<PR>

データ無制限で使える格安SIMを8社比較!ギガ使い放題のおすすめ厳選

格安SIM 無制限 比較
本ページはプロモーション(広告)が含まれています
格安SIM 無制限

格安SIMで無制限に使える会社ってあるの?」
「ギガ使い放題はどこがいい?」
オンライン授業を受けたいのでとにかくたくさん通信したい」

年々、スマホの通信量は増え続け、無制限に使いたい人が増えてきています。

とはいえ、無制限に使える格安SIMってあるのか?心配になりますよね。

そこでこの記事で「データ無制限」「通話無制限」「特定アプリのカウントフリー」に分けて解説します。

また、同じ無制限でも「高速」「中速」「低速」の無制限などの種類についても解説します。

ぜひ自分にぴったりな無制限格安SIMを見つけ、コスパ良くスマホを使ってくださいね!

ロケホンでは人気の格安SIMを比較して「どこがおすすめか?」を徹底的に調査してまとめました。

また、動画でもデータ通信無制限について解説しています。

格安SIM特徴公式サイト
楽天モバイル
楽天モバイル
・3,278円(税込み)で無制限にネット使い放題
・専用アプリで国内通話無料
・楽天市場でのポイント獲得率アップ
・キャンペーンが豊富
楽天モバイル公式サイト
ワイモバイル
ワイモバイル
・データ容量を使い切った後も最大1Mbpsで使えるプランあり
・ソフトバンク系列の光回線を契約していれば割引
ワイモバイル
ahamo
ahamo
・ドコモの高速回線が2,970円(税込)で20GB使える
・データ容量を使い切った後は1Mbpsで使い放題
・100GBの大容量も4,950円(税込)で非常に割安
ahamo

mineo
・最大3Mbpsで使い放題のプランあり
・高速通信用プランに「最大1.5Mbpsで通信が使い放題になるオプション」あり
・「夜間フリー」オプションを利用すると22時半~7時半までの間が速度制限なしでネット使い放題になる
mineo公式サイト

povo
・基本利用料は0円
・「データ使い放題(24時間)」のトッピングを330円(税込み)で利用できる
povo公式サイト
UQモバイル
UQモバイル
・データ容量を使い切っても1Mbpsで使い放題
・auひかりなどを契約していると割引あり
UQモバイル

LIBMO
・最大速度200kbpsの通信を無制限に利用できる
・サブ回線利用におすすめ
LIBMO公式サイト
トーンモバイル
TONEモバイル
・月1,100円(税込み)で動画以外のインターネット通信が使い放題
・GPS見守り機能等、家族向けサービスが充実
・60歳以上を対象としたお得なシニア割あり
TONEモバイル公式サイト

今現在、無制限で使えて評判も良いおすすめできるキャリアは、楽天モバイルです。

楽天モバイルの評判・口コミ記事はこちら

mineo × ロケホン事務手数料無料キャンペーン

【キャンペーン期間】
2022年7月1日~終了日未定

【特典内容】
通常3,300円(税込)の契約事務手数料を無料といたします。

【適用条件】
キャンペーン期間内に当サイトのリンクからキャンペーン専用ページに遷移して新規お申込みされた方

【注意事項】
・キャンペーン専用ページからのお申込みに限り適用となります。
・キャンペーンの適用はお申込み後の契約内容通知書をもってお知らせいたします。
・法人名義の方は適用対象外となります。
・200MBコース、マイそくスーパーライトをお申込みの場合は適用対象外となります。

\ このキャンペーンは下記リンクからのみ! /

mineo|公式サイト

※直接お申し込みページに移動します

新型iPhone 15の最新情報
楽天モバイルがお得!
楽天モバイルキャンペーン

楽天モバイルでは様々なキャンペーンを実施しており、iPhoneとセットで乗り換えがお得にご利用可能です!

楽天モバイルを紹介すると7,000ポイントプレゼント!紹介された方も13,000ポイントもらえる♪

料金プランもワンプランで従量制なので、月額1,078円〜3,278円とお得かつ最大料金も安いままデータ無制限でご利用可能です!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 電話もネットも使い放題! /

目次

格安SIMの3種類の「無制限」とは?

格安SIM 無制限

格安SIMの無制限について解説すると、まずは「データ通信無制限」を思い浮かべるかと思います。

しかし格安SIMでは以下の3つの「無制限」があります。まずは3つの概要について解説し、その後でそれぞれを詳しく解説していきます。

格安SIMの3種類の「無制限」について
  • データ通信が使いたい放題
  • 通話が無制限
  • 特定のサービスが無制限

データ通信が使いたい放題

格安SIMでの「使い放題」「無制限」といえば、多くの人が「データ通信」の無制限を想像するかと思います。本記事でもデータ通信の無制限について最も詳しく解説します。

そしてデータ通信の無制限は、さらに以下の3種類に分かれます。

3種類のデータ通信無制限
  • 高速通信無制限(50Mbps以上)
  • 中速通信無制限(1〜5Mbps)
  • 低速通信無制限(32〜300kbps)

一般的に快適にスマホを使っている方の通信速度は、50Mbps以上の「高速通信」ですが、高速通信かつ無制限に使える格安SIMは多くありません。

1〜5Mbpsの「中速度」でも、実はあまり不便しません。高画質の動画を閲覧したり、リアルタイム性の高いゲームをプレイしない限りは中速度で普通に使えます。

中速度は高速通信よりも月額が安く、コスパ的にはこちらの方がよい可能性もあります。

低速度の100kbps〜200kbpsは、なんとか回線維持ができているだけで、体感としては「通信制限」がかかっている状態となります。

通話が無制限

格安SIMの2つめの「無制限」は「通話無制限(通話し放題)」です。

LINE通話などのIP通話でも十分に通話できますが、実際には電話番号を使った通話の方が音質が良く、安定していることが多いです。

そんな音声通話を無制限にできるプランが、ほとんどの格安SIMには用意されています。

本記事で料金の比較をしているので、電話をすることが多い方はぜひチェックしてください。

特定のサービスが無制限

格安SIMの中には「特定のアプリのみ無制限」というサービスがあります。

データ通信のカウントがされないため「カウントフリー」と呼ばれたりしますが、多くは格安SIMの運営会社が運営している別サービスが対象となります。

データ通信の無制限よりは限定的ですが、その分コストは安いため「自分がよく使うサービスがカウントフリーだ!」という場合は積極的に利用してみてください。

「LINEMO」がLINEアプリをフリーで使える、などが代表的です。

>LINEMOの評判・口コミはこちら

\ LINEがギガフリーの格安SIM! /

>LINEMOのキャンペーンはこちら

データ通信が無制限のおすすめ格安SIM8選

格安SIM 無制限 比較

携帯料金の平均が2万円という話もありますが、適切なプランを選べば、それほど高額にはなりません。

ここではデータ無制限で使える格安SIMを8社紹介しますが、そのどれもがお得感を打ち出しており、正直どの会社を契約しても大間違いはありません。

ぜひ自分がピンときた会社を契約してみてくださいね。

データ通信が無制限のおすすめ格安SIM8選
  • 楽天モバイル【完全無制限で使える】
  • ワイモバイル【超過後も1Mbpsで使える】
  • ahamo【超過後も1Mbpsで使える】
  • mineo【3Mbpsで無制限で使える】
  • povo【1日330円で無制限に使える】
  • UQモバイル【超過後も1Mbpsで使える】
  • LIBMO【月額528円でデータ通信使い放題】
  • TONEモバイル【月額1,100円で動画以外無制限】

楽天モバイル【完全無制限で使える】

出典:楽天モバイル

料金プラン(税込) Rakuten 最強プラン
  • 3GBまで:1,078円
  • 20GBまで:2,178円
  • 上限なし:3,278円
国内通話料金(税込)
  • 22円/30秒
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料
オプション(税込)
  • 留守番電話:無料
  • 割込通話/通話保留:無料
  • 国際SMS:無料
  • 通話転送:無料
  • SMS:無料
  • テザリング:無料
  • 15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
  • 国際通話かけ放題:980円/月
店舗情報 楽天モバイルショップ:全国に1,000店以上
通信回線
  • 楽天回線
  • au回線(パートナー回線利用時)
通信速度
  • 平均ダウンロード速度: 130.02Mbps
  • 平均アップロード速度: 34.96Mbps
引用:みんなのネット回線速度 ※2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
支払い方法
  • クレジットカード
  • デビットカード口座振替
  • 代金引換
  • 楽天ポイント利用
eSIM対応 対応あり
公式サイト https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルは「使い放題」の格安SIMを探している方には一番おすすめしたいキャリアです。

プランはひとつのみで、上限なしの使い放題で3,278円(税込)という破格の安さです。

もちろん楽天モバイルエリアでもauエリアでも高速通信が使えるため、高速通信で無制限に使える唯一の格安SIMです。

しかし楽天モバイルはエリア面、速度面が不安で、2023年6月からauとのパートナー回線を強化し、auエリアでも使い放題となりました(それまではauエリアでは5GBまでしか使えませんでした)。

auの電波を全て借りられるわけではなく、プラチナバンドのみをパートナー回線として借りています。auのプラチナバンド以外の回線は使えない点や、必要時に確実に切り替えられるかなど不安な点は残ります。

