<PR>

OCNモバイルONEからドコモへの乗り換えはアリ?ナシ?メリット・デメリットを比較

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
ocn モバイル one から ドコモ

最低利用期間なしの料金プランがあるという使いやすさと、格安の端末販売で人気だったOCNモバイルONEですが、運営会社がドコモと合併したことにより、2023年6月26日以降新規の契約は停止されています。

それと同時に、2023年7月以降に発売された新機種の取り扱いもない状態です。

この状態から、OCNモバイルONEから乗り換えを考えているという方も多いかと思います。

では、そのOCNモバイルONEから、同じ運営会社であるドコモへの乗り換えはどうなのか?アリなのかナシなのか?どんな注意点があるのかなど、OCNモバイルONEから、ドコモへの乗り換えに関して解説していきたいと思います。

>ドコモのクーポンはこちら

\ 今すぐお得なキャンペンーンを利用してドコモに乗り換える! /

>ドコモのキャンペーンはこちら

ロケホンでは人気の格安SIMを比較して「どこがおすすめか?」を徹底的に調査してまとめました。

OCNモバイルONEからドコモ以外の乗り換えはこちら!
楽天モバイルがお得!

楽天モバイルで三木谷キャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら14,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

  • 楽天公式サイト:6,000ポイント
  • 三木谷キャンペーン:14,000ポイント

三木谷キャンペーン(別名:楽天モバイル従業員紹介キャンペーン)は、過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目も対象です。

さらに一部キャンペーンとの併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできますので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ 三木谷キャンペーンで14,000ポイント /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

キャンペーン期間は終了日未定と延長されましたが、6月以降変更点あり。

目次

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際のデメリット

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際のデメリット

これまでOCNモバイルONEを利用していた方がドコモに乗り換えるとなると、いろいろなメリット・デメリットが発生します。

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際のデメリット
  • 月額料金が上がる可能性が高い
  • 端末代金の残債がある場合支払いは継続される
  • ドコモの料金プランやサービスを使いこなせない可能性がある
  • OCNモバイルONE独自のサービスが受けられなくなる
  • OCNのブラックリストに登録されている場合、乗り換えができない可能性がある

かたや格安SIM、かたや大手キャリアということで、使い勝手や料金面で大きな違いがありますので、この点には十分注意が必要です。

そこで、まずはOCNモバイルONEからドコモに乗り換えた場合に考えられるデメリットに関して解説していきましょう。

月額料金が上がる可能性が高い

月額料金が上がる可能性が高い

まずはなんといっても月額料金の面でのデメリットです。

OCNモバイルONEをはじめとする格安SIMは、なんといっても毎月の利用料金が安いのが最大の特徴。

そんな格安SIMから大手キャリアに乗り換えるわけですから、当然月額の利用料金は高額になる可能性が高くなります。

では、実際にどの程度月額料金が変わるのかをチェックしてみましょう。

比較するのは音声通話SIMで、毎月のデータ使用料が3.0GBというケースで比較してみます。

ドコモでは3つの料金プランサービスを提供していますので、この3つのプランと比較していきます。 

OCNモバイルONEドコモ
eximoahamoirumo
料金プラン3GB/月コース1~3GBahamo(上限20GB)3.0GBプラン
月額料金990円5,665円2,970円2,167円
※料金はすべて税込み
※キャンペーン・割引サービス等を加味しない基本料金

すべての料金プランにおいて、ドコモの方がかなり高額になる傾向にあります。

ただし、毎月のデータ量を20GBとして考えた場合、料金の違いも変化します。 

OCNモバイルONEドコモ
eximoahamoirumo
料金プラン10GB/月コース+
容量追加 10GB分
3GB~
無制限
ahamo
(上限20GB)
9.0GBプラン+
容量追加 11GB分
月額料金7,260円7,315円2,970円15,477円
※料金はすべて税込み
※キャンペーン・割引サービス等を加味しない基本料金

毎月の使用データ量が大きくなれば、ドコモのahamoの利用料金の安さが際立ちます。

このように、自身のスマホの使い方、データ使用の状況などにより、月額料金が安くなる可能性もありますので、まずはドコモの料金プランなどをしっかりと調べ、実際に乗り換えた場合、どのプランでどの程度の月額料金になるのかを計算しておきましょう。

端末代金の残債が残っている場合、引き続き支払いが必要

OCNモバイルONEで端末を購入し利用している方で、まだ端末代金の支払いが完了していない方の場合、ドコモに乗り換えたとしても、端末代金の残債の支払いは継続となります。

その端末を利用してドコモに乗り換えるという場合であれば大きな問題ではありませんが、ドコモに乗り換えるのを機に、機種の変更も考えている場合は、端末2台分の支払いが並行して必要になるケースもありますので、この点にも注意は必要です。

OCNモバイルONEで使用している端末は、OCNモバイルONEからレンタルしているわけではなく、購入した端末です。

未払い分の端末代金、残債が残っているという方は、どの程度残債があるのかなどをしっかりと把握した上で乗り換えを検討するようにしましょう。

ドコモのプランやサービスが使いこなせない可能性がある

OCNモバイルONEの料金システムは比較的シンプルで分かりやすいという特徴があります。

これに対しドコモでは3つの料金プランがあり、それぞれの料金プランの中にも、複数のプランが存在します。

また、料金プランに付随するサービスも数多くあるため、どのサービスが必要で、どのサービスが不要かなど、判断する手間は大きくなります。

ドコモが提供する数多くのサービスプランなどの内容をしっかりと理解し、自分に必要か不要かを判断するにはある程度時間が必要かと思いますので、乗り換えの手続きの最中に悩むことがないように、事前に調べておくのがおすすめです。

