<PR>

スマホの携帯料金を安くしたい方必見!一番安い携帯会社を容量別に徹底比較!

携帯 料金 安く したい
本ページはプロモーション(広告)が含まれています
格安SIMの最新情報!
  • 楽天モバイル iPhone 15シリーズなど2月21日に値下げ 最大33,000円相当おトクに
  • povo、音楽と食の大型野外イベント「Otomeshi Festival.2024」の冠スポンサーに就任、会場でデータ特典など提供
  • povo2.0の月末セール、2月は「データ追加1GB(7日間)」半額や25GB増量キャンペーンなどを開催

2024/02/22現在

「携帯料金を安くしたい!」
「一番安く携帯を持つ方法は?」

楽天モバイルやドコモ・auなどの携帯料金を、もっと安くしたいという方も多いかもしれません。

携帯料金を抑えるコツは6つありますが、一番安く携帯を持つ方法としては格安SIMに乗り換えが挙げられます。

この記事では大手キャリアごとに携帯料金を安くする方法をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに格安SIM比較ahamoと楽天モバイルを比較について解説した記事もおすすめです。

みんながどのくらい毎月のスマホ代を払っているのか、携帯料金の平均が気になる方はこちらも確認してみましょう。

新型iPhone 15の最新情報
楽天モバイルがお得!
楽天モバイルキャンペーン

楽天モバイルでは様々なキャンペーンを実施しており、iPhoneとセットで乗り換えがお得にご利用可能です!

楽天モバイルを紹介すると7,000ポイントプレゼント!紹介された方も13,000ポイントもらえる♪

料金プランもワンプランで従量制なので、月額1,078円〜3,278円とお得かつ最大料金も安いままデータ無制限でご利用可能です!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 電話もネットも使い放題! /

目次

携帯料金を安くしたい!今すぐ月額費用を抑えるコツ

携帯料金を安くするために、月額費用を抑えるコツは以下の6つです。

そこで、今回は携帯料金を安くするコツを6つ紹介します。

  • ①格安SIMに乗り換える|値引き額No.1
  • ②現在の料金プランを見直す
  • ③利用しているオプションを見直す
  • ④通話料が無料の通話アプリを利用する
  • ⑤WiFiを利用して通信量を節約する
  • ⑥家族割引を利用する

それでは、1つずつ見ていきましょう。

①格安SIMに乗り換える|値引き額No.1

格安SIMは、大手キャリアと比べて、通信料金が安く設定されているため、格安SIMに乗り換えると、月額費用を抑えられます。

例えば、大手キャリアの月額料金が1万円前後のところ、格安SIMなら月額3,000円台で利用できることも珍しくありません。

格安SIMは、データ通信量や通話料が定額のプランが用意されていることが多いため、利用状況に応じて、月額料金を安く抑えられます。

また、データ通信量を自由に選べるプランも多く、自分の利用状況に合わせて、最適なプランを選べます。

さらに、オプションの種類が豊富です。

例えば、通話定額オプションや、データ容量を追加するオプションなど、さまざまなオプションが用意されています。

格安SIMは自分の利用状況に合わせて、必要なオプションを追加することで、さらに月額費用を抑えられます。

>楽天モバイルの評判・口コミはこちら

>楽天モバイルのクーポンはこちら

\ 高額キャッシュバックの格安SIM! /

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

>楽天モバイルのキャンペーンはこちら

②現在の料金プランを見直す

現在の料金プランを見直すことで、携帯料金を安くできるかもしれません。

具体的には、以下の点を確認してみましょう。

  • データ使用量
  • 通話料金
  • オプションの加入状況

データ使用量が少ないのに大容量プランを契約していたり、高い通話料金プランにしていると、料金が高くなってしまう可能性があります。

まずは、現在契約している料金プランが自分に合っているかどうかを確認しましょう。

③利用しているオプションを見直す

携帯料金を安くする方法はいくつかありますが、その中でも効果的なのは、利用しているオプションを見直すことです。

具体的には、以下のオプションを見直してみましょう。

通話オプション

通話オプションには、国内通話定額や国際通話定額など、種類が豊富です。

しかし、これらのオプションは、実際に利用する頻度が低い場合、料金を無駄に払っている状態です。

例えば、月に数回しか通話をしない場合は、通話オプションを解約することで、月額数百円の節約につながります。

データ通信オプション

データ通信オプションには、高速データ通信や海外パケット定額など、種類が豊富です。

しかし、これらのオプションは、データ使用量が少ない場合、料金を無駄に払っている状態なので、損しています。

例えば、月に数GBしかデータ通信を使わない場合は、データ通信オプションを解約することで、月額数千円の節約につながります。

その他オプション

ワンセグや留守番電話などを実際に利用する頻度が低い場合、料金を余分に払っている状況です。

例えば、ワンセグを利用しない場合は、ワンセグオプションを解約することで、月額数十円の節約が可能です。

オプションを見直す際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 利用頻度を把握する
  • 自分に合ったプランを選ぶ
  • オプションの組み合わせを検討する

