mineo(マイネオ)から楽天モバイルに乗り換える手順とタイミング!デメリットや違約金も解説

mineoから楽天モバイル

近年、大手3キャリアの携帯電話料金が上昇傾向にあり、それに伴って「格安スマホ・格安SIM」を取り扱う会社が増えてきています。

mineo格安スマホを取り扱う会社の1つで、ユニークなサービスがあることで人気です。

そんな中、最近では「docomo・au・softbank」に続く新たなキャリアとして「楽天モバイル」が話題で、mineoを使っているユーザーも乗り換えるほどとなっています。

料金の安いmineoから乗り換える人が多い楽天モバイルには、果たしてどんな魅力があるのでしょうか。

この記事では、mineoから楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリットや手順を解説します。

また、乗り換えるタイミングやお得なキャンペーン情報も紹介するので、ぜひ最後までご覧下さい。

楽天モバイルサイトトップ
出典:楽天モバイル

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

目次

楽天モバイルに乗り換えるデメリット

携帯電話の乗り換えは、メリット面ばかり見がちですが、デメリットについてもしっかり考えなければなりません。デメリットを理解した上で乗り換えないと、大きな失敗をする可能性があります。

「キャンペーンの特典に釣られて乗り換えたら、高い解約金がかかって、しかも使いづらくなった」なんて経験のある方は少なくないでしょう。

ここでは、mineoから楽天モバイルに乗り換えるデメリットについて解説します。乗り換えをする前に確認しておくと良いです。

乗り換えで発生する主なデメリットは、以下の6つです。

mineoから楽天モバイルに乗り換える6つのデメリット
  1. 契約プランが選べなくなり、毎月の料金が高くなる可能性がある
  2. 対応をしているエリアが狭くなるので、地域によっては繋がりにくい
  3. 使い方によってはデータ容量が減る
  4. 通常アプリでの無制限かけ放題プランがなくなる
  5. mineo独自のサービスが受けられなくなる
  6. 残ったデータを翌月に繰り越しできない

上記の内容について、それぞれ詳しく解説していきます。

契約プランが選べなくなり、毎月の料金が高くなる可能性がある

mineo 楽天モバイル
  • 契約プランは全部で12種類
  • 毎月のギガ数から選ぶマイピタと、通信速度から選ぶマイそくがあり、それぞれに2種類のSIMタイプがある
  • 料金は月880円~2,200円
  • 契約プランはRakuten UN-LIMIT Ⅶのみ
  • 月のデータ使用料に応じて自動で料金が決まる
  • 利用料金は月1,078円~3,278円

楽天モバイルに乗り換えると、料金が高くなる場合があります。

mineoは契約プランが12種類あり、自分に最も合うものを選択できる仕組みです。

プラン内容は、毎月のギガ数から選ぶマイピタと、通信速度から選ぶマイそくがあり、それぞれに2種類のSIMタイプがあります。

<マイピタ>

docomo・au・softbankの高速回線から選択できます。速度制限なしやかけ放題などのオプションメニューも追加可能です。

データ容量 音声電話付き データ通信のみ
1G 1,298円 880円
5G 1,518円 1,265円
10G 1,958円 1,705円
20G 2,178円 1,925円

<マイそく>

データ使い放題プランです。回線はdocomo・au・softbankから選ぶことができ、330円で24時間高速通信が可能になるオプションもあります。

通信速度 音声電話付き データ通信のみ
スタンダード(最大1.5Mbps) 990円 990円
プレミアム(最大3Mbps) 2,200円 2,200円

上記のプラン内容からも分かるように、自分にぴったりなプランをお得に利用できます。

なので、「毎月10Gまでで電話もしたい」「通信速度は遅くても良いから、速度制限なしのスマホを安く使いたい」など、選べる幅が広いです。

それに対して楽天モバイルは、契約プランがRakuten UN-LIMIT Ⅶだけで、月のデータ使用量に応じて自動で料金が決まる仕組みなので、ユーザーによってはいらないサービスが付いてくることになります。

また、毎月の利用料金はmineoが月880円〜2,200円なのに対して、楽天モバイルが月1,078円〜3,278円と、その差は約1,5倍ほどです。

「自分が使いたい機能だけのスマートフォンを安く持ちたい」と思うユーザーにとっては、大きなデメリットになります。

対応をしているエリアが狭くなるので、地域によっては繋がりにくい

mineo 楽天モバイル
  • docomo、au、softbankの回線から選べる
  • 5G対応
  • 繋がるエリアが広い
  • マイピタなら通信速度が早い
  • 楽天独自の回線のため、繋がるエリアが狭くなる
  • 5Gは一部の地域のみ対応
  • mineoに比べて通信速度が遅い
  • au回線も利用できるが月5Gのみ

楽天モバイルに乗り換えると、回線が繋がりにくくなることがあります。

mineoは、契約の際にdocomo、au、softbankのどの回線にするか選択できるので、どこでも比較的繋がりやすく、5Gエリアも広いです。

契約プランがマイピタなら通信速度が早く、マイそくでもオプションを付ければ同じ早さにできます。

ですが楽天モバイルは、独自回線での通信になるので、どうしてもmineoに比べると劣ってしまいます。5Gも一部の地域でしか対応していません。

楽天モバイルは、au回線に切り替えることで繋がりにくさを解消できますが、1か月で5G以上使うと低速になってしまいます。

使い方によってはデータ容量が減る

mineo 楽天モバイル
  • docomo、au、softbankの高速回線を1G~20Gまで使える
  • 通信速度は遅いが、無制限データ使い放題プランもある
  • データ使い放題だが、au回線しか届かないエリアでは5Gしか使えない

