<PR>

【2024年最新】ワイモバイルの評判は悪い?実際の口コミを徹底解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
最新の端末情報

2024/02/22現在

「ワイモバイルが評判悪い・やめた方がいいって本当?」
「ワイモバイルのプランを詳しく知りたい!」
「料金が高いのには理由がある?」

たくさんの格安SIMがある中で、ワイモバイルは昨今非常に注目を集めています。

しかし、馴染みの深い大手キャリアと比べて、どのような違いのあるキャリアなのかパッとイメージできない方がほとんどです。

そこでこの記事では、ワイモバイルの悪い評判や良い評判をチェックし、ワイモバイルのメリットとデメリットを紹介します。

この記事の内容を知っておけば、ワイモバイルをおトクに使えるので、ぜひ格安SIM選びの参考にしてください。

ワイモバイルの最新情報!

2024/02/22現在

動画で見たい方はこちらが参考になります。

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

新型iPhone 15の最新情報
楽天モバイルがお得!
楽天モバイルキャンペーン

楽天モバイルでは様々なキャンペーンを実施しており、iPhoneとセットで乗り換えがお得にご利用可能です!

楽天モバイルを紹介すると7,000ポイントプレゼント!紹介された方も13,000ポイントもらえる♪

料金プランもワンプランで従量制なので、月額1,078円〜3,278円とお得かつ最大料金も安いままデータ無制限でご利用可能です!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 電話もネットも使い放題! /

目次

ワイモバイルの悪い評判・口コミ

X(旧Twitter)で書かれているワイモバイルの悪い評判について解説していきます。

「乗り換えをしたけど後悔している…」とならないように、しっかりチェックしておきましょう。

  • 電波が悪く感じる
  • 料金が思ったより高い
  • 無制限プランがない
  • 乗り換えタイミングによっては二重請求になる
  • 店頭は予約が取りにくい

電波が悪く感じる

実家おる時のワイモバイル電波 悪すぎていつもイライラする
引用:X(旧Twitter)

ワイモバイルの電波が悪く、通信速度が遅いと不満に感じている口コミがありました。

確かに通信速度が遅くなることはあります。

通信速度が遅くなるのは、以下の原因が考えられます。

  • 建物や地下などの環境の違い
  • 回線が混雑する時間帯での利用
  • スマホの状態

ただし、これはすべてのスマホキャリアで言えることです。

ワイモバイルは、ソフトバンク回線を利用しており通信速度が安定していることに加えて、人口カバー率99%以上の高い水準を誇っています。

ワイモバイルの通信速度が速いという口コミも多く見られますので、もし、電波が悪いと感じる場合はまず環境や時間帯を工夫してみましょう。

料金が思ったより高い

ワイモバイル思ったより高いな。ただ回線維持するだけならまだ楽天モバイルの方が優秀だわ
引用:X(旧Twitter)

ワイモバイルは料金が思ったより高いという口コミも見られました。

たしかにワイモバイルは、格安SIMの中では料金が高い部類に入ります。

ワイモバイルと他社の格安SIMキャリアを比較してみましょう。

格安SIMキャリア月額料金(税込)
ワイモバイル4GB(シンプル2S):2,365円
20GB(シンプル2L):4,015円
irumo3GB:2,167円
9GB:3,377円
b-mobile~3GB:1,529円
~20GB:5,269円
IIJmio2GB(2ギガプラン):850円
20GB(20ギガプラン):2,000円
楽天モバイル~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
イオンモバイル3GB(さいてきぷらん):1,078円
20GB(さいてきぷらん MORIMORI):1,958円
日本通信3GB(合法かけほプラン):2,728円
20GB(合理的20GBプラン):2,178円

上記の表を見てもわかる通り、プランによっては他社の格安SIMキャリアの方が安く利用できる場合があります。

ただし、ワイモバイルはソフトバンク回線のため通信が安定している点や、他の格安SIMキャリアと比べて実店舗が多い点などメリットが多くあります。

また、知名度や信頼性も高いため、周りの友達や家族に「その携帯キャリア聞いたことないな?」と思われることもありません。

もし携帯キャリアを選ぶのであれば、料金だけでなく、このような点も考慮することがおすすめです。

無制限プランがない

ワイモバイル、通信量無制限ないしまじで無制限あるところに乗り換えようかな…
引用:X(旧Twitter)

ワイモバイルには無制限プランがありません。

ワイモバイルのプランは以下の通りです。

プラン名基本料金(税込)データ容量
シンプルプラン2S2,365円4GB
シンプルプラン2M4,015円
(総データ利用量1GB以下の場合:1,078円)
20GB
シンプルプラン2L5,115円
(総データ利用量1GB以下の場合:1,078円)
30GB

ワイモバイルのプランの最大データ容量は30GBです。

データ増量オプションに月額550円(税込)で加入すれば、最大容量35GBまで利用できます。

また、2024年2月現在、データ増量オプション月額料が6ヵ月間無料キャンペーンを実施しているため、お得にデータ容量を増やせるチャンスです。

毎月35GB以上利用する方は、無制限プランがあり回線も安定している4大キャリアなどを検討してみるとよいでしょう。

乗り換えタイミングによっては二重請求になる

ソフトバンクからワイモバイルへの切り替えタイミングは20日 20日を超えると、翌月20日までの1ヶ月まるまるとワイモバイル契約分の2重請求になってまう。 …ということで嫁のキャリア変更は来月20日に持ち越し
引用:X(旧Twitter)

