UQモバイルはauよりお得?デメリットやメリットとお得なキャンペーンを徹底解説!

UQモバイルはauよりお得?デメリットやメリットとお得なキャンペーンを徹底解説!

近年携帯料金プランも大幅に変わり、大手キャリアの他に格安SIMも登場しています。

そこで今回は格安SIMとして有名なUQモバイルと大手キャリアのauを比較してみたいと思います。

UQモバイルはauよりお得なのかデメリット・メリットをご紹介させていただきます。

あわせてUQモバイルのお得なキャンペーンについても徹底解説していきますのでぜひチェックされてみてくださいね!

\大手キャリアを利用されている方必見!料金プランをお得に!/

目次

UQモバイルって?auとどう違うの?

UQモバイルはKDDIの子会社である「UQコミュニケーションズ株式会社」が運営しています。

沖縄のみ沖縄セルラー電話の子会社「UQモバイル沖縄」という別会社で運営。

モバイルWi-Fiルーターでお馴染み「UQ WiMAX」も同じ会社が経営しており、ガチャピンとムックのイメージで長年に渡って愛されています。

本家auのサブブランドという位置付けで、メインブランドと同じauの通信網を使った高品質なサービスと格安な料金プランが特徴です。

プランにより割引金額が異なり、最大で毎月858円お得に!

電気代とスマホ代合わせて家計の大きな節約も可能となっています。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランやその他、月額料金などについてご紹介いたします。

料金プラン 月額料金 対応回線 データ容量 通話料 データ増量(※) テザリング
くりこしプランS +5G 1,628円(税込) 4G/5G 3GB 22円(税込)/30秒 +2GB 無料
くりこしプランM +5G 2,728円(税込) 4G/5G 15GB 22円(税込)/30秒 +5GB 無料
くりこしプランL +5G 3,828円(税込) 4G/5G 25GB 22円(税込)/30秒 +5GB 無料

※データ増量について1年間は無料。13カ月目から月額料金が+550円(税込)となります。

プラン名に「5G」とありますが、対応回線は4Gも対応しています。

4G LTEのスマホ向けの料金プランとしてあった「くりこしプラン」は2021年9月1日で終了していますが、受付終了以前から使っている方は引き続き利用可能となっています。

UQモバイルの料金プランはどれがおすすめ?

料金プランがあるのは分かったけど、自分にはどのプランが向いているのか・自分のデータ使用量がわからないという方も多いはずですよね。

UQモバイルの料金プランについてそれぞれどんな人に向いているのかご紹介させていただきます。

くりこしプランS

「くりこしプランS」は主にLINEでの連絡やWeb検索・閲覧をメインにご利用される方におすすめのプランとなっています。

「くりこしプランS」はUQモバイルの中で最もデータ容量の少ない3GBで、価格も1,628円(税込)と一番安いプランです。

「3GBだと足りるか不安」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、1GBでも実は思っているより多くのことができるんですよ。

【1GBで可能なことの例】

  • Webサイトの閲覧・・・3000回以上
  • LINEのトーク送信・・・50万回
  • LINE電話・・・・・・・55.5時間
  • Googleマップ・・・・・4,430回
  • YouTube動画視聴・・・120分

LINEでのやりとり、連絡やWebで調べ物をすることことがメインであればくりこしプランSで十分です。

くりこしプランM

「くりこしプランM」は主にLINEでの連絡やWeb検索・閲覧の他に、SNSやゲーム、動画を見たいという方におすすめのプランです。

実は、3つの料金プランの中でデータ容量・月額料金・制限時の速度全てにおいてバランスが良く最もおすすめなプランなんです

15GB使い切ってしまったという場合にも最大1Mbpsで使い放題になるので、スマホヘビーユーザーの方にもおすすめできます。

1Mbpsとは「1秒間に1メガビット送れる」という意味で、なんのこっちゃと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

用途によって問題なく利用できる、もしくはまぁまぁ使えると感じるくらいの通信速度となります。

「くりこしプランM」のデータ容量は15GBですので、実際に使ってみて自分には多かったと感じる場合はプランの変更ができますので、プラン選びに迷ったら「くりこしプランM」にしましょう。

