<PR>

楽天モバイルを海外で利用する方法!高額請求にならないための注意点も解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

楽天モバイルを海外で利用するための設定方法について教えて

楽天モバイルが海外で繋がらない時はどうすればいい

楽天モバイルの海外利用料が高額請求になるケースは

楽天モバイルを海外で利用予定の方の中には、上記のような悩みを抱えているのではないでしょうか。

結論、楽天モバイルでは、海外ローミング使用時やWi-Fi環境下に限り海外でも端末を利用できますが、別途設定が必要です。

本記事では、楽天モバイルの海外でできること楽天モバイルを海外で利用するための設定方法繋がらないときの対処法などについて詳しく解説します。

併せて、注意点やよくある質問ついてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

オンラインの申し込みの方がお得! /

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルで三木谷キャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら14,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

  • 楽天公式サイト:6,000ポイント
  • 三木谷キャンペーン:14,000ポイント

三木谷キャンペーン(別名:楽天モバイル従業員紹介キャンペーン)は、過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目も対象です。

さらに一部キャンペーンとの併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできますので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ 三木谷キャンペーンで14,000ポイント /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

キャンペーン期間は終了日未定と延長されましたが、6月以降変更点あり。

目次

楽天モバイルの海外でできることは?

初めに、楽天モバイルの海外でできることについて、下記の順序でご紹介します。

  • データ通信が2GBまで無料
  • Rakuten Linkで通話もSMSも無料
  • 国際通話かけ放題もある

楽天モバイルが使用できる国、地域は限られています。

そこで、楽天モバイルを利用できる国、地域についてもご紹介します。

なお、楽天モバイルへ申し込み予定の方は、楽天モバイルのキャンペーン楽天モバイルのクーポン楽天モバイルのキャッシュバックも忘れずにチェックしましょう。

データ通信が2GBまで無料

楽天モバイル 海外

画像参照:楽天モバイル

楽天モバイルでは、月に2GBまでであれば無料で指定の国と地域で「海外ローミング」の使用が可能です。

海外ローミングとは、契約回線の電波が届かない場所に行った際、提携している現地の携帯電話会社の電波を使って通信を行える技術のことです。

楽天モバイルの場合、2GBを超過してしまうと、通信速度が最大128kbpsに切り替わってしまいます。

また、海外のデータ消費はデータ利用料としてカウントされます。

例えば、月3GBの利用であれば、海外で2GB、日本では1GBとしてのカウントになるのです。

楽天モバイルでは、2GBを超えた場合、いつでも必要な分だけデータ通信容量を追加できます。

なお、チャージ金額は以下のとおりです。

追加容量チャージ金額
1GB500円
2GB1,000円
3GB1,500円
4GB2,000円
5GB2,500円

※各国際サービスの利用料金は課税対象外

「2GBでは足りない」と感じている方は、データ通信容量の追加を検討しましょう。

Rakuten Linkで通話もSMSも無料

楽天モバイル 海外

画像参照:楽天モバイル

Rakuten Link」を使用することで、通話もSMSも無料で利用可能です。

着信側が「Rakuten Link」アプリを利用していない場合、日本と海外で無料適用の対象が異なります。

下記では、「Rakuten Link」を使用した場合の無料対象のケースをご紹介しています。

【iPhone】日本・海外で国際通話を利用するときの料金

【日本で国際通話を利用する場合】
「Rakuten Link」アプリを互いに利用している場合「Rakuten Link」アプリを利用していない相手の場合
日本から海外の電話へ発信無料国、地域により異なる
日本で海外の電話を着信無料無料※Rakuten Linkアプリでは着信ができないため、iOS標準の電話アプリでの着信が必要
【海外で国際通話を利用する場合】
「Rakuten Link」アプリを互いに利用している場合「Rakuten Link」アプリを利用していない相手の場合
海外から日本の電話へ発信無料無料
海外から海外の電話へ発信無料国、地域により異なる
海外で着信を受ける無料国、地域により異なる※Rakuten Linkアプリでは着信ができないため、iOS標準の電話アプリでの着信が必要