とはいえ、2023年10月には楽天モバイルがプラチナバンドを獲得できることが決まり、2024年中にはサービス開始となります。

「100%確実につながらないとイヤ!」という方には楽天モバイルはおすすめしませんが、コスパのよさ、将来性を考えると十分におすすめの無制限格安SIMです。

楽天モバイルの無制限に関する口コミ

縛りがなくて、完全定額使い放題で安く使えるため満足しています。

データ容量が無制限なので、気にせず使える

周りに楽天モバイルにした!って言うともっと安いところがあるのに!と時々言われる でもさ、家にWifiがない私は2/8時点で20GB超えるのよ テザリングも無制限だから、スマホが家のWifiみたいなもの。 色々言われるけど、好き放題使って2,980円(税別)はやっぱ最強でしょ? #楽天モバイル
引用:Twitter

格安SIMを甘く見てた。今こんなに良くなってるのか。月100GB使うんで大手キャリア一択や!とかいう無知で何も考えない能無し思考で毎月高い金額を収めてたわけだが。楽天モバイル最強やん。データ無制限、高ポイント還元。いかに無知が金を無駄にしてるかわかったよ。 これに YouTube premiumが最強!
引用:Twitter

>楽天モバイルの評判・口コミはこちら

>楽天モバイルのクーポンはこちら

\ 高速データ通信が無制限! /

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

>楽天モバイルのキャンペーンはこちら

ワイモバイル【超過後も1Mbpsで使える】

ワイモバイル出典:ワイモバイル

料金プラン(税込)

2023/10/3〜ギガマシマシ!新プラン登場

    • シンプル2 S(4GB):2,365円
    • シンプル2 M(20GB):4,015円
    • シンプル2 L(30GB): 5,115円
国内通話料金(税込) 22円/30秒
オプション(税込)
  • データ増量オプション:550円/月
  • だれとでも定額+(10分以内の国内通話が無料):780円/月
  • スーパーだれとでも定額+(通話時間・回数制限なしでかけ放題):1,880円/月
  • 故障あんしんパックプラス:759円/月
  • 持込端末保証:715〜1,580円/月
割引サービス
  • 家族割引サービス
  • おうち割 光セット(A)
  • おうち割 でんきセット(A)
店舗情報 全国約4,000箇所(ソフトバンクとの併設店舗込み)
通信回線 ソフトバンク
通信速度
  • 平均ダウンロード速度: 88.78Mbps
  • 平均アップロード速度: 16.27Mbps
参考:みんなのネット回線速度 ※2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
支払い方法
  • 銀行振替
  • クレジットカード
  • PayPay残高
eSIM対応 対応あり
公式サイト http://ymobile.jp

ワイモバイルには「シンプル2 S/M/L」という3つのプランがありますが、どれも無制限ではありません。

その替わり「シンプル2 M」と「シンプル2 L」は、データ超過後も1Mbpsで利用できます。

ワイモバイルのデータ超過後1Mbpsで利用可能なプラン
  • シンプル2 M
  • シンプル2 L
  • シンプル M(受付終了)
  • シンプル L(受付終了)
  • スマホベーシックプラン M(受付終了)
  • スマホベーシックプラン R(受付終了)

上記のプランを契約していれば、契約しているデータ量を上回っても1Mbpsで利用できます。

1Mbpsでも日常的に必要なほとんどのことは利用できます。高画質の動画閲覧や、zoomなどでのビデオ通話はカクつきを感じる可能性があります。

また、ワイモバイルはソフトバンク光などソフトバンク系列の光回線とセット契約すると月額が安くなります(おうち割光セット)が、そうでない場合は割高なので注意です。

ワイモバイルの無制限に関する口コミ

1年間ギガ増量キャンペーンとポイントがもらえるので契約しました。通信速度も遅くなく、おおむね満足しています。

安いプランで契約しているが、通信制限になっても大手3社ほど遅くないので、イライラしない。普通に動画も見れる。

ワイモバイルにしたんだけど、通話品質いいし家のWi-Fiをメインに使えばそんなにギガ使わないし、ユーザーページはマイSoftBankそのまま使えるし変えるしか理由がなかった。 変えてよかった! #格安SIM #ワイモバイル
引用:Twitter

ワイモバイルに乗り換えしてギガ増えたのは良いけど、めっちゃギガ余る笑 毎月5ギガぐらいしか使わないから今月分丸々残った先月分はもぅ繰り越されないんかな
引用:Twitter

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 余ったデータ容量が翌月に繰り越せる! /

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

ahamo【超過後も1Mbpsで使える】

出典:ahamo

料金プラン(税込)
  • 20GB:2,970円
  • 100GB:4,950円
国内通話料金(税込) 22円/30秒(5分以内の通話は無料)
オプション(税込)
  • 海外データ通信20GBまで無料
  • かけ放題オプション:1,100円/月
  • ケータイ補償サービス:550~1,100円/月
  • smartあんしん補償:330~1,100円/月
店舗情報 なし
通信回線 ドコモ
通信速度
  • 平均ダウンロード速度: 84.93Mbps
  • 平均アップロード速度: 10.78Mbps

参考:みんなのネット回線速度

2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

支払い方法
  • クレジットカード
  • 口座振替
eSIM対応 対応あり
公式サイト https://ahamo.com/

ahamo(アハモ)はドコモが提供する格安プランで、20GBと100GBの2プランが用意されています。

どちらのプランも、データ容量を使い終わった後も1Mbpsで使い放題です。1Mbpsという速度は、高解像度の動画や、リアルタイム性の高いゲームでなければ不便なく使える速度です。

ahamoはオプションを追加で契約しなくても「海外使い放題」「5分までの通話は無料」など魅力的なオプションがついている点が魅力です。

また、後述する「通話し放題」オプションの料金比較で、ahamoは1,100円(税込)という最安値となっています。通話し放題で使いたい方にもおすすめです。

ahamoのギガに関する口コミ

もともとデータ容量をそんなに使わなくて勿体無いと思っていたのでahamoに変えてから値段も安くなり、自分のプランに合っていて満足している。

安いし容量も十分にあって、最高です。

右側もハーフステッチから。 ドコモからahamoに変えました 安くなって使えるギガも増えて良い! #クロスステッチ #crossstitch #自作図案 #onepiece
引用:Twitter

自分的にahamoは価格ギガ電波すべてにおいて平均以上!その分 端末本体とスマートウォッチにつぎ込んでバッテリー持ちの良い最新モデルXperia 5 IVとGoogle傘下のFitbit Versa 4を購入!けっこう自己満足してます ちなみに全てオンラインです
引用:Twitter

>ahamoの評判・口コミはこちら

\ データ超過後も最大1Mbpsある!/

>ahamoのキャンペーンはこちら

mineo【3Mbpsで無制限で使える】

出典:mineo

料金プラン(税込)

マイピタ

【音声通話+データ通信】

  • 1GB:1,298円
  • 5GB:1,518円
  • 10GB:1,958円
  • 20GB:2,178円

マイそく

【音声通話+データ通信】

  • スタンダード(最大1.5Mbps):990円
  • プレミアム(最大3Mbps):2,200円
  • ライト(最大300kbps):660円
  • スーパーライト(最大32kbps):250円

    ※データ通信のみは別料金

    国内通話料金(税込)

    22円/30秒

    専用アプリ「mineoでんわ」使用:10円/30秒

    オプション(税込)
    • 10分かけ放題:550円/月
    • 時間無制限かけ放題:1,210円/月
    • mineoでんわ:無料/月
    店舗情報 全国193箇所(mineoショップ/mineoスポットは14箇所)
    通信回線
    • ドコモ
    • au
    • ソフトバンク
    通信速度
    • 平均ダウンロード速度: 43.74Mbps
    • 平均アップロード速度: 10.45Mbps
    参考:みんなのネット回線速度 ※2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
    支払い方法 クレジットカード
    eSIM対応 対応あり
    公式サイト https://mineo.jp/

    mineo(マイネオ)は、中速度プランを提供している代表的な格安SIMです。

    「マイピタ」は通常の高速回線を提供していますが「マイそく」およびオプションの「パケット放題 Plus」で中速度回線が使えます。

    「マイそく」は32kbps/300kbs/1.5Mbps/3Mbpsの4タイプの低速、中速度回線を提供しています。いずれも中速度の使い放題プランなため、使い方によっては月額料金を安くできます。

    特に「スタンダード(1.5Mbps)」と「プレミアム(3Mbps)」は、この速度でも日常的にスマホで行うほとんどのことは快適に行えます。Wi-Fi環境も利用して工夫すれば、月額料金を節約できます。

    高速通信可能な「マイピタ」を利用しつつ「パケット放題 Plus」を契約すれば、1.5Mbpsの中速度と高速通信を使い分けることもできます。

    また中速度プランは基本的には使い放題ですが、3日間で10GB以上利用で一時的に利用制限がかかります。1日あたり3.3GBはよっぽど使わないと到達しませんが、一応覚えておくとよいでしょう。

    mineoのギガに関する口コミ

    ギガが使い切れなくても翌月に繰り越せるのでおすすめです。

    パケット容量が繰り越せる設定にしているので、無駄がなくて良い。利用者が貯めたパケットを譲り合えるサービスも、他にはないサービスで斬新だと思う。

    ギガをガマンせずにスッキリ使える #mineo
    フリータンクを活用でみんなで助け合えるの良いですね
    引用:Twitter

    mineo使ってるとタウンWi-Fiのポイントでパケット(ギガ)ゲット出来るの良いよね
    引用:Twitter

    >mineoの評判・口コミはこちら

    \ 下記のリンクからのみ! mineo × ロケホン事務手数料無料キャンペーン!

