<PR>

ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換える手順とタイミング!デメリットや違約金も解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
ソフトバンクからイオンモバイル

この記事では、大手通信キャリアのソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えについて紹介いたします。

ソフトバンクでは「メリハリ無制限+」「アメリカ放題」といった独自のサービスが多数あります。

これらサービスのことも含め、乗り換えるにあたってのデメリットや利用できるキャンペーンなどについて説明いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、手順がわからないため乗り換えが不安という人のために、乗り換えるにあたっての手順や、よくある質問についても書いていますのであわせてご確認ください。

\ 下記リンク限定!イオンモバイルで20GB以上のプランお申し込みでSIMカード代金1,100円(税込)引き
※クーポンコード【rokemoba24apr】

ソフトバンクからイオンモバイル以外への乗り換え記事はこちら!
新型iPhone 15の最新情報

スマホ料金が安くなる格安SIMをお考えなら、こちらもご覧ください。

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルで三木谷キャンペーンが絶賛開催中♪

他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)で、今なら14,000ポイントもプレゼント!

普通に公式サイトから申し込むと、8,000ポイントも損してしまいます。

申し込み方法ごとの獲得ポイントの違い

  • 楽天公式サイト:6,000ポイント
  • 三木谷キャンペーン:14,000ポイント

三木谷キャンペーンは、過去に楽天モバイルを使っていた再契約者や2回線目も対象です。

さらに一部キャンペーンとの併用(機種変更ならiPhoneがほぼ全機種20,000円値引き、Androidなら一部機種が最大26,930円値引き)もできますので、爆裂お得なこの機会に楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください!

\ 三木谷キャンペーンで14,000ポイント /

>楽天モバイルのクーポンはこちら

キャンペーン期間は5月31日までと限りあり。

目次

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるデメリット

最初に、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換える場合のデメリットをご紹介します。

以下がデメリットです。

  • メリハリ無制限+でデータ使い放題ができなくなる
  • ソフトバンクのメールアドレスを無料で使えなくなる
  • アメリカ放題でアメリカ・ハワイでデータ通信ができなくなる
  • 子育て応援クラブの特典がもらえなくなる
  • eSIMが利用できなくなる

1つずつご紹介していきます。

メリハリ無制限+でデータ使い放題ができなくなる

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換える際のデメリットとして最初に挙げられるのが、「メリハリ無制限+」でデータ使い放題ができなくなるという点です。

なぜなら、イオンモバイルではソフトバンクのメリハリ無制限+のように、データ通信が使い放題になるサービスがないからです。

ソフトバンクのメリハリ無制限+は、月額7,425円でデータ通信が使い放題になるサービスです。データ通信が使い放題のため、毎月残りのデータ容量を気にせずに使用できます。

例えば、メリハリ無制限+に加入をしていれば、YouTubeの動画を時間を気にせずに好きなだけ見ることができます。

また、オンライン会議やオンライン飲み会に参加している時も、メリハリ無制限+でデータ通信が使い放題になることで、データ通信量や時間を気にせずに済みます。

ですから、メリハリ無制限+を活用して、データ通信を使い放題で楽しんでいる人は、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えはおすすめできません。

ソフトバンクのメールアドレスを無料で使えなくなる

ソフトバンクで利用していたメールアドレスが無料で使えなくなる点も、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるデメリットです。

なぜなら、イオンモバイルではソフトバンクのようにメールアドレスが付与されませんし、ソフトバンクのメールアドレスを継続して利用するためには月額費用が発生してしまうからです。

ソフトバンクを利用している場合「◯◯◯@softbank.ne.jp」というメールアドレスが無料で付与されます。イオンモバイルでこのメールアドレスを継続して利用するために、月額330円もしくは年額3,300円をソフトバンクに支払う必要があります。

例えば、ソフトバンクのメールアドレスを仕事で使っているため、他のメールアドレスにしたくないという場合は、月額330円を支払って継続することも可能です。

一方、月額330円を支払うことに抵抗があるという場合は、GmailやYahoo!メールなどフリーのメールアドレスを取得して、関係者にメールアドレス変更を通知する必要があります。

ですから、ソフトバンクで利用していたメールアドレスを変更したくない場合や、変更にあたっての連絡が面倒であったり、月額費用を余分に払いたくない人は、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えにはご注意ください。

アメリカ放題でアメリカ・ハワイでデータ通信ができなくなる

ソフトバンクには「アメリカ放題」という海外利用のためのサービスがあります。このアメリカ放題が利用できなくなる点も、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるデメリットの一つです。

なぜなら、イオンモバイルではソフトバンクのように海外定額サービスがないだけではなく、海外でデータ通信をすることができないからです。

ソフトバンクのアメリカ放題は、アメリカ本土、ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領)で、通話や通信が無料で使えるサービスです。

