<PR>

楽天モバイルからLIBMOに乗り換える手順とタイミング!注意点・違約金も解説

楽天モバイルからLIBMOに乗り換える手順とタイミング!デメリットや違約金も解説
本ページはプロモーション(広告)が含まれています

今まで楽天モバは、1GBまで月額0円で利用できていました。

2022年7月からは月額0円が廃止されました。

「1GB月額0円が廃止なら楽天モバイルにしている意味がない」

「もっと安く利用できるところに乗り換える」

とこのように考えている人が増えました。

楽天モバイルの乗り換え先の1つとして「LIBMO」があります。

LIBMOはドコモ回線が使える格安SIMです。

本記事では、楽天モバイルからLIBMOに乗り換えを検討している人のため、乗り換える手順と乗り換えに適したタイミングを詳しく説明します。

さらに、乗り換えによるデメリットや違約金についても解説。

2024年2月現在、実施しているキャンペーンは下記の通りです。

2024年2月現在LIBMOで実施しているキャンペーン
  • 生活応援キャンペーン
  • 【かけほ割】かけ放題オプション申し込みで月額利用料から最大200円割引
  • 【LIBMO×光セット割】スマホとインターネットの同時契約でLIBMOの利用料が毎月220円割引
  • 【LIBMOお友達紹介プログラム】で紹介者の方に5,000ポイントプレゼント

ただし、上記のキャンペーンは終了予定日が未定のものもありますが、突然キャンペーンが終了することも考えられます。

乗り換え時に利用できるキャンペーンを利用して、お得に楽天モバイルからLIBMOに乗り換えましょう。

楽天モバイルのデメリット・メリットの記事はこちらをご覧ください。

\ 20GBが2,000円以下で使える格安SIM /

LIBMO公式サイトを今すぐチェック

格安SIM比較記事もぜひ併せてご覧ください。

新型iPhone 15の最新情報
楽天モバイルから乗り換え記事はこちら!
楽天モバイルがお得!
楽天モバイルキャンペーン

楽天モバイルでは様々なキャンペーンを実施しており、iPhoneとセットで乗り換えがお得にご利用可能です!

楽天モバイルを紹介すると7,000ポイントプレゼント!紹介された方も13,000ポイントもらえる♪

料金プランもワンプランで従量制なので、月額1,078円〜3,278円とお得かつ最大料金も安いままデータ無制限でご利用可能です!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 電話もネットも使い放題! /

目次

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えるデメリット

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えるデメリットはあるのでしょうか。

デメリットに目をつむっていると、乗り換え後に後悔してしまいます。

どのようなデメリットがあるのかを確認しておきましょう。

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えるデメリットは5つです。

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えるデメリット
  • 国内通話無料かけ放題サービスの利用ができなくなる
  • 楽天メールアドレスが使えなくなる
  • 音声通話付きの
  • 店舗数が少なくなる
  • 楽天市場でお買い物する際のポイント優遇がなくなる

国内通話無料かけ放題サービスの利用ができなくなる

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えると、国内通話無料かけ放題サービスの利用ができなくなります。