オプションを見直すことで、携帯料金を大幅に節約できるので、一度見直してみてはいかがでしょうか。

④通話料が無料の通話アプリを利用する

今すぐ月額費用を抑える場合、通話料が無料の通話アプリを利用しましょう。

通話アプリを利用すれば、データ通信を利用するため、通話料はかかりません。

もちろん、通話相手の方も同じ通話アプリを利用していることが条件ですが、最近は多くの人が通話アプリを利用しているので、問題ないでしょう。

また、通話アプリを利用することで、通話の音質も改善されます。

通話アプリの利用で月額費用を抑えられますが、通話アプリを利用する際にはデータ使用量に注意しましょう。

>楽天モバイルの評判・口コミはこちら

>楽天モバイルのクーポンはこちら

\ 高額キャッシュバックの格安SIM! /

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

>楽天モバイルのキャンペーンはこちら

⑤WiFiを利用して通信量を節約する

月額費用を抑えるコツでおすすめなのが、WiFiを利用して通信量を節約することです。

WiFiを利用すれば、データ通信量を消費せずにインターネットに接続できるので、通信量の多い動画や音楽、ゲームなどを楽しみながらも、月額費用を抑えられます。

具体的には、以下の2つの方法でWiFiを利用可能です。

自宅でWiFi環境を構築する

自宅にインターネット回線を引いている場合は、Wi-Fiルーターを設置することで、自宅でWiFiを利用できます。

また、インターネット回線を引いていない場合は、光回線やモバイルWi-Fiなどのインターネット回線を契約しましょう。

外出先でWiFiスポットを利用する

カフェやホテル、公共施設など、さまざまな場所でWiFiスポットが利用できます。

ただし、セキュリティに注意が必要なので、Web決済やID・パスワードの入力などは控えるようにしましょう。

自宅でインターネットを使うときは、必ずWiFiに接続するようにしましょう。

WiFiを利用して通信量を節約すれば、月額費用を大幅に抑えられるので、おすすめです。

⑥家族割引を利用する

月額費用を抑えるコツとして、最も手軽にできるのが「家族割引」の利用です。

家族割引とは、同じ携帯会社で家族や親族が複数の契約を結ぶことで、月々の料金が割引になるサービスです。

具体的には、どの携帯会社でも、家族全員の加入プランが対象プランであれば、1回線あたりの料金が割引されます。

家族割引の対象となるのは、一般的に以下の条件を満たす家族や親族です。

  • 血縁関係にある親族
  • 婚姻関係にある配偶者
  • 同一住所に住む同居人

ただし、携帯会社によって、対象となる家族や親族の条件が異なる場合があるので、事前に確認しておきましょう。

ぜひ、家族や親族と相談して、家族割引の利用を検討してみてください。

携帯料金を安くする流れ

携帯料金を安くする流れを3STEPで解説していきます。

  • STEP①現在利用しているプランを確認する
  • STEP②格安SIMの料金と比較する
  • STEP③格安SIMへ乗り換える

それでは、1つずつ見ていきましょう。

STEP①現在利用しているプランを確認する

携帯料金を安くしたいと思ったら、まず現在利用しているプランを確認しましょう。

プランを確認するには、契約している携帯会社のWebサイトやアプリ、または店舗で確認できます。

どのプランにしようか迷っている方は、データ無制限プランが携帯料金を安くでき、お得です。

そこで、以下の代表的な格安SIMであれば、データ無制限プランを利用できます。

上記以外にも、さまざまな格安SIMが存在します。

複数の格安SIMを比較して、自分に最適なプランを選びましょう。

まずは、現在利用しているプランを確認して、格安SIMに乗り換えるかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

STEP②格安SIMの料金と比較する

携帯料金を安くしたいと思ったら、まず現在の携帯料金プランを見直すことが大切です。

格安SIMには、さまざまな料金プランが用意されています。

以下の代表的な格安SIMを確認してみましょう。

格安SIM 特徴
楽天モバイル 20GBまでデータ通信量が使い放題で、月額料金は3,278円(税込)。

ただし、楽天モバイルの回線を利用するには、楽天モバイル専用端末が必要。
ahamo ドコモのオンライン専用プラン。

5G対応で、月額料金は2,970円(税込)。
povo KDDIのオンライン専用プラン。

基本料金は0円で、データ通信量や通話量を必要な分だけ購入する仕組み。
LINEMO ソフトバンクのオンライン専用プラン。

月額料金は2,728円(税込)で、LINEアプリの音声通話とデータ通信が使い放題。
ワイモバイル ソフトバンクの子会社であるソフトバンクグループ株式会社が運営する格安SIM。

月額料金は2,178円(税込)で、データ通信量3GBと通話かけ放題がセットになっている。

格安SIMの料金プランは、大手キャリアと比べて大幅に安く利用できます。

データ容量や通話料、オプションなども充実しているので、自分の使い方に合わせて選べますよ。

格安SIMを選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • データ容量
  • 通話料
  • オプション

まずは、現在の月額料金を確認して、格安SIMに乗り換えるかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルの楽天回線エリアはこちらから参照ください。

