楽天モバイル三木谷キャンペーンで最大1.4万P >>

<PR>

【2024年最新】au回線の格安SIMの人気ランキング11選!

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

「格安SIMにするならau回線がいい」

格安SIMはかなり普及してきましたが、その中でもau回線は人気です。

格安SIMへの乗り換えは不安な点がありますが、au回線であれば安心という方もいるかと思います。

そこでこの記事で、au回線のMVNOなどの格安SIMを11社まとめ、メリットやデメリットを解説します。

au回線の格安SIMを探している方とっては保存版とも言える記事になっているので、ぜひ必要な部分を参考にしてくださいね。

また、auで最新iPhoneを購入したい方や格安SIMの携帯料金の平均が気になる方はこちらも併せて参考にしてみてください。

動画で見たい方はこちらが参考になります。

au回線の格安SIM特徴公式ホームページ

mineo
ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから選べる
低速、中速で無制限に使える独自プランあり
かけ放題の料金が最安
mineoの公式サイト

povo
au運営の格安プランなので通信が高速かつ安定
独自のトッピングシステム採用
0円での維持も可能
povoの公式サイト
UQモバイル
UQモバイル
auのサブブランドなので高速かつ安定した通信
全国にUQモバイルの取り扱い店舗あり
キャリアメールが使える
UQモバイルの公式サイト

IIJmio
5GBプランの料金が最安
キャンペーン利用でセール価格で機種が買える
IIJmioの公式サイト

QTモバイル
九州電力、BBIQ(インターネット回線)利用者に割引あり
九州エリアの方におすすめ
QTモバイルの公式サイト

J:COMモバイル
J:COM関連サービスとのセット利用でデータ増量
シニア割あり
J:COMモバイルの公式サイト

NUROモバイル
LINEのデータ通信量がカウントフリーになるバリューデータフリーオプションあり
データ専用プラン10GBの料金が最安
NUROモバイルの公式サイト
bic sim
BICSIM
全国のビックカメラで契約できる
5GBの料金は最安
BIC SIMの公式サイト
イオンモバイル ロゴ
イオンモバイル
全国のイオンショップで契約できる
0.5GB〜10GBまでの細かなプランあり
イオンモバイルの公式サイト

エキサイトモバイル
段階性プラン(Fitプラン)あり
家族でデータ容量をシェアできる
エキサイトモバイルの公式サイト

BIGLOBEモバイル
YouTubeなど動画サイト、音楽サイトが無料になる「エンタメフリー・オプション」あり
家族割引、光回線との割引あり
BIGLOBEモバイル公式サイト
※7月5日時点の情報
※最新の情報については公式サイトをご確認ください
楽天モバイルがお得!

楽天モバイルでお得なキャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら最大20,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

さらに三木谷キャンペーンは、過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目・3回線目も対象!

これらは別のキャンペーンと併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできるので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ キャンペーン終了前に急げ! /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

目次

au回線の格安SIMおすすめ11選

au回線で運営されている格安SIMを11社紹介します。各社の基本情報と特徴を解説するので、ぜひ乗り換え先選びの参考にしてくださいね。

au回線の格安SIM11社
  • mineo
  • povo
  • UQモバイル
  • IIJmio
  • QTモバイル
  • J:COMモバイル
  • NUROモバイル
  • イオンモバイル
  • エキサイトモバイル
  • BIC SIM
  • BIGLOBEモバイル

mineo【低速や中速度で節約できる!】

出典:mineo

料金プラン(税込)

マイピタ

【音声通話+データ通信】

  • 1GB:1,298円
  • 5GB:1,518円
  • 10GB:1,958円
  • 20GB:2,178円

マイそく

【音声通話+データ通信】

  • スタンダード(最大1.5Mbps):990円
  • プレミアム(最大3Mbps):2,200円
  • ライト(最大300kbps):660円
  • スーパーライト(最大32kbps):250円

    ※データ通信のみは別料金

    国内通話料金(税込)

    22円/30秒

    専用アプリ「mineoでんわ」使用:10円/30秒

    オプション(税込)
    • 10分かけ放題:550円/月
    • 時間無制限かけ放題:1,210円/月
    • mineoでんわ:無料/月
    店舗情報 全国193箇所(mineoショップ/mineoスポットは14箇所)
    通信回線
    • ドコモ
    • au
    • ソフトバンク
    通信速度
    • 平均ダウンロード速度: 53.94Mbps
    • 平均アップロード速度: 13.68Mbps
    参考:みんなのネット回線速度 ※2024/07/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
    支払い方法 クレジットカード
    eSIM対応 対応あり
    公式サイト https://mineo.jp/

    mineoはドコモ、au、ソフトバンクの3社の回線を選べる人気の格安SIMです。

    mineoの最大の特徴は「マイそく」や「パケット放題 Plus」を利用して低速や中速での利用ができる点です。例えばマイそくのスタンダードなら最大1.5Mbpsになります。

    一般的な4Gのスマホは40〜70Mbps以上の速度なので、1.5Mbpsはかなり遅く感じますが、実はこのmineoの速度でも日常生活での不便は少ないです。マイそくのスタンダードは月額990円(税込)なので、中速が許容できるのであれば、かなり節約して使えます。

    また、ロケホンから申し込むとmineoの事務手数料が無料になるなど、お得にmineoへ申し込むことが可能です。

    mineoは、このように「低速」「中速」を活用して節約できる点が特徴なので、興味ある方はぜひチェックしてくださいね。

    \ 下記のリンクからのみ! mineo × ロケホン事務手数料無料キャンペーン!