楽天モバイルLIBMO
国内通話かけ放題サービスがある国内通話無料かけ放題サービスはない

楽天モバイルには、国内通話無料かけ放題サービスがありました。

「Rakuten Link」という専用のアプリを利用すれば、他キャリアのスマホや、固定電話への通話が無料となるサービスです。

ただしアプリを使用しない場合、22円/30秒。

LIBMOには、楽天モバイルのような国内通話無料のサービスはありません。

「ゴーゴープラン」というかけ放題のオプションを利用することができますが、有料です。

  • 5分かけ放題:1,000円
  • 10分かけ放題:1,200円
  • かけ放題マックス:1,800円

楽天メールアドレスが使えなくなる

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えると、楽天メールアドレスが使えなくなります。

楽天モバイルLIBMO
楽天のメールアドレスが使えるGmailなどのフリーメールを使う

楽天モバイルを利用している時には、「@rakumail.jp」のメールアドレスが利用できていました。

しかし、LIBMOに乗り換えると、楽天モバイルを解約することになるので、それまで使っていたアドレスが使えなくなります。

LIBMOに乗り換える前にGmailなどのフリーメールを登録しておくと不都合を感じることが無いです。

音声通話付きの無制限プランが無くなる

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えると、無制限プランが無くなります。

楽天モバイルLIBMO
無制限プランがあるデータ容量3GB~30GB

楽天モバイルには無制限プランがありました。

無制限でデータが使い放題のため、動画視聴、ネットサーフィンなど、データの使いすぎを気にすることがありません。

LIBMOのデータ容量は3GB~30GBです。

データ無制限で使えるプランもありますが、データ通信のみ。音声通話付きの無制限プランはありません。

楽天モバイルで、データ無制限のプランを利用していた場合、データ量最大の30GBのプランでもデータ容量が足りなくなるのではと心配してしまうでしょう。

データが足りなくなった場合、チャージすることができます。

データ リチャージ(1GB):300円/月

店舗数が少なくなる

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えると、店舗数が少なくなります。

楽天モバイルLIBMO
全国各地に1,000店舗以上静岡県内のみ12店舗

楽天モバイルは全国各地に専門の店舗があります。

2015年に1号店がオープンしてから2022年5月には1,000店舗を突破。

楽天モバイルの店舗では以下のようなことができます。

  • 各種手続き
  • 契約
  • 機種変更
  • データ移行
  • スマホ操作のサポート
  • 故障受付

契約や手続きのほかスマホの操作が分からない時にサポートを受けることもできます。

LIBMOの店舗数は静岡県内に12店舗です。

LIBMOの店舗でできることは以下の通りです。

  • 契約
  • 機種変更
  • スマホレンタル
  • 自宅のネット回線申込み

楽天モバイルの店舗と同じように契約や手続きなどが利用できます。

ただし、店舗があるのは静岡県内だけです。

店舗から遠く離れていると利用は難しいです。

楽天市場で買い物する際ポイント優遇がなくなる

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えると、楽天市場で買い物する際ポイント優遇がなくなります。

楽天モバイルLIBMO
楽天市場で買い物する際ポイント優遇がある楽天市場でのポイント優遇なし

楽天市場では、SPU(スーパーポイントアップ)プログラムがあり、楽天グループのサービスを使えばポイントがアップする仕組みになっています。

もちろん、楽天モバイルも対象です。

楽天モバイルを利用している場合は、楽天市場での買い物が+1倍になります。

通常楽天市場で買い物をしても、100円(税抜)で1ポイントですが、楽天モバイルを利用していると2ポイント貯まります。

LIBMOは楽天グループのサービスではないため、ポイント優遇はありません。

楽天市場で頻繁に買い物をしている人は、ポイントが貯まりにくくなるでしょう。

\ 20GBが2,000円以下で使える格安SIM /

LIBMO公式サイトを今すぐチェック

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えるメリット

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリットは以下の5つです。

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えるメリット
  • 料金が多少安くなる
  • オンラインでもショップスタッフによる接客がある
  • ドコモ回線が利用できるようになる
  • 端末がお得に購入できる
  • かけ放題オプションの選択肢が増える

料金が多少安くなる

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えると、料金が多少安くなります。

楽天モバイルLIBMO
利用料金は月額980円~2,980円利用料金は月額891円~2,480円

楽天モバイルとLIBMOの料金プランを比較します。

容量楽天モバイル料金LIBMO料金差額
~3GB980円891円(音声通話機能付きSIM)
780円(データ通信専用SIM)
200円~89円
~8GB1,980円1,380円(音声通話機能付きSIM)
1,200円(データ通信専用SIM)
780円~600円
~20GB1,980円1,810円(音声通話機能付きSIM)
1,810円(データ通信専用SIM)
170円
~30GB2,980円2,480円(音声通話機能付きSIM)
2,480円(データ通信専用SIM)
500円
使い放題2,980円480円(データ通信専用SIM)2,500円

