楽天モバイル三木谷キャンペーンで最大1.4万P >>

<PR>

ドコモから楽天モバイルへMNPで乗り換える手順!注意点も徹底解説!

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
ドコモから楽天モバイル

長年ドコモを使っている方でドコモから乗り換えてそろそろ楽天モバイルにしたい」と感じている方も多いかと思います。

しかし楽天モバイルは本当にお得なのか?デメリットはないのか?などわかりにくいことが多いですよね。

そこでこの記事で、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるにあたってのメリットとデメリットをまとめます。

さらに乗り換えるための手順や、お得になる楽天モバイルのキャンペーンの紹介もします。

ぜひこの記事を参考に、月に4,000円以上安くなる楽天モバイルへの乗り換えを検討してくださいね。

なお、現在開催中の楽天モバイルのキャンペーンは、以下のとおりです。

楽天モバイルでは三木谷キャンペーンと呼ばれる「従業員紹介キャンペーン」が開催中です。
下記の専用リンクからの申込で、通常よりも8,000ポイントお得になるのでこの機会をお見逃しなく!
専用公式サイト https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

ドコモから楽天モバイル以外への乗り換え記事はこちら!
楽天モバイルのお得なキャンペーン(7月現在)
動画で見たい方はこちらが参考になります。
楽天モバイルがお得!

楽天モバイルでお得なキャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら最大20,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

さらに三木谷キャンペーンは、過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目・3回線目も対象!

これらは別のキャンペーンと併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできるので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ キャンペーン終了前に急げ! /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

目次

ドコモから楽天モバイルに乗り換える手順

ドコモから楽天モバイルに乗り換える手順
  1. 必要書類を準備する
  2. 動作確認・SIMロック解除
  3. ドコモのMNP予約番号を取得する
  4. 楽天オンラインショップで申し込みをする
  5. SIM(と端末)を自宅で受け取る
  6. iPhone・Androidデータ移行
  7. SIMを差し込み、APN設定をする

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるための手順と、必要な書類などの解説をします。

ここでは「MNP(モバイルナンバーポータビリティ)」の方法を解説します。

このMNPとは、今使っている電話番号をそのまま変えることなく、楽天モバイルへ引き継いで乗り換える方法のことです。

電話番号をあえて変えたい場合以外は、このMNPで乗り換えるのがスムーズでおすすめです。

また、ドコモから楽天モバイルへの乗り換えで、ドコモで使用していたスマホ端末をそのまま使いたい場合にはSIMカードだけの契約も可能です。

もちろん、スマホ端末を乗り換えに合わせて、新しく買い替えたいという人は端末セットで購入することもできますよ。

楽天モバイルでは、端末購入の際に利用可能なキャンペーンや特典も多くあるので、お得に新しい端末を手に入れることができるでしょう。

①必要書類を準備する

楽天モバイルへの乗り換えの際に、必要な書類は以下の通りです。

楽天モバイル申し込み必要書類
  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザID、パスワード
  • クレジットカード or 銀行口座情報

また、この中の「本人確認書類」として認められる書類は以下の通りです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 身体障害者手帳(補助書類必要)
  • 健康保険証(補助書類必要)
  • 日本国パスポート(補助書類必要)
  • 住民基本台帳カード(補助書類必要)
  • 在留カード(外国籍の方)
  • 特別永住者証明書(外国籍の方)

【補助書類】

  • 公共料金の請求書
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書

いずれの書類も原本で、現住所と同じであることと有効期限内である必要があります。また、「補助書類」として発行から3ヶ月以内の公共料金の請求書・領収書、住民票、届出避難場所証明書が必要になります。

ちなみに、オンラインの申し込みであれば、「eKYC」という、AIかんたん本人確認が行えます。運転免許証かマイナンバーカードがあれば、その場で約5分で本人確認ができるのでとても便利です。

ドコモから楽天モバイルへ乗り換える際に注意しておくべきなのが、ドコモで使っていたスマホ端末がそのまま楽天モバイルでも使えるかどうかという点です。

2021年8月26日以前に購入しているスマホ端末であれば、SIMロックという機能でキャリア(携帯電話の通信会社)を変えると通信できなくなるように設定されていました。

2021年8月27日以降に購入した端末であれば、このSIMロックの設定はされていないため問題ありません。

そのため、もし2021年8月26日以前にドコモで購入したスマホを使っている人が、楽天モバイルへ乗り換えても使いたいという人はSIMロックを解除をする必要があります。

楽天モバイルで新しい端末を購入する場合は、SIMロックフリーの端末なので解除などの手続きは不要です。

②動作確認・SIMロック解除

ドコモSIMロック解除
窓口WEB店舗電話
対応窓口My docomo全国のドコモショップドコモの携帯:151
固定電話:0120-800-000
受付対応時間24時間各店舗の営業時間9:00〜20:00
手数料無料3,300円3,300円

ドコモで使用していたスマホ端末を、楽天モバイルでも引き続き使用したい場合には、SIMロックが解除されている端末であることが必須条件となります。

2021年8月27日以降に購入したスマホであれば、このSIMロック解除は不要なのでそのまま乗り換えの申し込み手続きへ進んでも問題ありません。

また、楽天モバイルで新しく端末を購入する方や、SIMだけの契約をする予定の人もこの手順は必要ありません。楽天モバイルで使用する端末が、2021年8月26日以前に購入したスマホの場合は、SIMロック解除を先に行ってください。

ドコモでのSIMロック解除の手続きは、WEB、電話、ドコモショップと3つのいずれかで行うことが可能でWEB(My docomo)からの手続きのみ、手数料が掛からないためおすすめです。

また電話での受付のみ、ドコモで購入したスマートフォンで、過去に自分が購入したものという制限があります。

なお、このSIMロック解除はドコモの解約手続き完了前に必ず行いましょう。My docomoからのSIMロック解除であれば、ドコモを解約した後でも手続きは可能ですが、ドコモ解約後は電話でのSIMロック解除は非対応となります。

My docomoへログインができなくなった人や、自分でWEBから手続きするのは難しいという人は、電話でのSIMロック解除が最も簡単でしょう。

もし、ドコモで使用していたスマホが中古で購入したものや、友人や知人などから譲り受けたものであれば、「ネットワーク利用制限」や「おまかせロック」など制限各種が設定されていないことも合わせて確認しましょう。

おまかせロックの設定は、My docomoの「紛失・盗難時のお手続き」から確認、解除することが可能となっています。

③ドコモのMNP予約番号を取得する

ドコモMNP
ドコモから楽天モバイルに乗り換えるにあたって、「MNP(エムエヌピー)予約番号」を手に入れる必要があります。

MNP予約番号はドコモから発行してもらう10桁の番号で、楽天モバイルの申し込みの際に入力すれば、ドコモで使っていた電話場号を楽天モバイルでも使えるようになるための番号です。

