携帯料金の平均はどれくらい?2万円は高い?携帯料金を安くしたい時の方法も解説

携帯電話の料金を見直すと、2万円以上で高いと思ったことはありませんか?携帯料金が高くなる原因として、下記の内容が挙げられます。

  • かけ放題プラン未加入で長時間電話をしている
  • 使用していないオプションやサブスクに加入したまま
  • データ通信量を自動追加で購入している

いずれかが当てはまると、携帯料金が2万円になってもおかしくありません。今回は、携帯料金を2万円以下に抑える方法とおすすめの格安SIM4社ご紹介します。

携帯料金を安くしたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

携帯料金がなぜ2万円以上は高いと言われるのか?

さまざまな悩みや疑問が投稿されいてるYahoo!知恵袋を見てみると、「携帯料金 2万円」の検索が多くされていました。なお、実際の質問で携帯料金が2万円以上請求されている方の投稿をご紹介します。

半年前から家族の携帯料金が2万増えていて、母がおかしいと調べたら妹のスマホの料金が高いことに気づきました。項目を見たら、「情報量 ソフトバンク まとめ払い」が毎月2万になっていました。 引用:Yahoo!知恵袋

このように、2万円を超えると高く感じる方が多いものの、他の質問を見ると1万円だとあまり高く感じない方が多いようです。

特に、携帯をあまり使っていないのに2万円と高い請求がある理由として、下記の回答がありました。

  • ネットショッピングで携帯払いを設定している
  • データ通信量を自動追加で購入している
  • 有料アプリがそのまま課金されている

基本料金を高くないプランに設定していても、オプション設定や携帯払いを利用すると、携帯料金が2万円以上になる可能性が十分にあります。そのため、請求金額だけ見ると2万円で高いと感じる原因の一つと言えるでしょう。

長い期間、携帯料金の詳細を確認してない方は、一度オプションや携帯払い等の設定を確認することをおすすめします。

au・ドコモ・ソフトバンクの携帯料金の平均一覧

3大キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクの携帯料金の平均を解説します。au・ドコモ・ソフトバンクの携帯料金を平均してみると、下記の通りになりました。

  • 〜1GB以下:約2,974円(税込)
  • 1GB〜4GB:約4,074円(税込)
  • 4GB〜7GB:約5,724円(税込)
  • 使い放題:約7,264円(税込)

1GB以下だと、3,000円(税込)以下と安く、使い放題で7,300円(税込)以下で済ませられます。追加オプション等を契約しなければ、2万円以下で携帯料金を抑えられるでしょう。

auの携帯料金の平均

料金プラン(5G・4G) 料金(割引なし) 家族4人の料金(家族割1,100円割引含む)
ピタッとプラン5G・4G
  • 〜1GB:2,178円(税込)
  • 1GB〜4GB:3,278円(税込)
  • 4GB〜7GB:4,928円(税込)
  • 〜1GB:4,312円(税込)
  • 1GB〜4GB:8,712円(税込)
  • 4GB〜7GB:15,312円(税込)
使い放題MAX5G・4G 7,238円(税込)  24,552円(税込)

auのピタッとプランと使い放題MAXは、5G・4Gどちらも同じ金額になっています。なお、1人の料金は割引なしの金額です。ピタッとプランでは、毎月1GB以下の使用で2,178円(税込)と安く済ませられます。

また、データ通信を多く使用する場合は、使い放題MAX5G・4Gが最適です。7,238円(税込)で使い放題なので、非常にお得です。

家族4人でauを利用する場合は、1人1,100円引きの家族割が適用されるので、1GB以下の使用で4,312円(税込)とかなり安く済みます。使い放題MAX5G・4Gでも、24,552円(税込)と高くないので、家族での契約もおすすめです。