    ※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外となります。 /

    >mineoのキャンペーンはこちら

    povo【1日330円で無制限に使える】

    出典:povo

    料金プラン(税込)

    基本料金0円

    データ使い放題(24時間):330円/回
    データ追加1GB(7日間):390円/回
    データ追加3GB(30日間):990円/回
    データ追加20GB(30日間):2,700円/回
    データ追加60GB(90日間):6,490円/回
    データ追加150GB(180日間):12,980円/回

    国内通話料金(税込) 22円/30秒
    オプション(税込)
    • 5分以内通話かけ放題:550円/月
    • 通話かけ放題:1,650円/月
    • DAZN使い放題パック(7日間):925円/回
    • smash.使い放題パック(24時間):220円/回
    • スマホ故障サポート:830円/月(新規受付終了)
    店舗情報 なし
    通信回線 au回線
    通信速度

    平均ダウンロード速度: 105.36Mbps

    平均アップロード速度: 16.28Mbps

    出典:みんなのネット回線速度(2024/02/22時点の情報)

    支払い方法 クレジットカード
    eSIM対応 対応あり
    公式サイト https://povo.jp/

    「povo(ポヴォ)」は、auが提供する格安プランですが、他社とは違う「トッピング」という方式を採用しています。

    通常、ケータイプランは「月額いくら」の契約ですが、トッピングは「トッピングひとつずつ」の契約となります。

    その中でも特殊なトッピングが「データ使い放題(24時間):330円(税込)」です。このトッピングを使うと、24時間だけ高速データ通信が使い放題となります。

    毎日このトッピングを購入すると9,900円/月と高額ですが、月に数回だけ無制限で使いたい方にぴったりです。

    povoはトッピングを何も購入せず、0円で回線を維持することも可能ですが、その場合は128kbpsという超低速です。普段は0円で回線を維持し、無制限で使いたい日だけ330円(税込)のデータトッピングを購入すれば、コスパよく無制限に使えます。

    povoのギガに関する口コミ

    データ容量が多く、料金が安い。通話かけ放題など一日単位で変更を自分でかけられ、無駄がない。

    データ容量に満足です

    視聴者さんによるとpovoの24時間トッピングで700〜800GB辺りで速度制限がかかったそうです。これなら無制限をうたっても良いですね。単発の大容量利用なら各社の全プランで最強
    引用:Twitter

    povo2.0に申し込んで、24時間かからずにSIMカードが到着!急いでいたから助かった 普段はあまり使わないけど(楽天モバイルやIIJmioを使用し)、大量に使いたい日だけpovoでギガ無制限をトッピングできるとか、これ最高では!? 格安SIM歴9年目になるけれども、本当に良い時代になった
    引用:Twitter

    >povoの評判・口コミはこちら

    \ 使いたい時にデータ無制限にできる! /

    >povoのキャンペーンはこちら

    UQモバイル【超過後も1Mbpsで使える】

    出典:UQモバイル

    料金プラン(税込)
    • ミニミニプラン(4GB):2,365円
      *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:1,078円

    • トクトクプラン(15GB):3,465円
      *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:2,178円
      *1GB以下利用月は-1,188円割引

    • コミコミプラン(20GB):3,278円
      *10分以内の国内通話無料
        国内通話料金(税込) 22円/30秒
        店舗情報
        • au Style
        • auショップ
        • UQスポット 
        • UQ mobile取扱店(日本全国2,700店舗以上展開中)
        通信回線 au
        通信速度
        • 平均ダウンロード速度: 108.83Mbps
        • 平均アップロード速度: 16.92Mbps
        参考:みんなのネット回線速度 ※2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
        支払い方法
        • クレジットカード
        • 口座振替
        • 自動振込(ゆうちょ)
        eSIM対応 対応あり
        公式サイト https://shop.uqmobile.jp/shop/

        UQモバイルには「ミニミニプラン」「トクトクプラン」「コミコミプラン」の3つのプランがありますが、残念ながらどのプランもデータ使い放題ではありません。

        しかし「トクトクプラン」「コミコミプラン」の2つは、データ容量を使い切った後も1Mbpsで使い続けることができます。

        1Mbpsは、高画質の動画など一部のアプリでは不便を感じますが、その他のことは概ね不便なく利用できる速度です。

        UQモバイルで過去に提供されていた以下のプランも、データ容量超過後も1Mbpsで使えます。

        容量超過後も1Mbpsで使えるプラン
        • トクトクプラン
        • コミコミプラン
        • くりこしプランM +5G(受付終了)
        • くりこしプランM(受付終了)
        • くりこしプランL +5G(受付終了)
        • くりこしプランL(受付終了)
        • スマホプランR(受付終了)

        注意点として、1Mbps制限時でも3日間で6GBを使ってしまうと、翌日まで通信制限がかかってしまいます。3日で6GBということは1日あたり2GBとなり、高画質動画を3〜4時間観ると到達してしまいます。

        1Mbpsでも完全に使い放題ではないことを覚えておきましょう。

        「ミニミニプラン」など、上記以外のプランはデータ超過後も300kbpsとなり、使いにくいです。

        UQモバイルのギガに関する口コミ

        通信容量が余ったら翌月に繰越ができるのが便利です。

        データを繰り越しできる点が気に入っています。

        ドコモ店員 「携帯のキャリアどこ使ってますか?」 僕 「povoとiijmioです」 友 「UQモバイルです」 ドコモ店員 「料金って3〜4千円くらいですか?」 僕 「993円です」 友 「3千円くらいです」 ドコモ店員 「流石に勝てないですwww」 店員に諦められる安さ 携帯代は安ければ安いだけ良い
        引用:Twitter

        UQモバイル開通 相変わらず速い
        引用:Twitter

        >UQモバイルの評判・口コミはこちら

        >UQモバイルのクーポンはこちら

        \ 容量超過後も1Mbspで使えるプランがある! /

        >UQモバイルのキャッシュバックはこちら

        >UQモバイルのキャンペーンはこちら

        LIBMO【月額528円でデータ通信使い放題】

        出典:LIBMO

        料金プラン(税込)

        【なっとくプラン(音声通話機能付きSIM)】

         ※データ通信+音声通話+SMS

        • 3GB:月額980円
        • 8GB:月額1,518円
        • 20GB:月額1,991円
        • 30GB:月額2,728円

        ※データプランのみは別料金

        国内通話料金(税込) 22円/30秒
        オプション(税込)
        • データ リチャージ(1GB):月額330円

        【かけ放題プラン(音声通話機能付きSIM専用)

        • 5分かけ放題:月額550円
        • 10分かけ放題:月額770円
        • かけ放題マックス:月額1,430円
        店舗情報 あり
        通信回線 ドコモ
        通信速度
        • 平均ダウンロード速度: 23.17Mbps
        • 平均アップロード速度: 6.95Mbps

        参考:みんなのネット回線速度

        2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

        支払い方法

        クレジットカード

        eSIM対応 未対応
        公式サイト https://www.libmo.jp/

        LIBMO(リブモ)には、上記以外にも「なっとくプラン(ライト)」というプランが存在します。

        なっとくプラン(ライト)の概要
        • 月額528円(税込)
        • 200kbpsで使い放題
        • データ通信SIMのみの提供(音声通話、SMSは不可)

        200kbpsという速度は一般的には「通信制限にかかった状態」の速度です。加えて、音声通話も不可能なデータSIMしか取り扱いがないため、なかなか使い方の難しいプランと言えます。

        なっとくプラン(ライト)でも、自宅のWi-Fiに接続すれば高速通信はできますし、200kbpsでもLINEのチャットくらいは可能です。

        工夫してキッズ用、シニア用などに使うのであれば、可能性のあるSIMと言えます。

        LIBMOのギガに関する口コミ

        月末時点で余っていたデータ容量を翌月まで繰り越せので良いです。

        繋がりやすく容量が多い

        ちなみに僕の場合のプランを紹介します。LIBMOで音声SIMの3ギガと10分かけ放題と留守電つけて普通に使って料金は今月3020円でした。繰越があるので毎月ギガは5ギガあります。 LIBMOはお薦めです。結構良いと思います。自分に合ったプランを見つけて下さい。
        引用:Twitter

