<PR>

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換える手順とタイミング!注意点・違約金も解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
楽天モバイルからJ:COMモバイル

楽天モバイルの1GB未満の無料プランの終了と同時に乗り換えを検討されている方も多いのではないでしょうか?

本記事では楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換え」をお考えの方へ手順はもちろん、乗り換えるためのキーポイントになるメリット・デメリットを解説いたします。

また楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えるオススメのタイミングやキャンペーンなども紹介いたします。

楽天モバイルのメリット・デメリットについてや、他の格安SIMも気になっている方はこちら。

おまかせサポートで手厚いサポート! /

J:COMモバイル|公式サイト

楽天モバイルから乗り換え記事はこちら!
楽天モバイルがお得!

楽天モバイルで三木谷キャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら14,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

  • 楽天公式サイト:6,000ポイント
  • 三木谷キャンペーン:14,000ポイント

三木谷キャンペーン(別名:楽天モバイル従業員紹介キャンペーン)は、過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目も対象です。

さらに一部キャンペーンとの併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできますので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ 三木谷キャンペーンで14,000ポイント /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

キャンペーン期間は終了日未定と延長されましたが、6月以降変更点あり。

目次

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えるデメリット

SIM会社を乗り換えはお家の引っ越しと同じくらい勇気が必要です。

だからこそ後悔の無いように、あなたにとってのメリットがたくさんあるSIMへの乗り換えが大切です。

どの会社にも良い面もあれば、改善してほしいなと思う面もあるものです。

そのため一般的に改善してほしいなと思われているデメリットの把握は重要です。

本記事でお伝えするデメリットは一般的に言われている弱いポイントであって、誰しもが該当する訳ではないのです

デメリットの内容があなたにどれだけ該当するか、支障があるかを判断してみてください。

それによりメリットがより輝いて見えてきます。

それでは楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えにあたって、一般的に言われているデメリットを見ていきましょう。

  • ネット通信が不安定の時間帯がある
  • データの使いたい放題がなくなる
  • 通話の無料かけ放題ができなくなる
  • 国際データローミングができなくなる
  • キャリアメールが使えなくなる

ネット通信が不安定の時間帯がある

J:COMモバイルはauのKDDIグループが提供するMVNOです。

MVNOとは大手キャリアから回線をレンタルし、ユーザーへ提供している事業者です。

自社の回線を持たないため、回線網や設備の保守メンテナンスや増設などのコストを抑えられるかわりに、ユーザーへ安価な価格でサービスを提供できます。

MVNOは回線をレンタルしている訳ですが、絶妙なさじ加減で借りています。

多すぎると、コストが高くなり、少なすぎると回線がパンクしてしまいます。

MVNOは多すぎず、少なすぎないレンタルが重要なのです。

そのさじ加減に頭を悩ませる時間帯が、お昼時と通勤の時間帯です。

多くのユーザーが一斉にネット通信を使い始める時間帯のためです。

避けられない混雑により、MVNOユーザーのネット通信が不安定になってしまうのです。

前置きが長くなりましたが、楽天モバイルは自社の回線を持つキャリアです。

J:COMモバイルはKDDI回線をレンタルしているMVNOです。

そのため、楽天モバイルからJ:COMモバイルへ乗り換えると、料金は抑えられますがお昼の時間帯・通勤の時間帯は’ネットが不安定になります。

しかしネット不安定はモバイルネット通信によるものなので、この時間帯に勤務先や自宅でWi-Fiを使用できる方は全く問題ありません

データ使いたい放題がない

先ほどもご紹介しました通り、J:COMモバイルはMVNOです。

通信回線をレンタルし、ユーザーへ通信サービスを提供しています。

そのため大量の通信量を使用されてしまうと、レンタルしている回線がいっぱいになってしまいます。

楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換え時も同様、MVNOへの乗り換えによりデータ使いたい放題で使えなくなります。