STEP③格安SIMへ乗り換える

どの格安SIMにするか決めたら、いよいよ乗り換えです。

格安SIMに乗り換える際には、以下の手順で乗り換えてみましょう。

STEP
現在の携帯電話の解約手続きをする

格安SIMに乗り換えるためには、現在の携帯電話の契約を解約する必要があります。

解約手続きは、各キャリアのWebサイトや店舗でえます。

STEP
乗り換える格安SIMの申し込みをする

乗り換える格安SIMのWebサイトから申し込みを行います。

申し込みの際には、必要な書類を用意しておきましょう。

STEP
乗り換える格安SIMのSIMカードを受け取る

申し込みが完了すると、乗り換える格安SIMのSIMカードが届きます。

SIMカードを受け取ったら、すぐに現在の携帯電話に挿入しましょう。

STEP
乗り換え手続きを行う

SIMカードを挿入したら、乗り換え手続きを行います。

乗り換え手続きの方法は、各格安SIMによって異なります。

ここまでできれば乗り換え手続き完了です。

ぜひ、この機会に格安SIMへの乗り換えを検討してみてください。

auの携帯料金を安くしたい場合の方法

auの携帯料金を安くしたい場合の方法を5つ紹介します。

  • auの料金プランを見直す
  • 「auスマートバリュー」を利用する
  • 「povo2.0」に乗り換える
  • 「UQモバイル」に乗り換える
  • au回線が使える格安SIMに乗り換える

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

auの料金プランを見直す

まずは、現在どのようなプランやオプションに加入しているかを確認しましょう。

auの料金プランは、auのマイページやアプリから確認できます。

確認後、自分の利用状況に合わせて、プランやオプションを変更しましょう。

例えば、データ通信をあまりしない場合は、データ容量が少ないプランに変更することで、料金を安くできます。

また、通話が多い場合は、通話定額オプションを追加することで、通話料を節約できます。

auの携帯料金を安くしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「auスマートバリュー」を利用する

auの携帯料金を安くしたいなら、「auスマートバリュー」がおすすめです。

auスマートバリューは、auの携帯電話とauひかり(またはauひかり電話)をセットで利用することで、携帯電話の料金が割引されるサービスです。

auスマートバリューの割引額は、家族の人数や加入するサービスによって異なりますが、最大で月額1,320円(税込)の割引を受けられます。

具体的には、以下のような割引を受けられます。

適用例 割引額
家族でauの携帯電話を3台以上利用している場合 月額550円(税込)/台
家族でauの携帯電話とauひかりをセットで利用している場合 月額670円(税込)/台
家族でauの携帯電話とauひかり電話をセットで利用している場合 月額1,320円(税込)/台

auスマートバリューの割引は、auの携帯電話の料金に自動的に適用されるため、auの携帯料金を安くしたい人におすすめのサービスです。

auの携帯電話とauひかり(またはauひかり電話)を利用している方は、ぜひauスマートバリューを検討してみてください。

au公式サイト:https://www.au.com/

\ 機種購入がお得になる豊富なキャンペーン /

>auのキャンペーンはこちら

「povo2.0」に乗り換える

povoに乗り換えると、auの従来プランに比べて、大幅に携帯料金を安くできます。

povo2.0は、従来のauの料金プランとは異なり、基本料金0円でデータ通信や通話料が必要な分だけ支払うという、従量課金制の料金プランです。

そこで、最安プランを利用する場合、povo2.0と大手キャリアとの料金を比較してみましょう。

キャリア名 月額料金
au 2,178円(税込)
ソフトバンク 2,900円(税込)
ドコモ 3,465円(税込)
povo2.0 0円

このように、auの携帯料金を安くしたい場合は、povo2.0に乗り換えるのがおすすめです。

povo2.0は、基本料0円で利用できる格安SIMです。

データ通信を利用する場合、以下の表に記載している1GB~データ使い放題までのトッピングを購入する必要があります。

データ容量 料金
1GB(7日間) 390円(税込)/回
3GB(30日間) 990円(税込)/回
20GB(30日間) 2,700円(税込)/回
60GB(90日間) 6,490円(税込)/回
150GB(180日間) 12,980円(税込)/回
データ使い放題(24時間) 330円(税込)/回

このように、データ通信を利用したい時だけ追加で購入する必要がありますが、自宅のWiFiを利用する場合、基本料は0円のままです。

また、povo2.0は随時乗り換えキャンペーンや端末料金割引キャンペーンなどが開催されているので、ぜひ活用してみましょう。

基本料金が安く、必要な分だけデータ通信や通話料を支払えるので、お得に利用できます。

>povoの評判・口コミはこちら

\ 基本料金0円の格安SIM!

>povoのキャンペーンはこちら

「UQモバイル」に乗り換える

auの携帯料金を安くしたい場合におすすめの方法は、UQモバイル」に乗り換えることです。

UQモバイルは、auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスです。

UQモバイルの料金プランを確認してみましょう。

プラン データ容量 月額料金
トクトクプラン ~1GB 2,178円(税込)
1~15GB 3,465円(税込)
コミコミプラン 20GB 3,278円(税込)
ミニミニプラン 4GB 2,365円(税込)

上記の基本料金に自宅セット割が適用の場合、以下の料金に割引されます。

自宅セット割:家族でもひとりでも、対象のインターネットサービス(ネット+電話)またはでんきとセット1,100円(税込)割引

プラン データ容量 月額料金
トクトクプラン ~1GB 990円(税込)
1~15GB 2,178円(税込)
コミコミプラン 20GB 3,278円(税込)
ミニミニプラン 4GB 1,265円(税込)