毎月のスマホ料金が大幅に安くなるというわけではありませんが、LIBMOのどのプランを契約しても楽天モバイルよりも安くなります。

オンラインでもショップスタッフによる接客がある

オンラインでもショップスタッフによる接客がある

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えると、オンラインでもショップスタッフによる接客があります。

楽天モバイルLIBMO
オンラインではオペレーターが対応オンラインでもショップスタッフによる接客

楽天モバイルでショップスタッフに対応してほしい時にはショップに出向くことになります。

LIBMOでは、オンラインでもショップスタッフによる接客です。

オンライン接客のメリットは3つあります。

オンライン接客のメリット
  • 来店不要
  • 待ち時間なし
  • 店舗へ来店したときと同じ感覚で契約できる

店舗に行った時と同じようにショップスタッフがオンラインでも対応してくれるので、安心して契約できます。

ドコモ回線が利用できるようになる

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えると、ドコモ回線が利用できるようになります。

楽天モバイルLIBMO
楽天回線ドコモ回線

楽天モバイルでは楽天回線でしたが、LIBMOはドコモ回線になります。

楽天回線とドコモ回線の利用可能なエリアを見てみましょう。

・楽天回線の場合

楽天回線の場合

・ドコモ回線の場合

ドコモ回線の場合

楽天回線も徐々にエリアを拡大してきてはいますが、山間部などに行くと繋がりにくいです。

ドコモ回線は「こんなところでもつながるの?」と驚くような場所でもつながることが分かります。

ドコモ回線の方が広い範囲で利用できるので、LIBMOに乗り換えると、繋がりにくさにイライラすることが減るでしょう。

端末がお得に購入できる

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えると、端末がお得に購入できます。

楽天モバイルLIBMO
条件をクリアしスマホを購入すると最大14,000円相当のポイント還元大特価で購入できるスマホがある

楽天モバイルは条件をクリアして対象のスマホを購入すれば、最大14,000円相当のポイントが還元されます。

対象のスマホの一部を紹介します。

  • iPhone 14 Pro Max:165,900円
  • iPhone 14 Pro:150,900円
  • iPhone 14:120,910円
  • iPhone SE(第3世代):62,800円

どのスマホも元値が高いので、最大14,000相当のポイントが還元されても大特価まではいきません。

LIBMOでは、乗り換え時にスマホを購入すると大特価で購入できます。

LIBMO
  • AQUOS sense6:一括15,055円 分割628円/月
  • AQUOS wish:一括11,040円 分割460円/月

このように一括で購入すると1万円前後でスマホが手に入ります。

スマホを格安で購入したい人にとって大きなメリットに感じるでしょう。

かけ放題オプションの選択肢が増える

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えると、かけ放題オプションの選択肢が増えます。

楽天モバイルLIBMO
15分(標準)通話かけ放題がある5分かけ放題、10分かけ放題、かけ放題マックスの3つのオプションがある

楽天モバイルで利用できるかけ放題オプションは「15分(標準)通話かけ放題」のみです。

以前は「10分かけ放題」でしたが、2022年7月から15分に通話時間が拡大しています。

15分(標準)通話かけ放題:月額1100円

楽天モバイルでは「Rakuten Link」という国内かけ放題のアプリがあるため、それを使えば通話は無料ですが、通信環境が安定しない場所ではアプリがうまく機能しないので、通話かけ放題が便利です。