MNP予約番号は、「My docomo」から取得するか、ドコモインフォメーションセンター(151)に電話すればもらえます。

手に入れた10桁の番号は、無くさないようにメモしておきましょう。

ちなみに、MNP予約番号の発行は無料で、楽天モバイルへこのMNPを申告すればドコモは自動で解約されるため、ドコモでの解約手続きをする必要はありません。

MNP予約番号を発行しただけでは、ドコモの解約とはならないので安心してください。

MNP予約番号の有効期限:15日
楽天モバイルでは、有効期限が7日以上残っているMNP予約番号が必要。

④楽天オンラインショップで申し込みをする

楽天モバイル申し込み
楽天モバイルのホームページから、楽天モバイルに申し込みます。

「新規/乗り換え(MNP)」を選択し、利用するプラン、住所や氏名など必要な情報を入力しましょう。

先ほど手に入れたMNP予約番号を必要な箇所に入力することで、ドコモで使っていた電話番号をそのまま使えます。

楽天モバイル申し込み

SIMのみの契約

SIMだけで契約をする場合は、プランを選んだ後にオプションや使用するSIMのタイプを選びましょう。

オプションは「国内通話かけ放題」や、「スマホ保証」など自分の使い方に合わせて選ぶと良いでしょう。

SIMカードは、2つから選ぶことができます。

  • SIMカード
  • eSIM

SIMカードを選ぶと、実際に楽天モバイルからSIMカードが送られてくるまで、楽天モバイルの通信は利用できません。

eSIMはスマホで設定が完了すれば、楽天モバイルの回線へ繋ぐことが可能となるので、すぐに切り替えたい人はこちらがおすすめです。

SIMの種類を選んだら、最下部で「製品を選択する」ではなく「この内容で申し込む」をタップしてください。

すると、楽天のIDとパスワードを求める画面へと移ります。

楽天のIDをお持ちであれば、そのページで打ち込めば大丈夫です。もし、IDをお持ちでない場合は、楽天のIDとパスワードを作成して申し込みを進めましょう。

端末とセットの契約

SIMだけでなく、楽天モバイルでスマホ端末も購入する場合は、オプションやSIMを選んだ後に「製品選択へ進む」をタップしてください。

楽天モバイルでスマホ端末を購入する場合でも、端末によってeSIM対応の端末であればSIMカードは2種類から選ぶことが可能です。

楽天モバイルiPhoneかAndroid

iPhone(Apple Watch)、Androidのいずれかを選択し、購入したい機種やカラー、メモリなどを選んでください。

この時に、楽天で開催されているキャンペーンや特典が適用可能であれば、選択肢に表示されるため。お得に利用可能な特典を選ぶと良いでしょう。

プランと機種を選んだら、支払いやオプションなどを確認の上で、申し込みを完了させてください。

⑤SIM(と端末)を自宅で受け取る

楽天モバイルからSIM(と、購入していればスマホ端末)が自宅に届きます。受け取りの際に本人確認が必要なこともありますが、ないこともあります。

ちなみに「eSIM(イーシム)」に対応しているスマホで、契約の際にeSIMを選択すれば物理的なSIMは不要なので、配達もされません。

eSIM契約の場合、申し込みして5分程度で楽天モバイルへが開通するのでとてもカンタンです。eSIMの設定、操作方法を知っている方にはおすすめです。

⑥iPhone・Androidデータ移行

データ移行するOSデータ移行方法
iPhoneからiPhone
  • クイックスタート
  • icloud
  • iTunes
iPhoneからAndroidGoogle driveアプリで
データ移行・バックアップ
AndroidからiPhoneGoogle Playから「iOSに移行」
アプリでデータ移行
AndroidからAndroidGoogle driveアプリで
データ移行・バックアップ

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えに際して、使用するスマホ端末を変える場合にはデータの移行もしておきましょう。

楽天モバイルの公式ページでは、上記の方法でのデータ移行方法を案内しています。

登録している電話番号などの連絡先、写真や動画など、スマホ端末に保存しているデータを移行する方法は上記以外にもあります。

アプリ内の情報は、このデータ移行では引き継ぐことができないため、各アプリの公式ページなどで引き継ぎ方法を確認しておきましょう。

iPhoneとAndroid、さらにはAndroidの機種によってデータ移行方法は変わります。

Androidでデータ移行する方法

  • Googleアカウントで引き継ぐ
  • USBメモリーを使う
  • USBケーブルを使う
  • スマホメーカーのアプリを使う
  • 無料アプリを使う
  • SDカードを使う

古いスマートフォンと新しいスマートフォンの2台が手元にある場合は、2台とも最新のOSヘバージョンアップした上でUSBケーブルを繋いでデータ移行するのが最も確実で速いでしょう。

AndroidのスマホはGoogleドライブに、バックアップを保存しておくことが可能です。

Googleドライブにバックアップできるデータ
  • Gmail設定
  • Googleカレンダー
  • 連絡先情報
  • SMSメッセージ(MMS は除く)
  • Wi-Fi(ネットワークとパスワード)
  • 壁紙
  • アプリ
  • ディスプレイ設定
  • 言語と入力の設定
  • 日付と時刻
  • Google以外のアプリ設定とデータ(アプリによって異なる)
  • 写真や動画:フォトライブラリ

乗り換えるスマホのOSによってもデータ移行の方法は変わります。

[バックアップの手順]

  1. 設定アプリを開く
  2. 「システム」をタップ
  3. 「バックアップ」をタップ
    ※この手順通りに表示されない場合は、メーカーに確認。
  4. 「今すぐバックアップ」をタップ
  5. 「次へ」をタップ

バックアップが問題なくできたら、新しいスマホを起動し「開始」をタップしてください。

新しいスマホを起動してGoogleアカウント設定をすると、「以前のスマホからアプリとデータをコピー」するかどうかという確認が表示され。

この時、手元にUSBケーブルがあれば、2台を繋いでデータ移行することができます。

ケーブルを使ってのデーター移行は、Wi-Fiなどの通信状況に影響されることもなくデータのやり取りができるため安全で早いです。

手元にUSBケーブルがなくても、「OK」をタップすればバックアップデータから引き継ぐ操作案内へ進むため、案内通りに操作をしてデータ移行できます。

iPhoneでデータ移行する方法

iPhoneからiPhoneへのデータ移行では、2台のiPhoneを近づけてに置くとデータの引き継ぎができます。

iPhone間のデータ移行であれば、この「クイックスタート」という機能でBluetoothとカメラを使ってデータの引き継ぎと設定を行うことができるのです。

2台とも最新OSにしておけば、ケーブルやネットに繋ぐこともなくスムーズにデータ移行が可能。

[クイックスタートの手順]

  1. 2台を電源ケーブルに接続、古いiPhoneに新しいiPhoneを近づけておく
  2. クイックスタートが表示されたら「続ける」をタップ
  3. 画面にアニメーションがでたら、古いiPhoneのカメラでその画面を読み取る
  4. 古いiPhoneのコードをパスコード入力画面に打ち込む
  5. Face IDやTouch IDを設定する
  6. 「iPhoneから転送」をタップする

データを移行させたいiPhoneが2台あれば、ケーブルを使わずに簡単にデータの移行が可能です。

古いiPhoneが手元になければ、「iCloud」に保存したバックアップデータなどからデータ移行する方法もあります。

バックアップからデータ移行する場合は、iPhoneをバックアップしておきましょう。

⑦SIMを差し込み、APN設定をする

自宅に届いたSIMを手持ちのスマホに差し込み、APN(エーピーエヌ)設定をします。

APN設定とは、手持ちのスマホに契約したキャリア(今回は楽天モバイル)の電波を受信できるようにするための設定です。

楽天モバイルからSIMが届いた時に、設定方法が書かれた紙が同封されているのでそれに従いましょう。

あるいは楽天モバイルの初期設定ページから、必要な設定をしましょう。

画面の上部に「Rakuten」という文字が表示されていれば、開通完了です。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるデメリット

【ドコモから楽天モバイルに乗り換える10個のデメリット】
  1. 通信速度が遅くなる場合がある
  2. 楽天モバイルのエリアが限定されている
  3. 端末の分割支払いが終わっていない場合、引き続き請求される
  4. 専用アプリを使わないと通話料金が高い
  5. ドコモ光とのセット割引が利用できなくなる
  6. ドコモの家族割が利用できなくなる
  7. ドコモのdカード支払い割が使えなくなる
  8. ドコモのメールアドレスが使えなくなる・有料になる
  9. APN設定が必要な場合がある
  10. 店舗での手厚いサポートが受けられなくなる

