<PR>

NifMo(ニフモ)の機種変更は実施中のキャッシュバックキャンペーンなし!他社との料金比較で決めよう

▽ 格安SIMに迷ったらコレ! ▽

NifMo(ニフモ)は格安SIMの一つで、数ある格安SIMの中でも古くから参入しているサービスです。

NifMo(ニフモ)は、格安SIMの特徴であるキャンペーンを「あまり行なわないのが特徴」です。

今回は、キャンペーン以外でお得な情報や、機種変更・乗り換え時のメリットがあるのかを紹介していきます。

ぜひ最後までみていただき参考にしてください。

月額0円のpovo!!7日間データ使い放題プレゼント
  • povo
povo

povoでは新規ご加入者限定で7日間データ使い放題キャンペーンを実施中。

povoはアプリを入れても使わなければ0円!

  • アプリインストール無料
  • 基本料金0円の使いたい分だけトッピング
  • データも7日間無料

「自分の地域は通信速度はどうかな?」「本当に0円?」「どのくらいデータを使うかな?」という不安のある方は試してみるチャンスです。

条件は本キャンペーン期間中に「povo2.0」を新規契約し、SIMの有効化を行うこと。
SIMの有効化後1週間以内に「povo2.0」に登録されているメールアドレス宛にお送りします。


期間は2023年1月20日(金)~ 2023年2月20日(月)までなのでお急ぎください!

\ ご好評につき復活!今だけ /

(...さらにここだけの話、お友達紹介プログラムの紹介コード【LDV7HXII】を入れると「データボーナス3GB」ももらえちゃいます。
有効期限は30日間なので7日間使い放題が終了したら使うと良いですね♪
紹介できるのは10人までなのでこちらの紹介コードが使えなくなる恐れがあります。ご了承ください。)

povoの最新キャンペーン情報はこちら
povoの評判・口コミはこちら
目次

NifMo(ニフモ)は現在実施中の機種変更キャッシュバックキャンペーンなし!

NifMo(ニフモ)とは、nifty(ニフティ)が提供している格安SIMサービスです。niftyは老舗ネットプロバイダーで、富士通の子会社でしたが、2017年4月にノジマに買収されています。

NifMo(ニフモ)は、2015年前後の格安SIMが普及してきた頃にサービスを開始しており、古参のサービスだといえます。

NifMo(ニフモ)は、2019年2月にキャッシュバックキャンペーンを実施してから、2023年1月現在キャッシュバックキャンペーンを実施していません。

他社が格安SIMのキャンペーンを多く実施している中で、徐々に影が薄くなりつつあります。

【2023年最新】NifMo(ニフモ)をお得に利用する方法

NifMo(ニフモ)はキャンペーンを実施していませんが、ネットプロバイダーでnifty(ニフティ)を利用している人にはお得な割引もあります。

  • nifty利用でNifMo(ニフモ)の月額利用料金が220円お得に
  • 基本料金が1か月間無料でNifMo(ニフモ)を使える
  • お得に機種変更ができる

一つずつ確認していきましょう。

【ネット+スマホ割】nifty利用でNifMo(ニフモ)の月額利用料金が220円お得に!

NifMo(ニフモ)の契約をして、@niftyの接続サービスと同じIDで利用するとNifMo(ニフモ)の月額料金が税込220円割引になります。

@niftyの接続サービス
@nifty光 @nifty光 プロバイダーコース
@nifty auひかり @nifty コミュファ光
@nifty光ライフ with フレッツ @nifty eo光
Bフレッツコース @nifty with ドコモ光
ADSL接続サービス フレッツ・ADSL

このNifMo(ニフモ)割引を適用するには、契約を13GB以上にすることが条件なので注意しましょう。

参照URL:https://nifmo.nifty.com/start_guide/step2_3.htm

【初月基本料金無料】1か月間無料でNifMo(ニフモ)を使える!

NifMo(ニフモ)では、申し込み日ではなく、SIMや格安スマホを受け取った月の基本料金が無料になります。

たとえば、11月に申し込みをして12月に受け取った場合、12月からの利用開始になり、12月の基本料金が無料になります。

NifMo(ニフモ)は、最大通信量13GBで契約することをおすすめします。理由は、初月13GBが無料というのはもちろんですが、残った通信量は翌月に繰り越しができるからです。

翌月以降、通信費を下げたい場合は、初月内にプランを変更してしまいましょう。少しズルい感じがしますが、お得に利用する方法の1つですので、覚えておきましょう。

【端末セール】お得に機種変更ができる!

