楽天モバイル三木谷キャンペーンで最大1.4万P >>

<PR>

日本通信の評判はやばい!?シンプル290プランはお得?ポイントを解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

日本通信が革命的に安いプランをスタートしたので、気になっている方が多いかと思います。

ただ、料金が安い格安SIMは他にもたくさんあるので、日本通信を選んでもよいのか不安になりますよね。

せっかく最安値と思って契約して、実はそうでもなかったりすると、損した気分になってしまいます。

本記事では、日本通信が実際にどのくらい安いのか、使っている人の評判を含め、どのような人におすすめなのかを解説します。

日本通信の評判を調べるのは手間がかかりますが、この記事で必要なことがわかるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

動画で見たい方はこちらが参考になります。





なお、日本通信は電波が悪い・時間帯によって低速になる・初期手数料が3,300円(税込)かかるなどがやばいといわれる理由です。

そのため、安定した速度で初期手数料がかからないキャリアをお探しの方は、楽天モバイルがおすすめ!

楽天モバイルは、700MHz帯のプラチナバンドを取得したことでさらに繋がりやすくなると期待されているうえに、初期の契約事務手数料や契約解除料などが発生しません。

高速通信を楽しみたい方・各事務手数料を抑えたい方は、下記公式サイトから楽天モバイルへ申し込みましょう。

>楽天モバイルの評判・口コミはこちら

>楽天モバイルのクーポンはこちら

\ 高額キャッシュバックの格安SIM! /

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

>楽天モバイルのキャンペーンはこちら

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルでお得なキャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら最大20,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

さらに三木谷キャンペーンは、過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目・3回線目も対象!

これらは別のキャンペーンと併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできるので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ キャンペーン終了前に急げ! /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

目次

日本通信はどんなサービス?評判は?

日本通信の評価
料金⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
通信速度⭐︎⭐︎⭐︎
通信エリア⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
キャンペーン⭐︎
サポート⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

特に優れているのは料金面で、逆にキャンペーンは星がひとつです。日本通信の特徴は「余計なキャンペーンやキャッシュバック、割引がなく、ただただ通常プランが安い」というものです。

料金プランについては後述しますが、低容量プランでは一番安く、話題なのが「シンプル290プラン」です。なお、記載の金額は税込表示です。

なお、通信速度が気になる方は、格安SIMの通信速度の比較を参考にしてください。

一番話題になっている「シンプル290プラン」

SIMPLE290プランとは?
  • 基本料金 290円
  • データ料 220円/1GB
  • 通話料 11円/30秒
  • 2種類の無料通話あり(70分無料 700円、かけ放題1,600円)

本プランは、基本料金290円(税込)から始まり、使った分だけ1GBあたり220円(税込)ずつ加算されていきます。

この説明では、データ容量と料金の関係がわかりにくいかと思いますが、以下のとおりです。

実際はいくらになるのか?
  • 1GB 290円(税込)
  • 2GB 510円(税込)
  • 3GB 730円(税込)(参考:LINEMOは3GB 990円、楽天は3GBまで980円)
  • 4GB 950円(税込)
  • 5GB 1,170円(税込)
  • 10GB 2,270円(税込)
  • 20GB 4,470円(税込)(参考:ahamoは20GB 2,970円)

合理的シンプル290プラン|日本通信SIM – https://t.co/IwPChsgQbw
えーっ 1GB単位売りいいな pic.twitter.com/QSPOZsgyYp