ワイモバイルへの乗り換えで二重請求となった口コミです。

二重請求とは、現在の加入しているキャリアと新しく契約するキャリアの両方から料金請求があることです。

解約月は、いつ解約しても月の満額分の支払いが必要です。

そのため、現在のキャリアの解約月と新しいキャリアの契約月分の料金が発生します。

特に上記の口コミにあるソフトバンクは、締め日が10日や20日となる場合があるため、解約日によっては無駄な出費に繋がることがあるため注意が必要です。

ただし、ワイモバイルは、ソフトバンクとLINEMOからの乗り換えの場合、回線基本料が初月無料になるキャンペーンを実施中です。

キャンペーンを利用すれば、無駄な料金を払わずに乗り換えが可能です。

もし、ソフトバンクやLINEMOからの乗り換えでない場合でも、ワイモバイルの契約初月分の料金は日割りされるので、損をすることなく乗り換えることができます。

店頭は予約が取りにくい

ワイモバイル 店舗行って 解約したいって言ったら 今日は予約でいっぱいです って言われたんだけど ネットから今日で予約取れた なんでだ?
引用:X(旧Twitter)

ワイモバイルの店舗に直接行くと予約できなかったという口コミがありました。

ワイモバイル店舗予約は、ネットでの予約がおすすめです。

ネット予約であれば、待つ時間なくスムーズに手続きが可能です。

予約完了時と予約前日、当日の1時間前には確認メールが届くので、予約を忘れる心配をせずに来店できます。

店舗予約をしたい方は、ワイモバイルの店舗予約ページから簡単にできるので覗いてみてください。

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

ワイモバイルの良い評判・口コミ

続いては、ワイモバイルの良い口コミを紹介していきます。

  • eSIMがオンラインで無料でできる
  • 繋がりやすいうえに料金も安くて最高
  • 低速でもYouTubeが見れた
  • チャットサポートが手厚い
  • キャンペーンが充実している

eSIMがオンラインで無料でできる

iOS17にしたらワイモバイルの物理SIM→eSIMがオンラインで無料でできるようになってとても良い。
引用:X(旧Twitter)

ワイモバイルは、eSIMに対応しています。

eSIMとは、内蔵されたSIMの情報をオンラインを利用して書き換えることで、新たな通信プランが使えるようになるものです。

オンラインのため、最短当日に通信や通話が利用でき、面倒なSIMカードの差し替えも必要ありません。

繋がりやすいうえに料金も安くて最高

最近docomoの電波繋がりづらくて移動中は特に使い物にならないくらいだったからワイモバイルに変えたんだけど、繋がるし安いし最高。
引用:X(旧Twitter)

通信回線の繋がりやすさと料金に満足している口コミです。

ワイモバイルはソフトバンク回線を利用しており、格安SIMの中でも繋がりやすさはトップクラスです。

平均ダウンロード速度とアップロード速度を他の格安キャリアと比べてみましょう。

キャリア平均ダウンロード速度平均アップロード速度
ワイモバイル 88.78Mbps 16.27Mbps
UQモバイル 108.83Mbps 16.92Mbps
IIJmio 48.77Mbps 10.97Mbps
ahamo 84.93Mbps 10.78Mbps
LINEMO 66.88Mbps 14.83Mbps
イオンモバイル 41.56Mbps 10.37Mbps
※参考:みんなのネット回線速度(2024/02/22時点の情報)

ワイモバイルの通信速度が速いことがわかります。

大手3大キャリアと比べて料金もお手頃のため、コストパフォーマンスがとても良いキャリアと言えます。

低速でもYouTubeが見れた

低速終わった半月耐えた ワイモバイルの低速全然YouTube見れるから苦痛じゃなかった笑
引用:X(旧Twitter)

ワイモバイルは、通信速度制限がかかっても最大1Mbps(プラン2S契約の場合300kbps)で利用することができます。

動画の画質次第では、速度制限がかかってもYouubeなどの動画を見ることが可能です。

もちろん、LINEやメールなども問題なく使えます。

通信制限中でも、最低限必要な通信機能が使えるのは嬉しいポイントです。

チャットサポートが手厚い

Y!mobileサポートのチャットサービス、ほんと助かった。 どうしてもネットで外せやんオプション、すぐ解除してくれた。 明日店舗行かなあかん??ってなってたから、ほんと良かった〜
引用:X(旧Twitter)

ワイモバイルのチャットサポートはさまざまな悩みに24時間対応可能です。

  • 料金内訳確認や変更
  • 支払い方法の確認や変更
  • 乗り換えや解約に関して
  • 操作方法や設定について
  • 不具合について
  • お得なキャンペーン

上記に挙げたもの以外でもチャットで相談すれば、ほとんどの問題に対応してくれます。

問題解決が難しい場合には、オペレーターが直接対応してくれるため安心です。(受付時間10時から24時)