\ 1GB以下で2,178円(税込)! /

ドコモの携帯料金の平均

料金プラン(5G・4G) 料金(割引なし) 家族4人の料金(家族割1,100円割引含む)
5G・4Gギガライト
  • 〜1GB:3,465円(税込)
  • 1GB〜3GB:4,565円(税込)
  • 3GB〜5GB:5,665円(税込)
  • 5GB〜7GB:6,765円(税込)
  • 〜1GB:9,460円(税込)
  • 1GB〜3GB:13,860円(税込)
  • 3GB〜5GB:18,256円(税込)
  • 5GB〜7GB:22,660円(税込)
  • 5Gギガホプレミア
  • 4Gギガホプレミア
  • 7,315円(税込)
  • 7,205円(税込)
  • 24,860円(税込)
  • 24,420円(税込)

ドコモのギガライトは、5G・4Gともに同じ金額です。1GB以下の使用だと、3,465円(税込)で済ませられます。データ通信量が使い放題であるギガホプレミアでも、最高7,315円(税込)でインターネットを楽しめるので、お得です。

さらに、家族4人で利用する際は、家族割が1人1,100円(税込)適用されるので、1GB以下だと9,460円(税込)と1万円以下で抑えられます。

なお、ギガホプレミアでは、最高24,860円(税込)なものの、使い放題と考えるとそこまで高くないかもしれません。

\ギガライト・ギガホプレミアから選択可能! /

ソフトバンクの携帯料金の平均

料金プラン(5G・4G) 料金(割引なし) 家族4人の料金(家族割1,210円割引含む)
ミニフィットプラン
  • 〜1GB:3,278円(税込)
  • 〜2GB:4,378円(税込)
  • 〜3GB:5,478円(税込)
家族割の割引対象外
メリハリ無制限 7,238円(税込) 24,112円(税込)

ソフトバンクのミニフィットプランは5G・4Gともに同じ金額です。なお、毎月1GB以下で3,278円(税込)であり、3GBまで利用できます。

メリハリ無制限は7,238円(税込)であり、データ通信を無制限で使えます。ゲームやYouTubeなどデータ通信を多く消費する場合は、メリハリ無制限が良いでしょう。

また、ミニフィットプランは家族割の対象外なので、注意が必要です。メリハリ無制限では、家族1人あたり1,210円の割引が適用され、24,112円(税込)で済ませられます。2万円以上になると、高いと感じやすいものの、データ無制限なので、非常にお得ですよ。

\ 家族割で1,210円(税込)割引! /

格安SIMの携帯料金の平均一覧

格安SIMの携帯料金の平均をまとめました。なお、今回は、大手キャリアの傘下にあるキャリアを含む6社をご紹介します。格安SIMの基本料金を平均してみると、以下の通りになりました。

  • 〜1GB:約1,044円(税込)
  • 〜20GB:約2,309円(税込)
  • 〜無制限:約5,145円(税込)

1GB以下だと、約1,044円(税込)と非常に安く、最大のGB数や無制限の場合、約5,145円(税込)で利用できます。GB数を多く使用する場合でも、安く済むのは格安SIMの特権でしょう。

ahamo

料金プラン 料金
  • ahamo
  • ahamo大盛り
  • 20GB:2,970円(税込)
  • 100GB:4,950円(税込)

ahamoの料金プランは、20GBとオプション追加で利用できる80GBの大盛りがあります。大盛りオプションを使えば、4,950円(税込)で100GB使用できるので、非常にお得です。

また、大盛りオプション利用でも、月5,000円(税込)以下で済むのがポイントです。あまりデータ通信を使用しない場合は、ahamo20GBで3,000円(税込)以下と安くスマホを活用できますよ。

\ 20GB:2,970円(税込)〜! /

楽天モバイル

料金プラン 料金
Rakuten UN-LIMITⅦ
  • 〜1GB:1,078円(税込)
  • 3GB〜20GB:2,178円(税込)
  • 無制限:3,278円(税込)
楽天モバイルでは、一種類の料金プランが用意されています。データ通信量によって料金が異なるため、無駄なく使えるのが魅力です。
なお、楽天圏内エリアの場合、データ通信を無制限で使用できるため、ゲームやYoutubeなどデータ通信量を多く消費する方におすすめです。

