプラン:3GB
  • スマホプラン:20GB
デュアルSIM対応 対応 対応
通信速度・繋がりやすさ 高速データ・繋がりやすい 高速データ・繋がりやすい
対応エリア 全国対応・海外対応 全国対応・海外対応
オプションサービス
  • テザリング
  • 5分以内通話かけ放題
  • 通話かけ放題
  • 通話定額
  • SMS
  • コンテンツ(DAZN・smash.)
  • ケータイ保証サービス
  • テザリング
  • 通話準定額
  • 通話定額
  • SMS
  • 国際ローミング
  • フィルタリング
  • キャリア決済
  • ケータイ保証サービス
  • ポイントプログラム
端末のラインナップ 販売なし 販売なし
契約者数 120万件(2022年5月時点) 50万件以下(2021年8月時点)
契約に必要な初期費用 無料 無料
支払い方法
  • クレジットカード
  • クレジットカード
  • 口座振替
キャンペーン
  • 【終了】FIND povo:シェアリングサービスを探すと抽選でギガをGET
  • お友達紹介プログラム:紹介する方に3GB
    紹介された方にデータ使い放題プレゼント
  • 新規契約または他社からの乗り換えで
    ミニプラン基本料最大半年間実質無料
  • 他社からの乗り換えでPayPayポイント
    10,000ポイントプレゼント

povoとLINEMOの比較:料金プラン

メーカー 料金プラン
povo
  • 基本料金:無料
LINEMO
  • ミニプラン:990円(税込)
  • スマホプラン:2,728円(税込)

povoとLINEMOの料金プランは、シンプルなのが特徴です。

povoは基本料金が無料なので、使用しない月は無料で利用できるのが魅力です。なお、データ通信や通話を使用したい場合は、トッピングで追加できます。

LINEMOは、3GBのミニプランと20GBで大容量のスマホプランから選択できるため、ライフスタイルに合わせて使い分けられるでしょう。また、LINEMO契約から1年以内は、5分以内の国内通話が無料で利用が可能です。

通話準定額:5分以内の国内通話が無料

月額550円(税込)→LINEMO契約から1年以内は無料

※30秒超過ごとに22円(税込)の通話料が発生

※14ヶ月目からは自動的に月額が発生

povoとLINEMOの比較:GB数

メーカーGB数
povo
  • データ使い放題(24時間):330円(税込)
  • データ追加1GB(7日):390円(税込)
  • データ追加3GB(30日間):990円(税込)
  • データ追加20GB(30日間):2,700円(税込)
  • データ追加60GB(90日間):6,490円(税込)
  • データ追加150GB(180日間):12,980円(税込)
LINEMO
  • ミニプラン:3GB
  • スマホプラン:20GB

povoとLINEMOでは、利用したいGB数を選択できます。

povoのデータ通信は、トッピングとして1GBから追加できます。それぞれ使用できる期間が定められているため、購入時は注意してください。

また、期間限定でお試しトッピングが追加されています。

データ容量1GBから大容量240GBまで、使用期間は24時間から長期利用可能な180日間まで用意されており自分の使い勝手にあったものをお試しできますよ。

お試しトッピングは、こまめにチェックすることをおすすめします。

LINEMOのデータ通信は、ミニプランだと3GB・スマホプランで20GB使用できます。Wi-Fi環境での使用が多い方はミニプラン、4Gや5Gで動画視聴や音楽をよく聴く方は、スマホプランがおすすめです。

\ 6つのトッピングから選択可能! /

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

\3GB・20GBを用意! /

povoとLINEMOの比較:デュアルSIM対応

メーカーデュアルSIM対応
povo対応
LINEMO対応

povoとLINEMOでは、デュアルSIMに対応しています。

eSIM対応の端末を利用すれば、通信環境に合わせてプライベート用と仕事用で使い分けが可能です。

また、デュアルSIMの使い方は、下記の通りです。

  1. 空きのスロットにSIMカードを入れる
  2. アプリの設定を開く
  3. モバイル通信を選択
  4. モバイルデータ通信を選択
  5. povoまたはLINEMOから主回線にしたい回線を選択