    ※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外となります。 /

    povo【トッピングでどんな使い方にも対応】

    出典:povo

    料金プラン(税込)

    基本料金0円

    データ使い放題(24時間):330円/回

    データ使い放題(7日間×12回分):9,834円/回
    データ追加1GB(7日間):390円/回
    データ追加3GB(30日間):990円/回
    データ追加20GB(30日間):2,700円/回
    データ追加60GB(90日間):6,490円/回
    データ追加150GB(180日間):12,980円/回

    データ追加300GB(90日間):9,834円/回

    国内通話料金(税込) 22円/30秒
    オプション(税込)
    • 5分以内通話かけ放題:550円/月
    • 通話かけ放題:1,650円/月
    • 留守番電話サービス:330円/月
    • DAZN使い放題パック(7日間):1,145円/回
    • smash.使い放題パック(24時間):220円/回(新規受付終了)
    • スマホ故障サポート:830円/月(新規受付終了)
    店舗情報 なし
    通信回線 au回線
    通信速度

    平均ダウンロード速度: 93.45Mbps

    平均アップロード速度: 16.99Mbps

    出典:みんなのネット回線速度(2024/07/13時点の情報)

    支払い方法 クレジットカード
    eSIM対応 対応あり
    公式サイト https://povo.jp/

    povo(ポヴォ)は、auが提供する格安プランで、「トッピング」と呼ばれるシステムが特徴的です。

    一般的なスマホの月額システムとは違い、データ容量が必要なときにその都度トッピングを購入して利用します。

    povoのキャンペーンでは、データトッピングがもらえることもあるのでお得に運用することが可能です。

    データ容量は「7日間」や「30日間」など利用期限が決まっている点に注意ですが、自動で毎月課金される他社よりも、トータルで節約して使うことができます。

    また、povoやUQモバイル以外に紹介する格安SIMキャリアは基本的にauと別会社ですが、povoはauが直接運営しているので、最も安定した通信品質が期待できます。

    機種が購入できないpovoは機種変更が難しいのがpovoのデメリットとは言えますが、基本料金0円で運用できるのでぜひチェックしてみてください。

    \ トッピングで自由自在な使い方 /

    UQモバイル【安定で高速の通信&iPhoneも購入できる】

    出典:UQモバイル

    料金プラン(税込)
    • ミニミニプラン(4GB):2,365円
      *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:1,078円

    • トクトクプラン(15GB):3,465円
      *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:2,178円
      *1GB以下利用月は-1,188円割引

    • コミコミプラン(20GB):3,278円
      *10分以内の国内通話無料
        国内通話料金(税込) 22円/30秒
        店舗情報
        • au Style
        • auショップ
        • UQスポット 
        • UQ mobile取扱店(日本全国2,700店舗以上展開中)
        通信回線 au
        通信速度
        • 平均ダウンロード速度: 96.14Mbps
        • 平均アップロード速度: 16.48Mbps
        参考:みんなのネット回線速度 ※2024/07/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
        支払い方法
        • クレジットカード
        • 口座振替
        • 自動振込(ゆうちょ)
        eSIM対応 対応あり
        公式サイト https://shop.uqmobile.jp/shop/

        7月4日時点の情報 ※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

        UQモバイルはauが「サブブランド」として展開しており、安定した通信品質と、UQモバイルのお得なiPhoneの販売がされている点が特徴です。

        UQモバイルは「UQ WiMAX」というインターネット事業を展開していることもあり、通信の安定性、スピードには定評があります。

        また、全国にUQモバイルショップがたくさんあるので、格安SIMの弱点である「トラブル時にショップで店員さんに聞けない」という点をカバーできているのも嬉しい点です。

        また、公式サイトでiPhoneの販売も行っています

        最新機種ではありませんが、UQモバイルへの申し込みと同時に購入できるので安心して機種変更ができます。

        他社から乗り換える際は、UQモバイルの乗り換えキャンペーンを活用してください。

        \乗り換えと同時にiPhoneが購入できる! /

        IIJmio【ほぼ最安&キャンペーンが魅力】

        IIJmio

        出典:IIJmio

        料金プラン(税込)

        • 2ギガプラン:850円
        • 5ギガプラン:990円
        • 10ギガプラン:1,500円
        • 15ギガプラン:1,800円
        • 20ギガプラン:2,000円
        • 30ギガプラン:2,700円
        • 40ギガプラン:3,300円
        • 50ギガプラン:3,900円

        オプション(税込)

        • 通話定額5分+:500円
        • 通話定額10分+:700円
        • かけ放題+:1,400円

        ※みおふぉんダイアルアプリ利用

        国内通話料金(税込)

        11円/30秒

        通信回線

        • ドコモ
        • au

        通信速度

        平均ダウンロード速度: 42.96Mbps
        平均アップロード速度: 9.98Mbps
        参考:みんなのネット回線速度 ※2024/07/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

        支払い方法

        • クレジットカード

        eSIM対応

        対応あり

        公式サイト

        https://www.iijmio.jp/

        IIJmioはほとんど最安の料金プランや、スマホ機種を大幅割引で購入できるIIJmioの端末キャンペーンが魅力です。

        例えば20GBあたり2,000円(税込)という料金は、povoやUQモバイルなど人気の格安SIMと比べてもかなり安いことがわかります。

        料金が安くても、au回線を利用しているので通信品質には問題ありません。

        また、IIJmioのキャンペーンでスマホセールを不定期に開催しており、タイミングがあえばMNP乗り換えと同時に購入することで500円(税込)などの超お得価格でスマホ本体を購入できる点も大きな魅力です。

        乗り換えと同時に、できるだけ安いスマホが欲しい!という方におすすめです。

        なお、IIJmioを申し込む予定の方は、IIJmioのキャッシュバックIIJmioのクーポンなどをチェックしておきましょう。

        \ キャンペーン情報をチェック!/

        QTモバイル【九州在住者にもおすすめ】

        出典:QTモバイル

        料金プラン(税込)
        • 2GB:1,100円
        • 4GB:1,540円
        • 6GB:1,760円
        • 10GB:1,980円
        • 20GB:2,200円
        • 30GB:3,300円

            ※データプランのみは別料金

            国内通話料金(税込)
            • 11円/30秒
            オプション(税込)
            • 10分間かけ放題:880円
            • 無制限かけ放題:1,600円
            店舗情報 あり
            通信回線
            • ドコモ
            • au
            • ソフトバンク
            通信速度
            • 平均ダウンロード速度: 64.27Mbps
            • 平均アップロード速度: 6.91Mbps

            ※ドコモ回線の場合の数値

            参考:みんなのネット回線速度

            2024/07/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

            支払い方法
            • クレジットカード
            eSIM対応 なし
            公式サイト https://www.qtmobile.jp/

            QTモバイル(キューティーモバイル)は、九州在住の方に特におすすめしたい格安SIMです。

            QTモバイルを運営するのは、九州電力の子会社であるQTnetで、インターネット回線のBBIQ(ビビック)も同じ企業が運営しています。

            それにより、QTモバイルのキャンペーン九州電力契約者や、BBIQ契約者はQTモバイルの月額料金が割引になります。

            両方を契約していると、最大で毎月330円(税込)引きとなり、20GBの場合は2,200円(税込)が1,870円(税込)となり、非常にお得に使うことができます。

            QTモバイルはドコモ、au、ソフトバンクの3社の回線とプランが選べます。

            \ 九州在住の方におすすめ! /

            J:COMモバイル【J:COMサービス利用でデータ盛】

            出典:J:COMモバイル

            料金プラン(税込)

