<PR>

楽天モバイルからソフトバンクに乗り換える手順とタイミング!デメリットや違約金も解説

楽天モバイルからソフトバンク

ソフトバンクに乗り換えなら
スマホ乗り換え.com

スマホ乗り換えドットコムのキャンペーン

公式の特典を受けながら、さらにお得に乗り換えが可能に!

【公式特典】

  • メリハリ無制限が1年間3,080円割引

【スマホ乗り換え.com特典】

  • 最大20,000円の現金キャッシュバックもしくは最大22,000円の機種代値引き

    ソフトバンクでも機種代値引きを行っていますが、スマホ乗り換え.comの方が値引き額が大きいことや適用条件が広くなるのでおすすめです!

    スマホ乗り換え.com公式サイト:https://mobile-norikae.com/

    3大キャリアの1つとして、生活インフラの一翼を担う「ソフトバンク」。

    楽天モバイルユーザーのなかには「通信品質に不満がある」「そもそも繋がらない」といった理由で、ソフトバンクへの乗り換えを検討している人も多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、“第4のキャリア”として注目を集めている「楽天モバイル」からソフトバンクへの乗り換えについて、メリットとデメリットを整理しました。

    あわせて、実際に手続きに入る前に知っておきたい手順やベストタイミング、キャンペーンの情報も解説しています。

    結論からお伝えすると「遅い」「繋がらない」「圏外になる」など楽天回線と相性の悪さを感じているなら、ソフトバンクへの乗り換えは妥当な判断と言えるでしょう。

    事務手数料がタダ!24時間申込が可能

    ソフトバンク|公式サイト

    月額0円のpovo!!7日間データ使い放題プレゼント
    • povo
    povo

    povoでは新規ご加入者限定で7日間データ使い放題キャンペーンを実施中。

    povoはアプリを入れても使わなければ0円!

    • アプリインストール無料
    • 基本料金0円の使いたい分だけトッピング
    • データも7日間無料

    「自分の地域は通信速度はどうかな?」「本当に0円?」「どのくらいデータを使うかな?」という不安のある方は試してみるチャンスです。

    条件は本キャンペーン期間中に「povo2.0」を新規契約し、SIMの有効化を行うこと。
    SIMの有効化後1週間以内に「povo2.0」に登録されているメールアドレス宛にお送りします。


    期間は2023年1月20日(金)~ 2023年2月20日(月)までなのでお急ぎください!

    \ ご好評につき復活!今だけ /

    (...さらにここだけの話、お友達紹介プログラムの紹介コード【LDV7HXII】を入れると「データボーナス3GB」ももらえちゃいます。
    有効期限は30日間なので7日間使い放題が終了したら使うと良いですね♪
    紹介できるのは10人までなのでこちらの紹介コードが使えなくなる恐れがあります。ご了承ください。)

    povoの最新キャンペーン情報はこちら
    povoの評判・口コミはこちら
    目次

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えるデメリット

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えるデメリットは次の5つです。

    • 月額料金が高くなる
    • 通話料が有料になる
    • テザリングの通信量に制限がつく
    • 楽メールが有料になる
    • 楽天ポイントが貯まりにくくなる

    とはいえ、個々のデメリットから影響を受ける度合いは人それぞれ。

    詳しく確認していきましょう。

    月額料金が高くなる

    出典:Rakuten Mobile, Inc.

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、月額料金が高くなります。下表は、楽天モバイルとソフトバンクの月額料金をデータ容量別に比較したものです。

    楽天モバイル ソフトバンク
    1GB  

    1,078円

    3,278円
    2GB 4,378円
    3GB 5,478円
    20GB 2,178円 7,238円
    無制限 3,278円

    これまで「1GBまで無料」を最大の売りにしてきた楽天モバイルですが、2022年7月1日からは少なくとも1,078円の支払いが必要になりました。

    そうは言っても、楽天モバイルとソフトバンク、どちらのコストパフォーマンスが高いかは一目瞭然。同じデータ容量を使用したときの月額料金の差額は下表のとおりです。

    1GB 2,200円
    2GB 3,300円
    3GB 4,400円
    20GB 5,060円
    無制限 3,960円

    なお、ソフトバンクには楽天モバイルにはない家族割引光セット割引でんきセット割引があります。すべてを最大額で適用したうえで、改めて比較してみましょう。

    楽天モバイル ソフトバンク
    1GB  

    1,078円

    2,068円
    2GB 3,168円
    3GB 4,268円
    20GB 2,178円 4,818円
    無制限 3,278円

    適用した割引額は家族割引1,210円、光セット割引1,100円、でんきセット割引110円の合計2,420円。ただし、3GBまでのプランは家族割引の対象外なので1,210円のみ引いています。

    下表のように差額は縮まるものの、ソフトバンクよりも楽天モバイルの方が安いという結果が変わることはありませんでした。

    1GB 990円
    2GB 2,090円
    3GB 3,190円
    20GB 2,640円
    無制限 1,540円

    コスパで判断するなら、楽天モバイルからソフトバンクに乗り換える理由はありません

    通話料が有料になる

    出典:Rakuten Mobile, Inc.

