<PR>

携帯料金の平均はいくら?平均より安くする方法や1万円を超える原因も解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
携帯 料金 平均

携帯料金の月の平均はどのくらいなの?」

携帯料金が1万円を超えるのはなぜ

iPhoneを購入した場合の携帯料金の平均が気になる

スマホの利用料金が1万円を超えてしまい、予想より高くてびっくりした経験がある方がいらっしゃるのではないでしょうか。

総務省の調査によると、2021年の9月時点で通信会社・携帯会社に支払う総額の推計平均は5,824円、携帯料金やスマホ料金の推計平均は3,297円でした。

携帯料金の平均

利用している携帯会社によるものの、携帯料金やスマホ料金を平均まで安くするには、格安SIMに乗り換えるのがおすすめです。

本記事では、携帯料金の平均携帯料金が高くなる原因平均より安くする方法などを解説します。

携帯料金の平均が気になる方や携帯料金を抑えたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

スクロールできます
格安SIM料金プラン・特徴
ワイモバイル
ワイモバイル
シンプル2

S:2,365円

M:4,015円

L:5,115円

余ったデータは翌月繰り越し

ソフトバンク回線で5G/4Gに対応
楽天モバイル
楽天モバイル
Rakuten最強プラン

3GBまで:1,078円

20GBまで:2,178円

無制限:3,278円

Rakuten Linkで国内通話が無料

楽天モバイル回線でデータ使い放題

LINEMO
ミニプラン3GB:990円

スマホプラン20GB:2,728円

LINEギガフリーで使い放題

ソフトバンク回線で5G対応
ahamo
ahamo(アハモ)
ahamo:2,970円

大盛り:4,950円

5分以内の国内通話が無料

ドコモ回線

mineo
マイピタ デュアル

1GB:1,298円

5GB:1,518円

10GB:1,958円

20GB:2,178円

ドコモ・au・ソフトバンク回線から選択可能

サポート窓口が充実・全国200店舗以上
povo
povo
基本料金:0円

データ使い放題(24時間):330円/回

データ追加1GB(7日間):390円/回

データ追加3GB(30日間):990円/回

データ追加20GB(30日間):2,700円/回

データ追加60GB(90日間):6,490円/回

データ追加150GB(180日間):12,980円/回
データ量はトッピングから購入

使いわない月は請求なし

au回線で全国広範囲に対応
UQモバイル
UQモバイル
ミニミニプラン:2,365円

トクトクプラン:3,465円

コミコミプラン:3,278円

余ったデータは翌月繰り越し

全国2,700店舗以上でサポート

au回線で安定した通信環境

irumo(イルモ)
0.5GB:550円

3GB:2,167円

6GB:2,827円

9GB:3,377円

オンライン手続きで事務手数料無料
ドコモ回線でサクサク繋がる
※税込表記です。 5月10日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください
ahamoに注目!
ahamo2

格安SIMを検討するなら、ドコモの料金プラン「ahamo」がおすすめ!

ahamoはシンプルで分かりやすいワンプランが魅力で、無料サービスも豊富です。

料金プラン無料サービス
20GB:2,970円
100GB:4,950円
国内通話5分無料
海外データ通信20GBまで無料
※税込表記です。

通常は20GBですが、足りない場合は大盛りオプションで100GBが利用できます。

料金プランで悩みたくない、5分以内の国内通話を無料にしたい方は、ぜひahamoをチェックしてみてください。

\ 20GB+国内通話5分無料で2,970円(税込)!/

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルで三木谷キャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら14,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

  • 楽天公式サイト:6,000ポイント
  • 三木谷キャンペーン:14,000ポイント

三木谷キャンペーン(別名:楽天モバイル従業員紹介キャンペーン)は、過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目も対象です。

さらに一部キャンペーンとの併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできますので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ 三木谷キャンペーンで14,000ポイント /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

キャンペーン期間は終了日未定と延長されましたが、6月以降変更点あり。

目次

携帯料金やスマホ料金の平均はいくら?

携帯料金 スマホ料金 平均

携帯料金やスマホ料金の平均はいくらか気になるでしょう。

ここからは、通信会社・携帯会社に支払う総額の平均と携帯料金やスマホ料金の平均についてご紹介します。

  • 通信会社・携帯会社に支払う総額の平均は5,824円
  • 携帯料金やスマホ料金の平均は3,297円
  • 【ドコモ・au・ソフトバンク】実際の携帯料金やスマホ料金の平均は3,707円〜7,236円

ぜひ、ご覧ください。

通信会社・携帯会社に支払う総額の平均は5,824円

総務省の調査によると、通信会社・携帯会社に支払う総額の推計平均は5,824円でした。

総務省 携帯料金 総額
出典:総務省
年月推計平均
2019年9月6,920円
2020年3月5,979円
2020年9月6,010円
2021年3月5,824円
引用::総務省

2019年9月から2021年3月の総額を比較すると、約1,000円下がっています。

また、2019年9月は10,001円以上の割合が1番多く、携帯会社や通信会社に支払う総額が高かったのが分かります。

しかし、2020年3月から徐々に総額が下がっており、2021年3月には2,001円〜3,000円の割合が1番多い結果になりました。

総額が下がった理由として、格安SIMや新料金プランの登場が考えられるでしょう。

携帯料金やスマホ料金の平均は3,297円

総務省の調査によると、携帯料金やスマホ料金の推計平均は3,297円でした。

総務省 携帯料金 総額
出典:総務省
年月推計平均
2019年9月4,287円
2020年3月3,772円
2020年9月3,451円
2021年3月3,297円
引用:総務省

2019年9月から2021年3月から通信料金を比較すると、2019年9月から徐々に下がっています。

また、以前は1円〜1,000円と1,001円〜2,000円が多かったものの、2021年3月には1円〜1,000円が増加しており、携帯料金やスマホ料金が安くなったのが分かります。