OCNモバイルONEの独自サービスが利用できなくなる

OCNモバイルONEとの契約を解約することになりますので、OCNモバイルONEが独自に提供していたサービスに関しても利用ができなくなるということになります。

OCNモバイルONEで利用できて、ドコモでは利用できない主なサービスに関していくつか紹介していきます。

ドコモでは利用できない主なサービス
  • データ量繰り越しサービス
  • カウントフリー
  • 節約モード
  • 豊富な通話オプション

上記のサービスに関して詳しく解説していきます。

OCNモバイルONEでは、どのプランを利用していても、余ったデータ通信量は翌月分に繰り越すことができます。

仮に10GBコースで、1ヶ月7GBしか利用しなければ、翌月のデータ利用量上限は10+3GBで13GBとなります。

ドコモの3つの料金プランには、こうしたデータの繰り越しサービスはありません。

カウントフリーとは、一部音楽ストリーミングサービスなどを利用する場合、データ通信量をカウントしないというサービス。

このサービスの利用に慣れていると、ドコモに乗り換えた途端データ通信量が跳ね上がる可能性があり危険です。

節約モードは、自分で高速通信を利用するか、低速通信を利用するかを選択できるサービス。

OCNモバイルONEでは、動画視聴や音楽のダウンロードなど、ある程度通信量が大きく、時間のかかるような操作の場合は高速通信、メールの確認やニュースサイトのチェックなど、そこまで通信速度が必要ではないという場合は低速通信と、自分で切り替えることが可能です。

この切り替えによりデータ通信量をセーブすることができ、結果月額料金を抑えることができますが、ドコモにこの切り替えサービスはありません。

最後に通話のオプションです。

オプションサービスとして数々のかけ放題プランがあるというのがOCNモバイルONEの特徴のひとつ。

さらにOCNモバイルONEで国内発信をする場合は、原則OCN電話を利用する形となり、通話料は11円/30秒となります。

ドコモの基本的な通話料金が22円/30秒ですから、通話料自体もOCNモバイルONEの方が安くなる可能性が高いということになります。

これらOCNモバイルONEにあって、ドコモにはないサービスがいくつかありますので、このサービスが利用できなくなるのはデメリットといえるでしょう。

OCNのブラックリストに登録されている場合、乗り換えができない

OCNモバイルONEといえば、ネット上で話題になるのがブラックリストの存在です。

OCNモバイルONEは原則として最低利用期間を設定していないというのが大きな特徴です。

最低利用期間が設定されていないため、比較的気軽に解約ができる格安SIMですが、契約から解約までの期間が短すぎる場合など、OCNモバイルONEでブラックリストに登録されてしまうというケースがあります。

これは転売目的での端末購入などを防止するための施策かと思われますが、ネットの情報などでは半年以上契約してから解約してもブラックリスト入りしてしまったという情報もあったようです。

このブラックリストはあくまでもOCNモバイルONEのブラックリストであり、このブラックリストに載ったとしても、新規契約ができなくなるのはOCNモバイルONEにおいてのみです。

ほかのキャリア、格安SIMにおいては問題なく契約できていたようですので、あまり心配する必要はないようにも思えます。

問題は2023年6月にOCNモバイルONEの運営会社が、ドコモと合併しているという事実。

現状OCNモバイルONEを運営しているのはドコモということになり、OCNモバイルONEでブラックリストに載るということは、ドコモのブラックリストに載るということになります。

そのため、OCNモバイルONEでブラックリスト入りしてしまっている方は、ドコモとの新規契約でも審査に落ちる可能性があるということになります。

こちらも乗り換えに関しては大きなデメリットといえるでしょう。

>ドコモのクーポンはこちら

\ デメリットは気にならないので、ドコモに乗り換える!

>ドコモのキャンペーンはこちら

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際のメリット

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際のメリット

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際のメリットは、以下のとおりです。

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際のメリット
  • ドコモ回線の安定性とエリアの広さを利用できる
  • 豊富なオプションと割引サービス
  • 最新のスマホを購入可能
  • サポート体制の充実
  • 乗り換えキャンペーンを利用できる

OCNモバイルONEからドコモに乗り換えることで得られるメリットも数多くあります。

長く大手キャリアとして通信サービスを提供してきたドコモならではのサービスも多く、こうしたサービスやサポートを受けることで、より安心してスマホを利用できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

そんな具体的な項目をいくつか挙げていきましょう。

ドコモ回線の安定性とエリアの広さ

OCNモバイルONEもドコモ回線を利用している格安SIMのため、通信エリアなどに関しては大きな変化はないかと思います。

変化がないということは、OCNモバイルONEを利用している現状と変わらない通信状況が保証されているという安心感にもつながります。

また、回線の安定性という面ではOCNモバイルONEよりもドコモの方が上ということになります。

ドコモ回線を利用する格安SIMというのは、NTTドコモがあまり使用していない回線を借りて通信サービスを提供しています。

そう考えれば回線を貸しているドコモは、OCNモバイルONE以上に安定した回線を確保しているということになり、通信状況の安定性としては格段に高くなるでしょう。

豊富なオプションと割引サービス

OCNモバイルONEからドコモに乗り換えることで、OCNモバイルONE独自のサービスを受けることはできなくなりますが、反対に言えばドコモ独自のサービスを受けることができるようになるということでもあります。

ドコモにあってOCNモバイルONEにはないオプションや割引サービスに関しては非常に数が多く、ここでは紹介しきれないほど。

その数々のオプションや割引サービスを調べるにはある程度の手間はかかりますが、その分よりお得にスマホを利用できる可能性は高くなるということになります。

OCNモバイルONEからドコモへの乗り換えを考えている方は、まずはドコモのHPなどで、しっかりとオプションサービスや割引サービスに関して調べ、自分に必要なものと不要なものを見極めておくといいでしょう。

最新のスマホが購入できる

OCNモバイルONEは、2023年6月にドコモと合併しており、新規の契約の受付を終了しています。

2024年5月現在、OCNモバイルONEで購入できる端末の最新機種は、2023年6月に発売されたXPERIA 10Vであり、新規契約の受付終了後に発売された端末の取り扱いがありません。

今後どのようになるかは現状では不明ですが、最新機種が発売と同時に利用できるということはないかと思われます。

その点ドコモは大手キャリアですので、どのメーカーから発売された最新機種であろうとも、原則発売と同時に購入が可能となります。

最新機種での契約を考えるのであれば、OCNモバイルONEからドコモに乗り換えるメリットは非常に大きいといえるでしょう。

サポート体制の充実

ドコモは通信キャリアとして長くサービスを提供しているため、サービスという面では非常に充実しています。

全国各地にあるドコモショップを始め、オンラインにおいても、サポート体制という点ではOCNモバイルONE以上に充実しているのは間違いありません。

スマホや通信サービスに関しては、これからもどんどん進化をしていく業界です。

それに伴いいろいろな変更点や、新たなサービスの追加などさまざまな変化も生じるでしょう。

こうした状況の変化に対応していくには、サポート体制の充実は欠かせない部分でしょう。

OCNモバイルONEからドコモに乗り換えることで、今後もより安心してスマホを利用していける環境になるのは間違いないでしょう。

乗り換えキャンペーンの利用

ドコモでは他社からの乗り換えに関していくつかのキャンペーンを実施しています。

その一部を紹介したいと思います。

ドコモの乗り換えキャンペーン
  • 5G WELCOME割(終了時期未定・eximoで契約)
  • ドコモにお乗り換えで最大22,000円割引キャンペーン(終了時期未定・eximoで契約)
  • irumoサイトで他社からお乗り換えした方に6か月間毎月dポイント(期間・用途限定)1,100ptプレゼント!(終了時期未定・irumoで契約)
  • SIMだけ他社からahamoに乗り換えでdポイント(期間・用途限定)10,000ptプレゼント!(終了時期未定・ahamoで契約)