\ 最大24,000ポイント還元! /

LINEMO

料金プラン 料金
  • ミニプラン
  • スマホプラン
  • 〜3GB:990円(税込)
  • 20GB:2,728円(税込)

LINEMOは、3GB以下のミニプランと20GBのスマホプランがあります。データ通信量を使用しない方やWi-Fi環境での使用が多い方は、ミニプランが最適です。

また、スマホプランでも20GBが3,000円(税込)以下で済むため、スマホ代が非常に安く済みますよ。

\ ミニプランが990円(税込)! /

povo

料金プラン 料金
データトッピング
  • 1GB:390円(税込)
  • 3GB:990円(税込)
  • 20GB:2,700円(税込)
  • 60GB:6,490円(税込)
  • 150GB:12,950円(税込)

povoは、基本料金が無料でデータトッピングとして購入できるのが特徴です。1GBから150GBまで好きなデータ量を購入できるため、無駄なくスマホを活用できます。

なお、Wi-Fi環境での使用がほとんどの方は、1GBを購入すれば月390円(税込)とかなり安くスマホを楽しめますよ。

\ 1GB390円(税込)! /

UQモバイル

料金プラン(5G・4G) 料金 家族4人の料金(家族割550円割引含む)
くりこしプラン+5G
  • 3GB:1,628円(税込)
  • 15GB:2,728円(税込)
  • 25GB:3,828円(税込)
  • 3GB:4,862円(税込)
  • 15GB:9,262円(税込)
  • 25GB:13,662円(税込)

UQモバイルでは、5Gと4Gどちらも同じ金額で利用できます。3つのGB数から選択でき、25GBでも4,000円(税込)以下です。

また、家族割が適用できるので、家族での利用もおすすめです。主回線を除く2回線目から1人550円(税込)の割引が適用されます。なお、表の金額は、主回線の割引を除いた家族4人分の料金です。家族4人で25GBプランを契約しても、2万円以下なので、高くありません。

\ 3GBで1,628円(税込)! /

ワイモバイル

料金プラン(5G・4G) 料金 家族4人の料金(家族割1,188円割引含む)
シンプルプラン
  • 3GB:2,178円(税込)
  • 15GB:3,278円(税込)
  • 25GB:4,158円(税込)
  • 3GB:5,148円(税込)
  • 15GB:9,548円(税込)
  • 25GB:13,068円(税込)

ワイモバイルでは、3つのGB数から選択できます。25GBでも4,158円(税込)なので、データ通信量をよく使用する方でも、無理なく使用できるでしょう。

また、家族割が用意されており、主回線を除く2回線目から1人1,188円(税込)の割引が適用されます。家族割適用で25GBでも13,068円(税込)と2万円以下で済ませられるので、おすすめです。

\ 家族割で1,188円(税込)割引! /

携帯料金を安くするのにおすすめな格安SIM4選

携帯料金を安くするのに、おすすめな格安SIMを4社ご紹介します。楽天モバイルでは、1GB以下の利用で実質無料なのがポイントです。10月31日までの期間限定なので、気になる方はチェックしてください。

LINEMOでは、ミニプランが990円(税込)と安く利用できます。ahamoでは、20GBで2,970円(税込)なので、データ通信量を多く使用する方に最適です。

povoでは、6つのトッピングから選択でき、1GBだと390円(税込)と非常にお得です。使用するGB数に合わせて購入できるため、サブスマホにも良いでしょう。

楽天モバイル|10月31日まで実質無料

楽天モバイル|10月31日まで実質無料

料金プラン Rakuten UN-LIMITVⅡ
GB数
  • 〜1GB:1,078円(税込)
  • 3GB〜20GB:2,178円(税込)
  • 無制限:3,278円(税込)
キャンペーン・条件
  • 新規契約または乗り換えでRakuten UN-LIMITⅦを申し込む
  • データ通信を1GB以下で利用すると実施無料
キャンペーン・期間 〜2022年10月31日

楽天モバイルでは、Rakuten UN-LIMITVⅡを申し込むと、10月31日まで実質無料で利用できます。毎月1GB以下の利用だと、実質無料なので、非常にお得です。