くりこしプランL

「くりこしプランL」は主に速度重視派でスマホをたくさん利用するという方におすすめのプランとなっています。

画面を開くまで待ちたくない方や速度の遅さでストレスを感じたくない方には、くりこしプランLをおすすめいたします。

データ容量はプランの中で最も多い25GBですので、通信制限を気にせず利用できるのではないでしょうか。

自宅にWi-Fi環境がない方や外出先でよくスマホを利用される方はぜひ一度検討されてみてくださいね。

\月々の携帯料金をお得に!/

UQモバイルの5つのデメリット・注意点

UQモバイルは月々のスマホ料金を安く抑えることが可能ですが、デメリットや注意点はあるのでしょうか。

乗り換えて後悔・・・!

なんてことにならないよう、事前に知っておいたほうが良いことについてご紹介いたします。

UQモバイルは他の格安SIMと比べると少し高め

UQモバイルは他社の格安SIMと比較すると料金設定がやや高めというデメリットがあります。

参考までに格安SIMで多く設定されてい3GBの基本料金を比較してみました。

格安 SIM 3GBの基本料金
UQモバイル 1628円
LINEMO 990円
楽天モバイル 1078円
OCNモバイルONE 990円

こうして比較してみると3GBの料金プランだけでも、UQモバイルより安い格安SIMは多数あるようですね。

UQモバイルはデータ通信量の選択肢が少ない

UQモバイルで選択可能なプランは以下の3種類。

  • くりこしプランS +5G(3GB)
  • くりこしプランM +5G(15GB)
  • くりこしプランL +5G(25GB)

他社の格安SIMのプランと比べると少ないんです。

データ容量の選択肢がさらに増えると人によってはもっと使いやすくなるのではと思います。

UQモバイルの提供回線はauのみ

格安SIM業者の多くは、複数回線のプランを提供していますが、UQモバイルはau回線のみとなっています。

ドコモやソフトバンクで使っていたスマホをUQモバイルのSIMを挿して使う場合にはおのずとSIMロック解除が必要となりますので注意が必要です。

また、一部SIMフリースマホでは、そもそもau回線のSIMが利用できないという場合もあるので、必ず事前確認をしておく必要もあります。

そのため、UQモバイルから販売されているスマホ以外のスマホでUQモバイルを利用したい場合には、事前確認や手続き等が複雑な場合もあるようです。

Qモバイルには最新iPhoneがない

UQモバイルでは、iPhon13など最新iPhoneの購入が出来ないんです。

他社等で購入した最新iPhoneを使うことは可能ですが、UQモバイルにて端末セット契約はできないので注意が必要です。

一方で、UQモバイルでは、iphone 12やiphone se、iphone8など一世代より前のiPhoneなら購入可能です。

そのうえ、価格帯は相場よりもリーズナブルとなっており、miniシリーズならかなり安く手に入ります。

さらに、二世代以上古いiphoneですと、au Certifiedという実質新品に近い中古iPhoneを激安価格で購入することも可能です。

UQモバイルはデータ専用のプランがない

UQモバイルには、データ専用のプランはありません。(2022年2月時点)