チャットサポートが手厚い点もワイモバイルの特徴の1つです。

キャンペーンが充実している

今日はiPad買っちゃったんだけど 家族みんなでワイモバイルに変えてWiFiをソフトバンクにしたらキャンペーンで33000円安くなった ありがてぇ
引用:X(旧Twitter)

ワイモバイルではお得なキャンペーンが充実しています。

2024年2月現在のおすすめキャンペーンは以下の通りです。

  • ワイモバ親子割
  • おうち割
  • 家族割引サービス
  • オンラインストアでSIMカード/eSIMご契約でPayPayポイントプレゼント
  • オンラインストア限定タイムセール
  • 新どこでももらえる特典
  • 基本料初月0円特典(ワイモバイル)
  • 下取りプログラム
  • データ増量無料キャンペーン3
  • 60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン

特に、「オンラインストアでSIMカード/eSIMご契約でPayPayポイントプレゼント」は、他社からの乗り換えでシンプル2M/Lプランに加入すれば、最大15,000円相当のPayPayポイントがもらえるためお得です。

気になる方はぜひ、公式サイトをチェックしてください。

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

ワイモバイルの評判からわかったメリット

ワイモバイルの評判・口コミでは、料金、回線、サポートなどのメリットがありました。

  • 速度制限にかかっても速い
  • ワイモバイルショップが全国各地にあり、困ったときも安心
  • ソフトバンク光やSoftBank Airとのセット割がある
  • 家族割でスマホ代がお得になる
  • eSIMに対応している

速度制限にかかっても速い

ワイモバイルは、データ容量を使い切った後でも一定の通信速度で利用が可能です。

各プランの制限通信速度は以下の通りです。

プラン名通信速度(低速モード)通信速度(制御モード)
スマホベーシックプランS
シンプルS
シンプル2 S
最大300kbps128Kbps
スマホベーシックプランM/R
シンプルM/L
シンプル2 M/L
最大1Mbps

低速モード状態で、料金プランの高速データ通信容量の半分の値を超えると、制御モードに入ります。

例えば、月額データ通信容量が20GBで通信容量を使いきると低速モードになり、さらに10GB使うと制御モードになります。

1Mbpsの通信速度で可能なことの目安は以下の通りです。

  • Webサイトの閲覧
  • LINEやメールアプリの利用
  • TwitterなどSNSの投稿(画像なし)
  • YouTubeなどの動画視聴(標準画質の場合)
  • 地図アプリの利用

ワイモバイルならデータ容量を超えても、日常のネットやアプリの利用に困らないため、安心して使うことができます。

ワイモバイルショップが全国各地にあり、困ったときも安心

ワイモバイルショップの実店舗は全国に約4,000店舗あります。

店舗があまりない格安SIMキャリアが多い中で、対面でじっくりと相談できるのは安心できるポイントです。

また、約2,500店舗では来店予約ができるため、待ち時間もなく利用することが可能です。

ソフトバンク光やSoftBank Airとのセット割がある

ワイモバイルは、ソフトバンク光ソフトバンクAirを使うと割引がある「おうち割 光セット(A)」があります。

割引額は以下の通りです。

プラン名「おうち割」毎月の割引額(税込)
シンプル2 S
スマホプランL
1,100円
シンプル2 M/L1,650円
シンプルS/M/L1,188円
スマホベーシックプランS/M/R/L
データベーシックプランL
Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
スマホプランS
データプランL
Pocket WiFi®プラン2
550円
スマホプランM/R770円

家族で利用すれば、その分割引額が増えてさらにお得です。

たとえば、家族4人がシンプル2Mプランに加入していた場合、合計6,600円の割引が適用されます。

もし、他社での回線を利用している方も「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」を使えば、違約金や撤去工事費が満額還元されるため、無駄な出費もかかりません。

「おうち割 光セット(A)」を利用すれば、大幅に携帯代を節約できるためおすすめです。

ただし、家族割引サービスとの併用ができないので、どちらか一つの割引で十分です。

家族割でスマホ代がお得になる

ワイモバイルは、「家族割引サービス」があります。

割引額は以下の通りです。

割引適用条件割引額(税込)
主回線が以下のプランに加入している場合
シンプル2S/M/L
シンプルS/M/L
スマホベーシックプラン
Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
データベーシックプランL
2回線目が以下のプランに加入している場合
シンプル2S/M/L:1,100円
シンプルS/M/L:1,188円
スマホベーシックプラン:550円
Pocket WiFiプラン2(ベーシック):550円
データベーシックプランL:550円