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、通話料が有料になります。

    楽天モバイルの基本通話料はソフトバンクと同じ「22円/30秒」ですが、無料で使える専用アプリ「Rakuten Link」から発信すると国内通話は無料でかけ放題です。

    通常通りの電話番号を利用でき、相手が同じアプリを利用している必要もないため、“普通の電話”感覚で日常的に使っている楽天モバイルユーザーが多いのではないでしょうか。

    一方のソフトバンクは家族同士の通話が24時間無料だったり、お得な通話オプションが用意されていたりはするものの、無料の楽天モバイルには敵いません。

    ソフトバンクの通話オプションは次の2つです。

    月額利用料 通話量上限
    準定額オプション+ 880円 5分/回
    定額オプション+ 1,980円 無制限

    「家族以外とは通話しない」「LINE以外では通話しない」「そもそも通話しない」という人でなければ、ソフトバンクへの乗り換えによる通話料のアップは必至です。

    テザリングの通信量に制限がつく

    出典:Rakuten Mobile, Inc.

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、テザリングの通信量に制限がつきます。スマホを介してパソコンなどをインターネットに接続できる便利機能のテザリング。

    楽天モバイルのワンプラン「Rakuten UN-LIMIT VII」では、テザリングの利用に申し込みは不要で、データ通信量の制限もありません。

    楽天モバイルユーザーなら「データ無制限なんだから当たり前」と考えてしまいがちですが、実はテザリングまで無制限に利用できるのは稀なこと。

    データ無制限プランであっても、テザリングの通信量には上限を設けていたり、申し込みが必要なオプション扱いだったりするケースも珍しくありません。

    ソフトバンクにもギガ無制限のプラン「メリハリ無制限」がありますが、テザリングの利用には申し込みが必要なうえ、月間の通信量は計30GBまでに制限されています。

    テザリングを日常的に利用している楽天モバイルユーザーほど、ソフトバンクへの乗り換えで不便な思いをする可能性が高いと言えるでしょう。

    楽メールが有料になる

    出典:Rakuten Mobile, Inc.

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、楽メールが有料になります。

    2022年7月1日にリリースされたばかりの楽メールですが、既に「メールアドレス持ち運び」のサービスも提供しています。

    利用料金を支払うことで、ソフトバンクに乗り換えた後も引き続き楽天モバイルのメールアドレスを利用できるようになります。

    とはいえ「事情があって楽天モバイルのメールアドレスを手放せない」という人でなければ、メールアドレス持ち運びを利用する必要はありません。

    ソフトバンクではソフトバンクのキャリアメールを利用するか、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを取得するのもよいでしょう。

    楽天ポイントが貯まりにくくなる

    出典:Rakuten Group, Inc.

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、楽天ポイントが貯まりにくくなります。

    楽天モバイルが楽天グループのサービスであることは言うまでもありません。

    楽天グループには、同グループのサービスを使えば使うほど楽天市場のポイント倍率がアップする「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」という仕組みがあります。

    楽天モバイルユーザーのポイント倍率は最大+3倍、楽天モバイルキャリア決済も利用していればさらに+0.5倍で、毎月最大+3.5倍のポイントアップが狙えます。

    さらに、月々のスマホの利用料金100円(税抜)につき、楽天ポイントが1ポイント貯められるのも楽天モバイルユーザーならではの特典です。

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えるなら、ネットショッピングも楽天市場からヤフーショッピングへの乗り換えを検討しましょう。

    ソフトバンクでは、楽天ポイントに代わってPayPayポイントが貯まりやすくなります。

    事務手数料がタダ!24時間申込が可能

    ソフトバンク|公式サイト

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えるメリット

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えるメリットは次の6つです。

    • 通信速度が速くなる
    • サービスエリアが広くなる
    • 家族割引が使えるようになる
    • セット割引が使えるようになる
    • 対面サポートが受けやすくなる
    • PayPayポイントが貯まりやすくなる

    とはいえ、個々のメリットがどれほど魅力的に映るかは人それぞれ。

    詳しく確認していきましょう。

    通信速度が速くなる

    楽天モバイル ソフトバンク
    実効速度(下り) 48.82Mbps 150.86Mbps
    実効速度(上り) 24.38Mbps 24.49Mbps

    出典:みんなのネット回線速度(みんそく)

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、通信速度が速くなります。上表の通り、ソフトバンクの下りの実効速度は楽天モバイルの約3倍です。

    下表に、快適な通信速度の目安を用途別にまとめました。

    メールやLINE 128Kbps~1Mbps
    Webサイトの閲覧 1Mbps~10Mbps
    動画の視聴 0.7Mbps~20Mbps
    オンライン会議 10Mbps~15Mbps
    オンラインゲーム 30Mbps~100Mbps

    楽天モバイルの実効速度でも、ほとんどのシチュエーションでは快適にインターネットを利用できますが、オンラインゲームをプレイするには心もとない印象です。

    「スマホでオンラインゲームをよくプレイしている」という人なら、ソフトバンクへの乗り換えでゲーム体験の質が劇的に改善される可能性があります。

    サービスエリアが広くなる

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、サービスエリアが広くなります。楽天モバイルとソフトバンクのサービスエリアを画像で比較してみましよう。

    まずは、楽天モバイルのサービスエリアです。

    ピンク色が楽天回線エリア、オレンジ色がパートナー回線エリアを示しています。

    出典:Rakuten Mobile, Inc.

    続いて、ソフトバンクのサービスエリアです。

    オレンジ色が4Gエリア、ピンク色が5Gエリアを示しています。

    出典:SoftBank Corp.