【Android】日本・海外で国際通話を利用するときの料金

【日本で国際通話を利用する場合】
「Rakuten Link」アプリを互いに利用している場合「Rakuten Link」アプリを利用していない相手の場合
日本から海外の電話へ発信無料国、地域により異なる
日本で海外の電話を着信無料無料
【海外で国際通話を利用する場合】
「Rakuten Link」アプリを互いに利用している場合「Rakuten Link」アプリを利用していない相手の場合
海外から日本の電話へ発信無料無料
海外から海外の電話へ発信無料国、地域により異なる
海外で着信を受ける無料無料

つまりあなたが「Rakuten Link」を利用しているととしても、片方が「Rakuten Link」を利用していなければ、無料にならないケースが発生します。

また、使用している端末がiPhoneなのか・Androidなのかによっても通話料金が変動します。

そのため、「Rakuten Link」加入後に海外へ行く場合は、上記の表を参考に誰への発信なのかを確かめたうえで、通話・SMSを利用しましょう。

国際通話かけ放題もある

楽天モバイル 海外

画像参照:楽天モバイル

楽天モバイルでは、海外指定66の国と地域への通話がかけ放題になる「国際通話かけ放題」オプションの提供が行われています。

基本的に「日本から海外の通話」「海外から海外の通話」が対象になります。

Rakuten Link」に加入していない相手への通話であっても、「国際通話かけ放題」は適用されるため、月額料金以外は無料で通話可能です。

ただし、「海外から海外の通話」を行う際に、発信相手が「Rakuten Link」を利用していないと、「国際通話かけ放題」は適用外になってしまいます。

「国際通話かけ放題」利用時も、どこにいる人への発信なのかを確かめたうえで、通話機能を利用しましょう。

利用できる国、地域

楽天モバイルが利用できる国、地域は、以下の通りです。

北米
  • アメリカ(本土)
  • ハワイ
  • グアム
  • カナダ
  • グアム
  • サイパン
アジア
  • インド
  • インドネシア
  • 韓国
  • カンボジア
  • シンガポール
  • タイ
  • 台湾
  • 中国
  • フィリピン
  • ベトナム
  • 香港
  • マカオ
  • マレーシア
  • ミャンマー
  • モロッコ
ヨーロッパ
  • アイスランド
  • アイルランド
  • アンドラ
  • イギリス
  • イタリア
  • エストニア
  • オーストリア
  • オランダ
  • キプロス
  • ギリシャ
  • クロアチア
  • ジブラルタル
  • スイス
  • スウェーデン
  • スぺイン
  • スロバキア
  • スロベニア
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • ドイツ
  • トルコ
  • ハンガリー
  • ノルウェー
  • フィンランド
  • フランス
  • フランス領ギアナ
  • ブルガリア
  • ベルギー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • マルタ
  • ラトビア
  • リトアニア
  • リヒテンシュタイン
  • ルーマニア
  • ルクセンブルク
  • ロシア
オセアニア・中東・中南米
  • オーストラリア
  • アラブ首長国連邦
  • カタール
  • クアドループ
  • クウェート
  • ニュージーランド
  • ブラジル
  • ペルー
  • マルティニーク
  • 南アフリカ
  • メキシコ