        ここ3年くらいLIBMOのsimを株主優待使って、3Gプラン、月120円程で過ごしてきた。マジヤスクネ?!と自慢していた。 最近、ばくもんをチェックし始めてから、初めてギガに苦しんでる。3Gって、すぐ無くなるんだね。とりあえず、8Gプランに変えたけど、足りるかな?!やっぱ、無理かな?!
        引用:Twitter

        >LIBMOの評判・口コミはこちら

        \ なっとくプランで低速データ無制限! /

        >LIBMOのキャンペーンはこちら

        TONEモバイル【月額1,100円で動画以外無制限

        出典:TONEモバイル

        料金プラン(税込)

        1,100円

        国内通話料金(税込)
        • カメラのキタムラで購入の場合:18.7円/30秒
        • ドコモショップ、オンラインストアで購入の場合:11円/30秒
        オプション(税込)
        • TONE IP電話かけ放題:550円(10分以内の通話が回数無制限でかけ放題)
        • 音声通話かけ放題:770円(5分以内の音声通話が回数無制限で090/080/070番号がかけ放題
        店舗情報 なし
        通信回線 ドコモ
        通信速度
        • 平均ダウンロード速度: 59.24Mbps
        • 平均アップロード速度: 4.16Mbps

        参考:みんなのネット回線速度

        2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

        支払い方法

        クレジットカード

        eSIM対応 なし
        公式サイト https://tone.ne.jp/

        TONE(トーン)モバイルは、月額1,100円(税込)のワンプランのみで「動画以外無制限」という珍しいシステムを採用しています。

        動画の視聴は月に1GBのみが可能で、これは1〜3時間程度の動画に相当します。それ以降は、1GBあたり330円(税込)のチケットを購入して動画を閲覧することになります。

        とはいえ、自宅などのWi-Fiに接続すれば動画を見られるため、お子様に外出先では動画を見させないという使い方ができます。

        TONEモバイルは成人向けというよりは、シニアやキッズ向けに用意された使い放題の格安SIMです。

        LIBMOのギガに関する口コミ

        TONEモバイル中々よくない? 動画は1GBまでらしいけどそれ以外は無制限で高速通信らしい。 しかも料金1100円。 けどさ、動画は1GBまでってどうやって動画って判断してるんだろう? 1GB超えたらどれくらい速度下がるか公式に記載ないんだが… これならmineoのマイそくのがいいかな
        引用:Twitter

        小学生の三男スマホデビューに、TONEモバイルにした オリジナルAndroid版がより子供の見守り機能が充実している 子供にもプライバシーはあるって話で 検索履歴や画面のモニタリングできる事をちゃんと教えた いまのところ、ゲームのダウンロード依頼しか来ない
        引用:Twitter

        TONEモバイル公式サイト:https://tone.ne.jp/

        \1,100円で動画以外は使い放題! /

        >TONEモバイルの評判・口コミはこちら

        カウントフリー(特定サービスがデータ無制限)を使える格安SIM

        格安SIM 無制限 カウントフリー

        格安SIMの無制限の中でも特徴的な「カウントフリー」について解説します。

        カウントフリーとは「特定のアプリ、サービスはデータ通信にカウントしない」ことを指します。データ通信にカウントしないということは、無料ということで、無制限、使い放題となります。

        指定サービスをよく使っている方はぜひ以下の格安SIMを検討してみてください。

        カウントフリー(特定サービスがデータ無制限)を使える格安SIM
        • LINEMO【LINEアプリがデータフリー】
        • NUROモバイル【2種類のデータフリー】
        • リンクスメイト【対象ゲームがデータフリー】
        • BIGLOBEモバイル【対象SNSがデータフリー】

        LINEMO【LINEアプリがデータフリー】

        出典:LINEMO

        料金プラン(税込)
        • ミニプラン:3GB 990円
        • スマホプラン:20GB 2,728円
          国内通話料金(税込) 22円/30秒
          オプション(税込)
          • 通話準定額:550円/月
          • 通話定額:1,650円/月
          • 持込端末保証 with AppleCare Services:950円~/月
          • 持込端末保証:715円/月
          • 留守電パック:220円/月
          • フィルタリング:無料
          店舗情報 なし
          通信回線 ソフトバンク
          通信速度
          • 平均ダウンロード速度: 66.88Mbps
          • 平均アップロード速度: 14.83Mbps
          引用:みんなのネット回線速度 ※2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
          支払い方法
          • クレジットカード
          • 口座振替
          • PayPay残高
          eSIM対応 対応あり
          公式サイト https://www.linemo.jp/

          LINEMOは「LINEギガフリー」という名称で、LINEアプリの多くの機能をカウントフリーで提供しています。

          LINEギガフリーの対象機能(一部)
          • LINEのトーク(チャット)の利用
          • トーク内でのスタンプ、画像、動画、その他ファイルの送受信
          • 音声通話
          • ビデオ通話
          • プロフィールの表示・編集・投稿

          上記以外にもほとんどのLINEの機能がカウントフリーで使えますが「他社アプリ、他社サイトへの遷移」「スタンプショップの利用」「ニュース記事詳細の閲覧」など、一部カウントフリー対象外となるため、注意が必要です。

          LINEMOは、3GBと20GBの2つのプランしか用意されていませんが、LINEがカウントフリーで使えることを考えるとこれらの容量でも十分に足りる方も多いです。

          また、LINEMOは「6ヶ月実質無料」や「12ヶ月実質無料」のようなキャンペーンを頻繁に行っている点も魅力です。ぜひ一度ホームページをのぞいてみてください。

          >LINEMOの評判・口コミはこちら

          \ LINEがギガフリーの格安SIM! /

          >LINEMOのキャンペーンはこちら

          NUROモバイル【2種類のデータフリー】

          出典:NUROモバイル

          料金プラン(税込)
          • NEOプランLite:2,090円(20GBデータ)
          • NEOプラン:2,699円(20GBデータ)
          • NEOプランW:3,980円(40GBデータ)

          ※データプランのみは別料金

          国内通話料金(税込) 22円/30秒 ※NUROモバイルでんわの通話料は別
          オプション(税込)
          • 通話定額オプション(5分・10分・かけ放題)
          • バリューデータフリー ※対象プランはバリュープラス
          • 5Gオプション
          店舗情報 なし
          通信回線 ドコモ、au、ソフトバンク
          通信速度
          • 平均ダウンロード速度: 63.64Mbps
          • 平均アップロード速度: 14.39Mbps

          参考:みんなのネット回線速度

          2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

          支払い方法 クレジットカード
          eSIM対応

          対応あり

          ※音声通話(MNP転入)の申し込みは現在未対応

          公式サイト https://mobile.nuro.jp/

          NURO(ニューロ)モバイルには「NEOデータフリー」と「バリューデータフリー」の2種類のカウントフリーサービスがありますが、どちらも無料です。

          それぞれの特徴・概要を以下で解説します。

          NEOデータフリーの概要
          • NEOプラン(20GB)、NEOプランW(40GB)を契約した方が対象
          • LINE、𝕏(旧Twitter)、Instagram、TikTokの主要機能がカウントフリー対象
          バリューデータフリーの特徴
          • VMプラン(5GB)、VLプラン(10GB)、VLLプラン(15GB)を契約した方が対象
          • LINEの主要機能がカウントフリー対象

          NUROモバイルには20GBで2,090円(税込)の「NEOプランLite」もありますが、こちらはNEOデータフリーがついていません。

          差額609円で主要な4つのSNSの通信量が0円になるため、NEOプランはかなりお得と言えます。

          そもそも月額料金をさらに安くしたい方は「VMプラン」などを契約し、LINEのみのカウントフリーを活用しましょう。

          >NUROモバイルの評判・口コミはこちら

          \ 特定のSNSのデータ消費がカウントフリー! /

          >NUROモバイルのキャンペーンはこちら

          リンクスメイト【対象ゲームがデータフリー】

          出典:リンクスメイト

          月額基本料金 【音声通話+SMS+データ通信】
          • 100MB:月額517円(税込)
          • 200MB:月額627円(税込)
          • 300MB:月額660円(税込)
          • 400MB:月額682円(税込)
          • 500MB:月額715円(税込)
          • 1GB:月額737円(税込)

          ※データ通信のみは別料金

          国内通話料金(税込)

          22円/30秒

          MatePhone利用:11円/30秒

          10分かけ放題オプション利用:10分以内無料(以降、11円/30秒)

          オプション(税込)
          • 10分かけ放題オプション:月額935円(税込)
          ※10分以内無料、10分以降は11円/30秒(税込)
          • データ通信容量+100MB:88円/1回
          • データ通信容量+1GB:550円/1回
          • 追加容量チケットオプション(2枚):月額550円(税込)
          • 追加容量チケットオプション(10枚):月額2,200円(税込)
          ※チケット1枚につき1GB
          通信回線 ドコモ回線
          通信速度