もちろんアメリカ以外のエリアに関しても、24時間で980円、72時間で2,940円など使い放題になるサービスが用意されています。

例えば、仕事の都合で日本とアメリカを行き来することが多い場合、ソフトバンクのアメリカ放題を利用することで、追加の出費を抑えることができるでしょう。

ですから、海外、特にアメリカでスマホを使うことがある人にとっては、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えはおすすめできません。

子育て応援クラブの特典がもらえなくなる

ソフトバンクには、子育て家族を応援する「子育て応援クラブ」というユーザー特典があります。子育て応援クラブを利用できなくなることも、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるデメリットの一つです。

なぜなら、イオンモバイルにはソフトバンクの子育て応援クラブのように、子育て家族を応援する特典が用意されていないからです。

ソフトバンクの子育て応援クラブでは、以下のような特典が用意されています。

  • 子供の誕生日に1,000円相当のPayPayポイントがもらえる(初回は3,000円相当)
  • フォトブック1冊無料クーポンプレゼント
  • 家事・育児サービス(ライフエール)が最大7ヶ月無料

例えば、フォトブックを作って両親にプレゼントしたいという場合、ソフトバンクに加入している場合は無料で1冊作成することができます。

また、ライフエールを利用するとベビーシッターやスタジオ撮影がお得な価格で利用することができます。

ですから、現在子育て中であったり、これから子育てをする予定があるという人は、ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換えることによって、子育て応援クラブの特典が利用できなくなりますので、ご注意ください。

eSIMが利用できなくなる

eSIMが利用できなくなる点も、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるデメリットです。

なぜなら、イオンモバイルではeSIMを提供しておらず、今後の提供予定も未定だからです。

eSIMを利用することで、対応の端末であれば2つの通信会社を利用することができます。

例えば、メインの回線はソフトバンクのeSIMを利用し、サブの回線を別の通信会社と契約するという使い方が可能です。仕事とプライベートで通信会社を別にしたい場合などは便利でしょう。

ですから、eSIMを利用して2つの会社の回線を利用したい場合は、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えには気をつけてください。

\ 下記リンク限定!イオンモバイルで20GB以上のプランお申し込みでSIMカード代金1,100円(税込)引き
※クーポンコード【rokemoba24apr】

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるメリット

続いて、ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換えるメリットを紹介いたします。通信料金や電話料金が安くなる他、使い方によっては効率的なデータ通信もできますので、ぜひチェックしてみてください。

  • 細かく設定された料金プランで通信費が節約できる
  • 回線選択の幅が広がる
  • 電話をお得に利用できる
  • 速度切り替えができるので効率的にデータを使える
  • 端末も一緒に購入すると初期設定をお願いできる

一つずつ確認していきましょう。

細かく設定された料金プランで通信費が節約できる

料金プランが細かく設定されていて、通信費が節約できる点はソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるメリットです。

なぜなら、ソフトバンクに比べると、イオンモバイルの料金プランは種類が多く、月額料金も割安だからです。

ソフトバンクの料金プランは以下の4つです。

  • メリハリ無制限+:データ使い放題で月額7,425円
  • ミニフィットプラン+:1GBまで利用で月額3,278円
  • ミニフィットプラン+:2GBまで利用で月額4,378円
  • ミニフィットプラン+:3GBまで利用で月額5,478円

一方のイオンモバイルは、1人で利用する人向けの「さいてきプラン」だけで、0.5GBから50GBまでの間で15の料金プランがあります。

さらに同じ1GBを比較すると、イオンモバイルは858円ですから、ソフトバンクと比べると2,420円も安い料金です。

例えば、3GB以上利用する場合、イオンモバイルであれば4GBのプランを選択することができますが、ソフトバンクの場合は、メリハリ無制限+の利用を検討しましょう。

また、ほとんどデータ通信を行わないためデータ容量は最低で良いから、月額費用を抑えたいという場合、ソフトバンクの場合は3,278円が最低料金ですが、イオンモバイルの場合は0.5GBまでの利用で803円のプランを選べます。自宅に光回線やWi-Fi環境がある場合は、0.5GBで十分な場合もあるでしょう。

ですから、利用状況にあわせて細かく料金プランを選択して、できるだけ通信費を節約したい人にとって、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えはメリットがあると言えます。

回線選択の幅が広がる

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えることで、回線選択の幅が広がる点も、メリットだといえるでしょう。

なぜなら、ソフトバンクが自社の回線しか利用できないのに対して、イオンモバイルではドコモとauの2回線から、利用する回線を選択できるからです。

例えば、ソフトバンクの回線を使っているけれど、あまり通信状態がよくないという場合、イオンモバイルに乗り換えることで、ドコモまたはauの回線を使用することができます。

また、仕事をする上で通信障害時のリスク分散として、他の同僚が使っているソフトバンク以外の回線を使用したいという場合も、イオンモバイルへ乗り換えることで、ドコモやauの回線を使うことができます。

ですから、何らかの理由でソフトバンク以外の回線を使用したい場合は、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