まずは、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるデメリットを10個解説します。

人によってはデメリットにならない点もありますし、利用状況によっては該当しない点もあります。

しかし、ここで紹介するデメリットを理解していないと、楽天モバイルにしたあとに思わぬ損失や不便な思いをする可能性があるので、ぜひチェックしてください。

以下でひとつずつ解説します。

デメリット①:通信速度が遅くなる場合がある

平均通信速度ドコモ楽天モバイル
平均アップロード速度 15.56Mbps 29.52Mbps
平均ダウンロード速度 135.28Mbps 106.57Mbps

引用元:みんなのネット回線速度より(2024/07/13現在)

ドコモから楽天モバイルに乗り換えると、通信速度が遅くなる可能性があります。

ドコモは「プラチナバンド」と呼ばれる、安定して高速通信が可能な周波数帯域を中心とする電波帯域を使って通信を行っているのに対して、楽天モバイルで使われている電波帯域は遅くなりやすいためです。

特に、みんなのネット回線速度の平均ダウンロード速度では差が出ていますが、楽天モバイルでも平均で53Mbpsは出ているのでドコモには劣るものの日常使いとしては十分な速度といえるでしょう。

楽天モバイルの電波が気になる方は、楽天モバイルの電波が悪いと言われる理由をチェックしておきましょう。

デメリット②:楽天モバイルのエリアが限定されている

楽天モバイルのエリア

ドコモ、au、ソフトバンクは、人口カバー率99%なので、人が住んでいる地域であればほぼ間違いなくつながりますが、楽天モバイルのカバー率は98%(2022年12月)です。

しかし楽天モバイルのエリア外は、パートナー回線という名前でau回線で繋がるのでほぼ心配はありません。

以前はパートナー回線で高速通信を利用できるデータ容量に5GB /月と制限がありましたが、2023年6月からはパートナー回線でもデータを無制限に利用できるようになりました。

そのため、楽天モバイルエリアでもエリア外でもデータの使用量を気にする必要はありません。

ただ、ドコモ回線とau回線は微妙にズレがあるので、山奥や離島で「ドコモだけギリギリつながっている」状態の場合は、楽天モバイルへの変更には慎重になりましょう。

デメリット③:端末の分割支払いが終わっていない場合、引き続き請求される

楽天モバイルへの乗り換えに限らず、ドコモを解約する場合は必ずそうですが、ドコモで24回払いや48回払いで購入した残債は残るので注意が必要です。

ドコモを解約した時点で一括で払うこともできますし、解約後も分割払いのみ支払うこともできます。

例えば、10万円のスマホを48回払いで購入し、2年経った時点で楽天モバイルに乗り換えると、約5万円の残債が残るので、分割払いの残額は確認しておきましょう。

デメリット④:専用アプリを使わないと通話料金が高い

Rakuten Link通話料無料
アプリRakuten Link標準アプリ
通話料0円22円/30秒
SMS送信Rakuten Link同士:無料Android:無料
iPhone:70文字まで~670文字まで
3円(税込3.3円)〜30円(税込33円)

楽天モバイルでは、国内通話が無料でできる「Rakuten Link」という通話アプリが使えます。

このアプリを使えば、相手が同じアプリを持っていなくても日本国内であれば通話料無料で電話が掛け放題です。さらに、一部の海外からでも日本国内への通話であれば、無料で掛けることもできますよ。

「Rakuten Link」からの無料通話は、相手のキャリアや端末、アプリに関係なく無料となるので、通話料をお得にしたい人には楽天モバイルがおすすめでしょう。

ただし、標準の通話アプリからの通話ではなく、「Rakuten Link」アプリを起動して通話をしないといけないため注意が必要です。間違えて、標準の通話アプリで電話をかけてしまうと、上記の表の通り30秒で22円の通話料が掛かります。

この30秒22円という通話料も、ドコモと同じなので割高というわけではありません。

楽天モバイルには、標準アプリで「15分通話かけ放題」1,100円のオプションもあるので、電話は頻繁にするけど長時間ではないという人にはおすすめです。

SMS(ショートメール)に関しても、Androidのスマホであれば無料で送受信の利用が可能です。iPhoneでは「Rakuten Link」を利用していない相手へは、iOSの標準メッセージアプリを使用して送信となるので料金がかかります。

デメリット⑤:ドコモ光とのセット割引が利用できなくなる

ドコモ光スマホセット割
自宅でドコモ光の光回線を利用していて、家族も含めてドコモのスマホセット割を利用していた場合には、楽天モバイルに変えることで光回線とスマホのセット割引がなくなります。

自宅で光回線を利用している人であれば、ドコモのスマホとドコモ光をセットで契約している人も多いかもしれません。

光回線を自宅で契約するのであれば、スマホとセットにすることで通信料を節約できるのです。

ドコモ光セット割では、スマホの基本料金から最大1,100円が永年割引となっています。さらに、ドコモ光セット割のスマホの割引では、対象となるのが家族全員で最大20回線(22,000円)まで割引となります。

ドコモ光スマホセット割

同居していない家族も対象となるため、祖父母、両親、子供など家族が多いご家庭ほど全員のスマホ代を節約することが可能ですね。

5人家族で全員がドコモであれば、毎月スマホ代が5,500円割引となるので、実質光回線の料金分は無料となるほどの割引で節約ができるでしょう。

基本料金で比べるとドコモのスマホは高いと思っていたけど、割引を受けていたので思ったよりも支払額が少なかったという人もいるかもしれません。

しかし、スマホの契約を変えると光回線のセット割引がなくなってしまいます。

そのため、ドコモから楽天モバイルに変える際に、光回線も楽天ひかりへ乗り換えるのもおすすめです。

以前、楽天モバイルを持っている人が楽天ひかりに乗り換えると、楽天ひかりの月額利用料が1年間無料になるキャンペーンが開催されていました。

今現在は終了したキャンペーンですが、次の機会に期待しましょう。

楽天ひかりスマホセット割

楽天ひかりの光回線は、ドコモ光と同じフレッツ光の回線を使用したコラボ光の回線であるため、通信速度なども大きく変わることはないでしょう。

デメリット⑥:ドコモの家族割が利用できなくなる

【みんなドコモ割】

家族のドコモ回線割引額
1回線
2回線550円
3回線1,100円

※3親等以内の家族であれば、同居・別居を問わずにファミリー割引の対象。(事実婚や同性パートナーも含む)

ドコモでは、家族で利用できる割引が2つあります。

  1. みんなドコモ割
  2. ファミリー割引き

申し込みをしていれば最大20回線までファミリー割引の対象となり、家族間の国内通話を無料で利用可能。

離れて暮らす家族でも、主回線の契約者と3親等以内であれば誰でもファミリー割引のグループに追加できます。

ahamoの契約のスマホからの発信は「ファミリー割引」の対象となりませんが、ドコモのギガプランなどの対象プランからahamoへの通話は無料通話の対象とすることができるのです。

そのため、子供はahamoで親がドコモなどでも、お得に「ファミリー割引」を利用することができるでしょう。

また、ファミリー割引の対象になる回線の数に応じて、スマホの月額料金が割引になる「みんなドコモ割」もあります。

家族に2人(2回線)ドコモの対象プランであれば、毎月550円ずつ。3人以上がドコモの対象プランであれば、毎月1,100円ずつスマホの月額料金が割引となりお得に利用可能ですね。

しかし、楽天モバイルへ乗り換えることで、これらの割引が利用できなくなります。

ただし、楽天モバイルへ乗り換えた後は、「Rakuten Link」からの通話であれば家族間に限らず通話料は無料で利用可能ですし、最近はLINEを使っている家族も多いと思うので大きく困ることはないかもしれません。

