<PR>

口座振替できるおすすめの格安SIM!クレカなしで利用できる!

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

格安SIMは携帯代金を安くしてスマホを利用できるSIMカードで、近年では注目を集めています。

「口座振替に対応している格安SIMを知りたい」
「クレジットカードがなくても契約できる格安スマホはあるの?」
デビットカードが使用可能な格安SIMもあるの?」

などを考える方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、口座振替に対応している格安SIMの情報をまとめてみました。

格安SIMの支払い方法で一般的なのはクレジットカード払いですが、以下のようにクレカ不要でも契約できる格安SIMはあります。

口座振替対応の格安SIM 特徴
楽天モバイル
楽天モバイル
・月額料金と各種手数料を口座振替で支払い可能
・振替手数料が毎月110円(税込)必要
・端末の分割払いは口座振替できない
LINEMOロゴ
LINEMO
・利用料金を口座振替で支払い可能
・クレジットカード・口座振替以外にPayPay(残高)での支払いも可能
ahamo
ahamo
・利用料金を口座振替で支払い可能
・端末の分割払いを口座振替可能
ワイモバイル
ワイモバイル
・利用料金を口座振替で支払い可能
・端末の分割払いを口座振替可能
・クレジットカード・口座振替以外にPayPay(残高)での支払いも可能

mineo
eo光ネットを利用中で、かつ、口座振替の支払い方法を選択している場合のみ口座振替可能
UQモバイル
UQモバイル
・利用料金を口座振替で支払い可能
・端末の分割払いを口座振替可能
・初回支払いは払込用紙での支払いになる
irumo
irumo
利用料金を口座振替で支払い可能

QTモバイル
BBIQ光インターネットやBBIQ光テレビを契約している方に限って口座振替可能

J:COMモバイル
・申し込み時は口座振替不可
・契約後に口座振替に変更可能

NifMo
@niftyの接続サービスを利用中で、かつ、支払い方法が「NTT決済」もしくは「KDDI請求」で登録している場合のみ口座振替可能
トーンモバイル
トーンモバイル
申し込み時に口座振替を利用するには店舗で手続きをする必要あり

BIGLOBEモバイル
・データ通信専用SIMのみ口座振替可能
・振替手数料が毎月220円(税込)必要

上記はクレジットカードなしで携帯が契約できるキャリアですが、中には口座振替を設定するために条件を満たしている必要がある会社もあります。

条件なしで申込み時から口座振替が設定できる格安SIMは以下のとおりです。

条件なしで口座振替を設定できる格安SIM

上記のように口座振替をするための条件がない格安SIMもあります。

その辺りの注意点を含めて、どの格安SIMがどのように口座振替に対応しているのか詳しく解説しているので、是非、最後までご覧ください。

ブラックリストでも契約できる!

レンタルスマホではなく自分自身の名義でスマホが契約できる新サービスがリリースしました。

誰でもモバイルは身分証があれば、どなたでも契約可能です!

  • 審査が不要
  • 本人名義のスマホが持てる
  • かけ放題&豊富なプラン

携帯電話会社でブラックリストに載ってしまっていたり、クレジットカードを持っていないことが理由でスマホ契約に諦めていた方は必見です。

ドコモの通信エリア対応なので通信環境も安心!

>>誰でもモバイル公式サイトはこちら

料金節約ならUQモバイルがおすすめ!
UQモバイル

UQモバイルの料金は利用目的に合わせて選べるプランが3つあります!

料金プランこんな人におすすめ!
トクトクプラン
⇨15GBまで月額2,178円※!
さらに1GBまでだと月額990円※!
データ容量もたくさん使いたい

利用する月によって、データ消費量がバラバラ
コミコミプラン
⇨1回10分以内の国内通話無料と20GBで月額3,278円
データ容量もたくさん使いたい

通話もお得に使いたい
ミニミニプラン
⇨4GBまで月額1,078円※!
データ容量はあまりいらないので安い方がいい
※税込表記。自宅セット割とau PAYカードお支払い割の適用時の月額料金。

5月15日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトをご確認ください

ご自身の使い方に合ったプランが選べるので無駄がありません。

料金節約をしたい方は、ぜひUQモバイルを検討してみてください!

料金をお得に節約できる! /

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルで三木谷キャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら14,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

  • 楽天公式サイト:6,000ポイント
  • 三木谷キャンペーン:14,000ポイント

三木谷キャンペーン(別名:楽天モバイル従業員紹介キャンペーン)は、過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目も対象です。

さらに一部キャンペーンとの併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできますので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ 三木谷キャンペーンで14,000ポイント /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

キャンペーン期間は終了日未定と延長されましたが、6月以降変更点あり。

目次

格安SIMで利用可能な支払い方法

格安SIMで利用可能な支払い方法

格安SIMで利用可能な支払い方法に関する情報として、

  • 一般的なのはクレジットカード
  • 口座振替ができる格安SIMもある
  • デビットカードはほぼ使えない
  • その他の支払い方法

それぞれの内容を以下の見出しで解説します。

一般的なのはクレジットカード

格安SIMの支払い方法で主流なのがクレジットカード払いです。

クレジットカードは全ての格安SIMが対応しており、申し込み時の支払い方法をクレジットカードのみとしている所もあります。

クレジットカード払いが優先される理由としては、格安SIM側にとって料金が未払いになるリスクを軽減できるからと考えられます。

クレジットカードを利用できる人は、クレジットカード会社の審査に通ったクレジットカードを作成できる社会的信用力がある人と判断することが可能です。

また、口座振替のように口座の残高不足で料金の引き落としができないといったこともクレジットカード払いだと起こりにくいです。

そのため、口座振替よりも料金が未払いになるリスクが少ないクレジットカード払いが主流となっていると考えられます。

口座振替ができる格安SIMもある

多くの格安SIMでは口座振替に対応していません。

しかし、格安SIMの中には、支払い方法としてクレジットカード払い以外に口座振替での支払いに対応している所があります。

ただ、口座振替での支払いに対応しているといっても、

  • 条件なしで口座振替を利用できる所
  • 一定の条件の下、口座振替に対応している所

といった2つのパターンに分かれます。

一定の条件の下、口座振替に対応している所の例としては、

  • 申し込み時はクレジットカード払いの設定しかできず、契約後に口座振替に変更できる
  • 特定の光回線サービスを利用している人しか利用できない

等といった条件があります。

そのため、口座振替に対応しているといっても、一定の条件を満たす一部の人しか口座振替を利用できない格安SIMもあるので注意が必要です。

デビットカードはほぼ使えない

格安SIMの中にはデビットカードでの支払いに対応している所があります。

ただ、具体的に利用できるデビットカードの情報に関しては、「詳しくは発行カード会社・金融機関に問い合わせてください」という所が多いので、必ずしも自分が利用しているデビットカードが利用できるとは限らないので注意が必要です。

