<PR>

楽天モバイルの通信速度は遅い?通信障害に遭った時の対処法も解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

楽天モバイル超お得情報

「Rakuten Wi-Fi Pocket 2C」製品価格が7,980円に対して、

プランセット値引き適用で7,979円が値引きされます。

そのため、実質「1円」でRakuten Wi-Fi Pocket 2Cが購入可能!

※1回線につき1製品のみ適用されます。

7,979円相当がお得になるキャンペーンですので、この機会をお見逃しなく!

Rakuten Wi-Fi Pocket 2Cが実質1円!公式キャンペーン情報


楽天モバイルが人気ですが、ちゃんと速度が出るのか不安ですよね?

キャンペーンなどでお得なイメージが楽天モバイルにはありますが、速度が遅くてイライラしたくありませんよね?

もし楽天モバイルの速度が問題なく使えるのなら自分も使ってみたい!という方もいるかと思います。

その他、楽天モバイルの速度(スピード)について必要なことを本記事でまとました。

楽天モバイルの速度を測りたい、遅い時の対策、他社との比較など、役立つ情報があるかと思うので、ぜひ必要な部分だけでも読んでいってくださいね。

ahamoと楽天モバイルを徹底比較した記事もこちらにありますのでよければ参考にしてください。

また、そのほかの格安SIMについて知りたい方は、こちらの記事がオススメです。

楽天モバイルのお得なキャンペーン(2月現在)
動画で見たい方はこちらが参考になります。

また、楽天モバイルの問い合わせについてはこちらの記事をご覧ください。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

新型iPhone 15の最新情報

また、みんながスマホ代にいくら支払っているのか携帯料金の平均などが気になる方はこちらの記事もおすすめです。

楽天モバイルがお得!
楽天モバイルキャンペーン

楽天モバイルでは様々なキャンペーンを実施しており、iPhoneとセットで乗り換えがお得にご利用可能です!

楽天モバイルを紹介すると7,000ポイントプレゼント!紹介された方も13,000ポイントもらえる♪

料金プランもワンプランで従量制なので、月額1,078円〜3,278円とお得かつ最大料金も安いままデータ無制限でご利用可能です!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 電話もネットも使い放題! /

目次

楽天モバイルとは?

料金プラン3GBまで:1,078円(税込)
20GBまで:2,178円(税込)
20GB超過後(無制限):3,278円(税込)
使用回線楽天回線エリア:楽天回線
パートナー回線エリア:au回線
音声通話料金標準の通話アプリ:22円/30秒
Rakuten Link使用時:無料
速度制限なし
通信速度平均アップロード速度: 34.96Mbps
平均ダウンロード速度: 130.02Mbps
支払い方法口座振替
クレジットカード払い
デビットカード(楽天銀行デビットカード/他社発行のデビットカード(一部))
ポイント払い
店舗全国1,250店舗以上

引用元:「みんなのネット回線速度(2024年2月現在)

楽天モバイルは、楽天グループが提供している格安SIMサービスです。

現在提供している料金プランは、使用データ量の上限を3段階で設定する「Rakuten 最強プラン」1種類のみとなっています。

また、音声通話料金は、ほかの大手キャリアと変わりませんが、「Rakuten Link」という専用の通話アプリを使用することで通話料を無料にできるのも特徴です。

しかし、通信速度について不満を抱えるユーザーが多いなど、メリットばかりではありません。

以下では、楽天モバイル通信速度に焦点を当てて、解説していきます。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

楽天モバイルの通信速度は遅い?

楽天モバイルは他社より速度、エリアが少し複雑です。

楽天回線が保有する「楽天回線エリア」と、それ以外の「パートナー回線エリア(auエリア)」に分かれており、そのどちらでも4Gと5Gに対応しています。

2023年5月末までは、楽天回線エリア内では4Gも5G回線も使い放題(最大で税込3,278円)でも、パートナー回線エリアでは5GB利用後は1Mbpsの通信速度制限をかけられてしまい、通信を無制限で利用できませんでした。

しかし、2023年6月からは、楽天回線エリア・パートナー回線エリアのどちらもデータを無制限で利用できるようになりました。

月額料金はこれまでと変わらないため、更にお得になった印象です。

以下では、次の3点について解説します。

  • 他社との通信速度の比較
  • 通信速度が遅くなる要因
  • 動画視聴に必要なのは何Mbps?