デメリット⑦:ドコモのdカード支払い割が使えなくなる

ドコモでは毎月スマホ料金の支払いをdカードで定期クレジットの設定にしていれば、月額料金から187円割引になる「dカード支払い割」があります。

楽天モバイルへ乗り換えると、こういった支払い方法による割引などはありません。

  1. クレジットカード、デビットカード
  2. 口座振替
  3. 楽天ポイント

楽天モバイルで利用可能な支払い方法は上記の3パターン。

楽天ポイントをスマホ料金の支払いに使えるのは、楽天経済圏の方には利用しやすくて嬉しいポイントでしょう。

特に楽天の期間限定ポイントを持っているけど、使い道に迷っているという方は、失効する前に楽天モバイルの支払いに使えば無駄にすることはありませんよね。

デメリット⑧:ドコモのメールアドレスが使えなくなる・有料になる

いまドコモの方は、「〜@docomo.ne.jp」というメールアドレスを使っているかと思いますが、楽天モバイルに乗り換えると、このメールアドレスは使えなくなります

あるいは、月額330円の「ドコモメール持ち運び」というサービスを使えば乗り換え後も使えますが、余計な月額が今後ずっと続くことになります。

楽天モバイルでも「〜@rakumail.jp」というメールが使えますが、それよりもケータイキャリア関係なく使える「〜@gmail.com」などのフリーメールを作成(無料)するのがおすすめです。

デメリット⑨:APN設定が必要な場合がある

楽天モバイルをオンラインで契約すると、自宅に楽天モバイルのSIM(と、購入した場合はスマホ)が届きます。

届いたSIMをスマホに挿入し、自分で「APN(エーピーエヌ)設定」を行う必要があります。APN設定とは、そのスマホが、契約した会社の電波を受信するために必要な設定のことです。

APN設定の手順はSIMと一緒に届く紙に書かれていますし、楽天モバイルの初期設定ページを見ながらでもできますが、慣れてない人には大変かと思います。

もし自信がないようであれば、得意な人にお願いできるように準備しておくとよいでしょう。

デメリット⑩:店舗での手厚いサポートが受けられなくなる

ドコモから楽天モバイルに乗り換える最大のデメリットがこちらです。

いままではドコモを契約している限り、いつでもドコモショップに行けば優しいお兄さんやお姉さんが丁寧に対応してくれました。

楽天モバイルに乗り換えると、ドコモショップでのスマホに関する問い合わせや質問はもちろんできなくなります。

楽天モバイルショップも全国にありますが、ドコモショップよりも店舗数は少なく、規模も小さく、「販売」に力を入れている印象です。

ドコモショップのような、親切丁寧な対応は期待できないと思っておきましょう。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるメリット

ここからは、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるメリットを解説します。

楽天モバイルへ乗り換えるデメリットを10個紹介しましたが、同じくメリットを10個紹介します。トータルで見ても、楽天モバイルの方がメリットが大きいので、ぜひチェックしてみてください。

【ドコモから楽天モバイルに乗り換えるメリット】
  1. 月額料金が4,000円近く安くなる
  2. 料金プランがシンプルでわかりやすい
  3. データ通信が少ない人は月額1,078円(税込)で利用可能
  4. 楽天ひかりとの併用で更にお得になる
  5. キャンペーン利用でiphoneがお得に購入できる
  6. 実施しているキャンペーンが豊富でお得
  7. 楽天市場ユーザーはポイント最大+4倍
  8. 楽天ポイントでスマホ代を賄える
  9. Rakuten Linkを使えば通話し放題になる
  10. 店舗も格安SIMの中では比較的多め

メリット①月額料金が4,000円近く安くなる

ドコモから楽天モバイルに乗り換える一番のメリットは、なんといってもその月額の安さです。以下で表にしています。

プラン通信容量月額料金
ドコモ【ギガプラン】使い放題7,315円
ドコモ【ギガライト】7GBまでの段階性〜6,765円
ソフトバンク【メリハリ無制限】使い放題
(3G以下の月は1,650円割引)
7,238円
au【使い放題MAX 4G 5G】使い放題7,238円
楽天モバイル【Rakuten最強プラン】1GB〜無制限の段階性〜3,278円

※税込の料金で表記。
※割引などは一切適応していない基本料金で記載しています。

※ドコモは、2023年7月1日以降は新プラン「irumo」、「eximo」が提供されます。新プラン「eximo」は、データ無制限でも利用可能です。

ドコモでは、「ギガプラン」を使っている人が圧倒的に多いので、楽天モバイルにするだけで毎月4,000円近く月額料金が下がります。

ただ、ドコモは「みんなドコモ割」「ドコモ光セット」「dカードお支払い割」などがあり、最大でギガプランが4,928円まで下がります。

全ての割引を利用していれば、楽天モバイルとの差は毎月1,700円程度になります。

しかし楽天モバイルはあくまで「段階性」のプランなので、あまり使わなければ月に1,078円や2,178円で使え、トータルでドコモより3,000〜4,000円安くなる可能性は高いです。

毎月確実に10〜20GB以上使っている人で、都心部よりも地方で高速通信を確実にしたいという人であれば、ドコモの方が良いかもしれません。

しかし、普段の行動範囲が楽天モバイルの通信圏内で、自宅や職場にWi-Fiがある場合は外でそんなに通信をすることもない人が多いでしょう。楽天モバイルでも5Gエリアが広がってきており、4Gの人口カバー率は98%と各都道府県の主要地域では問題なく電波が入るようになってきています。

使っていない時の料金まで支払うのはもったいないので、一度じっくりとドコモで「無駄遣い」してないか検討してみてください。

メリット②料金プランがシンプルでわかりやすい

楽天モバイルのプランは「Rakuten最強プラン」のひとつのプランしかありません。

上図のように、1ヶ月にモバイル通信で使った通信容量が3GBまでなら1,078円、20GBまでなら2,178円、それ以上ならどれだけ使っても3,278円の3段階に分かれており、非常にシンプルです。

ドコモで通信量に制限がないギガプランであれば、毎月7,315円必要ですし、7Gまでの「ギガライト」でも6,765円となっています。

ドコモは「ギガプラン」「ギガライト」だけでなく、各種割引、オプション、端末割引などわかりにくいサービスが多いですよね。

プランがすっきりまとまっているのは、それだけで楽天モバイルにする大きなメリットのひとつと言えます。

Rakuten最強プランが気になる方は、楽天モバイル最強プランの落とし穴をチェックしましょう。

メリット③データ通信が少ない人は月額1,078円(税込)で利用可能

楽天モバイルで注目すべきは、「無制限に使えて3,278円」の部分ともう一つ、「3GB未満なら1,078円だけでいい」という部分です。

がんばって月に3GBで抑えれば、月のスマホ代は1,078円だけになり、とても家計に助かります。

ドコモの場合はギガラプンでも3GB以下なら1,650円割引となり、3,278円まで下がりますが、楽天モバイルより約2,000円も高いです。ギガライトで3GB以下で2,728円です。

実際、月3GB以下は現実的かというと、Wi-Fiを効率的に利用すれば十分に可能です。自宅や会社、学校にあるWi-Fiをできるだけ活用すれば月3GBはそれほど難しくありません。

メリット④楽天ひかりとの併用で更にお得になる

楽天ひかりスマホセット割
プラン月額料金
マンション4,180円
戸建て5,280円

※税込での表記です

以前、楽天モバイルと楽天ひかりをセットで利用すれば、楽天ひかりの月額利用料が1年間無料になるキャンペーンが開催されていました。

マンションプランでも、1年間で50,160円が無料になるというお得なキャンペーンです。

もし、今ご自宅で光回線を利用されているのであれば、月額料金を比較してみて乗り換えるのを検討してみるのがおすすめでしょう。契約年数やプランによっては、違約金がかかっても乗り換えた方がお得になる可能性も高いですよ。

楽天ひかりについてあまり詳しくないという方もいるかもしれませんが、楽天ひかりで使用する光回線はNTTのフレッツ光回線で高速通信が可能です。

「コラボ光」と呼ばれる、フレッツ光の光回線を使用してインターネットサービスを提供している事業者は多く、ドコモ光やソフトバンク光も同じ回線を使っています。

さらに、このコラボ光から楽天ひかりへの乗り換えであれば、回線工事なども一切不要で乗り換えることができるのです。手続きから1週間〜2週間ほどで切り替えができることがおおく、簡単に乗り換えることが可能なので、工事や手間は避けたいという人にも優しいといえますよ。

メリット⑤キャンペーン利用でiphoneがお得に購入できる

楽天モバイル -  iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大32,000円相当おトク!