            【通常月額料金】

            • 1GB:1,078円
            • 5GB:1,628円
            • 10GB:2,178円
            • 20GB:2,728円

            ※データプランのみは別料金

            国内通話料金(税込) 22円/30秒
            オプション(税込)
            • かけ放題(5分/回):月額550円/回線
            • かけ放題(60分/回):月額1,650円/回線
            店舗情報 あり
            通信回線

            au回線

            通信速度
            • 平均ダウンロード速度: 96.72Mbps
            • 平均アップロード速度: 16.68Mbps

            参考:みんなのネット回線速度

            2024/07/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

            支払い方法
            • クレジットカード
            eSIM対応 対応あり
            公式サイト https://www.jcom.co.jp/service/mobile/

            J:COMモバイル(ジェイコムモバイル)は、その名の通りJ:COMが運営する格安SIMで、J:COMの別サービスを利用しているとデータ盛というサービスの対象になります。

            J:COMが運営するテレビ、ネット、固定電話、電気とJ:COMモバイルを同じ名義で利用することで、同じ料金でも使えるデータ容量が以下のように変わります。

            J:COMモバイルのデータ盛
            • 1GB→5GB(1,078円)
            • 5GB→10GB(1,628円)
            • 10GB→20GB(2,178円)
            • 20GB→30GB(2,728円)

            (表示の金額は税込です)

            J:COMが運営する他サービスを使い続けている限り、データ盛の対象であり続けるので、ぜひ末長く使いたいです。

            逆に、J:COMモバイルの他サービスを何も使っていない場合は割高になるので、おすすめしにくくなります。

            J:COMモバイル公式サイト:https://www.jcom.co.jp/service/mobile/

            \ データ盛でずっとお得!/

            NUROモバイル【キャッシュバックがもらえる】

            出典:NUROモバイル

            料金プラン(税込)
            • VSプラン(3GB):792円
            • VMプラン(5GB):990円
            • VLプラン(10GB):1,485円
            • VLLプラン(15GB):1,790円
            • NEOプラン(20GB):2,699円
            • NEOプランW(40GB):3,980円

            ※データプランのみは別料金

            国内通話料金(税込) 22円/30秒 ※NUROモバイルでんわの通話料は別
            オプション(税込)
            • 通話定額オプション(5分・10分・かけ放題)
            • バリューデータフリー ※対象プランはバリュープラス
            • 5Gオプション
            店舗情報 なし
            通信回線 ドコモ、au、ソフトバンク
            通信速度
            • 平均ダウンロード速度: 40.97Mbps
            • 平均アップロード速度: 14.47Mbps

            参考:みんなのネット回線速度

            2024/07/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

            支払い方法 クレジットカード
            eSIM対応

            対応あり

            ※音声通話(MNP転入)の申し込みは現在未対応

            公式サイト https://mobile.nuro.jp/

            NUROモバイル(ニューロモバイル)は、ソニーが運営する格安SIMです。

            「NURO」は光回線のイメージが強いかと思いますが、NUROモバイルも人気が高まっています。

            NUROモバイルのキャンペーンは他社からの乗り換えや、新規契約時に数万円のキャッシュバックがもらえるものが頻繁に開催されています。

            「NEOデータフリー」という無料オプションにより、LINE、Twitter、Instagram、TikTokなどの対象サービスのデータ消費がなくなるので、SNSをよく使う方には特におすすめしたい格安SIMです。

            \ 高額キャッシュバックが魅力! /

            BIC SIM【ギガぞうWi-Fiも使える】

            出典:BIC SIM

            料金プラン(税込)

            音声通話機能付きSIM ギガプラン

            • 4GB:410円
            • 7GB:550円
            • 12GB:1,060円
            • 17GB:1,360円
            • 22GB:1,560円
            国内通話料金(税込) 11円/30秒
            オプション(税込)
            • かけ放題+:1,400円
            • 通話定額10分:700円(1通話10分以内の通話無料)(6ヶ月間 290円)
            • 通話定額5分:500円(1通話5分以内の通話無料)(6ヶ月間 90円)

            ※料金同一mio ID以外とmio ID間の場合で料金が違います

            ※標準電話アプリ使用した場合のみ適用

            割引サービス なし
            店舗情報 ビックカメラ
            通信回線
            • ドコモ
            • au
            通信速度
            • 平均ダウンロード速度: 47.48Mbps
            • 平均アップロード速度: 11.43Mbps

            参考:みんなのネット回線速度

            2024/07/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

            支払い方法

            クレジットカード

            eSIM対応 あり
            公式サイト https://bicsim.com/

            家電量販店の「ビックカメラ」で購入や契約ができるSIMがBIC SIM(ビックシム)です。

            IIJmioがサービスの提供しており、料金も同じで最安級となっています。

            そして全国のビックカメラで受付しているので、近所に店舗がある方には非常に助かるかと思います。

            また、ビックカメラユーザーのみ対象のアプリ「ギガぞう」が使えるようになります。「ギガぞう」を使うことで、街中にあるauとWi2のWi-Fiスポットが無料で使えます

            Wi-Fiスポットを活用すれば契約するデータ量を減らすことができ、節約につながりますよ。

            BIC SIM公式サイト:https://bicsim.com/

            \ Wi-Fiスポットでデータを節約! /

            イオンモバイル【豊富なプランから選べる】

            イオンモバイル出典:イオンモバイル

            料金プラン(税込)

            音声プラン(音声通話+データ通信)

            【さいてきプラン】

            • 0.5GB:803円
            • 1GB:858円
            • 2GB:968円
            • 3GB:1,078円
            • 4GB:1,188円
            • 5GB:1,298円
            • 6GB:1,408円
            • 7GB:1,518円
            • 8GB:1,628円
            • 9GB:1,738円
            • 10GB:1,848円

            【さいてきプランMORIMORI】
            ※2024年4月1日より新料金

            • 20GB:1,958円
            • 30GB:3,058円⇒2,508円
            • 40GB:4,158円⇒3,058円
            • 50GB:5,258円⇒3,608円

            【やさしいプラン】

            • 0.2GB:748円
            • 3GB:858円
            • 6GB:1,188円
            • 8GB:1,408円

            ※データプランのみは別料金

            国内通話料金(税込) 11円/30秒
            オプション(税込)
            • イオンでんわフルかけ放題:月額1,650円
            • イオンでんわ10分かけ放題:月額935円
            • イオンでんわ5分かけ放題月額:550円
            • 050かけ放題:月額1,078円
            店舗情報 全国200店舗以上のイオン
            通信速度