乗り換えキャンペーンは料金プラン限定のものや、契約内容に条件があるものがありますので、注意が必要です。

5G WELCOME割、ドコモに乗り換えで最大22,000円割引キャンペーンに関しては、細かな条件などがありますので、後に詳しく解説します。

ahamo限定のキャンペーンは、今使っている端末をそのまま利用し、OCNモバイルONEからahamoのプランで契約する場合、10,000ptのdポイントがプレゼントされます。

irumoへの乗り換えが対象となるキャンペーンとしては、端末の購入の有無と関係なく、irumoの料金プランに乗り換えることで、合計6,600ptのdポイントが付与される対象となるキャンペーンがあります。

このほかにも新規契約でも乗り換えでも適用されるキャンペーンは多数あり、併用できるキャンペーン、できないキャンペーンがありますので、ドコモのHPなどで参加条件などを確認しておきましょう。

>ドコモのクーポンはこちら

\ メリットの多いドコモに乗り換える!

>ドコモのキャンペーンはこちら

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える手順

OCNモバイルからドコモに乗り換える場合の手順に関して解説していきます。

OCNモバイルからドコモに乗り換える場合の手順
  • 使用する端末がドコモで利用できるかをチェック
  • MNP予約番号の発行を行う
  • ドコモへの申し込みを行う
  • ドコモ回線を開通させる
  • OCNモバイルONEの解約

簡単に書いてしまえば上記の手順で乗り換えは完了します。

ではそれぞれの項目での注意点や、やり方などを解説していきましょう。

動作端末の確認

まずは動作端末の確認をしておきましょう。

OCNモバイルONEではドコモ回線を利用して通信サービスを行っています。

つまり、OCNモバイルONEで使用していたスマホであれば、原則ドコモでも利用できる、ドコモの周波数帯に対応しているということになります。

そうではない端末を用意してドコモに乗り換える場合、その端末がドコモ製かどうか、ドコモ製でなければSIMロックが解除されているかどうか、ドコモの周波数帯に対応しているかどうかを確認しましょう。

MNP予約番号の発行

ドコモに乗り換えて利用する端末の動作確認ができたら、実際に乗り換えの手続きに移ります。

まず最初に行うのが、OCNモバイルONEからMNP予約番号を発行してもらうことです。

MNP予約番号がないと、同じ電話番号での乗り換えができなくなります。

また、OCNモバイルONEとの契約を解約してしまうと、MNP予約番号が発行されなくなりますので、まずはMNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNP予約番号の発行申請は、OCNのマイページから行えます。

OCNのサイトからマイページへ移り、そこからMNP予約番号の発行申請を行いましょう。

MNP予約番号に関しては、申請してから3営業日程度で発行されます。

MNP予約番号はドコモへの申し込み、また開通手続きの際に必要となりますので、メモをしておくなど保管をしておきましょう。

MNP予約番号の有効期限は発行日を含めて15日間です。

この15日間でドコモへの乗り換え手続きを完了できるように事前に準備しておくのがおすすめです。

ドコモへの申し込み

OCNモバイルONEからMNP予約番号が発行されたら、ドコモにて乗り換えの申し込みを行います。

乗り換えの申し込みは、ドコモショップの店頭でもできますが、オンラインでも可能です。

店頭での申し込みには事務手数料などが必要となりますので、より手軽に、よりお安く乗り換え手続きを済ませたいという方にはオンライン申し込みがおすすめとなります。

申し込みに必要な書類や情報は以下の通りです。

ドコモへの申し込みに必要な書類や情報
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • 銀行口座情報(口座振替を希望する場合)
  • クレジットカード情報(クレジットカード払いを希望する場合)
  • dアカウント

本人確認書類に関しては、運転免許証かマイナンバーカードがあればその1点で申し込みが可能です。

どちらもないという場合は、指定の本人確認書類と補助書類を併せて準備しておきましょう。

手元にある書類が本人確認書類になるかどうかに関しては、事前にドコモに電話などで確認しておくといいでしょう。

必要書類が準備できたら、オンラインで申し込みを行います。

ドコモのオンラインショップから申し込み画面へ飛び、あとは画面の指示通りに進めれば申し込みは完了です。

回線開通

オンラインで申し込み手続きが完了したら、後日自宅にSIMカードが届きます。

乗り換えと同時に端末の購入をした方には、端末とSIMカードが届きます。

ドコモで利用する端末とSIMカードが揃ったら回線開通の手続きを行います。

まずは利用する端末にSIMカードを挿入します。

その後、ドコモオンラインショップのトップページから「購入履歴」を選択し、開いた画面で「新規契約・のりかえ(MNP)」を選択します。

後は画面の指示通り必要な情報を入力し、一番下の「確認する」をタップしましょう。

次の画面の内容を確認し、問題なければ「切り替え・開通の手続き」に進みましょう。

その後確認メールを受信するメールアドレスを記入し、最後に開いた画面で申込内容を確認。

問題がなければ画面下にある「ご注文を確定する」を選択すれば開通手続きは完了します。

ドコモとの契約に関しての作業はこれで完了です。

ここまでをMNP予約番号の有効期間内で終わらせるようにしてください。

また、開通手続き完了後、Apple社製品(iPhone iPad)の場合はアクティベーションが必要になります。

こちらも詳細はドコモオンラインショップで確認できますので確認しておきましょう。

OCNモバイルONEの解約

MNP予約番号を取得し、ドコモに乗り換えの申し込みをして、ドコモの開通手続きを済ませ、端末の設定が完了したら乗り換え手続きはほぼ完了です。

最後にOCNモバイルONEとの契約を解約する手続きが残っていますが、OCNモバイルONEの解約に関しては、ドコモの開通手続きを済ませたことを、OCNモバイルONEが確認した時点で解約となりますので、何かしらこちらで手続する必要はありません。

OCNモバイルONEのHPを調べると、解約の手順が記されているページがありますが、これはMNP転出をしない場合、単純に解約を行う場合の手順となります。

>ドコモのクーポンはこちら

\ 早速、上の手順でドコモに乗り換える!