また、音声通話のみ切り替えたい場合は、手順3で「デフォルトの音声回線」から設定できますよ。

povoとLINEMOの比較:通信速度・繋がりやすさ

格安SIM 速度
メーカー繋がりやすさ
povo高速データ・繋がりやすい
LINEMO高速データ・繋がりやすい

povoとLINEMOは、高速データで繋がりやすいのが特徴です。

povoはau回線、LINEMOはSoftBank回線を使用しているため、全国どこでも安定した速度で楽しめるでしょう。

なお、LINEMOの高速大容量のSoftBank5Gは、<28GHz、3.7GHz>(新周波数)限定エリアのみ使用できます。限定エリアは、こちらから確認可能です。

\ 月額基本料0円! /

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

\SoftBank回線で高速データ通信! /

povoとLINEMOの比較:対応エリア

メーカー対応エリア
povo全国対応・海外対応
LINEMO全国対応・海外対応

povoとLINEMOは、全国で利用できます。しかし、海外だとLINEMOは使用できるものの、povoは追加トッピングにより使用可能です。

なお、LINEMOで使用できる海外エリアはこちらで確認できます。また、海外で使用する場合は適用条件があります。

  • 世界対応ケータイ・対象料金プランに加入
  • 海外あんしん定額に申し込む

上記2つのプランに加入しなければ使用できないので、注意が必要です。

povoとLINEMOの比較:オプションサービス

メーカーオプションサービス
povo
  • テザリング
  • 5分以内通話かけ放題
  • 通話かけ放題
  • SMS
  • コンテンツ(DAZN・smash.)
  • ケータイ保証サービス
LINEMO
  • テザリング
  • 通話準定額
  • 通話定額
  • SMS
  • 国際ローミング
  • フィルタリング
  • キャリア決済
  • ケータイ保証サービス
  • ポイントプログラム

povoとLINEMOでは、オプションサービスの内容が異なります。

LINEMOは国際ローミングやキャリア決済ができるものの、povoではできません。なお、LINEMOではフィルタリングができるため、学生や未成年者の利用でも安心です。

povoではコンテンツトッピングとして、DAZNとsmash.を使い放題にもできます。

それぞれコンテンツが見放題となるので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ 月額基本料0円! /

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

\ キャリア決済にも対応! /

povoとLINEMOの比較:端末のラインナップ

メーカー端末のラインナップ
povo販売なし
LINEMO販売なし

povoとLINEMOでは、端末の販売がありません。

なお、povoだとauやUQモバイルで購入した端末、LINEMOはSoftBankやY!moblieで購入した端末の利用がおすすめです。また、別キャリアで購入した端末の場合、正常に通信・通話ができない可能性があるので注意が必要です。

正常に使用するためにも、端末が対応しているか事前に確認することをおすすめします。

povoとLINEMOの比較:契約者数

メーカー契約者数
povo120万件(2022年5月時点)
LINEMO50万件以下(2021年8月時点)

povoとLINEMOの契約者数は、それぞれ異なります。

povoは、2022年5月の時点で120万件に及ぶ契約者数を獲得しています。なお、LINEMOは2021年8月の時点で50万件以下と公表されており、それ以降の公表もありません。

しかし、どちらも格安でキャリア回線を使用できるため、ライフスタイルに合わせて選択できるのでおすすめです。

povoとLINEMOの比較:契約に必要な初期費用

メーカー契約に必要な初期費用
povo無料
LINEMO無料

povoとLINEMOでは契約時の初期費用はかからないので、無料で新規契約または乗り換えが可能です。

契約事務手数料もかからないので、好きなタイミングで契約できます。しかし、povoの場合、同一名義で複数回線契約すると、所定の手数料が発生する可能性もあるので事前に確認してください。

\ 月額基本料0円! /

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

\初期費用不要で乗り換えできる! /

povoとLINEMOの比較:支払い方法

メーカー支払い方法
povo
  • クレジットカード
LINEMO
  • クレジットカード
  • 口座振替

povoとLINEMOでは、支払い方法を選択できます。

povoの場合、クレジットカードでの支払いのみ対応しているものの、auで利用できるPontaポイントは利用できません。

LINEMOは、クレジットカード以外に口座振替も可能です。口座振替を希望する方は、LINEMOを選択に入れると良いでしょう。

povoとLINEMOの比較:キャンペーン

2024年4月開催中のLINEMOキャンペーン

キャンペーン名 概要 終了日
僕が見たかった青空 キャンペーン エントリー先着順に届くご案内メール経由でLINEMOのスマホプランに他社からの乗り換えまたは、新しい番号で契約すると、「LINEMO presents僕が見たかった青空デビュー1周年シークレットファンミーティング」公演チケットをプレゼント