回線は最大9回線まで割引が適用可能です。

家族も一緒に契約すれば、お得に利用することができます。

eSIMに対応している

ワイモバイルは、eSIMで契約することが可能です。

eSIMを利用すれば、SIMカードの差し替えも必要なく簡単に乗り換えができます。

SIMカードが届くまで待つ必要もなく、即日利用可能な点も嬉しいポイントです。

公式サイトで、アプリでの簡単な設定方法や丁寧な設定解説動画を見ることができるので、検討中の方はチェックしてみてください。

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

ワイモバイルの評判からわかったデメリット

評判・口コミから回線速度、料金、プラン内容などから、ワイモバイルのデメリットが見えてきました。

それぞれ詳しく解説していきます。

  • 大容量プランがない
  • 低速(節約)モードに切り替えられない
  • 選べる機種・プランが少ない

格安SIMのデメリットと比べるのも参考になります。

大容量プランがない

ワイモバイルは、大容量プランがありません。

シンプル2Lプランを選択すれば、データ容量が30GBまで利用可能です。

データ増量オプションで、月間データ容量が最大35GBまで増えますが、それ以上のプランはありません。

値段の安さよりもデータ量の多さを重視したい人は、大容量プランがある格安SIMキャリアか無制限で利用できるポケットWiFiやホームルーターなどを検討しましょう。

低速(節約)モードに切り替えられない

低速(節約)モードとは、通信速度を高速から低速・低速から高速に自分で切り替えられる機能のことです。

低速・高速と通信速度を切り替えて使用すると、無駄なデータ通信量を節約して使うことができるため便利です。

mineoやIIJmio、UQ mobileなどの格安SIMキャリアで利用することができますが、ワイモバイルには備わっていない機能です。

しかし、ワイモバイルはデータ容量を使い切った後でも一定の通信速度で利用が可能です。

データ容量を使い切って通信制限がかかったとしても、Web検索やメール、LINEなどの日常生活に利用する分には問題はありません。

ワイモバイルで低速(節約)モードが必要だと感じる場面は少ないと言えます。

選べる機種・プランが少ない

ワイモバイルは選べる機種が少なく、また最新機種などの取り扱いがありません。

2024年2月現在、ワイモバイルオンラインストアで取り扱いのある機種は以下の通りです。

iPhone
  • iPhone 13
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 12/iPhone 12 mini
Android
  • AQUOS wish3
  • moto g53y 5G
  • OPPO Reno9 A
  • かんたんスマホ3
  • Android One S10
  • Libero 5G Ⅲ
  • OPPO Reno7 A
  • AQUOS wish2
  • Xperia Ace III
ガラケー
  • AQUOS ケータイ4
  • DIGNO® ケータイ4
  • DIGNO® ケータイ3
  • AQUOS ケータイ3
  • Simply

最新機種や欲しい端末がないのであれば、最新のスマホを取り扱っている大手キャリアで契約しましょう。

もちろん、別の場所で最新機種を購入し、SIM契約だけワイモバイルにする方法も安い月額料金で利用できるのでおすすめです。

また、ワイモバイルで今から入れる契約プランは以下の3種類のみです。

プラン名基本料金(税込)データ容量
シンプルプラン2S2,365円4GB
シンプルプラン2M4,015円
(総データ利用量1GB以下の場合:1,078円)
20GB
シンプルプラン2L5,115円
(総データ利用量1GB以下の場合:1,078円)
30GB

プランが3種類しかないのは、たくさんのプランの中から自分に合ったプランを選びたい方には、デメリットです。

しかし、プランが少ないことで、シンプルになり選びやすくなることはメリットとも言えます。

余ったデータは翌月に繰り越すこともできるので、無駄になることもありません。

シンプルプラン2M/2Lであれば、データ利用量1GB以下の月は月額1,078円(税込)で利用できるのもメリットです。

データ利用量が30GB以下の方は、ワイモバイルの3つのプランで十分コスパ良く利用できます

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

ワイモバイルの料金プランはおかしい?旧プランや他社比較で検証

ワイモバイルの料金プランは、2023年10月3日から大幅に新しくなりました。

新プラン発表を受けて、ワイモバイルの料金プランはおかしい?という評判があったり、おトクなのかなどの疑問点があったりすると思います。

ここでは、新プランと旧プランやその他キャリアのプランを比較して検証していきます。

  • 旧プランと料金・プランを比較
  • ソフトバンクと料金・プランを比較
  • UQモバイルと料金・プランを比較
  • LINEMOと料金・プランを比較

旧プランと料金・プランを比較

新料金プランの月額基本料金と、旧料金プランの月額基本料金を比べると、新料金プランの方が高いです

ですが、表に記載されている通りデータ通信容量も旧料金プランに比べて増量しています。 

料金プラン比較新料金プラン「シンプル2」旧料金プラン「シンプル」
データ通信容量S:4GB
M:20GB
L:30GB
S:3GB
M:15GB
L:25GB
月額基本料金(税込)S:2,365円
M:4,015円
L:5,155円
S:2,178円
M:3,278円
L:4,158円
割引後の料金(税込)S:1,078円
M:2,178円
L:3,278円
S:990円
M:2,090円
L:2,970円
※割引後の金額は「おうち割 光セット(A)」と「PayPayカード割」を適用させた料金