    人口カバー率は楽天モバイルが97%、ソフトバンクが99%とわずか2%の差ながら、やはり楽天モバイルはまだまだ発展途上といった印象です。

    対するソフトバンクは、危なげなく全域をカバーしています。

    また、ソフトバンク・ドコモ・auの3大キャリアに割り当てられている「プラチナバンド」が楽天モバイルには割り当てられていません。

    プラチナバンドは周波数が低く障害物に強い電波です。プラチナバンドを利用できない楽天モバイルでは、地下鉄やビルの建物内で通信や通話が制限される可能性があります。

    「楽天回線エリアなのに繋がらない」「圏外になることが多い」など不満を抱えている楽天モバイルユーザーは、ソフトバンクへの乗り換えで解消できるかもしれません。

    家族割引が使えるようになる

    出典:SoftBank Corp.

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、家族割引が使えるようになります。

    家族で同じ通信事業者の回線を複数契約することで割引が受けられる家族割引は、光セット割引でんきセット割引と並んで、大手キャリアでは定番の割引オプションです。

    ソフトバンク・ドコモ・auに次ぐ“第4のキャリア”とも呼ばれる楽天モバイルですが、現在のところ家族割引・光セット割引・でんきセット割引のいずれも提供していません。

    対するソフトバンクには、2つの家族割引が用意されています。

    家族同士の通話とメールが無料になる「家族割引」と、対象プランを契約中の家族の人数に応じて月額料金が最大1,210円の割引になる「新みんな家族割」です。

    ただし、ソフトバンクで「新みんな家族割」を適用しても、月額料金の安さでは楽天モバイルに軍配が上がります。

    通話のお得さも、無料で使える専用アプリ「Rakuten Link」から発信すると国内通話が無料でかけ放題になる楽天モバイルのほうが優勢です。

    新みんな家族割」の対象プランである「メリハリ無制限」から1,210円割り引いた月額料金と、楽天モバイルの月額料金を比較してみましょう。

    楽天モバイル ソフトバンク
    3GB 1,078円 4,378円
    20GB 2,178円 6,028円
    無制限 3,278円

    楽天モバイルのワンプランは、データ利用量に応じて月額料金が変動する従量制です。

    ソフトバンクの「メリハリ無制限」はデータ容量無制限のプランですが、データ利用量が3GB以下だった月は1,650円割引になります。

    同じデータ容量を使用したときの月額料金の差額は下表のとおり。安さだけで判断するなら、楽天モバイルからソフトバンクに乗り換える理由はありません。

    3GB 3,300円
    20GB 3,850円
    無制限 2,750円

    とはいえ、ソフトバンクへの乗り換えの是非を検討するときは、家族割引を使って通話料や月額料金を抑えられることも考慮に入れるようにしましょう。

    事務手数料がタダ!24時間申込が可能

    ソフトバンク|公式サイト

    セット割引が使えるようになる

    出典:SoftBank Corp.

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、セット割引が使えるようになります。

    セット割引は、スマホとセットでブロードバンドサービスや電力サービスを契約することで受けられる割引オプションです。

    楽天グループには「楽天ひかり」や「楽天でんき」がありますが、楽天モバイルとのセット割引は現在のところ提供されていません。

    対するソフトバンクには2つのセット割引が用意されています。

    1つ目のセット割引は「おうち割 光セット」です。

    ソフトバンクの「おうち割 光セット」では「ソフトバンク光」または「ソフトバンクAir」とセットにすると、家族全員のスマホ代が永年1,100円割引になります。

    2つ目のセット割引は「おうち割 でんきセット」です。

    ソフトバンクの「おうち割 でんきセット」では「おうちでんき」とセットにすると、家族のスマホ代が2年目まで110円、3年目からは55円割引になります。

    ただし「新みんな家族割」と同じく、ソフトバンクに「おうち割 光セット」「おうち割 でんきセット」を適用しても、月額料金の安さでは楽天モバイルに敵いません

    「おうち割」の対象プランである「メリハリ無制限」から1,210円(1,100円+110円)割り引いた月額料金と、楽天モバイルの月額料金を比較してみましょう。

    楽天モバイル ソフトバンク
    3GB 1,078円 4,378円
    20GB 2,178円 6,028円
    無制限 3,278円

    もう1つの対象プランである「ミニフィットプラン+」でも結果は変わりません。

    楽天モバイル ソフトバンク
    1GB  

    1,078円

    2,068円
    2GB 3,168円
    3GB 4,268円

    同じデータ容量を使用したときの月額料金の差額は、各プラン下表のとおりです。

    メリハリ無制限 ミニフィットプラン+
    1GB  

    3,300円

    990円
    2GB 2,090円
    3GB 3,190円
    20GB 3,850円
    無制限 2,750円

    なお「メリハリ無制限」には「おうち割」に加えて「新みんな家族割」も適用できますが、合計2,420円を割り引いても結果が変わることはありませんでした。

    とはいえ、楽天モバイルからソフトバンクへの乗り換えの検討材料としては「おうち割」「新みんな家族割」ともに抑えておいたほうがよいでしょう。

    対面サポートが受けやすくなる

    出典:SoftBank Corp.