電話をお得に利用できる

電話をお得に利用できることも、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるメリットです。

なぜなら、イオンモバイルの電話料金は、通常の通話料金も定額通話の場合もソフトバンクと比べると割安だからです。

以下がソフトバンクとイオンモバイルの通話料金と定額料金を比較した表です。

イオンモバイル ソフトバンク
通常通話料金 11円/30秒 22円/30秒
5分以内の通話が無料 550円/月 880円/月
10分以内の通話が無料 935円/月
24時間国内通話無料 1,650円/月 1,980円/月

通常の通話料も定額通話もイオンモバイルの方が安いのがわかります。

例えば、離れて暮らしている両親と電話をする機会が多いから、24時間国内通話無料で話したいという場合は、イオンモバイルへ乗り換えた方が安く利用ができます。

また、通話定額にするほどではないけれど、たまに電話をすることがあるという場合も、通常通話料が安いイオンモバイルの方がお得です。

ですから、電話をする機会があるという人は、頻度が多い場合も少ない場合も、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えた方がお得です。

速度切り替えができるので効率的にデータを使える

速度切り替えができて効率的にデータが使える点も、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるメリットです。

イオンモバイルでは、アプリやマイページを利用して簡単に高速通信と低速通信を切り替えることができますが、ソフトバンクには同様のサービスはありません。

速度切り替えができることで、高速通信が必要ない場合は低速通信に切り替えて、データ通信量を節約することができます

例えば、節約のためできるだけ通信費を抑えたい人は、イオンモバイルのデータ容量が少ないプランを契約して、ここぞという時だけ高速通信を利用するということができます。

また、翌月にデータ通信が多くなるイベントが控えていることがわかっている場合などは、前の月に低速通信を多く利用、余ったデータを繰り越してイベントに備えるということも可能です。

ですから、データ通信量を調整しながら節約をしたいという人は、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えはメリットがあります。

端末も一緒に購入すると初期設定をお願いできる

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるメリットには、面倒な初期設定をお願いできるというものもあります。

なぜなら、イオンモバイルでは、乗り換えと同時に端末を購入すると、初期設定が済んだ状態で端末を渡してくれるからです。

例えば、現状ソフトバンクで使っている端末の調子が良くない、買い換えようと考えている人は、イオンモバイルへ乗り換えて端末も一緒に購入することで、乗り換えの設定を自分でする必要はありません。

ですから、通信会社を乗り換える際の端末設定が面倒だと思う人は、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えがおすすめです。

\ 下記リンク限定!イオンモバイルで20GB以上のプランお申し込みでSIMカード代金1,100円(税込)引き
※クーポンコード【rokemoba24apr】

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換える手順と準備するもの

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるメリットについてはよくわかったけれど、乗り換え手続きが不安だと感じる人もいるのではないでしょうか。

そこでここからはソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換える手順と準備するものに関してご紹介いたします。

以下がソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換え手順です。

  • 事前に必要なものを準備する
  • 端末がイオンモバイルで利用できるかを確認する
  • イオンモバイルで申込み手続きをする
  • 利用開始手続きとネットワーク設定を行う

ひとつずつご紹介いたします。

事前に必要なものを準備する

事前に準備するものについては以下4つです。どれも申込時には必須なため、事前に準備していないと、申込手続きがスムーズに進まないのでご注意ください。

  • 事前に必要なもの①:MNP予約番号
  • 事前に必要なもの②:本人確認書類
  • 事前に必要なもの③:クレジットカード
  • 事前に必要なもの④:連絡用メールアドレス

それでは、一つずつ説明いたします。

事前に必要なもの①:MNP予約番号

まず、MNP予約番号を入手しましょう。MNP予約番号とは、通信事業会社の乗り換え時に電話番号を持ち運ぶサービス「MNP(Mobile Number Portability)」で使用する10桁の番号です。

MNP予約番号については、乗り換え前の会社で発行をしますので、ソフトバンクへ発行の依頼をしてください。

ソフトバンクでのMNP予約番号発行手続きは、電話、ソフトバンクショップ、ウェブで手続きすることができます。

電話の場合は、午前9時から午後8時までの受付で、ソフトバンクの携帯電話でかける場合は*5533、フリーコールの場合は0800-100-5533へ電話して手続きを進めてください。

ソフトバンクショップの場合は、近隣のお店で手続きをしてください。なおソフトバンクショップでの手続きには本人確認書類が必要です。

ウェブの場合はMy SoftBankから手続きができます。受付は24時間ですが、予約番号の発行は午前9時から午後8時までです。

事前に必要なもの②:本人確認書類

本人確認書類も必要です。ウェブで申し込む場合は、画像をアップロードし、店舗で申し込む場合は持参しましょう。

本人確認書類として利用できるものは、マイナンバーカード、運転免許証、日本国パスポートや住民基本台帳などがあります。

その他利用できる本人確認書類については、イオンモバイル公式サイトに掲載されていますので、必要な面や注意することなどとあわせてご確認ください。

本人確認書類、法人確認証明書類

事前に必要なもの③:クレジットカード

イオンモバイルの料金支払い方法は、クレジットカードのみなので、支払いに使用できるクレジットカードを事前に用意してください。利用できるクレジットカードは、VISA、JCB、マスターカードで、店舗での申込の場合に限り、ダイナースクラブ、アメリカンエキスプレスカードも利用できます。