楽天モバイルは、電波の届かないエリアの場合、データ容量が少なくなります。

データ使い放題が売りの楽天モバイルですが、繋がらなければau回線に切り替える必要があり、au回線を月5G以上使うと低速になってしまいます。

対してmineoは、docomo・au・softbankの回線を使うことができ、高速通信なら最大20Gまで、通信速度を下げれば無制限でデータが使い放題です。

つまり、楽天モバイルが繋がりにくい場所が多い地域では、mineoの方がデータ通信を多く行えるのです。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

通常アプリでの無制限かけ放題プランがなくなる

mineo 楽天モバイル
  • 月550円で10分、月1,210円で無制限の通話プランがある
  • 楽天linkという専用アプリを使えば無制限無料通話が可能
  • 月1,100円で15分まで標準通話アプリでの通話がかけ放題になるプランがある

mineoには2つのかけ放題プランがあり、月1,210円のコースなら無制限で通話ができます。

対して楽天モバイルは、スマートフォンに元々ある標準通話アプリでの電話プランが1つしかなく、無制限のものはありません。月1,100円で15分間無料のプランのみです。

楽天linkという専用アプリから通話をかければ無制限無料通話が可能ですが、慣れるまでに時間がかかるという口コミをネットでよく見かけます。

特に、折り返しや急いでいる時に標準アプリでかけてしまい通話料がかかるということが起きやすいです。

mineo独自のサービスが受けられなくなる

mineo 楽天モバイル
  • 家族割や、eo光ネットセット割などの割引対象から外れる
  • 「ゆずるね。」「フリータンク」など、mineo独自のサービスが受けられなくなる
  • @mineo.jpのメールサービスが利用できなくなる
  • セット割や家族割などの割引サービスがない
  • 楽メール(@rakumail.jp)が利用できる

mineoには、家族で契約すると毎月の基本料金から55円割引になる家族割引や、eo光ネットという光回線と同時契約することで毎月330円割引になるセット割があります。

楽天モバイルに乗り換えるということはmineoを解約することになるので、mineoの割引サービスの対象から外れます。注意しましょう。

また、平日12時から13時のデータ通信を減らすことで特典がもらえる「ゆずるね。」や、いらなくなったパケットを渡したりもらったりできる「フリータンク」など、mineoには独自のサービスが多くあります。

mineo独自のサービスは楽天モバイルでは当然使えなくなるので、mineoでよく利用していた方にとっては大きなデメリットですね。

ちなみに楽天モバイルには、2022年9月時点でセット割や家族割が導入されていません。

そして、乗り換えに伴い「@mineo.jp」のメールサービスが利用できなくなるので注意が必要です。乗り換え後は楽メール(@rakumail.jp)を無料で使えます。

残ったデータを翌月に繰り越しできない

mineo 楽天モバイル
  • 残ったデータ容量を翌月に繰り越しできる
  • データ使用料に応じて料金が決まるので、繰り越しシステムがない

mineoでは、残ったデータ容量を翌月に繰り越すことができるので、上手に利用すれば低料金のプランでも使いたいときに多く使えます。

その他にも、自分で決めたメンバー内で繰り越し分をシェアできたり、誰かにデータ量をプレゼントしたりと、契約プラン以上のギガを使う手段が豊富にあります。

対して楽天モバイルは、データの使用料に応じて料金が決まり、データ使い放題もあるので繰り越しシステムがありません。

mineoの繰り越しシステムやシェアサービスを上手く活用している方にとっては、デメリットになりえます。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

楽天モバイルに乗り換えるメリット

携帯電話を他社へ乗り換える理由は、メリットがあるためですね。mineoから楽天モバイルに乗り換えると、多くのメリットを得られます。

ここでは、この記事内で最も重要な「楽天モバイルに乗り換えるメリット」を紹介します。

mineoから楽天モバイルに乗り換えるメリットは、以下の6つです。

mineoから楽天モバイルに乗り換える6つのメリット
  1. 高速回線のデータ使い放題を追加料金なしで利用できる
  2. 無制限通話を無料で使えるので、お得になる
  3. 料金プランがシンプルで分かりやすい
  4. 契約にかかる手数料が無料
  5. 楽天ポイントが貯まりやすい
  6. 国際電話のかけ放題プランがある

上記の内容について、それぞれ詳しく解説していきます。

高速回線のデータ使い放題を追加料金なしで利用できる

mineo 楽天モバイル
  • マイピタの場合、月385円で最大1.5Mbpsの速度通信を使い放題
  • マイそくの場合、月990円で1.5Mbps、月2,200円で3Mbpsの速度通信を使い放題だが、平日の12時から13時までは最大32kbpsの低速通信になる。24時間330円で高速無制限通信になるオプションがある
  • 楽天回線での無制限データ使い放題
  • データ使用料に応じて料金が決まるので、追加料金がかからない