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、対面サポートが受けやすくなります。ソフトバンクは楽天モバイルより、実店舗の数が2倍ほど多いためです。

    全国に約2,300店舗あるソフトバンクショップに対し、楽天モバイルショップは2022年3月にようやく1,000店舗を突破したばかり。

    さらに、楽天モバイルショップの大半を占めるのは家電量販店や郵便局内の店舗で、次のような一部サービスの対応を行っていません。

    • 故障受付
    • あんしん操作サポート
    • データ移行サポート

    対して、ソフトバンクショップとしてカウントされているのは正真正銘の専門ショップのみ。すべての店舗でおおむね同じサービスが受けられます。

    加えて、せっかく楽天モバイルショップを訪れても、次の手続きは自分で端末を操作したり、電話でやり取りしたりしなければ申し込みができません。

    • オプションの申し込み・解約
    • 登録住所の変更
    • 支払い方法の変更
    • 回線の追加契約・解約

    ショップクルーがサポートしてくれるとはいえ、ソフトバンクショップなら案内に沿って書類を記入するだけで完了する手続きばかりです。

    PayPayポイントが貯まりやすくなる

    出典:SoftBank Corp.

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えると、PayPayポイントが貯まりやすくなります。ソフトバンク株式会社とPayPay株式会社がグループ企業の関係にあるためです。

    ソフトバンクユーザーがPayPayで受けられる優待特典は「ソフトバンクプレミアム」と呼ばれ、提携サービス利用時のポイント還元や割引などが用意されています。

    ソフトバンクプレミアムの特典を下表にまとめました。

    スーパーPayPayクーポン 対象加盟店でPayPayクーポンを使うと最大半額相当がポイントで還元されます。
    ソフトバンクシネマ割 PayPayミニアプリからの購入でTOHOシネマズのチケットが200円割引になります。
    LINE MUSIC 6ヶ月の無料期間終了後、LINE MUSICの月額料金の20%がポイントで還元されます。
    エンタメ特典 HuluやNetflixなどエンタメサービスの月額料金の10%がポイントで還元されます。
    ヤフーショッピング ヤフーショッピングで毎日購入した金額の最大17%がポイントで還元されます。
    ebookjapan ebookjapanで金曜日に購入した金額の10%がポイントで還元されます。
    長期継続特典 契約から2年目以降の誕生日に1,000円相当のポイントがプレゼントされます。
    子育て応援クラブ 子どもが12歳になるまで誕生日に1,000円相当のポイントがプレゼントされます。

    加えて、毎月のスマホ代1,000円(税抜)につき5ポイントが貯まるソフトバンクポイントは、1ポイント=1円相当としてPayPayポイントに交換できます。

    PayPayといえば、国内トップシェアを誇るQRコード決済の大定番。

    楽天グループにもQRコード決済サービスの「楽天ペイ」がありますが、すでに「PayPay」を利用している楽天モバイルユーザーも多いのではないでしょうか。

    事務手数料がタダ!24時間申込が可能

    ソフトバンク|公式サイト

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換える手順と準備するもの

    楽天モバイルからソフトバンクへの乗り換えはWebで完結できます。

    大まかな手順は次の6つです。

    1. 申し込みの準備
    2. 機種/料金を選ぶ
    3. 受け取り場所を選ぶ
    4. USIMカードの取り付け
    5. 切り替え手続き
    6. 利用開始設定

    詳しく確認していきましょう。

    申し込みの準備

    申し込みの前に必要なものを確認しておきましょう。

    • 本人確認書類
    • クレジットカードもしくはキャッシュカード
    • MNP予約番号
    • メールアドレス受信設定

    本人確認書類として、次のいずれか1点を用意します。

    • 運転免許証
    • パスポート
    • マイナンバーカード
    • 健康保険証
    • 身体障がい者手帳
    • 療育手帳
    • 精神障がい者保健福祉手帳

    本人確認書類に住所の記載がない場合、次のいずれか1点が追加で必要です。

    • 住民票記載事項証明書
    • 公共料金領収書
    • 官公庁発行の印刷物

    支払い情報として契約者本人名義のクレジットカード、または希望の銀行口座番号がわかるキャッシュカードを用意します。

    利用できるクレジットカードブランドは次の5つです。

    • Visa
    • MasterCard
    • JCB
    • American Express
    • Diners

    楽天モバイルからソフトバンクに電話番号を引き継ぐため、MNP予約番号を発行します。

    楽天モバイルのMNP予約番号の発行方法は次のとおりです。

    1. my 楽天モバイルにログイン
    2. メニューから「契約プラン」を選択
    3. 「その他のお手続き」から「手続きへ進む」を選択
    4. 「他社へのお乗り換え(MNP)」を選択
    5. 必要事項を入力し「MNP予約番号を発行する」を選択

    オンラインショップからの連絡は、SMSまたはEメールで届きます。

    事前に受信設定を行い、下記アドレスからのメールを受け取れるようにしておきましょう。

    • SMS:157
    • Eメール:online-shop@mb.softbank.jp

    以上で、申し込みの準備は完了です。

    機種/料金を選ぶ

    自分に合った機種/料金プランを選択しましょう。

    選択に困ったら「料金シミュレーション」で診断したり「チャットサポート」や「ソフトバンク電話店」でソフトバンククルーに直接相談することもできます。

    あわせて、手持ちの機種の下取りについても検討しておくとよいでしょう。

    「料金シミュレーション」は次の手順で利用します。

    料金シミュレーション」にアクセス

    「希望の製品」を選択

    「機種選びで重要視する点」を選択

    「契約方式」を選択

    「現在利用中の機種」を選択

    「年齢」を選択

    「次へ進む」をタップ

    「毎月のデータ利用状況」を選択

    「通話の利用状況」を選択

    「ソフトバンクを利用する家族の人数」を選択

    「ソフトバンクのインターネット回線の利用状況」を選択

    「チャットサポート」の利用方法は次のとおりです。

    1. チャットサポート」にアクセス
    2. 「今すぐチャットする」をタップ
    3. 「チャットで相談する」をタップ

    ただし、次の質問には回答が得られません。

    • 機種の在庫状況や入荷予定について
    • 申し込み後の内容確認やキャンセルについて
    • 個人情報に関わる内容について
    • ソフトバンク取り扱い店舗での手続きについて