上記の国、地域以外での使用はできません。

しかし、Wi-Fi環境があれば端末の利用はできます。

利用できる場所は限られるため、注意しましょう。

オンラインの申し込みの方がお得! /

楽天モバイルを海外で利用するための設定方法

ここからは、楽天モバイルを海外で利用するための設定方法を下記パターンごとにご紹介していきます。

  • my 楽天モバイルでデータ通信の設定
  • Rakuten Linkの設定方法
  • 楽天モバイルを利用していない方
  • 帰国後の設定

設定方法について、1つずつ見ていきましょう。

my 楽天モバイルでデータ通信の設定

楽天モバイルを利用するためには、海外への出国前に「my 楽天モバイル」でオプションサービス(国際)へ加入する必要があります。

「my 楽天モバイル」で「プランに含まれるオプションサービス(国際)へ進む」をタップしてログインすると、下記画面が表示されます。

画像引用:楽天モバイル

画像引用:楽天モバイル

「設定内容を変更しますか?」と表示されたら、「変更する」をタップし、海外ローミング(データ通信)をONにすることで、出国前の手続きは完了です。

なお、eSIMを利用予定の方は、楽天モバイルのeSIM対応機種をチェックしましょう。

次に、現地到着後の海外ローミングの開始方法をご紹介していきます。

【iPhone(ios)】海外ローミングの開始方法

現地到着後、iPhoneで海外ローミングを開始するためには、画面内に表示されている「設定」をタップしましょう。

画像引用:楽天モバイル

設定をタップすると、「モバイル通信」が表示されます。

楽天モバイル 海外

画像引用:楽天モバイル

モバイル通信をタップすると、「通信のオプション」が表示されます。

通信のオプションでローミングオフになっている場合のみ、タップしましょう。

楽天モバイル 海外

画像引用:楽天モバイル

通話のオプションをタップすると、下記画面が表示されます。

下記画面に表示されている「データローミング」をONにすれば、海外ローミングの設定は完了です。

【Android】海外ローミングの開始方法

現地到着後、Androidで海外ローミングを開始するためには、「設定」をタップしましょう。

「設定」は、ホーム画面を上スワイプすることで、表示されます。

楽天モバイル 海外

画像引用:楽天モバイル

設定をタップし、「ネットワークとインターネット」を選択しましょう。

楽天モバイル 海外

画像引用:楽天モバイル

次に、「モバイルネットワーク」をタップしましょう。

モバイルネットワークをタップすると、「ローミング」が表示されます。

ローミングをONにすると、設定完了です。

Rakuten Linkの設定方法

Rakuten Link」を使用するためには、アプリをインストールする必要があります。

▼ダウンロードリンク

Rakuten Link
Rakuten Link
開発元:Rakuten Group, Inc.
無料
posted withアプリーチ

アプリインストール後、「同意してはじめる」をタップしてください。

同意して始めると、位置情報提供協力の確認とアプリ利用中の機能の許可を求められます。

全て同意すると、楽天会員へのログイン画面が表示されます。

楽天会員へのログイン時には「ユーザーIDまたはメールアドレス」「パスワード」の入力が必要になります。

「my 楽天モバイル」へのログイン時に使用したのと同一のものですので、忘れないようにしておきましょう。

次に、楽天モバイルの電話番号入力が求められます。

楽天モバイルの入力を行うと、認証コードがSMSに送付されます

SMSを確認し、入力しましょう。

最後にプロフィールを設定し、設定完了です。

楽天モバイルを利用していない方

楽天モバイルでは、下記国際空港に限り、楽天モバイルを使用していない方でも出国当日にその場で楽天モバイルを契約できますす。

  • 成田国際空港
  • 中部国際空港

また、Wi-Fiルーターの販売を行っているため、使用頻度や資金に合わせて選択可能です。

ただし、「混雑時」「機内搭乗時刻150分前を過ぎてしまった」場合は、出国当日の開通が難しくなります。

事前に来店予約を行い、下記の持ち物を準備したうえで、来店しましょう。

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザーID・パスワード
  • クレジットカード・銀行口座情報
  • MNP予約番号(他社から電話番号乗り換えの方のみ)
  • 以前の楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)からのプラン変更(移行)用QRコード(※QRコード対応ショップでプラン変更(移行)される方)

帰国後の設定

帰国後は、データ通信のサービス停止を行いましょう。

データ通信のサービス停止は「my 楽天モバイル」から「契約プラン」「プランに含まれるオプションサービス(国際)」画面を開きます。

画面を開きログインすると、下記画面が表示されます。

出国時にONにしたボタンをOFFにすることで、サービス停止の手続きは完了です。

楽天モバイル 海外

画像引用:楽天モバイル

次に、念の為スマホ端末の方でも海外ローミングの解除を行います。

【iPhone(iOS)】海外ローミングの停止方法

iPhoneの場合、以下の操作で海外ローミングが停止できます。

  1. 「設定」アプリ
  2. モバイル通信
  3. 通話のオプション
  4. 「データローミング」をオフに

これでiPhone側からも海外ローミングをオフにできました。

【Android】海外ローミングの停止方法

Androidの場合、以下の操作で海外ローミングが停止できます。

  1. 設定アプリ
  2. ネットワークとインターネット
  3. モバイルネットワーク
  4. ローミング
  5. ONにされているローミングをOFFにする

この操作で、Androidスマホ側でも海外ローミングをOFFできます。

海外でも2GBまで無料で使える! /

楽天モバイルが海外で繋がらない時はどうする?