楽天モバイルの通信速度の速さについて検証してみましょう。

他社との通信速度の比較

格安SIM 速度
キャリア平均アップロード速度平均ダウンロード速度
楽天モバイル 34.96 Mbps 130.02 Mbps
ahamo 10.78Mbps 84.93Mbps
ワイモバイル 16.27 Mbps 88.78 Mbps
LINEMO 14.83 Mbps 66.88 Mbps
povo 2.0 16.28 Mbps 105.36 Mbps
UQモバイル 16.92 Mbps 108.83 Mbps
b-mobile 9.51Mbps 81.33Mbps
OCNモバイルONE 9.84 Mbps 50.07 Mbps
IIJmio 10.97Mbps 48.77Mbps
mineo 10.45 Mbps 43.74 Mbps
イオンモバイル 10.37Mbps 41.56Mbps
LIBMO 6.95Mbps 23.17Mbps

引用元:「みんなのネット回線速度(2024年2月現在)

上記の表は、「みんなのネット回線速度」のサイトを参考に、格安SIM各社の通信速度を比較したものです。

「みんなのネット回線速度」は、実際に該当の回線を利用している方が測った、嘘偽りのない数値を投稿しているので非常に参考になります。

地域を絞り込んで検索することもできるので、通信速度を比較したい場合はぜひ参考にしてください。

楽天モバイルと他社の格安SIMを比較すると、楽天モバイルの通信速度は中間に位置します

口コミや評判では遅いといった投稿が目立ちますが、格安SIMの中では平均的な速度なので、そこまで使い勝手は悪くありません。

通信速度が遅くなる要因

上では、他サイトの情報をお借りしましたが、正直スマホの速度は様々な外的要因によってかなりブレがあります。以下に一例を紹介します。

スマホの速度を左右する要因
  • 地域(同じキャリアを同じ地域で使う人が少ない方が高速)
  • 時間帯(12〜13時のお昼休みは混むなど)
  • 条件(キャリア全体の利用者が増えると遅くなる。つまり人気が出ると遅くなる)
  • 建物(鉄筋のマンションの内側やショッピングモールなどは遅くなることも)
  • 電波塔など(近隣に強い電波を発する電波塔があると影響を受けることも)
  • イベント(同地域で多くの人が集まるイベント(コンサートやスポーツイベントなど)があると遅くなる)
  • 端末(端末に余計なデータが大量にあったり、バックグラウンドでアプリが動いていると遅くなることも)
  • 移動(電車や自動車などでの移動中は、基地局を切り替えるため、遅くなりがち)

このように、自分では左右できない様々な要因で速度は変わるので、上で紹介した他社比較も目安程度に考えるとよいかと思います。

動画視聴に必要なのは何Mbps?

では、実際何Mbpsくらい速度があれば快適にスマホが使えるのでしょうか?以下はYouTube公式が発表している、動画視聴に必要な速度です。

動画の解像度推奨される速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

4Kの動画はほとんどありませんし、スマホ本体も対応していません。

実質の最高画質のHD 1080pを視聴するには5Mbpsあれば十分ということがわかります。

Zoom(1対1ビデオ通話)1.8Mbps
Zoom(グループビデオ通話)3.0Mbps

ちなみに、5Mbpsあれば、1対1もグループもZoom通話は問題なくできます。こちらも最高画質(1080HD)の場合です。

動画やビデオ通話が5Mbpsでできるので、この速度でSNS、LINE、メール、Web検索は快適にできます。

これ以上の速度が必要なのはリアルタイムのゲームや、動画など大容量ファイルのアップロードをするときなどです。

特にリアルタイム性の高いゲームをする場合は、Wi-Fiに繋いでからプレイすることをおすすめします。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

楽天モバイルの通信速度に関する口コミ・評判は?

ここまで楽天モバイルの速度に関して解説しましたが「使ってる人の声を聞きたいんだよ!」という方もいますよね?

ただ、上記で紹介したようにスマホの速度は諸条件でかなり変化するのでここでは「遅い」と「速い」両方の口コミを紹介します。

  • 楽天モバイルの通信速度が遅い!という口コミ・評判
  • 楽天モバイルの通信速度は速い!という口コミ・評判

それぞれの口コミを参考に、楽天モバイルの利用可否を検討してみてください。

楽天モバイルの通信速度が遅い!という口コミ・評判

楽天モバイルだけど、時間帯によって通信速度が異常に遅い
乗り換えも検討せなあかんかいな

引用:Twitter

楽天モバイルはエリア内に住んでたら、使い放題。

回線速度もなかなか良さそう。

うちは楽天エリア外なのでauに借りてる遅い回線。でもユーチューブは見られるし、ニュースアプリとかも問題ない。

重いゲームとかしんどいのかな?