            平均ダウンロード速度: 25.82Mbps

            平均アップロード速度: 5.06Mbps

            出典:みんなのネット回線速度(2024/07/13時点の情報)

            通信回線
            • ドコモ回線
            • au回線
            支払い方法 クレジットカード
            eSIM対応 対応あり(au回線のみ)
            公式サイト https://aeonmobile.jp/

            イオンモバイルは、全国でショッピングモールを展開する「イオン」が運営する格安SIMです。

            ドコモ回線とau回線が利用できるので、好きな方を選ぶことができます。

            イオンモバイルの特徴は、全国200店舗以上のイオンモールにイオンモバイルショップがあるので、そちらで手続きができる点です。トラブル時などに、オンラインではなく直接店員さんに教えてもらえるのは精神的に楽です。

            もうひとつの特徴は、豊富な料金プランから選べる点です。

            0.5GBから10GBまで細かくデータプランが分かれており、自分が使う量に合わせて調整できます。

            契約中のデータ容量の変更も可能なので、思ったより使わなかった場合は小さいプランに変更をしたり、足りなかった場合は大きいプランにするなど、細かな調整が可能で結果的に節約になります。

            \ 自分にぴったりなプランが選べる! /

            エキサイトモバイル【定額制と段階制の2つ料金プラン】

            出典:エキサイトモバイル

            料金プラン(税込)

            Fiatプラン(段階制プラン)

            • 音声通話SIMプラン:495円〜

            Fiatプラン(定額制プラン)

            • 音声通話SIMプラン:660円〜

            ※データプランのみは別料金

            国内通話料金(税込) 22円/30秒 ※エキモバでんわ使用の場合は11円/30秒
            オプション(税込)

            追加容量チャージ

            • Fitプラン:1,100円(5GB)
            • Flatプラン:220円(1GB)
            通信回線
            • ドコモ
            • au
            • ソフトバンク
            通信速度

            回線毎に速度が違うためそれぞれ下記にサイトにて確認してください

            参考:みんなのネット回線速度

            支払い方法
            • クレジットカード
            eSIM対応 なし
            公式サイト https://bb.excite.co.jp/exmb/sim/

            エキサイトモバイルは「定額制」と「段階性」のプランが特徴の格安SIMです。

            一般的な格安SIMは、毎月決まったデータ容量を契約する「定額制」で、使ったデータ量に応じて料金が変化する「段階性」プランは格安SIMでは珍しいです。

            段階性プランである「Fit(フィット)プラン」では、低速通信のみの495円(税込)からスタートし、高速通信可能な3GB、7GB、12GB 、17GB、25GBと使った容量に応じて料金が変化します。

            段階性プランと言えばさまざまなキャンペーンを開催している楽天モバイルが有名ですが、楽天モバイルの3段階に対し、5段階なのでより無駄が少なくなっています。

            たくさんデータを使う月もあれば、あまり使わない月もある人におすすめです。

            なお、楽天モバイルへ乗り換え予定の方は、楽天モバイルのデメリットを確認しておきましょう。

            エキサイトモバイル公式サイト:https://bb.excite.co.jp/exmb/sim/

            \ 段階性プランで無理なく節約! /

            BIGLOBEモバイル【話題のSNSフリーオプションあり】

            出典:BIGLOBEモバイル

            料金プラン(税込)

            音声通話SIM(電話+データ通信)

            • プランS:1,078円
            • プランR:1,320円
            • プランM:1,870円

            ※データプランのみは別料金

            国内通話料金(税込) 22円/30秒
            オプション(税込)
            • BIGLOBEでんわ:インストール無料
            • BIGLOBEでんわ 3分かけ放題:660円(「BIGLOBEでんわ」アプリから3分以内の国内通話が何度でも可能)
            • BIGLOBEでんわ 10分かけ放題:913円(「BIGLOBEでんわ」アプリから10分以内の国内通話が何度でも可能)
            • BIGLOBEでんわ 通話パック60:660円(「BIGLOBEでんわ」アプリからの発信で最大60分の国内通話が可能)
            • BIGLOBEでんわ 通話パック90:913円(「BIGLOBEでんわ」アプリからの発信で最大90分の国内通話が可能)
            通信回線
            • ドコモ
            • au
            通信速度
            • 平均ダウンロード速度: 22.01Mbps
            • 平均アップロード速度: 10.41Mbps

            参考:みんなのネット回線速度

            2024/07/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

            支払い方法
            • クレジットカード

            ※データ通信専用SIMのみの申込の場合、口座振替も可能

            eSIM対応 なし
            公式サイト https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

            BIGLOBEモバイルは、インターネットプロバイダ事業などを行っている、ビッグローブ株式会社が運営する格安SIMです。

            大きな特徴はYouTubeやABEMA TV、U-NEXTなどの動画サービスをはじめとした、複数の音楽、ラジオ、電子書籍アプリの通信がノーカウントになる「エンタメフリー・オプション」です。

            BIGLOBEモバイルなら通信制限を気にせずに読みたい漫画を楽しめるので、電子書籍のおすすめサービスもチェックしてみてください。

            音声通話SIMであれば308円(税込)、データSIMであれば1,078円(税込)のオプションなので、特に音声通話SIMユーザーにはお得なオプションです。

            エンタメフリー・オプションはBIGLOBEモバイルの目玉なので、BIGLOBEモバイルを使うなら加入がおすすめです。

            また、格安SIMでは珍しい家族割引や、ビッグローブ光とのセット割もあるので、これらを活用すればかなりお得に格安SIMに乗り換えができます。

            \ YouTubeが定額で見られる! /

            【料金で比較】au回線の格安SIMで一番安く使えるのは?

            au回線の格安SIMで、最も安く使えるのはどこか気になりますよね?