新プランは、プランM以上のおうち割光セット(A)割引額が1,188円から1,650円に増額されました。

割引を適用すれば料金の差がそこまでなくなるため、データ容量が多い分、新プランの方がコスパが良いと言えます。

また、新プランのM/Lプランは、月の総データ利用量が1GB以下なら月額料金1,078円(税込み)に割引されます。

そのため、月によってデータ消費量が変わる人にも利用しやすいです。

ソフトバンクと料金・プランを比較

次に、ソフトバンクの料金と比較してみましょう。

ソフトバンク料金プランは4種類ありますが、どのプランもワイモバイルと比較するとソフトバンクの方が高いです。

ただし、ソフトバンクには、データ利用量を無制限で使えるプランがあるのが特徴です。

プラン名月額料金(税込)割引後料金(税込)
ワイモバイル:新料金プラン「シンプル2」4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,155円
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
ソフトバンク:ペイトク30GB:7,425円
50GB:8,525円
無制限:9,625円
30GB:4,928円
50GB:6,028円
無制限:7,128円
ソフトバンク:メリハリ無制限+無制限:7,425円
~3GBの場合:4,378円
無制限:4,928円
ソフトバンク:ミニフィットプラン+1GB:3,278円
2GB:4,378円
3GB:5,478円
1GB:2,178円
2GB:3,278円
3GB:4,378円
ソフトバンク:スマホデビュープラン+4GB:1,078円(~13ヵ月)2,266円(14ヵ月~)
20GB:2,728円(~13ヵ月)3,916円(14ヵ月~)
割引なし
ペイトク・メリハリ無制限+の割引後料金は「おうち割光セット」「新みんな家族割(3人以上)」「PayPay割」を適用、ミニフィットプラン+は「おうち光割セット」を適用させた料金

ワイモバイルは、ソフトバンク回線を使用するため、通信速度も大きくは変わりません。

ただし、ソフトバンクのペイトクは、PayPayの買い物で最大15%(月4,000円分上限)のポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

PayPayを日常的によく使う方やデータを無制限で使いたい方にはソフトバンクプラン、それ以外の場合であればワイモバイルのプランの方が安く利用できます。

UQモバイルと料金・プランを比較

続いて、UQモバイルとワイモバイルの料金プランを比較します。

UQモバイルは、auのサブブランドの格安SIMキャリアです。

UQモバイルのトクトクプラン割引料金1GB以下の場合を除いて、ワイモバイルの方が月額料金を安く利用することができます。

プラン名月額料金(税込)割引後料金(税込)
ワイモバイル:新料金プラン「シンプル2」4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,155円
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
UQモバイル:トクトクプラン~1GB:2,277円
1~15GB:3,465円
~1GB:990円
1~15GB:2,178円
UQモバイル:コミコミプラン(10分無料通話付)20GB:3,278円割引なし
UQモバイル:ミニミニプラン4GB:2,365円4GB:1,078円
UQモバイル割引後料金は「自宅セット割」「au PAYカードお支払い割」を適用させた料金

UQモバイルのコミコミプランは、10分の無料通話ができますが、ワイモバイルには月880円(税込)の10分無料通話オプションがあります。

そのため、10分無料通話をつけたとしても、ワイモバイルの方がおトクです。

LINEMOと料金・プランを比較

最後にLINEMOとワイモバイルの比較をします。

LINEMOも、ソフトバンクのサブブランドの格安SIMキャリアでソフトバンク回線を利用しています。

プラン名月額料金(税込)割引後料金(税込)
ワイモバイル:新料金プラン「シンプル2」4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,155円
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
LINEMO;ミニプラン3GB:990円割引なし
LINEMO;スマホプラン20GB:2,728円割引なし

割引を適用できるのであれば、ワイモバイルの方がほとんどの場合、安く利用できます。

ただし、LINEMOは、LINEのデータ消費量がかからないという特徴があります。

また、5分以内の国内通話は1年間無料で利用可能です。

そのため、3GB以下の少ないデータ利用量の方や5分以内の通話を頻繁にする方はLINEMOがおすすめです。

また、「おうち割 光セット(A)」の割引を適用しないのであれば、LINEMOのほうが安くなります。

割引を適用できる方であれば、断然ワイモバイルがおすすめです。

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

ワイモバイルの申し込みから利用までの流れ

ワイモバイルの申し込みから利用までの流れをわかりやすく解説します。

  • ①必要書類の準備
  • ②オンラインストアで申し込む
  • ③商品発送完了のメールを受け取る
  • ④端末を受け取り初期設定

①必要書類の準備

まずは、本人確認書類と支払いに必要なものを準備しましょう。

本人確認書類には以下のいずれかが必要です。

本人確認書類一覧
  • 運転免許
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード+住民票or公共料金支払い書
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 在留カード+外国パスポート
  • 特別永住者証明書

ただし、ソフトバンクもしくはLINEMOから乗り換える場合は、My SoftBank/My Menu(LINEMO)のログイン情報があれば、本人確認書類は必要ありません。

支払いに必要なものは、支払い方法によって異なります。

クレジットカードで支払う場合は、契約者のクレジットカードが必要です。

銀行引き落としの場合は、キャッシュカードか通帳を準備しましょう。

他社から乗り換えで電話番号を引き継ぎたい場合は、さらにMNP予約番号が必要です。

乗り換え元の事業者とMNP予約番号発行手続きをしましょう。

必要準備書類
  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • 契約者のクレジットカードまたは、キャッシュカードか通帳
  • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ場合)
ソフトバンクもしくはLINEMOからの乗り換えの場合、必要な準備物
  • My SoftBank/My Menu(LINEMO)のログイン情報
  • クレジットカードまたはキャッシュカードか通帳