NifMo(ニフモ)契約者であれば、機種変更時にnojima online(ノジマオンライン)利用することで、最新スマホを会員限定特別価格で購入できます。

まずはnojima online(ノジマオンライン)のスマートフォン一覧からお好みの端末があるか探してみましょう。

中には2,00015,000円分のクーポンが発行されているものがあり、クーポンを使用してもノジマポイントが付与されるため、お得です。

後半に紹介しますが、NifMo(ニフモ)ではとてもお得なサービスを行っていた時期があります。今後のお得情報も見逃さないようにチェックしていきましょう。

▽ 格安SIMに迷ったらコレ! ▽

ノジマ×NifMo(ニフモ)でお得に端末が購入できる!

デジタル&家電専門店「ノジマ」は「nojima online(ノジマオンライン)」を運営しており、中古端末を販売しています。

nojima onlineは中古端末の品揃えが豊富で、安心対応済の状態で販売されていますので、不安なく購入できます。

3つの安心要素
  • しっかり初期化
  • 丁寧な梱包
  • 「赤ロム保証」が全ての機種で無料

    赤ロムとは、盗難品や以前の所有者の分割支払いが完了しておらず、通信制限が掛けられている端末のことです。

    赤ロム端末を入手した場合は、SIMカードを入れても通信できないため、使い物になりません。

    しかし、「赤ロム保証」があるので、この点については安心です。中古保証に加入すると商品出荷日から6ヶ月以内なら、全額ポイント返還できます。

    ノジマで中古端末を購入すると、NifMo(ニフモ)の契約までをネットで完結できます。また、事務手数料を無料にできるニフモセットがお得ですので、検討してみましょう。

    niftyに申し込めば、ノジマポイントがゲットできるので、ノジマをよく使う人にはおすすめです。

    他社からのMNPにおすすめ!NifMo(ニフモ)で事務手数料3,300円分が無料になる!

    ノジマの公式オンラインサイトにある白ロム販売コーナーで、NifMo(ニフモ)の事務手数料無料パッケージ付きiPhone SE(第二世代)64GBモデルが、28,000円で販売中です。(2023年1月現在)

    セット内容は、Aランクの美品状態のiPhone(SIMロック解除済み・赤ロム保証あり)とプロダクトキーが入っています。

    プロダクトキーを利用してNifMo(ニフモ)に申し込みをすることで、事務手数料3,300円が無料になりお得です。

    白ロムとは

    携帯電話やスマートフォンの通称というよりは、契約情報が書き込まれたSIMを「黒」、契約情報が書き込まれていないSIMを「白」と区別しています。SIMは挿入されているが、契約情報などが入っていない端末を白ロムと理解しておきましょう。

    端末のみ購入におすすめ!iPhone 12が40,800円で買える!

    nojima online(ノジマオンライン)では端末だけの購入も可能です。

    2022年2月現在では、iPhone 12が40,800円から94,800円で購入できますので、nojima onlineをチェックしてみましょう。

    nojima onlineで販売中の「iPhone 12」を一部表にまとめました。

    機種 カラー 中古品の状態(ランク) 値段
    SB iPhone 12 mini 64GB(元デモ機) ブルー Cランク SB-3H478J-A-416852 41,800円
    SB iPhone 12 mini 64GB(元デモ機) ブラック Cランク SB-3H475J-A-380733 40,800円
    SB iPhone 12 mini 64GB(元デモ機) ブラック Cランク SB-3H475J-A-416883 41,800円
    ソフトバンク iPhone 12 64GB ホワイト Cランク SB-MGHP3J-A-436874 67,800円
    au iPhone 12 128GB ブラック Cランク AU-MGHU3J-A-438113 73,000円

    もちろん他のシリーズや端末も揃っているので、一度チェックしてみてはどうでしょうか?

    端末購入後Niftyに申込でポイント30,100円分のポイントがもらえる!

    「高速インターネット」 @nifty光を申し込み開通すると30,100円分のノジマポイントが還元されます。

    申し込みの際は、nifty公式サイトから行うとよいでしょう。また、時期によってはノジマ公式サイトからの申込みで更にお得に利用できる可能性があるので、必ず確認しましょう。

    テレワークの味方!モバイルルーター値下げ中

    在宅ワークが広がり、ノートパソコンやスマホ・タブレットの需要が高くなっています。そこで、関連して必要なのは「通信環境」です。

    NifMo(ニフモ)は、2022年2月現在、モバイルルーターが値下げされています。

    「11,800円(税込12,980円)」が「9,800円(税込 10,780円)」と2,000円値下げ中でお得な状況です。

    しかし、Amazonなどの通販サイトで購入する方が、安い場合もあります。モバイルルーターだけを購入するのであれば、無理にNifMo(ニフモ)から購入することはないでしょう。

    NifMo(ニフモ)の機種変更を自分でやると事務手数料3,300円が無料に!