            一概に「ここが一番安いです!」と言うことはできず、データ容量によって違います。

            携帯料金を安くしたい方は、格安SIMの携帯料金比較を参考にどの携帯会社が一番安いかをチェックしてみてくださいね。

            各データ容量やサービスが一番安く使えるのは?
            • 1GB
            • 5GB
            • 10GB
            • 20GB
            • データ専用プランでの比較
            • かけ放題の料金で比較

            1GBの料金で比較

            • mineo :1,298円(税込)
            • (povo:390円(7日間の利用期限あり)(税込))
            • UQモバイル:2,277円(税込)(トクトクプラン)
            • J:COMモバイル:1,078円(税込)
            • イオンモバイル:858円(税込)
            • BIGLOBEモバイル:1,078円(税込)

            1GBのプランが用意されている会社の中では、イオンモバイルが一番安く使えることがわかります。

            povoは390円で1GBですが「トッピング」という形式で、7日間の利用制限があり、期限が過ぎるとデータ容量が消失してしまいます。

            ここでは「月に使えるデータ容量」で比較しているので、povoで月1GBだけ使うには3GB:990円(税込)(利用期間30日間)を購入することになるので、1GBだけ使いたい方にpovoはおすすめできません。

            月に1GBだけを最安で使いたい方は、イオンモバイルがおすすめです。

            ※7月5日時点の情報
            ※最新の情報については必ず公式サイトをご確認ください

            5GBの料金で比較

            • mineo:1,518円(税込)
            • IIJmio:990円(税込)
            • J:COMモバイル:1,628円(税込)
            • NUROモバイル:990円(税込)
            • イオンモバイル:1,298円(税込)
            • BIC SIM:990円(税込)

            5GBプランが用意されているau回線の格安SIMはこちらの6社のみです。

            ちなみにpovoやUQモバイルには3GB、4GBのプランが用意されています。

            povoはデータトッピング3GBで990円(税込)(利用期限30日間)、UQモバイルはミニミニプランで4GBで2,365円(税込)です。

            これらを見ると、IIJmio(アイアイジェイミオ)、NUROモバイル、BIC SIMの5GBあたり990円(税込)が最安であることがわかります。

            10GBの料金で比較

            • mineo:1,958円(税込)
            • IIJmio:1,500円(税込)
            • QTモバイル:1,980円(税込)
            • J:COMモバイル:2,178円(税込)
            • NUROモバイル(税込):1,485円(税込)
            • イオンモバイル:1,848円(税込)
            • BIC SIM:1,500円(税込)

            10GBプランを用意している格安SIMキャリアは多いですが、その中でもNUROモバイルが最安となっています。

            とはいえ、mineoであれば「パケット放題 Plus」で中速度の運用ができたり、QTモバイルなら九州電力、BBIQとのセット割りでIIJmioよりも安くなることがあるので、ぜひ各社のサービスを比較してみてくださいね。

            20GBの料金で比較

            • mineo:2,178円(税込)
            • povo:2,700円(30日間の利用制限あり)(税込)
            • UQモバイル:3,278円(税込)
            • IIJmio:2,000円(税込)
            • QTモバイル:2,200円(税込)
            • J:COMモバイル:2,728円(税込)
            • NUROモバイル(NEOプランLite):2,090円(税込)
            • イオンモバイル:1,958円(税込)
            • エキサイトモバイル(Flatプラン):2,068円(税込)
            • BIC SIM:2,000円(税込)
            • BIGLOBEモバイル:5,720円(税込)

            20GBは多くのキャリアが用意しているプランですが、最安はイオンモバイルとなっています。

            月に20GBのデータ容量はほとんどの人にとって十分な容量なので「自分がどのくらい使うかわからない」という方は、とりあえず20GBからスタートし、徐々に自分に合った容量を見つけるとよいかと思います。

            ※7月5日時点の情報
            ※最新の情報については必ず公式サイトをご確認ください

            データ通信プラン(10GB)の料金で比較

            • mineo:1,705円(税込)
            • IIJmio:1,400円(税込)
            • QTモバイル:1,650円(税込)
            • イオンモバイル:1,628円(税込)
            • NUROモバイル:1,320円(税込)
            • BIC SIM:1,400円(税込)

            音声通話ができない、データ専用の10GBプランは複数の会社で契約できますが、NUROモバイルの「VLプラン 10GB」が最安です。

            VLプランにはさらにLINEの利用がカウントフリーになるバリューデータフリーというオプションもつくので、データ専用プランとLINEでのトークや通話を組み合わせて使えます。

            データ専用プランは、ポケットWi-Fiに利用できますし、サブスマホ用に契約し、テザリングのために使うなど幅広い用途があります。

            かけ放題の料金で比較

            • mineo:10分かけ放題:550円(税込)
            • mineo:時間無制限かけ放題:1,210円(税込)
            • povo:通話かけ放題:1,650円(税込)
            • povo:5分以内通話かけ放題:550円(税込)
            • UQモバイル:通話放題:1,980円(税込)
            • UQモバイル:通話放題ライト(10分/回無料):880円(税込)
            • UQモバイル:通話パック60(60分/月):660円(税込)
            • IIJmio:通話定額5分+:500円(税込)
            • IIJmio:通話定額10分+:700円(税込)
            • IIJmio:かけ放題+:1,400円(税込)
            • QTモバイル:10分かけ放題:880円(税込)
            • QTモバイル:無制限かけ放題:1,600円(税込)
            • J:COMモバイル:かけ放題(5分/回):550円(税込)
            • J:COMモバイル:かけ放題(60分/回):1,650円(税込)
            • NUROモバイル:5分かけ放題:490円(税込)
            • NUROモバイル:10分かけ放題:880円(税込)
            • NUROモバイル:かけ放題:1,430円(税込)
            • イオンモバイル:フルかけ放題:1,650円(税込)
            • イオンモバイル:10分かけ放題:935円(税込)
            • イオンモバイル:5分かけ放題:550円(税込)
            • エキサイトモバイル:3分かけ放題X:759円(税込)
            • BIC SIM:通話定額5分+ :500円(税込)
            • BIC SIM:通話定額10分+:700円(税込)
            • BIC SIM:通話定額かけ放題+:1,400円(税込)
            • BIGLOBEモバイル:3分かけ放題/通話パック60:660円(税込)
            • BIGLOBEモバイル:10分かけ放題/通話パック90:913円(税込)

            格安SIMのかけ放題サービスを比べましたが、5分の短時間通話はNUROモバイル、完全かけ放題はmineoが最安ということがわかりました。

            NUROモバイル、mineo共に基本プランも格安なので、電話をかなりするけど節約したい!という方はぜひmineoを検討してみてくださいね。

            ちなみにどの格安SIMキャリアでも、LINEのようなIP通話が使えますが、IP通話はインターネット通信の品質が悪いと、遅延やガサガサ音が入るなど、通話品質が下がります。

            上記の「かけ放題」の対象となる通常の電話アプリの方が安定して通話ができます。

            なお、かけ放題が気になる方は、かけ放題が使える最安の格安SIMランキングを参考にしてください。

            ※7月5日時点の情報
            ※最新の情報については必ず公式サイトをご確認ください

            \ 下記のリンクからのみ! mineo × ロケホン事務手数料無料キャンペーン!