②オンラインストアで申し込む

必要な準備物がそろったら、さっそく申し込みをしましょう。

詳しい申し込み手順は以下の通りです。 

STEP
ワイモバイルオンラインストアにアクセス

まずは、ワイモバイルのオンラインストアにアクセスします。

STEP
プラン・オプションなどを選択する。

端末をセットで契約する場合は、ページ内から好きな端末を選びましょう。

SIMのみ契約をする場合は「SIMカード」か「eSIM」を選んでください。

SIMロック解除が必要な場合は忘れずに行いましょう。

ここで「家族割引きサービス」や「PayPayカード割」に該当する場合は申し込むことができます。

STEP
本人確認書類をアップロードする

準備した本人確認書類の写真をアップロードしましょう。

壁などに立てかけて撮影すると、影が映らず上手に撮影することができます。

STEP
お客さま情報を入力する

氏名、住所、メールアドレスなどの情報を入力します。

加えて、4桁のネットワーク暗証番号を入力する必要があります。

ネットワーク暗証番号は、My Y!mobileのパスワード再発行などに利用するため、必ず控えておきましょう。

③商品発送完了のメールを受け取る

審査が完了すれば、商品発送完了メールが届きます。

もし、申し込み内容に不備がある場合は「(重要)お申込み内容のご確認」というメールが届くので、メールに記載の窓口に連絡しましょう。

④端末を受け取り初期設定

申し込みが終わり、商品が届いたら初期設定をしましょう。

まずは、回線の切り替えが必要です。

Webか電話の2通りの回線の切り替え方法があります。

Webでの切り替え

オンライン回線切替受付サイトより手続きができます。

受付時間は9:00 ~ 22:30で年中無休です。

長くても15分ほどで終わるので、すぐに済ませてしまいましょう。

切り替えに必要な情報は以下の3つです。

Webでの切り替えに必要な情報
  • WEB受注番号
  • 生年月日
  • メールアドレス

電話での切り替え

ワイモバイルカスタマーセンター切替窓口で切り替えを行います。

ワイモバイルカスタマーセンター切替窓口

TEL:0800-100-1847
受付時間 10:00 ~ 19:00(年中無休)

音声ガイダンスに沿って、電話番号などを入力しましょう。最大1~2時間ほどで切り替えが完了します。

電話での切り替えに必要な情報
  • WEB受注番号
  • 携帯電話番号
  • 契約時に設定した4桁の暗証番号

商品到着日から6日後の22:30までに切り替えを行わなかった場合、その翌日(商品到着日の7日後)に切替手続きが行なわれます。

もし、回線が開通しない場合は、端末の再起動をしてください。

回線が繋がったら、SIMのみ契約した方は通信設定が必要です。

回線の切り替えと通信設定ができれば、通話・インターネットの接続ができるようになります。

あとは、その他の初期設定の中から必要なものを選んで設定すれば完了です。

その他の初期設定
  • My Y!mobile初期設定
  • Y!mobileサービス初期登録
  • My Y!mobileメール設定
  • Apple ID設定・Geogleアカウントの設定
  • PayPayアプリの登録・連携
  • My SoftBankアプリの登録
  • バックアップデータ引継ぎ

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

ワイモバイルで選べる人気機種

ワイモバイルで選べる人気機種を紹介します。

  • Android One S10
  • iPhone
  • OPPO
  • AQUOS

Android One S10

Android One S10は、2023年1月に発売された京セラ製の5G対応スマートフォンです。

Android One S10のおすすめのポイントは以下の通りです。

  • 2年間のOSアップグレードと3年間のセキュリティアップデートを保証
  • バッテリーが大容量・高速充電
  • 水洗いが可能

最新のAndroid 13を搭載しており、2年間のOSのアップグレード対応と3年間のセキュリティアップデートより、常に最新の状態で使用できます。

充電速度が特に優れており、バッテリー容量4,380mAhでありながら、電池残量0%からでもわずが約85分でフル充電可能です。

さらに、ウェットタッチ機能付きで、手が濡れた状態でもスムーズに操作可能です。

また、ボディーソープなどで丸洗いでき、除菌シートも利用可能なため小さいお子様が触る際も安心です。

本体価格は36,000円(税込)ですが、ワイモバイルで他社から乗り換え、新規契約、機種変更すれば、それぞれ割引があります。

契約方法割引適用後の料金(税込)
新規契約・他社から乗り換えプラン2S契約の場合:21,600円(14,400円割引)
プラン2M/2L契約の場合:18,000円(18,000円割引)
機種変更31,680円(4,320円割引)