楽天モバイルが海外で繋がらない時は、下記の方法を試してみましょう。

  • 利用する国、地域の確認
  • 消費したデータ通信量の確認
  • 海外への渡航前の設定
  • 端末の設定の確認
  • 利用限度額の確認
  • 発信したい電話番号の確認

対処方法について、1つずつ順番に見ていきましょう。

利用する国、地域の確認

楽天モバイルが海外で繋がらない時は、利用する国、地域の確認を行いましょう。

2024年5月現在、楽天モバイルが利用できる国、地域は以下の通りです。

北米
  • アメリカ(本土)
  • ハワイ
  • グアム
  • カナダ
  • グアム
  • サイパン
アジア
  • インド
  • インドネシア
  • 韓国
  • カンボジア
  • シンガポール
  • タイ
  • 台湾
  • 中国
  • フィリピン
  • ベトナム
  • 香港
  • マカオ
  • マレーシア
  • ミャンマー
  • モロッコ
ヨーロッパ
  • アイスランド
  • アイルランド
  • アンドラ
  • イギリス
  • イタリア
  • エストニア
  • オーストリア
  • オランダ
  • キプロス
  • ギリシャ
  • クロアチア
  • ジブラルタル
  • スイス
  • スウェーデン
  • スぺイン
  • スロバキア
  • スロベニア
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • ドイツ
  • トルコ
  • ハンガリー
  • ノルウェー
  • フィンランド
  • フランス
  • フランス領ギアナ
  • ブルガリア
  • ベルギー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • マルタ
  • ラトビア
  • リトアニア
  • リヒテンシュタイン
  • ルーマニア
  • ルクセンブルク
  • ロシア
オセアニア・中東・中南米
  • オーストラリア
  • アラブ首長国連邦
  • カタール
  • クアドループ
  • クウェート
  • ニュージーランド
  • ブラジル
  • ペルー
  • マルティニーク
  • 南アフリカ
  • メキシコ

2024年5月現在、楽天モバイルは海外指定69の国と地域での使用が可能です。

原則、指定されている国、地域以外での使用はできません。

指定されていない国、地域での使用は、空港やホテルなどに完備されているWi-Fi環境下のみに限られます。

指定されていない国、地域以外での利用を検討されている場合、モバイルルーターやポケットWi-Fiの使用がおすすめです。

楽天モバイルでも購入することができるため、指定されていない国、地域への渡航時には事前に購入しましょう。

消費したデータ通信量の確認

楽天モバイルでは、下記サービスがデータ利用料としてカウントされます。

  • パートナー回線エリア(国内・海外)の通信
  • Rakuten Link」における通話・メッセージ以外の利用
  • 位置情報サービスなどの常にデータ通信を行う設定にしている場合の通信

反対に、「Rakuten Link」を利用した際の、SMS・電話の送受信時にかかるデータ通信量の確認はできません。

楽天モバイルでのデータ通信量の確認方法は、以下の通りです。

  1. 「my 楽天モバイル」から「ホーム」画面を開く
  2. ホーム画面から電話番号の確認を行う
  3. 円グラフ内のデータ利用料を確認(パートナー回線(海外)をチェック)

海外ローミングを利用している場合、2GB以上のデータ通信容量を使用していると、速度制限がかかります。

そのため、繋がりづらくなったと感じる場合は、上記方法をもとに、消費したデータ通信量の確認を行いましょう。

海外への渡航前の設定

海外への渡航前に必要なことは、以下の通りです。

  • 海外データローミングの設定
  • Rakuten Link」のインストール・登録
  • (楽天モバイルを利用していない方で空港での開通希望者は、事前予約)