また、海外での利用も2GBまで無料なので、検索したい時やマップを使用する時に役立つでしょう。

楽天圏内で利用する場合、データ通信を無制限で活用できます。そのため、ゲームやYoutubeなどデータ消費の多いコンテンツも気にせず楽しめますよ。

\ 10月31日まで実質無料! /

LINEMO|ミニプランが990円(税込)〜

LINEMO|スマホミニプランが990円(税込)〜

料金プラン
  • ミニプラン
  • スマホプラン
GB数
  • 〜3GB:990円(税込)
  • 20GB:2,728円(税込)
キャンペーン・条件
  • 新規契約または他社からの乗り換える
  • ミニプランを契約すると半年間実質無料
キャンペーン・期間 2022年5月30日〜

LINEMOでは、ミニプランとスマホプランが用意されています。2022年8月時点で、新規契約または他社から乗り換えると、ミニプランを半年間実質無料で利用できます。

半年間990円(税込)分のPayPayポイントが付与されるため、非常にお得です。なお、ミニプランは3GB・スマホプランは20GBなので、毎月の使用量に合わせて選択できるのがポイントです。

5Gまたは4Gに対応しているので、追加料金なしで5Gも利用できますよ。

\ 追加料金なしで5G利用可能! /

ahamo|ahamoプランは20GBで2,970円(税込)〜

ahamo|ahamoプランは20GBで2,970円(税込)〜

料金プラン ahamo
GB数
  • 20GB:2,970円(税込)
  • 100GB:4,950円(税込)
特典
  • dカードGOLDの支払いで+5GB
  • dカードの支払いで+1GB
特典・期間 期間の定めなし

ahamoは、20GBと大盛りオプションで100GB追加できます。どちらもGB数が多いので、データ通信量を多く消費する方に最適です。

また、大盛りオプションの100GBは、下記を目安にデータ通信を楽しめます。

  • オンライン会議や学習:約170時間/月 ※1日約8.5時間の利用が可能
  • 動画サービスの利用:約85時間/月 ※dアニメストアで動画を視聴した場合
  • 音楽サービスの利用:約2万曲ダウンロード/月 ※dヒッツで音楽を聴いた場合

引用:ahamo

オンライン会議や学習、動画や音楽サービスも思う存分活用できるので、どんなシーンにも役立つでしょう。

さらに、ahamoでは、5分以内の国内通話が無料で使用できます。5分以内であれば、何回でも無料で通話できるため、短時間の通話が多い方も安心です。

\ 5分以内の国内通話が無料! /

povo|トッピングで1GBが390円(税込)〜

povo|トッピングで1GBが390円(税込)〜

料金プラン データトッピング
GB数
  • 1GB:390円(税込)
  • 3GB:990円(税込)
  • 20GB:2,700円(税込)
  • 60GB:6,490円(税込)
  • 150GB:12,950円(税込)
キャンペーン・内容
  • 20GB購入で料金そのまま+5GB
  • 60GB購入で料金そのまま+15GB
  • 150GB購入で料金そのまま+40GB
  • データトッピング購入者全員にデータ使い放題24時間プレゼント
キャンペーン・期間 2022年8月24日〜2022年9月22日

povoでは、データトッピングから好きなGB数を購入できるのがポイントです。5つのGB数から選択でき、いつでも購入が可能です。基本料金は無料なので、データトッピングだけの購入で利用できます。

また、2022年8月時点で、データトッピングのキャンペーンを実施中です。対象のGB数を購入すると、料金はそのままでGB数が増量されます。さらに、データトッピング購入者には、データ使い放題24時間がプレゼントされるので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

\ 残暑お見舞い大感謝祭実施中! /

携帯料金を安くしたい時の方法・見直しポイント

携帯料金を安くしたい時の方法と見直しポイントをご紹介します。携帯料金を安くしたい時には、格安SIMの低容量プランに乗り換えるのも一つの方法でしょう。

さらに、乗り換え時に対象のキャンペーンで端末を購入すると、ポイントがもらえます。実質1円(税込)で購入できる格安SIMもあるので、見逃し厳禁です。さらに、通話が多いならかけ放題プランへの加入、通話が少ないならLINE通話の加入がおすすめです。