詳しくは一部デビットカードが使用可能な格安SIMの記事が参考になります。

その他の支払い方法

格安SIMの中には、

  • 楽天モバイル:楽天ポイントでの支払い
  • LINEMO・ワイモバイル:PayPay(残高)支払い

といったクレジットカード払いと口座振替以外の支払い方法が用意されている所があります。

口座振替で支払い可能な格安SIM一覧

口座振替で支払い可能な格安SIM一覧

口座振替で支払い可能な格安SIMは次の通りです。

  • 楽天モバイル
  • LINEMO
  • ahamo
  • ワイモバイル
  • mineo
  • UQモバイル
  • irumo
  • QTモバイル
  • J:COMモバイル
  • NifMo
  • トーンモバイル
  • BIGLOBEモバイル

それぞれについて以下の見出しで解説します。

なお、以下で紹介する格安SIMではお得な格安SIMのキャンペーンを随時開催しているので、あわせてチェックしてください。

楽天モバイル

楽天モバイルロゴ画像

出典:楽天モバイル

料金プラン(税込) Rakuten 最強プラン
  • 3GBまで:1,078円
  • 20GBまで:2,178円
  • 上限なし:3,278円
国内通話料金(税込)
  • 22円/30秒
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料
オプション(税込)
  • 留守番電話:無料
  • 割込通話/通話保留:無料
  • 国際SMS:無料
  • 通話転送:無料
  • SMS:無料
  • テザリング:無料
  • 15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
  • 国際通話かけ放題:980円/月
店舗情報 楽天モバイルショップ:全国に1,000店以上
通信回線
  • 楽天回線
  • au回線(パートナー回線利用時)
通信速度
  • 平均ダウンロード速度: 131.88Mbps
  • 平均アップロード速度: 32.85Mbps
引用:みんなのネット回線速度 ※2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
支払い方法
  • クレジットカード
  • デビットカード口座振替
  • 代金引換
  • 楽天ポイント利用
eSIM対応 対応あり
公式サイト https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルは、月額料金と各種手数料の支払いを口座振替で支払うことが可能です。

また、申し込み時点で口座振替を設定することも可能です。

そんな楽天モバイルの口座振替に関する情報は次の通りです。

オンライン手続き可能
端末代金の分割支払い不可
手数料110円(税込)
引き落とし日毎月27日

楽天モバイルの口座振替で注意しておきたいのは、振替手数料が毎月110円(税込)発生するということと、端末購入代金は口座振替で支払いできないということです。

スマホ等の端末購入をする場合は、クレジットカード、もしくは代金引換(代引き)で支払う必要があります。

楽天モバイルで利用可能な金融機関

楽天銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、auじぶん銀行、イオン銀行、新生銀行、信用金庫 ほか

なお、楽天モバイルでは、口座振替以外にはクレジットカード・デビットカード、楽天ポイントでの支払いが可能です。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルの特徴としては、月額3,278円(税込)で無制限に高速データ通信が使い放題になるということです。

他の格安SIMでは、無制限のデータ通信と言っても、速度制限や利用できる時間帯等の制限が限られていることが多いですが、楽天モバイルではそのような制限はなく、テザリングを含めて無制限に高速通信を利用できます。

さらに、専用アプリ「Rakuten Link」を利用すれば、国内通話も無料でかけ放題になるという魅力もあります。

料金プランは「Rakuten 最強プラン」1つのみで、通信をあまり利用しなかった月は、3GBまでなら1,078円(税込)、20GBまでなら2,178円(税込)と料金が自動で変動する従量制を採用。

また、楽天モバイル契約者は、楽天市場でのお買い物でもらえるポイントが毎日+4倍になるので、かなりお得に買い物できるようになります。

豊富でお得な楽天モバイルのキャンペーンを実施しているので、是非一度公式サイトをチェックしてみてください。

なお、データ使い放題が気になる方は、データ通信が無制限の格安SIMを確認しましょう。

\ 月額3,278円(税込)で高速通信が使い放題 /

LINEMO

出典:LINEMO

料金プラン(税込)
  • ミニプラン:3GB 990円
  • スマホプラン:20GB 2,728円
    国内通話料金(税込) 22円/30秒
    オプション(税込)
    • 通話準定額:550円/月
    • 通話定額:1,650円/月
    • 持込端末保証 with AppleCare Services:950円~/月(受付停止
    • 持込端末保証:715円/月
    • 留守電パック:220円/月
    • フィルタリング:無料
    店舗情報 なし
    通信回線 ソフトバンク
    通信速度
    • 平均ダウンロード速度: 63.31Mbps
    • 平均アップロード速度: 14.64Mbps
    引用:みんなのネット回線速度 ※2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
    支払い方法
    • クレジットカード
    • 口座振替
    • PayPay残高
    eSIM対応 対応あり
    公式サイト https://www.linemo.jp/

    LINEMOは、利用料金を口座振替で支払うことが可能で、申し込み時点で口座振替を設定することも可能です。

    LINEMOの口座振替に関する情報は、以下を参考にしてください。

    オンライン手続き可能
    端末代金の分割支払いLINEMOでは端末販売なし
    手数料無料
    引き落とし日毎月26日頃

    ソフトバンクやワイモバイルからLINEMOへ乗り換えた場合は、ソフトバンクやワイモバイルの契約者と同一名義の口座であれば、そのままLINEMOの支払いに利用することが可能です。