こちらも格安SIMや新料金プランの登場で安く利用できるようになったと考えて良いでしょう。

【ドコモ・au・ソフトバンク】実際の携帯料金やスマホ料金の平均は3,707円〜7,236円

3大キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクの実際のスマホ料金の平均は、3,707円〜7,236円でした。

プラン3大キャリアの平均内訳
低容量プラン3,707円ドコモ/eximo〜1GB:4,565円

au/スマホミニプラン5G/4G〜2GB:3,278円

ソフトバンク/ミニフィットプラン+〜1GB:3,278円
無制限プラン7,236円ドコモ/無制限:7,315円
au/使い放題MAX5G/4G:7,238円

ソフトバンク/メリハリ無制限+:7,425円
※税込表記です。
※低容量プランはデータ量が1番少ないプランで計算

各キャリアの料金プランでは、低容量とデータ無制限の2種類があります。

低容量プランの平均は3,707円と総務省の調査とほぼ変わらないものの、無制限プランは7,236円とやや高く感じるでしょう。

また、各キャリアのケータイプランの料金の平均は、以下の通りです。

プラン3大キャリアの平均内訳
ケータイプラン(音声通話)1,283円ドコモ/ケータイプラン(100MB):1,507円

au/ケータイプラン:1,265円

ソフトバンク/ケータイ通話プラン:1,078円
※税込表記です。
※ソフトバンクのケータイ通話プランは2023年10月11日をもって3G機種またはVoLTEに対応していない4G機種での新規受付を終了しました。

ケータイプランは音声通話のみが多いため、基本料金が安いのがメリットです。

総務省の調査で年月関係なく、1円〜1,000円と1,001円〜2,000円が多かったのは、ケータイプランが含まれていると考えると納得できますね。

なお、データ使い放題が気になる方は、データ通信が無制限の格安SIMを参考にしてください。

【1万円超える?】携帯料金やスマホ料金が高くなる原因

携帯料金やスマホ料金が高くなる原因として、以下の理由が考えられます。

  • iPhoneなどの端末の分割代金が含まれている
  • 使用していないオプションを継続している
  • データ通信量・通話料を使いすぎている

以下の理由が当てはまっていないか確認しましょう。

iPhoneなどの端末の分割代金が含まれている

携帯料金やスマホ料金が高くなる原因として、iPhoneなどの端末の分割代金が含まれているのが挙げられます。

2024年5月現在、ドコモ・auソフトバンクで販売中のiPhone 15シリーズを分割で購入した場合、約2,000円〜7,000円の代金が加算されます。

iPhoneシリーズドコモ
※いつでもカエドキプログラム+適用後
au
au Online Shop お得割+スマホトクするプログラム適用後
ソフトバンク
※オンラインショップ割+新トクするサポート適用後
iPhone 15 Pro Max
(256GB〜1TB)
5,193円〜6,700円4,154円〜4,159円4,374円〜6,460円
iPhone 15 Pro
(128GB〜1TB)
4,218円〜6,375円3,389円〜5,594円4,005円〜6,265円
iPhone 15
(128GB〜512GB)
3,285円〜4,639円1,448円〜2,803円2,194円〜3,549円
iPhone 15 Plus
(128GB〜512GB)
3,720円〜5,045円2,784円〜4,159円2,584円〜4,875円
※税込表記です。
5月10日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

スペックや購入するキャリアによるものの、iPhoneで約2,000円〜7,000円加算されると、スマホ代が一気に高くなります。

携帯料金やスマホ料金を安くしたいなら、格安SIMのキャンペーン格安SIMの端末セットキャンペーンで安くなる端末や型落ちの端末を探すのも一つの手です。

なお、iPhoneのお得な情報をゲットしたい方は、乗り換えにおすすめのiPhoneキャンペーンiPhoneを安く買う方法を参考にしてください。

使用していないオプションを継続している

携帯料金やスマホ料金が高くなる原因として、使用していないオプションを継続している可能性があります。

各キャリアでは、さまざまなオプションサービスがあり、使用せずにそのままにしていると毎月月額料金だけが引かれてしまいます。

オプション(例)
  • かけ放題
  • クラウド容量
  • 補償サービス
  • 動画・音楽コンテンツ
  • セキュリティ対策など

万が一、そのままにしているオプションがある場合は、マイページの請求金額の詳細をチェックしましょう。

データ通信量・通話料を使いすぎている

携帯料金やスマホ料金が高くなる原因として、データ通信量・通話料を使いすぎている可能性があります。

携帯やスマホで加入しているプランにより、使い放題になっていないと使用した分だけ料金が発生します。

インターネットはWi-Fi環境がなく、モバイルデータ通信で利用するなら使い放題プランに変更すると良いでしょう。

また、音声通話でかけ放題オプションに加入していない場合は、かけ放題オプション加入やLINEなど無料通話アプリを活用すると良いでしょう。

なお、かけ放題が気になる方は、かけ放題が使える最安の格安SIMランキングを参考にしてください。

携帯料金やスマホ料金を平均より安く・節約するポイント

携帯料金 スマホ料金 平均より安く

携帯料金やスマホ料金を平均より安く・節約するポイントは、6つあります。

  • 料金シミュレーションで見直す
  • 大手キャリアの新プランに変更する
  • 格安SIMに乗り換える
  • 割引サービスを活用する
  • 端末はキャンペーンで安く購入する
  • 光回線契約でデータ容量のプランを最小限にする

携帯料金やスマホ料金を安くするためにも、チェックしましょう!