2024年4月30日

新生活応援キャンペーン2024 期間中に「スマホプラン」または「ミニプラン」に申し込み、開通手続き完了で最大12,000円相当のPayPayポイントプレゼント

 2024年5月7日

データ追加購入が半年間おトクキャンペーン

ミニプランまたはスマホプラン加入&開通手続き完了後に最大半年間データ追加購入で毎月3GBまで割引(無料)

終了日未定

スマホプラン限定対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン

他社からの乗り換えでスマホプランに加入すると、10,000円相当のPayPayポイントプレゼント

終了日未定

契約者向け!追加申込キャンペーン

LINEMOを契約中の方が、キャンペーン期間中に「スマホプラン」または「ミニプラン」他社からの乗り換え・新しい番号で契約すると、PayPayポイント5,000円相当プレゼント※期間限定増額中

【増額期間】2024年5月7日

LINEMOおかえりだモンキャンペーン

キャンペーン対象申込期間中にLINEMOの「スマホプラン」「ミニプラン」に他社からの乗り換えで申し込むと、PayPayポイント最大6,000円相当プレゼント※期間限定増額中

【増額期間】2024年5月7日

通話オプション割引キャンペーン2 受付期間内にLINEMOへ新規、他社からの乗り換え(MNP)、ソフトバンクまたはワイモバイルからの乗り換えで契約すると、「通話準定額」の定額料(税込550円/月)または「通話定額」の定額料(税込1,650円/月)が550円/月(税込)割引

終了日未定

HELPO

HELPOを新規申し込みで額利用料550円(税込)が利用初月は無料。

HELPOのオンライン診療を利用すると、HELPOモールクーポンを500円分プレゼント。

月額利用料が初月無料期間中に1日当たり5,000歩を1日でも達成すると、HELPOポイントを200ポイントプレゼント

終了日未定

基本料初月0円特典(LINEMO) ソフトバンク、ワイモバイルからの乗り換えで、LINEMO回線の基本料、データ定額サービス料、対象のオプションサービス料および月額使用料が初月0円になる 終了日未定
フィーバータイム 【不定期開催】開催期間中はおトクな特典が適用されるキャンペーン 現在開催なし
ヤフー限定 LINEMO契約ZOZOポイント特典<スマホプラン> 「スマホプラン」へ、新規または他社からの乗り換え(MNP)で申し込みすると、最大13,000円相当のPayPayポイント付与 終了日未定
ヤフー限定 LINEMO契約ZOZOポイント特典<ミニプラン> 「ミニプラン」へ、新規または他社からの乗り換え(MNP)で申し込みすると、最大3,000円相当のPayPayポイント付与 終了日未定
ヤフー限定 LINEMOだれでも紹介特典 紹介者の「紹介コード」を利用して被紹介者がLINEMOのスマホプランに新規または他社からの乗り換え(MNP)で契約すると、紹介者に1,000円相当のPayPayポイント付与 終了日未定

2024年4月開催中のpovoキャンペーン

キャンペーン名 概要 終了日
新規加入でデータボーナス321GB(3日間)プレゼント 新規加入時にキャンペーンコード入力でデータボーナス321GB(3日間)プレゼント 2024年5月15日
新規加入でデータボーナス5GB(3日間)&抽選でCoke ON®︎ドリンクチケットプレゼント 新規加入時にキャンペーンコード入力でデータボーナス&抽選でCoke ON®︎ドリンクチケットプレゼント 2024年5月6日
29歳以下の方が対象のトッピング購入でCoke ON®︎ドリンクチケットプレゼント 29歳以下の方が対象のトッピング購入でCoke ON®︎チケットプレゼント 2024年5月6日
Google ストア限定 povo2.0キャンペーン! Google ストア でスマートフォン、イヤホン、スマートウォッチ、スマートホーム等の対象商品を購入のお客さまにpovo2.0新規契約時に使えるキャンペーンコードをプレゼント 終了日未定
povoおともだち紹介プログラム

povo2.0のご紹介コードを入力してご加入いただくと紹介する方、紹介された方それぞれに特典が付与

【紹介する方】
3GB×最大10名=最大30GB
【紹介された方】
「データ使い放題ボーナス24時間」1回進呈+データトッピングに応じてプロモコードをお届け

終了日未定
povo2.0 x auスマートパスプレミアム入会キャンペーン 本ページの「auスマートパスプレミアムへ入会する」ボタンからauスマートパスプレミアムに新規で入会で、povo2.0で利用できるデータ使い放題ボーナス(24時間)のプロモコードをプレゼント 終了日未定
タウンWiFi byGMOで#ギガ活!! タウンWiFi byGMOへの接続やゲーム・動画視聴等を通して得ることができるWiFiポイントとpovo 2.0のプロモコードが交換できる