出典:楽天モバイル

キャンペーン名 iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大32,000円相当おトク!
終了日 終了日未定
条件
  1. 楽天モバイルに初めて申し込む、または電話番号そのまま他社から乗り換え
  2. プラン申し込みと同時に対象iPhoneの購入
  3. 期限までにプランの利用開始
  4. Rakuten Linkで10秒以上通話
内容

【一括または24回払いで対象iPhoneを購入の場合】

対象iPhone購入時に20,000円値引き+他社から乗り換えで12,000ポイント還元(乗り換え以外は8,000ポイント還元)!

【48回払い(買い替え超トクプログラム)の場合】

対象iPhone購入で20,000ポイント還元+他社から乗り換えで12,000ポイント還元(乗り換え以外は8,000ポイント還元)!

楽天モバイルには、最新のiPhoneを4キャリアの中で最安にて購入することができるキャンペーンがあります。

最新のiPhone14シリーズなどがキャンペーンの対象となり、最大で32,000円分のポイント還元が受けられるので、iPhoneを購入しようと思っている人にはおすすめです。

Appleの製品は割引になることが少ないため、割安で購入できるチャンスは非常に貴重ですね。

なお、iPhone 15の購入を検討している方は、楽天モバイルでのiPhone 15の予約方法も参考にしてください。

メリット⑥実施しているキャンペーンが豊富でお得

2024年7月開催中の楽天モバイルキャンペーン

キャンペーン名 内容 終了日
【Rakuten最強プラン(データタイプ)お申し込み&アンケート回答特典】初月3GB分実質無料 日本初!ワンクリックで申込完了、最短3分で始められる!データ通信専用Rakuten最強プランデータタイプ!ギガプレキャンペーン3GB 1,081円/月税込が1,081ポイント還元で初月実質3GB相当無料!

【Rakuten最強プラン(データタイプ)のお申し込み期間】:終了日未定

【Rakuten最強プラン(データタイプ)利用開始期限】:プランのお申し込みの翌月末日まで

【アンケート回答期限】:プランのお申し込みの翌月末日まで

楽天モバイル紹介キャンペーン 楽天モバイル契約者様からの紹介で最大13,000ポイントプレゼント、紹介した方も7,000ポイントプレゼント 終了日未定
楽天モバイルお申し込み&対象製品ご購入で最大26,930円値引き! 「Rakuten最強プラン」お申し込みと同時に対象Android製品をご購入で、1点まで最大26,930円値引き! 終了日未定
初めてデータを20GB超過利用で1,500ポイント 「Rakuten最強プラン」ご利用中、エントリー&初めてデータを20GB超過利用でもれなく1,500ポイント 2024年7月31日
エンタメコンテンツがおトクに楽しめる! 楽天モバイルならNBA&パ・リーグの試合が見られる!楽天マガジン&楽天ミュージックは初回90日無料で雑誌読み放題、音楽聴き放題! 終了日未定
iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大32,000ポイントおトク!

対象iPhone購入&楽天モバイル初めて申し込み&他社からのお乗り換えで、対象端末20,000円値引き+12,000ポイント還元、最大32,000円相当お得!(※特典は支払回数や機種により異なる)

終了日未定
Rakuten WiFi Pocket 2Cが楽天モバイルお申し込みで1円

Rakuten WiFi Pocket 2C・Rakuten WiFi Platinumが本体価格から7,979円割引(税込)で1円で購入できるキャンペーン

終了日未定
スマホトク得乗り換えキャンペーン

楽天モバイルへ初めてのお申し込み&他社からのお乗り換え&対象の製品ご購入で、最大12,000ポイント還元。

他社から乗り換え以外でも、楽天モバイルへお申し込み&対象製品購入で、8,000ポイント還元中。

終了日未定
楽天ひかり月額基本料6カ月0円キャンペーン

楽天ひかり初めてお申し込み&楽天モバイルご利用で、楽天ひかりの月額基本料6ヶ月0円

終了日未定
RakutenTurboプラン料金6ヶ月0円&20,000ポイント還元キャンペーン

RakutenTurboお申込み&利用開始でプラン料金6ヶ月0円。さらに楽天モバイルのご利用で20,000ポイント還元!

終了日未定
【楽天モバイル公式 楽天市場店限定】対象Android製品とRakuten最強プランセットご注文で6,000円OFFクーポン 楽天モバイル公式 楽天市場店で対象Android製品とRakuten最強プランセットご注文で使える6,000円OFFクーポンを配布中! 終了日未定
Apple Watchご購入でワークアウト保険が2年間無料! 楽天モバイルでApple Watch購入でワークアウト保険が2年間無料で付帯される 終了日未定
【楽天モバイル×楽天銀行】同時申込みで最大10,000ポイント!

楽天銀行新規口座開設と「Rakuten最強プラン」を同時申し込み、他社から乗り換えなどの条件達成で最大10,000ポイント!

終了日未定
【15分(標準)通話かけ放題】料金1カ月無料特典

OS標準アプリでの1回15分以内の国内通話がかけ放題、国内SMSの送受信が使い放題になるサービスが、1カ月無料で使える!

終了日未定
楽天カードを同時お申し込みで最大14,000ポイント!

楽天モバイルと楽天カードを同時申し込みで、最大14,000ポイント!

終了日未定

【楽天市場】スマホSELECTION 対象のスマホに使える1,000円OFFクーポンプレゼント

2024年8月1日

【楽天モバイル公式 楽天市場店】スマートフォンアクセサリ全品送料無料! 楽天モバイル公式 楽天市場店にて、スマートフォンアクセサリ全品送料無料!フィルムやケースなど1点から送料無料 終了日未定
楽天モバイルの対象サービスをご契約者はポイント+4倍 楽天モバイル(Rakuten最強プラン)ご契約中、楽天市場のお買い物がポイント+4倍 終了日未定
楽天モバイルキャリア決済ご利用者はポイント+2倍 楽天モバイルキャリア決済(Androidのみ)を当月、合計2,000円(税込)以上ご利用でポイント+2倍 終了日未定
楽天モバイルキャリア決済 お支払い金額の最大2%分の楽天ポイント還元キャンペーン

楽天モバイルキャリア決済を初めてご利用で、Androidでのアプリ購入やアプリ内課金が最大2%ポイント還元!

終了日未定

YouTube Premium 3カ月無料キャンペーン 楽天モバイルでAndroidのスマートフォンやタブレットを利用の方限定!YouTube Premium が3カ月無料で利用可能 終了日未定
最大20,000円相当GET!楽天モバイル&楽天市場キャンペーン

楽天モバイルお申し込み&プランの利用開始&Rakuten Linkご利用で10,000ポイント&楽天市場で利用できる10,000円分のクーポンプレゼント(1,000円OFF×10枚)

2024年8月1日8:59

【Rakuten Optimist2024開催記念】楽天モバイルお申し込みで3,000ポイント!