データ通信に特化したプランが2021年3月をもって終了しており、現在は音声通話をメインとしたプランに特化している傾向にあるようです。

現在、UQモバイルでは通話機能ありのSIMカードしか契約できないので注意が必要です。

大手キャリアからUQモバイルに乗り換えるデメリット

格安SIMのメリットと言えば料金の安さが挙げられます。

では、反対に大手キャリアから格安SIMのUQモバイルに乗り換えるとどんなデメリットがあるのでしょうか。

大手キャリア別に乗り換える際のデメリットをそれぞれご紹介いたします。

また、あわせて大手キャリアからUQモバイルに乗り換える場合に共通するデメリットについてもお届けしたいと思います。

auからUQモバイルに乗り換え

auからUQモバイルに乗り換える場合のデメリットは以下の通り、大きく3点挙げられます。

  • データ通信量無制限のプランが使えない
  • auのキャリアメールが使えない
  • auスマートバリューが利用できない

auには「使い放題MAX 5G/4G」という、月のデータ通信量が無制限のプランがあります。

一方でUQモバイルにはデータ通信量無制限のプランはありません。

ちなみに、UQモバイルで最も多くデータ通信量を利用できるプランは「くりこしプランL+5G(25GB/月)」です。

無制限のデータ通信量プランがほしい人には物足りなさを感じデメリットになると言えるでしょう。

また、auのキャリアメールである「@ezweb.ne.jp」のアドレスが利用できなくなります。

キャリアメールをメインに会員登録等で利用されていた方は登録変更をしなければならず、少し面倒かもしれません。

ドコモからUQモバイルに乗り換え

ドコモからUQモバイルに乗り換える場合のデメリットは以下の通り、大きく3点挙げられます。

  • ドコモで購入したスマートフォンを利用される場合、SIMロック解除の手間がかかる
  • MNP転出手数料がかかる(基本的に3,300円)
  • 違約金が発生する場合がある(最大で税込10,450円)

UQモバイルはauが提供するサブブランドという位置付けです。

その為、ドコモから乗り換える際はSIMロック解除やMNP転出手数料などやや手間や負担がかかります

また、2019年9月以前に契約した旧プランを契約したままですと違約金がかかる可能性があります(最大、税込10,450円)

ですが、違約金の負担を減らす方法があるんです。

2019年10月1日以降のプランであれば一律で税込1,100円の違約金となります。

UQモバイルに乗換える前にプラン変更をお忘れなく!

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換え

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換える場合のデメリットは以下の通り、大きく3点挙げられます。

  • データ容量が無制限のプランが使えない
  • 違約金が発生する場合がある(最大で税込10,450円)
  • ソフトバンクのキャリアメールが使えない

ソフトバンクでは月のデータ容量が無制限である「メリハリ無制限」というプランがあり、速度制限されることもないので、データ通信量を気にせず利用できますよね。

一方でUQモバイルでは最も多くデータ通信量を利用できるプランは「くりこしプランL+5G(25GB/月)」です。

気にせずネットやSNSを使いたい、データ通信量が多いという方にはデメリットと言えますね。

ソフトバンクからUQモバイルへ乗換える場合、違約金が発生する可能性があります。(最大で税込10,450円)