また、上記の料金に加え、UQモバイルでは国内通話料金が5分無料(超過後22円/30円)とお得です。

月20GBがどのくらいなのか、例を踏まえて確認していきましょう。

  • オンライン会議:約34時間/月
  • 動画視聴:約17時間/月
  • 音楽ダウンロード:約4,000曲/月

このように、月20GBもあれば仕事での会議や趣味のゲームなどで使用しても、低速にはなりにくいです。

そして、月額3,278円(税込)は格安SIMならではのお得な料金となっています。

auの携帯料金を安くしたい場合、UQモバイルに乗り換えがおすすめです。

ぜひ、この機会にUQモバイルに乗り換えて、携帯料金を安くしてみませんか。

>UQモバイルの評判・口コミはこちら

>UQモバイルのクーポンはこちら

\ auユーザーにおすすめの格安SIM! /

>UQモバイルのキャッシュバックはこちら

>UQモバイルのキャンペーンはこちら

au回線が使える格安SIMに乗り換える

au回線が使える格安SIMに乗り換えると、auの携帯料金を安くできます。

au回線の格安SIMは、auのネットワークを使って通信を行うため、auのスマホやタブレットをそのまま使用可能です。

そのため、乗り換えの手間も少なく、安心して利用できます。

au回線が使える格安SIM10選は以下の通りです。

  • povo2.0
  • IIJmio
  • UQモバイル
  • mineo
  • NUROモバイル
  • イオンモバイル
  • エキサイトモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • J:COM モバイル
  • QTモバイル

au回線が使える格安SIM:mineo

mineo(マイネオ)は、人気ランキングでも上位にランクインする人気の格安SIMです。

mineoは、auの回線をそのまま利用できる格安SIMのため、auのスマホやタブレットを利用している場合でも、そのまま乗り換えられます。

mineoの月額料金は、データ容量や通話料金のプランによって異なりますが、最安1GB880円(税込)と非常に安価な価格です。

au回線が使える格安SIM:イオンモバイル

イオンモバイルは、イオングループの格安SIMサービスです。

auの4G LTE回線を使用しており、auのエリアでそのまま利用できます。

また、auの端末をそのまま使えます。

イオンモバイルの料金プランは、シンプルでわかりやすいのが特徴です。

月額料金は、1GB858円(税込)からと、auの料金プランと比べてリーズナブルです。

au回線が使える格安SIM:IIJmio

IIJmioは、au回線の格安SIMとして人気を集めているサービスです。

auの回線を利用しているため、auの回線品質をそのまま利用できます。

IIJmioの料金は、auの料金と比べて最大半額程度に抑えられます。

月額基本料金は、2GBで740円(税込)からとなっており、データ容量を多く利用する人でも、お得です。

つまり、au回線の格安SIMに乗り換えることで、毎月1,000円以上も節約できる可能性があります。

auの携帯料金を安くしたい方は、ぜひau回線の格安SIMの乗り換えを検討してみてください。

ドコモの携帯料金を安くしたい場合の方法

ドコモの携帯料金を安くしたい場合の方法を5つ紹介していきます。

  • ドコモの料金プランを見直す
  • 「ドコモ光セット割」を利用する
  • 格安プラン「ahamo」に乗り換える
  • 格安プラン「irumo」に乗り換える
  • ドコモ回線が使える格安SIMに乗り換える

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

ドコモの料金プランを見直す

ドコモの携帯料金を安くしたい場合、まずはドコモの料金プランを見直すことが大切です。

具体的には、以下の3つのポイントを押さえましょう。

データ通信量に合ったプランを選ぶ

データ通信量をあまり利用しない人は、データ容量が少ないプランを選ぶことで、月額料金を抑えられます。

通話料金の割引を利用する

ドコモでは、家族割みんなドコモ割などの割引サービスが用意されています。

これらの割引サービスを利用することで、通話料金を大幅に抑えられます。

家族割は、家族でドコモの携帯電話を利用している場合に適用される割引サービスです。

みんなドコモ割は、ドコモの携帯電話とドコモ光をセットで利用している場合に適用される割引サービスです。

家族割・みんなドコモ割ともに、加入している回線数に応じて、通話料金が割引されます。

ドコモの料金プランを見直す際は、以下の手順で進めてみましょう。

STEP
現在の利用状況を把握する

まずは、自分の1ヶ月あたりのデータ通信量や通話量を把握しましょう。

ドコモの公式サイトで、利用状況を確認できます。

普段からデータ通信をあまり使わない方は、低容量プランに変えてみてもいいかもしれません。

STEP
自分に合ったプランを検討する

自分の利用状況を把握したら、自分に合ったプランを検討しましょう。

ドコモの公式サイトで、各プランの詳細を比較できます。

STEP
オプションを見直す

プランを検討したら、オプションを見直しましょう。

必要のないオプションは、解約することで料金を節約できます。

ドコモの携帯料金を安くしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

「ドコモ光セット割」を利用する

ドコモの携帯料金を安くしたいと思っている方は、ドコモ光セット割」の利用がおすすめです。

ドコモ光セット割は、ドコモ光とドコモの携帯電話を同じ名義で契約すると、ドコモの携帯電話の月額料金が1回線あたり最大1,100円(税込)割引されるお得なサービスです。