楽天モバイルにお申し込み&プランの利用開始&Rakuten Link利用で合計最大9,000ポイントプレゼント

※会場でお申し込みの際はクーポンコードの入力必須

Web:2024年8月26日9:59

会場:2024年8月1日〜8月4日

楽天ペイメントサービスご利用者様へ【毎月開催】楽天モバイルお申し込みでポイントプレゼント 楽天モバイルお申し込み&条件達成で最大20,500ポイントプレゼント

2024年8月1日

楽天モバイル初めてお申し込み&本ページ経由の方限定 電話番号そのまま、他社からお乗り換えで9,000ポイント! 【毎月開催】楽天モバイル「Rakuten最強プラン」を初めてお申し込みで3,000ポイントと【他社からのお乗り換え】で最大6,000ポイントが併せてもらえるキャンペーン

2024年8月1日

楽天モバイル はじめての3GB超過利用で1,000ポイントプレゼントキャンペーン キャンペーンにエントリー&はじめての3GB超過利用で1,000ポイントプレゼント!

2024年7月31日

初めてお申し込みで2,000ポイント還元!

楽天モバイルへはじめてお申し込みで2,000ポイント還元!

終了日未定

【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】他社から乗り換えで6,000ポイントプレゼント

【Rakuten最強プラン】に初めてお申し込み&スマホそのまま乗り換えで6,000ポイントプレゼント!

■ プランのお申し込み期間
Web 終了日未定
店舗(楽天モバイルショップ) 終了日未定
■ プラン利用開始期限
プランのお申し込みの翌月末日まで
■「Rakuten Link」利用期限
プランのお申し込みの翌月末日まで

【楽天モバイルショップ限定】楽天回線をもう1回線お申し込みで3,000ポイントプレゼント

楽天モバイルショップで2回線目以降を契約&Rakuten最強プラン利用開始で、3,000ポイントプレゼント

終了日未定

電話番号シェアサービス3ヶ月利用料相当ポイント還元キャンペーン

Apple WatchとiPhoneの「電話番号シェアサービス」オプションお申し込みで1,650ポイント還元

終了日未定

【毎月開催】ただいまキャンペーン

過去楽天モバイル契約者様限定!他社から乗り換え(MNP)で申し込むと2,162ポイント還元

2024年8月1日

楽天お買い物マラソン連動企画 Rakuten最強プランのお申し込みで楽天市場でのお買い物ポイント+9倍

楽天モバイル申し込み&条件達成で楽天市場でのお買い物ポイントが9倍

2024年7月26日9:59

エンタメコンテンツがおトクに楽しめる!トク得!エンタメセレクション

Rakuten最強プラン加入者が対象のエンタメコンテンツに登録で最大20%ポイント還元

終了日未定

【迷惑電話・SMS対策 by  Whoscall】料金実質初月無料

Whoscallご加入で月額330円(税込)が初月無料

2024年8月31日

Rakuten Linkデスクトップ版の通話・メッセージのご利用で1,000ポイント当たる!

キャンペーンにエントリー後にRakuten Linkのデスクトップ版で通話またはメッセージご利用で抽選で1,000ポイントが当たる

2024年7月31日16:59

楽天モバイルキャリア決済 お支払い金額の最大10%分の楽天ポイント還元キャンペーン

キャンペーンにエントリーし、楽天モバイル「Rakuten 最強プラン」のご利用回線でGoogle Play ストアで有料のアプリやサービス料金をはじめて楽天モバイル決済でお支払いで楽天ポイントを最大10%還元

2024年8月31日

エントリー&条件達成で抽選で10名様に楽天イーグルスグッズをプレゼント

キャンペーンエントリー&条件達成で楽天イーグルス選手直筆サイン入りグッズを抽選で10名様にプレゼント

新規契約・他社からの乗り換えの場合:キャンペーンエントリー後に申し込み&Rakuten最強プラン利用開始

契約中の場合:キャンペーンエントリー

2024年7月29日16:59

お買いものパンダグッズがその場で当たる!スピードくじ

楽天モバイルショップに来店で抽選でお買いものパンダグッズがその場で当たる!

終了日未定

平日限定!来店予約&アンケート回答で1,000ポイントプレゼント

来店予約し、楽天モバイルショップでアンケートに回答すると、1,000ポイントプレゼント

終了日未定

プラチナバンド始動&契約数700万回突破記念!

エントリー&楽天モバイル公式X(旧Twitter)をフォロー&キャンペーンのポストをリポストで抽選で77名様に7,777ポイントプレゼント

2024年7月16日14:59

スマホ料金をチェックするだけで100ポイントプレゼントキャンペーン 期間中に料金シミュレーションの結果をご確認で、100円相当の楽天ポイントプレゼント! 終了日未定
最強こどもプログラム 12歳以下のお子様を対象に、毎月最大440pt還元! 終了日未定
最強家族プログラム 同一名字のご家族全員を対象に、月額料金より110円(税込)割引! 終了日未定
最強青春プログラム 22歳以下のご契約者を対象に、毎月110ポイント還元! 終了日未定
スマホ下取りサービス お持ちの対象製品を下取りし、下取り金額に応じた楽天キャッシュが付与されます。 終了日未定
楽天モバイル買い替え超トクプログラム 最新iPhoneの代金が最大半額分お支払い不要! 終了日未定

楽天モバイルは、楽天ポイントと連動しています。楽天モバイルでの月々の支払い100円(税別)ごとに1ポイントもらえます。月額が3,000円だったとすると、30ポイントです。

また、楽天ポイントで楽天モバイルの支払いもできます。他のお買い物やキャンペーンで手に入れた楽天ポイントをうまく活用して、楽天モバイルをお得に使うこともできます。

メリット⑦楽天市場ユーザーはポイント+4倍

楽天モバイルの対象サービスをご契約者はポイント+4倍

出典:楽天モバイル

キャンペーン名 楽天モバイルの対象サービスをご契約者はポイント+4倍
終了日 終了日未定
条件 楽天モバイルの対象サービス(Rakuten最強プラン)をご契約中の楽天会員様
内容 楽天市場のお買い物がポイント+4倍

楽天市場には「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」というシステムがあります。

SPUは、対象サービスの条件を達成すると楽天市場でのお買い物がポイントアップするプログラムです。

楽天系列のサービスを使えば使うほど楽天市場での買い物でポイントがつくようになります。

楽天モバイルを契約しているだけで、楽天市場での買い物で付与されるポイントが+4倍にまで増えるということです。

これは楽天モバイルを契約している間ずっと+1倍以上となるので、楽天市場で買い物することが多い人ほどぴったりですね。

メリット⑧楽天ポイントでスマホ代を賄える

楽天モバイルでは、常になにかしらのお得なキャンペーンを開催しており、数千、数万ポイントがもらえたりします。

特に、楽天モバイルへの乗り換えと同時にiPhoneやAndroidスマホを購入すると、2〜30,000ポイントもらえるキャンペーンは非常にお得です。

日常的に楽天市場やスーパー、飲食店などの買い物で楽天ポイントを貯めている人も多いでしょう。

楽天モバイルでは、月額の利用料金を楽天ポイントで支払うことも可能です。

メリット⑨Rakuten Linkを使えば通話し放題になる

Rakuten Link

Rakuten Link(ラクテンリンク)は、楽天モバイルが積極的に利用を進めている電話アプリです。

楽天モバイルを契約したら、普通の電話アプリではなく、Rakuten Linkを使って電話するようにしましょう。

Rakuten Linkは普通の電話とは違う仕組みで通話ができるアプリですが、ほとんどの相手に使え、通話品質も高く、通話料料が無料です。

よっぽど通話品質にこだわる人以外は、Rakuten Linkの無料通話で満足できることでしょう。

メリット⑩店舗も格安SIMの中では比較的多め

楽天モバイルの店舗は、2022年12月15日時点で1250店を達成しました。

全国の郵便局内にも楽天モバイルショップを開設し、全店舗ではないにしろ47都道府県全てで利用可能なほど着実に店舗数を増やしています。

格安スマホのキャリアでは実店舗を持っていないところが多い中で、大手に次ぐ店舗数で利用者の利便性も増していると言えるでしょう。

大手のサブブランド、格安プランはメインのブランドと店舗を共有する傾向が強まっており、ドコモショップではOCNモバイルONE、auでもUQモバイル、ソフトバンクはワイモバイルとどちらも利用できるようになってきています。