引用:Twitter

現在の主流はahamopovoなどの20GB約3,000円、3GBはLINEMOのミニプランが990円です。

有名キャリアと日本通信のシンプル290プランを比較すると、3GB/月以下しか使わないのであれば、シンプル290プランはかなりお得です。

シンプル290プランの特徴は、使ったら使った分だけ払えばいいという点です。それでいて、上限を事前に定めておけるので、使いすぎの心配もありません。

月に3GB以下しか使わないような、節約志向の方におすすめです。その他のプランについてはこちらをどうぞ。

日本通信は「ムダなく安く使える!」

総合的な日本通信の評価は無駄がなく安く使えることが好評です。

他社では、新規申込を募るために「キャッシュバック」「半年間割引」「機種代割引」などをプッシュしていますが、日本通信にはそもそもキャンペーンがありません。

上記のキャッシュバックなどは、結局は毎月の料金に上乗せで請求されて回収されています。

日本通信はインパクト重視の割引は用意せず、「シンプル290プラン」など最初から安いプランが用意されています。

インパクト重視のキャンペーンより、毎月の料金がシンプルに安い方がいいという方に人気があります。

その反面、電波が悪いといった不満の声がありますので下記でチェックしていきましょう。

日本通信の悪い評判、良い評判をチェック!

日本通信を利用しているユーザーの声を調べると、ホームページではわからないことを知ることができますよね。

今回ご紹介する口コミは100%全員が当てはまる内容ではないですが、参考になる部分はあるかと思いますので見ていきましょう。

日本通信はやばい?大丈夫?悪い評判はこちら

日本通信SIM、普通に電波悪いところ多くてイライラするんだけどそういうクチコミあんまりないのは格安SIMはこんなもんということなの??埼玉も東京も安定しないところ多すぎ

引用:Twitter

日本通信の電波が悪いと感じている人の口コミが多くみられます。

日本通信はNTTの電波を借りて運営されているので、ドコモと同じエリア、速度で繋がります。

借りている電波なのでドコモよりも低速になることはあるとはいえ、通常の使用で大きなストレスを感じることは多くないかと思います。

日本通信に限らず、スマホは利用する環境、地域、時間帯、本体の状況によって繋がりやすさが変わるので、一部のユーザーが「遅い!」「繋がりにくい!」と感じることは避けられません。

日本通信の290円に飛びつきそうになるも、まず事務手数料の壁に立ち止まり、そして低速モードがないから結構通信量食うのでは、と我に返る。
やっぱ日本通信は通話メインや待受メインの人が向いてるよね。

引用:Twitter

日本通信は初期手数料が3,300円(税込)かかりますが、ほとんどの格安SIMで初期手数料はかかります。

その代わり、最低利用期間や契約期間の縛り、解約金、違約金などはないので、気楽に契約できます。

日本通信、もう少し低速モード上げて欲しい。 pic.twitter.com/7OQgKHlnUA

引用:Twitter

上で紹介した「シンプル290プラン」の特徴として、設定したデータ容量を使い切るとアクセス制限がかかります。シンプル290プランを除いたプランでは、200kbps程度の低速モードになります。

他社では、データ容量を使い切っても200kbpsや1Mbpsという低速で繋がりますが、シンプル290プランのみ、完全なアクセス制限がかかる点を不便に感じている方もいます。

シンプル290プランはデータ容量超過後も、期間限定で低速モードで繋がります。
それ以降は日本通信ウェブサイトとマイページ以外は全く繋がらなくなります。

他社では超過後の低速時にも、一時的に速度を上げる「バーストモード」が搭載されていたりしますが、それもありません。

徹底的に無駄を削ぎ落として基本プランを安くする日本通信にとって、データ超過後の低速モードすら不要なようです。

かなり尖ったプランなので、これを良いと感じるユーザーも、悪いと感じるユーザーもいるのは仕方ないかと思います。

悪い評判まとめ

  • 速度に少し不満(条件、環境によるので仕方ない)
  • 初期手数料3,300円(税込)が不満(かかる会社の方が多い)
  • データ超過後、1Mbpsでも200kbpsでも繋がらず、いきなりアクセス制限(シンプル290プランのみ)(安い分のリスク)

日本通信に良い評判はあるのか?