楽天モバイルの人気の理由は、楽天回線による高速通信のデータ無制限プランが元から組み込まれている点です。

mineoでは、マイピタで最大1.5Mbps(追加で月385円かかる)、マイそくでも最大で3Mbpsまでの速度でしか使い放題を利用できません。

高速回線での無制限データ使い放題を利用する方法は、マイそくでの専用オプションを追加するしかなく、24時間で330円かかります。

またマイそくは、平日の12時〜13時の間最大32kbpsの低速通信になる欠点があります。

追加料金なしで縛りなく高速回線を無制限に使えるのは、mineoから乗り換える最大のメリットと言って良いでしょう。

無制限通話を無料で使えるので、お得になる

mineo 楽天モバイル
  • 月550円で10分、月1,210円で無制限の通話プランがある
  • オプションメニューを追加しなければ無料通話ができない
  • 専用アプリで無制限無料通話が可能

楽天モバイルに乗り換えると、無料の通話かけ放題が自動でついてきます。

注意点として、通話専用アプリである楽天linkを利用しないと無料対象になりません。通常の通話アプリでは通話料金が発生します。

ですが楽天linkは、相手が楽天モバイルでも他社でも固定電話でも関係なく無料通話を行えるので、通常の通話アプリを使う場面はほぼなくなります。

対してmineoには、無制限の通話プランはありますが、10分までで月550円、無制限で月1,210円の追加料金がかかります。

では、mineoで無制限通話プランを付ける場合と楽天モバイルでは、どちらの方がお得なのでしょうか。

実際に計算すると以下になります。

mineoのマイピタプランで無制限通話かけ放題のオプションを付けた場合
  • 1Gプラン(月1,298円)+通話かけ放題(月1,210円)=月2,508円
  • 5Gプラン(月1,518円)+通話かけ放題(月1,210円)=月2,728円
  • 10Gプラン(月1,958円)+通話かけ放題(月1,210円)=月3,186円
  • 20Gプラン(月2,178円)+通話かけ放題(月1,210円)=月3,388円
mineoのマイそくプランで無制限通話かけ放題のオプションを付けた場合
  • スタンダード(月990円)+通話かけ放題(月1,210円)=月2,200円
  • プレミアム(月2,200円)+通話かけ放題(月1,210円)=月3,410円
楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅶプランの場合
3Gまでで月1,078円、20Gまでで月2,178円、データ使い放題で月3,278円

上記から分かるように、mineoで無制限かけ放題を追加すると、どのデータ使用料でも楽天モバイルの方がお得になります。

料金プランがシンプルで分かりやすい

mineo 楽天モバイル
  • 契約プランは全部で12種類
  • 毎月のギガ数から選ぶマイピタと、通信速度から選ぶマイそくがあり、それぞれに2種類のSIMタイプがある
  • 料金は月880円~2,200円
  • 自分に合うプランを選択しなければならない
  • 必要に応じてオプションメニューを追加する必要がある
  • 料金プランはRakuten UN-LIMIT Ⅶの1つだけ
  • データ使用料に応じて利用料金が自動で決まる安心システム
  • 3Gまでなら月1,078円、20Gまでなら月2,178円、それ以上は無制限で月3,278円

楽天モバイルは、契約プランが1つなので分かりやすく、料金が自動で決まるので安心できます。

mineoの場合、多くの契約プランから自分に合ったものを選択しなければなりません。また、必要なオプションメニューがあれば追加料金が発生します。

対して楽天モバイルは、Rakuten UN-LIMIT Ⅶのみなので迷うことがなく、データも通話も使い放題なので追加料金が一切かかりません。

また、3Gまでなら月1,078円、20Gまでなら2,178円、それ以上使ったら3,278円というように、自分の使った量に応じた金額に自動で切り替わるので、無駄がないです。

ギガをあまり使わない方から多く使う方まで誰でもお得になるので、多くのユーザーが利用しています。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

契約にかかる手数料が無料

mineo 楽天モバイル
  • 初期費用3,300円、SIMカード発行代440円
  • 他社へ乗り換えのMNP転出料無料
  • 解約手数料無料
  • 解約手数料、申し込み時の事務手数料、他社へ乗り換える際のMNP転出料など、全ての手数料が無料

契約にかかる費用のことを考えずに乗り換えをして、翌月の支払いが高くなって驚いたことのある方は少なくないですよね。

mineoから楽天モバイルに乗り換える際にかかる初期費用は、mineoの解約手数料・MNP転出料・楽天モバイルの事務手数料の3つです。

これら3つは全て無料なので、初期費用はかかりません。

また、楽天モバイルも解約手数料やMNP転出料が無料です。契約に縛りがないのも、ユーザーが多い理由となっています。

楽天ポイントが貯まりやすい

mineo 楽天モバイル
  • ポイント付与サービスを行っていない
  • 楽天市場で買い物すると最大16倍のポイントが付与される
  • 楽天ポイントは、楽天モバイルの利用料金にも使える
  • 楽天カードで携帯料金を支払うとポイントが貯まる

mineoは、ポイントを付与したりキャンペーンで還元したりしていませんが、楽天モバイルは、ポイント還元サービスを積極的に行っています。

楽天モバイルを使っている方は、楽天市場の買い物でもらえるポイントの還元率が3倍になり、最大で16倍まで上げられます。

さらに、楽天モバイルの利用料金を楽天カード支払いにすれば、その分のポイントが毎月もらえます。楽天モバイルに乗り換える際は、楽天カードも一緒に作るとお得です。

楽天ポイントは、楽天市場だけでなく、飲食店やコンビニ、デパートやガソリンスタンドなど、幅広いジャンルのお店で使えます。そして、楽天モバイルの利用料金の支払いにも使えるので、便利で使い勝手の良いサービスです。