            ※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外となります。 /

            【速度で比較】au回線の格安SIMで一番速度が速いのは?

            au回線の格安SIMで一番速度が速いのはどこか比べてみました。

            au回線の格安SIMの速度比較(平均アップロード速度/平均ダウンロード速度)
            • mineo: 13.68Mbps/ 53.94Mbps
            • povo: 16.99Mbps/ 93.45Mbps
            • UQモバイル: 16.48Mbps/ 96.14Mbps
            • IIJmio: 9.98Mbps/ 42.96Mbps
            • QTモバイル: 6.91Mbps/ 64.27Mbps
            • J:COMモバイル: 16.68Mbps/ 96.72Mbps
            • NUROモバイル: 14.47Mbps/ 40.97Mbps
            • イオンモバイル: 5.06Mbps/ 25.82Mbps
            • エキサイトモバイル: 2.17Mbps/ 0.0Mbps
            • BIC SIM: 11.43Mbps/ 47.48Mbps
            • BIGLOBEモバイル: 10.41Mbps/ 22.01Mbps
              参考:みんなのネット回線速度 ※2024/07/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

            こちらが2024/07/13時点での各社の参考のネットの速度です。

            実際にみなさんが使う場合は、時間帯や使う機種、エリアや通信するデータ容量などに応じて速度は変わるので、参考程度にしてください。

            日によって違いますが、auのサブブランドであるUQモバイル、auの格安プランであるpovoのスピードが速い傾向にあるようです。

            通信速度の比較を詳しく知りたい方は、格安SIMの通信速度の比較を参考にしてください。

            \ auユーザーにおすすめの格安SIM! /

            【キャンペーンで比較】au回線の格安SIMで一番魅力的なキャンペーンは?

            auの格安SIMキャリアはどこもお得なキャンペーンを開催しており、月毎に内容の変更があったりと、一概に一番お得なキャリアを選ぶことはできません。

            以下に代表的なお得なキャンペーンを紹介するので、気になる会社のホームページをチェックしてみてください。

            auの格安SIMのおすすめキャンペーン
            • mineo:かけ放題サービスが初月無料
            • povo:他社から乗り換えで10,000円相当のau PAY残高プレゼント
            • UQモバイル:乗り換えで最大10,000円分のau PAY残高還元
            • IIJmio:乗り換えと同時購入で110円でスマホ購入可能
            • QTモバイル:乗り換えで3,000円キャッシュバック
            • J:COMモバイル:J:COMのサービスとの併用でデータ増量
            • NUROモバイル:乗り換えで月額料金割引
            • イオンモバイル:乗り換えで10,000円分のWAONポイントプレゼント
            • エキサイトモバイル:乗り換えで3,300円分のデジタルギフト券プレゼント
            • BIC SIM:店頭で他社から乗り換え申し込みすると14,000ポイントプレゼント
            • BIGLOBEモバイル:月額308円(税込)のエンタメフリー・オプション6か月無料

            上記は2024年7月時点の情報で、各社のキャンペーンは終了したり、頻繁に内容が変更されたりします。ぜひ各社のホームページをチェックして、最新のキャンペーン情報をチェックしてみてくださいね。

            購入できるiPhoneで比較

            • mineo:iPhone 13/iPhone 12 mini/iPhone SE (第3世代)
            • UQモバイル:iPhone SE (第3世代)/iPhone 13
            • UQモバイル(認定中古品):iPhone 13 Pro/iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 12 Pro /iPhone 12/iPhone 11/iPhone SE(第3世代)/iPhone SE (第2世代)
            • IIJmio(中古美品/未使用品):iPhone 12/iPhone SE (第3世代)/iPhone 13 mini(中古美品)
            • QTモバイル:iPhone 14/iPhone SE (第3世代)/iPhone 13/iPhone13 mini/iPhone XS
            • J:COMモバイル:iPhone 12/iPhone SE (第3世代)
            • イオンモバイル:iPhone SE (第3世代)/iPhone XS
            • エキサイトモバイル:iPhone XS Max

            2024年7月時点での最新iPhoneはiPhone 15シリーズですが、取り扱いはありません。

            iPhone 14や13、iPhone SEシリーズなど、最新ではないiPhoneでも日常使いは十分にできますし、むしろ価格を考えると最新iPhoneよりもお得と言えます。

            ちなみにUQモバイルが提供する「認定中古品」とは、auが認定した、高品質な中古iPhoneです。

            ぜひ、自分が欲しいiPhoneを販売している格安SIMキャリアでiPhoneを購入してくださいね。

            ※7月5日時点の情報
            ※最新の情報については必ず公式サイトをご確認ください

            auの格安SIMへの乗り換え方法は?

            au回線の格安SIMに乗り換える手順をこちらで解説します。

            auの格安SIMへの乗り換え手順
            1. 必要書類を準備する
            2. MNP予約番号を受け取る
            3. 格安SIMに申し込む
            4. SIMやスマホを受け取る
            5. 初期設定をする

            1.必要書類を準備する

            格安SIM申し込み時の必要書類
            • 身分証明書
            • クレジットカード/デビットカード/銀行口座の分かるもの

            携帯電話の申し込みには、身分証明書は必須です。有効と認められるのは「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」などです。「健康保険証」単体では基本的に受付できません。

            支払い方法は、一部のキャリアではデビットカードや銀行振込に対応していますが、クレジットカードにしか対応していない会社も多いです。

            クレジットカードがあれば安心ですが、無い場合は申し込む予定の格安SIMキャリアの支払い方法をよく確認しておきましょう。

            2.MNP予約番号を受け取る

            MNP(エムエヌピー)予約番号とは、現在使っている電話番号を、乗り換え先の会社でも使うために必要な、10桁の番号です。

            MNP予約番号を取得し、申し込み時に入力することで、解約手続きも自動で行われ、電話番号を引き継ぐことができます。

            MNP予約番号は、現在使っているスマホキャリアの「ショップ」「マイページ(ホームページ)」か、「電話」で問い合わせて入手することができます。

            MNP予約番号は有効期限が15日間なので、契約する数日前に取得し、きちんとメモしておきましょう。

            ちなみに、2023年5月からMNP予約番号が不要な「MNPワンストップ」が開始しました。対応したキャリアであれば、MNPワンストップを利用し、MNP予約番号の発行をせずに手続きが可能です。