【わずか月額290円でスマホが持てる!音声付1GBの格安SIM】

・日本通信の合理的シンプル290は、月額290円で音声通話+1GBまで使える
・不足したら+1GB追加で220円、2GBでもたった510円
・安定のドコモ回線

楽天モバイルは1GBまで無料ですが回線が不安定の為、激安でスマホを持ちたい方は要チェック

引用:Twitter

結局、日本通信でいいのでは。 pic.twitter.com/7ZxIjZdyqN

引用:Twitter

日本通信には20GBのプランもあり、月2,178円(税込)で、ドコモよりも約1,000円安いです。

日本通信ユーザーには月額料金の安さに魅力を感じている人が多いようです。

派手なキャンペーンやキャッシュバックがなくても、堅実に毎月の料金が安いという点で、日本通信は愛されています。

良い評判のまとめ

  • シンプル290プランでかなり安く使える(月3GB以下がおすすめ)
  • 20GBプラン2,178円(税込)はahamoなどよりも安い

▽ 格安SIMに迷ったらコレ! ▽

日本通信がおすすめなのは「堅実に安さを求める」人!

日本通信がおすすめな人の特徴は以下のとおりです。

日本通信がおすすめな人
  • 月3GB以下しか使わず、安く済ませたい方
  • 余計な繰越やシェア機能は不要な方
  • キャンペーンやキャッシュバックは重視しない方

詳しくは後述します。

月に5GB以下しか使わず、安く済ませたい方

日本通信の目玉である「シンプル290プラン」は、月の利用が5GB以下、できれば3GB以下に抑えられる人には間違いなくおすすめです。

シンプル290プラン(3GB以下)
  • 1GB 290円(税込)
  • 2GB 510円(税込)
  • 3GB 730円(税込)(参考:LINEMOは3GB 990円、楽天は3GBまで980円)

もし3GBも使わず、2GBで十分だった場合は510円(税込)で済みますし、それ以上使っても随時プラン変更することで無駄なく使えます。

日本通信はこのような節約志向な人のためのSIMと言えます。Wi-Fi環境下で過ごすことが多かったり、外出先ではスマホをあまり使わない人向けです。

余計な「繰り越し」や「シェア」は不要な方

日本通信が無駄を削ぎ落とした結果として、データの繰越機能や家族間のパケットシェアサービスは提供されていません。

このようなサービスは使いこなせば確かに便利ですが、当然システムの管理にコストがかかります。

データ繰越やシェア機能の管理すら削ぎ落としていますが、いままでに繰越もシェアも意識したことがない人は気にしなくてよいかと思います。

キャンペーンや割引は重視しない方

格安SIMの新規契約時のキャッシュバックやスマホを大幅割引して買うことを期待している人には、日本通信は正直微妙です。

他の格安SIM会社では、新規契約で3,000円分のポイントプレゼントや、端末を10,000円割引で買えるなどのキャンペーンが用意されています。

このようなキャンペーンは心躍りますが、どれも一過性のもので長期的に考えると無くても困りません。

キャンペーンが無いかわりに、ただただ毎月の料金が安く設定されているので、キャンペーン好きや割引好きにはおすすめしません。

堅実に毎月の料金を安くしたい方には日本通信がピッタリです。

なお、その他キャリアとの比較が気になる方は、格安SIMの携帯会社ランキング格安SIMの携帯料金比較格安SIMの携帯料金の平均などの記事をチェックしてください。

日本通信のプラン詳細

日本通信には以下の5種類のプランがあります。

各プランの特徴、詳細を紹介します。

シンプル290プラン

基本料金290円(税込)で最初の1GBが使え、2GB以降220円(税込)ずつ課金し、使った分だけの支払いでOK、上限設定すれば使いすぎることもない、という理想的なプランです。本記事で冒頭でも紹介している人気のプランです。

10GBを超えてくると割高なので、毎月5GB以下くらいの利用でOKな節約志向の方におすすめです。

合理的みんなのプラン【6GB/1,390円プラン】

日本通信のプランの中で、2番目に安いのが「合理的みんなのプラン」です。

参考までに、ソフトバンクの提供するLINEMO(ラインモ)は、3GBで980円(税込)です。それよりも2倍のデータ容量が使えて1,390円(税込)、かつ70分の無料通話がついています。