    NifMo(ニフモ)公式サイトやAmazonなどのネットショップで端末を準備し、ご自身でセットアップすることで、事務手数料3,300円が無料になります。

    機種変更は、同じSIMで対応できる機種なら、SIMの差し替えをするだけで、機種変更が可能です。

    「SIMカードのサイズが違う」「規格が違う」場合は、SIMの交換が必要なので、しっかりと事前に確認しておきましょう。

    機種変更時のデータ移行などは、自分でやる必要があります。データ移行などは、Wi-Fi環境があれば、商品が届いてからでも十分できますので、落ち着いて設定しましょう。

    NifMo(ニフモ)が過去に行った「データおかわり」無償キャンペーンとは

    新型コロナウイルス感染症の拡大と長期化にともなって、NifMo(ニフモ)では、毎月50GBまで「データおかわり」を無償でおこなっていました。

    「データおかわり」は、ひと月に利用できる通信量を超えてしまった時に、追加で通信量を増やすサービスです。

    このサービスは、残念ながら2020年8月で終了してしまいましたが、教育や医療現場のリモートワークの需要に合わせた支援措置として行なわれました。

    今後、どのような状況が起こるかは予測できませんが、社会の需要に合わせたサービス提供ができるNifMo(ニフモ)に期待できそうです。

    MNPの方がお得かも?NifMo(ニフモ)と他社料金の比較表

    格安SIM会社の中で、音声通話3GBを提供しているところを比較対象として表にまとめました。

    格安SIM会社 音声通話SIM3GBの料金
    NifMo(ニフモ) 1,760円
    nuro 792円
    エキサイトモバイル 880円
    OCN モバイル ONE 990円
    LINEMO(ラインモ) 990円
    BIGLOBEモバイル 1,320円
    QTモバイル 1,540円
    b-mobile(※990ジャストフィットSIMの場合) 1,573円
    UQモバイル 1,628円
    DTI SIM 1,639円
    IIJmio 1,760円
    ワイモバイル 2,178円

    NifMo(ニフモ)の価格は、他社と比べると少し高い印象を受けます。

    docomo(ドコモ)の「ahamo」が発表されてから、各社の値下げが次々と発表されていますが、NifMo(ニフモ)は料金の変更がされていません。

    月額料金が安い格安SIMを考えるのであれば、NifMo(ニフモ)よりも他社に乗り換える方がよいでしょう。

    ※990ジャストフィットSIMとは、1GB「990円」で契約し、1GB増やすたびに「220円」が加算される料金システムです。毎月、月額基本料が変わるのが特徴です。

    NifMo(ニフモ)で機種変更がおすすめな人

    現在、NifMo(ニフモ)で機種変更をおすすめできる人を紹介します。

    機種変更をおすすめの人
    • 月額料金にこだわらない
    • niftyを利用している

    上記に該当する方は、NifMo(ニフモ)で、このまま機種変更しましょう。

    月額料金にこだわらないのであれば、面倒な手続きや解約金などが発生しないため、余計な労力や出費が必要ありません。

    niftyを利用しているのであれば、ノジマと合わせて割引やポイント獲得のチャンスでしょう。

    NifMo(ニフモ)から他社へのMNPがおすすめな人

    NifMo(ニフモ)の利用料金は、他社と比べると少し高めです。機種変更を考えるのなら、他社へ乗り換えるというのも一つの手段です。

    MNPで他社に乗り換えがおすすめな人
    • 月額料金をもっと安くしたい
    • 機種変更をお得に行いたい

    利用料金を安くしたいと考えるのであれば乗り換えがよいでしょう。

    他社へ乗り換えの場合は、キャッシュバックキャンペーンや乗り換えキャンペーンなどで、利用料金や端末代をお得にできます。

    たとえば、楽天モバイルは以下のようなサービスを実施しています。

    楽天モバイルの場合
    • 初めての申し込みで「Rakuten UN-LIMIT VII」を契約して、8,000円相当分のポイントを還元
    • 他社からのお乗り換え(MNP)で、16,000円相当分のポイント還元

    両方合わせると、合計で24,000円相当分のポイント還元を受け取れます。(2023年1月現在)

    「Rakuten UN-LIMIT VII」の利用料金は、3GBまでは月額1,078円です。3GB以上もお得な料金設定なので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

    キャンペーンは突然終了することもあるので、他社のサービス内容もしっかりと確認しておきましょう。

    NifMo(ニフモ)の機種変更キャンペーンまとめ

    今回は、老舗の格安SIMサービス「NifMo(ニフモ)」について紹介しました。

    • キャシュバックキャンペーンを長く実施していない
    • データおかわり無料の実施
    • 利用料金の変動なし

    といったようにキャンペーンやセールが読みにくい会社に感じます。「niftyを利用している」「ノジマをよく利用している」といったことがない限りは、利用するメリットは少ないでしょう。

    機種変更や乗り換えを検討されているのであれば、他の格安SIM会社に乗り換えキャッシュバックキャンペーンなどを受け取るほうがお得でしょう。

    ぜひ、今回の記事を参考に、スマホをお得に乗り換えしていきましょう。

    ▽ 格安SIMに迷ったらコレ! ▽

    • URLをコピーしました!
    目次