料金シミュレーションで見直す

携帯料金やスマホ料金を平均より安く・節約するには、料金シミュレーションで見直すのが良いでしょう。

料金シミュレーションは、データ使用量や通話時間などに合わせて最適なプランを提案してくれるサービスです。

ドコモauソフトバンクの公式サイトで無料でチェックできるので、一度料金シミュレーションでプランを見直すのがベストです。

大手キャリアの新料金プランに変更する

携帯料金やスマホ料金を平均より安く・節約するには、大手キャリアの新料金プランに変更するのも一つの手です。

ドコモ・au・ソフトバンクでは、低価格のプランを提供しており、スマホをよりお得に利用できます。

大手キャリアの新料金プラン

また、総務省が新料金プランへの移行を調査したところ、2021年5月末は約1,600万件の契約数が年々増加し、2023年1月末には約5,000万件と圧倒的に多くなっています。

大手キャリアでスマホ料金を安くしたいなら、低価格のプランに変更すると良いでしょう。

格安SIMに乗り換える

携帯料金やスマホ料金を平均より安く・節約するには、格安SIMに乗り換えると良いでしょう。

格安SIMでは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアより料金プランが安くなっています。

そのため、データ使用量や予算に合わせてプランを選択できるのはもちろん、他社からの乗り換えでお得なキャンペーンを利用できるので、特典を受け取りつつスマホ料金を節約できます。

格安SIMの詳細については、後ほどご紹介しますので、ぜひご覧ください。

割引サービスを活用する

携帯料金やスマホ料金を平均より安く・節約するには、割引サービスを活用しましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクでは、家族割と指定のクレジットカードでお支払いすると割引になります。

キャリア対象の光回線・割引額
ドコモみんなドコモ割:最大-1,100円
dカードお支払割:-187円
au家族割プラス:最大-1,100円
au PAY カードお支払い割:-187円
ソフトバンク新みんな家族割:-1,210円
PayPayカード割:-187円
※税込表記です。

ドコモ・auは毎月1,287円(税込)の割引、ソフトバンクは1,397円(税込)の割引になるので、非常にお得ですよ。

端末はキャンペーンで安く購入する

携帯料金やスマホ料金を平均より安く・節約したい時に端末を購入する場合は、キャンペーン活用しましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクのオンラインショップでは、最新のiPhoneシリーズやAndroidなどが安く購入できるキャンペーンを実施しています。

オンラインショップは24時間手続きが可能であり、事務手数料・送料無料で購入できるので、利便性も抜群です。

少しでもお得に端末を購入するためにも、ドコモのキャンペーンauのキャンペーンソフトバンクのキャンペーンンなどをチェックしてくださいね。

光回線契約でデータ容量のプランを最小限にする

携帯料金やスマホ料金を平均より安く・節約したい時は、光回線を契約して料金プランを見直すと良いでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクでは、光回線サービスを提供しており、スマホとセットで利用すると以下の割引が適用されます。

キャリア対象の光回線・割引額
ドコモドコモ光セット割/home 5G セット割:最大-1,100円
auauスマートバリュー:最大-1,100円
ソフトバンクおうち割 光セット:最大-1,100円
※税込表記です。

料金プランのデータ容量を最小限にし、光回線を契約すればデータ量を気にせずインターネットを利用できるので、お財布に優しいでしょう。

無制限プランや光回線を利用していない方は、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

携帯料金やスマホ料金を平均より安くする手順

携帯料金 スマホ料金 安くする手順

携帯料金やスマホ料金を平均より安くする手順をご紹介します。

  • 料金シミュレーションでスマホ料金を見直す
  • 料金プラン・格安SIMのプランをチェックする
  • オンラインショップまたは店舗で乗り換え手続きをする

携帯料金やスマホ料金を少しでも安くするためにも、ぜひ目を通してください。

料金シミュレーションでスマホ料金を見直す

携帯料金やスマホ料金を平均より安くする手順として、料金シミュレーションでスマホ料金を見直しましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクでは、料金シミュレーションができるので、一度現在の料金プランが合っているか確認するのをおすすめします。

なお、料金シミュレーションでは、「スマホ料金」または「スマホ料金+スマホ」の2パターンから選択できるので、新しい端末の購入を検討している方でも最適なプランを見つけられるでしょう。