海外への渡航前は、荷造りや手続きなどにより、時間が足りない方が多いでしょう。

特に、楽天モバイルを使用していない方で空港の当日開通を考えている方は、150分前には店舗に来店しておく必要があります。

混雑時の場合、150分前に到着したとしても受付できないケースがあります。

スムーズに渡航前の設定を完了させるためにも、空港への事前予約を行っておきましょう。

端末の設定の確認

楽天モバイルが海外で繋がらない時は、端末の設定の確認を行いましょう。

海外のデータローミングは、端末により設定方法が異なります。

また、端末ごとに行う海外ローミング設定を忘れていると、楽天モバイルの利用ができません。

楽天モバイルが海外で繋がらない時は、先述した海外ローミングの設定を参考に、端末に合わせて設定の確認を行いましょう。

利用限度額の確認

楽天モバイルの「国際通話・国際SMS」では、毎月の利用限度額が20,000円に設定されています。

そのため、20,000円の利用限度額を超過してしまうと「国際通話・国際SMS」が停止されるのです。

「国際通話・国際SMS」の場合Rakuten Link」への加入していない相手に海外から海外の電話番号へかけると、国・地域別従量課金がかかってしまいます。

つまり、相手を気にせずかけ続けてしまうと、すぐに利用限度額に達してしまうのです。

そのため「電話・SMSの使用ができない」などのトラブルが発生した場合は、利用限度額の確認を行いましょう。

発信したい電話番号の確認

国際電話の場合、日本とは発信方法が異なります。

そのため、単に電話番号を打ち込むだけでは、繋がりません。

以下の方法で国際電話を利用しましょう。

  1. 「+」を入力
  2. 相手先の国番号を入力(ハワイであれば「1」)
  3. 相手先の電話番号を入力

国際電話を行う場合、相手先の国番号を事前確認しておく必要があります。

また、発信先の国によって通話料も異なるため、注意しましょう。

 海外に行く前に契約! /

楽天モバイルの海外利用料が高額請求になるケースは?

ここからは、楽天モバイルの海外利用料が高額請求になるケースについて、以下のパターンを基にご紹介していきます。

  • 2GB以上のデータ通信をする
  • 海外の電話番号にかける
  • 渡航前の設定をしていない

1つずつ順番に見ていきましょう。

また、乗り換えてから後悔しないように楽天モバイルのデメリットも確認しましょう。

2GB以上のデータ通信をする

楽天モバイルの海外ローミングは、2GBまで無料で利用可能です。

2GB以上を超えてしまうと、通信速度が最大128kbpsに切り替わってしまいます。

最大128kbpsになると、動画視聴やオンラインゲームはもちろん、ビデオ電話さえも難しくなります。

しかし、楽天モバイルでは2GB以上を超えたとしても、データチャージ」を利用することで、高速データ通信が維持されます。

追加容量チャージ金額
1GB500円
2GB1,000円
3GB1,500円
4GB2,000円
5GB2,500円

※各国際サービスの利用料金は課税対象外

仮に、1日1GBを使用するとなれば、30日30GB:30,000円かかります。

そのため、できるだけデータ通信容量をチャージしたくない方は、「Wi-Fi環境下」「電話・SMS」のみの利用に限定しましょう。

海外でデータ通信を多く利用するなら、「海外あんしん定額」「海外パケットし放題」が利用できるLINEMOがおすすめです!

日本国内の端末で海外でもインターネットやメール、通話を利用できて定額料金なので、計画的に利用できます。

「海外あんしん定額」の定額国L(アメリカ本土・アラスカ・ハワイなど)なら、データ通信量が24時間プランで3GB980円(税込)と1,000円以下で非常にお得ですよ。

海外の電話番号に電話をかける

楽天モバイルでは、「国際通話かけ放題」に加入していなくても、海外の電話番号にかけられます。

ただし、「国際通話かけ放題」加入時とは異なり、発信・着信ともに通話料金がかかります。

「国際通話かけ放題」未加入の場合にかかる地域ごとの通話料金は、以下の通りです。

国名海外から日本への発信(分/円)海外から海外への発信(分/円)海外で電話を受信(分/円)
北米140~195円265円175~195円
アジア190~500円265~500円95~380円
ヨーロッパ180~500円280~500円110~250円
オセアニア265~500円280~500円120~250円
中南米140~500円265~500円175~250円
中東180~265円280~380円140~220円
アフリカ265~500円280~500円200~250円