    LINEMOで利用可能な金融機関

    愛知銀行/あおぞら銀行/青森銀行/秋田銀行/足利銀行/阿波銀行/イオン銀行/池田泉州銀行/伊予銀行/岩手銀行/SBI新生銀行/愛媛銀行/大分銀行/大垣共立銀行/沖縄海邦銀行/沖縄銀行 ほか

    なお、LINEMOでは、口座振替以外にはクレジットカード・デビットカード、PayPay(残高)での支払いが可能です。

    LINEMOの特徴

    LINEMOの特徴は、高速通信が可能なソフトバンク本家の回線を月1,000円未満で利用でき、かつ、LINEのサービスが使い放題になるということです。

    LINEMOの料金プランは月3GBの「ミニプラン」と月20GBの「スマホプラン」の2つのみであり、「ミニプラン」に関しては月額990円(税込)で利用できます。

    LINEMOでは、LINEのトークや、音声通話・ビデオ通話等の利用時にデータ消費がされない「LINEギガフリー」というサービスが用意されており、この「LINEギガフリー」はミニプランとスマホプランどちらも無料で利用することが可能です。

    ソフトバンク本家の回線を格安で利用できる上、日頃、LINEでの通話等をよく利用する方は、通信データ容量を削減できるため、かなりお得です。

    LINEMOが気になる方は、LINEMOのデメリットやメリット・LINEMOのキャンペーンなどチェックして申し込んでみてはいかがでしょうか。

    \ LINEが使い放題の格安SIM! /

    ahamo


    出典:ahamo

    料金プラン(税込)
    • 20GB:2,970円
    • 100GB:4,950円
    国内通話料金(税込) 22円/30秒(5分以内の通話は無料)
    オプション(税込)
    • ahamoポイ活オプション:2,200円/月
      ※4月1日提供開始
    • 海外データ通信20GBまで無料
    • かけ放題オプション:1,100円/月
    • ケータイ補償サービス:550~1,100円/月
    • smartあんしん補償:330~1,100円/月
    店舗情報 なし
    通信回線 ドコモ
    通信速度
    • 平均ダウンロード速度: 64.87Mbps
    • 平均アップロード速度: 10.19Mbps

    参考:みんなのネット回線速度

    2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

    支払い方法
    • クレジットカード
    • 口座振替
    eSIM対応 対応あり
    公式サイト https://ahamo.com/

    ahamoは、利用料金を口座振替で支払うことが可能で、申し込み時点で口座振替を設定することも可能です。

    ahamoの口座振替に関する情報は次の通りです。

    オンライン手続き可能
    端末代金の支払い可能
    手数料無料
    引き落とし日毎月末日

    ドコモからahamoへ乗り換えをする場合は、ドコモで口座振替を設定していると、その支払い方法がahamoでも引き継がれます。

    利用可能な金融機関

    みずほ銀行/三菱UFJ銀行/三井住友銀行/りそな銀行/埼玉りそな銀行/ゆうちょ銀行 ほか

    なお、ahamoでは、口座振替以外にはクレジットカード・デビットカードでの支払いが可能です。

    ahamoの特徴

    ahamoは、ドコモのオンライン手続きプランとして位置づけられており、ドコモの自社回線そのものを利用して安定した速度で通信できるという特徴があります。

    プランは月額2,970円(税込)で利用できる月20GBプラン1つのみとシンプルであり、5分以内の国内通話であれば何回でも無料で通話可能です。

    さらに通信を利用したい方は、オプションの「ahamo大盛り(税込1,980円/月)」を利用すれば、月に合計100GBという大容量のデータ容量を利用できます。

    ドコモの高品質な4G/5Gネットワークを使って大容量の通信を格安で利用したい方は、ahamoの利用をおすすめします。

    なお、ahamoへ乗り換え予定の方は、ahamoの乗り換えキャンペーンをチェックしておきましょう。

    \ ドコモ本家の回線で月20GBを2,970円(税込)で使える

    ワイモバイル

    ワイモバイル出典:ワイモバイル

    料金プラン(税込)

    2023/10/3〜ギガマシマシ!新プラン登場

      • シンプル2 S(4GB):2,365円
      • シンプル2 M(20GB):4,015円
      • シンプル2 L(30GB): 5,115円
    国内通話料金(税込) 22円/30秒
    オプション(税込)
    • データ増量オプション:550円/月
    • だれとでも定額+(10分以内の国内通話が無料):780円/月
    • スーパーだれとでも定額+(通話時間・回数制限なしでかけ放題):1,880円/月
    • 故障あんしんパックプラス:759円/月
    • 持込端末保証:715〜1,580円/月
    割引サービス
    • 家族割引サービス
    • おうち割 光セット(A)
    • おうち割 でんきセット(A)
    店舗情報 全国約4,000箇所(ソフトバンクとの併設店舗込み)
    通信回線 ソフトバンク
    通信速度
    • 平均ダウンロード速度: 90.35Mbps
    • 平均アップロード速度: 17.12Mbps
    参考:みんなのネット回線速度 ※2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
    支払い方法
    • 銀行振替
    • クレジットカード
    • PayPay残高
    eSIM対応 対応あり
    公式サイト http://ymobile.jp

    ワイモバイルは、利用料金を口座振替で支払うことが可能です。

    また、申し込み時点で口座振替を設定することも可能です。

    以前は口座振替の手続きは店頭に限られていましたが、現在はオンラインでも申し込み可能になりました。

    ワイモバイルの口座振替に関する情報は次の通りです。

    オンライン手続き可能
    端末代金の分割支払い可能
    手数料無料
    引き落とし日毎月26日頃

    ワイモバイルでは、端末代金の分割払いも口座振替に対応しています。

    利用可能な金融機関

    愛知銀行/あおぞら銀行/青森銀行/秋田銀行/足利銀行/阿波銀行/イオン銀行/池田泉州銀行/伊予銀行/岩手銀行/SBI新生銀行/愛媛銀行/大分銀行/大垣共立銀行/沖縄海邦銀行/沖縄銀行 ほか