          平均ダウンロード速度: 84.79Mbps

          平均アップロード速度: 10.83Mbps

          ※参考:「みんなのネット回線速度」

          上記は2024/02/22時点の情報 最新情報は出典から確認でき、当サイト記載の数値と乖離する可能性があります。

          支払い方法
          • LP(LinksMateのポイントサービス)
          • クレジットカード
          eSIM対応 対応あり
          公式サイト https://linksmate.jp/

          リンクスメイトのカウントフリーは、特定ゲームとSNSが対象で、100%OFFではなく90%以上OFF、となっており、料金は550円/月です。

          リンクスメイトのカウントフリー対象SNSなど
          • Instagram
          • 𝕏(旧Twitter)
          • facebook
          • AbemaTV
          • AWA
          • ニコニコ動画
            他多数
          リンクスメイトのカウントフリー対象ゲーム
          • 怪盗ロワイヤル
          • Identity V
          • 新三國志
          • ダービーインパクト
          • にゃんこ大戦争
            他200タイトル以上

          上記のSNSやゲームは、カウントフリー契約をすれば90%以上のデータ通信がカウントされません。

          1カ月に20GBゲームやSNSで使ったとしても、実際にカウントされるのは2GB前後となり、550円/月のコスパは非常に良いです。

          リンクスメイトは、100MBから1TBまで細かくデータ量が選べ、かつゲーム内で利用できるスターを獲得できるなど、ゲーム好きな方にピッタリな格安SIMです。

          >リンクスメイトの評判・口コミはこちら

          \ 対象ゲームがカウントフリー! /

          >リンクスメイトのキャンペーンはこちら

          BIGLOBEモバイル【対象SNSがデータフリー】

          出典:BIGLOBEモバイル

          料金プラン(税込)

          音声通話SIM(電話+データ通信)

          • プランS:1,078円
          • プランR:1,320円
          • プランM:1,870円
          • 12ギガプラン:3,740円
          • 20ギガプラン:5,720円
          • 30ギガプラン:8,195円

          ※データプランのみは別料金

          国内通話料金(税込) 22円/30秒
          オプション(税込)
          • BIGLOBEでんわ:インストール無料
          • BIGLOBEでんわ 3分かけ放題:660円(「BIGLOBEでんわ」アプリから3分以内の国内通話が何度でも可能)
          • BIGLOBEでんわ 10分かけ放題:913円(「BIGLOBEでんわ」アプリから10分以内の国内通話が何度でも可能)
          • BIGLOBEでんわ 通話パック60:660円(「BIGLOBEでんわ」アプリからの発信で最大60分の国内通話が可能)
          • BIGLOBEでんわ 通話パック90:913円(「BIGLOBEでんわ」アプリからの発信で最大90分の国内通話が可能)
          通信回線
          • ドコモ
          • au
          通信速度
          • 平均ダウンロード速度: 28.77Mbps
          • 平均アップロード速度: 8.72Mbps

          参考:みんなのネット回線速度

          2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

          支払い方法
          • クレジットカード

          ※データ通信専用SIMのみの申込の場合、口座振替も可能

          eSIM対応 なし
          公式サイト https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

          BIGLOBEモバイルには「エンタメフリーオプション」という名称の、様々なエンタメサービスがカウントフリーになる308円(税込)のオプションがあります。

          BIGLOBEのエンタメフリーオプションの対象アプリ
          • YouTube
          • ABEMA
          • U-NEXT
          • YouTube Music
          • Spotify
          • dマガジン
            他全21アプリ

          動画、音楽、電子書籍の各アプリが完全に無料になります。人気アプリである「YouTube」も対象なのはBIGLOBEだけです。

          BIGLOBEモバイルはその分基本料金が若干高めですが、対象アプリをメインで使い、他のアプリはWi-Fi環境で使う、という工夫をすることでかなりお得に使うことができます。

          >BIGLOBEモバイルの評判・口コミはこちら

          \ エンタメフリーオプションでYouTubeも無料!/

          >BIGLOBEモバイルのキャンペーンはこちら

          通話無制限で使える格安SIM比較

          格安SIM 無制限 かけ放題

          3つめに紹介する「無制限」は、通話無制限です。

          IP通話も含めて、電話番号を使った音声通話を無制限にできる格安SIMを紹介します。

          「電話かけ放題」オプションが用意されている格安SIMキャリアは非常に多いため、料金を比較しつつ、一番おすすめの会社を紹介します。

          時間無制限のかけ放題が使える格安SIM比較
          • 通話無制限で使える格安SIM一覧
          • ahamoの時間無制限かけ放題が最安
          • 楽天モバイルは無料で国内通話かけ放題
          • LINEMOはLINE通話完全無料

          格安SIMのかけ放題については「かけ放題ありの格安SIMを9社を紹介!専用アプリなしで通話し放題」の記事が参考になります。

          通話無制限で使える格安SIM一覧

          こちらが、主要格安SIMのかけ放題プランの一覧です。

          格安SIM時間無制限かけ放題サービス
          ワイモバイルオプション「スーパーだれとでも定額+(1,980円/月)」で国内通話かけ放題
          楽天モバイル専用アプリ「Rakuten Link」を利用すると無料で国内通話かけ放題
          LINEMOオプション「通話定額(1,650円/月)」で国内通話かけ放題
          ahamoオプション「かけ放題オプション(1,100円/月)」で国内通話かけ放題
          mineoオプション「時間無制限かけ放題(1,210円/月)」で国内通話かけ放題
          povo2.0オプション「通話かけ放題(1,650円/月)」で国内通話かけ放題
          UQモバイルオプション「通話放題(1,980円/月)」で国内通話かけ放題
          IIJmioオプション「かけ放題+(1,400円/月)で国内通話かけ放題
          QTモバイルオプション「無制限かけ放題(1,600円/月)で国内通話かけ放題
          日本通信「合理的かけほプラン(2,728円/月)」利用で国内通話かけ放題
          オプション「通話かけ放題(1,200~1,600円/月)」で国内通話かけ放題
          BIC SIMオプション「かけ放題+(1,400円/月)で国内通話かけ放題
          イオンモバイルオプション「フルかけ放題(1,650円/月)」で国内通話かけ放題
          y.u mobileオプション「無制限かけ放題(1,400円/月)」で国内通話かけ放題
          ※専用アプリで発信する必要あり
          全て税込み価格です

          このように、ほぼ全ての格安SIMがオプションとして通話かけ放題を取り扱っていますが、料金にはバラつきがあります。

          同じかけ放題オプションなので、できるだけ料金は安い会社で使いたいものです。

          ahamoの時間無制限かけ放題が最安

          時間無制限の通話かけ放題サービスを使いたいのであれば「ahamo」が最安でおすすめです。

          月1,100円(税込)のかけ放題は最安で、データ容量は20GBと100GBの使いやすい2種類が用意されています。

          ちなみにahamoは「5分無料通話」はオプションとして用意しておらず「基本プラン」に5分無料通話がついています。

          20GB/2,970円(税込)のプランを契約すると、もれなく5分無料通話がついてくるのは嬉しいポイントです。

          また、ahamoは100GB/4,950円(税込)という大容量プランがあり、人によっては無制限に匹敵するほどの容量です。通話し放題と合わせることで「通話もデータも使い放題」が約6,000円で実現します。

          >ahamoの評判・口コミはこちら

          \ 実質1,980円(税込)引きの格安SIM!/

          >ahamoのキャンペーンはこちら

          楽天モバイルは無料で国内通話かけ放題

          楽天モバイルは「Rakuten Link」というアプリを使うことで、無料で通話かけ放題となります。

          「なぜRakuten Linkだけ通話無料なの?」と思うかと思いますが、Rakuten Linkは「RCS(リッチコミュニケーションサービス)」という特殊な方式を使っています。

          IP通話のようにインターネット回線を使いますが、IP通話よりも通話品質が高く、音声通話並みの品質です。万が一Rakuten Linkの通話品質が悪い場合には電話番号を使った音声通話を活用しましょう。

          楽天モバイルの音声通話のかけ放題オプションとして「15分まで無料/1,100円(税込)月」が用意されています。

          通話を多く使う方は、Rakuten Linkを活用すれば毎月のコストをかなり抑えることができます

          >ahamoと楽天モバイルの比較はこちら

          >楽天モバイルの評判・口コミはこちら

          >楽天モバイルのクーポンはこちら

          \ 高額キャッシュバックの格安SIM! /

          >楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

          >楽天モバイルのキャンペーンはこちら

          LINEMOはLINE通話完全無料

          LINEアプリをお互いがダウンロードしていれば、LINEで無料通話ができます。

          LINEの通話は、電話番号での通話ができないという欠点がありますが、多くの場面で重宝することでしょう。

          LINEMOはLINEアプリがカウントフリーなため、LINE同士での通話が無料となります。

          LINEアプリでの通話はIP通話であり、インターネット通信が不安定な場合は通話品質にも影響が出ます。

          その場合はLINEMOユーザーの方も電話番号を使った音声通話を利用しましょう。LINEMOにもかけ放題オプション(1,650円(税込)/月)は用意されています。

          >LINEMOの評判・口コミはこちら

          \ LINEがギガフリーの格安SIM! /

          >LINEMOのキャンペーンはこちら

          大手キャリアの無制限データプランもチェック

          格安SIM 無制限 ドコモ au ソフトバンク

          ここまで「格安SIM」に限定して無制限利用について解説してきましたが、あえてここで「ドコモ、au、ソフトバンク」3社の無制限プランをチェックしてみましょう。

          3社とも無制限プランはありますが、正直格安SIMと比べると随分割高です。こちらを確認して「やっぱり格安SIMの方が安いな」と実感していただければ幸いです。

          大手キャリアの無制限データプランもチェック
          • ドコモの無制限プラン
          • auの無制限プラン
          • ソフトバンクの無制限プラン

          ちなみに全ての格安SIMは大手キャリアから回線を借りて運営されています。各社の運営回線をチェックしたい方はこちらからどうぞ。

          ドコモ回線のおすすめ格安SIMはこちら!
          au回線のおすすめ格安SIMはこちら!
          ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMはこちら!