            3.格安SIMに申し込む

            本記事などを参考に、希望の格安SIMキャリアを見つけ、ホームページから申し込みをしましょう。(店舗がある場合は店舗で申し込んでもOK)

            au回線の格安SIM特徴公式ホームページ

            mineo
            ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから選べる
            低速、中速で無制限に使える独自プランあり
            かけ放題の料金が最安
            mineoの公式サイト

            povo
            au運営の格安プランなので通信が高速かつ安定
            独自のトッピングシステム採用
            0円での維持も可能
            povoの公式サイト
            UQモバイル
            UQモバイル
            auのサブブランドなので高速かつ安定した通信
            全国にショップあり
            キャリアメールが使える
            UQモバイルの公式サイト

            IIJmio
            5GBプランの料金が最安
            キャンペーン利用でセール価格で機種が買える
            IIJmioの公式サイト

            QTモバイル
            九州電力、BBIQ(インターネット回線)利用者に割引あり
            九州エリアの方におすすめ
            QTモバイルの公式サイト

            J:COMモバイル
            J:COM関連サービスとのセット利用でデータ増量
            シニア割あり
            J:COMモバイルの公式サイト

            NUROモバイル
            LINEのデータ通信量がカウントフリーになるバリューデータフリーオプションあり
            データ専用プラン10GBの料金が最安
            NUROモバイルの公式サイト
            bic sim
            BICSIM
            全国のビックカメラで契約できる
            5GBプランの料金は最安
            BIC SIMの公式サイト
            イオンモバイル ロゴ
            イオンモバイル
            全国のイオンショップで契約できる
            0.5GB〜10GBまでの細かなプランあり
            イオンモバイルの公式サイト

            エキサイトモバイル
            段階性プラン(Fitプラン)あり
            家族でデータ容量をシェアできる
            エキサイトモバイルの公式サイト

            BIGLOBEモバイル
            YouTubeなど動画サイト、音楽サイトが無料になる「エンタメフリー・オプション」あり
            家族割引、光回線との割引あり
            BIGLOBEモバイル公式サイト
            ※7月5日時点の情報
            ※最新の情報については必ず公式サイトをご確認ください

            他社から番号そのまま乗り換える場合は「MNP(乗り換え)」を選び、機種も一緒に購入するか?SIMのみか?を選びましょう。

            住所や氏名など、必要な情報を入力し、MNP予約番号も入力し、申し込みが完了すれば、あとは商品を受け取るだけです。

            なお、データ使い放題が気になる方は、データ通信が無制限の格安SIMを参考にしてください。

            4.SIMやスマホを受け取る

            オンラインで申し込みをすれば、数日で自宅にSIMや購入したスマホが届きます。(eSIM契約の場合は特に受け取らずに、オンラインで完結します)

            オンラインで本人確認が済んでいれば、特別な手続きなく受け取ることができます。本人確認をしていない場合、受け取り時に身分証明書を提示する必要があることもあります。

            5.初期設定をする

            届いたSIMをスマホに差し込み、初期設定をします。

            iPhoneの場合は、本体の側面にSIMスロットがあるので、専用のピンか安全ピンなどを差してSIMスロットにSIMを差し込みましょう。

            Androidスマホも本体の側面にSIMスロットがあることが多いですが、本体裏面の電池パックを外した場所にSIMスロットがある場合もあります。

            SIMを差し込んで以降の操作は契約内容やキャリアごとに異なりますが、基本的にSIMに同封されている説明書通りに操作をしましょう。

            あるいは各キャリアのホームページの「初期設定手順」のページを参考にしながら初期設定をしてください。

            Wi-Fiにつながっていない状態でもネットにつながれば、乗り換え完了です。

            auの格安SIMに乗り換えるメリット3選

            ここで改めて、au回線の格安SIMに乗り換えるメリットを解説します。

            auの格安SIMに乗り換えるメリット
            • 月額料金が安くなる
            • auのスマホがそのまま使える
            • auのエリアで高速通信ができる

            月額料金が安くなる

            本記事で紹介している格安SIMは、5GB以下なら1,500円以下、10〜20GBでも2,000〜3,000円程度で使うことができます。

            auの使い放題MAX 5G/4Gプランだと、基本料金が7,238円、様々な割引が適用されても4,928円です。

            auはデータ使い放題なのでたくさん使いたい場合はそのままでも構いませんが、20GB以下でもよさそうなら格安SIMにすると料金が安くなります。

            だいたい平均で3,000〜4,000円は月額料金が安くなり、スマホの使い勝手はほとんど変わらないので、多くの方が料金を理由に格安SIMに乗り換えています。

            auのスマホがそのまま使える

            格安SIMに乗り換える場合「わざわざ新しいスマホを買わないといけない!」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

            格安SIMは、基本的に国内で手に入るスマホであれば全て使うことができます。

            各社のSIMロックがかかっている場合でも、SIMロックを解除すればそのまま使うことができます。

            もちろんauで購入したスマホも格安SIMでそのまま使えます。

            新しいスマホを購入せず、ケータイキャリアのみを乗り換えられるので、余計なコストがかからないのが大きなメリットです。

            auのエリアで高速通信ができる

            au回線の格安SIMは、auの基地局や電波網を利用しているので、auが繋がる場所ならほぼ確実に繋がります。

            auの電波は人口カバー率99.9%以上なので、人が居住している場所なら高確率で通信ができます。

            山奥や離島など、他社の電波が届かなくてもauだけ届くような場所にお住まいの場合、au回線の格安SIMに乗り換えることで、良好な電波状態を保ちつつ、月額料金を抑えられます

            【事前にチェック!】auの格安SIMに乗り換えるデメリット・注意点3選

            「auの格安SIMはメリットが多いってわかったけど、デメリットはないの?」

            初めて格安SIMに乗り換える場合、勝手がわからず、不安になることもあるかと思います。

            そこで、格安SIMに乗り換える場合の注意点として3つのポイントを解説します。

            auの格安SIMに乗り換えるデメリット・注意点
            • auのキャリアメールが使えなくなる
            • auショップでは対応してもらえない
            • auより通信品質が劣ることも

            auのキャリアメールが使えなくなる

            auを契約していると「〜@ezweb.ne.jp」の、キャリアメールと呼ばれるメールアドレスが割り振られます。auユーザーの方は、メインのメールアドレスとして日常的に使っている方は多いかと思います。

            格安SIMに乗り換えると、それまで使っていたキャリアメールは使えなくなります。本記事で紹介している格安SIMの中では、UQモバイル、mineo、IIJmio、QTモバイルでキャリアメールが使えますが、どちらにしてもauのキャリアメールは使えなくなります。