「ドコモ光セット割」を利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • ドコモ光とドコモの携帯電話を同じ名義で契約していること
  • ドコモ光の基本使用料の課金が1回線以上あること
  • ドコモの携帯電話が「eximo」「irumo(0.5GBを除く)」を契約していること

ドコモ光セット割の適用を受けるには、特に手続きは必要ありません。

ドコモ光とドコモの携帯電話を同じ名義で契約すると、自動的に適用されます。

ドコモの携帯料金を安くしたい方は、ぜひドコモ光セット割を活用してみてください。

>ドコモのクーポンはこちら

\ ドコモ光セット割でお得に /

>ドコモのキャンペーンはこちら

「ahamo」に乗り換える

ドコモの携帯料金を安くしたい場合のおすすめの方法は、ahamo」に乗り換えることです。

ahamoは、ドコモが2021年3月から提供している、月額2,970円(税込)のシンプルな料金プランです。

ahamoの料金プランを見ていきましょう。

プラン データ容量 月額料金
ahamo 20GB 2,970円(税込)
ahamo大盛り 100GB(20GB+大盛りオプション80GB) 4,950円(税込)

格安SIMは速度が遅く不便だと感じている方は、ahamoを検討してみてはいかがでしょうか。

ahamoでiPhoneを利用したいなど、機種を新しくしたい場合はドコモオンラインショップで購入できますよ。

>ahamoの評判・口コミはこちら

\ 実質1,980円(税込)引きの格安SIM!/

>ahamoのキャンペーンはこちら

「irumo」に乗り換える

ドコモの携帯料金を安くする方法はいくつかありますが、その中でも「irumo」に乗り換えるのがおすすめです。

irumoは、ドコモが2023年7月20日に提供を開始した格安プランです。

従来の料金プランと比べて、基本料金が安く、データ容量もたっぷり使えます。

irumoの料金は、以下の通りです。

データ容量 月額料金
0.5GB 2,167円(税込)
3GB 2,827円(税込)
6GB 3,377円(税込)
9GB 550円(税込)

上記の基本料金にhome 5G セット割/ドコモ光セット割およびdカードお支払い割を適用した場合、以下の料金に割引されます。

データ容量 月額料金
0.5GB 880円(税込)
3GB 1,540円(税込)
6GB 2,090円(税込)
9GB 550円(税込)

irumoは他格安SIMと比較しても料金の安さが特徴なので、ドコモの携帯料金を安くしたい方にとって、最適な料金プランと言えるでしょう。

ドコモの携帯料金を安くしたい方は、ぜひirumoへの乗り換えを検討してみてください。

>irumoの評判・口コミはこちら

\ 最安プラン0.5GB 550円(税込) /

>irumoのキャンペーンはこちら

ドコモ回線が使える格安SIMに乗り換える

ドコモ回線が使える格安SIMに乗り換えると、携帯料金を安くできます。

ドコモ回線が使える格安SIM10選は以下の通りです。

  • mineo
  • HISモバイル
  • BIC SIM
  • イオンモバイル
  • IIJmio
  • y.u mobile
  • 日本通信SIM
  • エキサイトモバイル
  • irumo
  • NUROモバイル

上記の他にもドコモ回線が使える格安SIMはあるので、気になる方は調べてみましょう。

ドコモ回線が使える格安SIM:mineo

ドコモ回線が使える格安SIMのmineo(マイネオ)は、人気ランキングでも上位にランクインする人気の格安SIMです。

mineoは、ドコモの回線をそのまま利用できる格安SIMのため、利用中の携帯電話番号や、利用中の端末をそのまま引き継いで使えます。

mineoの月額料金は、データ容量や通話料金のプランによって異なりますが、最安1GB880円(税込)と非常に安価な価格です。

また、定期的にキャンペーンや割引を実施しているため、よりお得に利用できます。

ドコモ回線が使える格安SIM:エキサイトモバイル

ドコモの回線が使える格安SIM「エキサイトモバイル」は、大手キャリアの料金に比べて大幅に安いのが特徴です。

データ通信量も無制限プランから1GBプランまで幅広く選べます。

月額料金は3GB690円(税込)からと、ドコモの料金プランと比べてリーズナブルです。

ドコモ回線が使える格安SIM:NUROモバイル

NUROモバイルは、大手ISPのNURO光が運営する格安SIMで、ドコモ回線の高速通信が利用できます。

そして、SIMフリー端末であれば、基本的にどの端末でも利用できます。

月額基本料金は、1GBで930円(税込)からとなっており、データ容量を多く利用する人でも、お得です。

乗り換える格安SIMを選ぶ際には、現在のデータ通信量と照らし合わせて検討しましょう。

乗り換えを検討している方は、ぜひ上記の格安SIMを一度検討してみてください。

ソフトバンクの携帯料金を安くしたい場合の方法

ソフトバンクの携帯料金を安くしたい場合の方法を5つ紹介していきます。

  • ソフトバンクの料金プランを見直す
  • 「おうち割光セット」を利用する
  • 格安プラン「ワイモバイル」に乗り換える
  • 格安プラン「LINEMO」に乗り換える
  • ドコモ回線が使える格安SIMに乗り換える