          ドコモの無制限プラン

          出典:ドコモ

          プラン・料金(税込)
          • eximo
            〜1GB:4,565円
            1GB〜3GB:5,665円
            無制限:7,315円
          • はじめてスマホプラン(1GB):1,980円
          • U15初めてスマホプラン(5GB):1,980円
          • U15初めてスマホプラン(10GB):2,860円
          オプション(税込)
          • 5分通話無料オプション:880円
          • かけ放題オプション:1,980円

           (ともに2023年7月1日改訂)

          通信速度

          平均ダウンロード: 120.79Mbps

          平均アップロード: 14.07Mbps

          ※出典:みんなのネット回線速度(2024/02/22時点の情報)

          店舗 あり
          支払い方法
          • クレジットカード
          • 口座振替
          公式サイト https://www.docomo.ne.jp/

          ドコモは2023年7月に各種ギガホプランより「eximo(エクシモ)」「irumo(イルモ)」の2プランに変更されました。

          ここでは使い放題の含まれた「eximo」を解説します。

          ドコモの「eximo」は無制限に使えますが月額7,315円(税込)で、格安SIMよりは割高です。

          とはいえ「ドコモ光セット割」や「home 5G セット割」を適用すると-1,100円(税込)、みんなドコモ割の3人以上で-1,100円(税込)の割引となります。

          さらに「dカードお支払割」の-187円(税込)を考慮すると、無制限に高速通信を使えて4,928円(税込)となります。

          格安SIMの中でも高速通信が無制限なのは楽天モバイルの3,278円(税込)だけで、価格差は1,650円です。

          通信の安定性を考えると、各種割引が適用できるのであれば、eximoの利用も視野に入れてよいでしょう。

          >ドコモのクーポンはこちら

          \ データ無制限のeximo! /

          >ドコモのキャンペーンはこちら

          auの無制限プラン

          出典:au

          料金プラン(税込)
          • 使い放題MAX:7,238円〜
          • マネ活プラン:7,238円〜
          • スマホミニプラン 5G/4G:3,465円〜
          • スマホスタートプラン:4,130円〜

          ※他料金プランあり

          国内通話料金(税込) 22円/30秒
          オプション(税込)
          • 通話定額ライト2:880円(1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題)
          • 通話定額2:1,980円(国内通話が24時間かけ放題)

          ※一部かけ放題の対象外となる通話があります。

            店舗情報 あり
            通信回線 au
            通信速度
            • 平均ダウンロード速度: 102.05Mbps
            • 平均アップロード速度: 16.35Mbps

            参考:みんなのネット回線速度

            2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

            支払い方法
            • クレジットカード
            • 口座振替
            eSIM対応 対応あり
            公式サイト https://www.au.com/

            auには無制限プランが2つあり「使い放題MAX」と「マネ活プラン」があります。

            「マネ活プラン」は2023年8月に登場したプランで、KDDI系列でのカード支払いの還元率が高まっています。

            使い放題MAXもマネ活プランも無制限に使えて7,000円を超えますが、自宅の光回線が「auひかり」などであればauスマートバリューの対象となり-1,100円(税込)となります。

            さらに「家族割プラス」の3人以上で-1,100円(税込)、「au PAY カードお支払い割」適用で-187円(税込)となり、使い放題MAXは無制限に使えて4,928円(税込)となります。

            マネ活プランは「auスマートバリュー」と「各種残高還元」を含めて、無制限に使えて5,338円(税込)となります。家族でauを使っていない人におすすめのプランです。

            いずれにしても格安SIMよりは割高なため、auひかりなどの光回線を使っていない方にはおすすめしません。

            au公式サイト:https://www.au.com/

            \ エンタメコンテンツとデータ無制限プラン! /

            >auのキャンペーンはこちら

            ソフトバンクの無制限プラン

            出典:ソフトバンク

            料金プラン(税込)
            • メリハリ無制限
              無制限:7,238円
            • ミニフィットプラン+
              1GBまで:3,278円
              2GBまで:4,378円
              3GBまで:5,478円
            • スマホデビュープラン+
              4GBライト:1,078円〜
              20GBベーシック:2,728円〜
            国内通話料金(税込)

            22円/30秒(家族間通話は無料)

            オプション(税込)
            • 準定額オプション+:880円(1回5分以内国内通話無料)
            • 定額オプション+:1,980円(国内通話無料)
            割引サービス
            • 留守番電話プラス
            • 割込電話
            • グループ通話
            • 一定額ストップサービス
            通信回線 ソフトバンク
            通信速度
            • 平均ダウンロード速度: 107.51Mbps
            • 平均アップロード速度: 18.32Mbps

            参考:みんなのネット回線速度

            2024/02/22時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

            支払い方法
            • クレジットカード
            • 口座振替
            • PayPay残高
            店舗情報 あり
            eSIM対応 対応あり
            公式サイト https://www.softbank.jp/

            ソフトバンクの無制限プランは「メリハリ無制限(7,425円(税込))」と「ペイトク無制限(7,128円(税込))」の2つがあります。

            どちらも、ソフトバンク系列の光回線を契約することで適用される「おうち割光セット」で-1,100円(税込)、「新みんな家族割」3人以上で-1,100円(税込)、PayPayカード割で-187円(税込)の割引がかかります。

            割引をフルに適用させるとメリハリ無制限は4,928円(税込)、ペイトク無制限は7,128円(税込)で無制限となります。

            「ペイトク無制限」を契約した方は、PayPayの還元率が+5%(期間限定で15%)となり、最大4,000ポイント付与されます。PayPayをメインのQRコード決済にしている方はペイトク無制限がよいでしょう。

            ソフトバンクも含めた大手キャリアは「光回線」「QRコード決済」「クレジットカード」など、周辺サービスと組み合わせてトータルで安くする使い方となります。

            ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

            \ データ無制限でPayPayポイントがお得! /

            >ソフトバンクのキャンペーンはこちら

            無制限の格安SIMがおすすめな人は?

            格安SIM 無制限 おすすめな人

            無制限の格安SIMについて解説してきましたが、実際どんな人に無制限の格安SIMがおすすめなのでしょうか?

            無制限の格安SIMは、通常のプランよりも割高なことが多いです。不要な人が無制限の格安SIMを契約して、ムダにお金を払うことのないように、こちらをチェックしておいて下さいね。

            無制限の格安SIMがおすすめな人は?
            • Wi-Fiが自宅にない人
            • ゲームや動画視聴をたくさんする人
            • スマホでテザリングするつもりの人

            Wi-Fiが自宅にない人

            自宅にWi-Fiがあり、自宅にいる時間が長い場合は、無制限の格安SIMは不要です。

            自宅だけでなく、職場や学校など、長い時間を過ごす場所に快適に使えるWi-Fiがある場合は、Wi-Fiを使うことで大幅にデータ容量を節約できます。

            ポケットWiFiも同様で、使い放題や大容量のポケットWiFiを持っている場合はスマホのSIMのデータ容量は少なめでもかまいません。

            自宅にも職場や学校にもWi-Fiがない方は、無制限の格安SIMの恩恵を受けやすいです。

            日常的に使えるWi-Fiがない場合、全てのスマホでの通信を格安SIMの通信に頼ることになるため、無制限だと安心して使えます。

            楽天モバイルのような高速通信の無制限がおすすめですが、mineoで中速度での使い放題でも使いやすいでしょう。

            ゲームや動画視聴をたくさんする人

            YouTubeなどで動画をたくさん見る方や、スマホゲームを日常的にプレイしている場合、無制限の格安SIMでないと容量が足りないでしょう。

            スマホは基本LINEやメール、電話のみで、動画もゲームもしない場合は、無制限の格安SIMは不要です。

            もちろん、自宅にWi-Fiがあり、自宅にいる時間が長い場合は、いくらゲームや動画視聴をしても無制限SIMは不要です。

            「日常的に使えるWi-Fiがない」かつ「ゲームや動画視聴が多い」方には無制限の格安SIMが必須と言えます。

            ゲームをたくさんする場合は、リンクスメイトに対象ゲームがないか確認してみましょう。対象のゲームがあれば、カウントフリーオプション(550円(税込)/月)で90%以上のデータ通信がカットされます。

            動画視聴が多い場合、BIGLOBEモバイルのカウントフリーオプション(308円(税込)/月)を検討してみましょう。YouTubeも含めた動画サイトを無料で見られます。

            スマホでテザリングするつもりの人

            「テザリング」とは、スマホ本体をポケットWiFiのような使い方をし、タブレットやパソコンをネットに接続する方法です。

            外出先でも他のデバイスをネットに接続できて非常に便利ですが、タブレットやパソコンは、スマホよりも多くのデータ容量を消費します。

            テザリングを日常的に使用する場合、スマホで契約しているSIMはかなり大容量である必要があります。数十GBの大容量を契約するのもよいですが、テザリングを頻繁にする方には無制限のSIMがおすすめです。

            ちなみに、テザリング中はスマホのバッテリー消費も激しくなる点を注意しましょう。

            >mineoの評判・口コミはこちら

            \ 下記のリンクからのみ! mineo × ロケホン事務手数料無料キャンペーン!