事前に必要なもの④:連絡用メールアドレス

契約内容やお客様IDの通知などにメールアドレスが必要です。利用することができて、内容を確認することもできるメールアドレスを用意してください。

端末がイオンモバイルで利用できるかを確認する

イオンモバイルでは回線のタイプ別(auなのかドコモなのか、データ通信のみなのか)に、動作確認端末を検索できるページがあります。

ソフトバンクからの乗り換え後に、端末が使えないことが判明した場合、場合によっては新しい端末の購入が必要です。

念の為、現在利用している端末が、イオンモバイルでも利用することができるか確認をした方が良いでしょう。

動作確認済み端末は以下のページで確認できます。

動作確認済み端末一覧

イオンモバイルで申込み手続きを行う

イオンモバイルの申込手続きは、店舗とウェブの2通りの方法で行うことができます。

店舗で受付の場合は、本人確認書類を持参して、利用しやすい店舗で手続きを行ってください。

ウェブで申し込みをする場合は、以下のような流れです。

  1. トップページから新規申込ページへ移動
  2. SIMカードのみをWEBで申込むまたは、端末+SIMセットをWEBで申込むかを選択する
  3. 事前に必要なものの確認
  4. 注意事項と個人情報の取り扱いについての同意をする
  5. 音声プラン、データプラン、シェア音声プランから利用するプランを選択
  6. 基本データ容量を選択
  7. ドコモの回線にするかauの回線にするかを選択
  8. MNP有無の選択
  9. 電話番号、MNP予約番号、予約番号の有効期限を入力
  10. オプションサービスを選択
  11. エントリーコートや紹介キャンペーンクーポンコード、キャンペーンコードがある場合は入力
  12. 氏名や住所などお客様情報を入力
  13. マイページへログインする際に必要なパスワードを設定
  14. 約款、重要事項説明へ同意
  15. 本人確認書類をアップ
  16. クレジットカード情報を入力
  17. 内容確認

以上でウェブでの申込完了です。

\ 下記リンク限定!イオンモバイルで20GB以上のプランお申し込みでSIMカード代金1,100円(税込)引き
※クーポンコード【rokemoba24apr】

利用開始手続きを行う

申込手続きが終了し、SIMカードが手元に届いたあとは、利用開始の手続きを行います。

なお、利用開始の手続きを行ったあとは、ソフトバンクのSIMカードは使えなくなります。このため、利用開始手続きはSIMカードが手元にあり、設定を行うことができるタイミングで行うようにしましょう。

利用開始手続きは、マイページへログインして行います。マイページ内で「MNPを切り替える回線」を選択すると、30分から60分程度でイオンモバイルを利用できます。

ネットワーク設定を行う

利用開始手続きが終わったあとは、ネットワーク設定をすることで、通信できます。

ネットワーク設定については、以下の手順です。

  1. SIMカードを台紙から取り外す
  2. 取り外したSIMカードを装着
  3. APNの設定を行う

SIMカードの装着に関しては、端末の電源を落とし、取り扱い説明書を確認して行ってください。

APNの設定方法はAndroid端末とiOS端末で異なります。設定方法については、SIMカード同封のクイックスタートガイドまたはイオンモバイル公式サイトをご確認ください。

\ 下記リンク限定!イオンモバイルで20GB以上のプランお申し込みでSIMカード代金1,100円(税込)引き
※クーポンコード【rokemoba24apr】

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるベストなタイミング

続いて、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるベストなタイミングについてご紹介します。

いつ乗り換えようか迷っている人は、参考にしてみてください。

  • アメリカでスマホを利用する機会がなくなった
  • ソフトバンク以外の回線を利用する必要がある
  • スマホでデータ通信をする機会が大幅に減った
  • ソフトバンクの月額料金は日割りにならないので乗り換えは月末がおすすめ

一つずつ確認をしていきましょう。

アメリカでスマホを利用する機会がなくなった

ソフトバンクはアメリカでスマホを利用するのにぴったりな「アメリカ放題」というサービスがあります。アメリカ放題があるからソフトバンクを利用し続けているという人もいるのではないでしょうか。

ですから、アメリカ放題を利用する機会がなくなったといった場合は、ソフトバンクからの乗り換えを検討するタイミングとしてはちょうど良いかもしれません。

例えば、今までは留学していた子供に会うためにちょくちょくアメリカへ行っていたけれど、子供が卒業して帰国、アメリカへ行く機会がなくなった場合は、アメリカ放題を利用することはないでしょう。