>ドコモのキャンペーンはこちら

OCNモバイルONEからドコモへの乗り換えタイミング

OCNモバイルONEからドコモへの乗り換えタイミングは、以下のとおりです。

OCNモバイルONEからドコモへの乗り換えタイミング
  • OCNモバイルONEの契約期間が満了するタイミング
  • 自分の利用状況に合ったプランをドコモで見つけたタイミング
  • MNP予約番号の発行が可能になったタイミング

現状OCNモバイルONEと契約されている方が、ドコモに乗り換えるタイミングとはどのようなタイミングが考えられるでしょうか。

どんなタイミングで乗り換えを考えるべきか、乗り換えが可能になるのかなどに関してまとめていきたいと思います。

OCNモバイルONEの契約期間が満了する時

OCNモバイルONEの一部料金プランに関しては最低利用期間が設定されていません。

そのため、契約後はいつでも解約ができるということになりますが、最低利用期間こそないものの、ブラックリストは存在するといわれています。

これはOCNモバイルONEで販売している低額の端末を購入し、転売するという行為が横行した影響と言われています。

ただし、解約してMNPにて他社に乗り換えという事であれば、こうした転売目的ではないと判断される可能性が高く、そこまでブラックリストを意識することはないでしょう。

また、2021年4月以前に、当時あった料金プランで契約した方には、契約から6ヶ月間という契約期間がありましたが、こちらで契約している方も当然契約期間は満了しており、いつ転出しても違約金の心配はありません。

OCNモバイルONEは2023年6月以降、新規契約を結んでいませんので、現在OCNモバイルONEを利用している方は、それ以前に契約された方ということになります。

そう考えると、現状OCNモバイルONEを利用している方は、すべて契約期間は満了している(違約金が発生しない)状況であるということになりますので、いつでもMNP転出は可能ということになります。

自分の利用状況に合ったプランが提供される時

スマホのキャリアを変更する大きな理由のひとつとして料金プランに関する満足度が上げられるかと思います。

今利用しているOCNモバイルONEの料金プランと比較して、より自分のスマホ利用状況にあった料金プランが、ドコモで提供されているということになれば、当然そのタイミングが乗り換えのタイミングということになります。

特にドコモは、2023年7月に、新たな料金プランirumoを発表しています。

こうした新料金プランや、付属するオプションサービスなどを検討し、今の料金プランよりもお得であると判断したのであれば、乗り換えを検討するといいでしょう。

MNP予約番号の発行が可能になる時

OCNモバイルONEでは、契約直後にMNP予約番号を発行するということはありません。

少なくとも契約から1ヶ月以上経過しないとMNP予約番号は発行されません。

上でも紹介した通り、OCNモバイルONEではすでに新規契約を打ち切ってから1ヶ月以上が経過しています。

今現在OCNモバイルONEを利用している皆さんは、すでにいつでもMNP予約番号の発行申請ができる状態ですので、ドコモに気になる料金プランがある、サービスがある、最新機種に買い替えてドコモを利用したいなどの理由がある場合は、いつでもMNP予約番号の発行申請が行えるということになります。

>ドコモのクーポンはこちら

\ タイミングがちょうどよいので、ドコモに乗り換える!

>ドコモのキャンペーンはこちら

OCNモバイルONEからドコモに乗り換える時に使えるお得なキャンペーン

2024年5月開催中のドコモキャンペーン

キャンペーン名 概要 終了日
ドコモにお乗り換えで最大22,000円(税込)還元
  • 対象スマホが最大22,000円(税込)割引※iPhoneはドコモショップ限定
  • 対象スマホが最大16,500円(税込)割引※ドコモオンラインショップ限定
  • エントリーで5,000ポイントプレゼント
  • SIMのみ乗り換えで10,000ポイントプレゼント※ドコモオンラインショップ限定
終了日未定
SIMのみ契約で dポイント10,000ポイントプレゼント SIMのみの購入で初期費用無料、dポイント10,000円ポイント還元 終了日未定
Xperia 1 Ⅵ発売記念!エントリーでお得キャンペーン エントリー後にXperia 1 Ⅵをドコモオンラインショップまたはドコモショップ等で購入し、応募で10,000円キャッシュバック

エントリー期間:2024年6月6日

購入期間:2024年6月7日〜2024年9月9日

Xperia 1 Ⅵ/Xperia10 Ⅵ発売記念!Xperiaロトキャンペーン

キャンペーン期間内にXperiaロトを引いて対象Xperia+対象イヤホン/対象カバー購入して応募

Xperiaロト当選結果と対象製品の組み合わせにより、dポイント最大32,000ポイントプレゼント

Xperiaロト期間:Xperia 1 Ⅵ発売日〜2024年8月7日

購入期間:Xperia発売日〜2024年7月31日

応募期間:Xperia発売日〜2024年8月7日

Google Pixel8a 購入キャンペーン Google Pixel 8aご購入&応募でdポイント(期間・用途限定)7,000ptプレゼント 2024年6月24日
eximoデビューキャンペーン irumo契約者が対象機種への変更と同時にeximoを契約すると、dポイント4,000ptプレゼント 2024年5月31日
5G WELCOME割 対象の5Gスマートフォンを購入すると、購入方法に応じて機種代金から割引またはdポイントを進呈 終了日未定
端末購入割引 オンラインショップ価格から対象機種を割引 終了日未定
オンライン限定 機種購入割引 ドコモオンラインショップで対象機種を購入すると購入方法に応じて機種代金から割引又はdポイント進呈 終了日未定
オンラインおトク割 対象機種を購入すると購入方法に応じて機種代金から割引又はdポイント進呈 終了日未定
いつでもカエドキプログラム+

dポイントクラブに加入し対象機種を残価設定型24回払いで購入するとともに「いつでもカエドキプログラム+」と「smartあんしん補償」に加入し、対象機種を23か月目までに返却すると、24回目(残価)の分割支払金のお支払いが不要