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

ソフトバンクの料金プランを見直す

ソフトバンクの携帯料金が高いと感じている方は、料金プランを見直すことが大切です。

例えば、データ容量をあまり使わないのであれば、データ容量が少ないプランに変更することで、料金を抑えられます。

また、通話があまりないのであれば、通話料が安いプランに変えると、月額料金が大幅に安くできます。

オプションも、利用していないものは解約しましょう。

「おうち割光セット」を利用する

おうち割

(引用)ソフトバンク

キャンペーン名 おうち割
期間 2016年1月28日~未定
条件 自宅のインターネット、でんきなど、おうちに関するさまざまなサービスをソフトバンク携帯電話とセットで契約
内容
  • 自宅のインターネットとセットでオトク!
    自宅のインターネットと携帯電話をセットで契約することで、家族1人1人の通信料金を割引
  • 自宅のでんきとセットでオトク!
    ソフトバンクでんきとソフトバンク携帯電話または固定通信サービスをセットで契約することで、携帯電話指定回線の通信料金、または固定通信サービス利用料金を割引
  • おうちレスキュー特典
    おうち割 でんきセット」に契約すると、水、カギ、ガラスのトラブルに2年間無料でかけつける特典を利用できる

ソフトバンクの携帯料金を安くしたいなら、「おうち割光セット」を利用する方法があります。

「おうち割光セット」とは、ソフトバンクの携帯電話とSoftBank 光などの固定通信サービスをセットで契約すると、携帯電話の月額料金が割引されるサービスです。

割引額は、携帯電話のプランや契約形態によって異なりますが、最大1,100円(税込)です。

おうち割光セットの対象料金サービスは以下の通りです。

  • データプランペイトク無制限
  • データプランペイトク50
  • データプランペイトク30
  • データプランメリハリ無制限+
  • データプランミニフィットプラン+
  • データプランメリハリ無制限
  • データプランメリハリ
  • データプランミニフィット
  • データプラン50GB+
  • データプランミニ

「おうち割光セット」を利用するには、以下の手順が必要です。

STEP
契約

ソフトバンクの携帯電話とSoftBank 光などの固定通信サービスを契約する

STEP
申し込み

ソフトバンクショップまたはMy SoftBankで「おうち割光セット」の申し込みをする

ソフトバンクの携帯料金を安くしたい方は、ぜひ「おうち割光セット」を検討してみてください。

ソフトバンク光公式サイト:https://www.softbank.jp/internet/sbhikari/

\ おうち割光セットでお得に /

「ワイモバイル」に乗り換える

ソフトバンクから乗り換える際におすすめなのが、ワイモバイルです。

ワイモバイルは、ソフトバンクグループの携帯電話会社で、ソフトバンクの回線をそのまま利用しながら、月額料金を大幅に抑えられます。

ワイモバイルの料金プラン(基本料金)は以下の通りです。

プラン データ容量 月額料金
シンプル2S 4GB 2,365円(税込)
シンプル2M 20GB 4,015円(税込)
シンプル2L 30GB 5,115円(税込)

上記の基本料金におうち光セット割およびPayPayカード割を適用した場合、以下の料金に割引されます。

  • おうち光セット割:-1,100円(税込)/月
  • PayPayカード割:-187円(税込)/月
プラン データ容量 月額料金
シンプル2S 4GB 1,078円(税込)
シンプル2M 20GB

2,178円(税込)

シンプル2L 30GB 3,278円(税込)

これらの料金プランは、ソフトバンクの料金プランと比べて、大幅に安い料金設定です。

ソフトバンクの携帯料金を安くしたいのであれば、ワイモバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

「LINEMO」に乗り換える

LINEMO」に乗り換えることで、ソフトバンクの携帯料金を安くできます。

LINEMOは、ソフトバンク株式会社が提供するオンライン専用プランです。

LINEMOの料金プラン(基本料金)は以下の通りです。

プラン データ容量 月額料金
ミニプラン 3GB 990円(税込)
スマホプラン 20GB 2,728円(税込)

国内通話およびSMS送信の料金は別途かかります。

  • 国内通話:22円(税込)/30秒
  • SMS送信:3.3円(税込)/通

LINEMOの料金プランは、他格安SIMの料金プランと比べて、大幅に安い料金設定です。

ソフトバンクの携帯料金を安くしたいのであれば、LINEMOへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