また、海外出張が多かったため、海外でデータ通信ができるソフトバンクを使っていたけれど、職場が変わって出張がなくなった場合も、ソフトバンクにこだわる必要はなくなりますよね。

というように、今までアメリカを含む海外でスマホを利用していた人が、海外でデータ通信をする必要がなくなったタイミングは、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えても良いタイミングでしょう。

ソフトバンク以外の回線を利用する必要がある

ソフトバンク以外の回線を利用する必要が出てきたタイミングも、イオンモバイルへの乗り換えを検討して良いのではないでしょうか。

なぜなら、イオンモバイルではauとドコモの回線を利用することができるからです。

例えば、通信障害や災害に備えて、家族で複数会社の回線を使うことにした場合、誰かがソフトバンクを使っているなら、他の人はドコモやauを利用する必要があります。このような場合は、ドコモとauを選択できるイオンモバイルが最適です。

ですから、理由があってソフトバンク以外の回線を使う必要が出てきたタイミングは、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えがおすすめです。

スマホでデータ通信をする機会が大幅に減った

データ通信をする機会が大幅に減った場合も、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えがおすすめです。

なぜなら、ソフトバンクとイオンモバイルを比べた場合、ソフトバンクが優位なポイントの一つが、メリハリ無制限+でデータを使い放題にできるということがあるからです。

例えば、今まではパソコンを所有しておらず、YouTubeを見たり、動画の配信をスマホで行っていたけれど、パソコンを購入して光回線を利用するようになった場合などは、スマホのデータ通信は大幅に減るでしょう。メリハリ無制限+を利用するまでもないという状態になります。

ですから、スマホでデータ通信をする機会が大幅に減って、メリハリ無制限+を利用する必要がなくなった場合は、ソフトバンクからイオンモバイルの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクの月額料金は日割りにならないので乗り換えは月末がおすすめ

ソフトバンクは月の途中で解約をしても、月額料金は満額請求されます。ですので、乗り換えをする場合は、月末がおすすめです。

なお、ソフトバンクから解約する場合、機種の分割支払い回数が残っているなら、乗り換え後も残額の支払いは継続されます。

また、契約解除料については、法人へ提供している一部料金プランを除き、発生しません。

\ 下記リンク限定!イオンモバイルで20GB以上のプランお申し込みでSIMカード代金1,100円(税込)引き
※クーポンコード【rokemoba24apr】

ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えに使えるキャンペーン

「せっかく通信会社を変更するなら、お得になるキャンペーンを利用したい」そう考えている人もいるのではないでしょうか。

そこでここからは、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えがお得になるキャンペーンを紹介します。

2024年4月開催中のイオンモバイルキャンペーン

キャンペーン名 概要 終了日
リニューアルキャンペーン

1.他社からの乗り換えでイオンモバイルを契約&月額料金のお支払いをイオンカードに指定すると、6,000waonポイントプレゼント

2.他社からの乗り換えと同時に対象スマホ購入で5,000waonポイントプレゼント

2024年5月31日

エントリーパッケージご契約特典キャンペーン エントリーパッケージを購入し、イオンモバイルの音声プランまたは、シェアプランにお申し込みされた方へ、2,000WAONポイントを付与

終了日未定

イオンモバイル紹介トクキャンペーン 紹介者した人は1人紹介で3,000WAON、紹介された側は1,000WAWONポイントがもらえます
さらに1GBのデータ容量がプレゼント

終了日未定

イオンスマホ→イオンモバイル乗り換えキャンペーン イオンスマホからイオンモバイルに乗り換えでSIMカード代1円+3,000WAONポイント

終了日未定

イオンモバイル利用者限定 「2024年4月度 おうちでイオン イオンネットスーパーお試しキャンペーン」 期間中、対象のイオンネットスーパーで税込8,000円以上ご利用の場合に、配送料が1回限り税込220円引きとなるクーポンコードを進呈

3月31日配送完了分まで


一つずつご紹介します。

リニューアルキャンペーン

【イオンモバイル】リニューアルキャンペーン 出典:イオンモバイル

キャンペーン名 リニューアルキャンペーン
終了日 2024年5月31日
条件

特典1:他社からの乗り換えでイオンモバイルを契約し、月額料金のお支払いをイオンカードに登録

特典2:他社からの乗り換えと同時に対象スマホを購入

内容

特典1:6,000wanoポイントプレゼント

特典2:5,000waonポイントプレゼント

【対象機種】Redmi 12 5G・moto g24

※60歳以上の方はFCNT arrow We F-51B「docomo版」【中古(未使用】購入で15,000waonポイントプレゼント

イオンモバイルに乗換え(MNP)で、最大6,000WAONポイントがもらえるキャンペーンです。

他社から乗り換えでイオンモバイルを契約し、月額料金のお支払いでイオンカードを登録すると、6,000WAONポイントがもらえますよ。

また、対象のスマートフォンを同時購入すると、追加でWAONポイントがもらえます。

対象のスマートフォンと付与されるWAONポイントは以下の通りです。

対象のスマートフォン 電子マネーWAONポイント
① Redmi 12 5G 5,000ポイント
②moto g24
契約者本人が60歳以上の方のみ対象
④FCNT arrows We F-51B「docomo版」【中古(未使用品)】
15,000ポイント