新規契約か他社からの乗り換えで、プラン2M/2Lプラン契約の場合、最大18,000円割引で購入できます。

低価格でありながら、日常使いに必要な機能を兼ね備えたスマートフォンです。

iPhone

iPhoneは、アップル社が発売しているスマートフォンシリーズです。

日本では、2008年ごろから爆発的に普及し多くの方がiPhoneを利用しています。

2024年2月現在、ワイモバイルでは、オンラインサイトでiPhone 13、iPhone SE(第3世代)を取り扱っています。

iPhone 13、iPhone SE(第3世代)のおすすめのポイントは以下の通りです。

  • CPUがA15 Bionicチップで高性能
  • 5Gに対応
  • 最大21,600円の割引価格で購入可能

iPhone SE (第3世代)とiPhone 13は、A15 Bionicチップを搭載していることに加えて、5Gにも対応しています。

そのため、旧型モデルに比べてアプリの起動や操作性が高く、同時に複数のアプリを起動させてもスムーズに操作可能です。

また、電力消費も抑えらえるため、充電頻度を下げて利用ができます。

2024年2月現在、ワイモバイルでのiPhone 13とiPhone SE(第3世代)の販売価格と割引価格は以下の通りです。

iPhoneシリーズ販売価格(税込)割引価格(税込)
iPhone 13128GB:115,200円

機種変更:93,600円(21,600円割引)
新規契約・他社から乗り換え(プラン2M/2L):97,200円(18,000円割引)
新規契約・他社から乗り換え(プラン2S):84,960円(14,400円割引)
256GB:131,040円機種変更:109,440円(21,600円割引)
新規契約・他社から乗り換え(プラン2M/2L):113,040円(18,000円割引)
新規契約・他社から乗り換え(プラン2S):116,640円(14,400円割引)
512GB:161,280円機種変更:139,680円(21,600円割引)
新規契約・他社から乗り換え(プラン2M/2L):143,280円(18,000円割引)
新規契約・他社から乗り換え(プラン2S):146,880円(14,400円割引)
iPhone SE (第3世代)64GB:73,440円

新規契約・他社から乗り換え(プラン2M/2L):55,440円(18,000円割引)
新規契約・他社から乗り換え(プラン2S):59,040円(14,400円割引)
機種変更:69,120円(4,320円割引)
128GB:81,360円新規契約・他社から乗り換え(プラン2M/2L):63,360円(18,000円割引)
新規契約・他社から乗り換え(プラン2S):66,960円(14,400円割引)
機種変更:77,040円(4,320円割引)
256GB:99,360円新規契約・他社から乗り換え(プラン2M/2L):81,360円(18,000円割引)
新規契約・他社から乗り換え(プラン2S):84,960円(14,400円割引)
機種変更:95,040円(4,320円割引)

iPhone 13で最大21,600円割引、iPhone SE (第3世代)で最大18,000割引きとおトクに購入可能です。

すべてオンラインサイト限定の割引ですので、気になる方はワイモバイルのオンラインサイトをチェックしましょう。

OPPO

OPPOは、2018年から日本市場に参入した中国のスマートフォンメーカーです。

特に、日本のユーザーのために開発されたモデルである「OPPO Reno A」シリーズは高い人気を誇っています。

そんな「OPPO Reno A」シリーズの最新型モデルが、ワイモバイルで販売されているOPPO Reno9 Aです。

OPPO Reno9 Aのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 5G対応、8GBの大容量メモリ
  • 高いカメラ性能と大容量バッテリー
  • 他社から乗り換えで8,640円(税込)と低価格

5G高速通信対応のプロセッサーに、8GB大容量メモリ(RAM)でサクサクと快適な操作性を実現しています。

カメラ機能においては、約4800万画素の広角カメラと約800万画素の超広角カメラ、約200万画素のマクロカメラのトリプルカメラを採用しており、鮮明な撮影が可能です。

バッテリー容量は44500mAhで、連続通話時間約1950分、連続待ち受け時間約440時間と長時間の使用にも対応しています。

本体価格は41,400円(税込)ですが、ワイモバイルで他社から乗り換え、新規契約、機種変更すれば、それぞれ割引があります。

契約方法割引適用後の料金(税込)
新規契約18,360円(8,280円割引)
他社から乗り換え8,640円(18,000円割引)
機種変更26,640円(14,760円割引)

他社からの乗り換えで最大18,000円割引で購入可能です。

手ごろな価格でありながら、満足できる性能を搭載しており、コストパフォーマンスの高いスマートフォンです。

AQUOS

AQUOS は シャープが提供するスマホブランドです。

2024年2月現在、ワイモバイルでは、2023年にAQUOS wish3、2022年にAQUOS wish2を取り扱っています。

最新型はAQUOS wish3ですが、AQUOS wish2の方がCPU性能が高く値段も安いため、AQUOS wish2の方がおすすめです。

AQUOS wish2のおすすめポイントは以下の通りです。

AQUOS wish2は5G対応で、2年間最大2回のOSバージョンアップ補償なので、最新の状態で利用可能です。

前回のAQUOS wishからCPU性能が33%向上し、日常生活で使う分には十分な性能があります。

防水やおサイフケータイ、指紋認証機能にも対応し、バッテリー劣化も少ないのが特徴です。

本体価格は23,760円(税込)ですが、ワイモバイルで他社から乗り換え、新規契約、機種変更すれば、それぞれ割引があります。

契約方法割引適用後の料金(税込)
新規契約プラン2S契約の場合:3,960円(19,800円割引)
プラン2M/2L契約の場合:1円(23,759円割引)
他社から乗り換えプラン2S契約の場合:3,960円(19,800円割引)
プラン2M/2L契約の場合:1円(23,759円割引)
機種変更4,980円(18,780円割引)