引用:Twitter

楽天モバイルの提供エリアは、楽天回線を利用できる「楽天回線エリア」とau回線を借りている「パートナー回線エリア」2つのエリアに分けられているのが特徴です。

2つの提供エリアのうち、「パートナー回線エリア」で楽天モバイルを利用している方は、楽天モバイルの通信速度が遅いと感じやすい傾向にあるといえるでしょう。

また、夜や休日など、回線が混雑する時間帯では、通信速度の低下は顕著です。

楽天モバイルは、ドコモやauが利用している「プラチナバンド」の周波数帯より、低い周波数帯である「ローバンド」を使用していることも通信速度が低下しやすい原因の1つといえます。

楽天モバイルの通信速度は速い!という口コミ・評判

朝1番の楽天モバイルのスピードテストの結果。月曜朝のこの時間だとそこそこ速いです

引用:Twitter

楽天モバイル、速い。

引用:Twitter

楽天モバイルの通信速度が「速い」と感じる人の口コミも一定数存在します。

しかし、どの格安SIMでも、一般的に「通信速度が速い」というツイートよりも「通信速度が遅い」と呟かれる方が多い傾向にあります。

ツイートは参考程度にしつつ、実際に測定された通信速度で判断するとよいでしょう。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

楽天モバイルが利用できるエリア

楽天モバイルが利用できるエリアは、「楽天回線エリア」と「パートナー回線エリア」の2つに分けられています。

「楽天回線エリア」は文字通り、楽天回線を利用して楽天モバイルを利用できるエリアですが、「パートナー回線エリア」ではau回線を利用しています。

以前はパートナー回線エリアのデータ利用量に制限がありましたが、どちらのエリアでもデータを無制限で利用可能です。

また、楽天回線エリアの中には、5Gの高速通信が可能なエリアも存在するなど、エリアごとにさまざまな特徴があります。

ここでは、以下の内容について解説します。

  • 楽天モバイルエリア内
  • 楽天モバイルエリア外
  • 楽天モバイルは5G対応で高速通信が可能
  • 楽天モバイルのエリアは広がり続けている

楽天モバイルの回線エリアの特徴についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

楽天モバイルエリア内

上記画像は、「楽天回線エリア」の提供範囲の一部を示す画像です。

ピンク色で表示されている部分は「4Gエリア」となっており、黄色で表示されている部分は「5Gエリア」となっています。

楽天モバイルは、都市部のほとんどのエリアで利用できるのが特徴です。

しかし、楽天モバイルで飛ばしている電波は建物や障害物に弱いため、都市部であっても電波を拾えず、繋がらなくなることもあります。

楽天モバイルエリア外

「楽天回線エリア」のエリア外では、「パートナー回線」を利用して、楽天モバイルを利用します。

「パートナー回線エリア」では、2023年5月末までは月間の通信容量に制限がありましたが、2023年6月からはパートナー回線でもデータを無制限に利用できます。

楽天モバイルは、「楽天回線エリア」の順次拡大を行っているので、現状「パートナー回線エリア」にお住まいの方でも、将来的には楽天回線エリアに切り替わっていく予定です。

楽天モバイルは5G対応で高速通信が可能

楽天モバイルは、一部のエリアで5Gの高速通信を利用できます。

ちなみに、5Gとは「5th Generation」の略称で、携帯電話に用いられる次世代通信規格の5世代目という意味です。

1つ前の世代である4Gと比べると、通信速度20倍・遅延が10分の1、同時接続台数は10倍、とかなり快適な通信を利用できるのがメリット。

5G対応エリアはまだ少ないのが現状ですが、今後も拡大していく見込みです。

また、5Gには「ミリ波」と「sub6(サブシックス)」の2種類があります。

  • ミリ波:上記で紹介した高速・大容量の通信が可能
  • sub6:通信性能は4Gとほぼ同様

上記マップにはsub6(速度は4Gと大差ない)のエリアが表示されているので、5Gに繋がっても高速にはなりません。

しかし、楽天モバイルはsub6、ミリ波ともにエリアを拡大していくので、今後に期待しましょう。

楽天モバイルのエリアは広がり続けている

こちらが楽天モバイルのエリアです。ピンク色が4G、黄色が5Gです。

ドコモやau、ソフトバンクは人口カバー率99%を誇っていますが、楽天モバイルは人口カバー率98%と言われています。2020年4月は人口カバー率23%だったので、大躍進と言えます。