楽天ポイントがどこで使えるか知りたい方は、こちらの公式サイトにアクセスしてみましょう。

楽天モバイルでは、2022年9月時点で乗り換えキャンペーンを行っており、最大24,000ポイントもらえます。この機会にぜひ乗り換えをして、ポイントを手に入れてください。

国際電話のかけ放題プランがある

mineo 楽天モバイル
  • 国際電話のかけ放題プランがない
  • 月980円で国際電話かけ放題のプランがある

mineoには国際電話のかけ放題プランがなく、選んだ回線で決められた所定の通話料が発生します。

それに対して楽天モバイルには、月980円で66か国との通話がかけ放題になるオプションがあります。詳しいオプションの内容は以下です。

発信元と発信先 楽天linkでかける場合 標準通話アプリでかける場合
日本から海外 かけ放題適用 かけ放題適用
海外から海外 かけ放題適用 かけ放題が適用されない

海外から海外に標準通話アプリで発信する場合以外は、かけ放題を適用して国際電話を利用できます。

海外に知人・友人がいる方や、よく海外に行く方におすすめです。

上記のオプションですが、海外から日本にかける場合は、海外から海外に該当します。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

楽天モバイルに乗り換える手順と準備するもの

mineoから楽天モバイルに乗り換えるメリットやデメリットを紹介したので、ここでは乗り換えの手順と準備するものを紹介します。

手順や必要な物を知っておいた方が契約がスムーズに進みますので、確認しておきましょう。

まず初めに、今まで使っている端末をそのまま使うか、新しい端末を購入するか決める必要があります。

今までmineoで使っていた端末をそのまま使う場合、こちらの公式サイトで楽天回線に対応しているかチェックしましょう。

対応していない場合は楽天モバイルでの使用ができません。新しい端末の購入を検討してください。

対応しているかの確認が終わったら、SIMロックの解除についてです。

mineoで購入したiPhoneやスマートフォンは、基本的にSIMフリーなのでSIMロックを解除する必要はありません。

mineoではなく別キャリアで購入した端末を使っていて、これまでにSIMロックを解除したことのない場合は、購入元での解除手続きが必要です。

詳しくは、購入したキャリアに問い合わせをお願いします。どのキャリアも、解約後のSIMロック解除に対応してくれます。

それでは、端末決めが終わったので、楽天モバイルに乗り換える手順へ移ります。

乗り換えは、店舗に直接行くやり方とオンラインで行う方法の2種類がありますが、店舗に直接行く場合はスタッフが説明してくれますので割愛します。

オンラインで乗り換える手順は、以下の6つです。

mineoから楽天モバイルに乗り換える手順【オンライン編】
  1. 契約プラン、製品、オプションなどの選択
  2. 個人情報を入力
  3. 身分証明書の提示
  4. MNP予約番号の入力
  5. 携帯番号、届け先、支払方法を入力
  6. 最終確認、利用規約の確認をして完了

少し多いように感じますが、手間はさほどかかりません。後ほど詳しい内容について解説します。

そして、店頭とオンラインで準備するものは同じで、以下の5つです。

  • 運転免許証やマイナンバーカードなどの顔付き身分証明書
  • クレジットカードや銀行口座(引き落としで利用するもの)
  • 楽天会員ID、パスワード
  • MNP予約番号
  • 端末のバックアップ

身分証明書やクレジットカード・銀行口座などは、無いと契約が出来ません。必ず準備しておきましょう。

楽天モバイルへの乗り換え限定で準備するものが、楽天会員IDとパスワードです。

IDとパスワードを取得していない方は、事前に作成しておく必要があります。すでに楽天サービスを利用している方は、既存のIDとパスワードを利用して下さい。

そして、MNP予約番号も乗り換えの手続きでは必要になります。MNP予約番号はmineoで取得しましょう。取得方法については、オンライン手続きの説明の際に一緒に解説します。

乗り換えの準備に必要な物ではないですが、端末のバックアップもやっておいた方が良いです。

誰しも1度は不慮の事故でデータを失った経験がありますよね。1番多いパターンが、乗り換え時のデータ移行によるトラブルです。

クラウドやSDカードに保存しておきましょう。iPhoneの場合、自動で最新のバックアップを取ってくれるiCloudが便利で、データ移行も早いのでおすすめです。

simカードのみの契約で、今使っているスマートフォンをそのまま使う場合でも、バックアップをしておいた方が安心できます。

それでは、準備するものが分かった所で、mineoから楽天モバイルにオンラインで乗り換える手順について詳しく解説していきます。

①契約プラン、製品、オプションなどの選択

まずは、契約プランから選択してください。楽天モバイルの料金プランは、Rakuten UN-LIMIT Ⅶのみです。

次に、simカードの種類を選択します。今使っている端末をそのまま使う場合は、対応するsimタイプを選びましょう。新しい端末を購入する際は、その端末に対応しているsimカードを選んでください。