終了日未定

他社からお乗り換えで au PAY 残高還元キャンペーン!

au PAY 残高に最大10,000円相当(不課税)を還元!

終了日未定

データ追加1GB(7日間)トッピング実質無料キャンペーン!

1月1日(月)0:00以降にpovo2.0へ新規加入(MNPも含む)かつ7日以内に「データ追加1GB(7日間)」トッピングを購入すると「au PAY ギフトカード(コードタイプ)390円相当」をプレゼント!

終了日未定

あと払い(ペイディ)で「データ追加3GB(30日間)」トッピングを購入すると全額キャッシュバック!

新規加入時に「データ追加3GB(30日間)」トッピングをあと払い(ペイディ)で購入すると、購入金額を全額キャッシュバック!

終了日未定

povoとLINEMOでは、お得なキャンペーンが実施されています。

povoではお友達を紹介された方に3GB、紹介された方にはデータ使い放題のプレゼントを送ってもらえるプログラムが実施されているのが特徴です。

さらに、加入後初めて購入した対象のデータトッピングに応じて「データ使い放題ボーナス(24時間)」のプロモコードが最大5回分もらえるのもうれしいボーナスでしょう。

また、LINEMOでは新規契約または他社からの乗り換えでPayPayポイント還元のキャンペーンを実施しています。

キャンペーンではありませんが、LINEMOはLINEギガフリーでトークや音声通話・ビデオ通話を利用してもデータ消費がないので、Wi-Fi環境がない環境でもストレスなく楽しめますよ。

キャンペーンの詳細は、LINEMO公式サイトでご確認ください。

\ 月額基本料0円! /

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

\ PayPayポイントがもらえる! /

povoがおすすめな人|LINEMOがおすすめな人

ここからは、上記の比較を参考にしながら、povoとLINEMOがおすすめな人を解説します。

どちらかで検討している人は、お得にスマホを利用するためにもぜひ参考にしてください。

povoがおすすめな人|au回線の安定した通信でスマホを楽しみたい人

povoは、au回線で安定した高速データを楽しみたい方におすすめです。

  • 基本料金を抑えたい方
  • 通話をほとんどしない方
  • コンテンツを楽しみたい方

povoがおすすめな人にピッタリなプランや内容を3つピックアップしました。それぞれどのような特徴があるか、チェックしましょう。

基本料金は無料!使用しない月は請求なし

povoでは、基本料金が無料なので使用しない月は請求がありません。

データ通信や通話をする場合、別途トッピングから追加できます。ライフスタイルに合わせてプランをトッピングできるので、無駄なく使用できるのが魅力です。

しかし、180日以上の利用がない場合、注意したい点があります。

  • 利用停止・契約解除になる可能性がある
  • 別途所定の手数料等が発生する可能性がある

長期間使用がない場合は、利用停止・契約解除にならないよう、180日以内のトッピング購入をおすすめします。

5分以内の国内通話がかけ放題で550円(税込)!

povoでは通話のトッピングを購入すると、5分以内の国内通話がかけ放題で利用できます。

ちょっとした伝言や美容室の予約など、5分以内で済む電話は無料でかけられるため安心です。また、5分超過すると、30秒ごとに22円(税込)の通話料がかかります。

なお、下記への発信は5分以内の通話でも、通話料金が発生します。

  • 0570などのナビダイヤル
  • 104などの番号案内
  • 行政1XYサービス(188)
  • 衛生船舶電話・衛星電話
  • クイックダイヤル

ナビダイヤル等に電話する場合は、サービスに応じた通話料金がかかるので注意してください。

DAZN・smash.が使い放題で220円(税込)〜

povoでは、DAZN・smash.が使い放題で楽しめるのが魅力です。

  • DAZN:7日間使い放題パック1,145円(税込)
  • smash.:24時間使い放題パック220円(税込)