    ソフトバンク電話店」の電話番号と受付時間は次のとおりです。

    • 電話番号:0800-100-1060
    • 営業時間:午前10時から午後7時まで

    ソフトバンクには、キャンペーンの1つとして「下取りプログラム」が用意されています。

    「下取りプログラム」の利用方法は次のとおりです。

    1. 乗り換え時「下取りプログラム」を申し込み
    2. 郵送で送付キットを受け取り
    3. 郵送で下取り対象機種を送付
    4. 査定(下取り)
    5. 査定完了のSMSを受信
    6. 特典の付与

    あらかじめ機種や料金プランを決めておくと、実際の申し込みがスムーズになります。

    受け取り場所を選ぶ

    オンラインショップで購入した商品は、自宅でも店頭でも受け取り可能です。

    自宅での受け取りには次のようなメリットがあります。

    • 頭金/事務手数料:0円
    • 全国どこでも送料:0円
    • 待ち時間:0分
    • 機種代金を最大21,600円割引

    店頭で受け取るより最大で24,900円、最低でも事務手数料分の3,300円はお得になるので、よほどの事情がない限り自宅で受け取るのが一般的です。

    ただし、契約者の年齢が「17歳以下」の場合、自宅での受け取りはできません。

    対して、店頭での受け取りには次のようなメリットがあります。

    • クルーに何でも相談できる
    • 在庫を確保できるから安心
    • 事前予約なので受付がスムーズ

    オンラインショップで行うのは機種の予約のみ。実際の手続きは全て店頭で行うので「Webでの乗り換えにどうしても自信が持てない」という人は利用を検討してもよいでしょう。

    ただし、一部の機種は店舗受け取りの対象外です。

    機種・料金プラン・受け取り場所の3点が決まったら、さっそく「ソフトバンク公式オンラインショップ」で申し込みを始めてみましょう。

    事務手数料がタダ!24時間申込が可能

    ソフトバンク|公式サイト

    USIMカードの取り付け

    商品が届いたら、電源を入れる前にUSIMカードの取り付けを行いましょう。

    iPhoneの場合、USIMカードの取り付け方法は次のとおりです。

    1. 電源がオフになっていることを確認
    2. 付属のピンを穴に押し込む
    3. トレイが飛び出る
    4. USIMカードをトレイにのせる

    Androidの場合、次の3タイプの取り付け方法があります。

    機種ごとの取り付け方法は、同梱のマニュアルや製品サポートページで確認可能です。

    • トレイに脱着するタイプ
    • 直接出し入れするタイプ
    • 電池カバーをあけるタイプ

    なお、SIMカードは平らな場所に端末を寝かせた状態での取り付けが推奨されています。

    切り替え手続き

    切り替え手続きは午前9時から午後8時30分まで年中無休で受け付けています。

    手続き方法は「電話」または「Web」の二択です。

    電話での切り替えは次の手順で行います。

    1. 切り替え専用ダイヤル(0800-100-2555)に発信
    2. 電話番号をプッシュ
    3. 契約時に決めた4桁の暗証番号をプッシュ

    Webで切り替える手順は次のとおりです。

    1. MNPオンライン切替」にアクセス
    2. 受付完了メールに記載されている「申し込み受付番号」を入力
    3. 生年月日を入力
    4. Eメールアドレスを入力
    5. 「MNPオンライン切替を行う」をタップ

    なお、切り替え手続きが完了すると楽天モバイルは自動的に解約になります。

    オンラインショップで購入した商品を受け取る前に手続きすると「手元に利用できるスマホがない」状態に陥ってしまうので注意が必要です。

    利用開始設定

    いよいよ、スマホを起動して利用開始設定(アクティベーション)を行います。

    手順は機種によって異なりますが、おおまかな流れは同じです。

    1. スマホを起動
    2. 言語と地域の設定
    3. Wi-Fiに接続
    4. データ移行
    5. 暗証番号や指紋認証の設定

    機種ごとの設定方法は、同梱の取扱説明書またはオンラインマニュアルで確認できます。

    以上で、楽天モバイルからソフトバンクへの乗り換えは完了です。

    事務手数料がタダ!24時間申込が可能

    ソフトバンク|公式サイト

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えるベストタイミング

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えるベストタイミングは次の5つです。

    • 楽天回線エリアが自分の生活圏をカバーできなくなったとき
    • Rakuten Linkの通話品質に不満を感じたとき
    • スマホを新調したくなったとき
    • 楽天モバイルの請求締め日は気にしなくて良い
    • 楽天モバイルに契約期間の縛りはない