料金シミュレーションは無料で何回でも利用できるので、ぜひチェックしてみてください。

料金プラン・格安SIMのプランをチェックする

携帯料金やスマホ料金を平均より安くする手順として、料金プラン・格安SIMのプランをチェックしましょう。

料金シミュレーションでおすすめされた料金プランと格安SIMのプランを比較して、どちらがお得になるか確認してください。

格安SIMの方がお得になる場合もあるので、希望するデータ量や通話オプション、割引サービス比較して、自分に合うプランを選択すると良いでしょう。

格安SIMの料金プランなどは後ほどご紹介しますので、ぜひご覧ください。

オンラインショップまたは店舗で乗り換え手続きをする

手続きするキャリアまたは格安SIMが決まったら、オンラインショップまたは店舗で乗り換え手続きをしましょう。

オンラインショップは24時間手続きができ、事務手数料・送料が無料なので、好きなタイミングで申し込みができます。

しかし、スタッフによる案内や相談しながら手続きしたい場合は、店舗での手続きがベストでしょう。

注意点として、ドコモ・au・ソフトバンクと一部の格安SIMを店舗で手続きする場合は事務手数料3,850円(税込)と各設定を希望すると別途手数料がかかります。

手続き完了までに1〜2時間かかる可能性が高いので、来店予約済ませてから来店するのをおすすめします。

携帯料金やスマホ料金を平均より安くするのにおすすめの格安SIM

携帯料金やスマホ料金を平均より安くするのにおすすめの格安SIMを7選ご紹介します。

格安SIM料金プラン・特徴
ワイモバイル
ワイモバイル
シンプル2

S:2,365円

M:4,015円

L:5,115円

余ったデータは翌月繰り越し

ソフトバンク回線で5G/4Gに対応
楽天モバイル
楽天モバイル
Rakuten最強プラン

3GBまで:1,078円

20GBまで:2,178円

無制限:3,278円

Rakuten Linkで国内通話が無料

楽天モバイル回線でデータ使い放題

LINEMO
ミニプラン3GB:990円

スマホプラン20GB:2,728円

LINEギガフリーで使い放題

ソフトバンク回線で5G対応
ahamo
ahamo(アハモ)
ahamo:2,970円

大盛り:4,950円

5分以内の国内通話が無料

ドコモ回線

mineo
マイピタ デュアル

1GB:1,298円

5GB:1,518円

10GB:1,958円

20GB:2,178円

ドコモ・au・ソフトバンク回線から選択可能

サポート窓口が充実・全国200店舗以上
povo
povo
基本料金:0円

データ使い放題(24時間):330円/回

データ追加1GB(7日間):390円/回

データ追加3GB(30日間):990円/回

データ追加20GB(30日間):2,700円/回

データ追加60GB(90日間):6,490円/回

データ追加150GB(180日間):12,980円/回
データ量はトッピングから購入

使いわない月は請求なし

au回線で全国広範囲に対応
UQモバイル
UQモバイル
ミニミニプラン:2,365円

トクトクプラン:3,465円

コミコミプラン:3,278円

余ったデータは翌月繰り越し

全国2,700店舗以上でサポート

au回線で安定した通信環境

irumo(イルモ)
0.5GB:550円

3GB:2,167円

6GB:2,827円

9GB:3,377円

オンライン手続きで事務手数料無料
ドコモ回線でサクサク繋がる
※税込表記です。5月10日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください
  • ワイモバイル|おうち光セット割で4GB1,078円(税込)
  • 楽天モバイル|高速データ通信無制限+国内通話無料で3,278円(税込)
  • LINEMO|LINEギガフリーで使い放題
  • ahamo(アハモ)|20GB+国内通話5分以内無料で2,970円(税込)
  • povo|基本料金0円!使いたい時にトッピングで購入
  • UQモバイル|自宅セット割で4GB1,078円(税込)
  • irumo(イルモ)|ドコモの新プランで0.5GBが550円(税込)

早速、格安SIMの特徴をチェックしましょう。

なお、本記事では紹介していない格安SIMが気になる方は、格安SIMの携帯会社ランキングを参考にしてください。

ワイモバイル|おうち光セット割で4GB1,078円(税込)

ワイモバイル出典:ワイモバイル

料金プラン(税込)

2023/10/3〜ギガマシマシ!新プラン登場

    • シンプル2 S(4GB):2,365円
    • シンプル2 M(20GB):4,015円
    • シンプル2 L(30GB): 5,115円
国内通話料金(税込) 22円/30秒
オプション(税込)
  • データ増量オプション:550円/月
  • だれとでも定額+(10分以内の国内通話が無料):780円/月
  • スーパーだれとでも定額+(通話時間・回数制限なしでかけ放題):1,880円/月
  • 故障あんしんパックプラス:759円/月
  • 持込端末保証:715〜1,580円/月
割引サービス
  • 家族割引サービス
  • おうち割 光セット(A)
  • おうち割 でんきセット(A)
店舗情報 全国約4,000箇所(ソフトバンクとの併設店舗込み)
通信回線 ソフトバンク
通信速度
  • 平均ダウンロード速度: 90.35Mbps
  • 平均アップロード速度: 17.12Mbps
参考:みんなのネット回線速度 ※2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
支払い方法
  • 銀行振替
  • クレジットカード
  • PayPay残高
eSIM対応 対応あり
公式サイト http://ymobile.jp

ワイモバイルは、おうち光セット割で4GBで1,078円(税込)とお得な料金が魅力です。

料金プラン割引後の月額料金内訳
シンプル2 Sプラン(4GB)1,078円基本料金:2,365円

おうち光セット割:-1,100円

PayPayカード割:-187円
シンプル2 Mプラン(20GB)2,178円
※総データ利用量が1GB以下の場合1,078円
基本料金:4,015円

おうち光セット割:-1,650円

PayPayカード割:-187円
※月1GB以下の利用で-1,100円
シンプル2 Lプラン(30GB)3,278円
※総データ利用量が1GB以下の場合1,078円
基本料金:5,115円

おうち光セット割:-1,650円

PayPayカード割:-187円
※月1GB以下の利用で-2,200円
※税込表記です。

ワイモバイルは3種類のプランから選択でき、おうち光セット割とPayPayカード割引で最大1,837円(税込)の割引が適用されます。

シンプル2 MプランとLプランは月の総データ利用量が1GB以下の場合、自動的に割引になり、シンプル2 Sプランと同じ1,078円(税込)で利用できます。

また、余ったデータ量は自動的に翌月に繰り越しされるので、失効する心配がありません。

毎月のデータ使用量に変動がある方やこれから光回線を検討している方は、ワイモバイルでスマホ代を安く利用できるでしょう。

ワイモバイルオンラインストアは本店とヤフー店があり、それぞれ端末をお得に購入できるワイモバイルのキャンペーンを実施中です。

ワイモバイルへの乗り換えと同時に端末の購入を検討している方は、ぜひワイモバイルオンラインショップ本店またはヤフー店をチェックしてくださいね。

\ ソフトバンク回線の格安SIM! /

楽天モバイル|高速データ通信無制限+国内通話無料で3,278円(税込)