ご自身の地域について調べる場合は楽天モバイルのホームページよりチェックしてみてください。

こちらのピンク色エリアであれば、楽天モバイルは4G回線の高速回線が繋がるので、快適な通信を利用できるでしょう。

ピンクでないエリアは人が住んでいない山中や農地なので、ほとんどの方は4G回線の対象エリア内です。

また、2023年6月からは楽天エリアだけではなく、パートナー回線エリア(実質3%の地域)に住んでいる方もデータを無制限に利用できるようになりました。

楽天回線エリアも順次拡大しているので、楽天回線だけでデータを無制限で使える機会が今後は増えることが予想されます。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

楽天モバイルの通信障害を解決する方法

楽天モバイルを利用していると、稀に通信障害が起きて通信を利用できなくなることがあります。

そのような場合は、以下の7つの手段を試してみてください。

楽天モバイルの通信障害を解決する方法
  • Wi-Fiや機内モード設定の確認
  • モバイルデータ通信設定のON/OFF確認
  • 本体の再起動
  • SIMカード抜き差し
  • 高速モードがOFFになっていないか確認する
  • 場所、時間帯を変えて試してみる
  • 公式サイトを確認する

以下で、それぞれの対応策を解説していきます。

Wi-Fiや機内モード設定の確認

楽天モバイルで通信が利用できなくなった場合、Wi-Fiや機内モードの設定がオンになっている可能性があります。

スマホの画面を上から下にスワイプして、設定を確認してみましょう。

また、Wi-Fiや機内モードの設定を一度オンにしてから、再度オフにすることで、通信を再度利用できることもあります。

モバイルデータ通信設定のON/OFF確認

モバイルデータ通信設定がオフになっている場合は、楽天回線を利用できません。

スマホの設定アプリからモバイルデータ通信のON/OFFを確認しましょう。

本体の再起動

楽天モバイルで通信が繋がらなくなった場合は、本体を再起動することで解決することがあります。

本体を再起動する方法は端末により異なりますが、端末についている電源ボタンを押して再起動を試してみましょう。

SIMカード抜き差し

楽天モバイルで通信が繋がらなくなった場合は、SIMカードがしっかり挿さっていない可能性もあります。

SIMカードは端末の側面に入っているので、ピンなどでSIMカードを引き出し、再度差し込んでみましょう。

高速モードがOFFになっていないか確認する

my 楽天モバイルの「ホーム」より、「データ高速モード」のON/OFFの確認ができます。

楽天モバイルは基本的にデータ高速モードはON(上記画像の状態)で使いますが、ここがOFFになっていると通信速度が1Mbpsとなります。

パートナー回線エリアでもデータを無制限に利用できるようになったため、3GB・20GB以内に抑えたい場合以外は、基本的にはONで問題ありません。

なぜかここがOFFになっていたという口コミを多く見かけるので「遅いな」と思ったらチェックしてみてください。

場所、時間帯を変えて試してみる

この記事で何度か書いていますが、スマホの速度は様々な条件で変化します。

スピードテストをしても、たまたまその時だけ遅かったという可能性が高いので、場所や時間帯などの条件を変えて試してみてください。

それでもいつも速度が遅くて困っている場合は、問い合わせ(クレーム)をしてみるのもよいかもしれません。

公式サイトを確認する

楽天モバイルで通信が繋がらない場合は、大規模な通信障害が起きている可能性もあります

このような場合は、公式サイトにて案内があるため、念の為確認しておきましょう。

公式サイトで確認する場合は、画面右上の「メニュー」から「お知らせ」を開くことで確認できます。

直接電話で問い合わせたい場合は、以下の連絡先に電話しましょう。

  • 050-5212-6913
  • (受付時間9:00~20:00 年中無休)
  1. 「my 楽天モバイル」にログインする
  2. ホーム画面でデータ使用量を確認したい電話番号を確認する
  3. 「楽天回線エリア接続中」の下に表示されている円グラフ内のデータ利用量を確認する

通信が繋がらなくなった場合は、上記手順にて公式サイトで原因の確認を行いましょう。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

楽天モバイルの契約がおすすめな人は?