    とはいえ、タイミングを逃したからといって大きく損をするわけではありません。

    参考までに確認しておきましょう。

    楽天回線エリアが自分の生活圏をカバーできなくなったとき

    「引っ越したら楽天回線につながらなくなった」「サービスエリアを確認せずに契約してしまった」という人は公式サイトで今一度、楽天回線エリアを確認してみましょう。

    楽天回線エリアが自分の生活圏をカバーできていなければ、ソフトバンクをはじめとした他社に潔く乗り換えるのが賢明です。

    楽天回線エリア外ではパートナー回線であるauの回線に自動で切り替わるものの、高速データ容量は月5GBに制限されてしまいます。

    また、自宅・会社・学校など「特定の場所でいつもパートナー回線に切り替わってしまう」という人も積極的に乗り換えを検討したほうがよいでしょう。

    楽天モバイルには障害物に強い「プラチナバンド」が割り当てられていないため、マンションや社屋、校舎の厚い壁が原因で、通信や通話が制限されている可能性があります。

    Rakuten Linkの通話品質に不満を感じたとき

    国内通話がかけ放題の無料アプリ「Rakuten Link」は、楽天モバイルの魅力のひとつ。

    ただし、Rakuten Linkの通話品質は、OS標準の電話アプリに劣ります。

    なぜなら、標準の電話アプリが電話回線を利用して通話するのに対し、Rakuten Linkではインターネット回線を利用して通話するためです。

    インターネット回線を利用した通話には、次のようなデメリットがあります。

    • 通信環境によっては音質が劣化する
    • 通信環境によっては音声の遅延が起きる
    • フリーダイヤルや一部特番には発信できない
    • 専用アプリからの発信が必要
    • 利用開始前にアプリの設定が必要

    上記のような理由で「結局標準の電話アプリばかり使っている……」という楽天モバイルユーザーもいるかもしれません。

    Rakuten Linkを利用していないのなら、家族割引や完全かけ放題の通話オプションがあるソフトバンクのほうがお得に通話できる可能性があります。

    スマホを新調したくなったとき

    「そろそろスマホを新調したい」と考えているなら、スマホの買い替えとソフトバンクへの乗り換えのタイミングを合わせるのがおすすめです。

    ソフトバンクでは機種代金が割引になるキャンペーンを頻繁に開催しています。

    例えば、現在オンライン限定で開催中の「web割」や「U30 web割」を利用すれば、対象機種を通常価格より最大21,600円安く手に入れることも可能です。

    さらに、楽天モバイルで使用中の機種を下取りしてもらえる「下取りプログラム」では、機種や状態に応じて最大58,800円相当のPayPayポイントがもらえます。

    下取りに出せる機種がないときは、新しく購入する機種を48回払にして25ヶ月目に返却することで、最大24回分の支払いが不要になる「新トクするサポート」という選択肢も。

    なお、仮に現行のキャンペーンが終了しても、翌日には名称や対象機種のみを変更した後継のキャンペーンがスタートする場合がほとんどです。

    楽天モバイルの請求締め日は気にしなくて良い

    スマホの乗り換えには「月末に近づくほどお得」という定説があります。

    解約月の利用料金を、日割り請求ではなく満額請求としているキャリアが多いためです。

    しかし、楽天モバイルの料金はデータ利用量に応じて3段階で変動する従量制なので、日割り計算されなくても、解約のタイミングによって大きく損をすることはありません。

    ただし、オプション料金は従量制ではなく定額制なので注意が必要です。

    楽天モバイルのオプションのうち、次の3つは解約月の料金が満額で請求されます。

    「支払った分の元は取りたい」という人は定説に従って、楽天モバイルが請求締め日を迎える月末あたりに乗り換えるのがよいでしょう。

    • 15分(標準)通話かけ放題
    • 国際通話かけ放題
    • 楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

    なお、上記以外のオプション料金は、解約日に応じて日割りで計算されます。

    楽天モバイルに契約期間の縛りはない

    楽天モバイルには、契約期間の縛りや最低利用期間がないため、乗り換えのタイミングによって契約解除料が発生することはありません。

    ただし、楽天モバイルと一緒に「楽天ひかり」の解約も考えている人は注意が必要です。

    楽天ひかりには契約期間が「24ヶ月契約」と「36ヶ月契約」の2種類あり、無料解約申請期間外に解約すると契約解除料が発生します。

    無料解約申請期間の考え方は次のとおりです。

    • 24ヶ月契約:開通月翌月を1ヶ月目とし、24ヶ月目~26ヶ月目の3ヶ月間
    • 36ヶ月契約:開通月翌月を1ヶ月目とし、36ヶ月目~38ヶ月目の3ヶ月間

    楽天ひかりの契約解除料は、次のとおり申し込み時期によって異なります。

    • 2022年6月30日以前に申し込み:10,450円
    • 2022年7月1日以降に申し込み:月額基本料1ヶ月分

    心当たりがある人は、楽天ブロードバンドの「メンバーズステーション」で楽天ひかりの契約状況を確認してみましょう。

    事務手数料がタダ!24時間申込が可能

    ソフトバンク|公式サイト

    楽天モバイルからソフトバンクの乗り換えに使えるキャンペーン

    楽天モバイルからソフトバンクへの乗り換えに使えるキャンペーンは次の3つです。

    • スマホ乗り換え.comで20,000円キャッシュバック
    • 【オンライン限定】web割
    • 【オンライン限定】U22 web割
    • 下取りプログラム