楽天モバイルロゴ画像

出典:楽天モバイル

料金プラン(税込) Rakuten 最強プラン
  • 3GBまで:1,078円
  • 20GBまで:2,178円
  • 上限なし:3,278円
国内通話料金(税込)
  • 22円/30秒
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料
オプション(税込)
  • 留守番電話:無料
  • 割込通話/通話保留:無料
  • 国際SMS:無料
  • 通話転送:無料
  • SMS:無料
  • テザリング:無料
  • 15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
  • 国際通話かけ放題:980円/月
店舗情報 楽天モバイルショップ:全国に1,000店以上
通信回線
  • 楽天回線
  • au回線(パートナー回線利用時)
通信速度
  • 平均ダウンロード速度: 131.88Mbps
  • 平均アップロード速度: 32.85Mbps
引用:みんなのネット回線速度 ※2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
支払い方法
  • クレジットカード
  • デビットカード口座振替
  • 代金引換
  • 楽天ポイント利用
eSIM対応 対応あり
公式サイト https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルは高速データ通信無制限+国内通話無料で3,278円(税込)と非常にお得なプランが魅力です。

楽天モバイルは3GB・20GB・無制限と3つのステップに分かれており、データ量を使用した分だけ料金が上がるステップ型の料金プランです。

月のデータ使用量に変動がある方や、自宅や職場にWi-Fi環境がなくインターネットを無制限で利用したい方にピッタリでしょう。

また、海外指定71の国と地域で高速データ通信が2GBまで無料なので、急な海外出張や旅行でもインターネットで検索できますね。

国内通話が無料で利用できる「Rakuten Link」は、iPhoneまたはAndroid専用アプリから発信するだけで時間を気にせず通話を楽しめるので、頻繁に通話を利用する方や長電話が多い方に最適です。

楽天モバイルはWebまたはショップでも事務手数料が無料なので、気軽に申し込みができますね。

さまざまな楽天モバイルのキャンペーンを開催しているので、適用してお得に乗り換えましょう。

なお、乗り換えてから後悔しないためにも、楽天モバイルのデメリットを確認しておくことをおすすめします。

\ 高額キャッシュバックの格安SIM! /

LINEMO|LINEギガフリーで使い放題

出典:LINEMO

料金プラン(税込)
  • ミニプラン:3GB 990円
  • スマホプラン:20GB 2,728円
    国内通話料金(税込) 22円/30秒
    オプション(税込)
    • 通話準定額:550円/月
    • 通話定額:1,650円/月
    • 持込端末保証 with AppleCare Services:950円~/月(受付停止
    • 持込端末保証:715円/月
    • 留守電パック:220円/月
    • フィルタリング:無料
    店舗情報 なし
    通信回線 ソフトバンク
    通信速度
    • 平均ダウンロード速度: 63.31Mbps
    • 平均アップロード速度: 14.64Mbps
    引用:みんなのネット回線速度 ※2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
    支払い方法
    • クレジットカード
    • 口座振替
    • PayPay残高
    eSIM対応 対応あり
    公式サイト https://www.linemo.jp/

    LINEMOは、LINEのサービスがデータ消費せず使い放題で利用できるのが魅力です。

    LINEギガフリー対応の機能

    各タブのトップ表示・トーク(設定・アルバム・ノートなどの表示・編集画面シェア含む)・音声通話とビデオ通話・LINE VOOMの投稿とシェアと表示・ディスカバー(写真・動画)の表示・LINE Pay・LINE家計簿など

    LINEでよく使うサービスはLINEギガフリーで使い放題なので、データ消費せず思う存分利用できるでしょう。

    また、スマホプランは月額480円(税込)のLINEスタンプ プレミアムが無料であり、スタンプと絵文字が使い放題なので、LINEヘビーユーザーには嬉しいですね。

    LINEMOはソフトバンク回線であり、5G/4Gに対応しているため、全国広範囲で安定したインターネット環境が整っています。

    ソフトバンク回線でスマホ代を安くしたいなら、LINEMOがおすすめです!

    LINEMOが気になる方は、LINEMOのデメリットやメリット・LINEMOのキャンペーンなどチェックして申し込んでみてはいかがでしょうか。

    \ LINEがギガフリーの格安SIM! /

    ahamo|20GB+国内通話5分以内無料で2,970円(税込)


    出典:ahamo

    料金プラン(税込)
    • 20GB:2,970円
    • 100GB:4,950円
    国内通話料金(税込) 22円/30秒(5分以内の通話は無料)
    オプション(税込)
    • ahamoポイ活オプション:2,200円/月
      ※4月1日提供開始
    • 海外データ通信20GBまで無料
    • かけ放題オプション:1,100円/月
    • ケータイ補償サービス:550~1,100円/月
    • smartあんしん補償:330~1,100円/月
    店舗情報 なし
    通信回線 ドコモ
    通信速度
    • 平均ダウンロード速度: 64.87Mbps
    • 平均アップロード速度: 10.19Mbps

    参考:みんなのネット回線速度

    2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

    支払い方法
    • クレジットカード
    • 口座振替
    eSIM対応 対応あり
    公式サイト https://ahamo.com/

    ahamoは、ワンプランのみで20GBと国内通話5分以内が無料で2,970円(税込)とシンプルなのが特徴です。

    20GBあれば、Wi-Fi環境がなくても動画視聴や音楽ストリーミング、InstagramやTikTokなどのSNSも問題なく楽しめるものの、データ量が足りなくなった場合は、ahamo大盛りで100GBの利用できます。

    100GBでは、よりさまざまなコンテンツを利用できるので、毎日大量のデータ通信に接続しても問題ないでしょう。

    コンテンツ月に利用できる時間目安
    オンライン会議/学習約170時間
    1日あたり8.5時間/月20日勤務の場合
    動画サービス
    ※dアニメストアで動画を視聴した場合
    約85時間
    最高画質:約48時間
    高画質:約85時間
    中画質:152時間
    音楽サービス
    ※dヒッツで音楽を聴いた場合
    約2万曲ダウンロード
    通常音質(128kbps):約2万曲ダウンロード
    高音質(320kbps):約1万曲ダウンロード