SIMカードを選択したら、欲しい端末を決めます。楽天モバイルは、最新のiPhoneやスマートフォンを数多く取り揃えています。じっくり考えて選びましょう。

その後、保証やアクセサリーなどの選択を済ませ、内容を確認して完了です。

②個人情報の入力

契約者の個人情報の入力です。楽天モバイルは、個人情報を厳重に保管することを規約に明記しているので、安心して入力しましょう。

また、入力した個人情報とその後に提出する身分証明書の内容が異なると、手続きし直しになります。漢字やひらがな、数字の字体にも気を配ってください。

未成年の方は、ここで親権者の同意書をアップロードする必要があります。

③身分証明書の提示

個人情報入力が終わると、身分証明書の提示です。

提示方法には2種類あります。入力ページにアップロードするやり方と、製品を受け取る際に配達員に直接提示する手段です。好きな方を選択しましょう。

身分証明書の写真をアップロードする際は、不備がないように注意事項を必ず確認してください。写真が不鮮明でやり直しになると、契約に時間がかかり、利用開始日が遠ざかってしまいます。

身分証明書は、運転免許証やマイナンバーカードなどの顔付き身分証明書が有効です。

健康保険証やパスポートなどでも手続きできますが、補助書類として発行3か月以内の住民票や公共料金の請求書、届出避難場所証明書のいずれかが必要になります。

また、身分証を配達員に直接提示する手段の場合、健康保険証は使えないので注意しましょう。

④MNP予約番号の入力

mineoで取得したMNP予約番号を入力します。MNP予約番号の取得はmineoのマイページからのみで、店舗や電話では対応してもらえません。

取得は時間がかからず画面上で完了するので、乗り換えまでに済ましておきましょう。

マイページでの取得方法は以下になります。

  1. mineoのマイページにログインし、各種サポートから「解約・MNP予約番号発行」をタップ
  2. MNP予約番号発行をタップしたら、乗り換える端末の電話番号を選択
  3. 内容確認に同意、解約理由を選んで「予約番号発行」をタップ
  4. 解約するコンテンツサービスがある場合は選択して「選択したコンテンツを解約する」をタップ、無ければ「解約しない」をタップ
  5. 完了画面に予約番号が発行される

操作終了後1時間程度で、メールにも予約番号が送られます。そして、MNP予約番号は発行日込みで15日間が有効期限です。期限内に乗り換えましょう。

⑤電話番号、届け先、支払方法を入力

MNP予約番号の入力をしたら、電話番号の選択です。MNPでの乗り換えは、電話番号をそのまま引継ぎできるので、他社からの乗り換えを選択します。

端末の届け先には、自宅や店舗などがあります。受け取り可能な届け先を決めましょう。

その後、利用料金の支払い方法を選択します。クレジットカード、銀行口座、分割回数、楽天ポイントの使用の有無など、自分に合う手段を選んでください。

楽天カードをお持ちの方は、毎月の利用料金に応じたポイントがもらえるのでおすすめですよ、

⑥最終確認、利用規約の確認をして完了

記入漏れや間違いがないか最終確認し、利用規約には必ず1度目を通しておいて、手続きは完了です。その後、審査を経て発送となります。

商品到着後は初期設定のみで使用可能で、初期設定の方法は機種によって異なるため、こちらの公式サイトを確認してください。

ここまで、オンラインでの乗り換え方法の手順を解説しましたが、実際に行ってみると不安なことも出てくるかもしれません。

楽天モバイルでは、オンライン手続きに不安な方や自分に合うスマートフォンを教えてほしい方にぴったりのサービスがあります。

それは、オペレーターと通話しながら契約できるサービスです。こちらの公式ページから、ぜひ利用してみましょう。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

楽天モバイルに乗り換えるベストなタイミング

ここでは、mineoから楽天モバイルに乗り換えるベストなタイミングを解説します。

乗り換えは、すぐに乗り換えた方がお得な場合もあれば、時期をずらした方が良いケースもあるので、タイミングが重要です。

1番ベストなタイミングで乗り換えるためにも、しっかりと確認しておきましょう。

mineoから楽天モバイルに乗り換えるベストなタイミングは以下の4つです。

mineoから楽天モバイルに乗り換えるベストなタイミング
  • キャンペーンが開催されている間(なるべく早め)
  • mineoのデータ容量が無くなってから(マイピタ限定)
  • 楽天モバイルの回線が今より繋がりやすくなってから
  • 最新機種が発売された時