さらに月額料金をイオンカードで支払うと、2,000WAONポイントが追加で付与されます。

参考:イオンカードキャンペーン

毎月の利用料金の支払いクレジットカードにイオンマークの付いたカード(イオンカード)を登録した場合、2,000WAONポイントがもらえる

エントリーパッケージご契約特典

【店舗限定】エントリーパッケージご契約特典出典:イオンモバイル

キャンペーン名 【店舗限定】エントリーパッケージご契約特典
終了日 終了日未定
条件 インターネットから音声プランまたはシェアプランをお申込みの際に、店舗でご購入のエントリーパッケージを利用してお申込み
内容 2,000電子マネーWAONポイントを進呈

エントリーパッケージ契約特典もありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

エントリーパッケージでイオンモバイルの音声プランまたはシェアプランに申し込むと、2,000WAONポイントがプレゼントされるキャンペーンです

エントリーパッケージは、イオン店舗で購入することができるエントリーコードが記載された紙のパッケージ商品で、エントリーパッケージには1枚分のSIMカード代金(事務手数料相当額)が含まれます。

WEBの申込ページのSTEP2にエントリーコードを入力することで利用ができます。

特典のWAONポイントは、利用開始の翌々月末日に、イオンモバイルマイページにて進呈されますので、忘れずに確認をするようにしましょう。

イオンモバイル紹介トク

イオンモバイル紹介トクキャンペーン出典:イオンモバイル

キャンペーン名 イオンモバイル紹介トクキャンペーン
終了日 終了日未定
条件 契約中の方がはじめてイオンモバイルを契約されるお客さまをご紹介
内容 紹介した人に3,000WAONポイント、紹介された人にも1,000WAONポイントプレゼント
さらに、紹介した人・された人に1GBクーポンプレゼント

家族や友達を紹介するだけで、1人あたり3,000電子マネーWAONポイントが付与されます。

紹介された側にも1,000電子マネーWAONポイントが付与されるので、損をすることはありません。

クーポンコードが発行され紹介する相手にコードを渡すことで適用となりますが、注意点があります。

有効期限が最大で6ヶ月間と決まっているので、利用を考えている方は早めに対応しましょう。有効期限を過ぎてしまうとキャンペーンの適用はされません。

イオンスマホ→イオンモバイル乗り換えキャンペーン

イオンスマホ→イオンモバイル乗り換えキャンペーン出典:イオンモバイル

キャンペーン名 イオンスマホ→イオンモバイル乗り換えキャンペーン
終了日 終了日未定
条件 イオン店舗で2016年2月25日以前にイオンスマホを契約し、イオンスマホからイオンモバイルへ乗り換える方
内容 イオンスマホからイオンモバイルに乗り換えるとSIMカード代金が1円となり、さらに3,000WAONポイントプレゼント

イオンスマホとは、2014年にイオンが格安スマホ販売サービスとして最初「BIGLOBE」「日本通信(b-mobile)」「So-net(nuro-mobile)」の代理店となって格安スマホを販売していました。

2016年2月26日にイオンモバイルへと変更になったことで、乗り換えキャンペーンがスタートし、SIM+スマホを直接販売できるようになっています。

お手持ちのスマホがイオンスマホなのかイオンモバイルなのかを確認する方法を下記にまとめました。
3つとも全てに該当されている方は、イオンスマホで契約されていることになるので確認しておきしましょう。

端末を所有している

下記のリストに載っている端末のいずれかを所有されている方

  • Xperia J1 Compact
  • VAIO Ⓡ Phone
  • KYOCERA S301
  • arrows M01
  • arrows M02
  • geanee FXC-5A
  • NEXUS4
  • ALCATEL ONETOUCH IDOL 2S

イオン店舗にで2016年2月25日以前に契約している

  • 2016年2月25日以前…イオンスマホ
  • 2016年2月26日以降…イオンモバイル

APN(アクセスポイント名)が下記のいずれか

APNとは携帯電話でデータ通信を行う際に、接続先の事業者やサービスを指定するための識別名のことで、端的に言うと携帯電話回線からネットワークへの接続窓口です。

  • bmobile.ne.jp
  • biglobe.jp
  • so-net.jp

イオンスマホのAPN確認方法は、機種ごとに少し違うのでイオンスマホのAPN確認方法からのご確認をお願いいたします。また確認する際は、Wi-FiをOFFにした状態で操作を行ってください。