    なお、ワイモバイルでは、口座振替以外にはクレジットカード・デビットカード、PayPay(残高)での支払いが可能です。

    ワイモバイルの特徴

    ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして位置づけられていることもあって、ソフトバンクの自社回線そのものを利用して安定した速度で通信できるという特徴があります。

    割引サービスも充実しており、「家族割引サービス」や「おうち割」では、月額利用料金から毎月1,100円(税込)の割引を受けることが可能です。

    また、全国各地にある店舗で対面サポートを受けられるため、オンラインで手続きするのが不安という方にもおすすめです。

    PayPayポイントが大量に還元されるお得なワイモバイルのキャンペーンが実施されているので、是非一度公式サイトをチェックしてみてください。

    PayPayポイント還元等、お得なキャンペーン実施中

    mineo

    出典:mineo

    料金プラン(税込)

    マイピタ

    【音声通話+データ通信】

    • 1GB:1,298円
    • 5GB:1,518円
    • 10GB:1,958円
    • 20GB:2,178円

    マイそく

    【音声通話+データ通信】

    • スタンダード(最大1.5Mbps):990円
    • プレミアム(最大3Mbps):2,200円
    • ライト(最大300kbps):660円
    • スーパーライト(最大32kbps):250円

      ※データ通信のみは別料金

      国内通話料金(税込)

      22円/30秒

      専用アプリ「mineoでんわ」使用:10円/30秒

      オプション(税込)
      • 10分かけ放題:550円/月
      • 時間無制限かけ放題:1,210円/月
      • mineoでんわ:無料/月
      店舗情報 全国193箇所(mineoショップ/mineoスポットは14箇所)
      通信回線
      • ドコモ
      • au
      • ソフトバンク
      通信速度
      • 平均ダウンロード速度: 55.9Mbps
      • 平均アップロード速度: 12.94Mbps
      参考:みんなのネット回線速度 ※2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
      支払い方法 クレジットカード
      eSIM対応 対応あり
      公式サイト https://mineo.jp/

      mineoは、利用料金を口座振替で支払うことが可能です。

      ただし、mineoで口座振替を利用できるのは、eo光ネットを利用中の方で、口座振替の支払い方法を選択している場合に限られます。

      そのため、eo光ネットを利用していない方は、クレジットカードでの支払いとなるのでご注意ください。

      そんなmineoの口座振替に関する情報は次の通りです。

      オンライン手続き可能
      端末代金の支払い可能
      手数料無料
      引き落とし日毎月26日または27日(土日祝の場合は翌営業日)

      口座振替を利用する条件のeo光ネットは関西2府4県で提供されているサービスなので、それ以外の地域の方は、事実上mineoで口座振替が利用できません。

      そのため、eo光ネットを利用できる関西圏以外の方は、mineoでは、基本クレジットカード支払いになると考えておいた方がいいです。

      mineoの特徴

      mineoの料金プランは、

      • 高速通信を決まったデータ容量分利用する「マイピタ」プラン
      • 中速以下の速度でデータ無制限の「マイそく」プラン

      の2つのプランを提供しています。

      また、オプションで22時半~7時半の間高速通信が使い放題になる「夜間フリー」、「マイピタ」プランが最大1.5Mbpsの速度でデータ通信が使い放題になる「パケット放題 Plus」といったお得なオプションが用意されているという特徴もあります。

      そのため、主に夜間にネットを利用する方、中速以下の速度で通信を無制限に使いたい方は特にmineoの利用をおすすめします。

      他にも、全国のmineoユーザー同士でデータ容量をシェアできたり、コミュニティサイトが用意されている等、独自の便利なサービスを提供しているので、興味のある方は一度公式サイトをご確認ください。

      mineoを申し込む際は、mineoのキャンペーンを活用しましょう。

      \ 下記のリンクからのみ! mineo × ロケホン事務手数料無料キャンペーン!

      ※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外となります。 /

      UQモバイル

      出典:UQモバイル

      料金プラン(税込)
      • ミニミニプラン(4GB):2,365円
        *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:1,078円

      • トクトクプラン(15GB):3,465円
        *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:2,178円
        *1GB以下利用月は-1,188円割引

      • コミコミプラン(20GB):3,278円
        *10分以内の国内通話無料
          国内通話料金(税込) 22円/30秒
          店舗情報
          • au Style
          • auショップ
          • UQスポット 
          • UQ mobile取扱店(日本全国2,700店舗以上展開中)
          通信回線 au
          通信速度
          • 平均ダウンロード速度: 107.02Mbps
          • 平均アップロード速度: 17.61Mbps
          参考:みんなのネット回線速度 ※2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
          支払い方法
          • クレジットカード
          • 口座振替
          • 自動振込(ゆうちょ)
          eSIM対応 対応あり
          公式サイト https://shop.uqmobile.jp/shop/

          5月15日時点の情報 ※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

          UQモバイルは、利用料金を口座振替で支払うことが可能です。

          また、申し込み時点で口座振替を設定することも可能です。

          UQモバイルの口座振替に関する情報は、以下を参考にしてください。

          オンライン手続き可能
          端末代金の分割支払い可能
          手数料無料
          引き落とし日毎月25日・末日・翌月10日いずれか