なお、使用していないサブスクやオプションがあれば、解約すると良いでしょう。都心部なら楽天圏内に限り無制限プランが使い放題なので、お得にデータ通信を活用できますよ。

格安SIMの低容量プランに乗り換える

携帯料金を見直す方法の一つとして、格安SIMの低容量プランに乗り換えると良いでしょう。今回紹介したおすすめ格安SIM4社の中でも、低容量プランが用意されています。

  • 楽天モバイル:1GB・1,078円(税込)【10月31日まで1GB以下の利用で実質無料】
  • LINEMO:3GB・990円(税込)【新規契約または他社からの乗り換えで半年間実質無料】
  • ahamo:20GB・2,970円(税込)【dカード支払いで最大5GBプレゼント】
  • povo:1GB・390円(税込)【データトッピング購入でデータ使い放題24時間プレゼント】

それぞれ低容量プランが用意されており、キャンペーンも実施されています。楽天モバイル・LINEMOでは、実質無料で利用できるキャンペーンもあるので、お得にスマホを活用できるでしょう。

さらに、ahamoやpovoでは、GB数プレゼントも行っています。格安SIMは通常でもお得なものの、随時キャンペーンを開催されているので、より安くスマホを利用できるでしょう。

キャンペーン対象の端末購入でポイントバック

格安SIMでは、キャンペーン対象の端末を購入するとポイントバックされます。数ある格安SIMの中でも、楽天モバイルでは、端末購入のポイントバックキャンペーンを実施中です。

  • 楽天回線+端末購入でRakuten Hahd 5Gが実質1円(税込)
  • 楽天回線+対象のiPhone購入で最大24,000ポイント還元
  • 楽天回線+対象のAndroid購入で最大19,000ポイント還元

引用:楽天モバイル・キャンペーン

このように、楽天オリジナルスマホ「Rakuten Hahd 5G」が実質1円(税込)で購入できたり、対象のiPhone・Android購入でポイントが還元されたりします。

キャンペーンは随時開催されているものの、人気の機種はすぐに売り切れるため、早めの購入がおすすめです。気になる方は、楽天モバイルのキャンペーンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

通話が多いならかけ放題プランに加入する

通話が多い場合、かけ放題プランに加入すると携帯代を安く済ませられるでしょう。

どのキャリアも30秒22円(税込)で通話を利用できるものの、そのまま長時間通話すると、かなりの金額がかかります。かけ放題プランに加入すれば、長時間通話しても追加料金がかからないので、非常にお得です。

また、キャリアと格安SIMでは、通話オプションが異なります。

  • キャリア:10分以内かけ放題・24時間かけ放題プラン
  • 格安SIM:5分以内の通話が無料・24時間かけ放題プラン

auドコモソフトバンクでは、10分以内のかけ放題または24時間のかけ放題プランが用意されています。なお、格安SIMでは、専用アプリから発信すれば無料で通話ができるため、無料で通話を楽しめるでしょう。

通話が少ないならLINE・Rakuten LINKの通話を活用する

通話が少ない場合、LINEやRakuten LINKなど専用アプリからの発信がおすすめです。

どちらもデータ通信を利用して通話できるため、通話料がかかりません。なお、通話料は無料なので、短時間の通話はもちろん、長時間に及ぶ通話も問題ありません。

GB数が多いプランを契約中の方やWi-Fi環境での利用が多い方は、LINEやRakuten LINKを利用すると良いでしょう。

不要なオプションを解約する

携帯料金を安く方法として、不要なオプションを解約しましょう。

  • 動画コンテンツのサブスク
  • SNSコンテンツのサブスク
  • 携帯保証や通話などのオプション

月額が安いコンテンツでも、使用頻度が少なかったり使用していなかったりすれば、損になります。携帯料金を高いままにしないためにも、不要オプションがないかチェックすることをおすすめします。