しかしJ:COMモバイルはプランのデータ量を超過しても、少し速度は制限されますが無制限に使用できます

超過後の制限速度は、1GB・5GBプランの場合は最大200kbps、10GB・20GBのプランはなんと1Mbpsの速さです。

動画の視聴は画質を下げない限り難しいですが、SMSなどの文章や画像の表示などはスムーズに使用できます。

また余ったデータは翌月へ繰り越せます。

通話の無料かけ放題ができなくなる

楽天モバイルからJ:COMモバイルへ乗り換えにより無料のかけ放題はできなくなってしまいます。

楽天モバイルはRakuten Linkのアプリを使用して、何分話しても無制限で通話料0円です。

一方、J:COMモバイルには0円のかけ放題オプションはありません。

しかし、Rakuten Linkには専用アプリを使用しなければならないという弱点があります

通常の通話アプリで着信を受け、折り返しはRakuten Linkからかけ直さないと無料になりません。

J:COMモバイルは通常通話アプリで、5分/回かけ放題が550円 (税込)、60分/回かけ放題が1,650円 (税込)とリーズナブルな価格で設定されています。

60分以上の通話も頻繁に発生する確率は低いと思うので、そこまで不自由なく使用できるオプションです。

国際データローミングができなくなる

楽天モバイルは都度の申請不要で海外データローミングサービスを2GB分無料で使えます。

J:COMモバイルには海外でデータを使用できる国際データローミングサービスはありません。

しかし国際通話できる国際ローミングは使用できるので、緊急で問い合わせや連絡を取りたい時は使用できるのでご安心ください。

「それでも不安だな」

と思われる方向けに、J:COMモバイルユーザーはポケット Wi-Fiの「ワイホー(Wi-Ho!)」を手数料無料でレンタルできます。

専用申込フォームはこちらです。(楽天モバイルからJ:COMモバイルへ乗り換え後にご利用ください)

キャリアメールが使えなくなる

楽天モバイルは2022年7月よりキャリアメールサービスがスタートしました。

さっそくメールアドレスを取得した方も多いのではないでしょうか?

一方J:COMモバイルは独自のメールアドレスはありません。

そのため楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換えによりキャリアメールはなくなってしまいます。

そもそもキャリアメールとは何でしょうか?

キャリアメールは、フリーメールアドレスよりも信頼性とセキュリティが高いと言われています。

キャリアメールアドレスは、キャリア(MNO)のインターネットサービスに加入により付与されるものです。

キャリアメールは、名前から居住地など個人情報の登録により信頼性の高いアドレスと判断されます。

一方、フリーメールアドレスは誰でも利用できるメールサービスなので、信頼性が低いと見なされるわけです。

以前はキャリアメールのみ登録可能なサービスが多くあったのでキャリアメールは大きな存在として扱われていました。

現在ではフリーメールアドレスで登録できるサービスがほとんどです。

J:COMモバイルでキャリアメールを使わなくとも不自由に思うタイミングはほとんど無いでしょう。

おまかせサポートで手厚いサポート! /

J:COMモバイル|公式サイト

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えるメリット

乗り換えを検討している時の最重要なポイントは、あなたにとってのメリットがいかにあるかどうかです

多少デメリットがあったとしても、メリットのボリューム次第で、デメリットは見えなくなる場合もあります。

楽天モバイルあらJ:COMモバイルへ乗り換えによるメリットをたくさん見つけ、最適な乗り換えにしていきましょう。

  • 電波が安定する
  • J:COM会員にはおトクが盛りだくさん
  • iPhoneが安い
  • おまかせサポートがお値段以上のサポート
  • Wi-Fiスポットを無料で使える

電波が安定する

電波のつながりやすさは、楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換えで大きな鍵をにぎるポイントです。

結論からお伝えすると、楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換えにより、安定した電波を使用できます

なぜ楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えると電波が安定するのでしょうか。

楽天モバイルは「地下や建物内でネット回線が不安定」と有名ですよね。

その不安定さから多くの方が乗り換えを検討されています。

楽天モバイルのネットの不安定さにはバンドと呼ばれる周波数帯が関係しています。

原因は、「楽天モバイルが建物や地下などの障害物を通り越せる周波数帯(プラチナバンド)を所持していないため」です。

また、「以前はつながっていたのに最近つながりにくくなった。」と思われていませんか?

楽天モバイルは2020年4月に、キャリア参入したまだまだ成長中のキャリアです。

回線エリアの拡大中はエリア外でも使用可能なようにKDDIから回線をレンタルしてきました。

楽天モバイルは楽天回線エリアの4G人口カバー率98%に到達し、レンタルしていたKDDI回線の提供終了が決定されました。

現在少しずつKDDI回線を返却し始めています。

そのため、今まで使えていたエリア(KDDI回線エリア)だったのに、つながりにくくなった(楽天回線へ切り替えられた)と考えられます。

J:COMモバイルはKDDI回線を使用しますので、楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えにより、地下のような楽天回線で入りづらくなったエリアでも快適に使用できます。