公式オンラインストアなら新規契約か他社から乗り換えの場合、プラン2M/2Lに契約すれば一括1円で購入可能です。

ただし、公式ストアでこの価格で買えるのはオンライン限定タイムセールの時間(毎日21時~翌9時)のみです。

店舗や家電量販店で買うと割引額が少ない可能性があるので、オンラインストアで購入するようにしましょう。

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

ワイモバイルにまつわるよくある質問

ワイモバイルにまつわるよくある質問を紹介します。

同じ悩みをお持ちの方はチェックして悩みを解消してください。

  • ワイモバイルのダメなところは?
  • ワイモバイルはどんな人におすすめ?
  • 「ワイモバイルに騙された」の意味は?
  • ワイモバイルが他社より高い理由は?
  • ワイモバイルに契約縛りはある?

ワイモバイルのダメなところは?

ワイモバイルのダメなところは、大きく挙げて3つです。

  • 他の格安SIMと比べると高い
  • 無制限プランがない
  • 購入できるスマホの種類が少ない

格安SIM会社の料金プランを比較してみると、mineoは20GBで2,178円(税込)、IIJmioは20GBで2,068円(税込)です。

対して、ワイモバイルは20GBで4,015円(税込)です。

「おうち割 光セット(A)」と「PayPayカード割」で割引しても、20GBで2,178円(税込)かかります。

ワイモバイルも高い方ではないですが、料金だけで比べると他の格安SIMに劣る部分があります。

また、ワイモバイルは最大でも30GBまでのプランしかありません。

そのため、制限を気にせず使いたい方にはおすすめできません。

2024年2月現在、ワイモバイル公式ストアで購入できるスマホはiPhoneが3種類、Android製品が8種類です。

大手キャリアに比べると、心もとないと感じる方もおられるでしょう。

最新機種が欲しい方やたくさんのスマホから選びたい方には、デメリットと言えます。

ワイモバイルはどんな人におすすめ?

ワイモバイルがおすすめの人の特徴は以下の3点です。

  • 格安SIMの中で店舗サポートを重視する人
  • 通信速度を重視する人
  • 家族割引サービスかおうち割が使える人

ワイモバイルは、全国に約2500店の店舗数を誇っています。

対面で相談やサポートを受けることができるため安心です。

また、ワイモバイルはソフトバンク回線を使っているため通信回線が安定しています。

電波が悪くてイライラするのは絶対いや…という方は、ワイモバイルがおすすめです。

さらに、家族でワイモバイルに契約するか、ソフトバンク光やソフトバンクAirを使えば、月額料金からの大幅な割引があります。

お得に利用できるチャンスがある人は、ワイモバイルを選びましょう。

「ワイモバイルに騙された」の意味は?

Y!モバイル、知らないうちに契約してたらしく、物がないのに10万位払ってた。マジで言われてないし、騙されたって感じ。二度と契約せんぞ!!!
引用:X(旧Twitter)

なんか…ソフトバンクに騙された気分
ソフトバンクからYモバイルに乗り換えるのに、2月に名義人の娘と旦那さんと3人で出かけ説明をされた。手数料がソフトバンクに3300円,Yモバイルに3300円の6600円の6台分,39600円
翌月に引き落とされる。
引用:X(旧Twitter)

SNSなどで口コミを調査すると、ワイモバイルの店員さんに「騙された」と感じる方が多く見受けられます。

ワイモバイルは、他の格安SIMと違って実店舗が日本全国にあり、契約の相談を気楽にできる分、そのようなトラブルが多いようです。

一人一人の状況を詳しく調査はできませんが、ワイモバイルショップの店員さんの説明が不十分な可能性はあります。

自分が契約に行くときは、「できるだけ丁寧に説明を聞き、契約解除料など分からないところは積極的に質問する」という姿勢必要です。

ワイモバイルが他社より高い理由は?

ワイモバイルは、全国に店舗があることが影響していると考えられます。

店舗の維持費や従業員の人件費などを負担しなければなりません。

店舗のほとんどない格安SIMのほうが安いのは確かですが、安心した店舗サポートが受けられるワイモバイルの料金プランはむしろ安いと言えます。

ワイモバイルに契約縛りはある?

ワイモバイルに契約縛りプランはありません。

過去には、2年縛りや更新月以外に解約すると高額な解約金がかかることもありましたが、現在はなくなりました。

そのため、いつ解約しても解約金はかかりません。

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

まとめ:ワイモバイルはやめたほうがいいとは言えない

ここまでワイモバイルの評判や口コミからメリットやデメリットを解説してきました。

ワイモバイルは、ソフトバンク回線を使って安定した通信速度を低価格で利用できる格安SIMキャリアです。

特に、おうち割や家族サービス割などを利用すれば、月額基本料金も大幅に節約できます。

格安SIMの中では店舗数がトップクラスで、契約の相談やトラブルの対応などが対面でできるため環境が整っています。

より安い格安SIMキャリアがあるのは事実ですが、ここまでの条件がそろっての料金であればコストパフォーマンスはとてもよいと言えます。

格安SIMを検討している方は、ぜひワイモバイルのホームページを確認してみてください。

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次