LIBMOには3つのかけ放題オプションがあります。

LIBMOのかけ放題オプション
  • 5分かけ放題 500円
  • 10分かけ放題 700円
  • かけ放題マックス1,300円

専用アプリも不要なので、簡単な操作で利用できます。

\ 20GBが2,000円以下で使える格安SIM /

LIBMO公式サイトを今すぐチェック

楽天モバイルからLIBMOに乗り換える手順と準備するもの

楽天モバイルからLIBMOに乗り換える方法は以下の手順で行います。

楽天モバイルからLIBMOに乗り換える手順と準備するもの
  1. 事前準備
  2. 【手順1】LIBMOのサイトから申し込み
  3. 【手順2】開通手続き
  4. 【手順3】初期設定

事前準備

事前準備で以下の4つを準備しておきます。

事前に準備しておくもの
  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号

クレジットカード

契約者名義のクレジットカードを準備します。

利用できるクレジットカード:VISA、マスターカード、JCB、Americanエキスプレス、ダイナースクラブ

デビットカードは利用できません。

メールアドレス

今まで利用していた楽天モバイルのメールは使えなくなるので、Gmailなどのフリーメールを準備します。

本人確認書類

本人確認書類

いずれか1つの本人確認書類が必要です。

MNP予約番号

MNP予約番号を入手します。

楽天モバイルでのMNP予約番号入手はWEBから24時間いつでも可能です。

以下の流れで行います。

MNP予約番号発行の流れ
  1. 「my 楽天モバイル」にログインする
  2. 契約プラン→各種手続き→他社への乗り換えを順番に選択
  3. MNP予約番号取得

【手順1】LIBMOのサイトから申し込み

LIBMOのサイトから申し込みの手順は以下の通りです。

LIBMOのサイトから申し込みの流れ
  1. LINEMOの公式ページにある「今すぐ申し込む」を押す
  2. 端末・データ容量の選択
  3. 電話番号選択
  4. プランを選択
  5. 本人確認書類をアップロード終了

LINEMOの公式ページにある「今すぐ申し込む」を押す

LINEMOの公式ページにある「今すぐ申し込む」を押す

「今すぐ申し込む」を押します。

規約等にチェックを入れる

規約等にチェックを入れて申し込みを進めていきます。

端末・データ容量の選択

端末を選択

希望する端末を選びます。

データ容量を選ぶ

利用するデータ量を考慮して希望のデータ量を選びます。契約後もデータ量の変更はできます。

携帯電話番号の選択

携帯電話番号の選択

今使っている電話番号をそのまま使う場合「今の電話番号をそのまま使用する」にチェックします。

ここで、MNP予約番号を入力します。

プランを選択

プラン・通話オプション・持ち込み端末保証加入から希望するものを選択します。

本人確認書類をアップロード

本人確認書類をアップロード

申込みが完了すると登録したアドレスに本人確認書類を提出する流れが記載されたメールが届きます。

メールの指示に従って本人確認書類をアップロードしましょう。

本人確認書類は、携帯電話、スマートフォンのカメラ、デジタルカメラ、スキャナーなどで読み取り、その画像データをアップロードします。

これで完了です。

【手順2】開通手続き

SIMカードが届いたら開通手続きを行います。

開通手続きをするには、LIBMOお客様センターに電話を掛けます。

開通手続きの手順
  1. 電話をかける
  2. 音声ガイダンス9を押す
  3. 開通の手続きをして完了

LIBMOお客様センター:0120-27-1146
受付時間:10時から18時

【手順3】初期設定

開通手続きが済むと、次に初期設定を行います。

データ通信を行うための設定で、設定画面から、ユーザー名、パスワード、APN名等を入力します。

Android端末の場合

Android端末の初期設定
  1. SIMカードを挿入
  2. ホーム画面→「設定」→「その他の設定」を押す
  3. 「モバイルネットワーク」を開き「アクセスポイント名」を押す
  4. 右上の[+]を押す
  5. ユーザー名、PWなど必要事項を入力
  6. 「保存」→設定した「名前」を選択し完了

iPhoneの場合

iPhoneの初期設定
  1. SIMカードを挿
  2. インターネットへ接続
  3. Safariで「https://www.libmo.jp/ios/」にアクセス
  4. 「許可」→「閉じる」を押す
  5. 「設定」→「プロファイルがダウンロードされました」を押す
  6. プロファイルが表示され「インストール」を押す
  7. パスコード入力→「次へ」
  8. 「インストール」→「完了」