さらに12か月目までに対象機種をご返却すると、プログラム早期利用料をお支払いで、24回目(残価)と翌月以降の分割支払金(最大13~23回目)も不要

終了日未定
いつでもカエドキプログラム dポイントクラブに加入し対象機種を残価設定型24回払いで購入するとともにプログラムに加入し利用の対象機種を返却すると、3か月目までに返却すると24回目(残価)の分割支払金のお支払いが不要となる
さらに22か月目までに対象機種を返却するとドコモがあらかじめ定めた額を毎月割引
終了日未定
大特価 SPECIAL SALE! 機種だけ(白ロム)購入も含めたすべての購入方法で割引やdポイントが受けれる! 終了日未定
はじめてスマホ割(はじめてスマホプラン) FOMAからの契約変更、もしくは他社3Gケータイからのお乗りかえで「はじめてスマホプラン」に加入すると、最大12か月間、月額550円割引 終了日未定
eximo/ahamo/ギガホならディズニープラスの月額料金990円(税込)が最大6ヶ月間割引
  • eximo/ahamo /ギガホ(「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」)を契約の方
    割引期間:毎月990円を最大6か月間割引
  • ギガライト(「5Gギガライト」「ギガライト」)を契約の方
    割引期間:毎月990円を最大4か月間割引
終了日未定
スマホおかえしプログラム プログラムに加入した方が36回の分割払いで購入した対象機種を返却すると、翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)のお支払いが不要となる 終了日未定
comotto 子育て応援プログラム
  • 特典1:毎年誕生月に1,000ポイントのdポイントプレゼント
  • 特典2:サービス無料特典
    dフォト(プリントサービス機能)/dキッズ/クラウド容量オプション プラス50GB/dヘルスケア/Lemioプレミアムが最大3か月間無料で使える
  • 特典3:デジタルクーポン
  • 特典4:抽選特典
終了日未定
home 5G U29 デビュー割

個人名義の新規「home 5G プラン」契約時に満29歳以下の方は初回割引適用月を1か月目と起算して最大12か月間、当月のご利用のデータ量が30GB以下の場合、月額料金から1,760円(税込)割引になる

終了日未定

オンラインショップ返品保証 対象の機種にて機種変更または契約変更すると、商品到着から8日以内の手続きで、商品を利用後でも返品が可能となる保証サービス 終了日未定
ディズニープラスが実質1か月分無料!dポイント最大1,320ptプレゼントキャンペーン キャンペーン期間中にエントリーし、ディズニープラスへ入会すると、入会時のプランに応じてdポイント(期間・用途限定)をプレゼント 終了日未定
下取りプログラム 今所有している機種を下取りに申込むと、dポイントを進呈 終了日未定
eximoお試しで2,000ポイントプレゼントキャンペーン

キャンペーン期間中に専用ページにてエントリーの上、新たに対象料金プラン「eximo」を申込み、翌月から契約すると2,000dポイントがもらえる

終了日未定
爆アゲセレクション ドコモと提携する映像サービスの月額料金(税抜)の最大20%相当のd ポイント(期間・用途限定)を進呈

終了日未定

U15ポイント特典 「U15はじめてスマホプラン(5GB)」「U15はじめてスマホプラン(10GB)」の申込みで、最大12か月間dポイントを翌月進呈。
・U15はじめてスマホプラン(5GB):500pt進呈(最大12か月間)
・U15はじめてスマホプラン(10GB):1,000pt進呈(最大12か月間)
終了日未定
ファミリー紹介特典 iモード携帯を利用中の家族を紹介・スマホデビューで、紹介者に対し、紹介1件につきdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントをプレゼント 終了日未定
【ドコモショップ限定】home 5G お申込みdポイントプレゼント特典

ドコモショップにて「home 5G プラン」の新規契約と「HR01」または「HR02」の購入でdポイント10,000ポイントをプレゼント。

終了日未定

ドコモオンラインショップ限定!home 5G お申込みdポイントプレゼント特典

「home 5G プラン」の新規契約と対象製品を購入して、購入から2か月後の月末まで継続でdポイント15,000ポイントをプレゼント

終了日未定

home 5G のりかえ キャンペーン

「home 5G プラン」のご契約と「home 5G HR02」をご購入でdポイント(期間・用途限定)最大22,000ポイント

終了日未定
家族まとめてキャンペーン

ご家族で2台対象機種購入で最大4,000dポイントプレゼント

終了日未定
スマホ購入&dカード GOLDご利用特典

ドコモショップで対象機種を「機種変更」または「契約変更(FOMA指定プランからの契約変更を除く)」で購入しeximoを契約された方を対象として、dカード GOLDの対象決済5,000円(税込)以上の利用でdポイント500pt(期間・用途限定)を最大12か月間進呈

終了日未定

ドコモからAmazonプライムご登録でdポイント200ptプレゼント

エントリ後にAmazonプライム登録でdポイント(期間・用途限定)200ptプレゼント

2024年5月31日

OCNモバイルONEからドコモに乗り換える時に使えるお得なキャンペーンを紹介いたします。

2024年5月現在、ドコモに乗り換えることで利用できるキャンペーンはいくつかあります。

その中でも注目すべきキャンペーンに関して詳しく解説していきたいと思います。

5G WELCOME割

Re:vale LIVE GATE “5G WELCOME割出典:ドコモ

キャンペーン名 5G WELCOME割
終了日 終了日未定
条件 対象の5Gスマートフォンを購入
内容 購入方法に応じて機種代金から割引またはdポイントを進呈

【割引額】

乗り換え(MNP)

対象機種

割引額

iPhone 14 Pro Max 128GB

 

44,000円割引

iPhone 15

22,000円割引

 

iPhone 13(256GB/512GB)

Google Pixel 8

Xperia 5 IV SO-54C

Xperia 1 IV SO-51C

Xperia 10 V SO-52D

Xperia 10 V Fun Edition SO-52D

Galaxy A54 5G SC-53D

arrows N F-51C

iPhone SE(第3世代)

 

16,500円割引

 

 