    ソフトバンクのキャンペーンの特典は、機種代金の割引がメイン。

    条件に合うキャンペーンがないか確認しておきましょう。

    スマホ乗り換え.comで20,000円キャッシュバック

    スマホ乗り換えドットコムのキャンペーン

    スマホ乗り換え.comはソフトバンクの『正規取扱店』で、公式の特典と併用してお得に乗り換えることができるオンラインサービスです。

    この後に紹介するソフトバンクの公式キャンペーンのWEB割では「メリハリ無制限」限定で機種代金が最大21,600円割引になるのですが、スマホ乗り換え.comであれば、プランに関係なく最大20,000円キャッシュバックもしくは、最大22,000円の機種代値引きとなるので、公式よりもお得に乗り換えができます。

    公式オンラインショップ スマホ乗り換え.com
    特典の種類 機種代値引きのみ 現金キャッシュバックか機種代値引き
    特典の内容 最大21,600円機種代値引き 最大20,000円現金キャッシュバック
    または、最大22,000円機種代値引き
    適用条件 プラン:メリハリ無制限
    機種:指定のスマホ
    契約:MNP(のりかえ)
    プラン:どれでもOK
    機種:どれでもOK
    契約:MNP(のりかえ)・新規・機種変更

    このようにスマホ乗り換え.comの方が条件・特典内容などでお得になることがわかります。

    最新のiPhone14シリーズもキャッシュバックの対象となっている他、期間限定でスマホの機種代が割引価格で購入することも可能です。

    是非、スマホ乗り換え.comの公式サイトもご覧になってみてください!

    【オンライン限定】web割

    出典:SoftBank Corp.

    楽天モバイルからソフトバンクへの乗り換えには「web割」を利用できます。

    「web割」は、他社からソフトバンクの「メリハリ無制限」プランに乗り換えすると、対象機種の端末代金が最大21,600円割引になるキャンペーンです。

    キャンペーンを適用するには、公式オンラインショップで次の内容を指定します。

    • 手続内容:のりかえ(MNP/番号以降)・機種変更
    • 受取方法:自宅などで受け取る
    • 機種選択:web割の対象機種
    • 対象の料金サービス:メリハリ無制限

    ちなみに「web割」と「新トクするサポート」を併用すると、端末代金を半額以下にまで減らすことも夢ではありません。

    「新トクするサポート」は、48回払いで購入した端末を25ヶ月目以降に返却することで、25回目以降の支払いが不要になるプログラムです。

    例えば、通常価格169,920円の「iPhone 13 Pro(128GB)」に「web割」と「新トクするサポート」を併用した場合、支払総額を74,160円にまで減らせます。

    支払額/月 総支払額
    通常価格 3,540円/月 169,920円/48ヶ月
    Web割適用時 3,090円/月 148,320/48ヶ月
    新トクするサポート利用時 3,090円/月 74,160/24ヶ月

    「web割」の対象機種は40種類以上と豊富です。まずは目当ての機種がキャンペーンの対象になっているかどうか、公式ページで確認してみてはいかがでしょうか。

    【オンライン限定】U22 web割

    【オンライン限定】U22 web割

    名称 【オンライン限定】U22 web割
    期間 2022年11月16日 ~ 未定
    条件 年齢が5歳以上22歳以下の方が「使用者」として、対象機種を「新規」または「のりかえ(MNP)」で購入し、U22 web割に申し込む
    内容 機種代金が最大21,600円割引になる

    出典:SoftBank Corp.

    楽天モバイルからソフトバンクへの乗り換えには「U22 web割」を利用できます。

    「U22 web割」は、5歳~22歳の新規契約のユーザー限定で、対象機種の端末代金が最大21,600円割引になるキャンペーンです。

    対象機種は最新のiPhoneやGoogle Pixelを含む40種類以上と大充実。

    公式ページでは、高コスパモデルの「Google Pixel7」と、コンパクトで子どもでも持ちやすい「iPhone SE(第3世代)」をおすすめとして紹介しています。

    「Google Pixel7」に「U22 web割」を適用した場合の支払額は次のとおりです。

    通常価格 支払額/月 総支払額
    88,560円 (1~24回)525円×24回

    (25~48回)1,845円×24回

    56,880円

    「iPhone SE(第3世代)」に「U30 web割」を適用した場合の支払額は次のとおりです。

    通常価格 支払額/月 総支払額
    73,440円 (1~24回)210円×24回

    (25~48回)1,530円×24回

    41,760円

    キャンペーンの適用方法は、公式オンラインショップの利用時に次の内容を指定するのみ。

    • 手続方法:新規契約
    • 受取方法:自宅などで受け取る
    • 機種選択:U22 web割の対象機種

    興味が湧いた人は、さっそく公式ページで対象機種を確認してみてはいかがでしょうか。

    下取りプログラム

    出典:SoftBank Corp.