ソフトバンクで「基本プラン」を契約されている場合は違約金は不要です。

また、その他のプランでも時期によって違約金がかかる場合と不要の場合があります。

自分が現在どのプランに加入しているのか確認することがポイントですね。

違約金が不要となるタイミングを見計らう、もしくはプランを変更し違約金を安く抑えられるようにしましょう。

また、ソフトバンクのキャリアメールである「@softbank.ne.jp」のアドレスが利用できなくなります。

キャリアメールをメインに会員登録等で利用されていた方は登録変更を忘れずに行わなければなりません。

全キャリア共通

auやドコモ、ソフトバンクなど大手キャリアに共通して、UQモバイルに乗換える際のデメリットは以下の通り、大きく3点挙げられます。

  • LINEのID検索ができない
  • 取り扱っている端末が少ない
  • 店舗数が少ない

UQモバイルは、公式サイトにLINEの年齢認証とID検索に非対応の旨が明記されており、「ID検索機能」が使用できません。

ですが、乗換え前に大手キャリアで年齢確認を済ませておけばID検索機能もUQモバイルで引き続き利用できます。

また、UQモバイルでは購入できるスマホ端末の種類が大手キャリアと比べて少ない点もデメリットとして挙げられます。

たとえば最新機種のiPhone12はUQモバイルにはありません。

ですので、最新機種を利用したい方は端末のみを大手キャリアなどから購入すると良いでしょう。

そしてUQモバイルは大手キャリアに比べて実店舗が少ない点もデメリットです。

料金プランが安い分、店舗の家賃や人件費などを削減することで低価格なサービスが実現されています。

UQモバイルにしかない6つのメリット

前述では、UQモバイルに乗換える際のデメリットをご紹介してきましたが、こちらではUQモバイルならではの6つのメリットについてご紹介させていただきます。

UQモバイルは通信速度が安定している

UQモバイルは大手キャリアであるauの高品質な回線を使用しているため、通信速度が安定しています。

格安SIMでは度々、通信速度の不安定さ懸念されていますが、UQモバイルの安定した通信速度は大きなメリットと言えるでしょう。

通信速度が安定している格安SIMを探している人にとってはUQモバイルはぴったりかもしれません。

UQモバイルはPontaポイントを貯められる

Pontaポイントを貯めたい人にとっては、UQモバイルは絶対おすすめです。

というのも、UQモバイルと契約すると「au PAYカード」を年会費無料で利用できます。

UQモバイルの支払方法をau PAYカードにすると、毎月Pontaポイントを貯めることが可能となります。

UQモバイルは5Gに対応している

UQモバイルには5Gに対応している「くりこしプラン+5G」というプランがあります。

その為、最新機種のiPhone12やAQUOS senseなど、5G対応の端末を利用したい人にとってUQモバイルはおすすめでしょう。

5G対応の格安SIMはまだ少ないですので、UQモバイルならではの大きなメリットと言えます。

UQモバイルはauへの移行が簡単

UQモバイルからauへの移行手続きは簡単に行うことができます。

auオンラインショップやauショップ(実店舗)、電話で可能です。

(未成年の方はauオンラインショップ不可)

お手持ちのスマホをauでも引き続き利用される場合は「SIMのみ契約」にしましょう。

UQモバイルはau IDが引き継げる

UQモバイルに乗り換える際、auユーザーはau IDを引き継ぐことが可能です。

au IDを引き継ぐことで、UQモバイルに乗換え後も「au かんたん決済」の利用や「au スマートパスプレミアム」の一部利用が可能で便利です。

auユーザーはau IDの引を継ぎ作業を忘れずにされてくださいね!

UQモバイルはUQモバイル取扱店やau店舗で契約できる

UQモバイルは、UQモバイル取扱店やau店舗で契約することが可能です。

UQモバイル取扱店では、以下2点が可能となっています。

  • 新規(MNP)申し込み
  • 機種変更

また、2021年7月より全国のau Style・auショップでもUQモバイルの店舗申し込みやサポートが可能となっています。

auの店舗はUQモバイルよりも店舗数が多い為、サービスの充実度は確実にアップしているでしょう。

ですが、一部のauショップはUQモバイルのサポート対象外となりますので事前に確認されることをおすすめします。

\月々の携帯料金をお得に!/

UQモバイルをお得に利用できるキャンペーン

UQモバイルをよりお得に利用できるキャンペーンについてご紹介いたします。

OPPO Reno7 A購入キャンペーン

キャンペーン内容
期間 2022.6.23〜2022.7.31【購入】
〜2022.8.15【エントリー】
対象  OPPO Reno7 A購入者
内容 au PAY ギフトカード3,000円分プレゼント

OPPO Reno7 A購入者にもれなく3,000円分のギフトカードがもらえるキャンペーンが開催中です。

UQモバイルの新規契約やMNPではなく、機種変更でも対象なので、既にUQモバイルを利用している方も対象です。

OPPO製品は、世界トップクラスの売上を誇るスマホブランドなので、安心して購入できます。日本ではあまり馴染みはないかもしれませんが、ユーザーはドンドン増えています

UQモバイルでは2万円台で購入でき、さらに3,000円分のギフトカードがもらえるので、かなりコスパよく新しいスマホがゲットできるので、ぜひ検討してみてください。

UQモバイルオンラインショップ限定キャンペーン

キャンペーン内容
期間 2021年9月2日(木)~
対象 新規SIM契約or乗換えSIM単体契約
内容 SIM契約の際、プランにより最大10,000円相当のauPAY還元
注意点 オンラインショップ申込限定
au PAY残高還元時点でau PAYアプリ(旧au WALLET アプリ)が必要