 

arrows We F-51B

らくらくスマートフォン F-52B

Google Pixel 7a

14,300円割引

iPhone 14

9,900円割引


【docomo Certified(ドコモ認定リユース品)商品 割引額】

新規契約・乗り換え

対象機種
(docomo Certified)
割引額
iPhone 12 Pro

44,000円割引

 iPhone 12 256GB A+

iPhone 12 256GB A

42,350円割引

iPhone 12 256GB B

39,600円割引

iPhone 13

22,000円割引

iPhone 13 mini 

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro Max

iPhone 12(128GB/256GB)A+/A/B

iPhone 12 mini

iPhone 12 Pro Max

Xperia 10 III SO-52B 

Xperia 1 III SO-51B

Xperia 5 II SO-52A

Xperia 1 II SO-51A 

Galaxy A52 5G SC-53B

Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B 

Galaxy S21 5G SC-51B

Galaxy A51 5G SC-54A 

Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A 

AQUOS R6 SH-51B

AQUOS sense5G SH-53A

11,000円割引

【進呈ポイント数】

乗り換え(MNP)

機種名

進呈ポイント

iPhone 14 Plus 512GB

購入時に利用者が22歳以下の場合、またはeximoをご契約の場合
20,000ポイント進呈

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro Max

iPhone 13 mini

Google Pixel 8 Pro 256GB

Galaxy S22 SC-51C

Xperia Ace III SO-53C

購入時に利用者が22歳以下の場合、またはeximoをご契約の場合

10,000ポイント進呈

新規契約

機種名

進呈ポイント

iPhone 14 Pro Max 128GB

30,000ポイント進呈

Xperia 10 Ⅴ  SO-52D

購入時に利用者が22歳以下の場合、またはeximoをご契約の場合
20,000ポイント進呈

Xperia 10 V Fun Edition SO-52D

Galaxy A54 5G SC-53D

Xperia 1 Ⅳ SO-51C

 

購入時に利用者が22歳以下の場合、またはeximoをご契約の場合
15,000ポイント進呈

arrows N F-51C

Google Pixel 8

購入時に利用者が22歳以下の場合、またはeximoをご契約の場合
10,000ポイント進呈

Galaxy S22 SC-51C

iPhone 14

購入時に利用者が22歳以下の場合、またはeximoをご契約の場合
9,000ポイント進呈

 

ドコモの5G WELCOME割とは、5G対応機種をドコモで購入する際、購入代金から割引を受けられる(一部ポイント還元される)というサービスです。

対応機種は随時更新されるため、ご自身がドコモに乗り換えるタイミングで確認するようにしましょう。

5G WELCOME割はドコモの割引サービスであり、ahamo、irumoの料金プランは対象外となります。

ahamoとirumoがサービス対象外であると考えた場合、ドコモに乗り換えてeximoの料金プランで契約する必要がありますので、eximoの中から自分に合ったプランを選択しましょう。

端末の割引額に関しては、同じ乗り換えの場合でも、店頭乗り換えとオンラインショップでは還元方法が違うケースがありますのでご注意ください。

5G WELCOME割はあくまでも、「ドコモで購入する端末料金」に対する割引です。

乗り換えでこのキャンペーンが適用されるケースは、乗り換えと同時にドコモで新規に端末を購入する場合に限られますので、今使用している端末を利用してドコモに乗り換える場合は対象外となります。

ドコモにお乗り換えで最大22,000円(税込)還元

【ドコモ】ドコモにお乗り換えで最大22,000円(税込)還元出典:ドコモ

キャンペーン名 ドコモにお乗り換えで最大44,000円分還元
終了日 終了日未定
条件
  • eximoへ他社回線からeximoへ乗り換えする
  • 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用し、利用開始を完了させる
内容

選べる3つのプレゼント

  • 対象スマホが最大44,000円(税込)割引
  • 対象スマホが最大16,500円(税込)割引
    ※ドコモオンラインショップ限定
    エントリーでさらに5,000ポイントプレゼント
  • SIMのみ乗り換えで10,000ポイントプレゼント

OCNモバイルONEからドコモに乗り換える際に利用できるキャンペーンとしては、最大22,000円還元のキャンペーンも行われています。

こちらは乗り換えの条件により3つのサービスに分かれていますので、その3点を確認しておきましょう。

乗り換えの条件とそれぞれの場合に受けられるサービス
  • ドコモに乗り換えかつドコモで新規端末購入(店頭orオンラインショップ)
    → 最大22,000円還元
  • ドコモに乗り換えかつドコモで新規端末購入(オンラインショップ限定)
    → 最大16,500円還元+エントリーで5,000ptのdポイントプレゼント
  • 現在利用している端末でドコモに乗り換え
    → 10,000ptのdポイントプレゼント

上の2つのサービスの対象端末に関しては、5G WELCOME割を参照していただければ、同様のサービスを受けることができます。

つまり5G WELCOME割と同じサービスということになります。

注目すべきは一番下の条件。

端末を新規に購入しないため、5G WELCOME割のキャンペーンを受けられない方向けのキャンペーンとなり、SIMのみの乗り換えでもdポイントが10,000pt付与されます。

こちらのキャンペーンもeximoに加入することが条件となっており、ahamo、irumは対象外となっていますのでご注意ください。

>ドコモのクーポンはこちら

お得なキャンペンーンを利用してドコモに乗り換える!

>ドコモのキャンペーンはこちら

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際の注意点

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際の注意点は、以下のとおりです。

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際の注意点
  • SIMロック解除の確認
  • 乗り換え先のプランを事前に検討しておく
  • 各種キャンペーンの実施期間を確認しておく
  • 自身がブラックリストに載っていないかを確認する
  • 乗り換え後の手続きを忘れずに

OCNモバイルONEは2023年6月26日以降、運営会社がドコモと合併しています。

そのため比較的ドコモへの乗り換えがしやすい格安SIMと言えるでしょう。

そんな乗り換えに関して、注意すべき点をいくつか紹介します。

SIMロック解除の確認

ドコモに乗り換えて利用する端末が決まっている場合、その端末のSIMロック解除が必要か不要かを確認しておきましょう。

原則として、OCNモバイルONEではドコモ回線を使用していますので、OCNモバイルONEで使用していた端末であれば、SIMロック解除の必要はありません。

また、ドコモ製の端末、SIMフリーの端末もSIMロック解除は不要となります。

SIMロック解除が必要となる端末は、auやソフトバンク製など、ドコモ製以外の端末で、発売が2021年10月以前の端末です。

SIMロックに関しては、2021年10月以降に発売されている端末に関しては、正当な理由がない場合はSIMロックをしてはいけないと法律で定められています。

つまり、2021年10月以降に発売された端末であれば、どこで発売された端末であっても、原則SIMロックはかかっていないということになります。

乗り換えを機に、ドコモ以外で入手した端末を利用する場合は、そのスマホにSIMロックがかかっているかどうか、ドコモの周波数帯で利用できる端末かどうかを調べておくようにしましょう。