          UQモバイルの初回支払いに関しては、口座登録まで時間がかかる場合があり、その場合は、払込用紙が自宅へ届くので、その用紙でコンビニ等にて支払いする必要があります。

          au・povo1.0からの乗り換えの場合は、現在の月額料金の支払方法が継続されるので、支払方法の再設定は不要です。

          利用可能な金融機関

          みずほ銀行/三菱UFJ銀行/三井住友銀行/りそな銀行/埼玉りそな銀行/ゆうちょ銀行 ほか

          なお、UQモバイルでは、口座振替以外にはクレジットカード・デビットカードでの支払いが可能です。

          UQモバイルの特徴

          UQモバイルの特徴は、auのサブブランドとして位置づけられていることもあって、auの自社回線そのものを利用して安定した速度で通信できるという特徴があります。

          「家族セット割」等の割引サービスが利用できるほか、「ミニミニプラン」では、どれだけ通信使ってもデータ消費ゼロになる低速通信の「節約モード」を利用できます。

          また、全国各地にある店舗で対面サポートを受けられるため、オンラインで手続きするのが不安という方にもおすすめです。

          au Pay残高が大量に還元されるお得なキャンペーンが実施されているので、是非一度公式サイトをチェックしてみてください。

          UQモバイルのお得な情報をゲットしたい方は、UQモバイルのキャンペーンUQモバイルのキャッシュバックUQモバイルのクーポンなどをチェックしましょう。

          \ auユーザーにおすすめの格安SIM! /

          irumo

          irumo出典:irumo公式

          料金プラン(税込)
          • 0.5GB:550円
          • 3GB:2,167円
          • 6GB:2,827円
          • 9GB:3,377円
          国内通話料金(税込) 22円/30秒
          オプション(税込)
          • 5分通話無料オプション:880円/月
          • かけ放題オプション:1,980円/月
          • ドコモメールオプション:330円/月
          • ケータイ補償サービス:550~1,100円/月
          • smartあんしん補償:330~1,100円/月
            など
          店舗情報 全国のドコモショップ
          通信回線 ドコモ
          通信速度
          • 0.5GB:3Mbps
          • 3GB/6GB/9GB:eximo/ahamoと同等

          <<データ容量超過後速度>>

          • 0.5GB:128kbps
          • 3GB/6GB/9GB:3Mbps
          支払い方法
          • クレジットカード
          • 口座振替
          eSIM対応 対応あり
          公式サイト https://irumo.docomo.ne.jp/

          irumoは、利用料金を口座振替で支払うことが可能です。

          また、申し込み時点で口座振替を設定することも可能です。

          そんなirumoの口座振替に関する情報は、以下を参考にしてください。

          オンライン手続き可能
          端末代金の支払いirumoでは端末販売なし
          手数料無料
          引き落とし日毎月末日

          ドコモ、ahamoからirumoに乗り換えた場合、登録していた口座振替の支払いがirumoでも引き継がれます。

          利用可能な金融機関

          みずほ銀行/三菱UFJ銀行/三井住友銀行/りそな銀行/埼玉りそな銀行/ゆうちょ銀行 ほか

          なお、irumoでは、口座振替以外にはクレジットカード・デビットカードでの支払いが可能です。

          irumoの特徴

          irumoは、ドコモが提供する格安の料金プランです。

          irumoでは、0.5GB~9GBまでの4つのプランが用意されており、大容量通信を必要としない方におすすめのサービスとなっています。

          月550円(税込)で利用できる最安値の0.5GBプランだけは、通信速度が3Mbpsと制限されますが、それ以外のプランはドコモの「eximo」「ahamo」と同等の速度で通信が可能です。

          また、3GB以上のプランであれば、ドコモ光セット割等の割引サービスを適用してよりお得な料金で利用できます。

          サブ回線をお探しの方や、ドコモ本家の回線を格安で利用したい方は、irumoがおすすめです。

          なお、irumoを申し込み予定の方は、irumoのキャンペーンを確認しておきましょう。

          2024年5月開催中のirumoキャンペーン

          キャンペーン名 概要 終了日
          irumo契約者限定!1GB追加実質半額相当キャンペーン

          エントリ後にデータ量1GB追加またはスピードモード購入でdポイント550ptプレゼント

          終了日未定

          irumoサイトで、OCNモバイルONEからirumo(0.5GBを除く)へのお乗り換えキャンペーン

          エントリー後にirumoサイトにて、OCNモバイルからMNPでSIMのみ契約、審査完了でdポイント(期間・用途限定)20,000ptプレゼント

          終了日未定

          ドコモ光/home 5Gとセットでirumo(0.5GBは除く)新規お申し込みキャンペーン

          進呈条件を満たした月の翌々月以降に、新規お申し込み時に選択したプランに応じてdポイント(期間・用途限定)最大17,000ptプレゼント

          2024年6月30日

          irumoサイトで他社からirumo(0.5GBプラン)にお乗り換えした方にdポイント(期間・用途限定)3,300ptプレゼント!

          他社から乗り換え時にirumoサイトから「irumo(0.5GB)」を契約・MNPで契約し、開通を完了させると、dポイント3,300ptをプレゼント

          終了日未定

          <irumo(0.5GB/3GB/6GB契約者限定>初めて9GBへプラン変更でdポイント(期間・用途限定)1,100ptプレゼントキャンペーン!

          irumo0.5GB/3GB/6GBご契約者が事前エントリーの上、初めて9GBにプラン変更すると、dポイント(期間・用途限定)1,100ptプレゼント

          2024年6月30日

          eximoデビューキャンペーン

          irumoご契約中の方が、対象機種購入と同時にeximoをご契約すると、後日dポイント(期間・用途限定)4,000ptを進呈

          2024年5月31日

          また、格安SIMの速度が気になるかたは、格安SIMの通信速度の比較を参考にしてください。

          \ ドコモが提供する格安の新料金プラン /

          QTモバイル

          出典:QTモバイル

          料金プラン(税込)
          • 2GB:1,100円
          • 4GB:1,540円
          • 6GB:1,760円
          • 10GB:1,980円
          • 20GB:2,200円
          • 30GB:3,300円

              ※データプランのみは別料金

              国内通話料金(税込)
              • 11円/30秒
              オプション(税込)
              • 10分間かけ放題:880円
              • 無制限かけ放題:1,600円
              店舗情報 あり
              通信回線
              • ドコモ
              • au
              • ソフトバンク
              通信速度
              • 平均ダウンロード速度: 65.25Mbps
              • 平均アップロード速度: 8.38Mbps