\ 20GBが2,000円以下で使える格安SIM /

LIBMO公式サイトを今すぐチェック

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えるベストなタイミング

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えるベストなタイミングは、2つです。

楽天モバイルからLIBMOに乗り換えるベストなタイミング
  • 20日頃
  • 楽天ポイントを使った後

20日頃

楽天モバイルは解約時に違約金は発生しません。

いつ解約してもかまいませんが、月末ギリギリに手続きをして万が一月をまたいで乗り換えをしてしまうと、翌月のスマホ料金も発生します。

20日頃に手続きをすると、乗り換えが翌月にまたぐこともないので安心です。

楽天ポイントを使った後

楽天モバイルを利用していると、楽天ポイントの還元率が高いです。乗り換えをすると一気に還元率が下がるので、乗り換える前に残っている楽天ポイントを使い切りましょう。

ポイントが多く貯まっている人は、ポイントを使った後に乗り換えをするのがベストです。

\ 20GBが2,000円以下で使える格安SIM /

LIBMO公式サイトを今すぐチェック

楽天モバイルからLIBMOの乗り換えに使えるキャンペーン

楽天モバイルからLIBMOへ、乗り換える時に使えるキャンペーンは以下になります。

楽天モバイルからLIBMOの乗り換えに使えるキャンペーン
  • 生活応援キャンペーン
  • 【かけほ割】かけ放題オプション申し込みで月額利用料から最大200円割引
  • 【LIBMO×光セット割】スマホとインターネットの同時契約でLIBMOの利用料が毎月220円割引
  • 【LIBMOお友達紹介プログラム】で紹介者の方に5,000ポイントプレゼント

生活応援キャンペーン

生活応援キャンペーン

出典:LIBMO

キャンペーン名 生活応援キャンペーン
期間 2023年3月31日~未定
条件 音声通話機能付きSIMの場合はゴーゴープランを除くいずれかのプラン、データ通信専用SIMの場合はなっとくプラン(ライト)を除くいずれかのプランにて、LIBMOを新規契約された方
内容 契約するプランやスマホの同時購入有無に応じて、最大24ヶ月間にわたり毎月TLCポイントをポイントプレゼント(24ヶ月間で最大15,840TLCポイント)

契約/利用するプランやスマホの同時購入有無に応じて、最長24ヵ月間TLCポイントがもらえます。

付与ポイント数は以下になります。

付与ポイント
一覧
音声通話機能付きSIM データ通信専用SIM
スマホ同時購入しない場合
【ベースポイントのみ】
スマホ同時購入した場合
【ベースポイント+スマホ同時購入ポイント】
なっとくプラン
(3GB)
2,640ポイント
(110ポイント×最大24ヶ月)
7,920ポイント
(330ポイント×最大24ヶ月)
2,640ポイント
(110ポイント×最大24ヶ月)
なっとくプラン
(8GB)
5,280ポイント
(220ポイント×最大24ヶ月)
10,560ポイント
(4400ポイント×最大24ヶ月)
なっとくプラン
(20GB)
7,920ポイント
(330ポイント×最大24ヶ月)
13,200ポイント
(550ポイント×最大24ヶ月)
なっとくプラン
(30GB)
10,560ポイント
(4400ポイント×最大24ヶ月)
15,840ポイント
(660ポイント×最大24ヶ月)