乗り換え先のプランを検討

OCNモバイルONEからドコモへの乗り換えということで、双方の料金プランを比較してみましょう。

★OCNモバイルONEの料金プラン

料金プラン月額料金
500MB/月コース550円
1GB/月コース770円
3GB/月コース990円
6GB/月コース1,320円
10GB/月コース1,760円

※料金はすべて税込み

★ドコモの料金プラン

eximoの料金プラン
料金プラン月額料金
~1GB4,565円
1~3GB5,665円
3GB~上限なし7,315円
ahamoの料金プラン
料金プラン月額料金
ahamo(20GBまで)2,970円
ahamo大盛り(100GBまで)4,950円
irumoの料金プラン
料金プラン月額料金
0.5GB550円
3GB2,167円
6GB2,827円
9GB3,377円

※料金はすべて税込み
※各種割引やキャンペーンは考慮しない基本料金

ドコモ全体の料金プランということで、ahamoとirumoも併記して紹介していきます。

基本的な料金という点では、OCNモバイルONEの方が割安であることがほとんどといえます。

単純な基本料金の比較で、ドコモに移行した方がお得だというケースは、毎月のデータ利用使用量が大きくなるケースでしょう。

1ヶ月で10GB以上の利用料であるという方の場合、ahamoの利用がお得となる計算になります。

また、上限を気にせず使いたいという方は、eximoの上限無制限のプランであれば安心して利用できます。

反対に極端にデータ通信量が少ないという方もドコモがおすすめ。

irumoの0.5GBプランであれば、OCNモバイルONEと同じ月額料金で、ドコモのサービスの提供を受けることができます。

基本料金という点のみに注目すれば、OCNモバイルONEの方がお得であるケースは多くなりますが、ドコモの場合この料金でドコモのサービスや安定感を利用できるというメリットがあります。

また、各種キャンペーンや割引サービスを利用することで、月額料金はまだ下がりますので、自身に合ったサービスがあるかどうかなどを確認して、実際の料金やサービスを比較検討しましょう。

キャンペーン期間の確認

ドコモでは2024年5月現在、数多くのキャンペーンを実施しています。

もちろんすべてのキャンペーンをすべてのユーザーが利用できるというわけではありませんが、利用できるキャンペーンをしっかり活用することで、様々なサービスを受けることができます。

キャンペーンにはそれぞれ期間が設定されていますので、自身が当てはまるキャンペーンの期間を確認し、しっかりキャンペーンの恩恵を受けられるタイミングで乗り換えるようにしましょう。

ブラックリストかを確認

最初の方でも少し触れましたが、OCNモバイルONEと契約し、比較的早く解約した方の中には、OCNモバイルONEのブラックリストに掲載されてしまっている可能性があります。

OCNモバイルONEからはこのブラックリストに関する細かな規定などに関して発表していないため、一度掲載されてしまうとどの程度その影響が残るかは判断が難しいところです。

ネットでの情報を集めてみたところ、ブラックリストに載って1年程度で解除されるというケースが多いようです。

とはいえ、これはあくまでもネット上の情報であり、どこまで信用できるかは不明なところがあります。

また、自身がブラックリストに載っているかどうかは、OCNモバイルONEに新規で契約を申し込むなどしないとハッキリしないため、確認する方法がないのも事実。

一度契約して、その後問題なく使用できているようであれば、ブラックリストに載っている可能性は低いかと思われます。

また、ブラックリストに載っているからと言って、MNP予約番号が発行されないかといえば、そんな情報も見当たりませんでした。

ただし、現状OCNモバイルONEとドコモは合併しており、OCNモバイルONEのブラックリスト情報もドコモの手にあると考えていいでしょう。

ドコモと契約する際何らかの問題が生じる可能性はありますので、現状OCNモバイルONEを利用している方は、最低でも1年以上、できれば2年程度利用した上での乗り換えを検討するのがいいでしょう。

乗り換え後の手続きを忘れずに

乗り換え後の手続きとなると、ドコモの開通手続きと、OCNモバイルONEの解約手続きになるかと思います。

ドコモの開通手続きに関しては、MNP予約番号の有効期間(MNP予約番号発行日を含む15日間)内に完了させる必要があります。

手元に新しい端末とSIMカード、もしくはSIMカードのみが届いたら速やかに開通手続きを終わらせましょう。

OCNモバイルONEの解約に関しては、細かな手続きは必要ありません。

ひとつやることがあるとすれば、使用していたSIMカードの返却です。

OCNモバイルONEで使用していたSIMカードに関しては、原則返却する必要があります。

返却は郵便にて簡単に行えますので、OCNモバイルONEのHPでその方法を確認の上返却しましょう。

>ドコモのクーポンはこちら

\ 特に問題ないので、ドコモに乗り換える!

>ドコモのキャンペーンはこちら

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際のよくある質問

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際のよくある質問は、以下のとおりです。

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換える際のよくある質問
  • OCNモバイルONEからドコモへの乗り換えはできる?
  • 乗り換えにかかる費用は?
  • 乗り換えのタイミングは?
  • 乗り換えの注意点は?
  • 乗り換え後の手続きは?

現状OCNモバイルONEを利用しており、ドコモへの乗り換えを考えている方が疑問に思うであろう点に関して、Q&A方式で返答していきたいと思います。

OCNモバイルONEからドコモへの乗り換えはできる?

A.できます。

2023年6月に、OCNモバイルONEとドコモが合併したこともあり、そもそも乗り換えができるのか不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

OCNモバイルONEからドコモへの乗り換えは問題なくできます。

むしろ同じ運営会社ということもあり、ほかの乗り換えのケースと比較すれば、よりスムーズに乗り換えができるといえるでしょう。

乗り換えに関しては、余計な費用がかからないオンライン申し込みがおすすめですが、乗り換えに関する各種手続き等に自信がない、よく分からないという方は、ドコモショップで申し込めば、分からないところはすべて担当者が教えてくれます。

ただし、ドコモショップを利用して乗り換えの申し込みを行う場合、事務手数料などの費用が必要となり、費用面では負担となりますので覚えておきましょう。

乗り換えにかかる費用は?