            ※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外となります。 /

            >mineoのキャンペーンはこちら

            無制限の格安SIMに関する注意点

            格安SIM 無制限 注意点

            無制限の格安SIMについて解説してきましたが、いくつかの注意点を解説します。

            「思ってたのと違った!」とならないためにも、本項をよくチェックしておいてくださいね。

            無制限の格安SIMに関する注意点
            • 楽天モバイルのデータ無制限に関する注意
            • 無制限プランが不要なことも
            • 1日や3日の制限がないかチェックする
            • 「中速度」「低速度」でできないことを知っておく
            • テザリング時はバッテリーに注意!

            楽天モバイルのデータ無制限に関する注意

            本記事で解説した通り「高速通信で無制限に使える格安SIM」は、楽天モバイルしかありません

            しかし楽天モバイルはエリア、通信速度の面で若干不安があります。

            楽天モバイルは自社の通信回線のみでカバー率96%を達成しており、基本的には問題なく使えますが、最も繋がりやすいと言われる電波帯「プラチナバンド」を保有していません

            しかし2023年6月より「楽天最強プラン」がスタートし、auのプラチナバンドをパートナー回線として借りることができ、auエリアでも無制限通信が可能となりました。ただしauと楽天モバイルの切り替えが100%完璧に行われるとは限りません。

            auのプラチナバンドが繋がるはずの場所で楽天の電波に繋ぎ続けてしまい、快適さを損なうようなことは十分に想定されます。

            結果的に、楽天モバイルの電波はまだまだ不安定で「思ったより全然繋がらない!」という結果になる可能性が残ります。

            ちなみに楽天モバイルは2023年10月にプラチナバンドの取得が認められ、2024年中には運用がスタートすると言われています。

            楽天モバイルは唯一の「無制限に使える格安SIM」ですが、繋がらないリスクがありつつ将来性もあるなど不確実な要素が多いことを理解して契約しましょう。

            無制限プランが不要なことも

            上述の「無制限の格安SIMがおすすめな人は?」の項でも解説しましたが、無制限プランが万人に必要とは限りません。

            むしろ無制限プランが不要な人の方が多く「日常的に使えるWi-Fiがある人」や「動画視聴やゲームをほぼしない人」は無制限プランは不要です。

            日常的に使えるWi-Fiがなく、動画視聴、ゲームをたくさんする方は無制限Wi-Fiはおすすめです。

            その他にも以下のような方は無制限のSIMがあると便利でしょう。

            • 仕事で外出先で頻繁にスマホを使う
            • LINE通話をたくさんする
            • テザリングを頻繁にする

            上のどれにも該当せず「スマホは最低限の連絡にしか使わない」という方は無制限プランは不要です。10GB以下のプランでも十分に足りることもあるため、自分の使い方と照らし合わせて考えましょう。

            1日や3日の制限がないかチェックする

            本記事では「高速」「中速」「低速」の無制限プランを紹介しましたが、いずれの速度でも常識外に使いすぎると通信制限がかかる可能性があります。

            多くの場合は「1日10GB」や「3日で10GB」のように、一般的な利用を大きく外れた使い方をすると、一定時間の通信制限がかかる場合があります。

            例外的な使用量に対しての通信制限なので、キャリアの目立つ部分には記載されておらず、見にくい場所に小さく書かれている場合がほとんどです。

            あるいはホームページには記載がなく、ユーザーには見えない場所でこっそりと通信制限が行われることもあります。

            以下が、一部の格安SIMの使いすぎによる通信制限の例です。

            使いすぎによる通信制限(一部)
            • 楽天モバイル:1日10GB以上使うとその日の夜まで3Mbpsに制限(非公式)
            • mineo/マイそく:3日間で10GB以上利用で制限(公式HP)
            • UQモバイル:1Mbps制限時でも、直近3日間で6GB利用で制限。翌日に解除(公式HP)
            • ahamo:不明
            • ワイモバイル:不明
            • povo:128kbpsで無制限に使える
            • LIBMO:不明
            • TONEモバイル:短期間の大量利用により制限

            UQモバイルやmineoはホームページに記載がありますが、楽天モバイルは有志による調査であり、公式発表ではありません。

            他キャリアでも、短時間に大量の通信をすると制限がかかることはあります。

            いずれにしてもこのような制限は、普通では考えられないくらいデータを使った場合にのみ適用されます。無制限でたくさん使うつもりであれば、このように例外的な制限もあることを理解しておきましょう。

            「中速度」「低速度」でできないことを知っておく

            本記事ではデータ通信無制限に関して「高速」「中速」「低速」に分けて解説してきました。

            高速通信での使い放題は楽天モバイルしかなく、それ以外は全て「中速」か「低速」での使い放題となっています。

            「中速」と「低速」では何ができて、なにができないかを理解して活用しましょう。

            各速度で「できないこと」「不便を感じること」
            • 高速通信無制限(50Mbps以上):ほぼなし
            • 中速通信無制限(1〜5Mbps):高画質の動画視聴、SNSのスムーズな閲覧、リアルタイム性の高いゲーム、ビデオ通話
            • 低速通信無制限(32〜300kbps):ウェブ検索、IP通話、SNSの閲覧など

            「中速」でできないことはもちろん「低速」でもできません。

            では「低速」でなにができるかというと「LINEなどチャットアプリでのテキストの利用」「テキストのみのメール」「ラジオや音楽の視聴」となります。

            低速でも、音声のみのYouTube視聴や、ラジオや音楽アプリの視聴は快適にできることがあるため、有効につかいましょう。

            「中速」は、mineoの「マイそく」やUQモバイル/ワイモバイル/ahamoの制限時の1Mbps前後の利用となりますが、中速でも意外と多くのアプリが使えます。

            通常のウェブ検索や、動画と画像を非表示にしたSNS閲覧ができるなど、工夫次第では中速でも満足に使えます。

            「こんなに遅いと使い物にならない!」とならないように、中速や低速を使う方は事前に理解しておきましょう。

            テザリング時はバッテリーに注意!

            無制限のデータ通信を使う例として「テザリング」があります。

            テザリングは、スマホをポケットWi-Fiの機能として使うもので、スマホが受信している電波を周辺のタブレットやパソコンで使う方法です。

            無制限SIMと非常に相性のよいテザリングですが、テザリング中はスマホ本体のバッテリーを著しく消費します。

            接続台数が増えればバッテリー消費も増え、また本体が熱くなります。

            テザリングはスマホ本体にある程度負荷をかける利用方法なため、高い頻度で使うようであればポケットWiFiの利用をおすすめします。

            >UQモバイルの評判・口コミはこちら

            >UQモバイルのクーポンはこちら

            \ auユーザーにおすすめの格安SIM! /

            >UQモバイルのキャッシュバックはこちら

            >UQモバイルのキャンペーンはこちら

            無制限の格安SIMに関するよくある質問

            格安SIM 無制限 よくある質問

            本記事では無制限に使える格安SIMについて解説してきましたが、最後に「よくある質問」に答えます。

            正直まだわかっていない部分や、いまさら聞けないことをこちらで確認していってください。

            無制限の格安SIMに関するよくある質問
            • 無制限の格安SIMでテザリングは使える?
            • 格安SIMでギガを超えたらどうなる?
            • 格安SIMの3日制限とは?
            • おすすめの無制限に使える格安SIMは?
            • 通話無制限のおすすめの格安SIMは?
            • データ無制限は本当にデータ無制限?

            無制限の格安SIMでテザリングは使える?

            テザリングは使えます

            テザリングはiPhoneでは「インターネット共有」という名称で、Androidでは「テザリング」や「個人アクセスポイント」や「ホットスポット」などと呼ばれます。

            各スマホで正しく設定をすると、格安SIMでもテザリングが可能です。

            テザリングをする際は以下の点に注意をしてください。

            • スマホ本体のバッテリーの減りに気を付ける(モバイルバッテリー推奨)
            • スマホ本体が熱くなりすぎないよう気を付ける
            • 接続台数が増えると上記2つにより一層気をつける

            格安SIMでギガを超えたらどうなる?