            ほとんどの格安SIMはキャリアメールの提供がないので、Yahoo!メールやGメールなどのフリーメールを利用するのが一般的です。

            auのメールアドレスは月額330円で「auメール持ち運び」ができ、格安SIMに移ったあとも今までのメールアドレスを使えます。

            とはいえ、永続的に月額330円払うのはおすすめできないので、とりあえず「auメール持ち運び」を使い、徐々にフリーメールに移行していくのがおすすめです。

            auショップでは対応してもらえない

            auの回線を使っているとはいえ、格安SIMの申し込み、トラブル時の対応などは、auではしてもらえません。

            各キャリアには各キャリアごとのショップがあるので、それぞれのショップに足を運びましょう。

            auの格安プランである「povo」も、auショップでは対応してもらえません。

            格安SIMを契約する場合は、基本的に「わからないことは自分で調べる」というスタイルでいるのをおすすめします。

            どうしてもショップで聞けないと不安という方は、店舗数の多いUQモバイルがおすすめです。

            auより通信品質が劣ることも

            auの格安SIMは、auが用意した基地局や電波帯の一部を借りて運営されています。

            本体であるauの方が使える帯域は広く、より安定した通信が可能です。

            格安SIMは、auよりは接続が不安定になったり、速度が遅くなる可能性が高いです。

            とはいえ、auであろうとも100%常に高速通信ができるとは限らないので、あまり神経質になりすぎない方が良さそうです。

            「常に、絶対に完璧な高速通信じゃないと認めない!」というこだわりの強い方以外であれば、料金が安くなることを考えれば格安SIMの方がメリットが大きいかと思います。

            auの格安SIMに関するよくある質問

            au回線の格安SIMについて、こちらでよくある質問に答えていきます。

            auの格安SIMに関するよくある質問
            • au回線MVNOとは何?
            • 格安SIMキャリアで買えるiPhoneはSIMフリー?
            • auの格安SIMは結局どこがお得?

            au回線MVNOとは何?

            MVNO(エムブイエヌオー)とは、大手の通信事業者(MNOといいます)から、基地局や電波を借りて運営されているスマホキャリアのことを言います。

            国内にはドコモ、au、ソフトバンクの3社のMNOがあり、それらから借りてケータイキャリアを運営しているMVNOが何十社もあります。

            au回線のMVNOは、auと同じエリア、通信速度の電波を使うことができ、料金はauよりも格安になる傾向にあります。

            「MVNO」と「格安SIM」は似た意味で使われますが、「UQモバイル」や「povo」は厳密にはMVNOではなく、それぞれ「サブブランド」や「格安プラン」に分類されます。

            格安SIMキャリアで買えるiPhoneはSIMフリー?

            格安SIMで買えるiPhoneは基本的にSIMフリーです。

            2021年10月以降、総務省からの指導により販売されるスマホ端末にSIMロックは設定しないように義務付けられています。

            auの格安SIMは結局どこがお得?

            auの格安SIMで、1GB、5GB、10GB、20GBで最もお得な格安SIM会社はこちらです。

            使えるデータ容量ごとの最安の格安SIM
            • 1GBで一番お得:イオンモバイル(858円(税込))
            • 5GBで一番お得:IIJmio、NUROモバイル、BIC SIM(990円(税込))
            • 10GBで一番お得:NUROモバイル(1,485円(税込))
            • 20GBで一番お得:イオンモバイル(1,958円(税込))

            とはいえ、光回線とのセット割や、電力会社とのセットなど条件や使い方によって一番お得な会社は変わってきます。

            ぜひ各社のホームページをチェックし、自分にぴったりの格安SIMを見つけてくださいね。

            まとめ

            本記事では、au回線の格安SIMに関して徹底解説しました。

            本記事のまとめ
            • au回線の格安SIMは、auと同じエリアで利用できる
            • 月額料金が数千円安くなるが、使い心地はほぼ変わらない
            • 1GBプラン、20GBプランでの最安はイオンモバイル
            • 5GBプランでの最安はIIJmio、NUROモバイル、BIC SIM
            • 10GBプランでの最安はNUROモバイル
            • 安定した高速通信が期待できるのはpovo、UQモバイル

            au回線の格安SIMを利用することで、ほぼ使い心地を変えずに、月額料金を安く抑えることができます。

            各社で基本的なサービス内容は同じですが、それぞれに特徴や個性があるので、ぜひ気になるキャリアのホームページを覗いてみてくださいね。

            au回線の格安SIM特徴公式ホームページ

            mineo
            ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから選べる
            低速、中速で無制限に使える独自プランあり
            かけ放題の料金が最安
            mineoの公式サイト

            povo
            au運営の格安プランなので通信が高速かつ安定
            独自のトッピングシステム採用
            0円での維持も可能
            povoの公式サイト
            UQモバイル
            UQモバイル
            auのサブブランドなので高速かつ安定した通信
            全国にショップあり
            キャリアメールが使える
            UQモバイルの公式サイト

            IIJmio
            5GBの料金が最
            キャンペーン利用でセール価格で機種が買える
            IIJmioの公式サイト

            QTモバイル
            九州電力、BBIQ(インターネット回線)利用者も割引あり
            九州エリアの方におすすめ
            QTモバイルの公式サイト

            J:COMモバイル
            J:COM関連サービスとのセット利用でデータ増量あり
            シニア割あり
            J:COMモバイルの公式サイト

            NUROモバイル
            LINEのデータ通信量がカウントフリーになるバリューデータフリーオプションあり
            データ専用プラン10GBの料金が最安
            NUROモバイルの公式サイト
            bic sim
            BICSIM
            全国のビックカメラで契約できる
            5GBプランでの料金は最安
            BIC SIMの公式サイト
            イオンモバイル ロゴ
            イオンモバイル
            全国のイオンショップで契約できる
            0.5GB〜10GBまでの細かなプランあり
            イオンモバイルの公式サイト

            エキサイトモバイル
            段階性プラン(Fitプラン)あり
            家族でデータ容量をシェアできる
            エキサイトモバイルの公式サイト

            BIGLOBEモバイル
            YouTubeなど動画サイト、音楽サイトが無料になる「エンタメフリー・オプション」あり
            家族割引、光回線との割引あり
            BIGLOBEモバイル公式サイト
            ※7月5日時点の情報です
            ※最新の情報は必ず公式サイトをご確認ください
            • URLをコピーしました!

            この記事を書いた人

            株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
            その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

            目次