DAZNは、野球やサッカーなどのスポーツをライブまたは動画で視聴できます。smash.は、ドラマ・バラエティ・K-POPなど様々なコンテンツを楽しめますよ。

\ 月額基本料0円! /

LINEMOがおすすめな人|SoftBank回線で安くスマホを利用したい人

LINEMOは、SoftBank回線で安く高速データを楽しみたい方におすすめです。

  • データ通信の利用が少なかったり多かったりする方
  • 5分以内の通話が多い方
  • LINEをたくさん使用する方

LINEMOがおすすめな人にピッタリなプランや内容を3つピックアップしました。それぞれどのような特徴があるか、チェックしましょう。

2つのプランから選択できる!

LINEMOは、ミニプランとスマホプランから選択できるのが魅力です。

ミニプランスマホプラン
3GB:990円(税込)20GB:2,728円(税込)

それぞれ使用するGB数に合わせてプランを選択できるため、ライフスタイルに合わせてお得に使用できます。

なお、5Gにも対応しており、別途申し込みや費用はかかりません。5Gの高速データ通信を楽しみたい方にもおすすめです。

1年間限定!5分以内の国内通話が無料

LINEMOでは、LINEMO契約時から1年間は5分以内の国内通話が無料となります。

通常月額550円(税込)の準通話が利用できるので、短時間の通話が多い方に良いでしょう。しかし、契約から1年経過すると、月額料金が発生するので、注意が必要です。

LINEギガフリーでトーク・通話が使い放題

LINEMOでは、LINEギガフリーなのでトークや通話が無料で使い放題です。

トークはもちろん、通話・ビデオ通話もギガを消費することなく使えるのが魅力です。また、各プランのデータ通信量を超過し、制限がかかっている場合も速度が落ちません。

LINEを多く使用する方は、LINEMOを検討してみてはいかがでしょうか。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

\ LINEギガフリーで快適! /

povo・LINEMOに乗り換える方法は?

povo・LINEMOに乗り換える場合、それぞれ方法があります。

povoからLINEMOに乗り換える方法

povoからLINEMOに乗り換える場合、2つの方法から手続きを行います。

自分に該当する方法を確認して、乗り換えを実施してください。

今使っている端末でLINEMOに乗り換える方法

  1. 今使っている端末がLINEMOに対応しているか確認する
  2. MNP番号を予約する(povo)
  3. LINEMO公式サイトから申し込みをする
  4. SIMカード到着後、LINEMO公式サイトから開通手続きする
  5. SIMカードを入れ替える
  6. スマホのANP設定をする

povoで使用している端末からLINEMOに乗り換える場合、事前に公式サイトの動作確認端末ページに掲載されているか確認してください。

なお、SIMカード到着後は公式サイトから開通手続きし、SIMカードを入れ替えるだけなのですぐに設定できますよ。

自分で用意した端末からLINEMOに乗り換える方法

  1. 購入予定または手元にある端末が対応しているかLINEMO公式サイトで確認する
  2. MNP番号を発行する(povo)
  3. LINEMO公式サイトから申し込む
  4. データをバックアップする
  5. スマホにSIMカードを挿入する
  6. スマホの初期設定及び復元
  7. スマホのANP設定をする
  8. LINEMOの開通手続きをする

購入予定または自分で用意した端末でLINEMOに乗り換える場合、必ず端末が対応しているか確認してください。

また、注意点として一部の海外端末の場合、データ通信が利用できない事例が確認されています。

なお、公式サイトによると、2022年6月からRakutenオリジナル端末の動作確認ができました。

  • Rakuten BIG
  • Rakuten BIG S
  • Rakuten Hand
  • Rakuten Hand 5G
  • Rakuten mini

なお、上記の端末はSIMロック解除の必要がないので、そのまま乗り換えが可能です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

\最新の iPhone・Androidで乗り換えできる! /

LINEMOからpovoに乗り換える方法

LINEMOからpovoに乗り換える場合、2つの方法から手続きを行います。

使っている端末でpovoに乗り換える方法

  1. 今使っている端末がpovoに対応しているか確認する
  2. MNP番号を予約する(LINEMO)
  3. povo公式サイトから申し込みをする
  4. SIMカード到着後、povo公式サイトから開通手続きする
  5. SIMカードを入れ替える
  6. スマホのANP設定をする