それぞれについて詳しく解説していきます。

キャンペーンが開催されている間(なるべく早め)

mineoは、解約手数料やMNP転出料がかからず、解約月は日割り計算をしてくれるので、乗り換えキャンペーンが開催されている今がベストなタイミングです。

理由は2つあり、1つはキャンペーンのほとんどが「終了時期未定」となっているからです。

もちろん、次のキャンペーンの方がもっとお得な内容になる可能性も考えられますが、そうならない場合もあります。キャンペーン自体行われなくなるかもしれません。

また、キャンペーンの特典である楽天ポイントは2か月後の末にもらえるので、早く契約した方がそれだけ早く付与されるのです。

早くポイントをもらうためにも、なるべく早く楽天モバイルに乗り換えましょう。

そして、なるべく早く乗り換えるべき理由の2つ目は、事務手数料です。

現在楽天モバイルでは、契約で発生する事務手数料が無料ですが、今後どうなるかは分かりません。

他社では3,300円とSIM発行代の2つを支払う場合がほとんどなので、無料である今のうちに乗り換えた方が良いでしょう。

mineoのデータ容量が無くなってから(マイピタ限定)

mineoでマイピタプランを契約している方限定ですが、データ通信量を使い切ってから乗り換えるのも良いタイミングです。

楽天モバイルは、月のデータ使用料に応じて料金が決まるので日割り計算ではありません。

なので、マイピタプランの契約データ容量にもよりますが、ギガ数が0になってから乗り換えた方がお得になることがあります。

もしも乗り換えるタイミングがすでに決まっている場合は、前の月までに契約プランのデータ容量を少ないものに変更した方が、mineoの解約月の日割り計算で発生する料金を抑えられます。

乗り換えは、無駄なくお得に行いましょう。

楽天モバイルの回線が今より繋がりやすくなってから

楽天モバイルは、2022年3月時点で4G回線の人口カバー率97%を突破し、今までより明らかに繋がりやすくなりました。

ですが、docomo・au・softbankの回線に比べて繋がりにくいのも事実です。

繋がりにくい原因は基地局数の少なさですが、これからその数は確実に増えていきます。

なので、ネットの使いやすさを重要視するのであれば、今よりもっと使いやすい状態になってから乗り換えをするのも良い手段です。

また、5Gエリアも現在拡大中なので、5Gが完全に整備されてからでも良いかもしれません。

最新機種が発売された時

楽天モバイルは、常に最新のiPhoneやスマートフォンを販売しているので、新機種が登場してもすぐに販売されると考えられます。

なので、新機種が発売された時に乗り換えをするのも良いタイミングの1つです。

ただし、以前使っていた端末の本体代金が分割で、支払いが終わっていない場合は、残りの金額を支払う必要があるので注意しましょう。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

楽天モバイルの乗り換えに使えるキャンペーン

乗り換えをする上で、楽天モバイルのキャンペーン内容の充実さもとても重要ですよね。

楽天モバイルでは、2022年9月時点で魅力的なキャンペーンを豊富に行っています。上手に利用して、mineoから楽天モバイルにお得に乗り換えましょう。

おすすめのキャンペーンは、以下の5つです。

楽天モバイルの乗り換えキャンペーン
  • トク得乗り換えキャンペーン
  • 15分通話かけ放題3か月無料キャンペーン
  • エンタメコンテンツ初回無料キャンペーン
  • 【ショップ限定】対象製品購入でさらにポイント還元キャンペーン
  • 【楽天市場店限定】対象Android製品の回線セット申込で使える最大27,000円OFFクーポン配布中

どのキャンペーンも適用方法や条件があり、終了予定は未定となっています。

乗り換えキャンペーンの適用方法に不安を持つ方もいるかもしれませんが、どれも簡単に適用させられるので安心してくださいね。

では、詳しい内容について1つずつ解説していきます。

トク得乗り換えキャンペーン

トク得乗り換えキャンペーン
出典:楽天モバイル

2022年9月から始まったキャンペーンで、他社から乗り換えをすることで楽天ポイントや割引サービスを受けられるものです。

このキャンペーンは、初めて楽天回線を契約する方限定になります。

購入機種がiPhoneかスマートフォンかによって特典の内容が少し異なるので、以下で詳しく紹介します。

購入機種がiPhoneの場合
  • 新規回線契約で3,000ポイント
  • 端末購入で1,6000ポイント
  • 楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム加入で5,000ポイント
購入機種がスマートフォンの場合
  • 新規回線契約で3,000ポイント
  • 端末の本体代金から16,000円割引

iPhoneなら最大で24,000ポイントの還元、スマートフォンなら19,000円お得になります。SIMカードのみの新規契約でも3,000円分のポイントがもらえます。

iPhoneにのみ付いているアップグレードプログラムとは、48回の分割払いで端末を購入し、24回目を払い終えれば、残りの24回分が免除になるシステムです。

ただし、端末を返却しなければなりません。残り24回分の分割金が下取り代として相殺されるようなイメージですね。

アップグレードプログラムは楽天カードの48回分割購入でしか適用できません。

それでは、キャンペーンの適用方法の解説に進みます。

楽天モバイルのキャンペーン適用方法
  1. Rakuten UN-LIMIT Ⅶへ申し込みをする(新規でも乗り換えでも可)
  2. 対応機種を購入する
  3. 端末が届いたらSIMカードを挿入して初期設定を行う(契約の翌月末日まで)
  4. 楽天linkアプリで10秒以上通話する

トク得乗り換えキャンペーンはエントリー不要です。この手順で乗り換えをすれば自動的に適用されます。

申し込み方法に縛りはないですが、店頭で契約すると1,000ポイント多く付与されるのでおすすめです。

キャンペーンの適用は対応機種の購入のみになるので注意してください。

以下が、対応機種の一覧です。

  • iPhone(12、13、SE第3世代)
  • Rakuten Hand 5G
  • Rakuten Big s
  • OPPO(A55s 5G、Reno5 A)
  • Xperia10 Ⅲ Lite
  • AQUOS(sense、6wish、zero6)