イオンモバイル利用者限定 「2024年4月度 おうちでイオン イオンネットスーパーお試しキャンペーン」

【イオンモバイル】 イオンモバイル利用者限定 「2023年11月度 おうちでイオン イオンネットスーパーお試しキャンペーン」出典:イオンモバイル

キャンペーン名 イオンモバイル利用者限定 「2024年3月度 おうちでイオン イオンネットスーパーお試しキャンペーン」
終了日

4月30日配送完了分まで

条件
  • 対象のイオンネットスーパーで税込8,000円以上(配送料・手数料除く)利用
  • イオンモバイルを利用している方
  • 対象店舗:本州(東北地方を除く)と四国のイオンネットスーパー

※ 北海道、九州、沖縄地方のネットスーパーは対象外

内容

配送料が1回限り税込220円引きとなるクーポンコードを進呈

イオンモバイルでは契約者限定で、イオンのサービスをお得に利用してもらえるよう、ネットスーパーのクーポンをプレゼントする「イオンネットスーパーお試しキャペーン」を開催しています。

8,000円以上の商品購入で配送料220円が値引きになる、期間限定で利用可能なクーポンが1回分プレゼントされます(北海道、九州、沖縄地方のネットスーパーは対象外)。

イオンモバイル契約者で、すでにイオンネットスーパー利用者はもちろん、イオンのネットスーパーが気になっていたという人は、クーポンを利用してみてはいかがでしょうか。

\ 下記リンク限定!イオンモバイルで20GB以上のプランお申し込みでSIMカード代金1,100円(税込)引き
※クーポンコード【rokemoba24apr】

終了したキャンペーン

過去に行われていたキャンペーンの一覧です。

キャンペーン名

内容

終了日

2023 harutokuキャンペーン 【harutoku 1】
他社から乗換え(MNP)にて契約すると、最大5,000電子マネーWAONポイントをプレゼント
【harutoku 2】
新規または他社から乗換え(MNP)にて音声SIMカードの契約と同時に対象機種を購入すると、最大7,000電子マネーWAONポイントをプレゼント
【harutoku 3】
60歳以上の方が他社から乗換え(MNP)と同時に「SHARP AQUOS wish」を購入すると、10,000電子マネーWAONポイントをプレゼント
2023年4月終了
【NEWCOM 橿原店オープン!】オープニングセール開催

NEWCOM橿原店限定

・Mac 全モデル(CTOモデル除く)
 ¥11,000円(税込)OFF
・AirPods Pro(第2世代)
 ¥5,500円(税込)OFF

2023年5月終了
ゴールデンウィークキャンペーン

イオンモバイルにお乗換え(MNP)でSIMカード代金(事務手数料相当額)半額

2023年5月終了
春の乗換えキャンペーン 他社から乗換え(MNP)にて音声SIMカードを契約すると、2,000電子マネーWAONポイントを進呈。
さらに毎月の利用料金の支払いクレジットカードにイオンマークの付いたカードを登録の場合、3,000電子マネーWAONポイントを追加で進呈(合計5,000電子マネーWAONポイント進呈)。
2023年5月終了
家計応援キャンペーン イオンモバイルに乗換え(MNP)&対象スマホ購入で10,000WAONポイントプレゼント!さらに月額料金をイオンカードで支払うと2,000WAONポイントプレゼント! 2023年6月終了
抽選で500名さまに最大20,000円お支払金額総額をキャッシュバック​

期間中、対象のオンラインショップでイオンマークの付いたカード払い合計10,000円(税込)以上購入&応募で、抽選500名に支払金額総額をキャッシュバック

2023年7月終了

ナツパンダの壁紙プレゼント! ナツパンダの壁紙プレゼント!

2023年7月終了

Bon! Bon! Week! 2023 ~ イオンモバイルにお乗換え&スマホのまとめ買いがオトク~
  • イオンモバイルに乗換え(MNP)でSIMカード(事務手数料相当額:1枚につき税込3,300円)が半額の税込1,650円
  • イオンモバイルが販売するSIMフリースマホを2台以上購入で、1台につき電子マネーWAON:2,000ポイント進呈
  • 同じ通信ブランド(NTTドコモ/au/ソフトバンク/UQモバイル/ワイモバイル共通)のスマホを2台以上購入で、1台につき2,000電子マネーWAONポイント進呈

22023年8月終了

イオンモバイルの納得!夏得!キャンペーン2023 イオンモバイルにお乗換え(MNP)&対象スマホ購入で8,000WAONポイントプレゼント!さらに月額料金をイオンカードでお支払いいただくと2,000WAONポイントプレゼント!