都心部なら楽天モバイルの無制限プランを活用する

首都圏や地方都市などに在住している場合、楽天モバイルの利用がおすすめです。

楽天モバイルでは、楽天圏内に限りデータ通信が無制限で利用できます。ゲームやYouTubeなどデータ消費が多いコンテンツでも、無制限で楽しめるため、非常にお得です。

さらに、5Gエリアも拡大しているので、より高速データ通信を体感できるでしょう。

携帯料金を安くする時によくある質問

携帯料金を安くする時によくある質問として、3つピックアップしました。携帯料金が2万円になる理由として、オプションに加入し続けていたり、携帯払いをしていたりする可能性があるので、注意が必要です。なお、iPhoneの携帯料金を安くする方法として、端末キャンペーンを利用したり低容量プランを契約すると良いでしょう。

また、1人暮らしの携帯料金の平均はキャリアだと「1GB:2,974円(税込)〜」、格安SIMで「1GB:1,044円(税込)」です。

携帯料金が2万円になるのはなぜ?

携帯料金が2万円になる理由として、以下の内容が考えられます。

  • オプションに加入し続けている
  • 携帯払いを利用している
  • 通話オプションに加入せず長時間通話をしている

使用していないオプションに加入し続けていると、毎月課金されたままになります。そのため、知らない間に携帯料金が高くなる原因になるでしょう。

また、携帯払いで買い物をしていると、携帯料金が2万円になってもおかしくありません。スーパーやドラッグストア・コンビニなど街の買い物でQRコード決済し、携帯払いを設定していると高くなります。さらに、ネットショッピングで買い物する時に携帯払いをする場合も同じです。

なお、通話オプションに加入せず、長時間通話をすると、携帯料金が2万円になってしまうでしょう。長時間通話する場合は、かけ放題プランへの加入がおすすめです。

iPhoneの携帯料金を安くする方法は?

iphoneの携帯料金を安くする場合、下記の方法が最適でしょう。

  • ポイントバックキャンペーンでiPhoneを購入する
  • 低容量プランに加入する
  • 無料通話アプリを活用する

iPhoneを購入したい場合は、ポイントバックなどのキャンペーンを実施しているキャリアで購入すると良いでしょう。キャンペーン対象のiPhoneを購入すれば、ポイントが還元されるため、通常よりお得に購入できます。

また、低容量プランに加入すればiPhoneの携帯料金を安く済ませられます。Wi-Fi環境でインターネットを楽しむようにすれば、携帯料金を気にすることなく活用できるでしょう。

さらに、通話をする場合は、無料通話アプリを利用すれば、携帯料金を気にせず通話を楽しめます。LINEやRakuten LINKは、24時間いつでも無料で通話できるため、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

1人暮らしの携帯料金の平均は?

1人暮らしの携帯料金の平均は、キャリアと格安SIMによって異なります。

キャリアは1GB以下だと、3,000円(税込)以下で済むものの、格安SIMでは、1,044円(税込)半額以下で使用できます。全体のGB数を見ると、キャリアと格安SIMでは、半額程度の差があるので、何を重視するかで選択すると良いでしょう。

まとめ

携帯料金が2万円になる原因とおすすめの格安SIMについてご紹介しました。

  • かけ放題プラン未加入で長時間電話をしている
  • 使用していないオプションやサブスクに加入したまま
  • データ通信量を自動追加で購入している

上記の内容が一つでも当てはまる場合は、携帯料金が2万円になる原因の一つがあるかもしれません。携帯料金を見直しつつ、今以上に安く済ませたい場合は、格安SIMの利用がおすすめです。

格安SIMはキャリアの約半額で利用でき、電波も安定しています。さらに、アプリを使用すれば、無料で通話できたりかけ放題プランも安く利用できたりします。

今回紹介した格安SIMの中でも、楽天モバイルLINEMOahamopovoはおすすめなので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

さらに、格安SIMのキャンペーンまとめもあるので、こちらも併せてご確認ください。

  • URLをコピーしました!
目次