              ※ドコモ回線の場合の数値

              参考:みんなのネット回線速度

              2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

              支払い方法
              • クレジットカード
              eSIM対応 なし
              公式サイト https://www.qtmobile.jp/

              QTモバイルでは、BBIQ光インターネットやBBIQ光テレビを契約している方に限って、口座振替を利用することができます。

              BBIQ光インターネットやBBIQ光テレビを契約しておらず、QTモバイル単体でのみ契約する方は口座振替が利用できず、クレジットカード払いとなるのでご注意ください。

              QTモバイルの特徴

              QTモバイルは、九州電力グループ「QTnet」が提供する格安SIMです。

              QTモバイルでは、ドコモ・au・ソフトバンクすべての回線に対応しており、料金プランも2GBから30GBまでと豊富なプランが用意されている所が特徴です。

              20GBプランが月額2,200円(税込)で利用できる等、料金も安く、九州電力と固定光ブロードバンドサービスのBBIQを契約している場合は、さらに毎月330円(税込)の割引が受けられるという特徴もあります。

              申し込む際は、QTモバイルのキャンペーンを活用しましょう。

              \ NTTドコモ、au、ソフトバンクすべての回線に対応/

              J:COMモバイル

              出典:J:COMモバイル

              料金プラン(税込)

              【通常月額料金】

              • 1GB:1,078円
              • 5GB:1,628円
              • 10GB:2,178円
              • 20GB:2,728円

              ※データプランのみは別料金

              国内通話料金(税込) 22円/30秒
              オプション(税込)
              • かけ放題(5分/回):月額550円/回線
              • かけ放題(60分/回):月額1,650円/回線
              店舗情報 あり
              通信回線

              au回線

              通信速度
              • 平均ダウンロード速度: 62.14Mbps
              • 平均アップロード速度: 11.73Mbps

              参考:みんなのネット回線速度

              2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

              支払い方法
              • クレジットカード
              eSIM対応 対応あり
              公式サイト https://www.jcom.co.jp/service/mobile/

              J:COMモバイルは、申し込み時の支払い方法はクレジットカードのみしか選択できません。

              しかしながら、J:COMモバイルを契約した後はクレジットカード払いから口座振替に変更することが可能になります。

              支払い方法の変更は、WEBのマイページから行うことが可能です。

              また、J:COMモバイル以外のJ:COMのサービスを利用していて口座振替を利用している場合も、J:COMモバイルの請求をそちらに合算払いすることが可能です。

              J:COMモバイルの特徴

              J:COMモバイルは、ケーブルテレビでおなじみのJ:COMが提供している格安SIMです。

              J:COMモバイルでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越しできたり、データ通信量超過時の速度制限時でも、最大1Mbpsで使えるといった特徴があります。

              また、J:COMが提供しているテレビやネット、固定電話、電力等といったサービスを契約している方が、J:COMモバイルを契約すると、料金そのままで利用できるデータ量が増える「データ盛」というサービスが使えます。

              J:COM関連のサービスを契約している方にとっては、「データ盛り」でかなりお得に利用できるので一度、J:COMモバイルの利用を検討してみるのもいいでしょう。

              J:COMモバイル公式サイト:https://www.jcom.co.jp/service/mobile/

              \ スマホと他サービス契約で5GBが1,078円(税込)/

              NifMo

              出典:NifMo

              料金プラン(税込)

              音声通話対応SIM

              • 3GB:1,760円
              • 7GB:2,530円
              • 13GB:3,850円
              • 30GB:4,730円
              • 50GB:6,050円

              ※データ通信のみは別料金

              国内通話料金(税込)

              22円/30秒

              ※「NifMo半額ダイヤル」の場合は11円/30秒

              オプション(税込)

              NifMo10分かけ放題:913円

              ※「NifMo半額ダイヤル」加入の方のみ利用可能

              割引サービス
              • ネット+スマホ割

              NifMoと@nifty接続サービスを同一IDでご利用いただくと、NifMoのご利用料金が200円引き

              店舗情報 家電量販店取扱あり
              通信回線 ドコモ
              通信速度
              • 平均ダウンロード速度: 34.84Mbps
              • 平均アップロード速度: 2.89Mbps

              参考:みんなのネット回線速度

              2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

              支払い方法

              クレジットカード

              ※@niftyの接続サービスをご利用中のお客様で、登録されているお支払い方法が「NTT決済」もしくは「KDDI請求」の場合、

              ご登録のお支払い方法でお申し込みいただけます

              eSIM対応 なし
              公式サイト https://nifmo.nifty.com/

              NifMoは、基本クレジットカードでの支払いが必須となっています。

              しかしながら、NifMoは、すでに@niftyの接続サービスを利用していて、そのサービスで登録されているお支払い方法が「NTT決済」もしくは、「KDDI請求」の場合は、その登録しているお支払い方法でNifMoの料金を支払うことができます。

              そのため、@niftyの接続サービスで「NTT決済」や「KDDI請求」にて口座振替を設定している場合は、NifMoでも事実上口座振替が可能と言えます。

              NifMoの特徴

              NifMoは、インターネットプロバイダとして有名な「nifty(ニフティ)」が提供している格安SIMです。

              NifMoでは、3GBから50GBまでと幅広いデータ容量の料金プランを用意しており、音声通話SIM、SMS対応SIM、データ通信専用SIMと3種類のタイプのSIMからプランを選択することができます。

              @nifty光等、対象の@nifty接続サービスを契約している方は、NifMoの月額料金から毎月220円(税込)の割引を受けることが可能です。

              NifMo公式サイト:https://nifmo.nifty.com/

              \ 3GB~50GBまで幅広いプランを提供 /

              トーンモバイル

              出典:トーンモバイル

              料金プラン(税込)

              1,100円

              国内通話料金(税込)