>LINEMOの評判・口コミはこちら

\ LINEがギガフリーの格安SIM! /

>LINEMOのキャンペーンはこちら

ソフトバンク回線が使える格安SIMに乗り換える

ソフトバンク回線が使える格安SIMに乗り換えると、携帯料金を安くできます。

ソフトバンク回線が使える格安SIM7選は以下の通りです。

  • LINEMO
  • mineo
  • ワイモバイル
  • HISモバイル
  • b-mobile
  • QTモバイル
  • NUROモバイル

上記の他にもソフトバンク回線が使える格安SIMはあるので、気になる方は調べてみましょう。

ソフトバンク回線が使える格安SIM:LINEMO

ソフトバンク回線が使える格安SIMのLINEMOは、キャリア品質の通信をリーズナブルな価格で利用できるサービスです。

LINEMOは、ソフトバンクの回線をそのまま利用しているため、全国エリアで快適に通信できます

また、通信速度もキャリア同等の品質を期待できます。

LINEMOの月額料金は、データ容量や通話料金のプランによって異なりますが、最安3GB:990円(税込)と非常に安価な価格です。

ソフトバンク回線が使える格安SIM:ワイモバイル

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして、2014年にサービスを開始した格安SIMです。

ソフトバンクの回線を利用しているので、全国で高速・安定した通信が可能です。

データ通信量も無制限プランから4GBプランまで幅広く選べます。

月額料金は4GB1,078円(税込)からと、ソフトバンクの料金プランと比べてリーズナブルです。

ソフトバンク回線が使える格安SIM:NUROモバイル

NUROモバイルは、大手ISPのNURO光が運営する格安SIMです。

ソフトバンク回線を利用しており、大手キャリアと遜色ない通信速度と安定性を実現しています。

NUROモバイルでは、データ容量を翌月に繰り越しできるため、データ容量を使い切ってしまう心配がありません。

月額基本料金は1GBで930円(税込)からで、データ容量を多く利用する人でもお得です。

乗り換える格安SIMを選ぶ際には、現在のデータ通信量と照らし合わせて検討しましょう。

乗り換えを検討している方は、ぜひ上記の格安SIMを一度検討してみてください。

格安SIMで携帯料金を安くする方法

格安SIMに乗り換えることで携帯料金を安くする方法についてご紹介します。

  • 楽天モバイル|iPhoneトク乗り換えキャンペーン
  • ワイモバイル|機種変更が特別価格でおトク
  • UQモバイル|au PAY残高還元

それでは、1つずつ見ていきましょう。

楽天モバイル|iPhoneトク乗り換えキャンペーン

出典:楽天モバイル

キャンペーン名 iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大33,000円相当おトク!
終了日 終了日未定
条件
  1. 楽天モバイルに初めて申し込む、または電話番号そのまま他社から乗り換え
  2. プラン申し込みと同時に対象iPhoneの購入
  3. 期限までにプランの利用開始
  4. Rakuten Linkで10秒以上通話
内容

【一括または24回払いで対象iPhoneを購入の場合】

対象iPhone購入時に20,000円値引き+他社から乗り換えで13,000ポイント還元(乗り換え以外は8,000ポイント還元)!

【48回払い(買い替え超トクプログラム)の場合】

対象iPhone購入で20,000ポイント還元+他社から乗り換えで13,000ポイント還元(乗り換え以外は8,000ポイント還元)!

楽天モバイルでは、iPhoneユーザー向けの「iPhoneトク乗り換えキャンペーン」を実施しています。

楽天モバイルを初めて申し込みの際に対象のiPhoneを購入、買い替え超トクプログラムとスマホ下取りサービスのご利用で最大22,000円相当のポイント還元されるキャンペーンです。

このキャンペーンを利用すれば、iPhoneを安く購入できるうえ、iPhone 15 128GBを、月々2,933円で購入できます。

また、25カ月目以降にiPhoneを返却すると、残りの支払いが不要となり、iPhoneの最新機種に機種変更が可能です。

つまり、iPhoneを最新機種に乗り換えながら、毎月の携帯料金を安く抑えられるキャンペーンです。

>楽天モバイルの評判・口コミはこちら

>楽天モバイルのクーポンはこちら

\ 高額キャッシュバックの格安SIM! /

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

>楽天モバイルのキャンペーンはこちら

ワイモバイル|機種変更が特別価格でおトク

出典:Y!mobileオンラインストアヤフー店

キャンペーン名 機種変更特典
期間 終了日未定
条件 以下全ての条件を満たした方
  • Y!mobileオンラインストア ヤフー店のキャンペーンページから申し込み
  • 特典の対象端末で申し込み
  • 機種変更で申し込み
  • 申し込み後、キャンセルしていないこと
  • 対象の契約の支払いに滞りがないこと
概要

機種変更割引が最大25,120円割引
対象機種ならPayPayポイント10,000円相当もらえる
さらに、ネットからのお申し込みで手数料3,850円が無料

ワイモバイルでは、特別価格で機種変更できます。

ワイモバイルオンラインストアにて、ワイモバイル契約者向けにiPhone 13 128GB/iPhone SE (第3世代)が特別価格となっています。

  • iPhone 13 128GB:93,600円(税込)/分割払い:2,600円(税込)
  • iPhone SE (第3世代):69,120円(税込)/分割払い:1,920円(税込)