データ通信はほどほど、通話も少しするくらい、という方におすすめのプランです。

ちなみに「シンプル290プラン」でこの容量を使うと、合計で2,310円(税込)になるので、毎月6GB近く使う可能性が高い場合は「合理的みんなのプラン」の方が安くなります。

合理的20GBプラン【2,178円で最安級】

20GB使えるのが「合理的20GBプラン」です。

ちなみに、NTTドコモの提供する「ahamo」は、20GBで2,970円(税込)、通話は5分/回無料なので、ahamoよりもかなりお得に利用できます。

ahamo以外も、業界全体でだいたい20GBで3,000円くらいが相場なので、そこから1,000円近く安く、文句なく最安級です。

ガッツリ20GBのデータ通信がしたい方におすすめです。

かけほプラン【かけ放題つきで2,728円】

データ量3GB使え、電話はかけ放題で、月2,728円(税込)のプランです。

参考までに、LINEMOの3GBプラン990円に通話し放題1,650円を足すと2,640円(税込)です。(キャンペーンで1年間は1,100円なので、合計2,090円)

LINEMOと同等か、少し高いくらいで、強く誰にでもお勧めできるプランではありません。

日本通信は他社よりも安いプランが多いですが、かけほプランに関しては正直お得感は少ないと言えます。

とはいえ、ものすごく割高というわけではないので、電話する機会が多い方の契約もアリです。

Wスマートプラン

フィットネスサービスを提供する「FiNC(フィンク)」とのコラボプランがこちらです。

データ容量3GBと70分の無料通話がついて1,738円(税込)なので、上述の「合理的みんなのプラン(6GB+通話70分=1,390円)」よりも割高です。

しかしFiNCアプリ内で月間6万歩(2,000歩/日)達成すると、データ容量を1GBとFiNCポイントを500ポイントもらえます。

500ポイントは、500円分として、健康食品やフィットネスグッズが買える「FiNC MALL(フィンクモール)」で使えます。

利用料金1,738円から500ポイントを差し引くと、1,238円(税込)になり、合理的みんなのプランよりも安く使うことが可能です。

しかし1,700円以上払うのであれば、UQモバイル楽天モバイルなど他のキャリアを検討した方が良いかもしれません。

▽ 格安SIMに迷ったらコレ! ▽

日本通信への乗り換えを4ステップで紹介!

ここまで記事を読んで、日本通信への乗り換えを決めた方に向けて、日本通信へのMNP乗り換えを4ステップで紹介します。

MNP(エムエヌピー)とは、今使っている電話番号をそのままに日本通信に乗り換える方法で、電話番号が変わらないので好評です。

ステップ①MNP番号を取得

まずはMNP予約番号を取得します。MNP予約番号とは、今の電話番号はそのままに他社に移るために必要な10桁の番号で、いま契約しているスマホの会社に教えてもらいます。

大手キャリアを契約の場合、以下の電話番号に問い合わせて教えてもらうことができます。

MNP予約番号取得の電話番号
  • ドコモ 151(ドコモスマホから)
  • au 0077-75470
  • ソフトバンク *5533(ソフトバンクスマホから)

10桁のMNP予約番号を教えてもらったら、忘れないようにメモしておきましょう。

上記3社以外なら、ホームページや、問い合わせページからMNP予約番号を問い合わせて確認してみてください。

ステップ②日本通信に申し込む

日本通信のホームページから、SIMを申し込みましょう。必要情報を入力する際に、ステップ①で手に入れたMNP予約番号を入力しましょう。

もしネットでの申し込みに不安がある場合は、数は多くないですが日本通信取扱店舗での申し込みも可能です。家電量販店など、取扱店舗が近くにある場合はそちらでもOKです。