              11円/30秒

              オプション(税込)
              • トーン IP電話かけ放題:550円(10分以内の通話が回数無制限でかけ放題)
              • 音声通話かけ放題:770円(5分以内の音声通話が回数無制限で090/080/070番号がかけ放題
              店舗情報 なし
              通信回線 ドコモ
              通信速度
              • 平均ダウンロード速度: 16.6Mbps
              • 平均アップロード速度: 10.16Mbps

              参考:みんなのネット回線速度

              2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

              支払い方法

              クレジットカード

              eSIM対応 なし
              公式サイト https://tone.ne.jp/

              トーンモバイルは、利用料金を口座振替で支払うことが可能です。

              ただし、申し込み時に口座振替を利用するには店舗で手続きをする必要があり、オンラインでは手続きすることができません。

              また、トーンモバイル契約後にクレジットカード払いから口座振替に変更をしたい場合は、トーンモバイルお客様サポート窓口に電話をすることで変更手続きをすることが可能です。

              トーンモバイルの特徴

              トーンモバイルは、動画以外をデータ無制限で利用できるという特徴があります。

              用意されている料金プランは、月額1,100円(税込)の1プランのみであり、ゲームやSNS、メール、ネット検索等、動画以外の通信が使い放題です。

              また、動画に関しても月に1GBまで通信することが可能であり、「動画チケットオプション」を購入すれば、さらに動画に対して通信することができます。

              他にも、トーンモバイルでは、GPS見守り機能やアプリ制限機能といった小さなお子様がいる家族向けのサービスも提供されているという特徴があります。

              トーンモバイル公式サイト:https://tone.ne.jp/

              \ 動画以外ならデータ無制限で通信できる /

              BIGLOBEモバイル

              出典:BIGLOBEモバイル

              料金プラン(税込)

              音声通話SIM(電話+データ通信)

              • プランS:1,078円
              • プランR:1,320円
              • プランM:1,870円

              ※データプランのみは別料金

              国内通話料金(税込) 22円/30秒
              オプション(税込)
              • BIGLOBEでんわ:インストール無料
              • BIGLOBEでんわ 3分かけ放題:660円(「BIGLOBEでんわ」アプリから3分以内の国内通話が何度でも可能)
              • BIGLOBEでんわ 10分かけ放題:913円(「BIGLOBEでんわ」アプリから10分以内の国内通話が何度でも可能)
              • BIGLOBEでんわ 通話パック60:660円(「BIGLOBEでんわ」アプリからの発信で最大60分の国内通話が可能)
              • BIGLOBEでんわ 通話パック90:913円(「BIGLOBEでんわ」アプリからの発信で最大90分の国内通話が可能)
              通信回線
              • ドコモ
              • au
              通信速度
              • 平均ダウンロード速度: 23.88Mbps
              • 平均アップロード速度: 8.68Mbps

              参考:みんなのネット回線速度

              2024/05/18時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

              支払い方法
              • クレジットカード

              ※データ通信専用SIMのみの申込の場合、口座振替も可能

              eSIM対応 なし
              公式サイト https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

              BIGLOBEモバイルでは、利用料金を口座振替で支払うことが可能です。

              ただし、口座振替を利用できるのはデータ通信専用SIMに限られています

              そのため、音声通話SIMを利用する場合は、基本クレジットカード支払いとなるので注意してください。

              なお、データ通信専用SIMを利用して口座振替をした場合は、手数料が220円(税込)発生します。

              BIGLOBEモバイルの特徴

              BIGLOBEモバイルの特徴は、対象となる動画・音楽・電子書籍等のサービスでのデータ通信量が消費されない「エンタメフリー・オプション」が提供されていることです。

              この「エンタメフリー・オプション」では、YouTube、ABEMA、U-NEXT、Apple Music、Spotify、dマガジン等、全21種類のサービスが対象となっています。

              「エンタメフリー・オプション」対象サービスであれば、利用中のプランのギガ数を超えた場合でも速度制限されないので、対象のサービスをよく利用する方にとってはかなりお得なサービスです。

              「エンタメフリー・オプション」は、音声通話SIMを利用している場合は月308円(税込)ですが、現在、初回利用に限って最大2カ月無料で利用することができます。

              YouTubeやApple Music等、「エンタメフリー・オプション」対象サービスをよく利用している方は、BIGLOBEモバイルのキャンペーンを活用して申し込んでみてはいかがでしょうか。

              なお、その他キャリアとの比較が気になる方は、格安SIMの携帯会社ランキング格安SIMの携帯料金比較格安SIMの携帯料金の平均などの記事をチェックしてください。

              \ YouTube等の通信量がノーカウントになるエンタメフリー・オプションがお得 /

              格安SIMで口座振替を利用する注意点・デメリット

              格安SIMで口座振替を利用する注意点・デメリット

              格安SIMで口座振替を利用する時に注意したいポイントやデメリットは次の通りです。

              • キャリアによっては利用条件が設けられている
              • 口座振替手数料が必要な場合あり
              • 分割払いで機種購入をすると口座振替できない場合あり
              • 審査に時間がかかる場合あり
              • 口座登録までコンビニ払いしなければならない

              それぞれについて以下の見出しで解説します。

              キャリアによっては利用条件が設けられている

              口座振替を利用できると言っても、

              • 店舗契約する場合のみ手続きできる
              • 特定のサービスとセット契約にした場合のみ利用できる
              • 一部プランでのみ利用可能

              等、一部の事業者では口座振替利用の条件が定められています。

              また、申し込み時から口座振替の設定ができる所もあれば、申し込み時はクレジットカードのみしか受け付けておらず、契約後に変更手続きで口座振替に変更できるという所もあります。