J:COM会員にはおトクが盛りだくさん

J:COMモバイルは、全国の約554万世帯が加入している国際最大のケーブルテレビサービス「J:COM」のモバイル部門です。

J:COMはテレビ放送を始めインターネットや電話などの通信サービスはもちろん、電気やガスなど多彩なサービスを提供しています。

それらのサービスとJ:COMモバイルを同時に加入していると、家族全員(最大5回線まで)がずーっとデータ増量されます。

通常「データ盛」適用月額料金速度制限後のスピード
1GB5GB1,078円 (税込)最大200kbps
5GB10GB1,628円 (税込)最大200kbps
10GB20GB2,178円 (税込)最大1Mbps
20GB30GB2,728円 (税込)最大1Mbps

サービスの組み合わせにより豊富な割引があります。

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えを検討されている方だけでなく、J:COM会員を検討されている方にもおすすめです。

iPhoneが安い

iPhoneはAndroidに比べ高額ですが、端末とセット購入すると少し安価で購入できる場合があります。

J:COMモバイルは最新のiPhoneの取り扱いはありません。

また取り扱いの種類も豊富とは言えません。

しかし楽天モバイルよりも端末代を安く購入できます。

J:COMモバイル楽天モバイル
iPhone12 64GB 一括の場合95,040円 (税込)102,800円 (税込)

(2022年8月時点)

さらにJ:COMモバイルはKDDIグループなので「au認定中古iPhone」を購入できます。

au認定中古iPhoneとは、KDDIの下取りプログラムやアップグレードプログラムで回収したauスマートフォンをリユースした中古品iPhoneです。

厳しい検査項目でチェックされ、バッテリー容量80%以上の品質を認定されています。

J:COMモバイル
au Certified iPhone XS Max (認定中古品)一括の場合40,920円 (税込)

※Appleの「認定整備済製品」ではありません。

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えはiPhoneもおトクに購入できます。

おまかせサポートがお値段以上のサポート

J:COMモバイルの実店舗であるジェイコムショップの店舗数は多くなく、地域も限られます。

しかし対象エリアに該当すれば、楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えにより驚くほど手厚いサポートを受けられるのです。

おまかせサポートは、550円 (税込)の有料サービスですが、550円 (税込)とは思えないほど充実したサービスです。

サポート内容は以下の通りです。

  • えんかくサポート
    オペレーターが遠隔操作で一緒に困りごとを解決してくれます。
  • 専用サポート番号
    困った時にすぐにつながるサポート番号へ何度かけてもOKです。
  • 訪問サポート
    出張費用もサポート費用も3回/月まで無料で受けられます。

直接サポートしてもらえるので安心です。

※訪問サポートは、J:COM TV /J:COM NET/J:COM PHONE提供エリア内のみ利用可能です。

※該当エリアの確認はこちらから

特に該当エリアが限られているものの、訪問サポートを月3回まで受けられて550円 (税込)は破格です。

通常でしたら出張費(一般的に5,000円以上)+サポート費用(一般的に3,000円以上)がかかるところが、月額550円 (税込)で3回も無料で依頼できます。

スマホ操作に自信がなくても手厚いサポートがついていると思うと勇気を出せますね

Wi-Fiスポットを無料で使える

外出先でも使えるWi-Fiスポットをご存じですか?

「Wi-Fiスポット」とは、レストランやカフェなど多くの人が利用する施設において、有料もしくは無料でインターネット環境を提供しているサービスです。

特に各キャリアから提供されているWi-Fiスポットを見つけた経験も多いと思います。

これは、各キャリアが4Gや5Gの回線の混雑を避ける目的で国内の所々に設置しています。

このWi-Fiスポットを楽天モバイルからJ:COMモバイルへ乗り換えにより無料で利用できます。

楽天モバイルからは「楽天モバイル by エコネクト」のWi-Fiスポットが提供されています。

この楽天モバイル by エコネクトは月額398円 (税込)で使用できます。

一方、J:COMモバイルは「ギガぞう for J:COM MOBILE」のスマホ専用プランを無料で利用できます。

普段から訪問しているレストランやカフェもチェックしてみてみてくださいね。

「ギガぞう for J:COM MOBILE」対応かもしれません。

おまかせサポートで手厚いサポート! /

J:COMモバイル|公式サイト

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換える手順と準備するもの

楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換える手順を解説いたします。

J:COMモバイルは専門店のジェイコムショップでも乗り換えの申し込みは可能です。

しかし、ジェイコムショップでは即日開通ができません。

またWEBから申し込みにより契約事務手数料が無料になりますので、ぜひWEBからの乗り換えに挑戦してみてくださいね。

初めての乗り換えの方へも分かりやすいように以下の順にて解説していきます。

  • 乗り換え前に準備するもの
  • 手順1:キャリアメールに指定している登録確認
  • 手順2:端末動作確認
  • 手順3:MNP予約番号取得
  • 手順4:J:COMパーソナルID確認・準備
  • 手順5:J:COMモバイル申し込み
  • 手順6:開通
  • 手順7:APN設定