2023年8月終了

まるっと乗換えキャンペーン 期間中、他社から乗換え(MNP)での音声SIMカードの契約と同時に、指定のスマートフォンを購入すると、10,000WAONポイント、または15,000WAONポイントプレゼント。
さらに月額料金をイオンカードで支払うと、2,000WAONポイントプレゼント。
2023年10月終了
展示品処分セール イオンデジタルワールド限定で在庫限定端末がお得に購入可能

在庫が無くなり次第終了

イオンブラックフライデー 人気スマホが特別価格&購入と同時にイオンモバイルに乗換えで5,000WAONポイントプレゼント!さらに乗換えだけでもSIM半額! 2023年11月終了
ブラックパンダの壁紙プレゼント! ブラックパンダの壁紙プレゼント 2023年11月終了
どうする?乗換えキャンペーン イオンモバイルに乗換え(MNP)で3,000WAONポイント。
対象のスマートフォンを同時購入なら、さらに5,000WAONポイントまたは15,000WAONポイントプレゼント。
2023年11月終了
年末年始の運試し!イオンモバイルの大盤振舞抽選会 5人に1人豪華景品が当たる!抽選参加はイオンモバイルのお店にて 2024年1月終了
イオンモバイルにお乗換えいただくとSIMカード代金半額! イオンモバイルに乗換え(MNP)でSIMカード(事務手数料相当額:1枚につき税込3,300円)が半額の税込1,650円 2024年1月終了
福パンダの壁紙プレゼント! 福パンダのスマホ用&PC用の壁紙画像プレゼント! 2024年1月終了
ホップステップのりかえキャンペーン 他社からお乗換え(MNP)での音声SIMカードのご契約と同時に、下記の当社指定のスマートフォンをご購入の場合、電子マネーWAON:10,000ポイントまたは15,000ポイントを進呈 2024年1月終了
2024年春得キャンペーン 他社からお乗換え(MNP)での音声SIMカードのご契約と同時に、下記の当社指定のスマートフォンをご購入の場合、電子マネーWAON:10,000ポイントまたは15,000ポイントを進呈 2024年3月終了
チアパンダの壁紙プレゼント! チアパンダのスマホ用&PC用の壁紙画像プレゼント! 2024年3月終了

ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換えに関するよくある質問

次に、ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換えに関するよくある質問をご紹介します。同じような疑問をお持ちの人がいましたら、参考にしてみてくださいね。

以下がソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換える際によくある質問です。

  • イオンモバイルでキャリア端末は使える?
  • イオンモバイルのMNP予約番号は即日発行される?
  • イオンモバイルの店舗はどこにある?
  • イオンモバイルの乗り換え手数料はいくら?
  • イオンモバイルからの乗り換えに解約金は発生する?

ひとつずつ回答していきます。

イオンモバイルでキャリア端末は使える?

イオンモバイルでは多くのキャリア端末を利用することが可能ですが、一部動作が確認できていないものもあります

利用する端末が、イオンモバイルで利用することができるかは、イオンモバイル公式サイトの動作確認済み端末ページで確認をしてみてください。

イオンモバイルのMNP予約番号は即日発行される?

イオンモバイルでは当日8時までに申込をすると、同じ日の23時00分にMNP予約番号が発行されます。当日8時00分以降の申込については、翌日23時00分以降に発行されます。

イオンモバイルの店舗はどこにある?

イオンモバイルは全国200店舗以上あるイオンの店舗で、故障修理受付や料金プラン変更等のサポートを行っています。

店舗一覧や、対応しているサービスについては、イオンモバイル公式サイトの店舗一覧から確認することができます。

イオンモバイルの乗り換え手数料はいくら?

イオンモバイルから転出する際の手数料は無料です。

一方で、イオンモバイルへ転入する際はSIMカード代金3,300円が必要です。

イオンモバイルからの乗り換えに解約金は発生する?

イオンモバイルでは契約解除料や違約金は一切発生しませんが、解約の申込日にかかわらず、当月末日までの利用料金は全額請求されます。

\ 月々1,000円以下でスマホが利用可能!/

イオンモバイル|公式サイト

まとめ

ここまで、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えについてご紹介してきました。最後にあらためてメリットとデメリットをまとめましたので、参考にしてみてください。

ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換えるメリット
  • 豊富な料金プランで通信費が節約できる
  • 回線選択の幅が広がる
  • 電話をお得に利用できる
  • 速度切り替えができるので効率的にデータを使える
  • 端末も一緒に購入すると初期設定をお願いできる
ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換えるデメリット
  • メリハリ無制限+でデータ使い放題ができなくなる
  • ソフトバンクのメールアドレスを無料で使えなくなる
  • アメリカ放題でアメリカ・ハワイでデータ通信ができなくなる
  • 子育て応援クラブの特典がもらえなくなる
  • eSIMが利用できなくなる

メリハリ無制限+のような、データ使い放題へのこだわりがなく、通信料金を節約したい人は、ソフトバンクからイオンモバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

また、ドコモやauの回線を使ってみたいという人にもイオンモバイルへの乗り換えがおすすめできます。

\ 下記リンク限定!イオンモバイルで20GB以上のプランお申し込みでSIMカード代金1,100円(税込)引き
※クーポンコード【rokemoba24apr】

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次