「結局、速い時も遅い時もあるってことは、どうすればいいの?」

ここまで読んで、こんな声が聞こえてきそうなので、以下で「楽天モバイルがおすすめな人」を5パターンご紹介します。

楽天モバイルをおすすめする人
  • 楽天エリア内にお住まいの方
  • データ量を気にせず無制限で使いたい方
  • 国内通話を時間を気にせず利用したい方
  • 楽天市場など楽天のサービスをよく使う方
  • デュアルSIMとして使いたい方

以下で詳しく解説します。

楽天エリア内にお住まいの方

2023年5月末までは、データを無制限に利用できるのは楽天回線のみで、パートナー回線の高速通信での利用は月5GBまでと制限がありました(制限後は最大1Mbps)。

しかし、2023年6月1日からはパートナー回線でも利用制限がなくなり、データを無制限に利用できるようになりました

ドコモやソフトバンクなどの3大キャリアと比べて、通信費用を抑えられるのも魅力です。

楽天エリア内だけでなく、データ利用量を気にせずに快適に利用できます。

データ量を気にせず無制限で使いたい方

楽天モバイルには、動画やゲームも好きなだけ通信できるデータ無制限プランが用意されています。

格安SIMを提供している会社で無制限プランが用意されているのは、それほど多くありません。

また、大手キャリアのデータ無制限プランと比較すると、費用負担を抑えられる点もポイント。

例えば、ドコモの無制限プランが7,000円を超えているのに対し、楽天モバイルは3,278円(税込)となっています。

データ量を無制限で使いつつ、基本料も抑えたい方は、楽天モバイルがおすすめです。

国内通話を時間を気にせず利用したい方

楽天モバイルでは、専用の通話アプリ「Rakuten Link」を使用することで、通話料を無料にできます。

通常の通話機能を使用すると、30秒につき22円がかかってしまうので、これを無料にできるのは嬉しいところ。

国内通話を時間を気にせず利用したい方は、楽天モバイルの利用も検討しましょう。

楽天市場など楽天のサービスをよく使う方

楽天モバイルの対象サービスをご契約者はポイント+4倍

出典:楽天モバイル

キャンペーン名 楽天モバイルの対象サービスをご契約者はポイント+4倍
終了日 未定
条件 楽天モバイルの対象サービス(Rakuten最強プラン)をご契約中の楽天会員様
内容 楽天市場のお買い物がポイント+4倍

楽天モバイルの大きなポイントとして、楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)の倍率が+1倍される点にあります。

会員ランクによっては、ポイント最大+3倍にもなるので、かなりお得なプログラムだといえるでしょう。

ちなみに、SPUとは、楽天の各種サービスを使うことで楽天市場でのポイントが+1倍ずつされるプログラムです。

通常、楽天ポイントの還元率は1ポイント1円ですが、楽天モバイルや他の楽天サービスを使うことで倍率が+2倍、5倍、10倍、、、と増えるので、楽天市場で買い物したときにポイントが多くつきます。

楽天モバイル以外の他のサービスでは、以下のようなサービスがあります。

  • 楽天カードの利用
  • 楽天ひかり
  • 楽天銀行

上記のサービスを利用する予定がある方やすでに利用している方は、楽天モバイルへの切り替えがおすすめです。

デュアルSIMとして使いたい方

楽天モバイルの特徴として、月3GB未満だと支払いは1,078円(税込)で利用可能です

1,078円(税込)で回線維持ができ、しかも通話はRakuten Linkで無料なので、通話のためだけに契約しておく方法もあります。

また、異なる回線を保有しているため、通信障害にも対応できる点も魅力といえるでしょう。

楽天モバイルはeSIMにも対応しているので、デュアルSIM対応スマホをお持ちでしたら、他社のSIMを使いながら楽天モバイルの通話でSPUだけを獲得することもできます。

ケータイのキャリアをahamoから楽天モバイル&iijmioのデュアルSIMに切り替えた。
ahamo単体より月々500円くらい安くなる予定。
楽天経済圏にどっぷり浸かってる身としてはこれはお得でしかない。

引用:Twitter

携帯電話は「ワイモバイル」と「楽天モバイル」の「デュアルSIM」が私には最適解です。理由は3つあって、1つ目はワイモバイルはソフトバンク回線を使っているため電波が安定している。2つ目はお買い物がお得。3つ目は楽天モバイルはアプリ使用で通話が無料だからです

引用:Twitter

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

楽天モバイルの速度測定方法・スピードテスト方法は?