47都道府県で合計1,250店舗もあるので、困った時や契約について気になることがあれば、気軽に近くの楽天モバイルショップへ行けそうですね。

なお、楽天モバイルのデメリット・メリットが気になる方はこちらの記事を参考にしてください。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるベストなタイミング

5年以上、10年以上もドコモを使っていると「いまさらどのタイミングで乗り換えればいいかわからない・・・」という方もいるかと思います。

ここでは、どういうタイミングで楽天モバイルに乗り換えるのがベストなのかを解説します。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるベストなタイミング
  1. スマホ料金を見直したくなったタイミング
  2. 端末の分割払いが終わったタイミング
  3. 使っているスマホが古くなってきたタイミング
  4. 乗り換えは月末がおすすめ

以下で詳しく解説します。

スマホ料金を見直したくなったタイミング

当然といえば当然ですが、スマホ料金が気になったタイミングで楽天モバイルにするのはよい選択です。

  • 最近、ドコモケータイが高く感じる
  • 楽天モバイルは安いとよく聞く
  • 家計の見直し、固定費の見直しをしている

特に、ドコモに対して毎月7,000円〜10,000円くらい払っている方は、高すぎると感じることも多いのではないでしょうか?

ドコモと楽天モバイルは使い勝手も、電波のつながりやすさも体感ではほぼ変わらないので、スマホ料金はぜひ早めに見直しましょう。

端末の分割払いが終わったタイミング

ドコモで買ったスマホの分割払いが終わったときには「やっと払い終わった・・・」と肩の荷が降りた気分かと思います。

特に最近のスマホは高額になる傾向にあり、分割回数も48回など長期化傾向にあります。

ちなみに、楽天モバイルに乗り換える=新しいスマホにする、というわけでありません

ドコモで購入したスマホのまま、SIM(契約)だけ楽天モバイルに切り替えられるので、必ずしも、新しくスマホを買う必要はありません。

使っているスマホが古くなってきたタイミング

楽天モバイルに乗り換えるときに、一緒にiPhoneやAndroidスマホを購入すると、2〜30,000ポイントがもらえるキャンペーンが開催されています。

「いま使っているスマホがボロくなってきたから、そろそろ新しくしたいなぁ」と思った方は、楽天モバイルに乗り換えると同時に新しいスマホを購入すれば、とてもお得です。

上では「楽天モバイル乗り換えとともに、新しいスマホを買う必要はない」と書きましたが、乗り換えと同時に購入した方がお得なのは間違いありません。

ぜひ、スマホが古くなったのをきっかけとし、楽天モバイルに切り替え、新しいスマホと新しいキャリアでデビューしてくださいね!

乗り換えは月末がおすすめ

ドコモから楽天モバイルへ乗り換えるのであれば、月末に手続きをするのがおすすめです。

  • ドコモの料金は乗り換え手続きが完了した月の1ヶ月分支払いが必要
  • 楽天モバイルの割引は毎月1日から適用になるものが多い
  • SIMカードの受け取り日が契約スタート日になる

基本的に携帯電話のキャリアは、解約月の利用料金が日割りになりません。そのため、ドコモも月初に解約すると、その月1ヶ月分の利用料金を支払う必要があります。

それに対して、楽天モバイルでは通信量に応じて支払い料金が決まるため、月末の短期間で使いすぎなければ最小額の料金で収まる可能性が高いでしょう。

楽天モバイルでは、MNP予約番号が7日以上残っている状態で申し込みが必要なので、取得後すぐに申し込みしておくのが良いでしょう。

また、eSIMではなく、SIMカードの配送で契約をした場合には、申込日と契約開始日をずらすことも可能です。この手続きであれば、月末の25日以降に手続きをしてSIMカードの受取日を翌月の1日(ついたち)に指定することができます。

SIMカードを使用するのであれば、月末に契約手続きを完了させて楽天モバイルの契約開始日を翌月の1日にすることで、ドコモ解約月と楽天モバイルの契約初月をずらすことができます。

eSIMでは申し込み後すぐに使用できるようになるため、この方法は利用することができません。

楽天モバイルは通信料に応じての支払いとなるため、ドコモの月額の方が高ければ月末に申し込みをして楽天モバイルの使用料を抑えれば、支払額を抑えることもできるでしょう。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

ドコモから楽天モバイルの乗り換えに使えるキャンペーン

2024年7月時点で、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるときに使える楽天モバイルのキャンペーン一覧はこちらです。

キャンペーン 内容
楽天モバイル初めてお申し込み&本ページ経由の方限定 電話番号そのまま、他社からお乗り換えで9,000ポイント! 【毎月開催】楽天モバイル「Rakuten最強プラン」を初めてお申し込みで3,000ポイントと【他社からのお乗り換え】で6,000ポイントが併せてもらえるキャンペーン
楽天モバイル紹介キャンペーン 楽天モバイル契約者様からの紹介で最大13,000ポイントプレゼント、紹介した方も7,000ポイントプレゼント
【Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典】他社から乗り換えで6,000ポイントプレゼント 【Rakuten最強プラン】に初めてお申し込み&他社から乗り換えで6,000ポイントプレゼント!
iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大33,000円相当お得!

楽天モバイル初めて申し込み&対象iPhoneご購入で、端末20,000円値引きor20,000ポイント還元!

他社からのお乗り換えでさらに12,000ポイント還元!(乗り換え以外は8,000ポイント)

スマホトク得乗り換えキャンペーン

楽天モバイルへ初めてのお申し込み&電話番号そのまま他社からのお乗り換え、さらに対象Android購入で、最大12,000ポイント還元!

初めてお申し込みで2,000ポイント還元! 楽天モバイルへはじめてお申し込みで2,000ポイント還元!
楽天カードを同時お申し込みで最大14,000ポイント!
楽天モバイルと楽天カードを同時申し込みで、最大14,000ポイント!
楽天モバイル公式 楽天市場店 対象Android製品とRakuten最強プランセットご注文で6,000円OFFクーポン 事前に楽天モバイル公式 楽天市場店で使えるクーポンを取得して対象製品を注文し楽天回線プランへ申込みで、6,000円OFFのクーポンが利用可能
エンタメコンテンツがおトクに楽しめる! Rakuten最強プラン契約で雑誌・音楽・スポーツなど楽天グループのコンテンツや動画コンテンツがおトクに楽しめる
Rakuten WiFi Pocket 2Cが楽天モバイルお申し込みで1円 Rakuten WiFi Pocket 2Cが本体価格から7,979円割引(税込)で1円で購入できるキャンペーン
Apple Watchご購入でワークアウト保険が2年間無料! 楽天モバイルでApple Watch購入でワークアウト保険が2年間無料で付帯される
以前使っていた方も対象!15分(標準)通話かけ放題が1カ月相当おトク!

【初めてお申し込みの方】

「15分(標準)通話かけ放題」料金1カ月無料

【再申し込みの方】

15分(標準)通話かけ放題1カ月相当の1,100円分の楽天ポイントをプレゼント

【楽天市場】スマホSELECTION 1,000円OFFクーポンプレゼント
【楽天モバイル公式 楽天市場店】スマートフォンアクセサリ全品送料無料! 楽天モバイル公式 楽天市場店にて、スマートフォンアクセサリ全品送料無料!フィルムやケースなど1点から送料無料
楽天モバイルの対象サービスをご契約者はポイント+4倍 楽天モバイル(Rakuten最強プラン)ご契約中、楽天市場のお買い物がポイント+4倍
楽天モバイルキャリア決済ご利用者はポイント+2倍 楽天モバイルキャリア決済(Androidのみ)を当月、合計2,000円(税込)以上ご利用でポイント+2倍
YouTube Premium 3カ月無料キャンペーン 楽天モバイルでAndroidのスマートフォンやタブレットを利用の方限定!YouTube Premium が3カ月無料で利用可能
Rakuten Turbo&楽天モバイル利用で20,000ポイントプレゼントキャンペーン Rakuten Turboのプランと製品を同時に申し込んで利用し、さらに「Rakuten最強プラン」を申し込んで利用すれば20,000ポイントプレゼント。

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

楽天モバイル -  iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大32,000円相当おトク!