    また、ahamoのお支払いをdカードに設定すると、ボーナス特典で最大5GBが追加でもらえます。

    dカードのボーナスパケット
    • dカード:+1GB/月
    • dカードGOLD:+5GB/月

    ahamoを利用するなら、ボーナスパケットがもらえるdカードでのお支払いがおすすめです。

    ahamoはドコモ回線で利用できるので、街中や建物の中、郊外や山間部など電波が不安定になりやすいエリアでもストレスを感じにくいのがメリットです。

    ドコモオンラインショップになるものの、最新のiPhone 15を購入できるので、ahamoへの乗り換えと同時に端末購入を検討している方には嬉しいでしょう。

    なお、ahamoへ乗り換え予定の方は、ahamoの乗り換えキャンペーンをチェックしておきましょう。

    \ ワンプランで分かりやすい料金プラン!/

    povo|基本料金0円!使いたい時にトッピングで購入

    出典:povo

    料金プラン(税込)

    基本料金0円

    データ使い放題(24時間):330円/回
    データ追加1GB(7日間):390円/回
    データ追加3GB(30日間):990円/回
    データ追加20GB(30日間):2,700円/回
    データ追加60GB(90日間):6,490円/回
    データ追加150GB(180日間):12,980円/回

    国内通話料金(税込) 22円/30秒
    オプション(税込)
    • 5分以内通話かけ放題:550円/月
    • 通話かけ放題:1,650円/月
    • 留守番電話サービス:330円/月
    • DAZN使い放題パック(7日間):1,145円/回
    • smash.使い放題パック(24時間):220円/回(新規受付終了)
    • スマホ故障サポート:830円/月(新規受付終了)
    店舗情報 なし
    通信回線 au回線
    通信速度

    平均ダウンロード速度: 95.47Mbps

    平均アップロード速度: 17.57Mbps

    出典:みんなのネット回線速度(2024/05/18時点の情報)

    支払い方法 クレジットカード
    eSIM対応 対応あり
    公式サイト https://povo.jp/

    povoは、auのオンライン専用プランで基本料金0円なのが魅力です。

    基本料金0円で使いたい時にアプリ内のトッピングから購入するシステムなので、Wi-Fi環境での利用がメインの方やサブスマホ用に利用したい方にピッタリです。

    また、データトッピングは通常6つあるものの、povoのキャンペーンでデータ量のバリエーションが増えてお得に購入できるので、チェックしてからトッピングを購入するのをおすすめします。

    povoは海外ローミングに対応しており、番号そのままで通常通りアプリからデータ量のトッピングを購入できます。

    海外ローミング
    • 通話・SMS:海外200以上の国と地域で利用可能
    • データ通信:海外160以上の国と地域で利用可能※アメリカ・台湾・中国は5G国際ローミング対応

    急な海外出張や旅行でもWi-Fiを借りる手間を省けるので、通常通りスマホを利用できるのはメリットでしょう。

    \基本料金0円でサブスマホにも!/

    UQモバイル|自宅セット割で4GB1,078円(税込)

    出典:UQモバイル

    料金プラン(税込)
    • ミニミニプラン(4GB):2,365円
      *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:1,078円

    • トクトクプラン(15GB):3,465円
      *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:2,178円
      *1GB以下利用月は-1,188円割引

    • コミコミプラン(20GB):3,278円
      *10分以内の国内通話無料
        国内通話料金(税込) 22円/30秒
        店舗情報
        • au Style
        • auショップ
        • UQスポット 
        • UQ mobile取扱店(日本全国2,700店舗以上展開中)
        通信回線 au
        通信速度
        • 平均ダウンロード速度: 107.02Mbps
        • 平均アップロード速度: 17.61Mbps
        参考:みんなのネット回線速度 ※2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
        支払い方法
        • クレジットカード
        • 口座振替
        • 自動振込(ゆうちょ)
        eSIM対応 対応あり
        公式サイト https://shop.uqmobile.jp/shop/

        5月15日時点の情報 ※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

        UQモバイルは、自宅セット割で4GB1,078円(税込)と低価格で利用できます。

        料金プランはミニミニプラン/4GB・トクトクプラン/15GB・コミコミプラン/20GBの3種類があり、毎月のデータ使用量に合わせて選択が可能です。

        ミニミニプランとトクトクプランは、自宅セット割で毎月1,100円(税込)の割引、毎月のお支払いをau PAYカードに設定すると、毎月187円(税込)の割引で合計1,287円(税込)割引の適用で非常にお得です。

        既に自宅に光回線を契約している場合は、家族セット割で毎月550円(税込)の割引が適用できるため、ご家族でUQモバイルに乗り換えるのもアリでしょう。

        料金プラン自宅セット割家族セット割
        ミニミニプラン1,078円
        基本料金:2,365円

        自宅セット割:-1,100円

        au PAYカードお支払い割:-187円
        1,628円
        基本料金:2,365円

        自宅セット割:-1,100円

        au PAYカードお支払い割:-187円
        トクトクプラン〜1GB:990円
        15GBまで:2,178円

        基本料金:3,465円

        自宅セット割:-1,100円

        〜1GBデータ利用時:-1,188円

        au PAYカードお支払い割:-187円
        〜1GB:1,540円
        15GBまで:2,728円

        基本料金:3,465円

        家族セット割:-550円

        〜1GBデータ利用時:-1,188円

        au PAYカードお支払い割:-187円
        ※税込表記です。5月10日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

        また、トクトクプランとコミコミプランはデータ量を使い切った場合の速度制限は、最大1Mbpsなので、インターネット検索やSNS視聴、低画質の動画は問題なく楽しめるでしょう。