既に楽天モバイルを使っている方に向けて、楽天モバイルのスピードテストの方法を紹介します。

  • 公式アプリからの測定方法
  • その他の測定方法

この2つの方法を紹介します。

my 楽天モバイルアプリ内から測定できる

楽天モバイルの公式アプリ「my 楽天モバイル」のダウンロードは以下からできます。

App Store(iPhone)

Google Play(Android)

アプリをダウンロードし、ログインした状態で「ホーム」画面を下にスクロールすると以下の画面が表示されます。

「その他サービス」の「通信速度測定」の「測定をはじめる」をタップします。

その後、「スタート」というボタンが表示されるのでタップすると1〜2分で測定が開始されます。

この時の注意点としてWi-Fiは切った状態で測定しましょう。Wi-Fiの速度が計測されてしまいます。

こちらが公式が提供しているスピードテストなので安心ですが、「公式は信頼できない」という方は以下を参考にしてください。

その他の測定方法

ぴかまろ
画像引用元:ぴかまろ公式より

楽天モバイルの通信速度は、Webサイト上でも測定できます。

おすすめはぴかまろのスピードテストです。

サイトのページ上部に表示されている「スタート」ボタンをタップするだけで、すぐに通信速度を測定できるのでぜひ1度測ってみましょう。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

楽天モバイルの通信速度に関するよくある質問

楽天モバイルの通信速度に関するよくある質問に回答していきます。

  • なぜ電波が悪くなる?
  • 繋がりにくい時間帯は?
  • 5Gエリアにいるのに5Gで利用できない原因は?

上記3つの質問について回答しているので、楽天モバイルの契約を検討している方はぜひ参考にしてください。

なぜ電波が悪くなる?

楽天モバイルの電波が悪くなるのは、大手携帯キャリアが使用している回線よりも不安定な電波を使用しているからです。

大手携帯キャリアは、「プラチナバンド」と呼ばれる障害物にも強い電波を使用しているため、安定した電波供給をしています。

一方、楽天モバイルは独自の回線を保有していますが、「ローバンド」という低周波数帯の回線を使用しているので、安定した電波供給ができません。

しかし、楽天モバイルには、楽天回線を利用できる「楽天回線エリア」と、楽天回線エリアを外れてしまった場合に利用できる「パートナー回線」があります。

楽天回線エリアが利用できない場合には、自動的にパートナー回線であるau回線が利用できますし、どちらの回線を利用してもデータを無制限に利用できるため、おすすめです。

繋がりにくい時間帯は?

通勤時間帯やお昼休憩の時間帯は、比較的繋がりにくいとされています。

回線の利用者が増え、回線が混雑するためです。

5Gエリアにいるのに5Gで利用できない原因は?

5Gの対応端末でないことが考えられます。

5G通信を利用するには、5G通信エリア内であることに加え、自身のスマホが5G通信に対応している必要があります。

5G対応端末の例として、iPhone12シリーズ以降のiPhoneやGoogle Pixelなどが挙げられます。

利用中の端末や、これから購入予定の端末が5Gに対応しているか、事前に確認しておくと良いでしょう。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

まとめ:使い方の工夫次第で楽天モバイルは快適に利用できる!

楽天モバイルは、2020年の「楽天UN-LIMIT」の登場とともに、ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4つめのケータイキャリアになろうとしています。

この記事のまとめ
  • 楽天モバイルは人口カバー率98%
  • 4G、5Gに対応した高速通信
  • 2023年6月からは、パートナーエリア(auエリア)もデータ無制限
  • 「遅い」と感じてる人もいるがごく一部
  • 遅いと思ったら「my 楽天モバイル」で高速モードのチェックを

人口カバー率も大手キャリアに続く98%となり、価格と電波の安定性を両立しつつあります

新しいスマホを考えている人には迷わずおすすめできるので、ぜひ一度楽天モバイルのホームページを覗いてみてくださいね。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルのお得なクーポン情報はこちら

\ 人口カバー率98%!月額3,278円 /

楽天モバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルキャッシュバックはこちら

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次