乗り換え前に準備するもの

準備するもの該当手順
楽天モバイルのキャリアメールに指定している登録確認手順1
お使いの端末(お使いの端末をそのまま使用する場合)手順2
MNP予約番号手順3
J:COMパーソナルID (既にJ:COM会員の方のみ)手順4
メールアドレス (J:COMパーソナルID未登録の方)手順4,5
本人確認書類手順5 (※枠下別表参照)
クレジットカード手順5
インターネット環境手順6

※J:COMモバイル本人確認書類一覧

書類画像アップロードで確認eKYC(オンライン本人確認)
運転免許証運転経歴履歴書マイナンバーカード(個人番号カード)

日本国パスポート(補助書類必要)

特別永住者証明書

※補助書類

住民票

公共料金領収書など

(現住所が記載された発行日から3ヶ月以内の原本に限る)

※eKYCを利用せず、画像アップロードでの本人確認を行う場合は、ご自宅でご契約者ご本人様の受け取りが必要です。

運転免許証運転経歴履歴書マイナンバーカード(個人番号カード)

手順1:キャリアメールに指定している登録確認

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えると、キャリアメールが使用できなくなります。

J:COMモバイルからは独自のメールアドレスは提供されていませんので、フリーメールアドレスへ指定アドレスの変更をオススメします。

楽天モバイルのキャリアメールは、解約(乗り換え)と同時に使用できなくなります

できるだけ事前に確認してフリーメールアドレスへ変更しておきましょう。

手順2:端末動作確認

※手順2は楽天モバイルでお使いの端末をそのままJ:COMモバイルでも使用する方への確認事項です。

J:COMモバイル契約時にスマホセットで購入する場合は手順3へお進みください。

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えは、使用するキャリア回線を楽天からKDDIへ変更します。

私たちが使用しているインターネットや電話は、各キャリアが構築している通信設備を介して各キャリアに割り振られている周波数帯の電波を使用しています。

つまり各キャリアが所持している通信設備に相性のいい端末があります。

逆に考えると、端末によっては通信設備と相性のよくない可能性があるのです。

SIMフリー端末だからといっても、一概に全てのキャリアで使用できるわけではないのです

楽天モバイルからJ:COMモバイルにSIMのみの乗り換えを検討している場合は、念のため端末動作チェックを事前にしてみてくださいね。

端末動作確認はこちらから

手順3:MNP予約番号取得

MNPとは、電話番号はそのままで乗り換え先の携帯電話会社のサービスを利用できる制度です。

手順は以下の通りです。

  1. my 楽天モバイルにログイン <24時間受付>
  2. 右上の三本線で表示されたメニューを選択する
  3. 「契約プラン」を選択する
  4. 各種手続きの「その他のお手続き」から「手続きへ進む」を選択する
  5. 「他者へのお乗り換え(MNP)」を選択する
  6. 必要事項を入力し、「MNP予約番号を発行する」を選択する
  7. 完了(MNP予約番号、有効期限、対象の電話番号を確認してください)

※J:COMモバイルへの申し込み時点で、有効期限10日以上のMNP予約番号が必要です。

MNP予約番号を取得後、できるだけ早めの申し込みをオススメします。

申し込み完了時点で乗り換え(楽天モバイル解約)になるわけではありません。

開通するまで乗り換えは実行されませんので、あなたのタイミングで開通すれば大丈夫です。

SIMは申し込み後到着まで1週間ほどかかります。

余裕をもった早めの申し込みが、よりスムーズな乗り換えにつながります。

手順4:J:COMパーソナルID確認・準備

J:COMモバイルの契約にはJ:COMパーソナルIDの登録が必要です。

会員の方はJ:COMパーソナルIDをご用意ください。

まだ非会員の方は申し込み時に登録できますが、下記に注意事項がありますので、確認後手順5へお進みください。

<注意事項>

ご家族で楽天モバイルからJ:COMモバイルへ複数台分乗り換えをする場合は、1つの住所に契約者(J:COMパーソナルID登録代表者)は1人しか登録できません。支払い方法も代表者名でのまとめて支払いです。