              そのため、口座振替を利用する条件の有無を確認してから、自分に合ったキャリアで契約をするようにしましょう。

              口座振替手数料が必要な場合あり

              口座振替にした場合、多くの格安SIMでは手数料が無料ですが、一部の格安SIMでは手数料が有料の所があります。

              例えば、楽天モバイルでは110円(税込)/月、BIGLOBEモバイルでは220円(税込)/月の口座振替手数料が発生します。

              契約をしてから、口座振替に手数料が発生すると驚かないためにも、事前に契約を考えている格安SIMでの口座振替の手数料に関する情報を確認しておきましょう。

              分割払いで機種購入をすると口座振替できない場合あり

              キャリアによっては、スマホ等の端末購入の分割払いを口座振替できない所があります

              もちろん、UQモバイルやワイモバイルのように月額利用料金と端末購入代金の分割払いの両方を口座振替できる所もあります。

              月額利用料金の口座振替に対応しているからと言って、端末の分割払いも口座振替にできるとは限らないため、端末購入をお考えの方はその点ご注意ください。

              審査に時間がかかる場合あり

              審査基準が公開されているわけではありませんが、口座振替を選んだ場合は、クレジットカード払いを選ぶよりも審査が厳しく審査に時間がかかる可能性があります。

              クレジットカード支払いであれば、その人はクレジットカード作成の審査に通っている人物であり、クレジットカードの仕組み上、料金の未納になりにくいというメリットが格安SIMの事業者側にあります。

              しかしながら、口座振替の場合は、口座にお金が入っていないと引き落としができないため、格安SIMの事業者にとっては、未納になるリスクがクレジットカード払いよりも高いです。

              そのため、口座振替を選択する人に対しては、支払い能力をしっかりと把握するために審査に時間がかかる可能性が考えられます。

              口座登録までコンビニ払いしなければならない

              格安SIM事業者によっては、口座振替で申し込みをしても、口座振替の登録に時間がかかって、初回の料金支払いは自宅に届いた払い込み用紙でコンビニ払いが必要になる所があります。

              口座振替できる格安SIMに関するよくある質問

              口座振替できる格安SIMに関するよくある質問

              口座振替できる格安SIMに関するよくある質問は次の通りです。

              • 口座振替なら審査なしで格安SIMの契約はできる?
              • 格安SIMでは口座振替以外にデビットカードも利用できる?
              • 格安SIMでクレジットカード以外の支払い方法を教えて

              それぞれについて以下の見出しで解説します。

              口座振替なら審査なしで格安SIMの契約はできる?

              口座振替を選択した場合でも、審査はあります。

              むしろ、口座振替はクレジットカード払いよりも未納になるリスクが高いため、クレジットカード払いを選択するよりも審査が厳しくなる可能性も考えられます。

              格安SIMでは口座振替以外にデビットカードも利用できる?

              全ての格安SIMがデビットカードに対応しているわけではありませんが、LINEMO等では一部のデビットカードを利用することが可能です。

              ただし、デビットカード対応とされている格安SIMでも、具体的に利用できるデビットカードに関しては、「詳しくは発行カード会社・金融機関に問い合わせてください」という所が多いです。

              格安SIMでクレジットカード以外の支払い方法を教えて

              格安SIMでは、クレジットカード以外の支払い方法としては、口座振替があります。

              口座振替以外にも、楽天モバイルでは楽天ポイントでの支払い、LINEMOやワイモバイルではPayPay(残高)支払い、といった独特の支払い方法が可能なサービスもあります。

              口座振替できる格安SIMまとめ

              今回は、口座振替できる格安SIMに関する情報をお伝えしました。

              申し込み時から口座振替の設定をできる格安SIMが多いですが、格安SIMによっては、

              • 特定のサービスとセット契約にした場合のみ
              • 一部プランでのみ
              • 店舗契約する場合のみ
              • 申し込み時はクレジットカードのみで、契約後に口座振替に変更可能

              等といった口座振替をするための条件がある所があります。

              また、月額利用料金は口座振替できても、端末購入費用の分割払いは口座振替できなかったり、口座振替の手数料が毎月発生する格安SIMもあります。

              本記事の情報を参考にして、是非、自分に合った口座振替可能な格安SIMを利用してみてください。

              口座振替対応の格安SIM 特徴公式サイト
              楽天モバイル
              楽天モバイル
              ・月額料金と各種手数料を口座振替で支払い可能
              ・振替手数料が毎月110円(税込)必要
              ・端末の分割払いは口座振替できない
              楽天モバイル公式サイト
              LINEMOロゴ
              LINEMO
              ・利用料金を口座振替で支払い可能
              ・クレジットカード・口座振替以外にPayPay(残高)での支払いも可能
              LINEMO公式サイト
              ahamo
              ahamo
              ・利用料金を口座振替で支払い可能
              ・端末の分割払いを口座振替可能
              ahamo公式サイト
              ワイモバイル
              ワイモバイル
              ・利用料金を口座振替で支払い可能
              ・端末の分割払いを口座振替可能
              ・クレジットカード・口座振替以外にPayPay(残高)での支払いも可能
              ワイモバイル公式サイト

              mineo
              eo光ネットを利用中で、かつ、口座振替の支払い方法を選択している場合のみ口座振替可能mineo公式サイト
              UQモバイル
              UQモバイル
              ・利用料金を口座振替で支払い可能
              ・端末の分割払いを口座振替可能
              ・初回支払いは払込用紙での支払いになる
              UQモバイル公式サイト
              irumo
              irumo
              利用料金を口座振替で支払い可能



              irumo公式サイト

              QTモバイル
              BBIQ光インターネットやBBIQ光テレビを契約している方に限って口座振替可能QTモバイル公式サイト

              J:COMモバイル
              ・申し込み時は口座振替不可
              ・契約後に口座振替に変更可能
              J:COMモバイル公式サイト

              NifMo
              @niftyの接続サービスを利用中で、かつ、支払い方法が「NTT決済」もしくは「KDDI請求」で登録している場合のみ口座振替可能NifMo公式サイト
              トーンモバイル
              トーンモバイル
              申し込み時に口座振替を利用するには店舗で手続きをする必要ありトーンモバイル公式サイト

              BIGLOBEモバイル
              ・データ通信専用SIMのみ口座振替可能
              ・振替手数料が毎月220円(税込)必要
              BIGLOBEモバイル公式サイト
              • URLをコピーしました!

              この記事を書いた人

              株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
              その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

              目次