UQモバイルのオンラインショップ経由でSIM単体契約と同時に増量オプションⅡに加入するとauPAYが最大で12,000円還元されるキャンペーンです。

新規契約と乗り換えで還元される金額が異なるほか、契約するプランによっても金額が異なるので、下記で確認していきましょう。

新規でSIM単体契約の場合

くりこしプラン+5G(S/M/L共通)契約:3,000円相当還元

乗換(MNP含む)でSIM単体契約の場合

増量オプションⅡ加入でくりこしプランL +5Gを契約:10,000円相当還元

増量オプションⅡ未加入でくりこしプラン+5G(S/M/L)を契約:6,000円相当還元

この他にeSIMでご契約した場合、3,000円相当が増額されますのでUQモバイルを使ってみたい方は積極的に利用したいキャンペーンになっています。

くりこしプラン+5Gデータプレゼントキャンペーン

くりこしプラン +5G データプレゼントキャンペーン

キャンペーン内容
期間 2021年9月2日(木)~終了日未定
対象 2021年9月1日までに契約されたUQ mobile料金プランから「くりこしプラン +5G(S/M/L)」へプラン変更すること
内容 「くりこしプラン +5G」へのプラン変更で、データ容量をプレゼント
変更後のプランに応じたデータ容量を変更手続き翌月に付与
注意点 2021年9月1日までに契約された方限定
余ったデータ容量は翌月に繰り越し

既にUQを使っている方が利用可能なキャンペーンです。

これまで「くりこしプラン +5G(S/M/L)」を使っていない方が、プラン変更する事で下記のデータ容量をもらうことができます。

くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
毎月データ容量 3GB 15GB 25GB
データ容量プレゼント分 +3GB +15GB +25GB
変更翌月の合計データ容量 6GB 30GB 50GB

既存の余っているデータ容量については繰り越しができるので損したといったことがないので嬉しい内容です。

 

新規契約特典!対象機種購入で最大5,000円相当還元

キャンペーン内容
期間 2021年1月18日~終了日未定
対象 オンラインショップから新規契約(MNP含む)で対象機種を「くりこしプラン +5G(S/M/L)」をご契約いただいた方が対象
内容 対象機種から5,000円または3,000円相当のauPAY還元
注意点 オンラインショップ申込限定
au PAY残高還元時点でau PAYアプリ(旧au WALLET アプリ)が必要

UQモバイルでiPhone12やアンドロイドに機種変更する際に利用可能なキャンペーンです。

対象となる機種は下記の表をご覧ください。

5,000円相当還元 対象機種 iPhone12・Redmi Note 10 JE XIG02
3,000円相当還元 対象機種 arrows We・OPPO A54

auPAYにて相当額をチャージするキャンペーンになっていますので、キャンペーン適用にはauPAYアプリが必須になります。

下取りサービス

下取りサービス

キャンペーン内容
期間 2021年1月18日~終了日未定
対象 他社から乗り換え/機種変更
内容 機種により最大64,350円還元
注意点 機種や状態により還元される金額が異なります
正常に動作しない場合は下取り不可

乗換と同時に新機種を購入したい方には、この下取りキャンペーンがオススメです。

乗換の場合は最大64,350円、機種変更の場合でも最大44,000円で下取りしてくれます。

乗換時と機種変更時の下取り金額の一例を下記でチェックしていきましょう。

機種 通常品(最大下取り価格) 破損品(最大下取り価格)
iPhone 12 128GB
44,000円 13,200円
Xperia8 SOV42 9,350円 2,750円

電源が入らない場合や画面ロック解除が出来なかったり、水濡れシールが反応している場合は下取り不可となっています。

夏のauかんたん決済キャンペーン

夏のauかんたん決済キャンペーン

キャンペーン内容
期間 2022年8月5日~2022年9月5日
対象 auかんたん決済を利用した方
内容 auかんたん決済(キャリア決済)をご利用で、合計最大20,000Pontaポイントあたる!もらえる!
注意点 期間中にエントリー+初めてのご利用なら100円以上のお買い物でPontaポイントが必ずもらえる!
既にご利用中の方も10,000ポイントが当たるチャンス!

合計最大20,000Pontaポイントあたる!もらえる!UQ mobileでも、便利なauかんたん決済(キャリア決済)がご利用できます。

UQモバイルのキャンペーンコード利用で初期費用が無料

UQモバイルではキャンペーンコードを利用することで初期費用である手数料の3,000円が350円になります。

キャンペーンコードを利用する手順としては、Amazonでパッケージを購入し、記載されているURLまたはQRコードから専用申し込みフォームへいって申し込めを行えばOKです。