今使っている端末をpovoで使用する場合、LINEMOへの乗り換え方法と同じです。また、SIMロック解除が必要な端末を使用している際は、SIMロックを解除してください。

自分で用意した端末からpovoに乗り換える方法

  1. 購入予定または今使っている端末がpovoに対応しているか確認する
  2. MNP番号を予約する(LINEMO)
  3. povo公式サイトから申し込みをする
  4. SIMカード到着後、データをバックアップする
  5. povo公式サイトから開通手続きする
  6. SIMカードを入れ替える
  7. スマホのANP設定をする

こちらも、上記の乗り換え方法とほとんど変わりません。SIMカード到着後、データ消滅を防ぐためにバックアップしましょう。

バックアップが完了したら、5の開通手続きから進めればすぐに使用できます。

\ 月額基本料0円! /

povoとLINEMOでよくある質問

povoとLINEMOでよくある質問を6つピックアップしました。

スムーズに乗り換えるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

データ通信速度が128kbpsになったらLINE通話はどうなる?

データ通信速度が128kbpsになった場合、LINE通話は問題なく使用できます。LINEはギガフリーなので、トーク・通話・ビデオ通話のデータ通信がかかりません。

LINEアプリの通信速度が落ちないので、急用による電話やメッセージでも安心して活用できるでしょう。

auからpovoに乗り換えるときアプリは引き継げる?

auからpovoに乗り換える場合、使用しているアプリはそのまま引き継げられます。

現在使用しているau端末からpovoに乗り換える場合は、念のためにバックアップを取ると安心です。

しかし、au独自のサービスである「auメール」は使用できなくなるため、自動的に削除されます。

povoとLINEMOの共通点・違う点は?

povoとLINEMOでは、音声通話が従量課金です。そのため、オプションを追加すれば定額制で利用できるのがポイントです。

違う点として、povoは基本料金が無料であり、GB数の選択肢が多いので場合によってはLINEMOより安い料金で利用できます。

povoとLINEMOはどっちが良い?

povoとLINEMOを比較すると、下記に該当する方がおすすめですね。

  • LINEを多用する方:LINEギガフリーのLINEMO
  • 基本料金を抑えたい方・データ通信の利用に波がある方:基本料金無料のpovo

LINEMOはLINEを利用する場合、データ通信費がかからないので無料で楽しめます。

povoは基本料金が無料なので、ライフスタイルに合わせてトッピングでGB数や通話プランを追加すれば、お得に活用できるでしょう。

また、どちらもeSIMに対応しているためサブ回線としての利用もおすすめです。

povoの速度比較は?

povoLINEMO
  • 平均Ping値: 55.56ms
  • 平均ダウンロード速度: 98.28Mbps
  • 平均アップロード速度: 17.21Mbps
  • 平均Ping値: 41.53ms
  • 平均ダウンロード速度: 59.01Mbps
  • 平均アップロード速度: 14.22Mbps
引用:みんなのネット回線速度(2024/04/20現在)

povo・LINEMOで速度を比較すると、どちらも標準的なPing値を測定しています。

また、Ping値の数値が低いほど、快適なデータ通信を楽しめるので、オンラインゲームをプレイする場合はLINEMOが良いかもしれません。

なお、平均ダウンロード速度とアップロード速度はほとんど変わりません。どちらも安定した高速データで楽しめるので、快適にデータ通信を楽しめるでしょう。

povoとLINEMOは併用できる?

povoとLINEMOは、デュアルSIMに対応しているため併用が可能です。併用はできるものの、eSIMに対応している端末でなければ利用できません。

povoとLINEMOの併用を検討している方は、利用したい端末がeSIMに対応しているかチェックしてください。

まとめ

格安SIMであるpovoとLINEMOを比較しました。

どちらも安定した高速データ通信ができ、無料通話やオプションを楽しめるのが魅力です。

端末の取り扱いはないので、新しい端末で新規契約または乗り換える場合は、事前に用意してください。

また、他の格安SIMキャンペーンもお得なものを実施しているので、比較して自分にピッタリなキャンペーンを見つけてくださいね。

\ 月額基本料0円! /

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

\ LINEと連携したキャンペーンが豊富! /

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次