出典:楽天モバイル

キャンペーン名 iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大32,000円相当おトク!
終了日 終了日未定
条件
  1. 楽天モバイルに初めて申し込む、または電話番号そのまま他社から乗り換え
  2. プラン申し込みと同時に対象iPhoneの購入
  3. 期限までにプランの利用開始
  4. Rakuten Linkで10秒以上通話
内容

【一括または24回払いで対象iPhoneを購入の場合】

対象iPhone購入時に20,000円値引き+他社から乗り換えで12,000ポイント還元(乗り換え以外は8,000ポイント還元)!

【48回払い(買い替え超トクプログラム)の場合】

対象iPhone購入で20,000ポイント還元+他社から乗り換えで12,000ポイント還元(乗り換え以外は8,000ポイント還元)!

「iPhoneトク得乗り換え」のキャンペーンでは、最新のiPhoneを割安でお得に購入することが可能です。

最新のiPhoneも対象となっており、最大で32,000円分のポイント還元を受けられます。

他社からのお乗り換え以外の方でも、楽天モバイル初めて申し込み&対象iPhone購入で、最大10,000ポイントが還元されます。

スマホトク得乗り換えキャンペーン

楽天モバイル - スマホトク得乗り換え!Android製品が最大12,000ポイント還元!

出典:楽天モバイル

キャンペーン名 スマホトク得乗り換えキャンペーン
終了日 終了日未定
条件 ①初めてのお申し込み&他社からのお乗り換え&対象製品を購入
②プランの利用開始
③Rakuten Linkで10秒以上通話
内容

楽天モバイルへ初めてのお申し込み&他社からのお乗り換え&対象の製品ご購入で、最大12,000ポイント還元。

他社から乗り換え以外でも、楽天モバイルへ初めてお申し込み&対象製品購入で、8,000ポイント還元中。

こちらはRakuten最強プランに初めてお申し込み&他社からのお乗り換えで最大6,000円相当分のポイント還元、対象のスマホをセットで購入すると製品価格から6,000ポイント還元。

すべての条件を達成すると、合計で最大12,000円ポイントが還元されます。

このキャンペーンでは、端末を購入せずに回線だけの申し込みでも6,000円分のポイントをもらうことができてお得です。

楽天モバイルのお得なキャンペーン(7月現在)

手持ちのスマホが少し古くなってきている方は、ぜひ楽天モバイルのキャンペーンを利用してお得に乗り換えてくださいね。

なお、楽天モバイルへ申し込み予定の方は、楽天モバイルのクーポン楽天モバイルのキャッシュバックも忘れずにチェックしましょう。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

ドコモから楽天モバイルの乗り換えに関するよくある質問

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えに関して、よくある質問(Q&A)をいくつか紹介します。

  • ドコモから楽天モバイルの乗り換えに何日かかる?
  • dアカウントのIDがわからない
  • ドコモ光は解約しないといけない?
  • 楽天モバイルに店舗はあるの?
  • ドコモから楽天モバイルに乗り換えたら、電話番号も変えなきゃいけない?
  • ドコモから楽天モバイルに乗り換えたら、SIMロック解除は必要?

気になる疑問があれば、ぜひここで解決していってくださいね。

ドコモから楽天モバイルの乗り換えに何日かかる?

「ドコモ」から「楽天モバイル」へのスマホの乗り換えにかかる日数は数十分〜14日ほどです。

  • MNP番号の取得に掛かる時間
  • SIMカードの受け取りに掛かる時間
  • MNP開通手続きに掛かる時間

これらの条件、タイミングによって乗り換えに掛かる時間や日数が変わってきます。

最短で楽天モバイルを使えるようにする方法は、「eSIM」で申し込み「AIかんたん本人確認(eKYC)」を利用する方法か、ドコモでMNP番号を取得した上で楽天モバイル店舗で乗り換え手続きをする方法のいずれかです。

eSIMの利用で問題なければ、自宅から出ることもなく最短で1時間以内に楽天モバイルへの乗り換えが可能でしょう。

dアカウントのIDがわからない

dアカウントがなければ、My docomoにログインできません。ID、パスワードを忘れた方は、以下のリンクを参考にしてください。

IDをお忘れの方-ドコモの回線をご契約されているお客さま

ドコモ光は解約しないといけない?

ドコモを解約するからと言って、ドコモ光を解約する必要はありません。そのまま使い続けられます。

ちなみに楽天にも「Rakuten 光」という光回線サービスがあります。楽天モバイルユーザーが楽天ひかりを申し込むと、最初の1年間は無料で使えるのでこちらもおすすめです。

楽天モバイルに店舗はあるの?

楽天モバイルは現在、全国に1,000店舗以上あります。お住まいの地域の楽天モバイルを探すには、楽天モバイルのショップ(店舗)ページをご覧ください。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えたら、電話番号も変えなきゃいけない?

ドコモから楽天モバイルに乗り換える際は、MNP(エムエヌピー。モバイルナンバーポータビリティ)というシステムを利用することで、同じ電話番号のまま楽天モバイルに乗り換えられます。

この記事で紹介している手順に従い、ドコモで「MNP予約番号」を取得して手続きをします。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えたら、SIMロック解除は必要?

手持ちのスマホに「SIMロック」がかかっている場合、SIMロック解除は必要です。

パソコン、スマートフォンから自分で行うと無料ですが、ドコモショップに行くと3,300円がかかります(フィーチャーフォンは無料です)。

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

まとめ:ドコモから楽天モバイルへの乗り換えは、メリットが大きい

改めて、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

ドコモから楽天に乗り換えるメリット
  • 月額料金が4,000円近く安くなる
  • 料金プランがシンプルでわかりやすい
  • データ通信が少ない人は月額1,078円(税込)で利用可能
  • 楽天ひかりとの併用で更にお得になる
  • キャンペーン利用でiphoneがお得に購入できる
  • 実施しているキャンペーンが豊富でお得
  • 楽天市場ユーザーはポイント最大+4倍
  • 楽天ポイントでスマホ代を賄える
  • Rakuten Linkを使えば通話し放題になる
  • 店舗も格安SIMの中では比較的多め
ドコモから楽天に乗り換えるデメリット
  • 通信速度が遅くなる場合がある
  • 楽天モバイルのエリアが限定されている
  • 端末の分割支払いが終わっていない場合、引き続き請求される
  • 専用アプリを使わないと通話料金が高い
  • ドコモ光とのセット割引が利用できなくなる
  • ドコモの家族割が利用できなくなる
  • ドコモのdカード支払い割が使えなくなる
  • ドコモのメールアドレスが使えなくなる・有料になる
  • APN設定が必要な場合がある
  • 店舗での手厚いサポートが受けられなくなる

正直に申し上げて、スマホの料金だけで毎月4,000円近く安くなる、Rakuten Linkで通話が無料になることは大きく、これだけでも楽天モバイルに乗り換える価値はあるかと思います。

また、APN設定が少し手間がかかるものの、同封されている紙の通りに操作すれば大丈夫なので、ぜひチャレンジしてみてください。

一度、楽天モバイルにするだけで、毎年約48,000円も節約になるので、早めに乗り換えてくださいね!

\ 人口カバー率96%!月額3,278円! /

楽天モバイル|公式サイト

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次