どれも楽天モバイルで取り扱っている人気機種ばかりとなっています。

ぜひ、トク得乗り換えキャンペーンでmineoから楽天モバイルにお得に乗り換えましょう。

15分通話かけ放題3か月無料キャンペーン

15分通話かけ放題3か月無料キャンペーン
出典:楽天モバイル

標準アプリでの通話が15分間かけ放題になるオプションを初めて申し込んだ方限定で、最初の3か月間が無料になるキャンペーンです。

通常だと月1,100円かかるので、3,300円分お得になります。そしてこのキャンペーンは、無料期間に解約しても料金が発生しないので、デメリットがありません。

楽天モバイルには楽天linkという無制限無料通話アプリがあるので、15分間かけ放題オプションがいらなくなる可能性も充分考えられます。

乗り換え時に申し込んで、3か月の間に今後も使うかの検討をじっくり行いましょう。

エンタメコンテンツ初回無料キャンペーン

エンタメコンテンツ初回無料キャンペーン
出典:楽天モバイル

Rakuten UN-LIMIT Ⅶを契約した方限定で、エンタメコンテンツが初回最大3か月無料になるキャンペーンです。

試してみたいコンテンツがある方は、無料なのでぜひこの機会に登録してみましょう。

どのコンテンツも、必要ないと感じたら無料期間内に解除すれば追加料金はかかりません。

以下が、初回無料になるエンタメコンテンツの一覧です。

  • Rakutenマガジン(月418円が初回90日間無料、無料期間後は月293円)
  • Rakuten music(月980円が初回90日間無料、無料期間後は月780円)
  • NBA×Rakuten(月990円が初回3か月無料、無料期間後は月550円)
  • パリーグSpecial(月702円が初回3か月無料、無料期間後は月352円分のポイント付与)
  • Youtube Premium(月1,180円が初回3か月無料、androidユーザー限定)
  • Hulu(通常2週間無料のところ、1か月無料に延長)

雑誌・音楽・スポーツなど、ジャンルの幅が広いので、誰でも1つは気になるコンテンツがあることでしょう。

どれもほとんどが3か月無料な上に、YouTube PremiumとHulu以外は無料期間終了後も特別価格で契約し続けられるので、とてもお得です。

ぜひ乗り換えのタイミングで利用してみましょう。

【ショップ限定】対象製品購入でさらにポイント還元キャンペーン

【ショップ限定】対象製品購入でさらにポイント還元キャンペーン

名称 【ショップ限定】対象製品購入でさらにポイント還元キャンペーン
期間 2022年7月29日~終了日未定
条件 店頭で新規または他社からの乗り換え(MNP)した方で、「Rakuten UN-LIMIT VII」プランの利用を開始し、「Rakuten Link」を利用する
内容 16,000円値引き+最大9,980ポイントの還元(楽天ポイント)

出典:楽天モバイル

【楽天市場店限定】対象Android製品の回線セット申込で使える最大27,000円OFFクーポン配布中

【楽天市場店限定】対象Android製品の回線セット申込で使える最大27,000円OFFクーポン配布中

名称 【楽天市場店限定】対象Android製品の回線セット申込で使える最大27,000円OFFクーポン配布中
期間 2022年6月20日~終了日未定
条件 事前に楽天モバイル公式 楽天市場店で使えるクーポンを取得して対象製品を注文し、新規または他社からの乗り換え(MNP)で楽天回線プランへ申込み
内容 最大27,000円OFFのクーポンが利用可能

出典:楽天モバイル

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

楽天モバイルに乗り換えに関するよくある質問

ここでは、mineoから楽天モバイルへ乗り換えをする際のよくある質問を紹介します。

今まで解説できなかった内容もあるので、乗り換え検討中の方はぜひ最後までご覧下さい。

以下の5つが、乗り換えに関するよくある質問です。

楽天モバイルに乗り換える際によくある質問
  • 乗り換えにかかる費用の合計は?
  • おすすめの機種は?
  • mineoで購入した端末の分割支払いが残っている場合は?
  • 店舗かオンラインならどちらで契約するべき?
  • ネットで申し込んでから端末が届くまで何日かかる?

それでは、5つの質問について詳しく解説していきます。

乗り換えにかかる費用の合計は?

mineoから楽天モバイルに乗り換える場合にかかる費用は、本体代金を除けば無料になっています。

一般的に乗り換えでかかる費用は、mineoのMNP転出料と解約金・楽天モバイルの契約手数料ですが、2022年9月時点では全て無料です。

今後も無料かどうかは分かりませんので、早めに乗り換えることをおすすめします。

一括購入の場合、契約の際に本体代金が必要なので用意しておきましょう。

おすすめの端末は?