かけほ割

かけほ割

キャンペーン名 かけほ割
期間 2022年12月21日 ~ 未定
条件 ドコモショップでの申し込み時「かけほ割」に申し込む
内容 5分かけ放題の場合は月額100円(税込110円)、10分かけ放題の場合は月額200円(税込220円)をLIBMOの月額利用料からそれぞれ最大12ヶ月間割引
  • ゴーゴープラン(5分かけ放題):月100円×12ヶ月割引=合計1,200円割引
  • ゴーゴープラン(10分かけ放題):月200円×12ヶ月割引=合計2,400円割引
  • なっとくプラン(3GB/8GB)+5分かけ放題:月100円×12ヶ月割引
  • なっとくプラン(3GB/8GB)+10分かけ放題:月200円×12ヶ月割引

LIBMOは基本的にネットで申し込みますが、2022年12月21日より、ドコモショップでも契約できるようになりました。

それに伴い、ドコモショップでの申し込み時に「かけほ割」に申し込むと、月100円、もしくは200円割引になります。

LIBMOには通常プラン(なっとくプラン)とは別に、かけ放題メインの「ゴーゴープラン」があり、どちらも月100円 or 200円の対象となります。

正直、ドコモショップで申し込む手間と、月100〜200円の割引を考えると「この割引のためにドコモショップで申し込む!」というほどの魅力はなさそうです。

LIBMO×光セット割

LIBMO×光セット割

キャンペーン名 LIBMO×光セット割
期間 未定
条件 音声通話機能付きSIMを利用し、セット割対象となる光インターネット回線を契約
内容 LIBMOの利用料金から毎月200円(税込220円)を割引。
自宅のインターネット回線1回線に対して、家族が利用するLIBMOを最大5回線までセットすることが可能。

(出典:キャンペーン情報 – LIBMO(リブモ)|TOKAIの格安SIM/格安スマホ

LIBMOと自宅のインターネット回線(光回線)をセットで契約すると、LIBMOの月額利用料から毎月220(税込)割引されるサービスです。

自宅のインターネット回線(1契約)に対して、LIBMO最大5回線までセットにできるので、家族5人であれば毎月最大1,100円(税込)の割引が受けられます。

適用には、【LIBMO×光セット割】の対象となるインターネットの回線(光回線)のご利用が条件です。
利用イメージ
LIBMO×光セット割
現在LIBMOおよび対象のインターネット回線(光回線)をご利用の方は、LIBMOマイページより【LIBMO×光セット割】の適用申請をすると、割引が開始されます。

LIBMO×光セット割
  • @T COM(アットティーコム)ヒカリ
@T COM(アットティーコム)ヒカリとは、NTT東日本/NTT西日本が提供する「フレッツ光」と「@T COM(アットティーコム)」のプロバイダがセットになった最大1Gbpsの光回線です。

LIBMOと併用すると、最大5回線まで毎月220円(税込)割引されます!

契約タイプ 月額料金(税込)
ファミリータイプ(戸建て) 5,610円
マンションタイプ(集合住宅) 4,180円
※2年バリューパックの場合。24ヶ月単位の利用期間で契約することで、月額料金が通常プランに比べて割引されます。

  • @T COM(アットティーコム)ヒカリの申し込み特典
@T COMヒカリ申し込み特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリ2年バリューパックへの申し込みで、お得なキャッシュバック、またはポイント還元中です!

さらに、@T COM(アットティーコム)ヒカリの基本工事費も割引されます。

特典1:現金40,000円キャッシュバック、または50,000TLCポイント進呈
特典2:基本工事費実質0円

    \ 50,000TLCポイント還元! /

    LIBMOお友達紹介プログラム

    LIBMOお友達紹介プログラム

    キャンペーン名 LIBMOお友達紹介プログラム
    期間 2018年11月7日 ~ 未定
    条件 LIBMOを紹介する方:既にLIBMOを利用中で、新たにLIBMOを契約する方を紹介
    LIBMOを紹介された方:LIBMOユーザーからの紹介を受けて、新たにLIBMOを契約
    内容 LIBMOを紹介した方:5,000TLCポイントをプレゼント
    LIBMOを紹介された方:最大10,000TLCポイントをプレゼント