しかし実際のところ、以下3つの理由からキャンペーンコードを利用しない人もいらっしゃいます。

  • UQモバイル公式の「UQモバイルオンラインショップ限定キャンペーン」と併用できない
  • 申し込みがちょっと面倒
  • キャッシュバックの受け取りが公式より1ヶ月遅い

家電量販店や正規代理店ではキャンペーンが異なる場合もある

【家電量販店】

UQモバイルはヤマダ電機、ヨドバシ、ビックカメラなどの大型家電量販店でも申込可能ですが、不定期にポイント還元キャンペーンをしている場合があり注意が必要です。

インターネットでは基本的にキャンペーン情報を公開されていないので、実際にお店に行って確認する必要があります。

一方でUQモバイルのオンラインストアでは取扱のないSIMフリーのAndroidスマホを選びたいという方には家電量販店のキャンペーンがおすすめです。

【正規代理店】

正規代理店でもUQモバイルの申込が可能ですが、キャンペーン内容が複雑かつ、バラバラという面もあります。

ゲオの場合は、中古のiPhone端末が安い反面、バッテリー保証がないので注意する必要があります。

UQモバイルは、エディオンやケーズデンキなどの家電量販店、ゲオやテルルなどの代理店でも申し込みが可能ですが、キャンペーンが異なったり複雑だったりする点もあるので注意が必要です。

一方で、UQモバイルのオンラインストアで開催されているキャンペーンは、わかりやすく確実にもらえる点が人気となっています。

\月々の携帯料金をお得に!/

auからUQモバイルへ乗り換えるタイミングは?

auからUQモバイルに乗換えるタイミングについてご紹介いたします。

おすすめの乗換えタイミングは以下の通りです。

  • 現在の契約の更新月のタイミング
  • 現在使用している端末代が支払完了したタイミング

    auで端末を分割払いで購入された人は、UQモバイルへの乗換えによって端末代金の支払が無くなるわけではありません。

    auからUQモバイルへ乗換えを検討されている方は思わぬ出費や損をしないためにも、端末代金の支払状況や契約の更新月をしっかり確認するようにしましょう。

    auからUQモバイルへ乗り換える方法

    auからUQモバイルへの乗換え方法についてご紹介いたします。

    複雑な手続き等はなく、意外と簡単に乗換えることができます。

    【au→UQモバイルに乗換え手順4ステップ】

    1.MNP予約番号を取得する

    現在の契約を解約するためには「MNP予約番号」というものを取得する必要があります。

    インターネット等でauの「MNP予約番号」を調べると取得を受け付けている連絡先が分かりますのでそちらに電話をしましょう。

    または、ネット上で予約番号を取得できる方法もありますので自分にあった方法で取得されてくださいね。

    2.申込みに必要な書類を揃える

    3.UQモバイルを申し込む

    4.開通手続きと初期設定をする

    オンラインショップでも申込みが可能ですが不安な方は実店舗へ行って手続きを行いましょう。

    申込みの際には、MNP予約番号と必要書類を事前に準備するとよりスムーズに手続きを行うことが出来ます。

    UQモバイルの解約方法

    UQモバイルを契約してみて万が一、自分には合わなかったという場合には解約の必要があります。

    しかし、契約の解約と聞くとなんだか複雑で面倒くさそうというイメージがありますよね。

    UQモバイルの解約方法は意外と簡単なんですよ。

    【MNP転出方法】

    UQモバイルから他社へ乗換えの場合、手順は以下の通りです。

    1.MNP予約番号を取得する

    電話またはオンラインでMNP予約番号を取得することができます。

    MNP予約番号とは、契約を解約するための番号のようなものです。

    2.乗換え先の他社へ申込み

    MNP予約番号を取得した後は、その番号を利用して他社へ申込み手続きを行います。

    申込みの際は、MNP予約番号と(電話番号を引き継ぐ場合は電話番号も必要)、MNP予約番号の有効期限などの情報が必要となります。

    【他社へ乗換え(MNP転出)なしで解約のみ行う場合】

    MNP転出なしで解約のみ行う場合はオンラインでは受け付けておらず、電話でのみ、手続きが可能です。

    UQモバイルお客さまセンターへ連絡されてくださいね。

    UQモバイルお客さまセンター】

    0120-929-818
    受付時間:9:00~20:00(年中無休)

    解約手続きの際には、本人確認が実施されます。

    契約電話番号と暗証番号が必要なので事前に確認しておきましょう。

    UQモバイルについてよくある質問

    UQモバイルに関するよくある質問についてご紹介させていただきます。

    ぜひ参考にされてみてくださいね!