楽天モバイルには多くの端末が販売されていますが、その中でも人気の高いシリーズを3つ紹介します。

  • iPhoneシリーズ
  • OPPAシリーズ
  • 楽天オリジナルシリーズ

まずiPhoneですが、日本で約50%のシェア率を誇っています。

中でも2021年9月末に発売したiPhone13シリーズは、10か月経った現在でも入荷待ちのものがあるほどに大人気です。

「便利で使い勝手が良い」「周りがiPhoneだから操作方法を教えてもらえる」など、多種多様な理由で愛されている機種となっています。

iPhoneの性能については省略させていただきます。

次に、2つ目のOPPAシリーズです。最新機種であるOPPO Reno7 Aは「見た目が可愛い」「充電の持ちが良い」といった口コミをよく見かけます。

とても人気なので、性能について詳しく解説します。

OPPO Reno7 A
  • 薄くて軽い(画面6.4インチ、厚さ約7.6mm、重さ約175g)
  • バッテリーの持ちが良く、急速充電にも対応(容量4,500mAh、連続待受時間約440時間)
  • メインカメラの画質は最大4800万画素
  • 指紋認証、顔認証付き
  • nanoSIM、eSIM対応、5G対応

使い勝手が良く高性能なので、iPhoneからandroidに乗り換える方にもおすすめです。

ですが、残念ながら上記の機種はキャンペーンの対象外となっています。1つ前の機種であるOPPO Reno5 Aも性能面で引けを取らないので、キャンペーンを適用させる場合はReno5 Aがおすすめです。

そして3つ目の楽天オリジナルシリーズは、端末代金を少しでも抑えたい方にとてもおすすめな端末となっています。

最新機種であるRakuten Hand 5G19,001円なので、キャンペーンを適用させれば実質1円で購入できます。

Rakuten Hand 5Gの特徴は以下です。

  • コンパクトで軽い(画面5.1インチ、厚さ約9.5mm、重さ約134g)
  • 充電も長持ちで安心(容量2,630mAh)
  • メインカメラの画質は最大6400万画素
  • 指紋認証、顔認証付き
  • eSIMのみ対応、5G対応

この性能で実質価格1円というのはとても驚きですね。

端末代金を安く済ませたい方だけでなく、2台持ちのサブ端末として使いたい方にもおすすめできる機種です。

mineoで購入した端末の分割支払いが残っている場合は?

mineoで使っている端末の分割代金が残っている状態で乗り換えをするとどうなるかも、事前に知っておいた方が良い情報ですね。

mineoで使っていた端末は契約者自身のものになるので、分割金も払わなければなりません。

そして支払方法についてですが、一括で清算するか分割にするか自分で選ぶことができます。

分割にした場合は、これまで通りの支払方法で分割金のみ請求されます。いきなり一括で請求されることはないので安心して下さい。

店舗かネットならどちらで契約するべき?

店舗で乗り換える方法とネットで申し込む方法には、それぞれメリットデメリットが存在します。

mineoから楽天モバイルに乗り換える場合のみの内容もあるので「いつもネットだから今回もネットにしよう」と安易に決めず、しっかりと検討しましょう。

以下が、メリット・デメリットの一覧です。

乗り換え方法 メリット デメリット
店舗
  • キャンペーンを適用した際に、1,000ポイント多くもらえる
  • 端末の在庫があれば、即日で利用可能
  • 分からないことや自分に合う端末などをその場で相談できる
  • 機種の在庫がないとと契約できない
  • 余計な時間を取られる
  • スタッフに勧められて、別のサービスも一緒に契約してしまう恐れがある
ネット
  • 時間がそれほどかからない
  • 家で好きな時間にゆっくり申し込みができる。
  • 電話サポートを受ければ相談が可能
  • 希望機種が入荷待ちでなければすぐに申し込みができる
  • 感染症対策につながる
  • 店舗契約限定の1,000ポイントがもらえない
  • 全て自力で行わなければならない
  • 申し込みに不備があると、契約完了までに余計な日数がかかる
  • 申し込みのみになるので、即日の契約ができない

店舗とネットではそれぞれ多くのメリットデメリットがあり、乗り換えのキャンペーンはどちらでも対象になるので、自分に合った方法で契約しましょう。

しかし、店舗で乗り換えをするとネットより1,000ポイント多く付与されるので、店舗契約の方が今はお得です。

ネットで申し込んでから端末が届くまで何日かかる?

ネットで申し込んでから端末が届くまでには、配送日時の指定をしなければ最短2日で届きます。

ですが、必ず2日というわけではありません。申し込みの審査状況や天候によっては1週間ほどかかる可能性もあります。

すぐに乗り換えたい場合は店頭で契約しましょう。

また、申し込みから1週間以上経っても届かない場合は、1度コミュニケーションセンター(050-5434-4653)まで連絡してみてください。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

まとめ

この記事では、mineoから楽天モバイルに乗り換える際のメリットやデメリットについて解説してきました。

改めてまとめた内容が、以下になります。

メリット デメリット
  • 高速回線のデータ使い放題を追加料金なしで利用できる
  • 無制限通話を無料で使えるので、お得になる
  • 料金プランがシンプルで分かりやすい
  • 契約にかかる手数料が無料
  • 楽天ポイントが貯まりやすい
  • 国際電話のかけ放題プランがある
  • 契約プランが選べなくなり、毎月の料金が高くなる可能性がある
  • 対応をしているエリアが狭くなるので、地域によっては繋がりにくい
  • 使い方によってはデータ容量が減る
  • 通常アプリでの無制限かけ放題プランがなくなる
  • mineo独自のサービスが受けられなくなる
  • 残ったデータを翌月に繰り越しできない

上記の内容についてしっかり考えた上で、キャンペーンを利用して楽天モバイルにお得に乗り換えましょう。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

  • URLをコピーしました!
目次