        UQモバイルはau回線で利用でき、4Gの800MHzエリアが広く人口カバー率は99.9%を突破しているため、場所を問わず安定した電波環境が整っています。

        UQモバイルは全国のUQスポット、auショップ/au Styleで手続きや相談ができるので、何かあった時にスタッフに相談できるのは心強いですね。

        お得に乗り換えたい方は、UQモバイルの乗り換えキャンペーンをチェックしてくださいね。

        \セット割引でお得な格安SIM! /

        irumo(イルモ)|ドコモの新プランで0.5GBが550円(税込)

        irumo出典:irumo公式

        料金プラン(税込)
        • 0.5GB:550円
        • 3GB:2,167円
        • 6GB:2,827円
        • 9GB:3,377円
        国内通話料金(税込) 22円/30秒
        オプション(税込)
        • 5分通話無料オプション:880円/月
        • かけ放題オプション:1,980円/月
        • ドコモメールオプション:330円/月
        • ケータイ補償サービス:550~1,100円/月
        • smartあんしん補償:330~1,100円/月
          など
        店舗情報 全国のドコモショップ
        通信回線 ドコモ
        通信速度
        • 0.5GB:3Mbps
        • 3GB/6GB/9GB:eximo/ahamoと同等

        <<データ容量超過後速度>>

        • 0.5GB:128kbps
        • 3GB/6GB/9GB:3Mbps
        支払い方法
        • クレジットカード
        • 口座振替
        eSIM対応 対応あり
        公式サイト https://irumo.docomo.ne.jp/

        irumo(イルモ)はドコモの新料金プランであり、0.5GBが550円(税込)とコスパの良さが魅力です。

        データ量は0.5GB・3GB・6GB・9GBの4種類あり、0.5GB以外はドコモの料金プランのeximo(エクシモ)と同じ通信速度で利用できます。

        0.5GBのみ3Mbpsであるものの、ほぼモバイルデータ通信を利用する機会はないと思うので、問題ないでしょう。

        irumo(イルモ)は通常のままだとやや高く感じるものの、ドコモ光またはhome 5G、dカードを利用すると割引適用でお得になります。

        データ量割引後の月額料金内訳
        3GB880円基本料金:2,167円

        ドコモ光セット割/home 5G セット割:-1,100円
        dカードお支払割:-187円
        6GB1,540円基本料金:2,827円

        ドコモ光セット割/home 5G セット割:-1,100円

        dカードお支払割:-187円
        9GB2,090円基本料金:3,377円

        ドコモ光セット割/home 5G セット割:-1,100円

        dカードお支払割:-187円
        ※税込表記です。

        irumo(イルモ)はオンラインでの手続きがおすすめですが、スタッフによるサポートを希望する時はドコモショップ/d gardenでの手続きも可能です。

        しかし、ドコモショップ/d gardenで手続きを希望する場合は、事務手数料として3,850円(税込)とiCloudなどの設定は別途手数料がかかるので、事務手数料無料のオンラインがおすすめです

        なお、irumoを申し込み予定の方は、irumoのキャンペーンを確認しておきましょう。

        \ ドコモ回線でサクサク繋がる! /

        携帯料金やスマホ料金が平均より安くなった方の口コミ

        携帯料金 スマホ料金 安くなった 口コミ

        携帯料金やスマホ料金が平均より安くなった方の口コミをいくつかご紹介します。

        • 口コミ1:プランを見直したら半額になった
        • 口コミ2:ahamoにしてからスマホが安くなった
        • 口コミ3:本体の分割料金を含んでも安い
        • 口コミ4:Wi-Fi利用でスマホ代が安くなった

        実際の利用者の口コミをチェックしていきましょう!

        口コミ1:プランを見直したら半額になった

        めんどくさがって今までプラン変更してなかったけど5G通信量無制限にしたらスマホ代半額くらいになった
        引用:X(旧Twitter)

        料金プランを見直した方の口コミでは、5G通信量無制限に変更したらスマホ代が半額くらいになったようです。

        今まで無制限プランにしておらず、データ量の少ないプランで速度制限がかかったらその都度データ量を購入すると、使い切る度に追加しなければなりません。

        ドコモ・au・ソフトバンクの1GB追加オプションは1,100円(税込)なので、やや割高でしょう。

        スマホ料金が高いと感じたら、まずは料金シミュレーションでチェックし、最適なプランに変更してくださいね。

        口コミ2:ahamoにしてからスマホが安くなった

        アハモにしてから一気にスマホ代安くなったからな。 今、2台で1万円かかってない。昔、最大4万程払ってたからね。
        引用:X(旧Twitter)

        ahamoにしてからスマホ代が安くなったと好評の口コミがありました。

        ご家族でスマホ料金を見直すして、安い料金プランに変更すると金額が安くなるので家計にも優しくなります。

        ahamoは2台使用しても、5,940円(税込)で1万円かからないので、非常にお得です。※2,970円(税込)×2=5,940円(税込)

        口コミ3:本体の分割料金を含んでも安い

        やった〜 本体の分割料金も含まれてるのに、今までよりもスマホ代が安くなった 繋がりにくさもほぼ感じること少ないし満足! ありがとう楽天モバイル
        引用:X(旧Twitter)

        楽天モバイルへの変更で、端末代を含めてもスマホ代が安くなったと口コミがありました。

        楽天モバイルはデータ無制限で3,278円(税込)で国内通話無料なので、今よりもスマホ代が安くなるでしょう。

        また、端末はドコモ・au・ソフトバンクより安く、キャンペーン適用でポイント還元などお得が満載です。

        気になる電波環境は充実しており、楽天モバイル回線は人口カバー率99.9%を獲得し、パートナー回線はauなので、快適にスマホを利用できますね。

        口コミ4:Wi-Fi利用でスマホ代が安くなった

        おうちにWi-Fiさん来たからスマホ代めっちゃ安くなった。しかもポイントで払っちゃう。
        引用:X(旧Twitter)