    楽天モバイルからソフトバンクへの乗り換えには「下取りプログラム」を利用できます。

    「下取りプログラム」は、手持ちのスマホやタブレットを下取りに出すことで、最大58,800円相当のPayPayポイントがもらえるキャンペーンです。

    特典はPayPayポイントのほか、店舗の下取りに限り端末代金の値引きも選択できます。

    下取りの査定基準は次の3つです。

    • ガラス・筐体の破損
    • 液晶表示異常・タッチパネル動作不良
    • 変形

    下取り方法は「店舗」または「郵送」を選択できます。

    店舗で下取りする場合のおおまかな流れは次のとおりです。なお、オンラインショップを利用する場合「店舗」は選択できません。

    1. 事前準備
    2. 下取り申し込み・査定
    3. 特典の付与

    郵送で下取りする場合のおおまかな流れは次のとおりです。

    1. 下取り申し込み
    2. 送付キットの受け取り
    3. 発送準備
    4. 発送
    5. 特典の付与

    ただし、特典金額は数百円から数万円まで機種や状態によってさまざま。まずは手持ちの機種をいくらで下取りしてもらえるか、公式ページで確認してみるのがおすすめです。

    事務手数料がタダ!24時間申込が可能

    ソフトバンク|公式サイト

    楽天モバイルからソフトバンクの乗り換えに関するよくある質問

    楽天モバイルからソフトバンクの乗り換えに関するよくある質問は次の4つです。

    • 楽天モバイルの違約金・最低利用期間はどこで確認できますか?
    • 楽天モバイルを契約後すぐに解約するとどうなりますか?
    • 楽天モバイルの端末はそのままソフトバンクで使えますか?
    • 楽天モバイルの解約後も楽メールは使えますか?

    同じ疑問があれば解消しておきましょう。

    楽天モバイルの違約金・最低利用期間はどこで確認できますか?

    現在の楽天モバイルには最低利用期間がないため、違約金が発生することもありません

    ただし、楽天モバイルが格安SIM(MVNO)だった2019年9月以前に「スーパーホーダイ」を契約したユーザーは、最低利用期間を満了していない可能性があります。

    • プラン:スーパーホーダイ
    • 契約時期:2018年6月14日〜2019年9月30日
    • 最低利用期間:36ヶ月

    心当たりのある人は「メンバーズステーション」の「ご契約者さま情報」で自分の契約開始日と最低利用期間を確認してみましょう。

    なお、最低利用期間に満たない時点での解約にかかる契約解除料は10,780円です。

    楽天モバイルを契約後すぐに解約するとどうなりますか?

    楽天モバイルを契約後すぐに解約しても、特にペナルティなどはありません

    キャンペーンの特典狙いとも取られかねない“即解約”は多くのキャリアでNG行為とされていますが、楽天モバイルはどこ吹く風。

    公式サイトのFAQにも「いつでも楽天モバイルの回線を解約できます」「最低利用期間・契約解除料はございません」と明記されています。

    そのうえ、乗り換え時のキャンペーンで獲得した楽天ポイントは、楽天モバイルを解約しても予定どおり翌々月に付与されるというのだから驚きです。

    「ポイントの付与がまだだけど、早くソフトバンクに乗り換えたい……」と葛藤している楽天モバイルユーザーは、気にせず乗り換えてしまった方がよいでしょう。

    楽天モバイルの端末はそのままソフトバンクで使えますか?

    楽天モバイルの端末は、そのままソフトバンクで使えるケースがほとんどです。

    乗り換えの前に、楽天モバイルで購入した端末がソフトバンクのUSIMカード、またはeSIMを使える機種かどうか次のURLで確認してみましょう。

    なお、ソフトバンクのUSIMカードは「マルチサイズSIM」なので、端末にあわせて「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」それぞれのサイズに切り離して利用できます。

    また、iPhoneを含め楽天モバイルで販売している端末はすべてSIMフリー製品なので、SIMロック解除の手続きは必要はありません。

    楽天モバイルの解約後も楽メールは使えますか?

    楽天モバイルを解約すると、楽メールは使えなくなります

    乗り換えたあとはソフトバンクのキャリアメールを利用したり、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールを利用したりするのが一般的です。

    ただし、楽天モバイルはソフトバンク・ドコモ・au・ワイモバイルに続き、「メールアドレス持ち運び」をリリースしています。

    「メールアドレス持ち運び」は月額料金を支払うことで、解約したキャリアのメールアドレスを、乗り換え先のキャリアでも継続して利用できるようになるサービスです。

    「どうしても楽メールを使い続けたい」という人も「メールアドレス持ち運び」を利用できるとなれば、ソフトバンクへの乗り換えがぐんと気軽になるのではないでしょうか。

    事務手数料がタダ!24時間申込が可能

    ソフトバンク|公式サイト

    まとめ

    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えるメリット
    • 通信速度が速くなる
    • サービスエリアが広くなる
    • 家族割引が使えるようになる
    • セット割引が使えるようになる
    • 対面サポートが受けやすくなる
    • PayPayポイントが貯まりやすくなる
    楽天モバイルからソフトバンクに乗り換えるデメリット
    • 月額料金が高くなる
    • 通話料が有料になる
    • テザリングの通信量に制限がつく
    • 楽メールが有料になる
    • 楽天ポイントが貯まりにくくなる

    楽天モバイルからソフトバンクへの乗り換えは難なく完了できます。

    上表のメリットとデメリットを照らし合わせて、楽天モバイルからソフトバンクへの乗り換えが自分にとって「ポジティブに作用するのか」を考えてみましょう。

    メリットがデメリットを上回るなら、今すぐにでも乗り換えてしまうのがおすすめです。

    事務手数料がタダ!24時間申込が可能

    ソフトバンク|公式サイト

    • URLをコピーしました!
    目次