また、日本通信ではスターターパックが販売されていますが、それほど割安感はないのでホームページからの申し込みでも損はありません。

スターターパックについて詳しくはこちらをどうぞ。

ステップ③自宅でSIMを受け取る

日本通信でSIMを申し込むと、自宅にSIMが送られます。

手続きの翌日〜3日以内くらいには自宅に届くので、忘れずに受け取りましょう。

ステップ④開通手続きをする

ステップ3で受け取ったSIMを、使う予定のスマホに差しこんで開通手続きをします。

iPhoneなら本体の横に空いている小さい穴に専用のピンや安全ピンを差し込み、SIMトレーを引き出してSIMを挿入します。

Androidスマホも同じ本体の横にSIMトレーがあるか、電池パックを外した場所にSIMトレーがあるのでSIMを挿入しましょう。

開通手続きは、機種やプランによって手続きの方法が違うので、日本通信のホームページを参考に開通手続きをしてください。

スマホ画面の上部に「4G」や「docomo」と表示されれば開通です。おめでとうございます!

日本通信のスターターパックはお得に使える?

日本通信には、ネットショップや家電量販店で購入できる「スターターパック」があります。

スターターパックがあれば、初期手数料3,300円(税込)が無料になりますが、スターターパック自体が同額くらいするので、メリットは薄いです。

スターターパックのメリットは【ポイントが貯まる、使える】

スターターパックのメリットは、ポイントが使えたり、ポイントが貯まる点です。

Amazonや楽天などのネットショップや、家電量販店などのポイントを使ってスターターパックが購入でき、同時にポイントが貯まります。

これらのショップのポイントが余っている場合は使えると嬉しいですし、3,000円の1%とすれば30円分のポイントが貯まります。

またポイント以外でも、日本通信の正規の事務手数料は3,300円(税込)でショップによってはこれより安く買えるので、その差額分お得です。今Amazonでは3,000円なので、300円お得になります。

しかし、デメリットと比べると正直スターターパックのメリットは薄いといわざるを得ません。

スターターパックのデメリットは【2度手間になる】

スターターパックのデメリットは、シンプルに2度手間になってしまうことです。

スターターパックをネットで購入し、自宅で受け取り、スターターパックを元に日本通信を申し込み、自宅で受け取るという手順を踏む必要があります。

それぞれの配達に1〜3日かかる可能性を考えると、「メリット」で紹介した数十円数百円の差は小さいと感じる人もいるかと思います。

MNP乗り換えのために必要な「MNP予約番号」には15日の利用期限があることを考えても、よっぽど安く買えない限りはスターターパックは手間ばかりかかってメリットは小さいと言えます。

日本通信ではキャンペーンはなし

日本通信のキャンペーンを紹介しようと思ったのですが、日本通信ではキャンペーンは全く用意されていません。

キャッシュバックや端末割引、数ヶ月割引のようなキャンペーンを排除することで低料金を実現しており、日本通信のホームページにも以下の文言が記載されています。

月額料金を大幅に節約できるというコンセプトのもとサービスを提供しておりますので、各種キャッシュバックはございません。かわりに、合理的な月額料金でサービスを提供しています。

引用:日本通信SIM

キャッシュバック目的でのスマホ乗り換えや、割引端末が目的の場合は日本通信はベストではありません。

日本通信で使える機種はこちら

日本通信では、基本的に国内で販売されているスマホは全て使えます。

ドコモスマホは、そのまま日本通信で利用可能です。

auやソフトバンクを含む、ドコモ以外で購入したスマホは、SIMフリー端末はそのまま使えますし、SIMロックがかかっていても解除すれば使えます。

公式サイトでは動作確認端末の一覧ではなく、提供しているバンドで案内しているため各自確認が必要です。

  • 5Gバンド(Band n78、n79、n257)
    ※「5G」オプションが有効な場合のみ
  • 4GLTEバンド(Band 1、3、19/26、21、28、42)
    4GLTEのバンド1に対応していないと利用できません。
    ※4GLTEバンド3、19に対応しているとより繋がりが良いです。
  • 3Gバンド(Band 1、6/19)

なお、通信規格があっていても、端末側の仕様により利用できない場合がありますので、詳しくは端末の仕様を確認してください。

日本通信では機種は販売されている?