A.新規契約に関する費用以外は原則無料です。

OCNモバイルONEからドコモに乗り換えるといっても、何か特別な費用がかかることはありません。

費用と言えば、新規で契約するドコモの契約に関する費用のみで乗り換えが可能です。

OCNモバイルONEには、短期間での解約で違約金が発生する料金プランもかつてはありましたが、現状その料金プランを利用している方は、違約金が発生する期間を経過していますので違約金の心配はありません。

また、MNP予約番号の発行も無料にて申請できますので、費用面は新規に契約する費用のみを考えておけばいいでしょう。

乗り換えのタイミングは?

A. ドコモの料金プランの中に自分に合ったプランを見つけた時。
 時期的なタイミングとしては、できるだけ月末近くに開通手続きをできるように。

乗り換えのタイミングと言っても、OCNモバイルONEを解約することで違約金が発生するという方はすでにいないはずですので、特別なタイミングというものはありません。

強いて言えば、ドコモの料金プランの中に自分のスマホの利用状況にあったプランを見つけた時や、ドコモでお得なキャンペーンを行っているタイミングということになります。

もうひとつタイミングとして、1ヶ月のどのタイミングで乗り換えるのがベストかという問題があります。

このタイミングに関しては、開通手続きをできるだけ月末近くにするのがベストということになります。

OCNモバイルONEの解約に関する料金の規定では、解約月は日割り計算ではなく、1ヶ月分全額の支払いが必要となっています。

また、OCNモバイルONEの締め日は月末日ですので、解約をした月の分まで月額料金を支払うということになります。

仮に1日に解約をしてしまっても、その月の末日までの料金がかかるということ。この点から、解約は月末に近いほど無駄がないということになります。

問題は解約のタイミングです。

OCNモバイルONEから乗り換えをする場合、OCNモバイルONEとの解約のタイミングは、「新しいキャリアと契約し、開通手続きが行われたことをOCNモバイルONEが確認した日」ということになります。

単純に月末に解約するのがベストということであれば、その月の末日にドコモの開通手続きをすればいいと考えたいところですが、何らかの理由で、OCNモバイルONEが、ドコモとの開通手続きの確認ができたのが翌日になってしまった場合、丸々1ヶ月分、使ってもいないOCNモバイルONEの月額料金を支払うことになってしまいます。

多少の余裕を持ち、月末日の数日前に開通手続きを行うのが安全でしょう。

乗り換えの注意点は?

A. 端末が使えるかどうかの確認とドコモの料金プランの選択はあらかじめ終わらせておく。

OCNモバイルONEからドコモに乗り換えを行う場合、まずはMNP予約番号を発行してもらうところから始まります。

MNP予約番号が発行されたら、そこから15日以内にドコモの開通手続きを行う必要があり、思っているより迅速な対応が求められます。

ドコモの申し込みをオンラインで行った場合、申し込みから端末やSIMカードが自宅に届くまでにある程度の期間が必要になります。

また、ドコモショップで申し込む場合は、ドコモショップへの来店予約なども必要であり、意外と時間がかかる可能性があります。

こうした期間も考慮に入れると、MNP番号を取得してから動き出すのでは遅いというケースも考えられます。

乗り換えを決めたらまずは、ドコモに移行してから使用する端末を決めます。

今使っている端末をそのまま利用するのか、ドコモに乗り換えると同時にドコモで購入するのか、それとも別の方法で新たな端末を入手するのかです。

次にその端末がドコモで問題なく利用できるかどうかのチェックです。

用意した端末に他社のSIMロックがかかっていないか、ドコモの周波数帯で利用できるかなどを調べて、間違いなく利用できる状態にしておきましょう。

次に決めておきたいのが料金プランです。

現状ドコモでは、スマホ向けに3つの料金プランを用意しています。

eximo、ahamo、irumoとそれぞれ特徴がありますので、どの料金プランでドコモと契約するのかを決めておきましょう。

また、同時にキャンペーンの確認や各種割引サービスに関しても調べておきましょう。

ドコモではキャンペーン、割引サービス、オプション契約など、OCNモバイルONEと比較すると多数のサービスがあります。

それぞれの特徴や、自身が利用できるかどうかのチェックをしておきましょう。

乗り換え後の手続きは?

A.面倒な手続きはない。

乗り換えの申し込みが完了すれば、残る手続きはドコモの開通手続きとOCNモバイルONEで使用していたSIMカードの返却程度です。

開通手続きに関しては、オンラインで申し込んだ場合はドコモのオンラインショップから手続きを行う形になりますが、必要な番号が揃っていれば数分とかからず完了できます。

ドコモショップの店頭で乗り換えの申し込みを行った場合は、その場で開通手続きまで進めてくれますので、自身で何かする必要はありません。

OCNモバイルONEからドコモに乗り換える場合、忙しいのは乗り換えの申し込みをする前の段階となりますので、乗り換え後は手続きの忘れがないように確認する程度で問題ないでしょう。

>ドコモのクーポンはこちら

\ 疑問は解決したので、ドコモに乗り換える!

>ドコモのキャンペーンはこちら

OCNモバイルONEからドコモへ乗り換えまとめ

OCNモバイルONEからドコモに乗り換えること自体に、そこまで手間のかかる手続きはありません。

手間と言えば、OCNモバイルONEと比較すると、ドコモは割引サービスやオプションが充実しているため、どのような契約をするかを考える、調べるというのが少々手間かもしれません。

基本料金だけを比較すれば、やはり基本料金が安いことが売りの格安SIMであるOCNモバイルONEの方がお得ということになりますが、それだけでキャリアを決めるのは早計かもしれません。

通信の安定感や各種サービスの充実度、さらにサポート体制、新機種の取り扱いなど、月額料金に反映されないメリットが数多くあります。

ひとつ問題なのはOCNモバイルONEでは、現状新規契約を行っていないという点。

もしドコモに乗り換えた後、やはりOCNモバイルONEの方が良かったとなっても、再度OCNモバイルONEと契約することはできません。

こうした事情も含めて、乗り換えを行うかどうかを冷静に判断しましょう。

>ドコモのクーポンはこちら

お得なキャンペンーンを利用して、メリット盛沢山のドコモに乗り換える!

>ドコモのキャンペーンはこちら

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次