    UQモバイルとauひかりを一緒に利用したら何かメリットはある?

    結論から申しますと、auひかりとUQモバイルのセット割は存在せず、特別な割引はありませんがキャッシュバックキャンペーンが開催されています。

    UQモバイルと併用してauひかりをお得に使いたい方には、キャンペーンが充実している申込み先を選ぶことが重要です。

    申込み先は少し慎重に選ぶと良いでしょう。

    ポイントとしては以下2点が挙げられます。

    • 不要なオプションがついていないキャンペーン
    • 手続きが簡単なキャンペーン

    上記のポイントを意識してお得に利用されてくださいね!

    UQモバイル 家族割はもう受付しないの?すでに入っている人はどうなる?

    家族割

    UQモバイルの家族割は残念ながら、2021年1月31日をもって新規受付を終了しているようです。

    なお、既にご利用中の方は、2021年2月1日以降も​引き続きご利用できるようなのでご安心ください。

    UQモバイルは店舗予約が必要?

    結論から申しますと、UQモバイルは事前に店舗予約をした方が良いでしょう。

    必須ではありませんが、店舗に来店して契約する場合には、以下の理由から待ち時間が発生する可能性があります。

    • スタッフ数に限りがある
    • 1つの手続きに時間を要する
    • 休日などの混雑時間帯は特に来店者が多い

    予約の方法は店舗へ直接電話またはオンラインから簡単に予約ができますので自分にあった方法で予約されてくださいね。

    ぜひ、来店予約をしてスムーズに手続きを進められるようにしましょう。

    UQモバイルの機種変更は自分でできるの?

    UQモバイルでは、オンラインや電話、店舗で機種変更が可能です。

    自分で機種変更を行いたい場合にはオンラインがおすすめです。

    オンラインで機種変更をする手順は以下の通りです。

    1. UQモバイルオンラインショップへアクセスする
    2. 機種変更したい端末を選ぶ
    3. 端末を受け取り、SIMカードを差し替える
    4. 端末の初期設定をする

    上記手順2.の機種変更したい端末を選んだら後日、SIMカードが郵送で送られてくるので忘れないように受け取られてくださいね。

    オンラインを利用して自分で機種変更することで時間を気にせず、配送料無料、最短で翌日配送なのでとても便利です。

    auからUQモバイルに乗り換え後、短期解約したらどうなる?

    結論から申しますと、UQモバイルを短期間で解約した場合には、ブラックリストに入ってしまうようです。

    ブラックリストに載ってしまう明確な期間や基準等は公開されていないようですが、一般的には120~180日以内の解約が短期解約とみなされるようです。

    おそらく、お得な割引サービスだけを受け短期間で解約されてしまっては困るのでしょう。

    ブラックリストに載ってしまうと

    • 端末代金を分割払いできない
    • 新規契約が一切できない

    などの問題があるようです。

    ですが、永久的にブラックリストに情報が載るわけではなく、5~10年ほどで自動的にブラックリストから情報が消えて行くようです。

    一方で、一定の条件を満たせば、初期契約解除も可能なんだそうです。

    携帯電話などの契約に関する書面を受け取ってから8日以内であれば、携帯電話会社の合意がなくても、回線契約を解除できるというものです。

    気になる方は事前に確認されることをおすすめいたします。

    まとめ

    この記事では、UQモバイルと大手キャリアを比較し、デメリットやメリットそしてお得なキャンペーンをご紹介してまいりました。

    大手キャリアは、毎月制限なくデータ通信容量を利用できること等がメリットとして挙げられました。

    一方でUQモバイルでは、データ通信量に特化した専用のプランはありませんが、料金を抑えつつ安定した回線でバランスの良い面が特徴となっています。

    お得なキャンペーンを活用して自分のライフスタイルにあった携帯会社および料金プランを選択されてくださいね!

    \大手キャリアを利用されている方必見!料金プランをお得に!/

    • URLをコピーしました!
    目次