※各国際サービスの利用料金は課税対象外

「国際通話かけ放題」は、「日本から海外の通話」と「海外から海外の通話」が無料です。

「国際通話かけ放題」は頻繁に通話機能を使用する方に、特に加入しておきたいオプションと言えるでしょう。

渡航前の設定をしていない

渡航前の設定をしていないと、海外でのデータ通信の利用が制限されます。

また、「国際通話かけ放題」に加入していない状態の通話は、発信・着信ともに、通話料金が発生します。

通話を頻繁に行う方は、月980円で利用できる「国際通話かけ放題」の加入がおすすめです。

利用エリア・タイミングの拡大、通話料金を節約するためにも、先述した渡航前の設定を行いましょう。

オンラインの申し込みの方がお得! /

楽天モバイルの海外での利用に関するよくある質問

最後に、楽天モバイルの海外での利用に関するよくある質問について、下記の順序でご紹介していきます。

  • 楽天モバイルの海外ローミングとは?
  • 海外で利用したデータ通信量の確認方法は?
  • 海外ローミングをオフにしないとどうなる?
  • 楽天モバイルは海外でLINEやSNSも使える?

1つずつ順番に見ていきましょう。

楽天モバイルの海外ローミングとは?

楽天モバイルの海外ローミングとは、海外指定69の国と地域でデータ通信が使用できる機能のことです。

契約回線の電波が届かない地域に行った際にも、提携している現地の携帯電話会社の電話を使用できるため、高速データ通信の利用が可能です。

楽天モバイルの海外指定69の国と地域以外での海外ローミング使用は、原則できません。

対象地域以外の場合、Wi-Fi環境下のみの利用になるため、対象地域の入国を検討されている方は、出国前に海外ローミングの設定を行いましょう。

参考:楽天モバイル|海外ローミング(データ通信)

海外で利用したデータ通信量の確認方法は?

海外で利用したデータ通信量の確認方法は、日本にいる場合の確認方法と同じです。

ただし「my 楽天モバイル」へのログインが必要になるため、海外で確認する場合は、海外ローミングの設定が必要です。

また、楽天モバイルでは以下の内容のみ確認できます。

  • パートナー回線エリア(国内・海外)の通信
  • Rakuten Link」における通話・メッセージ以外の利用
  • 位置情報サービスなどの常にデータ通信を行う設定にしている場合の通信

「Rakuten Link」を利用した際の、SMS・電話の送受信時にかかるデータ通信量の確認はできないため、注意しましょう。

海外ローミングをオフにしないとどうなる?

海外ローミングをオフにしないと、日本国内で海外の通信事業者の電波を拾った際に、余分なデータ通信容量がかかります

とはいえ、島国である日本では海外の通信事業者の電波を拾うことは可能性の低いことです。

万が一、海外の通信事業者の電波を拾ってしまった際、余分なデータ通信容量をかけないためにも、帰国後は海外ローミングをオフにしましょう。

楽天モバイルは海外でLINEやSNSも使える?

楽天モバイルは海外ローミング使用時やWi-Fi環境下に限り、海外でもLINEやSNSを使えます。

2GBの場合、LINEやSNSで使用するデータ通信量は、以下が目安になります。

LINE(文字)約3KB/1トーク
LINE(スタンプ)約5〜10KB/1回
LINE(写真)
  • 300KB/1枚(低画質の場合)
  • 3MB/1枚(オリジナル画質の場合)
LINE(動画)約6MB/30秒
SNS400MB/1時間※サービスによって異なる

LINEであれば、2GBのデータ通信容量でも十分に文字やスタンプ・写真でのやり取りは可能です。

ただし、動画の送付や受信、再生をしてしまうと、急激にデータ通信容量を消費することに繋がるため、注意しましょう。

SNSの場合、400MB/1時間(サービスによって異なる)がデータ通信容量の消費目安です。

5時間続けて使用してしまうと、2GBを超過してしまうため、長時間の使用は避けましょう。

 海外でも安心して使える! /

楽天モバイルの海外まとめ

今回は、楽天モバイルを海外で使用する際についてご紹介しました。

楽天モバイルでは、 海外ローミング使用時やWi-Fi環境下に限り、端末の使用ができます。

海外ローミングの使用を考えている方は、別途設定を行う必要があります。

また、海外ローミング使用は、2GBまであれば無料で利用可能です。

2GBを超えてしまったとしても、1GB:500円からデータ通信容量のチャージができます

さらに、楽天モバイルの「Rakuten Link」「国際通話かけ放題」の加入をしていれば、お得に通話が可能です。

海外での利用に向いている楽天モバイルを検討されている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

キャンペーンも豊富! /

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次