楽天モバイルでそれぞれの名義支払いをされていた場合は、契約者(代表者)のみの登録に変更しなければなりません。

(家族IDはそれぞれ所持できます。)

J:COMモバイルは、J:COMケーブルテレビの1部分ですのでケーブルテレビの契約と同様に住所ごとの契約しかできないためです。

そのため申し込みの前に契約者(代表者)の電話番号、アドレスを確認してください。

契約者の電話番号及びアドレスがJ:COMパーソナルIDです。

おまかせサポートで手厚いサポート! /

J:COMモバイル|公式サイト

手順5:J:COMモバイル申し込み

手順5を始める前に手元に以下のものを準備してください

  1. 取得したMNP予約番号
  2. 本人確認書類
  3. クレジットカード

※申し込み時には、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていることが条件です。

MNP予約番号取得、SIM申し込みをした時点では、解約及び乗り換え先のプランはスタートしません。

開通手続き(手順6にて)を実施するまでは現在の契約のままです。

月初や月末に乗り換えをしたいなど、あなたのタイミングに合わせて開通手続きができるように申し込みをしてくださいね。

また、開通時にはSIMカードが手元になければいけません。

MNP予約番号を取得したら、なるべく早く申し込みをして開通手続きの準備の開始をオススメします。

申し込みの手順は以下の通りです。

<端末+SIMカード契約の場合>

  1. J:COMモバイル公式サイトから「ご検討中の方 お申し込み」を選択
  2. 端末・プラン選択から「端末+SIM」を選択
  3. 端末一覧から希望の機種を選択(在庫がない場合は表示されません)
  4. 「メモリ容量」「希望のカラー」「プラン選択」「MNP乗り換え」「オプション・端末の支払い回数」などを選択(初期費用・月々の料金を確認)
  5. お客さま情報の入力
    1. 電話番号・メールアドレスはJ:COMモバイルパーソナルIDへ登録されます(手順4で確認した電話番号・メールアドレスを入力ください)
  6. 本人確認
  7. 申し込み内容の確認
  8. 申し込み完了

<SIMカードのみ契約の場合>

  1. J:COMモバイル公式サイトから「ご検討中の方 お申し込み」を選択
  2. 端末・プラン選択から「SIMカード」を選択
  3. 「プラン選択」「MNP乗り換え」「オプション」などの希望するサービスを選択(初期費用・月々の料金を確認)
  4. お客さま情報の入力
    1. 電話番号・メールアドレスはJ:COMモバイルパーソナルIDへ登録されます(手順4で確認した電話番号・メールアドレスを入力ください)
  5. 本人確認
  6. 申し込み内容の確認
  7. 申し込み完了

申し込み後およそ1週間ほどで端末セット及びSIMカードが届きます。

※eKYCではなく本人確認書類のアップロードをした場合、受け取り時に契約者本人の受け取りが必要です。(本人以外のご家族による受け取りはできません)

eKYCにて登録した場合は、ご家族の方でも受け取りが可能です。

手順6:開通

※インターネット環境で手続きへ進んでください。MNP手続きと同時に楽天モバイルの回線は使えなくなります。(まだSIMは挿入しないでください)

MNP転入手続きをします。(MNP切り替え受付時間:AM9:00〜PM9:00)

手順は以下の通りです。

  1. こちらからマイページへログインする。
    (ログインにはJ:COMパーソナルIDが必要です。)
  2. MNP転入手続きページへアクセスする
    サービス→モバイル→ご利用中サービス→「MNP転入のお手続きはこちら」を選択
  3. 必要事項を入力する
  4. 入力内容を確認する
  5. MNP転入手申し込み完了
  6. MNP転入手続き完了の確認

[MNP転入手続きが処理中の場合]:「MNP転入手続中」と表示されます

[MNP転入手続きが完了済の場合]:「J:COMモバイルサイトへ」のボタンが表示されます

手順7:APN設定

MNP転入手続き完了を確認したら、SIMカードを端末へ装着します。

APN設定はiPhoneとAndroidで設定方法が異なりますので、こちらを参考にAPN設定をしてください。

最後に開通確認をします。

スマホの電話アプリを起動し、「111」をタップし、開通確認へ電話を発信します(通話無料)