日本通信ではスマホ本体の販売はされていません。

あくまで最安のプランを提供するのが日本通信のスタイルなので、スマホの販売は今後もしないようです。

日本通信でiPhoneは買える?使える?

日本通信ではiPhoneの販売はされていませんが、iPhoneは使えます

auかソフトバンクで買ったiPhoneはSIMロック解除の必要がありますが、ドコモで買ったiPhone、あるいはSIMフリーiPhoneは日本通信で使えます。

▽ 格安SIMに迷ったらコレ! ▽

日本通信に関するQ&A(よくある質問)

ここまで日本通信のSIMについて紹介しましたが、最後にQ&A(よくある質問)をいくつか紹介します。

まだ日本通信について疑問に思っている部分があれば、ここでぜひ解決しておいてくださいね。

日本通信はデータの繰り越しはできない?

データの繰越サービスはここ最近では当たり前になりつつあり、あまり注目はされませんが、日本通信には繰越サービスがありません。

繰越サービスは、その月に使いきれなかった分を翌月に回すことで、余ったデータ量を無駄にしないためのサービスです。会社によって、1ヶ月繰り越しできたり、2ヶ月できたりと違いがあります。

日本通信は1ヶ月たりとも繰越できないので、契約した分はその月に使い切る必要があります。

これも、日本通信の「ムダなサービスは無くす」の一環かと思います。

日本通信に家族間のデータシェアサービスはある?

日本通信には、家族間のデータシェアサービスもありません。

家族間のデータシェアサービスとは、家族登録した複数人の利用者の間で、使えるデータ量をシェアできるもので、うまく使えば便利でお得です。

ただ、有効活用しているユーザーはごく少数と予想できます。日本通信もそう思ってか、家族間データシェアサービスはありません。

家族間でデータをシェアしたい場合、mineoなどがおすすめです。

mineo × ロケホン事務手数料無料キャンペーンはこちら

日本通信に店舗はある?

日本通信のSIMだけを扱う専門のショップはありませんが、家電量販店を中心に、取扱店舗は複数あります。日本通信ホームページの取扱店舗一覧などで確認できます。

オンラインで契約するのが不安な方はこれらの店舗で案内してもらえます。

ただ、どの取扱店も日本通信の専門の店員さんではないので、気になる点は日本通信のお問い合わせのページを利用する方がおすすめです。

日本通信は5G通信は使える?

日本通信は、5Gに対応していません。

その理由として、日本通信は以下の3つの理由を提示しています。

日本通信が5Gに対応しない理由
  • スマホに5Gと表示されていても、実際には4G並の速度しかでないこと
  • 5Gのエリアが極めて限定的であること
  • 5Gの本領を発揮できるようになるまでには数年かかること

5Gは本領を発揮しておらず、わざわざ対応する必然性は感じられません。

日本通信は極限までコストカットをしているので、5Gに対応していないのも納得です。

5G対応している格安SIMは現在10社あります。

まとめ

この記事をザックリまとめると以下のとおりです。

この記事のまとめ
  • 日本通信を使うユーザーは「ムダを省いた安さ」を気に入っている
  • 特にシンプル290プランは、3GB/月以下の利用でかなり割安
  • シンプル290プランは超過後、低速モードではなく完全にネットが使えないので注意
  • キャンペーン、キャッシュバックなどがないのでそれらを期待する人には不満
  • 月20GBの「合理的20GBプラン」2,178円(税込)も他社よりも安い

正直、格安SIM会社はどこも似たようなサービスに見えますが、日本通信はかなりストイックに運営されていて尖っています。

見た目が派手なキャッシュバックやキャンペーン、端末割引はせず、純粋に月額料金を安くしたいユーザーには需要があります。

一方で、電波が悪く使い勝手が悪いなど安さで乗り換えた方の不満の声が多く見受けられました。

その為、ある程度安くて電波状況の良い格安SIMを探している方は「格安SIMおすすめ10選」の記事を参考に、自分のピッタリのSIM会社を探してみる方がよさそうです。

▽ 格安SIMに迷ったらコレ! ▽

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次