    (出典:キャンペーン情報 – LIBMO(リブモ)|TOKAIの格安SIM/格安スマホ

    【LIBMOお友達紹介プログラム】は、これから契約される方ではなく、現在LIBMOをご利用中の方が友達を紹介することでポイントがもらえるキャンペーンです。

    紹介を受けた方がLIBMOの利用を始めたら、紹介した方が、5,000TLCポイントもらえます

    もしお友達やご家族に、現在LIBMOをご利用中の方がいたら、その方にも嬉しいキャンペーンです。

    オプションをお申込みいただく方は「TOKAI SAFE 3ヶ月無料」「スマート留守電 2ヶ月無料」「雑誌読み放題 タブホ 2ヶ月無料」のオプション加入特典を適用いただけます。

    紹介のステップは下記の項目です。。

    紹介者がもらえるTLCポイントは、紹介された方のLIBMOが課金開始をした翌月末に付与されます。

    \ 20GBが2,000円以下で使える格安SIM /

    LIBMO公式サイトを今すぐチェック

    楽天モバイルからLIBMOに乗り換えに関するよくある質問

    楽天モバイルからLIBMOに乗り換えに関するよくある質問を4つ紹介します。

    楽天モバイルからLIBMOに乗り換えに関するよくある質問
    • LIBMOはeSIMに対応している?
    • MNP転入時の流れは?
    • LIBMOを申込み後、いつから利用できる?
    • かけ放題のサービスはある?

    LIBMOはeSIMに対応している?

    残念ながら、LIBMOはeSIMに対応していません

    今後提供されるかもまだ未定です。

    MNP転入時の流れは?

    契約中の携帯電話会社でMNPの予約を行います。

    LIBMOへの申し込み時には、MNP予約番号の有効期間が8日以上残っている必要があります。

    8日以上の有効期限がない場合は、申し込みができないので、再発行を行ってください。

    LIBMOを申込み後、いつから利用できる?

    端末の申し込みをしている場合には、商品到着後、端末にSIMカードを装着。

    MNP切替手続きやネットワークのAPN設定など行えば利用できます。

    かけ放題のサービスはある?

    かけ放題のオプションは、「5分かけ放題」「10分かけ放題」「かけ放題マックス」の3つあります。

    でかけ放題のサービス
    • 「5分かけ放題」:5分以内の国内通話が何度でも500円で利用できる
    • 「10分かけ放題」:10分以内の国内通話が何度でも700円で利用できる
    • 「かけ放題マックス」:何度通話しても国内通話が1,300円で利用できる。
      ただし、1回の通話は2時間以内。2時間を過ぎると強制終了となる

    \ 20GBが2,000円以下で使える格安SIM /

    LIBMO公式サイトを今すぐチェック

    まとめ

    楽天モバイルからLIBMOへ乗り換える際の手順や乗り換えにベストなタイミングについて解説。

    さらに、乗り換えのメリットやデメリット、乗り換え時に利用すればお得に乗り換えできるキャンペーンも紹介してきました。

    以下に、楽天モバイルからLIBMOへ乗り換える場合のメリットとデメリットをまとめています。

    楽天モバイルからLIBMOへ乗り換えるメリット
    • 料金が多少安くなる
    • オンラインでもショップスタッフによる接客がある
    • ドコモ回線が利用できるようになる
    • 端末がお得に購入できる
    • かけ放題オプションの選択肢が増える
    楽天モバイルからLIBMOへ乗り換えるデメリット
    • 国内通話無料かけ放題サービスの利用ができなくなる
    • 楽天メールアドレスが使えなくなる
    • 音声通話付きの
    • 店舗数が少なくなる
    • 楽天市場でお買い物する際のポイント優遇がなくなる

    乗り換える際には、メリットだけではなくデメリットも忘れずにチェックしておきましょう。

    \ 20GBが2,000円以下で使える格安SIM /

    LIBMO公式サイトを今すぐチェック

    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
    その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

    目次