            格安SIMでギガを超えたら、締め日まで低速度制限にかかる可能性があります。

            速度制限は翌料金月にリセットされ、高速通信に戻ります。

            しかし、無制限の格安SIMを利用すれば、速度制限に頭を抱える心配がありません。

            格安SIMの3日制限とは?

            格安SIMによっては、無制限と謳っておきながら「3日間で10GBを超えると制限をかける」などの制限が行われていいることがあります。

            制限がかかっている間は128kbpsのように非常に低速に制限され、翌日には解除されることが多いです。

            使いすぎによる通信制限(一部)
            • 楽天モバイル:1日10GB以上使うとその日の夜まで3Mbpsに制限(非公式)
            • mineo/マイそく:3日間で10GB以上利用で制限(公式HP)
            • UQモバイル:1Mbps制限時でも、直近3日間で6GB利用で制限。翌日に解除(公式HP)
            • ahamo:不明
            • ワイモバイル:不明
            • povo:128kbpsで無制限に使える
            • LIBMO:不明
            • TONEモバイル:短期間の大量利用により制限

            このような1日や3日間の制限は、公式に明言されている場合と、明言されていない場合があります。

            特にホームページに記載なく、使いすぎのユーザーに対して制限をかけることは珍しくありません

            1日に8時間以上ぶっ通しで動画やゲームをするなど、極端に使いすぎると制限がかかる可能性があることを考慮に入れておきましょう。

            おすすめの無制限に使える格安SIMは?

            本記事ではたくさんの格安SIMを紹介してきましたが、改めておすすめの無制限に使える格安SIMを紹介します。

            基本的に一番おすすめは楽天モバイルです。

            楽天モバイルに関するまとめ
            • 唯一、格安SIMで高速通信で無制限に使える
            • 3,278円(税込)で無制限に使える
            • プラチナバンドを保有していないため、ビルや商業施設内など、繋がりが悪くなる可能性がある
            • auとのパートナー回線を切り替えながら利用するため、auのエリアが使える反面、スムーズに切り替えられず、通信が遅く感じる場面があるかも
            • 2024年から楽天モバイルがプラチナバンドを保有し、通信面が改善されるかも
            • 通信に関して100点は求めないが、安く無制限に使いたい人におすすめ

            通信に関して100点が必要で、かつ無制限に使いたい方は「ドコモ、au、ソフトバンク」の大手キャリアを選択しましょう。

            「中速度」で無制限に使いたい方は以下の格安SIMを契約しましょう。

            中速度で無制限に使える格安SIM
            • mineo:「マイそく」と「パケット放題 Plus」で、32kbps/300kbps/1.5Mbps/3Mbpsの無制限が使える
            • ワイモバイル/UQモバイル/ahamo:本来のデータ容量を使い切っても1Mbpsで使える

            中速度での利用は、Wi-Fiの活用やできることとできないことの判断などの工夫が必要ですが、データ残量を日々気にしなくてよい、快適にスマホを使える選択肢のひとつです。

            その他のトリッキーな「無制限」の使い方はこちらです。

            その他の「無制限」の使い方
            • povo:普段は128kbpsで使い放題。有事には330円(税込)/24時間で1日だけ使い放題。
            • LIBMO:月額528円(税込)で200kbpsで使い放題
            • TONEモバイル:月額1,100円(税込)で動画以外は使い放題
            • LINEMO:LINEアプリは使い放題
            • リンクスメイト:対象ゲームが使い放題
            • NUROモバイル:対象SNSが使い放題
            • BIGLOBEモバイル:対象エンタメサービスが使い放題

            それぞれに特徴があるため、自分の使い方や目的がはっきりしている場合はこれらの格安SIMを契約してみてください。

            通話無制限のおすすめの格安SIMは?

            通話無制限の格安SIMは「ahamo」「楽天モバイル」「LINEMO」です。以下で特徴を解説します。

            ahamoは、本記事で紹介した格安SIMの中で、最も通話し放題オプションの料金が安い(1,100円(税込))です。いまや「通話し放題」オプションはどの会社もオプションとして用意されていますが、同じ内容なら安い方がいいですよね。

            ahamoは基本プランが20GB/2,970円(税込)なので、通話し放題と合わせると月4,070円(税込)となり、この料金で通話し放題となるのはありがたいです。また、100GB/4,950円(税込)のプランもあるため、データ通信もたくさん使いたい人にもおすすめです。

            楽天モバイルは「Rakuten Link」というアプリを使うことで通話かけ放題です。特にオプション料金はなく、Rakuten Linkを使うだけで全ての通話が無料になる、驚異的なサービスです。

            Rakuten LinkはIP通話ではなく、RCSという方式を利用しており、通話品質は通常の電話番号を使った通話に匹敵するとされています。標準の通話アプリではなく、いつもRakuten Linkアプリを使わないといけない煩わしさはありますが、それでも完全通話無料は魅力的です。

            LINEMOは、LINEアプリのデータ通信がカウントされない「LINEギガフリー」というオプションが標準で付与されます。LINEギガフリーの対象に「通話」も含まれるため、LINEMOユーザーはLINEの通話をいくらしてもデータ容量が消費しません。

            LINE通話は、通信速度が遅い場合は品質が落ちることがあったり、電話番号でかけられる相手にかけられなかったりと不便な点はありますが、これで十分な人もいるでしょう。LINEで繋がっている友人や家族に通話することが多いのであればLINEMOがおすすめです。

            データ無制限は本当にデータ無制限?

            本記事で紹介している「データ無制限」は、基本的には無制限に使えますが、例外もあります

            「1日で3GB以上」や「3日で10GB以上」など、通常では考えにくいくらい大量に通信をすると、キャリア側の判断で通信制限がかかる場合もあります。

            1日に8時間以上動画を見続けたり、高画質なゲームをやり続けた場合、このような制限にかかる可能性もあることを頭に入れておくと良いでしょう。

            >ワイモバイルの評判・口コミはこちら

            >ワイモバイルのクーポンはこちら

            \ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

            >ワイモバイルのキャンペーンはこちら

            >ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

            まとめ:無制限の格安SIMはとりあえず楽天モバイルがおすすめ

            この記事のまとめはこちらです。

            この記事のまとめ
            • 無制限に使える格安SIMは楽天モバイルがおすすめ
            • 楽天モバイルはエリア、通信面で不安が0ではないためそのつもりで
            • 中速、低速での無制限を使いこなせるとコストを抑えられる
            • 自宅や職場などにWi-Fiがあれば無制限のSIMは不要
            • 通話し放題、特定サービス無制限など、自分の使い方に合わせて契約すると良い

            無制限に使える格安SIMについて解説しました。

            高速通信を無制限で使える格安SIMは楽天モバイル一択ですが、通信面など不安な点もあります。しかし楽天モバイルは契約事務手数料も、解約料もかかりません

            一旦楽天モバイルを契約し、通信に不満があるようであれば解約、というのもひとつの手です。

            そのほかには、ahamoの100GBや、mineoの中速度など工夫次第で様々な使い方が可能な格安SIMがあります。

            ぜひ自分にピッタリの無制限格安SIMを見つけてくださいね。

            格安SIM特徴公式サイト
            楽天モバイル
            楽天モバイル
            ・3,278円(税込み)で無制限にネット使い放題
            ・専用アプリで国内通話無料
            ・楽天市場でのポイント獲得率アップ
            ・キャンペーンが豊富
            楽天モバイル公式サイト
            ワイモバイル
            ワイモバイル
            ・データ容量を使い切った後も最大1Mbpsで使えるプランあり
            ・ソフトバンク系列の光回線を契約していれば割引
            ワイモバイル
            ahamo
            ahamo
            ・ドコモの高速回線が2,970円(税込)で20GB使える
            ・データ容量を使い切った後は1Mbpsで使い放題
            ・100GBの大容量も4,950円(税込)で非常に割安
            ahamo

            mineo
            ・最大3Mbpsで使い放題のプランあり
            ・高速通信用プランに「最大1.5Mbpsで通信が使い放題になるオプション」あり
            ・「夜間フリー」オプションを利用すると22時半~7時半までの間が速度制限なしでネット使い放題になる
            mineo公式サイト

            povo
            ・基本利用料は0円
            ・「データ使い放題(24時間)」のトッピングを330円(税込み)で利用できる
            povo公式サイト
            UQモバイル
            UQモバイル
            ・データ容量を使い切っても1Mbpsで使い放題
            ・auひかりなどを契約していると割引あり
            UQモバイル

            LIBMO
            ・最大速度200kbpsの通信を無制限に利用できる
            ・サブ回線利用におすすめ
            LIBMO公式サイト
            トーンモバイル
            TONEモバイル
            ・月1,100円(税込み)で動画以外のインターネット通信が使い放題
            ・GPS見守り機能等、家族向けサービスが充実
            ・60歳以上を対象としたお得なシニア割あり
            TONEモバイル公式サイト
            • URLをコピーしました!

            この記事を書いた人

            株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
            その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

            目次