以下のガイダンスが流れたら、MNP切り替えが完了します。

「接続試験は終了です。ありがとうございました。」

※切り替えの確認ができない場合は、「電源を再起動」「機内モードオン・オフ」をしてみてください。

おまかせサポートで手厚いサポート! /

J:COMモバイル|公式サイト

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えるベストなタイミング

乗り換えを検討していても、実際に行動するには勇気がいりますよね。

乗り換えは「お家の引っ越し」と同じです。

「いい物件が現れた時」や「更新するか悩んでいる時」など、「いまだ!」と思うタイミングがありますよね。

SIM会社も同様です。

楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換えにオススメのタイミングをご紹介します。

ぜひあなたのベストなタイミングで乗り換えしてくださいね。

  • 楽天モバイルの電波が入りづらくなったと感じた時
  • J:COM対応の物件に引っ越した時
  • J:COMサービスに加入したい時
  • au認定中古iPhoneを買いたい時
  • 実際のタイミングは月末に開通

楽天モバイルの電波が入りづらくなったと感じた時

楽天モバイルはどんどん成長しているのに、なぜ電波は入りづらくなるの?と思われましたか?

楽天モバイルは2020年4月にキャリアへ参入し、急成長してきた通信業者です。

成長中はKDDIの回線をレンタルして、より多くのユーザーへ通信サービスを提供してきました。

成長とともに、国内人口カバー率も97%を超え、カバーしているエリアなのにKDDIからレンタルしている回線エリアがある状態でした。

そのため、KDDIからのレンタル回線は2026年までの約束であったものの、前倒しで徐々に返上し始めたのです。

それにより、「エリア外として使用できていたKDDIの電波を使用せず楽天回線に切り替えたため電波が弱くなった。」などの現象が発生しているのです。

徐々に改善は見込まれますが、先の見えない不安を抱くよりもあなたの一歩で改善できます。

J:COMモバイルが使用するKDDI回線は人口カバー率99.9%です。

J:COMモバイルへ乗り換えて、安心のKDDI回線を使用すれば不安は解消されますね。

J:COM対応の物件に引っ越した時

J:COMモバイルはJ:COMケーブルテレビのサービスのうちの1つです。

ケーブルテレビの他にも、インターネット、電気、ガスなど多くのサービスを提供しています。

上記のJ:COMのサービスと併用して契約するとデータ盛を利用できるなど、メリットが多くあります。

J:COMは単体での利用よりも他サービスと併用利用によりお得になるプランが多数あります。

J:COM対応の物件に引っ越しが決まったら、いい機会として楽天モバイルからJ:COMモバイルへ乗り換えも考えてみてはいかかですか?