        自宅にWi-Fiを設置したら、スマホ代が安くなったと好評の口コミがありました。

        インターネットを多く利用し、携帯料金やスマホ料金が高いと感じた場合は自宅にWi-Fiを設置するのがおすすめです。

        ドコモ・au・ソフトバンクでは光回線のサービスを提供しており、光回線のセット割引でスマホ料金が安くなるので、一石二鳥です。

        携帯料金やスマホ料金の平均についてよくある質問

        携帯料金やスマホ料金の平均についてよくある質問をピックアップしました。

        • 携帯料金が1万円超えるのはなぜ?
        • 一ヶ月の携帯料金の平均はいくらですか?
        • Wi-Fi月にいくら?
        • 携帯代は何したら高くなる?
        • Wi-Fiは通信料かかりますか?

        ぜひ、ご覧ください。

        携帯料金が1万円超えるのはなぜ?

        携帯料金が1万円超える原因はいくつか考えられます。

        携帯料金が1万円超える原因
        • iPhoneなどの端末の分割代金が含まれている
        • 使用していないオプションを継続している
        • データ通信量・通話料を使いすぎている

        上記いずれかが当てはまると携帯料金が1万円超える可能性は十分考えられるので、利用しているキャリアのマイページから料金の詳細をチェックすると良いでしょう。

        一ヶ月の携帯料金の平均はいくらですか?

        総務省の調査によると、1ヶ月の携帯料金の平均は2021年3月時点で「3,297円」でした。

        2019年9月の時点では1ヶ月の携帯料金の平均は「4,287円」だったものの、ドコモ・au・ソフトバンクで低価格のプランの登場や格安SIMへの移行が増加したため、安くなったと考えられます。

        また、通信会社・携帯会社に支払う総額の平均は2021年3月時点で「5,824円」であり、1万円を超えないのは良心的でしょう。

        Wi-Fi月にいくら?

        Wi-Fiの月額料金は、以下の通りです。

        キャリア光回線ホームルーター
        ドコモマンション:4,400円〜
        戸建て:5,720円〜
        home 5Gプラン:4,950円
        auマンション:4,180円〜
        戸建て:5,610円〜
        ホームルータープラン5G:5,170円
        ソフトバンクマンション:4,180円〜
        戸建て:5,720円〜
        Air 4G/5G共通プラン:5,368円
        ※税込表記です。
        ※光回線は2年契約、auの戸建てのみ3年契約のプランです。

        光回線はお住まいや契約期間の有無により月額料金が異なるものの、マンションは4,000円台、戸建ては5,000円台と考えて良いでしょう。

        ホームルーターは5,000円台であり、契約期間の縛りがありません。

        光回線またはホームルーターを利用すれば、インターネットを使い放題になるので、スマホの料金プランを低容量に変更すると良いでしょう。

        携帯代は何したら高くなる?

        携帯代が高くなるのは、以下の原因が挙げられます。

        携帯代が高くなる原因
        • 端末を分割払いで購入している
        • オプションを複数契約している
        • 速度制限がかかったら1GB追加で購入している
        • 通話オプションに加入せず長時間通話している

        端末を分割払いで購入すると、毎月のスマホ代に加算されるので高く感じるでしょう。

        また、クラウド容量や補償サービスなどオプションを複数契約していると、スマホ代が高くなるのでこまめにチェックすると安心です。

        低容量プランに加入している場合、インターネットを使いすぎると速度制限がかかり、制限を解除するには1GB追加につき1,100円(税込)支払わなければなりません。

        速度制限の度に1GB追加し続けると、あっという間に携帯代が高くなるので、料金シミュレーションでプランを見直したりWi-Fi環境で利用するのをおすすめします。

        また、通話オプションに加入せず長時間通話すると通話代が加算されるので、頻繁に通話したり長時間の通話が多い場合は、かけ放題オプションへの加入すると携帯代が高くなるのを防げるでしょう。

        Wi-Fiは通信料かかりますか?

        Wi-Fiに接続する場合、通信料はかかりません。

        モバイルデータ通信でインターネットに接続するとデータ通信料がかかるものの、Wi-Fiは通信料がかからないので、安心です。

        オンラインゲームや動画視聴などデータ消費が大きいコンテンツを利用する時は、Wi-Fiに接続するのをおすすめします。

        携帯料金の平均のまとめ

        以上、今回は携帯料金やスマホ料金の平均について詳しくご紹介しました。

        まとめ
        • 通信会社・携帯会社に支払う総額の平均は5,824円
        • 携帯料金やスマホ料金の平均は3,297円
        • 携帯料金やスマホ料金が高くなる原因は端末の分割代金やオプションが含まれている可能性がある
        • 携帯料金やスマホ料金を平均より安くするには、格安SIMに乗り換えるのがおすすめ

        通信会社・携帯会社に支払う総額の平均は2021年9月時点で5,824円、携帯料金やスマホ料金の平均は3,297円でした。

        2019年9月の調査では、総額が10,000円超えている割合が1番多かったものの、格安SIMや新プランの登場により年々支払う金額が下がっています。

        また、携帯料金やスマホ料金が高くなる原因として、端末の分割代金やオプションが含まれている可能性があります。

        一度、契約している携帯会社のマイページでオプションや端末代金の確認をすると良いでしょう。

        携帯料金やスマホ料金を平均より安くするには、格安SIMへの乗り換えがおすすめです。

        格安SIMは基本料金が安いのはもちろん、大手キャリアの電波を利用できるので、安心です。

        携帯料金やスマホ料金を平均を安くするためにも、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

        • URLをコピーしました!

        この記事を書いた人

        株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
        その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

        目次