また、他にもオンラインストア限定タイムセールが実施されるので、確認してみましょう。

>ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ 運営が大手企業で安心の格安SIM!/

>ワイモバイルのキャンペーンはこちら

>ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

UQモバイル|au PAY残高還元

【UQ】UQ mobile オンラインショップ限定 au PAY 残高還元 のりかえ(MNP)出典:UQモバイル

キャンペーン名 UQ mobile オンラインショップ限定 au PAY 残高還元 のりかえ(MNP)
終了日

SIMのみ契約の期間:終了日未定

UQ mobile SIM &au PAY ご利用キャンペーン:2024年2月29日

条件

【特典1】

  • のりかえ(MNP)にて「SIMカードのみ」または「eSIMのみ」で契約
  • 増量オプションⅡ(月額税込550円)に加入

【特典2】

  • 2024年4月1日から4月30日の期間中に対象店舗でau PAY残高で決済

※auまたはpovoからののりかえを除く。
※増量オプションⅡ無料キャンペーンで適用月から7カ月間無料。

内容

【特典1】

  • 増量オプション加入あり:10,000円(不課税)相当のau PAY残高還元
  • 増量オプション加入なし:6,000円(不課税)相当のau PAY残高還元

【特典2】

  • 5,000円〜14,999円で2,000円分のau PAY残高還元
  • 15,000円〜24,999円で6,000円分のau PAY残高還元
  • 25,000円以上で10,000円分のau PAY残高還元

au PAYカードを利用すると、最大で10,000円相当のau PAY残高が還元されるキャンペーンを実施中です。

このキャンペーンを利用すると、月額料金がさらにお得で利用できます。

さらに、2024年4月1日から4月30日までに対象店舗でau PAY残高決済すると、最大10,000円相当のau PAY残高が還元されますよ。

au PAYカードは年会費無料で、au PAY加盟店で利用すると、110円(税込)につき1Pontaポイントが貯まります。

>UQモバイルの評判・口コミはこちら

>UQモバイルのクーポンはこちら

\ auユーザーにおすすめの格安SIM! /

>UQモバイルのキャッシュバックはこちら

>UQモバイルのキャンペーンはこちら

携帯料金を安くしたいときによくある質問

携帯料金を安くしたいときによくある質問について、わかりやすく解説します。

  • 一番安く携帯を持つ方法は?
  • 安く持つなら携帯会社はどこがおすすめ?
  • 格安SIMよりもキャリア料金の方が高いのはなぜ?

それでは、1つずつ質問に回答していきます。

一番安く携帯を持つ方法は?

結論から言うと、一番安く携帯を持つ方法は、格安SIMへの乗り換えです。

格安SIMは大手キャリアと比べて、月額料金が大幅に安く、データプランも1GBから無制限まで自由に選べます。

また、家族割や学割などの割引を適用することで、月額料金を安くできます。

家族で同じキャリアを利用している場合は、割引の適用を検討しましょう。

安く持つなら携帯会社はどこがおすすめ?

安く持つなら、格安SIMがおすすめです。

その中でもau・ドコモ・ソフトバンクユーザー向けにおすすめの格安SIMは、以下の通りです。

  • au:povo2.0
  • ドコモ:ahamo
  • ソフトバンク:LINEMO

それぞれの料金プラン(最安プラン)は以下の通りです。

格安SIM データ容量 月額料金
povo2.0 0GB 0円
ahamo 20GB 2,970円(税込)
LINEMO 4GB 1,078円(税込)

どの格安SIMも安いですが、特にpovo2.0は基本料金0円なのが魅力ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

格安SIMよりもキャリア料金の方が高いのはなぜ?

格安SIMよりもキャリア料金の方が高い理由は、大きく分けて以下の3つです。

通信インフラの整備にかかるコスト

大手キャリアは全国に通信インフラを整備しているため、通信が安定し、どこでも快適に利用できるのがメリットです。

しかし、通信インフラの整備には多額のコストがかかるため、その分をユーザーに負担してもらわなければなりません。

実店舗の運営にかかるコスト

大手キャリアは全国に実店舗を構えているため、ユーザーが気軽に来店して相談やサポートを受けられるのがメリットです。

しかし、実店舗の運営には人件費や家賃などのコストがかかるため、その分をユーザーに負担してもらわなければなりません。

付加価値サービスの提供にかかるコスト

大手キャリアは、キャリアメールや家族割などの付加価値サービスを提供しています。

ユーザーにとって魅力的である一方、提供にはコストがかかるため、その分をユーザーに負担してもらわなければなりません。

一方、格安SIMは大手キャリアから通信インフラを借りてサービスを提供しているため、コスト削減でき安価な料金です。

格安SIMよりもキャリア料金の方が高いのは、大手キャリアが提供する通信インフラや実店舗、付加価値サービスのコスト負担があるからです。

まとめ:携帯料金は格安SIMへの乗り換えで安くしよう

ここまで携帯料金を安くしたい方向けに、au・ドコモ・ソフトバンクの節約方法を解説してきました。

携帯料金を安くするには、格安SIMがおすすめです。

特に、おうち割や家族サービス割などを利用すれば、月額基本料金も大幅に節約できます。

大手キャリアユーザー(au・ドコモ・ソフトバンク)の方におすすめの格安SIMの中は、以下の通りです。

  • au:povo2.0
  • ドコモ:ahamo
  • ソフトバンク:LINEMO

携帯料金を少しでも安くしたい方は、携帯料金を見直して、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

>楽天モバイルの評判・口コミはこちら

>楽天モバイルのクーポンはこちら

\ 高額キャッシュバックの格安SIM! /

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

>楽天モバイルのキャンペーンはこちら

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社IoTコンサルティングはIoTの企画から販売までの支援としてトータル的なソリューションサービスを展開しています。メイン事業としてはロケットモバイルと呼ばれる格安SIMサービス(MVNO)を運営しています。
その知見をもとに格安SIMの情報をわかりやすくお届けします。

目次