J:COMのサービスに加入したい時

J:COMモバイルはJ:COMの他のサービスとの併用でデータ増量のデータ盛が対象です。

J:COMモバイルはJ:COMケーブルテレビのさまざまなサービスのうちの1つです。

J:COM全体のサービスを上手に併用するとJ:COMモバイルをお得に利用できます。

またJ:COMスタート割や、学割およびU26割など、たくさんの割引がありますので、ぜひおトクに活用ください。

au認定中古iPhoneを買いたい時

J:COMモバイルはKDDIグループです。

auとUQモバイルでしか購入できないau認定中古iPhoneをJ:COMモバイルでも購入できます。

au認定中古iPhoneとは、KDDIの下取りプログラムやアップグレードプログラムで回収したauスマートフォンをリユースした中古品iPhoneです。

厳しい検査項目でチェックされ、バッテリー容量80%以上の品質を認定されています。

最近ではフリマサイトやオークションサイトにて中古iPhoneを簡単に購入できるようになりました。

しかし、そのようなサイトでは製品の品質は保証されていません。

チェックも個人がしているので、基準が曖昧で不良品のものを購入してしまう危険性もあります。

一方J:COMモバイルで購入できるau認定中古iPhoneは、auのプロの技術者による検査項目で確認された製品です

安心して品質検査をクリアしたiPhoneを安価で購入できます。

中古iPhoneの提供がない楽天モバイルから中古iPhoneを目的にJ:COMモバイルへの乗り換えも一つのアイディアですね。

※Appleの「認定整備済製品」ではありません

実際のタイミングは月末に開通

楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換えは月末をオススメします。

乗り換えとは楽天モバイルからJ:COMモバイルへの切り替え申請後に完全開通するタイミングをいいます。

そのため、早めのMNP予約番号取得・J:COMモバイルへの申し込みをオススメします。

申し込み後SIM到着まで約1週間はかかりますので、ご注意ください。

楽天モバイルは月のいつ乗り換え(解約)をしようと日割計算はありません。

乗り換え日までの使用したデータ量に対し、金額が発生します。

一方、J:COMモバイルは契約月の日割計算をしてくれます。

さらに、J:COMサービスと併用してデータ盛を使用する場合は、契約月の翌月10日にデータ増量されます。

そのため、月末は増量前のデータ量なので、1GBコースの場合は契約月から5GBになるわけではなく初月は1GBです。

また、余ったデータは翌月に繰り越されるので無駄にせずデータ盛の増量日まで十分なデータ量を使えます。

月末に楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換え、翌月からデータ盛にて利用しましょう。

おまかせサポートで手厚いサポート! /

J:COMモバイル|公式サイト

楽天モバイルからJ:COMモバイルの乗り換えに使えるキャンペーン

J:COMモバイルから以下のキャンペーンが開催されています。

ぜひお見逃しなくキャンペーンを活用してみてくださいね。

2024年5月開催中のキャンペーン
  • データ盛
  • J:COM MOBILEシニア60割(カケホ/サポート)
  • 【WEB申込限定】J:COM MOBILE 契約事務手数料無料

データ盛

データ盛

出典:J:COMモバイル

キャンペーン名 データ盛
終了日 終了日未定
条件 対象のJ:COMサービス(TV、NET、PHONE、WiMAX、電力)と「J:COM MOBILE Aプラン ST(音声+データ)」の両方を利用
内容 モバイルのデータ容量を以下の通り増量
  • 1GB→5GB
  • 5GB→10GB
  • 10GB→20GB
  • 20GB→30GB

J:COMが提供する「電力、ネット、WiMAX、TV、Phone」のいずれかを契約していると、以下のようにJ:COMモバイルのデータ通信量がプラスされます。

「最強ヤング割」と併用できるので、1,650円で30GBが使える、爆安サービスが誕生します。

30GBも必要ない場合でも、20GBが1,100円、10GBが550円という、他社ではありえない金額になります。

もちろんこれは6ヶ月のみですが、最強ヤング割の終了する7ヶ月目以降も、データ盛はずっと適用されるので、かなり割安で使い続けられます。

J:COM MOBILEシニア60割(カケホ/サポート)

J:COM MOBILEシニア60割(カケホ/サポート)

出典:J:COMモバイル

キャンペーン名 J:COM MOBILEシニア60割(カケホ/サポート)
終了日 終了日未定
条件 【シニア60割(カケホ) 適用条件】
 満60歳以上の方で、「J:COM MOBILE Aプラン ST(音声+データ)」と「かけ放題(5分/回)」を同時に新規申し込み
【シニア60割(サポート) 適用条件】
 満60歳以上の方で、「J:COM MOBILE Aプラン ST(音声+データ)」と「おまかせサポート」を同時に新規申し込み
内容 5分かけ放題(550円/月)1年間無料
おまかせサポート(550円/月)3ヶ月無料
上記がついて1か月5GBが980円で利用可能

満60歳以上の方で「J:COM MOBILE Aプラン ST(音声+データ)」に新規お申し込みと同時に「かけ放題(5分/回)」「おまかせサポート」をお申し込みで以下の割引になり、5GBを1,078円にて使用できます。

  • かけ放題(5分/回)が1年間無料!
  • おまかせサポートが3ヶ月間無料!

J:COMモバイルの標準通話アプリでの通話5分無料はシニアの方へ優しい割引です。

楽天モバイルではRakuten Linkを使用しないと通話料無料できないため複雑な使用になってしまい、難しいと思われる方もいます。

おまかせサポートは有料でもお得なほど充実したサービスなのでそのおまかせサポートが3ヶ月無料なのはシニアの方にとって非常に心強いですね。

該当エリアであれば訪問サポートにて直接サポートを受けられます(月3回まで無料)

※大分エリアの方は安心リモートサポートが対象です。

【WEB申込限定】J:COM MOBILE 契約事務手数料無料

【WEB申込限定】J:COM MOBILE 契約事務手数料無料

出典:J:COMモバイル

キャンペーン名 【WEB申込限定】J:COM MOBILE 契約事務手数料無料
終了日 終了日未定
条件
  • 新規で「J:COM MOBILE Aプラン ST(音声+データ)」にWEBから申し込み
  • 申込翌月末までに回線開通
内容 契約事務手数料3,000円(税込3,300円)が無料

新規で「J:COM MOBILE Aプラン ST(音声+データ)」にWEBからの申し込みで、契約事務手数料3,300円 (税込)が0円になります。

適用は1世帯につき最大5回線までです。

おトクに乗り換えをしたい時に、「契約事務手数料」もできる限り節約したいものです。

無料キャンペーンは嬉しいキャンペーンですね。

おまかせサポートで手厚いサポート! /

J:COMモバイル|公式サイト

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えに関するよくある質問

  • 楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えで手数料はかかる?
  • J:COMは対応していないエリアがあるけどJ:COMモバイルも使えないエリアがある?
  • 乗り換えができる店舗はある?
  • J:COMモバイルはSIM受け取る時注意が必要なの?
  • 家族と支払い方法を分けられる?

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えで手数料はかかる?

楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換えはWEBから申し込むと0円になります。

楽天モバイルはMNP転出手数料および契約解除手数料はかかりません。

J:COMモバイルを店舗で手続きした場合は3,300円 (税込)の契約事務手数料が発生します。

J:COMは対応していないエリアがあるけどJ:COMモバイルも使えないエリアがある?

J:COMモバイルは全国エリアで利用できます。

混乱しやすいですが、J:COMケーブルテレビは、全国対応はしていません。

インターネットも対応エリアのみで使用可能です。

一方、J:COMモバイルはau回線を利用するため、J:COMケーブルテレビ対応エリアに関係なく全国で利用が可能です。

楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換えをしても全国で利用できますのでご安心ください。

しかし、実店舗のジェイコムショップは店舗数が限られています。

基本的にJ:COM TV /J:COM NET/J:COM PHONE提供エリアにJ:COM専門の実店舗として構えています。

そのため、全ての都道府県に店舗があるわけではなく、対応していないエリアへ実店舗はありません。

訪問を希望される場合は、事前にこちらよりお近くのジェイコムショップをご確認ください。

乗り換えができる店舗はある?

J:COMモバイルが契約できる実店舗のジェイコムショップは全国に約40店舗あります。

(2022年8月時点)

しかし注意点があります。

契約したスマホ端末やSIMカードは即日受け取りはできません

ジェイコムショップでは「申し込み」のみが可能なので、端末・SIMカードは別途配送されます。

さらにジェイコムショップでの契約は「契約事務手数料0円キャンペーン」が適用されませんので、3,300円 (税込)かかります。

WEB申し込みする方がおトクですね。

実店舗が近くにある方は実際に話を聞けるなど、実店舗のメリットを上手に活用しましょう。

家族と支払い方法を分けられる?

J:COMモバイルは1つの住所で支払いは分けられません。

登録もJ:COMパーソナルIDを持つ契約者が代表者になり、家族の方々は家族IDを得られます。

理由は、J:COMのケーブルテレビのサービスが主軸のためです。

世帯毎の契約で管理しているため、J:COMケーブルテレビのサービスの1つであるJ:COMモバイルも同様の登録および支払い方法が必要です。

それぞれの名義にて契約していた場合も、楽天モバイルからJ:COMモバイルへ乗り換え時に契約者(代表者)名義で契約する必要があります。

J:COMモバイルはSIM受け取る時注意が必要なの?

SIMの受け取りは家族など、本人以外の受け取りはできませんのでご注意ください。

J:COMモバイルへの申し込みの際に、書類画像アップロードにて申し込んだ場合、本人限定受取郵便で発送されます

受け取り時に再度本人確認が必要となるため、契約者本人しか受け取りができません。

ご家族が代わりに受け取れないのでご注意ください。

一方、eKYCにて本人確認を完了させた場合には、受け取り時の本人確認が不要なため、家族の方でも受け取れます。

そのため、可能であればeKYCで本人確認をすれば受け取り時も気楽に受け取れますね。

おまかせサポートで手厚いサポート! /

J:COMモバイル|公式サイト

まとめ

楽天モバイルからJ:COMモバイルへの乗り換えるメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えるメリット
  • 楽天モバイルで電波が不安定なところでもつながるようになる
  • J:COM会員にはおトクが盛りだくさん
  • iPhoneが安い
  • おまかせサポートがお値段以上のサポート
  • Wi-Fiスポットを無料で使える
楽天モバイルからJ:COMモバイルに乗り換えるデメリット
  • ネットが不安定の時間帯がある
  • データの使いたい放題がなくなる
  • 通話の無料かけ放題ができなくなる
  • 国際データローミングができなくなる
  • キャリアメールが使えなくなる

上記のメリット・デメリットに加え、キャンペーン内容を乗り換える検討の判断材料にしていただければより納得のいく乗り換えができると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたにとって最適なSIMを見つけるために、少しでもお役にたてれば幸いです。

おまかせサポートで手厚いサポート! /

J:COMモバイル|公式サイト

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次